2012(平成24)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. EJIRI Soichi, KIKUCHI Shin-ichi, MARUYA Masato, SEKIGUCHI Yasufumi, KAWAKAMI Ryoichi, KONNO Shin-ichi. Short-term results of endoscopic (okutsu method) versus palmar incision open carpal tunnel release: a prospective randomized controlled trial. Fukushima J Med. Sci. 2012; 58(1): 49-59. PMID: 22790892
  2. ONDA Akira, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, NIKAIDO Takuya,  WATANABE Kazuyuki, KONNO Shin-ichi. Limaprost alfadex and nonsteroidal anti-inflammatory drugs for sciatica due to lumbar spinal stenosis. Eur Spine J. 2012. PMID: 23090093
  3. ONO Rei1), YAMAZAKI Shin2), TAKEGAMI Misa2), OTANI Koji, SEKIGUCHI Miho, ONISHI Yoshihiro3), HAYASHINO Yasuaki2), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, FUKUHARA Shunichi2). (1) Kobe Univ., 2) Kyoto Univ., 3) Institute for Health Outcomes & Process Evaluation Research). Gender difference in association between low back pain and metabolic syndorome. Spine. 2012 06; 37(13):1130-1137. PMID: 22146290
  4. OTANI Koji, TAKEGAMI Misa1), FUKUMORI Norio1), SEKIGUCHI Miho, ONISHI Yoshihiro2), YAMAZAKI Shin1), ONO Rei3), OTOSHI Kenichi, HAYASHINO Yasuaki1), FUKUHARA Shunichi1), KIKUCHi Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, The LOHAS Research Group. (1) Kyoto Univ., 2) Institute for Health Outcomes & Process Evaluation Research, 3) Kobe Univ.). Locomotor dysfunction and risk of cardiovascular disease, quality of life, and medical costs; design of the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study (LOHAS) and baseline characteristics of the study population. J Orthop Sci. 2012; 17(3): 261-271. PMID: 22526710
  5. SASAKI Nobuyuki, HENRIKSSON Helena Barreto1), RUNESSON Eva1), LARSSON Karin1), SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, RYDEVIK Bojorn1), BRISBY Helena1). (1) Univ. Gothenburg). Physical exercise affects cell proliferation in lumbar intervertebral disc regions in rats. Spine. 2012 08; 37(17):1440-1447. PMID: 22366967
  6. SATO Takahashi Kaoru1), SATOH Koichiro, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, MURAKAWA Masahiro1), RYDEVIK Bjorn2), OLMARKER Kjell2). (1) Dept. Anesthesiology, 2) Univ. Gothenburg). Local application of nucleus pulposus induces expression of P2X_3 in rat dorsal root ganglion cells. Fukushima J Med Sci. 2012; 58(1):17-21. PMID: 22790888
  7. SATO K1),  HAYASHINO Yasuaki1), YAMAZAKI Shin1), TAKEGAMI Misa1), ONO Rei2),  OTANI Koji, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, FUKUHARA Shunichi1). (1) Kyoto Univ., 2) Kobe Univ.). Headache prevalence and long working hours: The role of physical inactivity. Public Health. 2012 07; 126(7):587-593.
  8. SATO Naoto, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, SHISHIDO Hiroaki, SATO Katsuhiko1),  KONNO Shin-ichi. (1) Ohara General Hospital). Effects of long-term corset wearing on chronic low back pain. Fukushima J Med Sci. 2012; 58(1): 60-65. PMID: 22721815
  9. SEKIGUCHI Miho, WAKITA Takafumi1),  OTANI Koji, ONISHI Yoshihiro2),  FUKUHARA Shunichi3), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. (1) Kansai Univ., 2) Institute for Health Outcomes & Process Evaluation Research, 3) Kyoto Univ.). Development and validation of a symptom scale for lumbar spinal stenosis. Spine. 2012 02; 37(3) :232-239. PMID: 21394072
  10. SHISHIDO Hiroaki, KIKUCHI Shin-ichi, OTOSHI Kenichi, KONNO Shin-ichi. Postoperative outcomes of arthroscopic subacromial decompression for rotator cuff tear with shoulder stiffness. Fukushima J Med Sci. 2012; 58(1): 33-39. PMID: 22790890
  11. TANIGUCHI Akira1), TAKAKURA Yoshinori, SUGIMOTO K2), HAYASHI K3), OUCHI Kazuo,  KUMAI T1), TANAKA Yasuhito1). (1) Nara Med. Univ., 2) Saiseikai Nara Hospital, 3) Ootomae Hospital). The use of a ceramic talar body prosthesis in patients with aseptic necrosis of the talus. J Bone Joint Surg Br. 2012 11; 94(11): 1529-1533. PMID: 23109634
  12. UESUGI Kazuhide, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KANAYAMA Masahiro1),  TAKAHASHI Kazuhisa2), CHIBA Kazuhiro3),  DOITA Minoru4),  TORIBATAKE Yasumitsu5), MATSUO Hiroshi6),  YONENOBU Kazuo7),  MATSUYAMA Yukihiro8),  KONNO Shin-ichi. (1) Hakodate Central General Hospital, 2) Chiba Univ., 3) Keio Univ., 4) Kobe Univ., 5) Koseiren Takaoka Hospital, 6) Matsuo Clinic, 7) Osaka Minami Medical Center, 8) Hamamatsu Univ.). Lumbar spinal stenosis associated with peripheral arterial disease: a prospective multicenter observational study. J Orthop Sci. 2012 11; 17:673-681. PMID: 23053583

症例報告 

  1. HAKOZAKI Michiyuki, FUKUDA Hironari, TAJINO Takahiro, KIKUCHI Shin-ichi, ABE Satoshi1), KONNO Shin-ichi. (1) Fukushima Prefectural Minami-Aizu Hospital) . Remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema syndrome caused by crystal-Induced arthritis of the wrist: A case report. Med Princ Pract. 2012 09; 22(3): 307-310. PMID: 23006891
  2. HAKOZAKI Michiyuki, HOJO Hiroshi1), TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, ABE Masafumi (1) Dept. Pathology and Diagnostic Pathology). Poorly differentiated synovial sarcoma showing Homer-Wright rosette structures: a potential diagnostic pitfall. Acta Pathologica, Microbiologica et Immunologica Scandinavica. 2012 08; 121(4):359-361.
  3. HAKOZAKI Michiyuki, TAJINO Takahiro, WATANABE Kazuo1), YAMADA Hitoshi, KIKUCHI Shin-ichi, HOJO Hiroshi2), ISHIDA Tsuyoshi3), KONNO Shin-ichi.(1) Fukushima Pathology Labolatory, 2) Dept. Pathology and Diagnostic Pathology, 3) National Center for Global Health and Medicine). Intraosseous spindle cell hemangioma of the calcaneus: a case report and review of the literature. Annals of Diagnosic Pathology. 2012; 16:369-373. PMID: 22534243
  4. ONDA Akira, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, KONNO Shin-ichi. A Case of thoracic myelopathy secondary to alkaptonuric spondylosis. J Orthop Sci. 2012; 17(4): 495-499. PMID: 21607725

 

日本語論文

原 著

  1. 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一, 荒 文博, 北野尚子. 当院におけるステム側の人工股関節再置換術の待機成績. Hip Joint. 2012; 38: 548-552.
  2. 阿部真典1), 阿部 薫1), 菊地義浩1), 大内一夫(1) 東北補装具). 浮き趾者における足底挿板の有用性の検討. 靴の医学. 2012 03; 25(2): 14-18.
  3. 荒 文博, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一, 北野尚子. 後方進入THAに対する後方軟部組織修復-股関節内旋制動効果の経時的変化-. Hip Joint. 2012; 38: 513-516.
  4. 大橋寛憲, 青田恵郎, 紺野愼一, 荒 文博, 北野尚子.  当院における変形性股関節症に対する人工股関節全置換術の推移. Hip Joint. 2012; 38: 764-767.
  5. 菅野敦子1), 相澤利武1), 笹島功一1), 安永 亨1), 志田 努, 池西太郎1), 田中秀達1), 蓑川 創1). 東日本大震災前後の当科における手術件数調査(1) 総合磐城共立病院). 外傷および非外傷性疾患との比較. 磐城共立病院医報. 2012 09; 33(1): 24-30.
  6. 北野尚子, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一, 荒 文博. 当科におけるTHAの臼蓋骨移植法と短期成績 骨欠損の大きさに応じた3種類の簡便法. Hip Joint. 2012 08; 38:980-985.
  7. 小林 洋, 茂呂貴知, 小平俊介, 鈴木幹夫1), 吉田友彦1)(1) 白河厚生総合病院). 踵骨骨折における腓骨筋腱脱臼の合併率 3D-CTを用いた検討. 臨整外. 2012 09; 47(9): 899-902.
  8. 関根拓未, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄症の診断と評価 腰部脊柱管狭窄診断サポートツールを用いた診断適中率の検討. Journal of Spine Research. 2012 06; 3(6):859-862.
  9. 武田 明, 田地野崇宏, 鹿山 悟1), 荒井 至1), 千葉仁志, 紺野愼一(1) 総合南東北病院). 単純性骨腫に対するハイドロキシアパタイト製中空ピン留置の治療成績. 整形外科. 2012 07; 63(7):612-615.
  10. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 特集「腰部脊柱管狭窄症の診断と評価」腰部脊柱管狭窄の腰痛に対する除圧術の効果 疾患と神経障害型式による比較、前向きコホート研究. Journal of Spine Research. 2012 06; 3(6): 849-854.
  11. 松尾洋平, 倉田二郎1), 関口美穂, 吉田勝浩, 菊地臣一, 紺野愼一(1) 京都大学). 慢性腰痛研究における機能的MRIの意義. 別冊整形外科 運動器疾患の画像診断. 2012 10; 62:136-139.
  12. 茂呂貴知, 紺野愼一, 菊地臣一. 整形外科基礎 環椎後弓椎骨動脈溝の定量的研究 環椎後弓切除時における椎骨動脈損傷の予防. 臨整外. 2012 04; 47(4): 353-356.
  13. 矢吹省司, 牛田享宏1), 竹下克志2), 佐浦隆一3), 小川節郎4), 勝俣明子5), 畠中 聡5)(1) 愛知医科大学, 2) 東京大学, 3) 大阪医科大学, 4) 日本大学, 5) ムンディファーマ). 日本における慢性疼痛保有者の実態調査 Pain in Japan 2010より. 臨整外. 2012; 47(2):127-134.

