2011(平成23)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. KOBAYASHI Hiroshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, KATO Kinshi, SEKIGUCHI Miho. Interaction of 5-Hydroxytryptamine and Tumor Necrosis Factor-α to Pain-Related Behavior by Nucleus Pulposus Applied on the Nerve Root in Rats. Spine. 2011 02; 36(3): 210-218. PMID: 21248590
  2. MIYOSHI Shinji1), SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, KANAYA Fuminori1)(1) Univ. Ryukyus). Increased Expression of Vascular Endothelial Growth Factor Protein in Dorsal Root Ganglion Exposed to Nucleus Pulposus on the Nerve Root in Rats. Spine. 2011 01; 36(1): E1-E6. PMID: 21243740
  3. NIKAIDO Takuya, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, ONDA Akira, WATANABE Kazuyuki, KONNO Shin-ichi. An evaluation of surgical treatment for lumbar spine disorders using the Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire (JOABPEQ) -A comparison of lumbar spinal stenosis decompression surgery results-. J Spine Res. 2011; 2(2): 272-277.
  4. OKADA Kyoji1)2), HASEGAWA Tadashi1)3), KAWAI Akira4), OGOSE Akira1)5), NISHIDA Jun1)6), YANAGISAWA Michiro1)7),  MORITA Tetsuro1)8), TAJINO Takahiro, TSUCHIYA Takashi1)9), (1) Tohoku Musculoskeletal Tumor Society, 2) Akita Univ., 3) Sapporo Medical School, 4) National Cancer Center, 5) Niigata Univ., 6) Iwate Medical Univ., 7) Hirosaki Univ., 8) Niigata Cancer Center, 9) Yamagata Univ.). Primary (de novo) dedifferentiated liposarcoma in the extremities: a multi-institution Tohoku Musculoskeletal Tumor Society study of 18 cases in northern Japan. Jpn J Clin Oncol. 2011 09; 41(9): 1094-1100. PMID: 21795247
  5. ONO Rei1)2), OTANI Koji, TAKEGAMI Misa2), SUZUKAMO Yoshimi3), GOOLKASIAN Paula4), WHEELER Anthony H4), KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, FUKUHARA Shunichi2)(1) Kobe Univ., 2) Kyoto Univ., 3) Tohoku Univ., 4) Univ. North California Charlotte). Reliability, validity, and responsiveness of the Japanese version of the Neck Pain and Disability Scale. J Orthop Sci. 2011; 16(4): 339-346. PMID: 21691739
  6. OTOSHI Ken-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, KATO Kinshi, SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi. Anti-HMGB1 neutralization antibody improves pain-related behavior induced by application of autologous nucleus pulposus onto nerve roots in rats. Spine. 2011; 36(11): E692-E698. PMID: 21217446
  7. OTOSHI Ken-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, NUMAZAKI Hironori, SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi. The process of tendon regeneration in an achilles tendon resection rat model as a model for hamstring regeneration after harvesting for anterior cruciate ligament reconstruction. Arthroscopy. 2011 02; 27(2): 218-227. PMID: 21036517
  8. SASAKI Nobuhisa, SEKIGUCHI Miho, SHISHIDO Hiroaki, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, KONNO Shin-ichi. A comparison of pain-related behavior following local application of nucleus pulposus and/or mechanical compression on the dorsal root ganglion. Fukushima J Med Sci. 2011; 57(2): 46-53. PMID: 22353650
  9. SASAKI Nobuyuki, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Effects of asialo-erythropoietin on pain-related behavior and expression of phosphorylated-p38 map kinase and tumor necrosis factor-alpha induced by application of autologous nucleus pulposus on nerve root in rat. Spine. 2011 01; 36(2): E86-E94. PMID: 21228694
  10. SATOH Koichiro, MARK Hans1), ZACHRISSON Peter1), RYDEVIK Björn2), BYRÖD Gunnar1), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho(1) Sahlgrenska University Hospital, 2) Univ. Gothenburg). Effect of methotrexate on fracture healing. Fukushima Journal of Medical Science. 2011; 57(1): 11-18. PMID: 21701078
  11. SEKIGUCHI Miho, OTOSHI Ken-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Analgesic effects of prostaglandin E2 receptor subtype EP1 receptor antagonist: experimental study of application of nucleus pulposus. Spine. 2011; 36(22): 1829-1834. PMID: 21270690
  12. SEKIGUCHI Miho, WAKITA Takafumi1)2), FUKUHARA Shunichi3), OTANI Koji, ONISHI Yoshihiro2), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shini-chi(1) Kansai UNiv., 2) Institute for Health Outcomes & Process Evaluation Research (iHope International), 3) Kyoto Univ.). Development and validation of a quality of life scale specific for lumbar spinal stenosis. Spine. 2011; 36(21): E1407-1414. PMID: 21540766
  13. SUZUKI Kazuyoshi1), SEKIGUCHI Miho, MIDORIKAWA Hirofumi2), SATO Koichi3), AKASE Kazuyoshi4), SAWADA Renshi4), KONNO Shin-ichi(1) Iwase General Hospital, 2) Southern Tohoku General Hospital, 3) Sukagawa Hospital, 4) Kyusyu Univ.). Correlation between Changes in leg blood flow and ankle-brachial pressure index: A study using laser doppler flowmeter -The 1st report-. Ann Vascular Diseases. 2011; 4(2): 79-86. PMID: 23555434
  14. TAKAYAMA Bunji, SEKIGUCHI Miho, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Localization and function of insulin-like growth factor 1 in dorsal root ganglia in a rat disc herniation model. Spine. 2011; 36(2): E75-E79. PMID: 21037532
  15. UESUGI Kazuhide, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. The effect of repeated restraint stress in pain-related behavior induced by nucleus pulposus applied on the nerve root in rats. Eur Spine J. 2011 11; 20(11): 1885-1891. PMID: 21698480
  16. YABUKI Shoji, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Can the pain due to spinal disorders be measured? : an analysis using MR spectroscopy. J Spine Res. 2011; 2(2): 258-260.
  17. YANAGISAWA Michiro1), OKADA Kyoji2), TAJINO Takahiro, NISHIDA Jun3)(1) Hirosaki Univ., 2) Akita Univ., 3) Iwate Medical Univ.). A clinicopathological study of giant cell tumor of small bones. Upsala J Medic Sci. 2011 11; 116(4): 265-268. PMID: 21919814
  18. YOSHIDA Katsuhiro, SEKIGUCHI Miho, OTANI Koji, MASHIKO Hirobumi1), SHIOTA Harumi1), WAKITA Takafumi2), NIWA Shin-ichi1), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi(1) Dept. Neuropsychiatry, 2) Kyusyu Univ.). A validation study of the Brief Scale for Psychiatric problems in Orthopaedic Patients (BS-POP) for patients with chronic low back pain (verification of reliability, validity, and reproducibility). J Orthop Sci. 2011; 16(1): 7-13. PMID: 21267612
  19. WATANABE Kazuyuki, YABUKI Shoji, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Etanercept attenuates pain-related behavior following compression of the dorsal root ganglion in the rat. Eur Spine J. 2011; 20(11): 1877-1884. PMID: 21633793
  20. WUERTZ Karin1)2), QUERO Lilian1), SEKIGUCHI Miho, KLAWITTER Marina1), NERLICH Andreas3), KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, BOOS Norbert1)2)(1) Univ. Zurich, 2) AOSpine Research Network, 3) Academic Teaching Hospital Munich-Bogenhausen). The red wine polyphenol resveratrol shows promising potential for the treatment of nucleus pulposus-mediated pain in vitro and in vivo. Spine. 2011; 36(21): E1373-E1384. PMID: 21587103

症例報告

  1. HAKOZAKI Michiyuki, KIKUCHI Shin-ichi, OTANI Koji, TAJINO Takahiro, KONNO Shin-ichi. Pseudogout of the acromioclavicular joint: report of two cases and review of the literature. Modern Rheumatology. 2011; 21(4): 440-443. PMID: 21298395
  2. KASAHARA Satoshi1), KUNII Yasuto1), MASHIKO Hirobumi1), OTANI Koji, KONNO Shin-ichi, NIWA Shin-ichi1)(1) Dept. Neuropsychiatry). Four cases of chronic pain that improved dramatically following low-dose aripiprazole administration. Primary Care Companion to CNS Disorders. 2011; 13(2). PMID: 21977351

著書・訳書

  1. OLMARKER Kjell1), RYDEVIK Björn1), KIKUCHI Shin-ichi, MYERS Robert R2)(1) Univ. Gothenburg, 2) Univ. California). SectionⅠ BASIC SCIENCE CHAPTER8 Sciatica and Nerve Root Pain in Disc Herniation and Spinal Stenosis: A Basic Science Review and Clinical Perspective. In: HERKOWITZ Harry N, GARFIN Steven R, EISMONT Frank J,  BELL Gordon R, BALDERSTON Richard A. Rothman-Simeone THE SPINE, SIXTH EDITION Volume1: Philadelphia; Elsevier Saunders; 2011. p.129-145.

 

日本語論文

原 著

  1. 池田俊也1), 小川節郎2), 細川豊史3), 村川和重4), 堀田 饒5), 紺野愼一, 高橋和久6), 菊地臣一, 花岡一雄7), 小林 慎8)(1) 国際医療福祉大学, 2) 駿河台日本大学病院, 3) 京都府立医科大学, 4) 兵庫医科大学, 5) 中部ろうさい病院, 6) 千葉大学, 7) JR東京総合病院, 8) クレコンリサーチ&コンサルティング株式会社). 末梢性神経障害性疼痛に対するPregabalinの費用対効果分析. 薬剤疫学. 2011 07; 16(1): 1-9.
  2. 上杉和秀, 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. ラット髄核留置モデルにおける拘束ストレスの影響. 日本運動器疼痛学会誌. 2011; 3(1): 46-51.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 紺野愼一. 神経根ブロックによる腰痛と殿部痛の分析 腰仙椎部退行性疾患による下肢痛を有する症例での検討. Journal of Spine Research. 2011; 2(6): 1122-1125.
  4. 大歳憲一, 菊地臣一, 松尾洋平, 紺野愼一, 関口拓矢1), 鴫原智彦1)(1) リハビリテーションセンター), 矢吹省司. ポータブル超音波診断装置を用いた青少年期野球肘検診 福島県での取り組み. 臨整外. 2011; 46(11): 1033-1039.
  5. 大歳憲一, 古島弘三1), 辻野昭人1), 伊藤恵康1)(1) 慶友整形外科病院). 野球選手の胸郭出口症候群の特徴と術後成績の検討. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2011 05; 31(2): 142-148.
  6. 小野 玲1)2)3), 大谷晃司, 竹上未紗2)3), 鈴鴨よしみ3)4), GREEN Joseph5), 菊地臣一, 福原俊一2)3), 紺野愼一(1) 神戸大学, 2) 京都大学, 3) 健康医療評価研究機構, 4) 東北大学, 5) 東京大学). Neck Pain and Disability Scale(NPDS) 日本語版の開発. 臨整外. 2011; 46(10): 899-907.
  7. 加藤欽志, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄に対する選択的除圧術の長期成績. 脊椎脊髄ジャーナル. 2011 10; 24(10): 947-951.
  8. 菅野隆浩1), 澤村佳宏1), 青田恵郎, 沼崎広法, 高橋裕志1), 北澤淳一1), 大戸 斉1)(1) 輸血・移植免疫学). 貯血式自己血輸血における保存前白血球除去 術後下肢浮腫と下肢疼痛による評価. 日本輸血細胞治療学会誌. 2011 09; 57(5): 386-392.
  9. 髙橋直人, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診断に対する立位伸展負荷試験の有用性 歩行負荷試験との比較-前向きコホート研究-. 臨整外. 2011; 46(4): 333-340.
  10. 武井 寛1), 勝見敬一2), 小澤浩司3), 村上秀樹4), 橋本淳一1), 和田簡一郎5), 大谷晃司, 鈴木智人1), 伊藤拓緯6), 山崎昭義2)(1) 山形大学, 2) 新潟中央病院, 3) 東北大学, 4) 岩手医科大学, 5) 弘前大学, 6) 新潟大学). 手術を必要とした骨粗鬆性椎体圧迫骨折後偽関節例の初期治療と問題点. 臨整外. 2011; 46: 5-10.
  11. 竹上未紗1)2)3), 菊地臣一, 高橋奈津子4), 鈴鴨よしみ3)5), 山崎 新1), 小野 玲1)6), 大谷晃司, 福原俊一1)3), 紺野愼一(1) 京都大学, 2) 国立循環器病センター, 3) 健康医療評価研究機構, 4) 日本医療評価機構, 5) 東北大学, 6) 神戸大学). 日本における腰痛の有症状割合と腰痛に関連する要因の検討 地域住民を対象とした調査. 臨整外. 2011; 46(10): 917-925.
  12. 千葉一裕1), 吉田宗人2), 四宮謙一3), 里見和彦4), 赤木繁夫5), 紺野愼一, 田口敏彦6), 田中靖久7), 馬場久敏8), 角間辰之9), 米本孝二9), 中山健夫10), 河原和夫3), 白土 修11), 松崎浩巳12), 百島祐貴1), 新井嘉容3), 永田見生9)(1) 慶應義塾大学, 2) 和歌山県立医科大学, 3) 東京医科歯科大学, 4) 杏林大学, 5) 香里ヶ丘有惠会病院, 6) 山口大学, 7) 東北中央病院, 8) 福井大学, 9) 久留米大学, 10) 京都大学, 11) 会津医療センター準備室, 12) 日本大学). シンポジウム 骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存療法の指針策定-多施設共同前向き無作為化比較パイロット試験の結果より-. 日整会誌. 2011; 85(12): 934-941.
  13. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 渡邉和之, 紺野愼一. 腰椎変性すべり症の腰痛-機能障害から見た評価-. 東日本整災誌. 2011; 23(2): 219-223.
  14. 松下 隆1), 矢吹省司, 牛田享宏2), 木村慎二3), 西村暁良4), 田熊清貴4), 坂田秀雄4), (1) 帝京大学, 2) 愛知医科大学, 3) 新潟大学, 4) ヤンセンファーマ株式会社). 変形性膝関節症または腰痛症に伴う慢性疼痛を有する患者に対するトラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠の第III相臨床試験-プラセボを対照としたランダム化治療中止二重盲検群間比較試験-. 臨整外. 2011; 46(9): 825-835.
  15. 矢吹省司, 大内一夫, 紺野愼一, 菊地臣一. 短期間のリハビリテーションは、患者のどのようなQuality of Lifeを改善できるか? EQ-5Dを用いた検討. 臨整外. 2011; 46(8): 749-753.

