骨軟部腫瘍外来

クリニック紹介

 骨や軟部組織(皮下脂肪・筋肉・血管・神経など)に発生する腫瘍の診療を専門としている外来です。

 月曜日の午前中に外来診療を行っています。

 受診にはかかりつけの医療機関からの紹介と事前予約が必要です。

 患者様のご意向を汲みながら、迅速に診断・治療を進めています。

 

担当医師

山田 仁

箱﨑 道之

 

対象疾患

・骨腫瘍類似疾患(骨嚢腫、線維性骨異形成、骨幹端線維性欠損など)

・良性骨腫瘍(骨軟骨腫、内軟骨腫、骨巨細胞腫など)

・良性軟部腫瘍(脂肪腫、血管腫、神経鞘腫など)

・悪性骨腫瘍(骨肉腫、軟骨肉腫、Ewing肉腫など)

・悪性軟部腫瘍(脂肪肉腫、平滑筋肉腫、滑膜肉腫など)

・がん骨転移

 

検査法

・通常の検査(X線撮影、CTMRI、骨シンチ、タリウムシンチ、PET/CT、PET/MRI

・病理組織学的検査

 

治療法

・緩和療法

  治療初期から臨床腫瘍センター緩和ケアチームと連携し、がん性疼痛をはじめとする症状に対して治療

・がん化学療法

  悪性骨軟部腫瘍に対する多剤併用化学療法

  局所進行性悪性骨軟部腫瘍に対する動注化学療法

  進行性悪性軟部腫瘍に対するパゾパニブ(ヴォトリエント®錠)による化学療法 

  がん骨転移に対するビスホスホネート(ゾレドロン酸(ゾメタ®注))療法

  がん骨転移に対する抗ランクル抗体(デノスマブ(ランマーク®注))療法

・手術療法(手術件数については、こちらをご覧下さい)

  骨腫瘍類似疾患・良性骨腫瘍に対する掻爬術・切除術と骨移植術による再建術


  良性軟部腫瘍に対する切除術


  悪性骨腫瘍に対する広範切除術と腫瘍再建用人工関節置換術、遊離血管柄付き骨移植術、自家処理骨(パスツール処理骨液体窒素処理骨)移植術、in situ preparation(ISP)法による患肢温存・再建手術


  悪性軟部腫瘍に対する広範切除術と遊離複合組織(血管柄付き筋皮弁・血管柄付き神経)移植術、自家血管移植術などによる患肢温存・再建手術

・放射線療法

 悪性骨軟部腫瘍に対する術前・術後放射線療法

 
症状緩和目的の放射線療法

 

特別な治療

陽子線治療(県内他施設に紹介)

重粒子線治療(県外他施設に紹介)

骨軟部肉腫に対する自家液体窒素処理骨移植術

イホスファミド脳症に対するメチレンブルー療法

update    2017年10月23日  10:06

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01