総説等

  1. 岩渕真澄1), 小俣純一1), 富永亮司, 白土 修1)(1) 県立会津総合病院). 【キーワードで理解する!腰椎椎間板ヘルニア大事典】 腰椎椎間板ヘルニアの保存療法. 整形外科看護. 2012 06; 17(6): 558-568.
  2. 加藤欽志, 紺野愼一. 高齢者の自立を支える腰部脊柱管狭窄手術. Clinical Calcium. 2012 04; 22(4): 97-102.
  3. 加藤欽志, 紺野愼一. 特集:これが私の腰痛治療戦略 腰痛の薬物治療. Monthly book Orthopaedics. 2012 06; 25(7):39-44.
  4. 加藤欽志, 紺野愼一. ロコモティブシンドロームの原因疾患と治療 腰部脊柱管狭窄(解説/特集). 臨牀と研究. 2012 11; 89(11): 1499-1502.
  5. 大谷晃司 腰下肢痛治療におけるエピドラスコピーの位置づけ Failed Back Surgery Syndrome(FBSS)について. 日本臨床麻酔学会誌. 2012 03; 32(2): 266-270.
  6. 大谷晃司.【これが私の腰痛治療戦略】 慢性腰痛(下肢症状も含む)における精神医学的評価と治療. Orthopaedics. 2012 06; 25(7): 49-54.
  7. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一. Q&A 慢性腰痛の治療について. ペインクリニック. 2012 01; 33(1):115-116.
  8. 大谷晃司, 紺野愼一, 宍戸裕章. シンポジウム 大震災と整形外科医 福島県での経験から 東日本大震災と引き続く放射線被ばく問題について 福島医大、福島医大整形外科の活動と福島県の現状. 臨床整形外科. 2012; 47(3):215-223.
  9. 紺野愼一. 日医生涯教育協力講座 カラー図説(巻中綴込) 神経障害性疼痛の診断と治療-(3)運動器における神経障害性疼痛の診断と治療(1)-慢性の腰下肢痛(坐骨神経痛を中心に). 日本医師会雑誌. 2012 06; 141(3): NP9-NP12.
  10. 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療方針. 日本運動器疼痛学会誌. 2012 07; 4(1): 9-13.
  11. 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. Q&A 神経性間欠跛行の診断と鑑別について. ペインクリニック. 2012 06; 33(6):869.
  12. 関口美穂, 紺野愼一. 【運動器の慢性疼痛-治療新戦略】 運動器慢性疼痛の基礎知識 脳内メカニズム. 整形外科. 2012 07; 63(8): 727-730.
  13. 関口美穂, 紺野愼一. シンポジウム 疼痛評価の進歩 慢性疼痛における心理的因子の評価. 日本整形外科学会雑誌. 2012; 86(11): 1034-1038.
  14. 関口美穂, 紺野愼一. 神経疾患 馬尾症候群. medicina. 2012 09; 49(9):1594-1597.
  15. 橋本慶太, 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). フットケア-足元を見つめなおす 足をめぐる患者の訴え 外反母趾、趾変形. 診断と治療. 2012 04; 100(4): 554-558.
  16. 橋本慶太, 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). 日常診療に必要な小児整形外科の知識-先天疾患から外傷まで- 下肢の疾患 足の骨端症. 整形・災害外科. 2012 04; 55(5): 679-684.
  17. 花岡一雄1), 小川節郎2), 紺野愼一, 田邊秀樹3)(1) JR東京総合病院, 2) 日本大学, 3) 田辺整形外科医院). 日医生涯教育協力講座 カラー図説(巻中綴込) 神経障害性疼痛の診断と治療(5) [座談会] プライマリ・ケアにおける疼痛薬物治療. 日本医師会雑誌. 2012 08; 141(5): NP 17- NP 24.
  18. 矢吹省司. 肩こり-鑑別・診断・治療法-. 現代鍼灸学. 2012; 12(1):73-78.
  19. 矢吹省司. 整形外科からみた頸椎疾患由来の頭痛—頸性頭痛. 医学のあゆみ. 2012; 243(13):28-32.
  20. 矢吹省司. 疼痛治療の新展開 オピオイド. 整形外科. 2012; 63(8):783-786.
  21. 矢吹省司. ブプレノルフィン(貼付剤). Modern Physician. 2012; 32(1):43-45.
  22. 矢吹省司. 腰痛に対するエビデンスのある薬物治療について(Q&A). ペインクリニック. 2012 12; 33(12): 1741-1742.¥
  23. 渡邉和之, 紺野愼一. 脊髄髄節性ミオクローヌス 脊髄腫瘍例. Clinical Neuroscience 月刊臨床神経科学. 2012; 30(7): 784-785.
  24. 渡邉和之, 紺野愼一. 私の処方 腰部脊柱管狭窄症. Modern Physician. 2012 10; 32(10):1288.

症例報告

  1. 市地賢治1), 武田 明, 鹿山 悟1), 荒井 至1), 高橋直人, 福田宏成(1) 総合南東北病院). 虫垂炎穿孔・腎膿瘍による続発性腸腰筋膿瘍の2例. 整形外科. 2012 01; 63(1): 31-34.
  2. 上杉和秀, 山岸栄紀, 茂呂貴知, 鈴木幹夫1)(1) 白河厚生総合病院). インフリキシマブが奏効した乾癬性関節炎の1例. 臨床整形外科. 2012 12; 47(12): 1251-1254.
  3. 笠原 諭1), 大谷晃司(1) 神経精神医学講座). ドパミンシステムスタビライザーであるアリピプラゾールの少量投与によって、モルヒネ依存から離脱できた難治性慢性疼痛の1例. Practice of Pain Management. 2012 06; 3(2): 130-132.
  4. 川原田 圭, 藤本多美1), 前田真作1), 齋藤敦子1)(1) 寿泉堂綜合病院). DICをきたした進行胃癌の1例. 寿泉堂病院年報. 2012 11; 18: 46-47.
  5. 菊地 佑1), 高橋洋二郎, 高野 真1), 内海康文1)(1) 大原綜合病院). アルコール性肝障害から呼吸不全により死亡した1剖検例. 大原綜合病院年報. 2012 12; 52: 69-80.
  6. 千葉仁志, 武田 明, 鹿山 悟1), 荒井 至1), 武田浩一郎2)(1) 総合南東北病院, 2)福島県総合療育センター). 成人後に仮骨延長法で両下腿の内反変形を矯正したBlount病の1例. 整形外科. 2012 08; 63(9):961-963.
  7. 利木成広, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一, 荒 文博. 成長期の外傷性大腿骨頭壊死症に対する待機的大腿骨外反骨切り術の一例. Hip Joint. 2012 08; 38: 802-805.
  8. 富永亮司, 沼崎広法, 大井剛太, 小林秀男, 紺野愼一. 急性膝関節炎を呈した家族性地中海熱の1例. 整形・災害外科. 2012 02; 55(2): 219-222
  9. 二階堂琢也, 矢吹省司, 紺野愼一. 精神医学的問題を有する腰部脊柱管狭窄-手術時期決定に難渋した症例-. Locomotive Pain Frontier. 2012; 1(1): 28-32.
  10. 吉原章王1), 守谷 新1), 松田 希1), 添田智子1), 菊地サエ子1), 望月仁志1), 杉浦嘉泰1), 松本由香1),二階堂琢也, 宇川義一1)(1) 神経内科学 ). 血液透析が症状の増悪に関与した特発性低髄液圧症候群の一例. 日本頭痛学会誌. 2012 03; 38(3): 320-323.

著書・訳書

  1. 青田恵郎. VI 連携して痛みをコントロールする. 病診連携のありかたを教えて下さい. In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.198-200.
  2. 岩渕真澄, 白土 修1), 富永亮司(1) 県立会津総合病院). IV 注射で痛みをコントロールする. 硬膜外ブロックについて教えて下さい In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.158-165.
  3. 岩渕真澄, 白土 修1)富永亮司(1) 県立会津総合病院). VII くすりを使わずに痛みをコントロールする. 腰痛体操はどのように行うのですか?-「腰みがき」の実践法-In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる.  東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.256-259.
  4. 大谷晃司. II この病態・疾患にはこのペインコントロール!腰部脊柱管狭窄症の痛み In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.39-42.
  5. 大谷晃司. III くすりで痛みをコントロールする. エルシトニン、ノイロトロピン、カプサイシン入り貼付薬などはどのように使用すればよいですか?In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる.  東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.143-144.
  6. 大谷晃司. 第2章 疾患別対応:疾患の説明、検査、診断確定、治療(保存・薬物・手術)Q10 腰椎椎間板ヘルニアとは?In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京:日本医事新報社; 2012 11. p.30-33.
  7. 大谷晃司. 第2章 疾患別対応:疾患の説明、検査、診断確定、治療(保存・薬物・手術)Q17 リウマチ性疾患による腰痛とは?In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京:日本医事新報社; 2012 11. p.75-79.
  8. 大谷晃司. 第2章 疾患別対応:疾患の説明、検査、診断確定、治療(保存・薬物・手術)Q18 内臓障害による腰痛(背部痛を含む)とは?In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京:日本医事新報社; 2012 11. p.80-83.
  9. 大谷晃司. 第5章 治療:各種手術療法の適応と実際 Q42手術が必要で、効果のある腰痛とは?In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京:日本医事新報社; 2012 11. p.174-178.
  10. 大谷晃司. 第5章 治療:各種手術療法の適応と実際 Q43手術をするタイミングは?In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京:日本医事新報社; 2012 11. p.179-181.
  11. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一. Ⅱ. 膝・大腿部の痛みについて 6. 診療ガイドラインからみた膝・大腿部の痛みの治療体系. In: 菊地臣一編. 運動器の痛み プライマリケア 膝・大腿部の痛み. 東京: 株式会社南江堂; 2012 06. p.156-168.
  12. 恩田 啓. 日本整形外科学会, 日本腰痛学会(監修). 腰痛診療ガイドライン2012. 東京: 南江堂. 2012 11.
  13. 加藤欽志. 第2章 疾患別対応:疾患の説明、検査、診断確定、治療(保存・薬物・手術)Q16感染症(結核を含む)による腰痛とは. In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.70-74.
  14. 菊地忠志. III 主な疾患や病態による痛みの治療-私はこうしている 2成人 h. 人工膝関節置換術(TKA)の痛み.  In: 菊地臣一編. 運動器の痛み プライマリケア 膝・大腿部の痛み. 東京: 南江堂; 2012 06. p.301-311.
  15. 紺野愼一. あなたの腰痛が治りにくい本当の理由. 東京: すばる舎; 2012 08.
  16. 紺野愼一. 1 なぜJOABPEQ, JOACMEQが必要なのか. In: 公益社団法人 日本整形外科学会, 一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会診断評価等基準委員会. JOABPEQ, JOACMEQマニュアル. 東京: 株式会社南江堂; 2012 04. p.1-2.
  17. 紺野愼一. I 運動器の痛みの種類. 痛みの種類と治療薬. In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.2-4.
  18. 紺野愼一. II この病態・疾患にはこのペインコントロール! 慢性疼痛. In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.60-62.
  19. 紺野愼一. II この病態・疾患にはこのペインコントロール!痛みの発生メカニズムが説明できない痛み. In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる.  東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.70-72.
  20. 紺野愼一(編集). 運動器の計測線・計測値ハンドブック. 東京: 南江堂; 2012 11.

 (分担執筆)