総説等

  1. 岩渕真澄, 白土 修1), 志田 努(1) 会津医療センター準備室). 内科医のための腰部脊柱管狭窄症の必須知識 保存療法 腰痛体操療法の意義. Modern Physician. 2011 09; 31(9): 1069-1072.
  2. 上杉和秀, 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. 特集 腰痛の起源と疫学 腰部脊柱管狭窄と生活習慣病. Journal of Spine Research. 2011 06; 2(6): 1076-1081.
  3. 大谷晃司. チーム医療における心身医学的アプローチ 福島県立医科大学附属病院における運動器の慢性疼痛患者に対するリエゾン診療(解説). 心身医学. 2011 08; 51(8): 709-714.
  4. 大谷晃司. 手術部位感染(SSI)対策.SSI発症時の対応 硬膜外膿瘍例. 脊椎脊髄ジャーナル. 2011; 24:1083-1086.
  5. 恩田 啓, 矢吹省司. 運動器の痛み-その診断と治療-骨粗鬆症. Monthly Book Orthopaedics. 2011; 24(5): 137-142.
  6. 加藤欽志, 紺野愼一. 【質疑応答】腰部脊柱管狭窄に対する固定術の予後. 日本医事新報. 2011 08; 4554: 54-55.
  7. 菊地臣一. 特集 内科 疾患インストラクションガイド 何をどう説明するか 運動器疾患 腰痛症. medicina. 2011; 48(11(増刊)): 588-590.
  8. 菊地臣一. 日常診療でよくみる症状・病態-診断の指針・治療の指針- Ⅻ.筋肉・骨格系の異常 5.腰痛・背部痛. 綜合臨床. 2011; 60(増刊): 1244-1247.
  9. 紺野愼一. LECTURE ドパミンシステムと痛み. 臨整外. 2011 04; 46(4): 343-346.
  10. 紺野愼一. 内科医のための腰部脊柱管狭窄症の必須知識(プライマリ・ケア医として、知っておいて欲しいこと)1.専門医紹介時の必須項目-診断サポートツールとその意義. Modern Physician. 2011 09; 31(9): 1059-1062.
  11. 紺野愼一. 運動器の痛み-その診断と治療- 痛みの脳内機序. Monthly Book Orthopaedics. 2011 05; 24(5): 211-215.
  12. 紺野愼一. 痛みにともなうQOLの評価. Practice of Pain Management. 2011 03; 2(1):26-29.
  13. 紺野愼一. 特集 異常歩行(跛行)の分類とその対策 腰部脊柱管狭窄による異常歩行. 関節外科. 2011; 30(2):55-60.
  14. 紺野愼一. 特集 腰部脊柱管狭窄症の問題点とその対策. 整形・災害外科. 2011 08; 54(9): 1010.
  15. 紺野愼一. 腰痛の機能的脳画像診断. ペインクリニック. 2011 02; 32(2): 267-275.
  16. 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. LECTURE 腰椎椎間板ヘルニアの疼痛機序. 臨整外. 2011 12; 46(12) :1111-1120.
  17. 陳 基明1), 牧本 敦2), 横山良平3), 角美奈子2), 尾崎敏文4), 石井 猛5), 川井 章2), 山田健志6), 田地野崇宏, 石田 剛7), 大多喜 肇8), 河本 博2), 浅見恵子9), 麦島秀雄1)(1) 日本大学, 2) 国立がん研究センター, 3) 九州がんセンター, 4) 岡山大学, 5) 千葉県がんセンター, 6) 愛知県がんセンター, 7) 国立国際医療研究センター, 8) 国立成育医療研究センター, 9) 新潟県がんセンター). 【小児腫瘍における多施設共同臨床試験の背景と進捗】Ewing肉腫. 小児外科. 2011 11; 43(11): 1229-1233.
  18. 二階堂琢也, 紺野愼一. シンポジウム 腰部脊柱管狭窄〔症〕に対する手術戦略 選択的除圧術. 臨整外. 2011 06; 46(6): 503-506.
  19. 二階堂琢也, 紺野愼一. 【腰部脊柱管狭窄症の問題点とその対策】診断サポートツールの問題点とその対策. 整形・災害外科. 2011 08; 54(9):1015-1021.
  20. 箱﨑道之, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄(症). 整形外科看護. 2011 05; (2011春季増刊): 114-121.
  21. 箱﨑道之, 紺野愼一. Ⅴ 運動指導が難しい場合 Q21 腰痛をもつ糖尿病患者の運動指導はどうすればよいですか. 糖尿病レクチャー. 2011; 2(2): 392-400.
  22. 矢吹省司. 各施設の慢性疼痛に対するオピオイドの使用戦略 福島県立医科大学附属病院-整形外科の立場から-. ペインクリニック. 2011; 32:389-395.
  23. 矢吹省司. 高齢者の脊椎疾患に由来する痛みの治療-非外科的治療を中心に-. 脊椎脊髄ジャーナル. 2011; 24(6): 594-597.
  24. 矢吹省司.【疼痛性疾患に対する薬物療法-最近の進歩】 痛みのメカニズムと評価 心因性疼痛. 整形・災害外科. 2011 11; 54(12): 1463-1467.
  25. 矢吹省司. 腰椎•腰部疾患の病態と画像診断. 理学療法. 2011; 28(5): 651-657.
  26. 矢吹省司. 脊椎疾患. Monthly Book Medical Rehabilitation. 2011; 130: 29-34.
  27. 渡邉和之, 紺野愼一. 椎体圧迫骨折の治療-vertebroplastyとkyphoplasty-. Medical Practice. 2011 08; 28(8): 1488-1489.
  28. 渡邉和之, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄(症)-神経ブロックの適応も含めて-. ペインクリニック. 2011 09; 32(9): 1383-1391.
  29. 渡邉和之, 紺野愼一. NURSE TREND ここが押さえどころ ①腰部脊柱管狭窄 腰部脊柱管狭窄の診断とケア. Nursing BUSINESS. 2011; 5(2): 140-141.

症例報告

  1. 大井剛太, 菊地臣一, 沼崎広法, 大歳憲一, 小林秀男, 紺野愼一. 臨床経験 人工膝関節再置換術における骨欠損への対処 Anderson Orthopaedic Research Institute(AORI)分類Type 3症例. 臨整外. 2011 02; 46(2): 159-165.
  2. 大井剛太, 菊地臣一, 沼崎広法, 大歳憲一, 小林秀男, 紺野愼一. 内側過剰剥離による回旋不安定性が影響した人工膝関節置換術後膝蓋骨脱臼の1例. 東北膝関節研究会会誌. 2011; 21:3-6.
  3. 小平俊介, 茂呂貴知,小林 洋, 鈴木幹夫1)(1) 白河厚生総合病院). 髄膜炎を疑ったcrowned dens syndromeの1例. 臨整外. 2011 09; 46(9): 885-888.
  4. 小平俊介, 茂呂貴知, 小林 洋, 鈴木幹夫1)(1) 白河厚生総合病院). Tocilizumabの投与経験. 福島県農村医学会雑誌. 2011 03; 53(1): 21-23.
  5. 箱﨑道之, 菊地臣一, 矢吹省司, 江尻荘一, 紺野愼一. 脊椎後方手術により生じた外側大腿皮神経障害の1例. 整形外科. 2011; 62(4): 372-373.
  6. 松本健一郎, 土屋 原1)(1) 塙厚生病院). 脛骨粗面剥離骨折に半月板損傷を合併した1例. 骨折. 2011 02; 33(1): 212-215.
  7. 松本健一郎, 川上亮一, 江尻荘一, 高橋洋子, 紺野愼一, 菊地臣一. 前腕開放性骨折後の遷延癒合に対する血管柄付き腓骨頭移植術を施行した1例. 臨整外. 2011 01; 46(1): 83-88.
  8. 吉田勝浩, 青田恵郎, 菊地臣一, 矢吹省司, 大橋寛憲, 紺野愼一. 大腿骨頭後方回転骨切り術により関節を温存し得た外傷性大腿骨頭壊死症-1例報告-. 東北整災誌. 2011; 55(1): 77-79.

