整形外科の外来診療をお考え中のへ

 福島県立医科大学附属病院整形外科の外来診療は、事前予約制です。

 

 なぜ、事前予約が必要なのかというと、福島県では深刻な医師の不足と減少という医療環境の悪化が現在進行しているからです。

 

 福島県は、人口あたりの医師数が全国平均以下であり、さらに医師が減り続けているという全国で唯一の厳しい医療環境下にある県です。特に東日本大震災とその後に発生した福島第一原子力発電所の事故後、福島県の医師の減少は急速に進んでいます(くわしくは、こちらをご覧下さい)。私たち整形外科学講座では、福島県内の病院の医療機能を維持するため、講座に在籍している多くの医師を福島県内の医療機関に派遣しています(くわしくは、こちらをご覧下さい)。さらに大学附属病院に勤務している医師も交替で県内各地の病院の診療を支援するために出張しています。このため、大学附属病院内に勤務している医師は、医学部学生の教育と附属病院の専門外来と入院機能の維持および救急患者への対応ができうる最少限の人数しかいません。この限られたマンパワーを、当院でしか治療できないような患者様の治療に傾注するため、外来を受診される患者様については、当科でしか治療できない疾患や病状であるとかかりつけの医師が判断された患者様に制限させていただいております。

 

 したがって、当科での専門外来での診療を希望して、初めて受診される方は、現在診療を受けていらっしゃるかかりつけの医師から当科の専門外来宛の紹介状を作成していただき、専門外来を受診する日時の予約をしていただく必要があります。専門外来受診の事前予約は、かかりつけの医療機関から当院の地域連携部受付窓口担当に連絡していただき、事前登録と専門外来受診の予約を取得していただきます(下図参照)。

 予約取得後、必ず予約された日時に、紹介状と資料をお持ちになってご来院ください。なお、患者様ご自身が直接電話等で当科の専門外来受診の予約を取得することはできません

 

 また、高度な機能を備える福島県内唯一の特定機能病院の診療科として、当科では一般的な病院や診療所では治療できない疾患や、高度な専門的治療が必要と判断された病状の患者様だけを対象として診療を行っております。したがって、一般的な病院や診療所で治療することが可能な疾患や病状の患者様に対する日常的な外来診療は行っておりません。このような患者様に対しては、他の病院や診療所で継続して治療を受けていただくように地域連携部がかかりつけとなる医療機関を探して紹介いたします。

 

 限りある医療資源を効率的に利用するために、ご協力をお願い申し上げます。

 

 詳しくは、福島県立医科大学附属病院

 TEL : 024-547-1111(代表)

  にご相談下さい。

当科を受診するまでの流れ
当科を受診するまでの流れ

 

 当科の関連病院には、現在当講座に在籍している医師が勤務しております。当科での診療をお考えの方は、一度当科の関連病院の整形外科を受診していただき、そこで治療を受けられたり、そこから紹介していただいたりすることもお考え下さい。当科の関連病院については、こちらをご覧下さい。

 

 かかりつけ医を探す際には、当講座出身の医師が勤務している病院や診療所をおすすめいたします。当講座出身の医師が勤務している病院と診療所については、こちらをご覧ください。

update    2017年8月4日  21:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01