    • 青田恵郎. p.228-230, 231-234, 235-236, 237-238, 239-240, 241-242, 243-244, 245-246, 247-248, 249-250, 251-252, 253-254.江尻荘一.p.184-185, 186-187, 188-189, 190-191, 192-193, 194-195, 196-197, 198-200, 201-203. 
    • 大内一夫. p.406-407, 408-409, 410-411, 412-413, 414-415, 416-417, 418-419, 420-421, 422-424, 425-426, 427-428, 429-430, 431-431, 433-434, 435-436, 437-438, 439-440, 441-442, 443-445, 446-447, 448-449, 450-451, 452-453, 454-455, 456-457, 458-459, 460-461, 462-463, 464-467, 466-467, 468-469, 470-471, 472-473, 474-475, 476-477, 478-479, 480-481, 482-483, 484-485, 486-487, 488-489, 490-491, 492-493, 494-495, 496-497.
    • 大谷晃司. p.12-16, 17-21, 31-32, 43-44, 55-56, 67-68, 79-80, 91-92, 110-113, 126-127.
    • 大歳憲一. p.158-159, 160-161, 162-163, 164-165, 166-167, 168-169, 170-171, 172-173, 174-175, 176-177, 178-179, 180-181, 182-183. 
    • 大橋寛憲.p.255-256, 286-287, 288-289, 290-291, 292-293, 294-295, 296-297, 298-299, 300-301, 302-303, 304-305, 306-307, 308-310, 311-312. 
    • 恩田 啓. p.8-9, 27-28, 39-40, 51-52, 63-64, 75-76, 87-88, 103-105, 122-123. 
    • 川上亮一. p.204-205, 206-207, 208-209, 210-212, 213-214, 215-216. 
    • 小林秀男. p.367-369, 370-371, 372-373, 374-375, 376-377, 378-379, 380-381, 382-383, 384-385, 386-387, 388-389, 390-391, 392-393, 394-395, 396-397, 398-399, 400-401, 402-403, 404-405.
    • 宍戸裕章. p.138-139, 140-141, 142-143, 144-145, 146-147, 148-149, 150-151, 152-153, 154-155. 
    • 菅野伸樹. p313-314, 315-317, 318-319, 320-322, 323-324.
    • 関口美穂. p.10-11, 29-30, 41-42, 53-54, 65-66, 77-78, 89-90, 106-107, 108-109, 124-125. 
    • 高橋洋子. p.217-218, 219-220, 221-222, 223, 224.
    • 田地野崇宏. P.134-135.
    • 二階堂琢也. p.4-7, 24-26, 37-38, 49-50, 61-62, 73-74, 85-86, 99-102, 120-121.
    • 沼崎広法. p.325-326, 327-328, 329-330, 331-332, 333-334, 335-336, 337-338, 339-340, 341-342, 343-344, 345-346, 347-348, 349-350, 351-352, 353-354, 355-356, 357-358, 359-360, 361-362, 353-364, 365-366.
    • 萩野精太. p.257-258, 259-260, 261-262, 263-264, 265-266, 267-268, 269-270, 271-272, 273-274, 275-276, 277-279, 280-281, 282-283, 284-285.
    • 矢吹省司. p.33-34, 45-46, 57-58, 69-70, 81-82, 93-94, 97-98, 114-115, 118-119, 130-131, 132-133, 134-135.
    • 山田 仁, 箱﨑道之. p.503-504, 505, 506.
    • 渡邉和之. p.2-3, 22-23, 35-36, 47-48, 59-60, 71-72, 83-84, 95-96, 116-117, 128-129.
  1. 紺野愼一. 序文. In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. 
  2. 宍戸裕章. IV上肢. In: Juergen Fischer著, 矢吹省司監訳. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. p.48-89.
  3. 宍戸裕章. V胸部と腹部. In: Juergen Fischer著, 矢吹省司監訳. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. p.90-113.
  4. 関口美穂, 紺野愼一. V メンタルクリニックで痛みをコントロールする. 慢性疼痛に対してメンタルクリニックではどういう治療方針をとりますか?In: 宗圓 聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.180-182.
  5. 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. 第1章 腰痛の原因・疫学 Q1腰痛とは?(痛み?しびれ?)腰痛の発症年齢別頻度は?-疫学. In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.2-3.
  6. 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. 第4章 治療:各種保存療法の適応と実際 Q27コルセットの種類と使い方. In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.118-119.
  7. 宗圓 聰1), 紺野愼一(共同編集)(1) 近畿大学医学部奈良病院). 運動器の痛みをとる・やわらげる 現場で使えるペインコントロール. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04.
  8. 田地野崇宏(日本整形外科学会診療ガイドライン委員会軟部腫瘍診療ガイドライン策定委員会). 軟部腫瘍診療ガイドライン2012. 東京: 南江堂; 2012 03.
  9. 田地野崇宏. 第2章 疾患別対応:疾患の説明、検査、診断確定、治療(保存・薬物・手術)Q15腫瘍による腰痛とは? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.61-69.
  10. 富永亮司, 小俣純一1), 岩渕真澄, 白土 修1)(1) 県立会津総合病院). 第3章 腰痛予防・悪化防止を目的とした対応 Q23歩き方、靴・履物の注意. In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京:日本医事新報社; 2012 11. p.106-108.
  11. 富永亮司, 岩渕真澄, 白土 修1)(1) 県立会津総合病院). 第3章 腰痛予防・悪化防止を目的とした対応 Q24杖の利用と選び方. In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京:日本医事新報社; 2012 11. p.109-110.
  12. 富永亮司, 岩渕真澄, 白土  修1)(1) 県立会津総合病院). 第3章 腰痛予防・悪化防止を目的とした対応 Q25温めるか冷やすか?その時期は? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京:日本医事新報社; 2012 11. p.111-112.
  13. 二階堂琢也. III頚椎. In: Juergen Fischer著, 矢吹省司監訳. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. p.32-47.
  14. 二階堂琢也. VI腰椎と骨盤. In: Juergen Fischer著, 矢吹省司監訳. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. p.114-129.
  15. 二階堂琢也, 紺野愼一. III くすりで痛みをコントロールする. 抗てんかん薬はどのように使用すればよいですか?In: 宗圓  聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.123-126.
  16. 二階堂琢也, 紺野愼一. VI 連携して痛みをコントロールする. リエゾン療法について教えてください. In: 宗圓 聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.207-209.
  17. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一. 第1章 腰痛の原因・疫学 Q5腰痛が長く続く原因は何が考えられますか?-慢性腰痛の原因. In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.14-16.
  18. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一. 第5章 治療;各種手術療法の適応と実際 Q44 手術を行う前の過ごし方は? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.182-184.
  19. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一. 第5章 治療;各種手術療法の適応と実際 Q45各手術のクリニカルパスは? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.185-190.
  20. 二階堂琢也. 日本整形外科学会, 日本腰痛学会(監修). 腰痛診療ガイドライン2012. 東京: 南江堂. 2012 11.
  21. 沼崎広法. VII下肢. In: Juergen Fischer著, 矢吹省司監訳. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. p.130-169.
  22. 沼崎広法. VIII筋筋膜性疼痛症候群. In: Juergen Fischer著, 矢吹省司監訳. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. p.170-173.
  23. 矢吹省司(監訳).  Juergen Fischer著. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. 
  24. 矢吹省司. Iはじめに. In: Juergen Fischer著, 矢吹省司監訳. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. p.2-11. 
  25. 矢吹省司. II頭部. In: Juergen Fischer著, 矢吹省司監訳. 痛みの注射法アトラス. 東京: 南江堂; 2012 12. p.12-31. 
  26. 矢吹省司. II 膝・大腿部の痛みについて 8. 膝疾患と間違いやすい痛み. In: 菊地臣一編. 運動器の痛み プライマリケア 膝・大腿部の痛み. 東京: 南江堂; 2012. p.84-92.
  27. 矢吹省司. IV 注射で痛みをコントロールする. 腰部交感神経節ブロックについて教えてください. In: 宗圓 聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.170-171.
  28. 矢吹省司. IV 注射で痛みをコントロールする. 星状神経節ブロックについて教えて下さい. In: 宗圓 聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.172-173.
  29. 矢吹省司. V メンタルクリニックで痛みをコントロールする. 慢プラセボ効果とはどのようなものですか? In: 宗圓 聰, 紺野愼一編集. 運動器の痛みをとる・やわらげる. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2012 04. p.186-187.
  30. 矢吹省司. 第2章 疾患別対応:疾患の説明、検査、診断確定、治療(保存・薬物・手術)Q11腰部脊柱管狭窄とは? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.34-40.
  31. 矢吹省司. 第2章 疾患別対応:疾患の説明、検査、診断確定、治療(保存・薬物・手術)Q19緊急で命に関わる腰痛(大動脈解離)とは? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012. p.84-88.
  32. 矢吹省司. 第4章 治療:各種保存療法の適応と実際 Q28牽引療法とは? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012. p.120-123.
  33. 矢吹省司. 第4章 治療:各種保存療法の適応と実際 Q38ブロック療法とは? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012. p.155-160.
  34. 矢吹省司. 日本整形外科学会, 日本腰痛学会(監修). 腰痛診療ガイドライン2012-CD-ROM付-. 東京:南江堂. 2012 11.
  35. 矢吹省司. Q11腰痛に運動療法は有効か. In: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会腰痛診療ガイドライン策定委員会 編集. 腰痛診療ガイドライン2012. 東京: 南江堂; 2012. p.48-53.
  36. 渡邉和之, 紺野愼一. Part3 整形外科疾患における薬物療法とNSAIDSの位置づけをみる  3 腰痛の疼痛管理での薬物療法の実際をみる. In: 岩本幸英, 菅野健太郎 編集. 整形外科診療のためのNSAIDs処方ハンドブック〜NSAIDs処方と潰瘍対策の実際〜. 東京: 株式会社先端医学社; 2012 08. p.65-71.
  37. 渡邉和之. 第2章 疾患別対応:疾患の説明、検査、診断確定、治療(保存・薬物・手術)Q12腰椎すべり症とは? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.41-46.
  38. 渡邉和之. 第5章 治療;各種手術療法の適応と実際 Q46手術を行った後の過ごし方は? In: 菊地臣一監修, 紺野愼一編集. 腰痛診療ガイド. 東京: 日本医事新報社; 2012 11. p.191-193.