著書・訳書

  1. 青田恵郎. 変形性股関節症. In: 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢総編集. 今日の治療指針2011. 東京: 医学書院; 2011 01. p.925-926.
  2. 青田恵郎(共同編集). 日本整形外科学会Q&A委員会編. 整形外科卒後研修Q&A(改訂第6版). 東京: 南江堂; 2011.
  3. 大谷晃司. 硬膜外ブロック、神経根ブロック. In: 中村耕三総編集、山下敏彦専門編集. 整形外科臨床パサージュ8.運動器のペインマネジメント. 東京: 中山書店; 2011. p.215-227.
  4. 大橋寛憲, 菊地臣一, 青田恵郎, 紺野愼一. Ⅱ股関節の痛みについて 4股関節疾患と間違いやすい痛み. In: 菊地臣一編集. 運動器の痛み プライマリケア 股関節の痛み. 東京: 南江堂; 2011. p.94-103.
  5. 川上亮一. 下腿開放骨折後の術後感染に対するロッキングプレートと自家海綿骨移植による手術:皮弁術の併用. In: 安田和則担当編集委員. OS NOW Instruction 20 下肢の難治性骨折・病態に対する手術 日常診療で困ったときのこの一冊. 東京: メジカルビュー社; 2011 11. p.126-136.
  6. 菊地臣一. 腰痛のナゼとナゾ“治らない”を考える. 東京; 株式会社メディカルトリビューン. 2011.
  7. 菊地臣一. Ⅰ痛みについて 1運動器のプライマリケア-careを重視した全人的アプローチの新たな流れ. In: 菊地臣一編集. 運動器の痛み プライマリケア 股関節の痛み. 東京: 南江堂; 2011. p.2-6.
  8. 菊地臣一. 第1章 序論 劇的に変化している鎮痛薬物療法. In: 米延策雄,菊地臣一,柴田政彦 編集. 長引く・頑固な・つらい痛みの薬物療法 2011:運動器編. 東京: 株式会社シービーアール; 2011. p.2-10.
  9. 菊地臣一. 第30章 胸椎,腰椎 診療の手引き. In: 内田淳正 監修 中村利孝,松野丈夫,井樋栄二,馬場久敏 編集. 標準整形外科学 第11版. 東京: 医学書院; 2011. p.505.
  10. 菊地臣一. 第30章 胸椎,腰椎 C胸椎変性疾患. In: 内田淳正 監修 中村利孝,松野丈夫,井樋栄二,馬場久敏 編集. 標準整形外科学 第11版. 東京: 医学書院; 2011. p.518-520.
  11. 菊地臣一. 第30章 胸椎,腰椎 D腰椎変性疾患. In: 内田淳正 監修 中村利孝,松野丈夫,井樋栄二,馬場久敏 編集. 標準整形外科学 第11版. 東京: 医学書院; 2011. p.520-542.
  12. 紺野愼一. Chapter1 変性疾患 腰部脊柱管狭窄症. In: 山下敏彦編集. アトラス骨・関節画像診断 5 脊椎・脊髄. 東京: 株式会社中外医学社; 2011 05. p.19-21.
  13. 紺野愼一(編集) . 日本整形外科学会Q&A委員会編. 整形外科卒後研修Q&A(改訂第6版)-問題編. 東京: 株式会社南江堂; 2011 09.
  14. 柴田政彦1), 関口美穂, 紺野愼一(1) 大阪大学). 第2章 痛みを有する患者に対する薬の使い方 4.痛み治療の効果を評価する. In: 米延策雄, 菊地臣一, 柴田政彦. 長引く・頑固な・つらい痛みの薬物療法2011運動器編. 東京: 株式会社シービーアール; 2011 05. p.32-35.
  15. 関口美穂, 紺野愼一. 運動器疾患 解説 腰痛症. In: 泉孝英編集主幹. ガイドライン外来診療 : 今日の診療のために2011. 東京: 日経メディカル開発; 2011 03. p.258-264.
  16. 関口美穂, 紺野愼一. 4.運動器の痛みの療法 薬物療法 オピオイド, 抗うつ薬, 抗痙攣薬. In: 山下敏彦専門編集. 整形外科臨床パサージュ8 運動器のペインマネジメント. 東京: 株式会社中山書店; 2011 04. p.184-192.
  17. 関口美穂, 紺野愼一. 第4章 運動器の痛みにおける薬物治療 ベストプラクティス 私のコツ 治療抵抗性の慢性腰痛に対して 塩酸トラゾドン(デジレル). In: 米延策雄, 菊地臣一, 柴田政彦編集. 長引く・頑固な・つらい痛みの薬物療法2011運動器編. 東京: 株式会社シービーアール; 2011 05. p.116-117.
  18. 田地野崇宏. II. 股関節の痛みについて. 3. 鑑別に注意を要する股関節および周辺部の痛み. a. 骨・軟部腫瘍. In: 菊地臣一編集. 運動器の痛みプライマリケア 股関節の痛み. 東京: 南江堂; 2011 07. p.71-80.
  19. 矢吹省司. 黄色靱帯骨化症(石灰化症). In: 山下敏彦編集. アトラス骨•関節画像診断 5 脊椎•脊髄. 東京: 中外医学社; 2011 05. p.10-12.
  20. 矢吹省司. 運動器の痛みの診断基準. In: 山下敏彦専門編集. 整形外科臨床パサージュ8 運動器のペインマネジメント. 東京: 中山書店; 2011 04. p.28-35.
  21. 矢吹省司. 脊椎(腰椎). In: 白倉賢二編集. リハビリテーションに役立つ骨関節X線像のみかた. 東京: 医歯薬出版; 2011. p.49-54.

研究報告

  • 菊地臣一(研究分担者),矢吹省司(研究協力者). 脊髄障害性疼痛症候群の実態の把握と病態の解明に関する研究-頚椎症性脊髄症において-. In: 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)脊髄障害性疼痛症候群の実態の把握と病態の解明に関する研究 平成22年度 総括・分担報告書 研究代表者 牛田享宏 ; 2011 03. p.34-36.

研究発表

国際学会

研究発表

  1. MATSUO Yohei, SEKIGUCHI Miho, YOSHIDA Katsuhiro, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Nerve regeneration after application of nucleus pulposus onto the nerve root in rats. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 183.
  2. ONO Rei1)2), YAMAZAKI Shin1), TAKEGAMI Misa1), OTANI Koji, SEKIGUCHI Miho, ONISHI Yoshihiro1), HAYASHINO Yasuaki1), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, FUKUHARA Shunichi1)(1) Kyoto Univ., 2) Kobe Univ. ). Metabolic syndrome in community-dwelling people with low back pain: Locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 288.
  3. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, IGARASHI Tamaki1), NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KONNO Shin-ichi(1) Kohsei Chuo General Hospital). Lumbar spinal stenosis is a negative influence on quality of life: An epidemiologic and cross-sectional study in the community. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 70.
  4. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, ONDA Akira, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KONNO Shin-ichi. Lumbar spinal stenosis in the community: the relationship between QOL and the cross-sectional area of the cauda equina in MR imaging. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 407.
  5. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KONNO Shin-ichi. The second operation after cervical laminoplasty: report of seven cases. ASRS-AP2011(Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section Second Annual Meeting); 2011 04 ; Busan, Korea.
  6. OTOSHI Ken-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, SHISHIDO Hiroaki, KONNO Shin-ichi. The contribution of the flexor- pronator muscles for dynamic elbow stability in resisting valgus force using ultrasonography. 23rd Congress of the European society for surgery of the shoulder and the elbow(SECEC-ESSSE); 2011 09 14; Lyon, France.
  7. SAITO Hiroharu, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. The effect of antidepressant on pain-related behavior induced by nucleus pulposus applied on the nerve root in rats. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 362.
  8. SASAKI Nobuyuki, BARRETO Henriksson1), Helena RUNESSON Eva1), LARSSON Karin1), SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, RYDEVIK Björn1), BRISBY Helena1)(1) Univ. Gothenburg). Physical exercise affects cell proliferation in lumbar intervertebral disc regions in rats. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 363.
  9. SEKIGUCHI Miho, WAKITA Takafumi1), OTANI Koji, ONISHI Yoshihiro2), FUKUHARA Shunichi2)3), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi(1) Kansai Univ., 2) iHope International, 3) Kyoto Univ.). Development and validation of a quality of life scale specific for lumbar spinal stenosis. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 164.
  10. TAKAHASHI Naoto, KUKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, KONNO Shin-ichi. Diagnostic value of the lumbar extension-loading test compared with the gait-loading test in patients with lumbar spinal stenosis -A prospective cohort study. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 408.
  11. UESUGI Kazuhide, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KANAYAMA Masahiro1), TAKAHASHI Kazuhisa2), CHIBA Kazuhiro3), DOITA Minoru4), TORIBATAKE Yasumitsu5), MATSUO Hiroshi6), YASUMURA Seiji7), YONENOBU Kazuo8), KONNO Shin-chi, MATSUYAMA Yukihiro9)(1) Hakodate Central General Hospital, 2) Chiba Univ., 3) Keio Univ., 4) Kobe Univ., 5) Koseiren Takaoka Hospital, 6) matsuo Clinic, 7) Dept. Public Health, 8) Osaka Minami Medical Center, 9) Hamamatsu Medical Univ.). Lumbar spinal stenosis with peripheral arterial disease. Part 2. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 405.
  12. WATANABE Kazuyuki, OTANI Koji, ONDA Akira, NIKAIDO Takuya, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Quality of life with low back pain patients in a general health examination -Differences between the treatment group and nontreatment group. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 338.
  13. WATANABE Kazuyuki, OTANI Koji, ONDA Akira, NIKAIDO Takuya, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. The relationship between degenerative lumbar scoliosis and low back pain in patients with lumbar spinal stenosis -A cohort study. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 101.
  14. WATANABE Kazuyuki, OTANI Koji, ONDA Akira, NIKAIDO Takuya, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Preoperative quality of life affects outcomes of lumbo-sacral spine surgery. –Relationships between SF-36 and symptoms before and after surgery. SICOT 2011 XXV Triennial World Congress; 2011 09 06; Prague, Czech Republic.
  15. WUERTZ Karin1), QUERO Lilian1), SEKIGUCHI Miho, KLAWITTER Marina1), NERLICH Andreas1), KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, BOOS Norbert1)(1) Univ. Zurich). The polyphenol resveratrol shows promising potential for the treatment of nucleus pulposus mediated pain in vitro and vivo. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 120.
  16. YABUKI Shoji,  KONNO Shin-ichi,  KIKUCHI Shin-ichi. Can pain due to lumbar spine diseases be measured? An analysis using MR spectroscopy. 38th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2011 06 ; Gothenburg, Sweden.  ABSTRACTS. 96.
  17. YABUKI, Shoji, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Endoscopic Surgery for Degenerative Diseases in the Cervical Spine. 2011 Annual Meeting of Taiwan Orhopaedic Association; 2011 10 29; Taipei, Taiwan. ABSTRACTS: 193.
  18. YOSHIDA Katsuhiro, KURATA Jiro1),  MATSUO Yohei, YAMAZAKI Hidekazu2), KOUTA Takashi2), SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi(1) Kyoto Univ., 2) Southern Tohoku General Hospital). Enhanced activation of the posterior cingulate cortex by lumbar mechanical stimulus in chronic low back pain patients: An fMRI study. International Society for the Study of the Lumbar Spine 38th Annual Meeting; 2011 06 17; Gothenburg, Sweden. ABSTRACTS. 103.

シンポジウム

  1. KUKUCHI Shin-ichi. Symposium: Spine 1- Degenerative Disc Disease: The Past, Present and Future: Discrepancy between back pain severity and disability. The 8th Hong Kong International Orthopaedic Forum; 2011 08 ; Hong Kong.

特別講演

  • KUKUCHI, Shin-ichi. Arthur Yan Visiting Professor Lecture: Spine : New concept for low back pain -Biopsychosocial pain syndrome-. The 8th Hong Kong International Orthopaedic Forum; 2011 08 ; Hong Kong.
  • KUKUCHI Shin-ichi. CTL: Spine: Lumbar spinal stenosis -Assessment and management-. The 8th Hong Kong International Orthopaedic Forum; 2011 08 ; Hong Kong.
  • KUKUCHI Shin-ichi. Spine research meeting: Anatomic study of lumbar radicular symptoms. The 8th Hong Kong International Orthopaedic Forum; 2011 08 ; Hong Kong.
  • KUKUCHI Shin-ichi. Wednesday clinical case conference, scoliosis, spondylolisthesis and back pain: One or two cases of low back pain for discussion. The 8th Hong Kong International Orthopaedic Forum; 2011 08 ; Hong Kong.
  • KIKUCHI Shin-ichi. International Collaboration Beyond the Culture Gap. The Royal Society of Arts and Sciences; 2011 02 ; Gothenburg, Sweden.
  • KIKUCHI Shin-ichi. Lumbar Canal Stenosis -Clinical Practice Based on Basic Research-. Symposium for Experts in Spinal Surgery -10th Anniversary of Additional Indication for LSS-; 2011 11 ; Jeju-do, South Korea.

 

