臨床研究

 「臨床研究」とは、ヒトを対象として、医療における疾病の予防方法、診断方法及び治療方法の改善、疾病原因及び病態の理解並びに患者の生活の質の向上を目的として実施される医学研究のことです。

 

 臨床研究には、大別して、「観察研究」と「介入研究」があります。「観察研究」とは、研究者の積極的な介入を伴わず、対象者の日常的な行動を調査する研究です。観察研究のうち、特に明確に規定された人間集団の中で出現する健康に関する様々な事象の頻度及び分布並びにそれらに影響を与える要因を明らかにする科学研究を「疫学研究」と呼びます。これに対して「介入研究」は、研究者が対象集団を2つ以上のグループに分け、それぞれ異なる治療法や予防法等に関して、介入を行う研究です。

 

 疫学研究を除く観察研究と介入研究については、「臨床研究に関する倫理指針」(2003年7月30日施行)に則り、研究計画を立て、学内の倫理委員会に研究申請を行い、審査された後、承認を受けてから実施しています。

 

 わたしたち整形外科学講座では以下のような疫学研究を除く臨床研究を実施しています。

当講座で実施している疫学研究を除く臨床研究

受付

番号

課題名 研究期間 研究場所 主任研究者
265

腰椎変性すべり症に対する手術療法

ーRCTによる検討

2008年 7月〜

当科のみ 大谷晃司
365 イホスファミド脳症に対するメチレンブルー療法 2005年 1月〜 当科のみ 田地野崇宏
468 腰痛における疼痛関連脳活動

2006年 4月〜

 2010年11月

多施設共同 関口美穂
524 全国骨・軟部腫瘍登録 2007年 1月〜 多施設共同 田地野崇宏
610

骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存療法の

指針策定のための探索的研究

2007年10月〜

 2010年 6月

多施設共同 大谷晃司
635

腰部脊柱菅狭窄の症状スケール及び

QOLスケールの開発に関する研究

2007年10月〜

 2010年12月

多施設共同 関口美穂
658

高悪性度骨軟部腫瘍に対する

カフェイン併用化学療法の第II相臨床試験

2008年 4月〜

 2011年 3月

多施設共同 田地野崇宏
668 脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する調査研究

2008年 3月〜

多施設共同 紺野愼一
674 頚部脊髄症の自記式問診表の開発

2008年 4月〜

 2010年 3月

多施設共同 紺野愼一
698 筋硬度計の開発ー有用性の検討ー

2008年 8月〜

 2009年 3月

多施設共同 恩田 啓
730

腰部脊柱管狭窄におけるPAD(peripheral artery

disease)合併例に関する探索的研究

2008年 9月〜

 2010年 3月

多施設共同 関口美穂
754

BS-POPの妥当性および信頼性の検討

2008年10月〜

 2010年 3月

多施設共同 関口美穂
768

家族性に発生した骨原発性悪性腫瘍の要因解明

2008年11月〜

 2011年 4月

多施設共同 山田 仁
803

レーザードップラー血流計による

末梢血管障害(PAD)のスクリーニングの検討

2009年 2月〜

 2010年 3月

多施設共同 関口美穂
868

腰部脊柱管狭窄による神経性間欠跛行に対する

リマプロスト・アルファデクスの有用性の検討

2009年 6月〜

 2010年12月

多施設共同 恩田 啓
899 腰痛における疼痛関連脳活動 2009年 9月〜 多施設共同 関口美穂
932

腰痛症状の要因に関する研究(1):

腰痛要因プロファイリング・ツールの開発

2009年11月〜

 2010年10月

多施設共同 関口美穂
961

人工関節登録制度の確立

2010年 1月〜 多施設共同 大橋寛憲
962

神経根ブロックで腰痛は改善するか

2009年10月〜

当科のみ 矢吹省司
1015

脊髄障害性疼痛症候群の実態の把握と

病態の解明に関する研究−頚椎症性脊髄症において−

2010年 6月〜 多施設共同 矢吹省司
1054

骨軟部腫瘍切除後骨欠損に対する

自家液体窒素処理骨移植

2010年 7月〜 当科のみ 田地野崇宏
1056

骨軟部腫瘍切除後の骨欠損に対する

パスツール処理自家骨移植術の治療成績について

2010年 6月〜 当科のみ 田地野崇宏
1075

埋め込み型中心静脈カテーテルを用いた

骨軟部肉腫に対する化学療法

2011年 1月〜 当科のみ 山田 仁
1151

特発性手根管症候群に対する奥津法と

手掌内皮切法の短期治療成績の比較

2011年 1月〜 当科のみ 江尻荘一
1167

慢性腰痛患者に対するオピオイドによる疼痛治療の

有用性および安全性の検討ー多施設共同横断研究ー

2011年 1月〜 多施設共同 関口美穂
1185

非特異的腰痛におけるスパイナルアンダーの

有用性についての検討

2011年 2月〜 多施設共同 関口美穂
1212 鬱血した組織に対する医療用ヒルの臨床応用 2011年 4月〜 当科のみ 川上亮一
1231

Diaphyseal medullary stenosis(DMS)

家系列における疾患原因遺伝子探索

2011年 4月〜

当科

東京医歯大

山田 仁
1253

骨粗鬆症患者に合併する腰部脊柱菅狭窄症と

腰椎椎間板ヘルニアの実態調査ならびに

骨粗鬆症治療薬の疼痛抑制効果の調査研究

2011年 6月〜 多施設共同 矢吹省司
  1254 Magnetic resonance spectroscopy(MRS)

用いた痛みの客観的評価に関する研究

2011年 7月〜

当科

北福島医療

センター

矢吹省司
1264

慢性疼痛の多面的評価システムの開発と

客観的評価法の確立に関する研究

2011年 7月〜 多施設共同 関口美穂
1324

日本整形外科学会頚部脊髄症評価質問票

ー健常者基準値作成のための調査ー

2011年11月〜 多施設共同 関口美穂
1374 整形外科手術における同種骨移植術 2012年2月〜 他施設共同 青田恵郎
1423 円回内筋総屈筋群の解剖学的検討 2012年 6月〜 当科のみ 大歳憲一
1426

本邦の骨軟部肉腫患者における静脈血栓塞栓症の

発生頻度と予測因子に関する前向け観察研究

2012年 6月〜 多施設共同 田地野崇宏

研究内容の情報公開については、福島県立医科大学倫理委員会のホームページもご覧ください。

 

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01