研究発表

国際学会

研究発表

  1. EJIRI Soichi, KONNO Shin-ichi. Intraoperative carpal tunnel pressure in carpal tunnel release: comparison of endoscopic and open methods. 15th ESSKA Congress; 2012 05; Geneva, Switzerland. Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy. 20(suppl1):S131.
  2. HAKOZAKI Michiyuki, TAJINO Takahiro, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, YAMADA Hitoshi, YANAGISAWA Michiro1), NISHIDA Jun2), NAGASAWA Hiroyuki3), TSUCHIYA Takashi4), OGOSE Akira5), ABE Masafumi6), HOJO Hiroshi6).(1) Hirosaki Univ., 2) Iwate Medical Univ., 3) Akita Univ., 4) Yamagata Univ., 5) Niigata Univ., 6) Dept. Pathology and Diagnostic Pathology) . Overexpression of Cyclooxygenase-2 in Malignant Peripheral Nerve Sheath Tumor and Selective Cyclooxygenase-2 Inhibitor-Induced Apoptosis by Activating Caspases in Human Malignant Peripheral Nerve Sheath Tumor Cells. 9th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society Meeting 2012; 2012 09 08; Kuala Lumpur, Malaysia.
  3. HAYASHI Katsuhiro1), TSUCHIYA Hiroyuki1), TAKEUCHI Akihiko1), OTSUKA Takanobu2), HOSHI Manabu3), IEGUICHI Makoto3), CHOSA Etsuo4),  SAKAMOTO Takero4), TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, YOKOUCHI Masahiro5), SAKAYAMA Kenshi6), KIDANI Teruki6), ISOBE Kenichi7), MAEHARA Hiroki8), TOME Yasunori8).(1) Kanazawa Univ., 2) Nagoya City Univ., 3) Osaka City Univ., 4) Miyazaki Univ., 5) Kagoshima Univ., 6) Ehime Univ., 7) Shinshu Univ., 8) Univ. Ryukyus). Multicenter study of caffeine-potentiated chemotherapy for bone and soft tissue sarcoma. 9th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society Meeting 2012; 2012 09 07; Kuara Lumpur, Malaysia.
  4. KATO Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KONNO Shin-ichi. Preoperative assessment of psychiatric problems in the patients with lumbar spinal stenosis by using the brief scale for psychiatric problems in orthopaedic patients (BS-POP): A prospective cohort study. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  5. MATSUO Yohei, KURATA Jiro1), SEKIGUCHI Miho, YOSHIDA Katsuhiro, KIKUCHI Shin-ich, KONNO Shin-ichi.(1) Kyoto Univ.). Posterior cingulate cortex activation is associated with default-mode network dysfunction in chronic low back pain patients: A functional magnetic resonance imaging study. Neuroscience 2012; 2012 10 14; New Orleans, USA.
  6. NIKAIDO Takuya, KIKUCHI Shin-ichi, OTANI Koji, WATANABE Kazuyuki, KATO Kinshi, KONNO Shin-ich. Effect of Decompression Surgery for Low Back Pain of Lumbar Spinal Stenosis with Radiculopathy: Comparison between Spondylosis and Degenerative Spondylolisthesis. Spine Across The Sea; 2012 08; Kauai, Hawaii USA.
  7. NIKAIDO Takuya, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, WATANABE Kazuyuki, KATO Kinshi, KONNO Shin-ichi. Influence that psychiatric problem gives to surgical result of lumbar spinal stenosis: Pre-and postoperative assessment by BS-POP and JOABPEQ. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  8. ONDA Akira, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KONNO Shin-ichi. Limaprost Alfadex and nonsteroidal anti-inflammatory drugs for sciatica due to lumbar spinal stenosis. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  9. ONO Rei1)2), FUKUHARA Shun-ichi2), KIKUCHI, Shin-ichi, KONNO, Shin-ichi, HAYASHINO Yasuaki2), SEKIGUCHI Miho, OTANI Koji, TAKEGAMI Misa2), YAMAZAKI Shin2) (1) Kobe Univ., 2) Kyoto Univ.). Sex Difference in Association between Low Back Pain and Metabolic Syndorome. AAOS2012(American Academy of Orthopaedic Surgeons); 2012 02 07; San Francisco, USA.
  10. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KATO Kinshi, KONNO Shin-ichi. Epidemiologic study of degenerative lumbar scoliosis: Analysis of 276 volunteers. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  11. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, WATANABE Kazuyuki, NIKAIDO Takuya, KATO Kinshi, KONNO Shin-ichi. Low Back Pain in Degenerative Lumbar Spinal Stenosis. Spine Across The Sea; 2012 08; Kauai, Hawaii USA.
  12. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KATO Kinshi, KONNO Shin-ichi. Magnitude of dural tube compression does not show a predictive value for symptomatic lumbar spinal stenosis for one year follow-up:A prospective cohort study. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  13. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KATO Kinshi, KONNO Shin-ichi. Preoperative psychiatric problems affect postoperative neck pain in the patients with cervical compressive myelopathy: A prospective cohort study. 3rd Annual Meeting of Cervical Spine Research Society, Asia Pacific Section; 2012 04 22; Fukuoka.
  14. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KATO Kinshi, KONNO Shin-ichi. Prevalence of cervical compressive myelopathy in the community:Analysis of 551 individuals using subjective symptoms and MRI findings evaluated by a single physician. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  15. OTOSHI Kenichi, KIKUCHI Shin-ichi, NUMAZAKI Hironori, KOBAYASHI Hideo, EJIRI Soichi, KONNO Shin-ichi. Reconstruction of the knee extensor mechanism and free vascularized latissimus dorsi musculocutaneous flap for treating traumatic complete extensor loss with extensive soft tissue defect of the anterior aspect of the knee; a case report. 15th ESSKA Congress; 2012 05; Geneva, Switzerland. Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy. 20(suppl1):S281.
  16. OTOSHI Kenichi, KIKUCHI Shin-ichi, SHISHIDO Hiroaki, KONNO Shin-ichi. The proximal attachment of the flexor pronator muscles ? an anatomical study. ESSSE(European Society for Surgery of the Shoulder and the Elbow); 2012 09 19; Croatia Dubrovnik.
  17. OTOSHI Kenichi, KIKUCHI Shin-ichi, SHISHIDO Hiroaki, KONNO Shin-ichi. The use of three-dimensional MRI evaluating the articular cartilage after osteochondral autograft transplantation for osteochondral dissecans of the humeral capitellum. ESSSE(European Society for Surgery of the Shoulder and the Elbow); 2012 09 19; Croatia Dubrovnik.
  18. SAITO Hiroharu, SEKIGUCHI Miho, YAMADA Hiroyuki, KUBOTA Tomoyuki, SHIGIHARA, Tomohiko,  IWASAKI Tetsuji, KONNO Shin-ichi. Comparison of postural change and muscle fatigue between different types of lumbar corsets. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  19. SAITO Hiroharu, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI, Shin-ich, KONNO Shin-ichi. The effect of SSRI on pain-related behavior induced by nucleus pulposus applied on the nerve root in rats. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  20. SAITO Hiroharu, SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi. The Effect of Selective Serotonin Reuptake Inhibitor(SSRI) on Pain-Related Behavior Induced by Nucleus Pulposus Applied on the Dorsal Root Ganglion in Rats. Spine Across The Sea; 2012 07 30; Kauai, Hawaii USA.
  21. SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shinv-ichi; KONNO Shin-ichvi. The effect of non-noxious stimulation in pain-related behavior induced by nucleus pulposus applied on the nerve root in rats. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  22. SHISHIDO Hiroaki, OTOSHI Kenichi, KONNO Shin-ichi. Changes in the Size of Rotator Cuff Tear after Arthroscopic Subacromial Decompression. - Factors affecting postoperative enlargement of rotator cuff tears -. ESSSE(European Society for Surgery of the Shoulder and the Elbow); 2012 09 19; Croatia Dubrovnik.
  23. TAKAHASHI Naoto, ARAI Itaru1), KAYAMA Satoru1), ICHIJI Kenji1), FUKUDA Hironari, KAGA Takahiro, KONNO Shin-ichi(1) Southern Tohoku Hospital). Therapeutic efficacy of pregabalin for patients with leg symptoms due to lumbar spinal stenosis. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  24. TAJINO Takahiro, KONNO Shin-ichi, YAMADA Hitoshi, HAKOZAKI Michiyuki. The Treatment Outcome of Musculoskeletal Tumors in The Lower Extremity Reconstructed with Heated (Pasteurized) Auto-Bone Graft. 9th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society Meeting 2012; 2012 09; Kuala Lumpur, Malaysia.
  25. UESUGI Kazuhide. Lumbar spinal stenosis with peripheral arterial disease: A prospective multicenter observation study. Fukushima International Seminar 2012; 2012 03 12; Fukushima.
  26. WATANABE Kazuyuki, OTANI Koji, NIKAIDO Takuya, KATO Kinshi, YABUKI Shoji, KONNO Shin-ichi. Performance Tests of Lower Extremity in Patients with Degenerative Lumbar Spinal Disorders. Combined 33rd SICOT & 17th PAOA Orthopaedic World Conference; 2012 11; Dubai, United Arab Emirates.
  27. WATANABE Kazuyuki, OTANI Koji, NIKAIDO Takuya, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Performance Tests of Upper and Lower Extremity in Patients with Cervical Compressive Myelopathy. Spine Across The Sea; 2012 08 01; Kauai, Hawaii USA.
  28. WATANABE Kazuyuki, OTANI Koji, NIKAIDO Takuya, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Surgical Outcomes of Decompression for Lumbar Spinal Stenosis with Degenerative Lumbar Scoliosis; Prospective Cohort Study. Spine Across The Sea; 2012 08 02; Kauai, Hawaii USA.
  29. WATANABE Kazuyuki, OTANI Koji, NIKAIDO Takuya, KATO Kinshi, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Poor surgical outcomes of lumbar spinal stenosis with depression-A cohort study. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  30. YABUKI Shoji, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Microendoscopic surgery for degenerative diseases in the cervical spine. International Society for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting; 2012 05; Amsterdam.
  31. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Neuropathic Pain Due to Spinal Cord Compression:An Analysis in Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy. 14th World Congress on Pain; 2012 08 31; Milan, Italy. Official Congress Program. 90.
  32. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Neuropathic Pain Due to Spinal Cord Compression:An Analysis in Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy. 14th World Congress on Pain; 2012 08 31; Milan, Italy. Official Congress Program. 90.