国内学会

研究発表

  1. 青田恵郎. 30年以上経過したAustin-Moore型人工骨頭の2例. 第6回超長期耐用をめざしたインプラントと骨との固着を語る会; 2011 03 12; 京都.
  2. 青田恵郎, 大橋寛憲, 北野尚子, 荒 文博, 紺野愼一. 当科における人工股関節再置換術の短期成績. 第38回日本股関節学会; 2011 09 21; 鹿児島. 第38回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 451.
  3. 青田恵郎, 菊地臣一. 股関節手術に伴う感染症-感染例からみた危険因子と周術期対策-. 第24回日本外科感染症学会総会; 2011 12 01; 志摩. 日本外科感染症学会雑誌. 8(5): 571.
  4. 朝熊英也. 前腕用髄内釘を他部位に使用した2例. 第37回日本骨折治療学会; 2011 07 02; 横浜. 骨折. 33(Suppl): S255.
  5. 阿部真典1), 阿部 薫1), 菊地義浩2), 大内一夫(1) 新潟医療福祉大学, 2) 東北補装具). 浮き趾者における足底挿板の有用性の検討. 第25回日本靴医学会学術集会; 2011 09 19; 靴の医学. 25(2):46.
  6. 荒 文博, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. 人工股関節全置換術後に発生した腸腰筋腱炎の3例. 第41回日本人工関節学会; 2011 02 ; 東京. 抄録集. 406.
  7. 荒 文博, 青田恵郎, 大橋寛憲, 北野尚子, 紺野愼一. 後方進入THAに対する後方軟部組織修復-股関節内旋制動効果の経時的変化-. 第38回日本股関節学会; 2011 09 21; 鹿児島. 第38回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 528.
  8. 上杉和秀, 鈴木幹夫1), 茂呂貴知, 山岸栄紀(1) 白河厚生総合病院). 乾癬性関節炎に対するインフリキシマブの治療効果:1例報告. 東日本整形災害外科学会; 2011 09 16; つくば. 東日本整形災害外科学会雑誌. 23(3): 413.
  9. 江尻荘一, 菊地臣一, 川上亮一, 高橋洋子, 紺野愼一. 重症分娩麻痺に対する乳幼児期での肋間神経移行術-4例報告-. 第54回日本手外科学会学術集会; 2011 04 ; WEB開催. 日本手外科学会雑誌. 28(1): S330.
  10. 江尻荘一. 原因不明の両側手内筋拘縮の1例. 第25回福島手の外科研究会; 2011 10 01; 郡山.
  11. 大石 純1), 青木光希子1), 古賀佳織1),  竹内 保2), 箱﨑道之, 生越 章3), 岩崎 宏1), 鍋島一樹1)(1) 福岡大学, 2) 高知大学, 3) 新潟大学). MPNSTにおけるPDGFR発現とimatinib mesylateによる治療の可能性の検討. 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2011 07 14; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 85(6): S944.
  12. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 腰仙椎部退行性疾患の手術成績とBS-POPとの関係-前向き研究. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04 ; WEB開催. Journal of Spine Research. 2(3): 639.
  13. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄(症)における腰痛の存在は治療成績に影響を与えるか?-Prospective study-. 第19回日本腰痛学会; 2011 09 ; 札幌. 第19回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 126.
  14. 大谷晃司, 熊谷智広1), 小宮ひろみ1), 石川和信1),  錫谷達夫1), 大平弘正1), 福島哲仁1), 大和田憲司2), 宗像源之3), 竹村真生子4), 佐竹秀一5)(1) 医療人育成・支援センター). 福島医大における地域医療教育 見学・参加型から達成型への試み. 第43回日本医学教育学会大会; 2011 07; 広島. 医学教育. 42(Suppl.): 57.
  15. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一. 円回内筋総屈筋起始部の解剖学的検討. 第3回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2011 06 ; 札幌. JOSKAS. 36(4): 321.
  16. 大歳憲一, 菊地臣一, 松尾洋平, 紺野愼一, 関口拓矢1)(1) 竹田綜合病院). 超音波診断装置を用いた青少年野球肘検診-肘MCL付着部剥離骨折の診断における自覚症状と身体所見の診断精度の検討-. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011 05 ; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S371.
  17. 大歳憲一, 宍戸裕章, 紺野愼一. 肩甲下筋腱修復後に発生した上腕二頭筋長頭腱脱臼に対し鏡視下腱固定術を行った1例. 第22回東北肩関節研究会; 2011 06 04; 仙台. 第22回東北肩関節研究会プログラム. 9.
  18. 大橋寛憲, 青田恵郎, 北野尚子, 荒 文博, 紺野愼一. 当院における変形性股関節症に対する人工股関節置換術症例の推移. 第38回日本股関節学会; 2011 09 21; 鹿児島. 第38回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 314.
  19. 小野 玲1)2), 大谷晃司, 竹上未紗1), 関口美穂, 大西良弘3), 山崎 新1), 林野泰明1), 菊地臣一, 福原俊一1)3), 紺野愼一(1) 京都大学, 2) 神戸大学, 3) 健康医療評価研究機構). 地域における腰痛とメタボリックシンドロームの疫学-Locomotive syndrome and health outcome in Aizu cohort study(LOHAS)-. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011 05 ; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S684.
  20. 恩田 啓, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 紺野愼一. 腰椎変性疾患に対するグラフ制動術の中・長期成績. 東北整形災害外科学会雑誌; 2011 ; 55(1): 212.
  21. 加藤欽志, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄術後の腰痛特異的QOL改善に関連する因子-BS-POPによる精神医学的問題評価の有用性-. 第19回日本腰痛学会; 2011 09 ; 札幌. 第19回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 100.
  22. 加藤欽志, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 棘突起縦割進入による内視鏡下頸椎部分椎弓切除術-傍正中法と棘突起縦割法との比較-. 第14回日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会; 2011 11 ; 神戸. 第14回日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会プログラム・抄録集. 82.
  23. 川上亮一, 紺野愼一, 江尻荘一, 小林義尊, 鳥越 均1)(1) とりごえ整形外科クリニック). 術前のMRIで評価した先天性下腿偽関節症に対する遊離血管柄付き腓骨移植術. 第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会; 2011 11 10; 新潟. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 24(2): 140.
  24. 川上亮一, 紺野愼一. 大腿骨骨幹部骨折に対する即時髄内釘固定術の合併症の検討. 第37回日本骨折治療学会; 2011 07 01; 横浜. 骨折. 33(Suppl): S126.
  25. 菊地忠志, 紺野愼一. 人工膝関節置換術における膝蓋骨の骨切り量が膝屈曲角に与える影響. 第41回日本人工関節学会; 2011 02 ; 東京. 抄録集. 351.
  26. 北野尚子, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. 骨幹端異形成症に伴う変形に対するTHA. 第41回日本人工関節学会; 2011 02 ; 東京. 抄録集. 428.
  27. 北野尚子, 青田恵郎, 大橋寛憲, 荒 文博, 紺野愼一. 当科におけるTHAの臼蓋骨移植法と短期成績-骨欠損の大きさに応じた3種類の簡便法-. 第38回日本股関節学会; 2011 09 20; 鹿児島. 第38回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 491.
  28. 小林秀男, 菊地臣一, 沼崎広法, 大歳憲一, 紺野愼一. 真菌を起炎菌とした人工膝関節感染-2例報告-. 第3回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2011 06 ; 札幌. JOSKAS. 36(4): 187.
  29. 齋藤弘晴, 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. ラット髄核留置モデルにおける抗うつ薬投与後の疼痛関連行動への効果. 第26回日本整形外科学会基礎学術集会; 2011 10 ; 前橋. 日本整形外科学会雑誌. 85(8): S1150.
  30. 齋藤弘晴, 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. ラット髄核留置モデルにおける疼痛関連行動への抗うつ薬の効果. 第4回日本運動器疼痛学会; 2011 11 ; 大阪. 日本運動器疼痛学会誌. 3(2): 40.
  31. 齋藤弘晴, 関口美穂, 紺野愼一. The effect of selective serotonin reuptake inhibitor(SSRI) on pain-related behavior in a rat model of neuropathic pain. 基礎合同セミナーポスター発表会2011; 2011 12 ; 福島. 要旨集. 28.
  32. 佐藤弘一郎, 小林利男1)(1) 南東北福島病院). 環軸椎変形ではない上位頚椎変形による四肢不全麻痺の2症例. 第55回日本リウマチ学会総会学術集会; 2011 07 18; 神戸. プログラム・抄録集. 233.
  33. 宍戸裕章, 菊地臣一, 大歳憲一, 長倉 栄, 紺野愼一. 鏡視下肩峰下除圧術後における腱板断裂の変化-断裂拡大関与因子の検討-. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011 05 ; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S608.
  34. 関口美穂, 脇田貴文1), 大谷晃司, 大西良浩2), 福原俊一2)3), 菊地臣一, 紺野愼一(1) 関西大学, 2) 健康医療評価研究機構, 3) 京都大学). 腰部脊柱管狭窄QOLスケールの開発と検証. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011 05 ; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S589.
  35. 関口美穂, 脇田貴文1), 大谷晃司, 大西良浩2), 福原俊一2)3), 菊地臣一, 紺野愼一(1) 関西大学, 2) 健康医療評価研究機構, 3) 京都大学). 腰部脊柱管狭窄症状スケールの開発と検証. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011 05 ; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S590.
  36. 関口美穂, 紺野愼一. 慢性疼痛における心理的因子の評価. 第26回日本整形外科学会基礎学術集会; 2011 10 ; 前橋. 日本整形外科学会外科学会雑誌. 85(8): S1068.
  37. 関口美穂, 脇田貴文1), 大谷晃司, 大西良浩2), 福原俊一2)3),  菊地臣一, 紺野愼一(1) 関西大学, 2) 健康医療評価研究機構, 3) 京都大学). 腰部脊柱管狭窄QOLスケールの開発と検証. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04 ; WEB開催. Journal of Spine Research. 2(3): 757.
  38. 関口美穂, 菊地臣一, 片平清昭1), 紺野愼一(1) 実験動物研究施設). ラットを用いた腰椎疾患モデルの作製. 日本実験動物技術者協会第45回全国総会; 2011 10 01; 盛岡.
  39. 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎椎間板ヘルニアの病態と治療-ラット髄核留置モデルを用いての検討-. 平成23年度生理学研究所研究会; 2011 12 22; 岡崎.
  40. 関根拓未, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄診断用質問票を用いた診断適中率の検討. 第19回日本腰痛学会; 2011 09 ; 札幌. 第19回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 94.
  41. 高山文治, 菊地臣一, 大谷晃司, 紺野愼一. 頚椎後縦靱帯骨化症に対する脊柱管拡大術-画像上での術後成績関与因子の検討-. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04 ; WEB開催. Journal of Spine Research. 2(3): 769.
  42. 武井 寛1), 山崎 健2), 宮腰尚久3), 小澤浩司4), 小野 睦5), 矢吹省司, 紺野愼一, 国分正一6)(1) 山形大学, 2) 新潟大学, 3) 秋田大学, 4) 東北大学, 5) 弘前大学, 6) 西多賀病院). 保存療法を行った腰部脊柱管狭窄症・腰部椎間板ヘルニア患者の実態調査-第2報-. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S592.
  43. 武井 寛1), 山崎 健2), 宮腰尚久3), 小澤浩司4), 小野 睦5), 矢吹省司, 紺野愼一, 国分正一6), (1) 山形大学, 2) 新潟大学, 3) 秋田大学, 4) 東北大学, 5) 弘前大学, 6) 西多賀病院). 保存療法を行った腰部脊柱管狭窄症・腰部椎間板ヘルニア患者の前向き調査. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04; WEB開催. 第40回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 2(3): 606.
  44. 武田 明, 鹿山 悟1), 荒井 至1), 高橋直人, 市地賢治1), 福田宏成, 箱﨑道之, 山田 仁, 田地野崇宏, 紺野愼一(1) 総合南東北病院). 単純性骨嚢腫に対するハイドロキシアパタイト製 (HA) 中空ピン留置の治療成績. 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2011 07 14; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 85(6): S874.
  45. 田地野崇宏, 菊地臣一, 山田 仁, 箱﨑道之, 武田 明, 紺野愼一. 下肢骨・軟部腫瘍切除による骨欠損に対するパスツール処理自家骨移植術-治療成績-. 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2011 07 ; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 85(6): S908.
  46. 田地野崇宏, 菊地臣一, 山田 仁, 箱﨑道之, 紺野愼一. パスツール処理した骨を再度パスツール処理して骨接合した後に骨癒合が得られた症例-1例報告-. 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2011 07 ; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 85(6): S909.
  47. 谷口愼一郎1), 福井 充2), 笠井裕一3), 加藤圭彦4), 金山雅弘5), 川上 守6), 紺野愼一, 嶋村 正7), 高橋和久8), 田口敏彦4), 竹下克志9), 田中信弘10), 田中靖久11), 谷 俊一1), 種市 洋12), 千葉一裕13), 中井定明14), 橋爪 洋6), 細野 昇15), 松永俊二16), 宮本雅史17), 和田英路18), 米延策雄19)(1) 高知大学, 2) 大阪市立大学, 3) 三重大学, 4) 山口大学, 5) 函館中央病院, 6) 和歌山県立医科大学, 7) 岩手医科大学, 8) 千葉大学, 9) 東京大学, 10) 広島大学, 11)  東北中央病院, 12) 獨協医科大学, 13) 慶応義塾大学, 14) 藤田保健衛生大学, 15) 大阪厚生年金病院, 16) 鹿児島大学, 17) 日本医科大学, 18) 愛媛県立中央病院, 19) 大阪南医療センター). SRQDによる心理的評価とJOABPEQ-腰椎手術前後の経時的変化. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011; WEB開催. 第40回日本脊椎脊髄病学会抄録集. 2(3): 560.
  48. 陳 基明1), 牧本 敦2), 大喜多 肇3), 川井 章2), 石井 猛4), 山田健志5), 田地野崇宏, 石田 剛6), 角 美奈子2), 尾崎敏文7), 浅見恵子8), 横山良平9), 麦島秀雄1)(1) 日本大学, 2) 国立がん研究センター, 3) 国立成育医療研究センター, 4)千葉県がんセンター, 5) 愛知県がんセンター, 6) 国立国際医療研究センター, 7) 岡山大学, 8) 新潟県立がんセンター, 9) 九州がんセンター), 日本ユーイング肉腫研究グループ. 「限局性ユーイング肉腫ファミリー腫瘍に対する集学的治療法の第II相臨床試験」最終解析結果 JESS. 第53回日本小児血液・がん学会学術集会; 2011 11 ; 前橋. 小児がん. 48(総会): 227.
  49. 利木広成, 青田恵郎, 大橋寛憲, 荒 文博, 紺野愼一. 成長期の外傷性大腿骨頭壊死症に対する待機的大腿骨外反骨切り術の一例. 第38回日本股関節学会; 2011 09 20; 鹿児島. 第38回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 380.
  50. 中條智志1), 加藤晴康2), 藤本栄雄3), 三澤辰也, 中堀千香子1), 松田拓也1), 島田真梨子4) (1) JFAメディカルセンター, 2) 立教大学, 3) エスティームスポーツマッサージ, 4) JFAアカデミー福島). オスグッド・シュラッター病早期発見の取り組み. 第22回日本臨床スポーツ医学会; 2011 11 06; 青森. 日本臨床スポーツ医学会誌. 19(4): 205.
  51. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 渡邉和之, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄に対する手術長期成績 手術満足度に影響を与える因子. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011 05; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S431.
  52. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 渡邉和之, 紺野愼一. JOABPEQによる腰部脊柱管狭窄の手術成績評価-術前の心理的障害スコアによる術後成績の検討、前向き研究. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04 ; WEB開催. Journal of Spine Research. 2(3): 512.
  53. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の腰痛に対する除圧術の効果-疾患と神経障害型式による比較、前向きコホート研究-. 第19回日本腰痛学会; 2011 09 ; 札幌. 第19回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 51.
  54. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 紺野愼一. 腰椎変性すべり症の腰痛-手術前後のX線所見と腰痛関連機能障害の関係-. 東北整形災害外科学会雑誌; 2011 ; 55(1): 211.
  55. 沼崎広法, 菊地臣一, 小林秀男, 大歳憲一, 紺野愼一. 人工膝関節感染に対する再二期的再置換術-3例報告-. 第3回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会; 2011 06 ; 札幌. JOSKAS. 36(4): 188.
  56. 橋本慶太, 米井辰也1), 森本光俊1), 橘内智尚1), 櫻井悟郎1), 高倉義典1)(1) 西奈良中央病院). 固定に難渋した変形性足関節症の1例. 第117回中部日本整形外科災害外科学会; 2011 10 28; 山口. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 54(5): 195.
  57. 橋本慶太, 森田修蔵1), 雑賀建多1), 上條 哲1), 松田剛典1), 谷口 晃1), 熊井 司1), 田中康仁1)(1) 奈良県立医科大学). 破格筋により発症した足根管症候群の1例. 第36回日本足の外科学会; 2011 09 20; 奈良. 日本足の外科学会雑誌. 32(1): S96.
  58. 林 克洋1), 土屋弘行1), 武内章彦1), 星 学2), 家口 尚2), 青野勝成2), 田地野崇宏, 山田 仁, 帖佐悦男3), 坂本武郎3), 坂山憲史4), 木谷彰岐4), 横内雅博5), 永野 聡5), 礒部研一6), 前原博樹7), 當銘保則7), 折笠秀樹8), 赤澤宏平9)(1) 金沢大学, 2) 大阪市立大学, 3) 宮崎大学, 4) 愛媛大学, 5) 鹿児島大学, 6) 信州大学, 7) 琉球大学, 8) 富山大学, 9) 新潟大学). 高悪性度骨・軟部腫瘍に対するカフェイン併用化学療法の多施設共同研究. 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会; 2011 07 14; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 85(6): S840.
  59. 松尾洋平, 関口美穂, 吉田勝浩, 菊地臣一, 紺野愼一. ラット髄核留置モデルにおける疼痛関連行動とGFRα1の発現. 第26回日本整形外科学会基礎学術集会; 2011 10 ; 前橋. 日本整形外科学会雑誌. 85(8): S1152.
  60. 松本健一郎, 近内泰伸1)(1) 済生会福島総合病院). 橈骨遠位端骨折に対するVariAx Distal Radius Locking Plate Systemの使用経験. 第37回日本骨折治療学会; 2011 07 02; 横浜. 骨折. 33(Suppl):S305.
  61. 矢吹省司, 紺野愼一, 菊地臣一. 頚椎症性脊髄症における脊髄障害性疼痛症候群の頻度と特徴. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011 05; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S536.
  62. 矢吹省司, 菊地臣一, 大谷晃司, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 頚椎変性疾患に対する内視鏡下手術-今までにわかってきたこと、そして今後の課題-. 第46回日本脊髄障害医学会; 2011 11 ; 泉佐野. 第46回日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集. 167.
  63. 矢吹省司, 紺野愼一, 菊地臣一. 頚椎症性脊髄症に脊髄障害性疼痛症候群は存在するか? 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04 ; WEB開催. Journal of Spine Research. 2(3): 464.
  64. 矢吹省司, 紺野愼一, 菊地臣一. 頚性頭痛の病態と頻度-頚椎症性脊髄症における検討-. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04 ; WEB開催. Journal of Spine Research. 2(3): 634.
  65. 矢吹省司, 牛田亨宏1), 竹下克志2), 佐浦隆一3), 小川節郎4), 勝俣明子5), 畠中 聡5)(1) 愛知医科大学, 2) 東京大学, 3) 大阪医科大学, 4) 日本大学, 5) ムンディファーマ株式会社). 日本における慢性痛患者の実態調査 -Pain in Japan 2010より-. 第19回日本腰痛学会; 2011 09 02; 札幌.
  66. 矢吹省司, 大内一夫, 紺野愼一, 菊地臣一. 痛みを客観的に計測することはできるか?:脳MR spectroscopyによる検討. 第48回日本リハビリテーション医学会学術集会; 2011 11 ; 千葉. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 48(Suppl): S323.
  67. 矢吹省司, 大内一夫, 紺野愼一, 菊地臣一, 横山敦子1), 永田まゆみ1)(1) INAX総合技術研究所). 肩こりに対する運動療法の効果-マッサージとの比較-. 第23回日本運動器学会; 2011 07 ; 新潟. 運動療法と物理療法. 22(2): 233.
  68. 矢吹省司. 頸性頭痛は神経障害性疼痛の可能性がある. 整形外科痛みを語る会; 2011 06 25; 愛媛.
  69. 矢吹省司, 大内一夫. 重心動揺計を用いると人工股関節置換術後の歩行機能はより改善するか? 日本リハビリテーション医学会東北地方会; 2011 09 24; 秋田.
  70. 山田 仁, 田地野崇宏, 箱﨑道之, 田﨑和洋1), 長谷川 靖2), 渡邉一男3)(1) 病理部, 2) 放射線科学, 3) 福島病理研究所). 好中球増多を伴った会陰部腫瘍. 第18回東北地区骨軟部腫瘍研究会; 2011 10 01; 弘前.
  71. 山田 仁, 田地野崇宏, 紺野愼一. リセドロネートが奏功した骨Paget病-1例報告-. 第32回東北骨代謝研究会; 2011 02 05; 仙台.
  72. 山田 仁, 田地野崇宏, 箱﨑道之, 紺野愼一. 腫瘍切除後の骨欠損に対する生物学的再建法. 第26回福島県臨床腫瘍病態研究会; 2011 01 28; 郡山. 福島医学雑誌. 61(2): 102.
  73. 渡邉和之, 大谷晃司, 二階堂琢也, 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 圧迫性頚髄症における索路障害の評価. 第46回日本脊髄障害医学会; 2011 11 ; 泉佐野. 第46回日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集. 147.
  74. 渡邉和之, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 紺野愼一. 軽微な外傷後に発症し、手術治療を要した若年者の頸椎後弯変形-1例報告-. 第21回東北脊椎外科研究会; 2011 01 28; 仙台. 第21回東北脊椎外科研究会プログラム・抄録集. 47.

