腰椎変性すべり症に対する手術療法–RCTによる検討

背景と目的

 腰椎変性すべり症に対する制動術や固定術の是非は、未だに不明である。腰椎変性すべり症に対する制動術や固定術の有効性に関するRCTはほとんど無い。

 腰椎変性すべり症に対する手術の未解決な疑問点として、1) X線学的不安定性の存在は、腰痛の発生や増悪に関与しているのか、2) 関与しているとしたら、それによる患者の不自由では手術を要するほどのものか、3) その術式は固定術が必須なのか、4) 固定術の併用により、下肢症状の再発・再燃は、固定術を併用しない場合より明らかに抑制できるのか、6) 固定術の併用により経年的手術成績の劣化を抑制できるか、などが挙げられる。

 本研究の目的は、腰椎すべり症に対するRCTを行うことによって、上記の疑問に対する答えを明らかにすることである。

 

対象の選定

 1) 腰椎変性すべり症と診断し、除圧術の適応があると判断した患者

 2) 除圧術の適応は、3ヶ月以上の保存療法が無効である症例、馬尾障害例、または疼痛コントロール

 不能例

 3) 画像上は、側面中間位ですべり率5%以上

研究期間 

 2004(平成16)年 7月〜

 

研究場所 

 福島県立医科大学附属病院整形外科

 

主任研究者

 大谷晃司准教授

 

研究費用 

 保険診療