国内学会

研究発表

  1. 青田恵郎, 星 明彦1), 佐藤浩幸1), 目黒文子1), 岩崎美樹1), 吉田清一1)(1) 地域連携部). 福島連携ネットワークの構想 東日本大震災、原発事故をかえりみて. 第14回日本医療マネジメント学会学術総会; 2012 10 12; 佐世保. 日本医療マネジメント学会雑誌. 13(Suppl.): 174.
  2. 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一, 荒 文博, 北野尚子. 末期股関節症に対する短回旋筋群温存法(ERP法)によるTHAの試み. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 19; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S351.
  3. 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一, 荒 文博, 北野尚子, 佐藤法義. 人工股関節再置換術における中殿筋断裂の危険性の検討. 第42回日本人工関節学会; 2012 02 25; 宜野湾. 第42回日本人工関節学会プログラム・抄録集. 359.
  4. 朝熊英也, 川上亮一, 佐藤勝彦1)(1) 大原綜合病院). 大腿骨骨幹部骨折に対する即時髄内釘固定術の合併症の検討. 第26回日本外傷学会総会・学術集会;2012 05 25; 東京. 日本外傷学会雑誌. 26(2): 221.
  5. 朝熊英也. 当院における小児上腕骨顆上骨折に対する経皮的鋼線刺入固定法の工夫. 第38回日本骨折治療学会; 2012 06 30; 東京. 骨折. 34:S222.
  6. 猪狩貴弘, 武田 明, 田地野崇宏, 作山洋三1), 渡辺秀樹1), 紺野愼一(1) 公立岩瀬病院). 第5中足骨に生じたbone marrow edema syndrome-1例報告-. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3):359.
  7. 猪狩貴弘, 大歳憲一, 江尻荘一, 紺野愼一. 少年野球選手に発症した反復性橈骨頭前方脱臼-1例報告-. 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 20; 宜野湾. JOSKAS. 37(4):368.
  8. 岩渕真澄, 白土  修1), 富永亮司(1) 県立会津総合病院). 腰椎椎間板ヘルニアのMRミエログラム所見と自覚症状、理学所見との関連 後根神経節に着目して. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. Journal of Spine Research. 3(3): 527.
  9. 江尻荘一, 川上亮一, 田地野崇宏, 山田 仁, 紺野愼一. 遊離血管柄付き腓骨頭移植術による上腕骨近位部再建の長期成績−3例報告−. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会; 2012 12 06; 北九州. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集. 244.
  10. 大石 純1), 青木光希子1), 岩崎 宏1), 鈴宮淳司1), 箱﨑道之, 生越 章2), 鍋島一樹1)(1) 福岡大学, 2) 新潟大学). Inhibitory effects of imatinib mesylate on MPNST cells mediated through the PDGF-BB/PDGFR-beta autocrine loop. 第71回日本癌学会学術総会; 2012 10 03; 横浜. 日本癌学会総会記事. 71: 333.
  11. 大内一夫, 橋本慶太, 紺野愼一. 内側楔状骨・第1中足骨癒合症の1例. 第37回日本足の外科学会・学術集会; 2012 10 18; 箱根. 日本足の外科学会雑誌. 33(2): S159.
  12. 大谷晃司. E-ラーニングを活用した臨床推論教育の実践報告. 第44回日本医学教育学会大会; 2012 07 28; 東京. 医学教育. 43(Suppl.).
  13. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 圧迫性頚髄症に対する後方手術の成績とBS-POPとの関係. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 20; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S694.
  14. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 頚髄症・頚部神経根症の疫学調査. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 20; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S605.
  15. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 後方手術後の頚部愁訴とBS-POPとの関係−圧迫性頚髄症に対する検討−. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):406.
  16. 大谷晃司, 熊谷智広1), 小宮ひろみ1), 石川和信1), 錫谷達夫1), 大平弘正1), 福島哲仁1)(1) 医療人育成・支援センター). 地域医療教育の実践 福島県立医科大学における地域交流事業(第2報) 医学生のニーズは何か? 第44回日本医学教育学会大会; 2012 07 27; 東京. 医学教育. 43(Suppl.): 151.
  17. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 地域住民における腰部脊柱管狭窄の実態−前向きコホート研究−. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 19; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):215.
  18. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄における腰痛:除圧術後の腰痛が術後成績に与える影響. 第20回日本腰痛学会; 2012 11 03; 神戸. 第20回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 121.
  19. 大歳憲一, 菊地臣一, 小林秀男, 沼崎広法, 関口美穂, 紺野愼一, 竹上未紗1), 山崎 新1), 福原俊一1) (1) 京都大学). 変形膝関節症の症状発現における心理的要因の関与-うつと痛みの関係:横断的研究-. 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 19; 宜野湾. JOSKAS. 37(4):116.
  20. 大歳憲一, 宍戸裕章, 長倉 栄, 紺野愼一. 陳旧性肩関節後方脱臼に対する鏡視下脱臼整復術:1例報告. 第23回東北肩関節研究会; 2012 06 02; 仙台. 第23回東北肩関節研究会プログラム. 10.
  21. 大歳憲一, 菊地臣一, 加賀孝弘, 長倉 栄, 宍戸裕章, 紺野愼一. 陳旧性肩関節後方脱臼に対する鏡視下脱臼整復術:1例報告. 第39回日本肩関節学会; 2012 10 05; 東京. 第39回日本肩関節学会抄録集.188.
  22. 大歳憲一, 菊地臣一, 宍戸裕章, 紺野愼一. 肘関節外反ストレスに対する動的安定化因子としての円回内筋総屈筋群の機能-超音波を用いた検討-. 第24回日本肘関節学会学術集会; 2012 02 18; 長岡. 日本肘関節学会雑誌. 19(1):S92.
  23. 大橋寛憲, 青田恵郎, 北野尚子, 佐藤法義, 紺野愼一. 人工股関節置換術後の不定愁訴に関与する因子の検討. 第39回日本股関節学会学術集会; 2012 12; 新潟. 第39回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 349.
  24. 大橋寛憲, 青田恵郎, 紺野愼一, 荒 文博, 北野尚子. 高齢発症変形性股関節症における骨盤後傾と可動域−人工股関節全置換術症例594関節の検討−. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 20; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S681.
  25. 大橋寛憲, 青田恵郎, 紺野愼一, 荒 文博, 北野尚子. 転子下骨切り併用人工股関節置換術における骨癒合時期の検討. 第42回日本人工関節学会; 2012 02 24; 宜野湾. 第42回日本人工関節学会プログラム・抄録集. 405.
  26. 小野 玲1), 山崎 新2), 竹上未紗2), 大谷晃司, 関口美穂, 林野泰明2), 紺野愼一, 菊地臣一, 福原俊一2)(1) 神戸大学, 2) 京都大学). 腰痛は1年後のメタボリックシンドローム(Mets)及びMetsを判定する要素と関連するか 地域在住住民におけるコホート研究.  第47回日本理学療法学術大会; 2012 05 27; 神戸. 理学療法学. 39(Suppl.2): 0947.
  27. 恩田 啓, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄による神経根性間欠跛行に対するリマプロスト・アルファデクスの有用性の検討-多施設共同前向き無作為化比較試験-. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3):323.
  28. 加賀孝弘, 菊地臣一, 大歳憲一, 宍戸裕章, 紺野愼一. 観血的治療を要した胸鎖関節後方脱臼:4例報告. 第39回日本肩関節学会; 2012 10 05; 東京. 第39回日本肩関節学会抄録集.186.
  29. 笠原  諭1), 志賀哲也1), 増子博文1), 丹羽真一1), 大谷晃司, 紺野愼一(1) 神経精神医学). 整形外科とのリエゾン精神医学 慢性疼痛における脳血流の低下と臨床的意義. 福島県精神医学会 学術講演会; 2012 03 18; 福島. 福島医学雑誌. 62(3): 107.
  30. 加藤欽志, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 頸椎硬膜内髄外に発生したanaplastic ependymomaの1例. 第109回東北整形災害外科学会; 2012 06 22; 盛岡. 第109回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 54.
  31. 加藤欽志, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 手術成績とBS-POPによる精神医学的評価との関係−腰部脊柱管狭窄での前向き研究−. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):471.
  32. 加藤欽志, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄術後におけるうつ症状の改善−前向きコホートによる検討−. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 19; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S439.
  33. 加藤欽志, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄術後のQOL改善における特徴-術前の精神医学的問題が与える影響-. 第20回日本腰痛学会; 2012 11 03; 神戸. 第20回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 66.
  34. 川上亮一, 紺野愼一. 開放性前腕骨骨折(Gastilo分類Type3)の治療経験−DASH scoreでの検討−. 第26回日本外傷学会総会・学術集会; 2012 05 25; 東京. 日本外傷学会会誌. 26(2):264.
  35. 川上亮一, 紺野愼一, 江尻荘一, 三澤辰也. 四肢外傷後の偽関節に対する手術治療. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 19; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S522.
  36. 川上亮一, 紺野愼一, 江尻荘一. 四肢外傷後の偽関節に対する手術治療. 第38回日本骨折治療学会; 2012 06 29; 東京. 骨折. 34:S64.
  37. 川上亮一, 紺野愼一, 江尻荘一. 遊離広背筋移植による膝関節屈曲の再建-1例報告-. 第18回救急整形外傷シンポジウム; 2012 03 03; グアム. 第18回救急整形外傷シンポジウム抄録集.62.
  38. 川上亮一, 紺野愼一, 江尻荘一, 佐々木信幸. 遊離広背筋移植による膝関節屈曲機能の再建−1例報告−. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会; 2012 12 07; 北九州. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集. 274.
  39. 神崎至幸1), 熊井  司1), 田中康仁1), 谷口  晃1), 松田剛典1), 橋本慶太, 西山隆之1), 黒坂昌弘1) (1) 奈良県立医科大学). ソフトボールによる舟状骨骨折後に変形性楔舟関節症をきたした一例. 第38回日本整形外科スポーツ医学会学術集会; 2012 09 14; 横浜. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 32(4): 418.
  40. 神崎至幸1), 熊井 司1), 田中康仁1), 谷口  晃1), 松田剛典1), 橋本慶太, 西山隆之1), 黒坂昌弘1)(1) 奈良県立医科大学).  距骨外側突起骨折後の遺残変形に対し後足部内視鏡手術を行った1例. 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 20; 宜野湾. JOSKAS. 37(4): 361.
  41. 菅野裕雅1), 荒  文博, 山岸栄紀(1) 寿泉堂綜合病院). 後方椎体間固定後に大量の汗が誘因となりMRSA感染を起こした1例.  第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21 ; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3): 474. 
  42. 菊地忠志, 紺野愼一, 長倉 栄, 佐藤法義. 人工膝関節全置換術で駆血帯が関節ギャップと軟部組織バランスに与える影響. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 17; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(2):S65.
  43. 北野尚子, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. Parkinson病DBS療法中の変形性股関節症患者に対するERPによるTHA−脱臼頻度の高い症例に対する1例報告−. 第39回日本股関節学会学術集会; 2012 12; 新潟. 第39回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 636.
  44. 北野尚子, 菊地忠志, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. 脊椎骨端異形成症に伴う股関節変形に対するキアリ骨盤骨切り術-1例報告-. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3):362.
  45. 小平俊介, 川上亮一, 江尻荘一, 紺野愼一. 東日本大震災にて受傷した小児の上下肢のコンパートメント症候群-1例報告-. 第18回救急整形外傷シンポジウム; 2012 03; グアム. 第18回救急整形外傷シンポジウム抄録集.69.
  46. 小平俊介, 川上亮一, 江尻荘一, 紺野愼一. 東日本大震災にて受傷した小児の上下肢のコンパートメント症候群. 第26回日本外傷学会総会・学術集会; 2012 05 25; 東京. 日本外傷学会雑誌. 26(2): 266.
  47. 小林秀男, 大歳憲一, 竹上未紗1), 関口美穂, 沼崎広法, 山崎 新1), 福原俊一1), 菊地臣一, 紺野愼一(1) 京都大学). 変形性膝関節症における痛みと運動器不安定症が身体的QOLに与える影響:横断研究. 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 19; 宜野湾. JOSKAS. 37(4):115.
  48. 小林義尊, 江尻荘一, 川上亮一, 高橋洋子, 紺野愼一. 脂肪筋膜弁を用いた手指軟部組織再建. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会; 2012 12 06; 北九州. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集. 217.
  49. 小山光久, 村上和也1)(1) 福島赤十字病院). 人工骨人工骨移植を用いた踵骨骨折手術の検討. 第37回日本足の外科学会; 2012 10 19; 箱根町. 日本足の外科学会雑誌. 33(2): S248.
  50. 紺野愼一, 菊地臣一. 被災地における大学病院の役割. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 17; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(2):S5.
  51. 紺野愼一. 日本脊椎脊髄病学会主導研究DISTO-Project結果報告. 運動器疾患フォーラムin TOKYO; 2012 10 07; 東京.
  52. 紺野愼一. 日本脊椎脊髄病学会主導研究DISTO-Project結果報告. 運動器疾患フォーラムin FUKUOKA; 2012 10 21; 福岡.
  53. 紺野愼一. 日本脊椎脊髄病学会主導研究DISTO-Project結果報告. 運動器疾患フォーラムin OSAKA; 2012 11 10; 大阪.
  54. 齋藤弘晴, 関口美穂, 山田裕之1), 久保田智之2), 鴫原智彦2), 岩嵜徹治1), 紺野愼一(1) 日本シグマックス, 2) リハビリテーションセンター). 腰部コルセット装着後における筋疲労と姿勢変化の検討. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):465.
  55. 齋藤弘晴, 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. ラット神経因性疼痛モデルにおける疼痛関連行動への選択的セロトニン再取り込み阻害薬の影響. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会; 2012 10; 名古屋. 日本整形外科学会雑誌. 86(8):S1126.
  56. 榊原紀彦1), 笠井裕一1), 紺野愼一, 高橋和久1), 千葉一裕1), 宮本雅史1), 種市 洋1), 加藤圭彦1), 金森昌彦1), 金山雅弘1), 紺野  昇1), 竹下克志1), 田中信弘1), 橋爪 洋1), 松永俊二1), 川上 守1), (1) ).日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)、日本整形外科学会頚髄症評価質問票(JOACMEQ)の認知度調査. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):541.
  57. 佐々木信幸, 川上亮一, 江尻荘一, 紺野愼一. 遊離組織移植後の血栓形成予防−ヘパリン持続動注療法−. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会; 2012 12 07; 北九州. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集. 301.
  58. 佐藤弘一郎, 小林利男1)(1) 南東北福島病院). 3.11震災後に2人の高齢者に急性発症した原因不明の炎症性運動器障害. 第56回日本リウマチ学会総会学術集会; 2012 04 27; 東京. 第56回日本リウマチ学会総会学術集会,プログラム・抄録集. 556.
  59. 佐藤弘一郎. 断水下の病院における排泄物処理の現実-東日本大震災被災地報告-. 第25回日本臨床整形外科学会学術集会・関西; 2012 07 15; 神戸. 第25回日本臨床整形外科学会学術集会・関西,プログラム・抄録集. 230.
  60. 佐藤法義, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. 股関節後方亜脱臼に対して大腿骨転子間弯曲内反骨切り術を行った1例. 第109回東北整形災害外科学会; 2012 06 23; 盛岡. 第109回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 100.
  61. 佐藤法義, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. 短外旋筋温存法による後方アプローチを用いたTHAの検討. 第42回日本人工関節学会; 2012 02 25; 宜野湾. 第42回日本人工関節学会プログラム・抄録集. 459.
  62. 佐藤法義, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. 短外旋筋温存法による後方アプローチを用いたTHAの脚延長量の検討. 第39回日本股関節学会学術集会; 2012 12; 新潟. 第39回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 238.
  63. 澤井孝一1), 松田剛典1), 谷口  晃1), 橋本慶太, 神崎至幸1), 熊井 司1), 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). 熱傷後重度内反尖足に対してTaylor Spatial Frameを用いて治療を行った1例.  第439回整形外科集談会?京阪神地方会; 2012 03 17; 大阪. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 55(3): 670.
  64. 澤村佳宏1), 権田憲士1), 後藤美代子1), 大島久美1), 池田和彦2), 高橋裕志1), 青田恵郎, 紺野愼一, 菅野隆浩1), 大戸  斉1)(1) 輸血移植免疫部, 2) 血液内科学). 白血球除去フィルターの臨床効果 2期的両側股関節手術症例での自己血貯血の検討.  第60回日本輸血・細胞治療学会; 2012 05 27; 郡山. 日本輸血細胞治療学会誌. 58(1): 70.
  65. 鴫原智彦1), 久保田智之1), 関口美穂, 齋藤弘晴, 山田裕之2), 岩嵜徹治2), 紺野愼一, 矢吹省司(1) リハビリテーションセンター, 2) 日本シグマックス). シャツタイプの腰部コルセットによる腰痛と姿勢変化の検討.  第47回日本理学療法学術大会; 2012 05 26; 神戸. 理学療法学. 39(Suppl.2): 0352.
  66. 宍戸裕章, 菊地臣一, 大歳憲一, 紺野愼一. 腱板断裂に対する鏡視下肩峰下除圧術−術後における疼痛残存関与因子−. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 17; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(2):S103.