シンポジウム

  1. 青田恵郎, 菊地臣一. 股関節手術に伴う感染症-感染例からみた危険因子と周術期対策-. 第24回日本外科感染症学会総会; 2011 12 ; 三重. 日本外科感染症学会雑誌. 8(5): 571.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. パネルディスカッション 一般住民における腰椎変性側弯の実態-Cobb角からみた検討:横断研究-. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04 ; WEB開催. Journal of Spine Research. 2(3):431.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 渡邉和之, 紺野愼一. 腰仙椎部退行性疾患による下肢痛に合併する腰痛-神経根ブロックによる検討. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011 05 ; WEB開催. 日本整形外科学会雑誌. 85(3): S318.
  4. 菊地臣一. 東日本大震災を考える-福島県の医科系大学のトップとして-. 第51回関東整形災害外科学会および第60回東日本整形災害外科学会合同学会; 2011 09 ; つくば. 関東整形災害外科学会雑誌. 42(臨時増刊号外): 67.
  5. 菊地臣一. 東日本大震災を考える-福島県の医科系大学のトップとして-. 第51回関東整形災害外科学会および第60回東日本整形災害外科学会合同学会; 2011 09 ; つくば. 東日本整形災害外科学会雑誌. 23(3): 335.
  6. 紺野愼一. シンポジウム7 慢性腰下肢痛に対する集学的アプローチ 4)慢性腰下肢痛に対するリエゾンアプローチ. 日本ペインクリニック学会第45回大会; 2011 07 22; 松山. 日本ペインクリニック学会誌. 18(3):174-175.
  7. 紺野愼一. パネルディスカッション1. 腰痛の保存的療法 リエゾン治療. 第24回日本臨床整形外科学会学術集会; 2011 07 17; 長崎. 第24回日本臨床整形外科学会学術集会・長崎抄録集. 56.
  8. 紺野愼一, 二階堂琢也, 菊地臣一. エビデンスからみた整形外科周術期感染管理. 第24回日本外科感染症学会総会; 2011 12 ; 三重. 日本外科感染症学会雑誌. 8(5): 570.
  9. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 渡邉和之, 加藤欽志, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の腰痛に対する除圧術の効果-疾患と神経障害型式による比較、前向きコホート研究. 第19回日本腰痛学会; 2011 09 ; 札幌. 第19回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 51.
  10. 矢吹省司. 慢性腰痛の病態と治療. 日本ペインクリニック学会; 2011 07 23; 松山. 日本ペインクリニック学会誌. 18(3): 158.
  11. 山田 仁, 田地野崇宏, 佐藤幸子1), 箱﨑道之, 齋藤彩子2), 紺野愼一(1) 看護部, 2) 臨床腫瘍センター). 本邦における患者支援団体の活動状況 骨・軟部肉腫の患者会の概要と課題. 第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術; 2011 07 15; 京都. 日本整形外科学会雑誌. 85(6): S1003.

招待講演

  • 矢吹省司. 慢性痛の疫学、病態、そして治療. 第116回中部日本整形外科災害外科学会•学術集会 岡豊セミナー; 2011 04 08; 高知.
  • 矢吹省司. 脊髄損傷の治療. 日本リハビリテーション医学会東北地方会専門医・認定臨床医生涯教育研修会; 2011 11 13; 福島.
  • 山下敏彦1), 高橋和久2), 米延策雄3), 菊地臣一(1) 札幌医科大学, 2) 千葉大学, 3) 大阪南医療センター). 学会主導調査報告 脊椎関連慢性疼痛患者における神経障害性疼痛有病率に関する調査. 第40回日本脊椎脊髄病学会; 2011 04 ; 東京. Journal of Spine Research. 2(3): 437.

特別講演

  • 青田恵郎. 人工股関節置換術・再置換術-脱臼しない手術をしたい,困った股関節をどうにかしたい-. 第1回岡山倉敷股関節研究会; 2011 04 22; 倉敷.
  • 青田恵郎. 人工股関節置換術・再置換術の適応と限界. 第6回福島県南整形外科研究会; 2011 02 23; 白河.
  • 大谷晃司. 第3回腰部脊柱管狭窄講演会 記録集Session 3. 症例から考える(腰部脊柱管狭窄またはPADのどちらの治療を優先させるか). Journal of Spine Research. 2011; 2(2) : 404-416.
  • 大谷晃司. 脊椎退行性疾患に対するBS-POPの使用経験. 第3回脊椎と神経を語る-痛みと心フォーラム; 2011 07; 大阪.
  • 大谷晃司. 骨粗鬆症に対する私の考え方. ファイザー勉強会; 2011 09; 福島.
  • 大谷晃司. 教育研修講演 骨粗鬆症に関する話題. 福島市臨床医研究会; 2011 10; 福島.
  • 大谷晃司. 教育研修講演 運動器疾患の慢性疼痛-福島医大におけるリエゾン診療を中心に-. 第274回岡山臨床整形外科医会研修会; 2011 02; 岡山.
  • 大谷晃司. 教育研修講演 慢性疼痛(しびれを含む)に対する私の治療. 第19回置賜整形外科懇話会; 2011 05; 米沢.
  • 大谷晃司. 教育研修講演 私の骨粗鬆症治療. 郡山整形外科医会; 2011 06; 郡山.
  • 大谷晃司. 教育研修講演 私の骨粗鬆症治療-私の考え方を含めて-. 福島県病院薬剤師会福島支部研修会; 2011 10; 福島.
  • 菊地臣一. 慢性疼痛に対するオピオイド-可能性と課題-. 慢性疼痛治療教育プログラムに関するアドバイザリーミーティング; 2011 01 ; 東京.
  • 菊地臣一. 会長講演 慢性疼痛に対するオピオイド-可能性と課題-. 第2回腰と膝とオピオイドの会; 2011 02 ; 東京.
  • 菊地臣一. 整形外科領域の臨床研究の展望. 第1回運動器疾患の臨床研究 てらこ屋セミナー; 2011 02 ; 京都.
  • 菊地臣一. 第1部“腰痛”見直しの時代-今までに分かったこと、知っておくべきこと-. 痛みの起源シンポジウム 菊地臣一先生 腰痛について大いに語る; 2011 05 ; 東京.
  • 菊地臣一. 第2部“腰痛”我々に求められているもの-運動器のプロとして-. 痛みの起源シンポジウム 菊地臣一先生 腰痛について大いに語る; 2011 05 ; 東京.
  • 菊地臣一. 闘う医師-私の歩みからの次世代への提言-. 第11回アドミ塾公開講座; 2011 06 ; 福岡.
  • 菊地臣一. 腰痛-その不思議なるもの-. 島根県臨床整形外科医会研修会; 2011 07 ; 出雲.
  • 菊地臣一. 腰痛:メスを持つ前に-整形外科医の立場から-. 第3回脊椎と神経を語る 痛みと心フォーラム; 2011 07 ; 大阪.
  • 菊地臣一. 東日本大震災から得た組織の危機管理-原発事故への対応を通して-. 平成23年 大正富山医薬品 お取引特約店 様 営業本部長会; 2011 08 ; 大阪.
  • 菊地臣一-. 地域医療の現在と未来. 須賀川商工会議所地域医療講演会; 2011 08 ; 須賀川.
  • 菊地臣一. 次代を担う君達へ-私の歩みからの次世代への提言-. 福島高等学校平成23年度進路講演会職業観育成講話; 2011 09 ; 福島.
  • 菊地臣一. 次代を担う整形外科医へ-脊椎外科医からのメッセージ-. 第117回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会; 2011 10 ; 宇部. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 55(秋季学会号): 4.
  • 菊地臣一. 腰痛:メスを持つ前に-整形外科医の立場から-. 日本腰痛理学療法研究会第7回研修会; 2011 10 ; 福岡.
  • 菊地臣一. 腰痛:メスを持つ前に-整形外科医の立場から-. 第1回熊本県ロコモティブシンドローム研究会; 2011 11 ; 熊本.
  • 菊地臣一. 腰痛を考える-私の疑問-. 第1回広島整形外科ペインフォーラム; 2011 12 ; 広島.
  • 紺野愼一. 高齢者の腰椎疾患-新たな治療法を目指して-. 西部整形外科懇話会; 2011 01 14; 広島.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する保存療法-リエゾンアプローチの実際-. 第1回新・痛みの研究会; 2011 01 27; 愛知.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療-オピオイドをいかに使うか-. 奈良痛みを考える会; 2011 02 11; 奈良.
  • 紺野愼一. 腰痛に対する新たな治療戦略. 第54回京都運動器疾患フォーラム; 2011 02 14; 京都.
  • 紺野愼一. 整形外科医のためのスピーカーミーティング. 整形外科医のためのペインアカデミースピーカーミーティング; 2011 02 27; 東京.
  • 紺野愼一. 神経障害性疼痛の薬物治療について. 金沢ペインフォーラム; 2011 03 03; 金沢.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療. 愛媛腰痛フォーラム2011; 2011 03 10; 松山.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と新たな治療戦略. 第28回日本医学会総会; 2011 04 ; WEB開催. 第28回日本医学会総会2011東京 学術講演案内. 118.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診断と治療. 第84回日本整形外科学会学術総会; 2011; WEB開催.日本整形外科学会雑誌. 85(3): S301.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する新たな治療戦略. 第1回群馬県運動器慢性疼痛研究会; 2011 05 26; 前橋.
  • 紺野愼一. 腰痛診療のコツ. 福岡県臨床整形外科医会学術講演会; 2011 06 04; 福岡.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する新しい保存療法. 神奈川県臨床整形外科医会特別学術講演会; 2011 06 11; 横浜.
  • 紺野愼一. 神経障害性疼痛に対する新たな治療方針. 第1回松戸地区ペインフォーラム; 2011 06 24; 松戸.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛治療の実際. 運動器慢性疼痛治療ワークショップ; 2011 07 10; 仙台.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療方針. 腰部脊柱管狭窄症学術講演会; 2011 07 15; 富士.
  • 紺野愼一. 神経障害性疼痛の病態と治療. 福島県立医科大学医学部整形外科同門会 日整会教育研修会; 2011 07 23; 郡山.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対し如何にオピオイドを使うか. 運動器慢性疼痛治療ワークショップ; 2011 07 30; 東京.
  • 紺野愼一. 整形外科領域における痛みについての最近の知見. 盛岡運動器疼痛セミナー; 2011 09 06; 盛岡.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する治療最前線. 東京都臨床整形外科医会 南多摩ブロック・西多摩ブロック共催セミナー 整形外科医のためのペインアカデミー; 2011 09 10; 立川.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対するリエゾンアプローチの実際. Pain Management for Orthopedists in Yokohama; 2011 09 11; 横浜.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療方針. 慢性疼痛学術講演会; 2011 09 24; 岡山.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する薬物療法の実際. 市整会 学術講演会; 2011 09 29; 静岡.
  • 紺野愼一. 骨粗鬆症に伴う腰痛-メカニズムと治療-. 第26回埼玉・県南東部整形外科勉強会; 2011 09 30; 越谷.
  • 紺野愼一. 整形外科医のための慢性疼痛の診断と新たな治療方針について. 3大学合同ペインアカデミー; 2011 10 01; 東京.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療方針. 北九州慢性疼痛懇話会; 2011 10 08; 北九州.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン. 腰部脊柱管狭窄症フォーラムin Miyagi(プロレナール錠効能追加10周年記念講演会); 2011 10 12; 仙台.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する診断と治療. 第2回福井県痛みを考える会; 2011 10 14; 福井.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛のメカニズムと治療. 第26回日本整形外科学会基礎学術集会ランチョンセミナー10; 2011 10 21; 前橋. 日本整形外科学会外科学会雑誌. 85(8):S1219.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄に対する治療方針. 第四回東葛神経治療研究会; 2011 10 22; 柏.
  • 紺野愼一. 神経障害性疼痛に関する最新の知見. 南会津郡医師会講演会; 2011 11 04; 南会津.
  • 紺野愼一. 疼痛治療のアルゴリズム-侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛の治療-. 日本脊椎脊髄病学会共催報告会 東北ブロック 脊椎の痛みを学ぶ会; 2011 11 06; 仙台.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する新しい治療方法. 鳥取県臨床整形外科医会研修会; 2011 11 08; 米子.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄症の病態. 第5回岡山「間欠跛行」フォーラム; 2011 11 09; 岡山.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄のトピックス. 佐賀県臨床整形外科医会教育研修会; 2011 11 12; 佐賀.
  • 紺野愼一. 「慢性疼痛と脳」-腰下肢痛患者の痛みと中枢における鎮痛機序(ドーパミンシステム)について-. (社)全日本鍼灸学会第30回関東支部学術大会; 2011 11 13; 東京. 第30回(社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会ブログラム. 2.
  • 紺野愼一. ランチョンセミナー 腰部脊柱管狭窄の病態と治療方針. 第4回日本運動器疼痛学会; 2011 11 19; 豊中. Journal of Musculoskeletal Pain Research. 3(2):22.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する診断と治療. 第1回運動器疾患の疼痛治療研究会; 2011 11 24; 広島.
  • 紺野愼一. 東日本大震災・福島原発事故の中での医療活動-対応と今後の課題-. 第14回日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会; 2011 11 26; 神戸. 第14回日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会プログラム・抄録集. 24.
  • 紺野愼一. 腰痛をいかに評価し、治療するか. 第4回岡山運動器フォーラム; 2011 12 10; 岡山.
  • 関口美穂. 腰部脊柱管狭窄(LSS)と末梢血管動脈疾患(PAD)合併例の全国調査結果(第3回腰部脊柱管狭窄講演会 記録集 腰部脊柱管狭窄に合併する末梢血管障害(PAD)治療をいかに実践すべきか). Journal of Spine Research. 2011 06; 2(2): 388-391.
  • 矢吹省司. スポーツ関連腰痛の病態と治療-保存療法を中心に-. 宮城県整形外科医会; 2011 02 05; 仙台.
  • 矢吹省司. 運動器疼痛の基礎と臨床. 第4回痛みの理学療法学研究会; 2011 02 26; 名古屋.
  • 矢吹省司. 運動器疼痛の病態と治療-慢性腰痛を中心に-. 第1回滋賀運動器疼痛懇話会; 2011 04 09; 大津.
  • 矢吹省司. 腰痛の診察と治療法. 桑野協立病院研修会; 2011 05 21; 郡山.
  • 矢吹省司. 運動器疼痛に対する保存療法の実際-薬物療法、ブロック療法、運動療法-. 福井臨床整形外科医会; 2011 06 30; 福井.
  • 矢吹省司. 運動器慢性疼痛の病態と保存療法. 埼玉慢性疼痛研究会; 2011 07 08; 越谷.
  • 矢吹省司. 慢性疼痛に対する保存療法-薬物療法を中心に-. 神戸慢性疼痛学術集会; 2011 08 04; 神戸.
  • 矢吹省司. 運動器の慢性疼痛に対する治療-薬物療法と運動療法を中心に-. 三重県慢性疼痛研究会; 2011 09 22; 津.
  • 矢吹省司. 腰痛と肩こりに対する運動療法と薬物療法. 第1回東京23区運動器疼痛研究会; 2011 09 29; 東京.
  • 矢吹省司. 運動器慢性疼痛の病態と治療. 大阪慢性疼痛研究会; 2011 10 15; 大阪.
  • 矢吹省司. 慢性の運動器疼痛に対する診断と治療. 千葉県臨床整形外科医会; 2011 10 16; 千葉.
  • 矢吹省司. 肩こり-鑑別・診断・治療法-. 現代医療鍼灸臨床研究会; 2011 11 03; 東京.
  • 矢吹省司. 骨粗鬆症と腰部脊柱管狭窄症. 郡山骨粗鬆症研究会; 2011 11 12; 郡山.
  • 矢吹省司. 運動器と痛み. 第4回日本運動器疼痛学会; 2011 11 19; 大阪千里.
  • 矢吹省司. 運動器疾患における疼痛治療戦略. 第440回岩手整形災害外科懇談会; 2011 11 26; 盛岡.
  • 矢吹省司. 腰部脊柱管狭窄(症)について. 福島市外科・整形外科医会例会; 2011 11 28; 福島.
  • 矢吹省司. 腰部脊柱管狭窄(症)と骨粗鬆症. 会津医学会学術講演会; 2011 12 02; 会津若松. 

その他

  • 青田恵郎. 北福島地区における大腿骨近位部骨折パス. 第1回福島シームレス研究会総会; 2011 12 07; 福島.
  • 大谷晃司. 福島県の臨床研修について. 光が丘協議会東京ガイダンス; 2011 06; 東京.
  • 大谷晃司. 東日本大震災と原発問題が、与えた福島県の医学教育・医療への影響. 光が丘協議会東京ガイダンス;2011 06; 東京.
  • 大谷晃司. 東日本大震災の福島県の医療や教育への影響. 学生ボランティア活動報告会; 2011 07; 福島.
  • 大谷晃司. 卒後臨床研修における心エコー研修-福島医大付属病院の場合-. ふくしま心エコー勉強会; 2011 07; 福島.
  • 大谷晃司. 福島県臨床研修病院ネットワークについて. 第2回福島県女性医師ワークショップ; 2011 09;福島.