  67. 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. ラット髄核留置モデルにおける非侵害刺激の疼痛関連行動への影響. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会; 2012 10; 名古屋. 日本整形外科学会雑誌. 86(8):S1125.
  68. 武田 明, 武田浩一郎, 萩野精太, 荒井 至1), 松下夏紀2), 田地野崇宏, 菊地臣一(1) 総合南東北病院, 2) 太田西ノ内病院). OK-432局注療法により進行を制御しえた脛骨Gorham病?1例報告?. 第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2012 07 14; 東京. 日本整形外科学会雑誌. 86(6):S892.
  69. 竹之下秀雄1), 茂呂貴知(1) 白河厚生総合病院). インフリキシマブが著効した乾癬性紅皮症を呈した関節症性乾癬の1例. 第27回角化症研究会; 2012 08 04; 東京. 角化症研究会記録集. 26: 100-104.
  70. 田地野崇宏, 菊地臣一, 紺野愼一, 山田 仁, 箱﨑道之, 菊田 敦1), 佐野秀樹1)(1) 小児科学). 当科におけるJESS04レジメンを用いたEwing肉腫ファミリー腫瘍の治療成績. 第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2012 07 14; 東京. 日本整形外科学会雑誌. 86(6):S979.
  71. 田地野崇宏, 紺野愼一, 山田 仁, 箱﨑道之, 田崎和洋1), 渡邉一男2)(1) 病理部, 2) 福島病理研究所). 同時期に両大腿部に異なる組織像を示す脂肪肉腫を生じた症例-1例報告-. 第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2012 07 14; 東京. 日本整形外科学会雑誌. 86(6):S994.
  72. 谷口 晃1), 熊井 司1), 松田剛典1), 神崎至幸1), 橋本慶太, 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). 関節鏡下距骨下関節固定術の術後成績の検討. 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 20; 宜野湾. JOSKAS. 37(4): 269.
  73. 谷口愼一郎1), 福井  充2), 笠井裕一3), 加藤圭彦4), 金森昌彦5), 金山雅弘6), 川上 守7), 紺野愼一, 竹下克志8), 田中信弘9), 種市 洋10), 千葉一裕11), 橋爪 洋7), 細野 昇12), 松永俊二13), 宮本雅史14)(1) 高知大学, 2) 大阪市立大学, 3) 三重大学, 4) 山口大学, 5) , 6) 函館中央病院, 7) 和歌山県立医科大学, 8) 東京大学, 9) 広島大学, 10) 獨協医科大学, 11) 慶應義塾大学, 12) 大阪厚生年金病院, 13) 鹿児島大学, 14) 日本医科大学).  SRQDおよびJOABPEQによる心理的評価の腰椎手術前後の経時的経過. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):426.
  74. 土肥有二1), 熊井 司1), 谷口 晃1), 松田剛典1), 橋本慶太, 井上大典1), 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). 距骨外側の骨軟骨損傷に対する鏡視下自家骨釘移植術. 第18回日本最小侵襲整形外科学会; 2012 11 16; 奈良. 日本最小侵襲整形外科学会誌. 12(1): 81.
  75. 長倉 栄, 鈴木幹夫1), 茂呂貴知, 吉田勝浩(1) 白河厚生総合病院). 高齢者の上腕骨小頭粉砕骨折の2例. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21 ; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3): 346.
  76. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 精神医学的問題が腰部脊柱管狭窄の手術成績に与える影響−BS-POPによる術前評価とJOABPEQの関係−. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 17; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(2):S97.
  77. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄における手術前後での自覚症状とJOABPEQ−腰痛の程度と機能障害の乖離例からみた治療評価の妥当性と限界−. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):427.
  78. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の腰痛に対する除圧術の効果-歩行負荷試験で誘発される症状による解析-. 第20回日本腰痛学会; 2012 11 03; 神戸. 第20回日本腰痛学会プログラム・抄録集.64.
  79. 沼崎広法, 菊地臣一, 小林秀男, 大歳憲一, 紺野愼一. 人工膝関節全置換術後感染に対する予防対策−感染症例のoutbreakに対する危機管理と感染予防対策−. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 19; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S419.
  80. 沼崎広法, 菊地臣一, 小林秀男, 吉田勝浩, 大歳憲一, 紺野愼一. 人工膝関節感染の治療-二期的再置換術後感染再発例に対する治療について-. 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 20; 宜野湾. JOSKAS. 37(4):354.
  81. 沼崎広法, 小林秀男, 大歳憲一, 吉田勝浩, 紺野愼一. 人工膝関節感染に対するインプラントを温存したデブリドマンの失敗は、その後の二期的再置換術の成功率を低下させるか? 第42回日本人工関節学会; 2012 02 25; 宜野湾. 第42回日本人工関節学会プログラム・抄録集. 483.
  82. 根本鉄太郎1), 白土 修1), 岩渕真澄, 佐藤法義, 加賀孝弘, 矢吹省司, 紺野愼一(1) 県立会津総合病院). 成人脊柱変性に対する外科的治療の小経験. 第109回東北整形災害外科学会; 2012 06 22; 盛岡. 第109回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 62.
  83. 根本鉄太郎1), 白土 修1), 岩渕真澄, 加賀孝弘, 紺野愼一(1) 県立会津総合病院). 成人脊柱変形に対する外科的治療の小経験. 第47回日本脊髄障害医学会; 2012 10 26; 静岡. 第47回日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集. 163.
  84. 箱崎道之, 田地野崇宏, 山田 仁, 紺野愼一, 北條 洋1), 渡邉一男2)(1) 病理病態診断学, 2) 福島病理研究所). 踵骨に生じた紡錘細胞血管腫-1例報告-. 第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2012 07; 東京. 日本整形外科学会雑誌. 86(6):S890.
  85. 箱崎道之, 田地野崇宏, 山田 仁, 紺野愼一, 田崎和洋1), 渡邉一男2)(1) 病理部, 2) 福島病理研究所). 初診時に多発転移を有し集学的治療を行った悪性軟部骨化性線維粘液性腫瘍-1例報告-. 第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2012 07 14; 東京. 日本整形外科学会雑誌. 86(6):S998.
  86. 箱崎道之, 田地野崇宏, 山田 仁, 田崎和洋1), 渡邉一男2), 長谷川 靖3)(1) 病理部, 2) 福島病理研究所, 3) 放射線科学). 左上肢多発性軟部腫瘍. 第19回東北地区骨軟部腫瘍研究会; 2012 10 06; 盛岡. 第19回東北地区骨軟部腫瘍研究会抄録・プログラム. 12.
  87. 橋内智尚1), 櫻井悟良1), 森本光俊1), 米井辰也1), 橋本慶太, 高倉義典1), 二階堂亮平1), 水掫貴満1), 笠次良爾1), 酒本佳洋1), 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). Knot impingementアンカー挿入位置との関連性. 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 21; 宜野湾. JOSKAS. 37(4): 379.
  88. 橋内智尚1), 森本光俊1), 櫻井悟良1), 米井辰也1), 橋本慶太, 高倉義典1), 笠次良爾1), 酒本佳洋1), 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). 肘関節鏡視下に整復固定をした橈骨頭骨折(Mason type2)の1例. 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 20; 宜野湾. JOSKAS. 37(4): 368.
  89. 橋内智尚1), 櫻井悟良1), 森本光俊1), 米井辰也1), 橋本慶太, 高倉義典1), 笠次良爾1), 酒本佳洋1), 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). 超音波ガイド下に関節鏡を挿入して嚢胞除去を行った1例 棘上窩嚢胞に対して.  第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2012 07 20; 宜野湾. JOSKAS. 37(4): 321.
  90. 橋本慶太, 田中康仁1), 松田剛典1), 谷口 晃1), 熊井 司1), 紺野愼一(1) 奈良県立医科大学). 変形性足関節症における骨棘の発生部位ならびに形態の3DCTによる検討. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S733.
  91. 橋本慶太, 田中康仁1), 松田剛典1), 谷口 晃1), 熊井 司1), 紺野愼一(1) 奈良県立医科大学). 外反型変形性足関節症による外側インピンジメント症候群の病態. 第37回日本足の外科学会・学術集会; 2012 10 18; 箱根. 日本足の外科学会雑誌. 33(2): S140.
  92. 半田隼一, 冨川直樹1), 関口美穂, 千葉英樹1), 紺野愼一(1) 基礎病理学). マウス末梢神経におけるclaudinの発現. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会; 2012 10; 名古屋. 日本整形外科学会雑誌. 86(8):S1199.
  93. 半田隼一, 冨川直樹1), 関口美穂, 千葉英樹1), 菊地臣一, 紺野愼一(1) 基礎病理学 ). マウス末梢神経組織におけるClaudinの発現解析. 第5回日本運動器疼痛学会; 2012 11; 東京. 日本運動器疼痛学会誌. 4(2):73.
  94. 福田宏成, 鹿山 悟1), 荒井 至1), 高橋直人, 市地賢治1), 宗像良和1), 大歳憲一, 宍戸裕章, 紺野愼一(1) 総合南東北病院). 腱板断裂を合併した色素性絨毛結節性滑膜炎(PVNS)に対する、鏡視下滑膜切除術:1例報告. 第23回東北肩関節研究会; 2012 06; 仙台.
  95. 本田和也1), 齋藤伴樹1), 天海一明1), 猪股洋平1), 石田  卓2), 大谷晃司(1) , 2) 呼吸器内科学). 画像読影ツールとしてiPadを利用した学生主催の胸部X線セミナーの試み. 第44回日本医学教育学会大会; 2012 07 28; 東京. 医学教育. 43(Suppl.): 162.
  96. 松尾洋平, 吉田勝浩, 関口美穂, 紺野愼一. 慢性腰痛患者におけるdefault mode network 機能障害の検討−functional MRIを用いて−. 第434回福島医学会学術研究集会; 2012 05 24; 福島. 福島医学雑誌. 62(3):101.
  97. 松尾洋平, 関口美穂, 二階堂琢也, 吉田勝浩, 菊地臣一, 紺野愼一, 倉田二郎1)(1) 京都大学). 慢性腰痛患者におけるfMRI脳画像の検討. 痛みを語る会 in Kochi 2012; 2012 06 17; 高知県安芸郡.
  98. 松尾洋平, 倉田二郎1), 関口美穂, 吉田勝浩, 菊地臣一, 紺野愼一(1) 京都大学). 慢性腰痛患者におけるdefault mode network 機能障害の検討. 第34回日本疼痛学会; 2012 07 20; 熊本. Pain Research. 27(2):85.
  99. 松尾洋平, 倉田二郎1), 関口美穂, 二階堂琢也, 吉田勝浩, 菊地臣一, 紺野愼一(1) 京都大学). 慢性腰痛患者における後帯状皮質活動はdefault mode network機能障害と関連する. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会; 2012 10; 名古屋. 日本整形外科学会雑誌. 86(8):S1288.
  100. 松尾洋平, 関口美穂, 二階堂琢也, 吉田勝浩, 菊地臣一, 紺野愼一, 倉田二郎1)(1) 京都大学). 慢性腰痛患者における脳機能的MRI画像の検討 ? default mode network領域の活動に着目して-. Japan association of spine with Ambition; 2012 08 19; 東京.
  101. 松尾洋平, 倉田二郎1), 関口美穂, 二階堂琢也, 吉田勝浩, 菊地臣一, 紺野愼一(1) 京都大学). 慢性腰痛患者における脳機能的MRIの検討? default mode network領域に着目して-. 第5回日本運動器疼痛学会; 2012 11 18; 東京. 日本運動器疼痛学会誌. 4(2):70.
  102. 松尾洋平, 倉田二郎1), 吉田勝浩, 関口美穂, 二階堂琢也, 紺野愼一(1) 京都大学). 慢性腰痛患者における腰痛関連脳活動と心理物理的尺度との関係. 平成 24年度生理学研究所研究会 『痛み研究の新たな展開』; 2012 12 14; 岡崎.
  103. 松本健一郎, 紺野愼一, 川上亮一. 大腿骨骨折に坐骨神経麻痺を合併した1例. 第26回日本外傷学会総会・学術集会; 2012 05 25; 東京. 日本外傷学会雑誌. 26(2): 271.
  104. 村上和也1), 小山光久(1) 福島赤十字病院). ロッキングプレートを併用したTransfibular approachによる足関節固定術の検討. 第37回日本足の外科学会・学術集会; 2012 10 19; 箱根町. 日本足の外科学会雑誌. 33(2): 33(2): S179. 
  105. 森 有希, 江尻荘一, 紺野愼一. 特発性の両側性手内筋拘縮−1例報告−. 第109回東北整形災害外科学会; 2012 06 23; 盛岡. 第109回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 109.
  106. 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 頚椎症性脊髄症における脊髄障害性疼痛症候群. 第34回日本疼痛学会; 2012 07; 熊本. Pain Research. 27(2):78.
  107. 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 頚椎症性脊髄症における脊髄障害性疼痛症候群. 第47回日本脊髄障害医学会; 2012 10 26; 静岡. 第47回日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集. 136.
  108. 矢吹省司, 菅野伸樹, 菊地臣一, 紺野愼一. 頚椎症性脊髄症における脊髄障害性疼痛症候群. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3).289.
  109. 矢吹省司, 菊地臣一, 大谷晃司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 脊椎脊髄疾患による痛みとしびれの評価. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 18; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(2):S195.
  110. 矢吹省司, 大内一夫, 菊地臣一, 紺野愼一. 重心動揺計を用いた加重訓練は、人工股関節置換術後の歩行機能をより改善するか? 第49回日本リハビリテーション医学会学術集会; 2012 06 01; 福岡. 第49回日本リハビリテーション医学会学術集会プログラム・抄録集. S334.
  111. 矢吹省司, 大内一夫. 震災直後の地域リハビリテーション 福島県地域リハビリテーション研究大会から. 第31回日本リハビリテーション医学会東北地方会 専門医・認定臨床医生涯教育研修会; 2012 03 04; 仙台. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 49(9): 642.
  112. 矢吹省司, 関口美穂, 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一. 本邦における腰部脊柱管狭窄の疫学. 第24回日本運動器科学会; 2012 07 07; 東京. 運動療法と物理療法. 23(2):193.
  113. 矢吹省司, 福森則男1), 関口美穂, 竹上未紗1), 大谷晃司, 脇田貴文1), 菊地臣一, 大西良浩2), 福原俊一1), 紺野愼一(1) 京都大学, 2) 健康医療評価研究機構). 腰部脊柱管狭窄症のpopulation-based study. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 17; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(2):S126.
  114. 矢吹省司, 福森則男1), 関口美穂, 竹上未紗1), 大谷晃司, 脇田貴文1), 菊地臣一, 大西良浩2), 福原俊一1), 紺野愼一(1) 京都大学, 2) 健康医療評価研究機構). 腰部脊柱管狭窄は、健康関連QOLと休業日数に影響を及ぼす. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):470.
  115. 山岸栄紀, 菅野裕雅1), 小林 洋(1) 寿泉堂綜合病院). 観血的整復を要した小児新鮮モンテジア骨折の1例. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21 ; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3): 388.
  116. 山田 仁, 菊地臣一, 田地野崇宏, 箱﨑道之, 紺野愼一. 液体窒素処理によって膝蓋腱を温存し、膝伸展機構を再建した脛骨近位骨肉腫-1例報告-. 第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2012 07; 東京. 日本整形外科学会雑誌. 86(6):S874.
  117. 山田 仁, 菊地臣一, 田地野崇宏, 箱崎道之, 紺野愼一. 骨・軟部肉腫切除後の骨欠損に対する液体窒素処理自家骨移植による再建-短期治療成績-. 第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2012 07; 東京. 日本整形外科学会雑誌. 86(6):S864.
  118. 吉田勝浩, 茂呂貴知, 長倉 栄, 鈴木幹夫1)(1) 白河厚生総合病院). 悪性関節リウマチ患者の体幹部に進展した非Clostridium性ガス壊疽の一例 1例報告. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21 ; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3): 428.
  119. 米井辰也1), 酒本佳洋1), 橋本慶太, 高倉義典1), 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). 距骨粉砕骨折に対する一期的な人工距骨置換術の経験. 第37回日本足の外科学会・学術集会; 2012 10 19; 箱根町. 日本足の外科学会雑誌. 33(2): S250.
  120. 渡邉和之, 大谷晃司, 二階堂琢也, 加藤欽志, 矢吹省司, 紺野愼一. 圧迫性頚髄症における下肢機能評価-術前と術後1年での検討-. 第47回日本脊髄障害医学会; 2012 10 25; 静岡. 第47回日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集. 153.
  121. 渡邉和之, 大谷晃司, 二階堂琢也, 加藤欽志, 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 圧迫性頚髄症の手術成績に対する抑うつの影響. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3):290.
  122. 渡邉和之, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 加藤欽志, 紺野愼一. 脊椎腫瘍に伴う腫瘍随伴性骨軟化症 1例報告. 第33回東北骨代謝研究会; 2012 02 04; 仙台. Clinical Calcium. 22(5):754.
  123. 渡邉和之, 大谷晃司, 二階堂琢也, 加藤欽志, 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. JOA-BPEQからみた腰椎変性側弯を伴う腰部脊柱管狭窄に対する除圧術の成績−前向きコホート研究. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 20; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):341.
  124. 渡邉和之, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 加藤欽志, 紺野愼一. 同一高位に発生した硬膜内髄外腫瘍と硬膜外砂時計腫-1例報告-. 第22回東北脊椎外科研究会; 2012 01 28; 仙台. プログラム・抄録集. 24.
  125. 渡邉和之. 腰部脊柱管狭窄における腰椎変性側弯と腰痛-術前と術後1年時での検討-. 第8回東北腰痛フォーラム; 2012 04 03; 仙台.
  126. 渡邉和之, 大谷晃司, 二階堂琢也, 加藤欽志, 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄に対する除圧術の手術成績と抑うつ. 第20回日本腰痛学会; 2012 11 03; 神戸. 第20回日本腰痛学会プログラム・抄録集.120.
  127. 渡邉和之, 大谷晃司, 二階堂琢也, 加藤欽志, 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰仙部退行性疾患患者における下肢索路障害テストの有用性についての検討. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 20; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(3):S600.