 

学会賞等の受賞

  • International Society for the Study of the Lumbar Spine 38th Annual Meeting. Medtronic Best Poster Award. The polyphenol resveratrol shows promising potential for the treatment of nucleus pulposus mediated pain in vitro and vivo. WUERTZ K1), QUERO L1), SEKIGUCHI M,  KLAWITTER M1), NERLICH A1), KONNO S,  KIKUCHI S,  BOOS N1)(1) Univ. Zurich)

 

諸研究費補助金研究課題

  • 厚生労働省:厚生労働省科学研究費補助金/疾病・障害対策研究分野 こころの健康科学研究事業:脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究:嘉山孝正:有賀 徹, 宇川義一, 喜多村孝幸, 篠永正道, 高安正和, 西尾 実, 橋本信夫, 畑澤 順, 馬場久敏, 深尾 彰, 細矢貴亮, 吉峰俊樹, 吉本智信, 井田正博, 加藤真介, 紺野愼一
  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金/ 疾病・障害対策研究分野 長寿科学総合研究:腰痛の診断、治療に関する研究「腰部脊柱管狭窄症の診断・治療法の開発」:高橋和久:山下敏彦, 竹下克志, 吉田宗人, 永田見生, 田口敏彦, 高橋啓介,紺野愼一,野原 裕,星野雄一,谷 俊一,千葉一裕
  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金/ 疾病・障害対策研究分野 長寿科学総合研究:腰痛の診断、治療法に関する研究:痛み・しびれの可視化技術の確立並びに、MRIを用いた脊髄投射路及び末梢神経イメージング法の確立:戸山芳昭:中村雅也, 百島祐貴, 紺野愼一, 牛田享宏, 田端泰彦, 岩崎幹季, 玉置憲一
  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金/疾病・障害対策研究分野 慢性の痛み対策研究:慢性疼痛の多面的評価システムの開発と客観的評価法の確立に対する研究:紺野愼一:倉田二郎, 大城宜哲, 斎藤 繁, 福井 聖, 大鳥精司, 西原真理, 竹林庸雄, 矢吹省司, 川上 守, 越智光夫, 川口 浩, 松本守雄, 住谷昌彦
  • 日本学術振興会:科学研究費補助金/基盤研究(C):ラット髄核留置モデルにおける全身または局所ストレス負荷が及ぼす疼痛関連行動:関口美穂
  • エーザイ株式会社:奨学寄付金:急性期のリハビリテーションがQOLに与える影響についての研究:矢吹省司
  • 日本運動器疼痛学会:奨学寄付金:放射能事故に伴うリハビリテーション技師の不安に関する研究. 矢吹省司
  • 国内共同研究:アルケア株式会社:非特異的腰痛におけるアルケアサポーターの有用性について:紺野愼一
  • 国内共同研究:東京医科歯科大学:Diaphyseal medullary stenosis (DMS)の家系例における疾患原因遺伝子探索:山田 仁:稲澤譲治, 林 深, 田地野崇宏, 紺野愼一
  • 受託研究:エーザイ株式会社:ヒュミラ皮下注40㎎シリンジ0.8mL特定使用成績調査(強直性脊髄炎に関する全例調査):紺野愼一:佐藤弘一郎
  • 受託研究:ファイザー株式会社:ビビアント錠20mg 特定使用成績調査-長期使用に関する調査-:紺野愼一:田地野崇宏他

その他

  • 大谷晃司. JSSR-Johnson & Johnson Depuy Spine Asia Traveling Fellowship 平成22年度日本脊椎脊髄病学会 中国・タイ訪問報告(日本脊椎脊髄病学会特集号). Journal of Spine Research. 2011 09; 2(9): 1542-1544.
  • 小川節郎1), 紺野愼一, 鈴木則宏2)(監修)(1) 日本医科大学, 2) 慶応義塾大学). 日常診療でよく診る痛み. 東京: ファイザー株式会社; 2011 07.
  • 沖田 実1), 矢吹省司, 牛田享宏2)(1) 長崎大学, 2) 愛知医科大学). 座談会 運動器の痛みにおける筋の問題. Practice of Pain Management. 2011 12; 2(4): 220-229.
  • 小野 玲1)2), 大谷晃司, 竹上未紗1)ほか(1) 京都大学, 2) 神戸大学). JOS掲載原著論文要旨 Neck Pain and Disability Scale 日本語版における信頼性, 妥当性, 反応性の検証. 日本整形外科学会雑誌. 2011 10; 85(10): 767-770.
  • 加藤博孝1), 小林道生1), 大谷晃司, 大久保玲子1), 園部 眞1)(1) 福島県立医科大学学生). 震災時に病院はどう動いたか. ドクターズマガジン. 2011; (143): 11-15.
  • KIKUCHI Shin-ichi. INVITED EDITORIAL Conclusions and recommendations of the International Expert Symposium in Fukushima: Radiation and Health Risks. 2011; Journal of Radiological Protection. 31(4):381-384.
  • KUKUCHI Shin-ichi. The Marquis Who's Who Publications Board. Who's Who in Medicine and Healthcare Eighth Edition 2011-2012; 2011.
  • KIKUCHI Shin-ichi. Message. FUKUSHIMA MEDICAL UNIVERSITY GENERAL GUIDE. 2011; 3.
  • 菊地臣一(翻訳・監修). 監修のことば. AAOS Orthopaedic Surgery DVD Library No.51 片側経椎間孔後方腰椎椎体間固定・TLIF(企画:アステラス製薬株式会社 制作:株式会社ジャパンメディアートパブリッシング). 2011.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 2008 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.5(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2011.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 2008 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.6(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2011.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 2008 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.7(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2011.
  • 菊地臣一(監修). THE BACKLETTER No.64. 2011.
  • 菊地臣一(監修). THE BACKLETTER No.65. 2011.
  • 菊地臣一(監修). THE BACKLETTER No.66. 2011.
  • 監修 小川節郎1), 菊地臣一, 鈴木 勉2), 樋口輝彦3), ワーキングメンバー 大鳥精司4), 三木健司5), 矢吹省司, 河野達郎6), 川井康嗣7), 柴田政彦8), 住谷昌彦9), 山口重樹10)(1) 日本大学, 2) 星薬科大学, 3) 国立精神・医療研究センター, 4) 千葉大学, 5) 尼崎中央病院, 6) 新潟大学, 7) 北野病院, 8) 大阪大学, 9) 東京大学, 10) 獨協医科大学). J-PAT(Japan Pain Assessment & Treatment)プログラム. 2011.
  • 菊地臣一. 趣旨説明(DVD) J-PATに参加されるみなさんへ. J-PAT スピーカーミーティング; 2011 05 ; 東京.
  • 監修 小川節郎1), 菊地臣一(1) 日本大学). J-PAT Practical Approach(J-PAT PAプログラム). 2011.
  • 菊地臣一. 趣旨説明(DVD) J-PATに参加されるみなさんへ. J-PAT Practical Approach(J-PAT PAプログラム). 2011.
  • 監修委員 伊豫雅臣1), 小川節郎2), 菊地臣一, 鍋島俊隆3)(1) 千葉大学, 2) 日本大学, 3) 名城大学). デュロテップ®MTパッチの慢性疼痛に対する適正使用ガイド 第2版(製造販売元:ヤンセンファーマ株式会社). 2011.
  • 監修委員長 花岡一雄1), 監修委員 井関雅子2), 小川節郎3), 菊地臣一, 紺野愼一, 鈴木 勉4), 丹羽真一5), 細川豊史6)(1) JR東京総合病院, 2) 順天堂大学, 3) 日本大学, 4) 星薬科大学, 5) 神経精神医学, 6) 京都府立医科大学). ノルスパン®テープ 適正使用ガイドブック(製造販売元(輸入元):ムンディファーマ株式会社 発売元:久光製薬株式会社). 2011.
  • 監修委員長 花岡一雄1), 監修委員 井関雅子2), 小川節郎3), 菊地臣一, 紺野愼一, 鈴木 勉4), 丹羽真一5), 細川豊史6)(1) JR東京総合病院, 2) 順天堂大学, 3) 日本大学, 4) 星薬科大学, 5) 神経精神医学, 6) 京都府立医科大学). ノルスパン®テープ 適正使用ガイドブック(7月改訂)(製造販売元(輸入元):ムンディファーマ株式会社 発売元:久光製薬株式会社). 2011.
  • 菊地臣一(主催者挨拶).日経ユニバーシティー・コンソーシアム「福島モデルで挑む医療連携、世界に誇れる医療拠点を目指して」~悲劇を奇跡に 福島県立医科大学の挑戦~; 2011 12 ; 東京.
  • 菊地臣一(評者). 図解 腰痛学級 第5版 川上俊文著. 2011; 週刊 医学界新聞 第2944号. 14.
  • 菊地臣一. 告示. 3月22日(火)全体ミーティング. 2011.
  • 菊地臣一. 2011年3月22日 訓示(東北地方太平洋沖地震の発生にあたって). 2011. それでもいまは、真っ白な帆を上げよう. 116-123.
  • 菊地臣一. 第40回日本脊椎脊髄病学会の開催にあたって. 2011. 第40回日本脊椎脊髄病学会Web開催(4.21~5.9).
  • 菊地臣一. 祝辞 30周年記念に寄せて. ADVANCE Ⅳ 財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院 創立30周年記念誌 1981-2011. 70. 2011.
  • 菊地臣一. 東日本大震災から4か月. 2011; Moving Vol.1. 5.
  • 菊地臣一. 訓示(東北地方太平洋沖地震の発生にあたって)(福島県立医科大学ホームページ2011年3月22日掲載:コラム「学長からの手紙~医師としてのマナー~」213.より転載). 2011; Practice of Pain Management. 2(2):1.
  • 菊地臣一. Essay【痛みの記憶】腰痛-その不思議なるもの-. 2011; Practice of Pain Management. 2(2): 63.
  • 編集委員 井関雅子1), 牛田享宏2), 柴田政彦3), 田口敏彦4), 山下敏彦5), 監修 岩田 誠6), 小川節郎7), 菊地臣一(1) 順天堂大学, 2) 愛知医科大学, 3) 大阪大学, 4) 山口大学, 5) 札幌医科大学, 6) メディカルクリニック柿の木坂). 2011; Practice of Pain Management. 2(1).
  • 編集委員  井関雅子1), 牛田享宏2), 柴田政彦3), 田口敏彦4), 山下敏彦5), 監修 岩田 誠6), 小川節郎7), 菊地臣一(1) 順天堂大学, 2) 愛知医科大学, 3) 大阪大学, 4) 山口大学, 5) 札幌医科大学, 6) メディカルクリニック柿の木坂, 7) 日本大学). 2011; Practice of Pain Management. 2(2).
  • 編集委員  井関雅子1), 牛田享宏2), 柴田政彦3), 田口敏彦4), 山下敏彦5), 監修 岩田 誠6), 小川節郎7), 菊地臣一(1) 順天堂大学, 2) 愛知医科大学, 3) 大阪大学, 4) 山口大学, 5) 札幌医科大学, 6) メディカルクリニック柿の木坂, 7) 日本大学). 2011; Practice of Pain Management. 2(3).
  • 編集委員  井関雅子1), 牛田享宏2), 柴田政彦3), 田口敏彦4), 山下敏彦5), 監修 岩田 誠6), 小川節郎7), 菊地臣一(1) 順天堂大学, 2) 愛知医科大学, 3) 大阪大学, 4) 山口大学, 5) 札幌医科大学, 6) メディカルクリニック柿の木坂, 7) 日本大学). 2011; Practice of Pain Management. 2(4).
  • 菊地臣一. 序文. 2011. 運動器の痛み プライマリケア 股関節の痛み.
  • 菊地臣一. 序文. 2011. 運動器の痛み プライマリケア 肘・手の痛み.
  • 菊地臣一. “汗牛充棟”この一冊『隠された十字架-法隆寺論-』. 2011; オルソタイムズ. 5(4):7.
  • 菊地臣一. Interview 原発災害に立ち向かう(上)トップのリーダーシップを問う. 2011; 月刊ジャーマック9月号. 1-4.
  • 菊地臣一. Interview 原発災害に立ち向かう(下)リスク・コミュニケーションの重要性. 2011; 月刊ジャーマック10月号. 1-5.
  • 菊地臣一. 「志らぎく」第31号の発刊に寄せて. 2011; 志らぎく第31号: 3.
  • 菊地臣一. トップインタビュー 人材のブランド化で世界のトップへ. 2011 02 04; 時事通信.
  • 菊地臣一. 名医のセカンドオピニオン 腰痛の原因解明と治療は発展途上. 2011; 週刊朝日MOOK 新「名医」の最新治療 完全読本. 238-239.
  • 菊地臣一. 最新医療レポート シリーズ 患者中心の求められる病院・クリニック Goo Dr. 選ばれる病院 特集 膝・股関節手術 脊椎脊髄手術、脊椎脊髄手術について. 2011; 週刊新潮 5月5・12日ゴールデンウイーク特大号. 109.
  • 菊地臣一. 腰痛、その不思議なるもの. 2011; 東京桑野会会報No.33. 6-7.
  • 菊地臣一. 東日本大震災を考える. 2011; 日整会広報室ニュース第86号. 5.
  • 菊地臣一. 最新医療レポート Goo Dr.選ばれる病院・クリニック 整形外科・リハビリ特集企画 腰・首の痛みに悩む方へ…「脊椎脊髄病治療特集」. 2011; 病院の実力 YOMIURI SPECIAL. 62:52-60.
  • 菊地臣一. ごあいさつ 本学の新たな歴史的使命-200万県民の健康をどう守るか-. 2011; 福島県立医科大学 総合案内. 3.
  • 菊地臣一. 60年を振り返る. 2011; 福島県立医科大学医学部整形外科同門会誌第23号. 10.
  • 菊地臣一. 東日本大震災を考える. 2011; 福島県立医科大学医学部整形外科同門会誌第23号. 78-79.
  • 菊地臣一. 日曜論壇 「旅立ち」の君たちへ. 2011 02 20; 福島民報.
  • 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. Q&A 腰痛患者に対する精神医学的問題評価. 2011; ペインクリニック. 32(4): 589-591.
  • 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛クリニック. 2011; ペインクリニック. 32(11): 1735-1739.
  • 菊地臣一. 藤田禎三教授退官に寄せて. 2011; 補体ひとすじ 藤田禎三教授退任記念誌. 19.
  • 菊地臣一. あとがき. 2011; 臨床整形外科. 46(6): 586.
  • 菊地臣一. 軟骨が腰椎の神経を圧迫し足腰に激痛・しびれを招く[椎間板ヘルニア]に新事実が続々判明. 2011; わかさ1月号. 40-41.
  • 菊地臣一. 椎間板ヘルニアの約九割は手術以外の保存療法を続けるうちに自然縮小し治るとわかった. 2011; わかさ1月号. 42-43.
  • 菊地臣一. 保存療法で用いる鎮痛薬や神経ブロックは、ヘルニアの自然縮小を妨げるため最小限にせよ. 2011; わかさ1月号. 44.
  • 菊地臣一. 椎間板ヘルニアの運動療法に最適と医大ですすめる特効体操は、うつぶせで行う[腰反らし]. 2011; わかさ1月号. 45-46.
  • 菊地臣一. 腰椎の神経が圧迫され足腰に激痛・しびれが走る[脊柱管狭窄症]が増え、50代以上の女性に多発. 2011; わかさ1月号. 59-60.
  • 菊地臣一. Qどんな薬がよく効く? A神経の血流を促す血管拡張薬が効果大で間欠跛行も改善. 2011; わかさ1月号. 63.
  • 菊地臣一. Q治すには手術が必要? A尿もれ・マヒを伴うなら必要だが伴わないなら薬や運動で行え. 2011; わかさ1月号. 65.
  • 菊地臣一. 足腰が痛みしびれ歩けなくなる[脊柱管狭窄症]が今や240万人を襲い、50歳以上は誰もが予備群. 2011; わかさ12月号. 8-9.
  • 菊地臣一. 脊柱管狭窄症は骨・軟骨・靱帯の老化で背骨の神経の通路[脊柱管]が狭まり神経が圧迫される難病. 2011; わかさ12月号. 10-11.
  • 菊地臣一. 脊柱管狭窄症は三タイプあり、続けて歩けない[間欠性跛行]が共通症状で重症型では尿失禁まで招く. 2011; わかさ12月号. 12.
  • 菊地臣一. 足の裏がしびれる、足がだるい、つまずきやすいなど[脊柱管狭窄症]の要注意の前ぶれ一覧. 2011; わかさ12月号. 14-15.
  • 菊地臣一. 脊柱管狭窄症は重い物を持つ、急な腰ひねりで悪化し、防ぐには杖や手押し車を使いよく歩け. 2011; わかさ12月号. 16-17.
  • 菊地臣一. Q腰痛で家事がつらいときは? A腰反らし姿勢をさけるのが肝心で、片足を台に乗せよ. 2011; わかさ12月号. 90.
  • 菊地臣一. Q外出時の間欠性跛行を防ぐ方法は? A前かがみ姿勢を保てる手押し車や自転車を使え. 2011; わかさ12月号. 91.
  • 菊地臣一. Q運動や薬の治療で改善しない場合は? A尿もれやマヒを伴う馬尾型なら手術を検討せよ. 2011; わかさ12月号. 93.
  • 菊地臣一. 東日本大震災(被災地の現場から)原発被害でマイナスからのスタート-福島医大学長・菊地臣一氏に聞く Vol.1 破滅的な惨禍に、「衆議独裁、拙速」で対応 [Internet]. m3.com. 2011 08 10. Available from: http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/140109/.
  • 菊地臣一. 東日本大震災(被災地の現場から)“福島モデル”、県と医大の連携が奏功-福島医大学長・菊地臣一氏に聞く Vol.2 全職員による会議での情報共有もカギ[Internet]. m3.com. 2011 08 15. Available from: http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/140110/.
  • 菊地臣一. 東日本大震災(被災地の現場から)福島医大復興ビジョン、「悲劇から奇跡へ」-福島医大学長・菊地臣一氏に聞く Vol.3 放射線医学の臨床・研究開発の拠点を創設[Internet]. m3.com. 2011 08 18. Available from: http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/140113/.
  • 菊地臣一. 東日本大震災(被災地の現場から)去るものは追わず、志ある人材を期待-福島医大学長・菊地臣一氏に聞く Vol.4 二つの放射線医学講座を新設、魅力ある大学へ[Internet]. m3.com. 2011 08 24. Available from: http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/140114/.
  • 菊地臣一. 災害情報報告 日本整形外科学会員の皆様へ[Internet]. 日本整形外科学会HP. 2011 03 22.
  • 菊地臣一. 理事長より会員の皆様へ~東北関東大震災を受けて~ 日本脊椎脊髄病学会の皆様へ[Internet]. 一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会HP. 2011 03 22. Available from: http://www.jssr.gr.jp/jssr_web/html/topics/110322_topics_main.html.
  • 菊地臣一. 平成22年度学位記授与者への学長メッセージ 平成22年度福島県立医科大学 第58回学位記授与者・第47回大学院学位記授与者に対する学長からのメッセージ[Internet]. 2011 03 24. Available from: http://www.fmu.ac.jp/univ/m/230324_2.html.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.107 -寂光-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 01 07. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=135.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.108 -寒気(かんき)-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP . 2011 01 14. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=136.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.109 -春待(はるまち)-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP . 2011 01 21. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=137.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.110 -諦念-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 01 28. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=138.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.111 -冬日-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 02 04. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=139.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.112 -春告-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 02 10. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=140.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.113 -残雪-[Internet].公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 02 18. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=141.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.114 -異邦-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 02 25. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=142.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.115 -淡雪-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP 2011 03 04. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=144.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.116 -茜空-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 03 11. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=145.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.117【番外編】 -無私-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 03 18. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=146.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.118【番外編】 -危急-. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 03 25. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=149.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.119 -逆境-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 04 01. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=150.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.120 -一場 (いちじょう)の夢-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 04 08. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=151.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.121 -寂然 (せきぜん)-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 04 15. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=152.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.122 -春愁-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 04 22. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=155.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.123 -瀬音-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 04 28. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=156.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.124【番外編】-東風 (ひがしかぜ)-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 05 06. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=157.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.125 -時間-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 05 13. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=158.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.126 -花曇-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 05 20. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=159.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.127 -哀惜-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 05 27. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=160.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.128 -衣裂(きぬさ)き-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 06 03. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=161.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.129 -感謝-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 06 10. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=162.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.130 -異邦の空-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 07 01. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=163.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.131 -悠々(ゆうゆう)-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 07 08. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=164.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.132 -夢幻-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 07 15. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=165.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.133 -夏の月-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 07 22. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=166.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.134 -残響-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 07 29. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=167.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.135 -蝉時雨 (せみしぐれ)-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 08 05. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=168.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.136 -憧憬-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 08 12. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=169.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.137 -望郷-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 08 26. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=170.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.138 -夕映え-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 09 02. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=171.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.139 -秋雨-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 09 09. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=172.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.140 -初秋-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 09 16. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=173.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.141 -波紋-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 09 22. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=174.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.142 -薄明-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 09 30. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=175.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.143 -秋興-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 10 07. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=176.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.144 -車窓-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 10 14. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=177.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.145 -晩秋-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 10 21. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=178.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.146 -使命-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 10 28. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=179.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.147 -惜秋-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 11 04. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=180.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.148 -述懐-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 11 11. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=181.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.149 -雨音-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 11 18. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=182.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.150 -光陰-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 11 25. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=183.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.151 -朝焼け-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 12 02. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=184.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.152 -名残-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 12 09. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=185.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.153 -冬の虹-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 12 16. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=186.
  • 菊地臣一. 理事長室からの花だより vol.154 -星霜-[Internet]. 公立大学法人福島県立医科大学HP. 2011 12 22. Available from:http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=187.
  • 紺野愼一. ロコモティブシンドロームと要介護予防 腰痛のためのロコトレ. Aging & Health. 2011; 19(4): 19-22.
  • 紺野愼一. 運動器の痛みのメカニズム NSAIDsの位置づけ. Astellas Square. 2011 04; 7(2): 4-10.
  • 紺野愼一. 痛みとしびれの診断 下肢の痛み・しびれの診断. Clinician. 2011 12; 58(12): 1374-1379.
  • 紺野愼一, 大鳥精司1)(1) 千葉大学). 腰痛治療の最前線-新しい鎮痛薬の登場で変わる腰痛治療-. Nikkei Medical Special. 2011 07; 臨時増刊: 62-63.
  • 紺野愼一, 山口重樹1), 井関雅子2)(1) 獨協医科大学, 2) 順天堂大学). 座談会 慢性疼痛に対する薬物療法の新たな展開. Practice of Pain Management. 2011 06; 2(2): 6-15.
  • 紺野愼一, 千葉一裕1), 山下敏彦2), 川上 守3), 加藤真介4)(1) 慶応義塾大学, 2) 札幌医科大学, 3) 和歌山県立医科大学, 4) 徳島大学). 座談会 神経障害性疼痛の病態と治療. SPINE perspectives. 2011; 8(2):1-6.
  • 紺野愼一. 最近、歩いている途中で「腰曲げ休憩」していませんか? 朝日新聞全面広告. 2011 02; 31.
  • 紺野愼一. 最近、歩いている途中で「腰曲げ休憩」していませんか? 産経新聞i-phone版. 2011 08 01.
  • 紺野愼一. 近況報告. 自治医科大学整形外科学教室同門会誌. 2011 10; (17):17-18.
  • 紺野愼一. ご挨拶. スキー部部誌. 2011; 1.
  • 紺野愼一. 東日本大震災と福島第一原発事故に対する福島県立医大の活動状況について. 日整会広報室ニュース. 2011 07; (86): 5.
  • 紺野愼一. 編集後記. 福島県立医科大学 大学医師会会報. 2011 03; 93:6.
  • 紺野愼一. 編集後記. 福島県立医科大学 大学医師会会報. 2011 07; 95:5.
  • 紺野愼一. 編集後記. 福島県立医科大学 大学医師会会報. 2011 11; 97:5.
  • 紺野愼一, 菊地臣一. 施設紹介 腰痛クリニック. ペインクリニック. 2011 11; 32(11):1735-1739.
  • 紺野愼一. 印象記 第33回日本疼痛学会(愛媛ペイン2011). ペインクリニック. 2011 11; 32(11):1758-1759.
  • 紺野愼一. ご挨拶. 第19回落語研究部定期公演会パンフレット. 2011 10.
  • 紺野愼一. 腰曲げ休憩ネット. 大日本住友製薬株式会社患者様向けホームページの紹介リーフレット. 2011 07.
  • 関口美穂, 紺野愼一. 文献抄訳/ Couse of back pain across 5 years: A retrospective cohort study in the general population of Switzerland. ペインクリニック. 2011 05: 33(5): 767.
  • 矢吹省司. 学生・初期研修医に対する教育・広報 福島県立医科大学附属病院リハビリテーションセンターの場合. Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2011; 48(7):467-469.
  • 矢吹省司. 高齢者で腰が曲がるのはなぜか. Clinician. 2011; 58(6): 4-5.
  • 山下敏彦1), 井関雅子2), 紺野愼一(1) 札幌医科大学, 2) 順天堂大学). 疼痛治療の新たな時代へ 今まで取れなかった神経の痛みに-第1回座談会-. Medical Tribune. 2011 08; 44(34):44-47.

update    2017年5月21日  21:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01