シンポジウム

  1. 青田恵郎, 大橋寛憲, 北野尚子, 佐藤法義, 紺野愼一. 後方アプローチにおけるMIS-THA. 第39回日本股関節学会学術集会; 2012 12; 新潟. 第39回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 191.
  2. 紺野愼一. <ワークショップ> 腰痛とこころ—中医心理学と心理学の接点を探る—. 日本心理学会第76回大会; 2012 09 12; 川崎.
  3. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄診断サポートツールの有用性の検討−多施設共同横断研究−. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 19; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):220.
  4. 佐藤弘一郎. 地方都市におけるリウマチ治療の現状と問題点-福島県福島市の場合-. 第25回日本臨床整形外科学会学術集会・関西; 2012 07 16; 神戸. 第25回日本臨床整形外科学会学術集会・関西,プログラム・抄録集. 123.
  5. 関口美穂, 紺野愼一. 痛みの評価における心理的因子の評価の重要性. 日本臨床麻酔学会第32回大会; 2012 11 02; 郡山. 日本臨床麻酔学会誌. 32(6):S161.
  6. 武田 明, 田地野崇宏, 鹿山 悟1)紺野愼一(1) 総合南東北病院). 単純性骨嚢腫に対する治療?ハイドロキシアパタイト製(HA)中空ピン留置術?. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 22; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3):433.
  7. 田中康仁1)松田剛典1)谷口  晃1) 橋本慶太, 勝井龍平1)富和清訓1)成川功一1)門野邦彦1)佐本憲宏1)熊井 司1)杉本和也1)(1) 奈良県立医科大学). 外反母趾に対する手術療法の問題と対策 外反母趾に対する中足骨水平骨切り術. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 18; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(2): S253.
  8. 谷口 晃1)田中康仁1)前川尚宜1)門野邦彦1)橋本慶太, 松田剛典1)熊井 司1)高倉義典1)(1) 奈良県立医科大学). 創外固定を用いた重度足部変形の治療 創外固定を用いた関節リウマチによる重度足関節および後足部変形の治療. 第85回日本整形外科学会学術総会; 2012 05 18; 京都.日本整形外科学会雑誌. 86(2): S248.
  9. 眞鍋 淳1)西田 淳2)田地野崇宏, 黒田浩司3)松本誠一4)穴澤卯圭5)杉浦英志6)国定俊之7)松田秀一8)(1) 埼玉県立がんセンター, 2) 岩手医科大学, 3) 亀田メディカルセンター, 4) がん研有明病院, 5) 東京歯科大学市川総合病院, 6) 愛知県がんセンター, 7) 岡山大学, 8) 京都大学). パスツール(加温)処理骨を用いた患肢温存術?問題点と今後の課題?. 第85回日本整形外科学会総会; 2012 05 18; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 86(2):S286.
  10. 矢吹省司, 関口美穂, 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一. 本邦における腰部脊柱管狭窄症の疫学−層化二段無作為抽出法を用いた検討−. 第41回日本脊椎脊髄病学会; 2012 04 19; 久留米. 第41回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 3(3):221.
  11. 矢吹省司. 運動器の慢性疼痛 研究・診療の最前線 慢性腰痛の病態と治療. 第61回東日本整形災害外科学会; 2012 09 21; 高崎. 東日本整形災害外科学会雑誌. 24(3): 293.

特別講演

  • 大内一夫. 日常診療でみられる足の痛みの原因. 須賀川整形外科医会; 2012 07 19; 須賀川.
  • 大内一夫. 足のスポーツ外傷と障害. 福島市スポーツ医講演会; 2012 11 29; 福島.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する新しい治療. 第11回鹿児島疼痛懇話会; 2012 01 21; 鹿児島.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の疫学と診断. プロレナール効能追加10周年記念LSSフォーラム; 2012 01 28; 東京.
  • 紺野愼一. 骨粗鬆症に伴う腰痛〜メカニズムと治療〜. ASPECT実践研修; 2012 02 21; 仙台.
  • 紺野愼一. 運動器疾患における神経障害性疼痛と治療方針. 第2回知多半島整形外科連携セミナー; 2012 03 17; 名古屋.
  • 紺野愼一. 高齢者の腰痛に対する治療. 第9回総合診療フォーラム〜高齢者の悩み・・・1〜; 2012 03 24; 仙台.
  • 紺野愼一. 間欠跛行の鑑別と治療のポイント. イーツーネットPAD医療連携総会講演会; 2012 03 26; 静岡.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄症に対する病態と治療. 山梨県整形外科医会教育研修会及び総会; 2012 04 06; 甲府.
  • 紺野愼一. 神経障害性疼痛の病態と治療. 第55回秋田県整形外科医会; 2012 04 14; 秋田.
  • 紺野愼一. 慢性疼痛に対する薬物療法. 第2回東海慢性疼痛学レクチャー; 2012 04 24; 名古屋.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄のトピックス. 第10回兵庫県腰部脊柱管狭窄症研究会; 2012 05 26; 神戸.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する保存療法. 第22回山口県腰痛研究会; 2012 06 07; 山口.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛における心理・社会的要因. 第11回中信整形外科医会学術講演会; 2012 06 16; 松本.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する保存療法. 第12回藤田保健衛生大学整形外科教育研修会; 2012 07 04; 名古屋.
  • 紺野愼一. 腰下肢痛患者の痛みと中枢における鎮痛機序. 平成24年度全日本鍼灸学会東北支部学術集会; 2012 07 08; 盛岡.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と評価. 第2回痛みの起源シンポジウム; 2012 07 21; 東京.
  • 紺野愼一. 神経障害性疼痛に対する治療法の選択. 平成24年度北信整形外科医会前期教育研修会; 2012 07 28; 長野.
  • 紺野愼一. 慢性疼痛に対するリエゾン療法. 第2回脊椎の痛みを学ぶ会in九州; 2012 09 08; 福岡.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療方針. プロレナールライブ配信講演会; 2012 09 13; 東京.
  • 紺野愼一. 医師として求められるもの. 福島県立福島高等学校平成24年医学部模擬授業; 2012 09 14; 福島.
  • 紺野愼一. 整形外科でよくみる神経障害性疼痛. いわき市医師会整形外科部会学術講演会; 2012 10 12; いわき.
  • 紺野愼一. 腰痛の病態と治療. 第48回日本赤十字社医学会総会; 2012 10 18; 高松.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄のトピックス. 第3回函館整形外科・内科学術講演会; 2012 11 09; 函館.
  • 紺野愼一. 慢性疼痛の薬物治療の現状と展望. 日本新薬株式会社社内講演会; 2012 12 07; 京都.
  • 田地野崇宏. 骨軟部肉腫に対する最新の診断・治療法. 第4回さくらの会; 2012 03 18; 福島.
  • 矢吹省司. 慢性腰痛の病態と保存療法の実際. 大阪慢性疼痛フォーラム; 2012 02 04; 大阪.
  • 矢吹省司. 頚部痛・肩こりの病態—術後痛を含めて—. NSC頸椎研究会; 2012 02 11; 名古屋.
  • 矢吹省司. 運動器疼痛疾患に対する治療戦略. トラムセット発売1周年記念講演会; 2012 03 17; 札幌.
  • 矢吹省司. 脊髄損傷-診断・治療・リハビリテーション-. F-S.T.R.Learning Conference; 2012 03 27; 福島.
  • 矢吹省司. 運動器慢性疼痛に対する保存療法の実際. 第2回岐阜県慢性疼痛講演会; 2012 04 28; 岐阜.
  • 矢吹省司. 運動器慢性疼痛—疫学、病態、そして保存療法—. 第57回秋田県臨床整形外科医会学術集会; 2012 05 12; 秋田.
  • 矢吹省司. 骨粗鬆症性圧迫骨折の診断と治療 Update. 福島県臨床整形外科医会; 2012 05 26; 郡山.
  • 矢吹省司. 腰痛の病態と手術以外の治療. 高知痛みの研究会; 2012 06 15; 高知.
  • 矢吹省司. 骨粗鬆症性圧迫骨折の診断と治療. 米沢医師会講演会; 2012 06 20; 米沢.
  • 矢吹省司. 腰痛と坐骨神経痛の病態と私の治療. 第25回秋田疼痛研究会; 2012 07 12; 秋田.
  • 矢吹省司. 運動器の慢性痛:疫学、病態、保存療法. 会津臨床整形外科医会; 2012 07 24; 会津若松.
  • 矢吹省司. 運動器の痛みの病態と治療の実際. 第1回郡山運動器フォーラム; 2012 07 28; 郡山.
  • 矢吹省司. 運動器の痛み:疫学、病態、そして保存療法. 高知臨床整形外科医会; 2012 08 23; 高知.
  • 矢吹省司. 運動器のリハビリテーション—理論と実際—. 安比夏期セミナー; 2012 08 25; 安比.
  • 矢吹省司. 腰痛・肩こりの病態と保存療法. 東北理学療法研修会; 2012 09 02; 福島.
  • 矢吹省司. 急性の腰痛と坐骨神経痛—病態と私の治療. セレコックス発売1周年記念講演会; 2012 09 25; 博多.
  • 矢吹省司. 腰下肢痛の病態と疼痛管理. 蕨戸田川口エリア整形外科懇話会; 2012 10 03; さいたま.
  • 矢吹省司. 運動器疼痛の病態と運動療法. 神奈川県央疼痛セミナー; 2012 10 09; 厚木.
  • 矢吹省司. 頚部の不定愁訴—肩こりとむち打ち損傷を中心に−. 三重県桑名地区整形外科医会; 2012 10 11; 桑名.
  • 矢吹省司. 急性腰下肢痛に対する治療. 米沢整形外科医会; 2012 10 23; 米沢.
  • 矢吹省司. 運動器の慢性疼痛—疫学、病態、そして保存療法—. 第87回山口県臨床整形外科医会教育研修会; 2012 11 29; 山口.
  • 矢吹省司. 慢性痛—疫学、病態、そして保存療法—. 長野県臨床整形外科医会; 2012 12 06; 長野.

招待講演

  • 紺野愼一. 脳内機序に基づく慢性痛の治療. 日本臨床麻酔学会第32回大会; 2012 11 01; 郡山. 日本臨床麻酔学会誌. 32(6):S118.
  • 矢吹省司. 腰椎変性疾患の診断と治療 II(ヘルニア・LCSを除く). 日本整形外科学会脊椎脊髄病研修会; 2012 08 26; 東京.
  • 矢吹省司. 運動器疼痛に対するリハビリテーション—薬物療法の位置づけを含めて—. トラムセットExpert Seminar; 2012 12 16; 東京.
  • 渡邉和之, 紺野愼一. 骨粗鬆症の診療の実際-2011年版診療ガイドラインから-. 第6回プライマリケア研究会; 2012 11 15; 福島.

その他

  • 大谷晃司, 竹上未紗1), 福森則男1), 関口美穂, 大西良浩2), 山崎 新1), 小野 玲2)3), 大歳憲一, 林野泰明1), 福原俊一1), 菊地臣一, 紺野愼一(1) 京都大学, 2) 健康医療評価研究機構, 3) 神戸大学). JOS掲載原著論文要旨 運動器の機能低下と心血管疾患、クオリティ・オブ・ライフ、医療費:Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study(LOHAS)の研究デザインとベースライン調査参加者の特性. 日本整形外科学会雑誌. 2012 07; 86(7):544.
  • 小川節郎1), 紺野愼一, 井関雅子2),  鳥羽真一3),  鈴木 勉4), (1) 日本大学, 2) 順天堂大学, 3) 神経精神医学, 4) 星薬科大学). 座談会 慢性疼痛診療の現状と展望. Pharma Medica. 2012 12; 30(12):159-165.
  • 紺野愼一. 巻頭言. スキー部部誌 2012-2013. 2012; 1.
  • 紺野愼一. 驚異の回復!腰の痛み. NHKためしてガッテン春号. 2012 03; 14:114.
  • 紺野愼一. 世界の医学誌から ANN INTERN MED 慢性腰痛治療にマッサージは有効 慢性腰痛に対する2種類のマッサージ療法と通常治療の有効性比較:無作為化対照試験 解説 方法論的に良質な研究、結論は信頼に足る. MMJ: The Mainichi Medical Journal. 2012 03; 8(1):43.
  • 紺野愼一. 編集後記. 福島県立医科大学 大学医師会会報. 2012 03; 5(No.99):5.
  • 紺野愼一. 〔特集〕原因チェック!腰痛をしっかり治す この腰痛は何が原因? NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 04; 4-8.
  • 紺野愼一. 〔特集〕原因チェック!腰痛をしっかり治す 急性腰痛症・ぎっくり腰. NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 04; 9-13.
  • 紺野愼一. 〔特集〕原因チェック!腰痛をしっかり治す 腰椎椎間板ヘルニア. NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 04; 14-18.
  • 紺野愼一. 〔特集〕原因チェック!腰痛をしっかり治す 脊柱管狭さく症. NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 04; 19-23.
  • 紺野愼一. コツコツ健老塾. 毎日新聞. 2012 04 30; 11.
  • 紺野愼一. 施設紹介 福島県立医科大学 リエゾンカンファランス. Practice of Pain Management. 2012 06; 3(2):114-119.
  • 紺野愼一. Part1 知っておきたい腰痛の基礎知識 背骨の仕組みと働き. 別冊NHKきょうの健康 腰痛 なぜ治らないあなたの痛み. 2012 06; 8-9.
  • 紺野愼一. Part1 知っておきたい腰痛の基礎知識 背骨が関わる症状(痛み、坐骨神経痛、しびれ). 別冊NHKきょうの健康 腰痛 なぜ治らないあなたの痛み. 2012 06; 10-16.
  • 紺野愼一. 最近、歩いている途中で「腰曲げ休憩」していませんか? 神奈川新聞. 2012 06 20.
  • 紺野愼一(監修). 坐骨神経痛. ファイザー株式会社, エーザイ株式会社; 2012 11. 
  • 紺野愼一(監修). 整形外科でよくみる神経障害性疼痛. ファイザー株式会社, エーザイ株式会社; 2012 07.
  • 紺野愼一. なんでも健康相談. NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 07; 127.
  • 紺野愼一. 脊柱管狭窄症へのアプローチについて. Clinician. 2012 08; 59(8):773-775.
  • 紺野愼一, 倉田二郎1), 住谷昌彦2), 西原真理3), 矢吹省司(1) 京都大学, 2) 東京大学, 3) 愛知医科大学). 座談会 腰痛を可視化する−脳機能画像の進歩−. THE SPINE perspectives. 2012; 9(2):1-6.
  • 紺野愼一. 〔特集〕原因チェック!腰痛をしっかり治す この腰痛は何が原因? NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 10; 78-79.
  • 紺野愼一. 〔特集〕原因チェック!腰痛をしっかり治す 急性腰痛症・ぎっくり腰. NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 10; 80-81.
  • 紺野愼一. 〔特集〕原因チェック!腰痛をしっかり治す 腰椎椎間板ヘルニア. NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 10; 82-83.
  • 紺野愼一. 〔特集〕原因チェック!腰痛をしっかり治す 脊柱管狭さく症. NHKテレビテキスト きょうの健康. 2012 10; 84-85.
  • 紺野愼一. [腰の脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア〕の激痛、しびれ、脱力感が即消える!革命的No.1療法. 安心. 2012 09; (10月):18-21.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄のトピックス. 佐賀県臨床整形外科医会会報. 2012 10; (27):13.
  • 紺野愼一(監修). 腰痛症. ファイザー株式会社, エーザイ株式会社; 2012 11. 
  • 紺野愼一, 出沢 明1)(1) 帝京大学医学部附属溝口病院). ストレスと神経の圧迫を取り除く 腰椎椎間板ヘルニア. 週刊朝日増刊 新「名医」の最新治療2013. 2012 11; 142-145.
  • 高橋和久1), 紺野愼一, 那須耀夫2), 畑埜義雄3), 山下敏彦4)(1) 千葉大学, 2) 那須整形外科医院, 3) 和歌山県立医科大学, 4) 札幌医科大学). 整形外科医のための運動器疼痛ゼミナール 第5回整形外科領域における慢性疼痛治療の新たな治療戦略 座談会 運動器疾患における慢性疼痛治療の新たな展望(前編)−これからの慢性疼痛治療はどう変わるか−. MEBIO別冊. 2012 03; 29(3):6-12.
  • 高橋和久1), 紺野愼一, 那須耀夫2), 畑埜義雄3), 山下敏彦4)(1) 千葉大学, 2) 那須整形外科医院, 3) 和歌山県立医科大学, 4) 札幌医科大学). 整形外科医のための運動器疼痛ゼミナール 第5回整形外科領域における慢性疼痛治療の新たな治療戦略 座談会 運動器疾患における慢性疼痛治療の新たな展望(後編)−これからの慢性疼痛治療はどう変わるか−. MEBIO別冊. 2012 04; 29(4):6-11.
  • 田口敏彦1), 紺野愼一, 牛田享宏2), 大鳥精司3)(1) 山口大学, 2) 愛知医科大学, 3) 千葉大学). 座談会 運動器慢性疼痛治療における課題と展望. 整形外科. 2012 07; 63(8).
  • 武田浩一郎. 3・11東日本大震災を経験して 東日本大震災(原発事故を経験して) 今福島で何が起こっているか. 日本脳性麻痺の外科研究会誌. 2012 06; 22:61-63.
  • 箱﨑道之, 紺野愼一. 文献抄訳 A prospective randomized double-blinded pilot study to examine the effect of botulinum toxin type A injection versus lidocaine/depomedrol injection on residual and phantom limb pain: Initial report. ペインクリニック. 2012 10; 33(10):1465.
  • 箱﨑道之, 小池日登美1), 佐久間貞典2), 大久保雅通1)(1)立川相互ふれあいクリニック, 2) 太田西ノ内病院, 3) 久安医院).【糖尿病診療のための実践的運動療法】 糖尿病外来における運動指導. 糖尿病診療マスター.2012 11; 10(7): 568-578.
  • 細野 昇1), 矢吹省司, 柴田政彦1). 肩こり. Practice of Pain Management. 2012 06; 3(2): 76-86.
  • 矢吹省司. フクシマで運動療法について想う. 整形・災害外科. 2012; 55(8):947.
  • 松本守雄1), 牛田享宏2), 紺野愼一, 松原貴子3)(1) 慶應義塾大学, 2) 愛知医科大学, 3) 日本福祉大学).  腰痛. NHKためしてガッテン. 2012 12; 16:148-153.
  • 山下敏彦1), 紺野愼一(1) 札幌医科大学). 第26回日本整形外科学会基礎学術集会 シンポジウム 「疼痛評価の進歩」序文. 日本整形外科学会雑誌. 2012; 86(11):1007-1008.
  • 矢吹省司, 中村雅也1), 牛田享宏2), 山口重樹3), 西田圭一郎4)(1) 慶應義塾大学, 2) 愛知医科大学, 3) 獨協医科大学, 4) 岡山大学) 運動器慢性疼痛の診療 現状をめぐる話題. Locomotive Pain Frontier. 2012 02; 1(1): 5-13.

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01