2009(平成21)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. CHIBA Kazuhiro1), FUKUI Mitsuru2), KANAMORI Masahiko3), KAWAKAMI Mamoru4), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, NAKAI Sadaaki5), SHIMAMURA Tadashi6), SHIRADO Osamu7), SEICHI Atsushi8), TAKAHASHI Kazuhisa9), TAGUCHI Toshihiko10), TAKESHITA Katsushi11), TANAKA Yasuhisa12), TANI Toshikazu13), TANIGUCHI Shinichiro13), TOYAMA Yoshiaki1), WADA Eiji14), MIYAMOTO Masabumi15), YONENOBU Kazuo16), HIROTA Yoshio2)(1) Keio Univ., 2) Osaka City Univ., 3) Toyama Univ., 4) Wakayama Medical Univ. Kihoku Hospital, 5) Fujita Health Univ., 6) Iwate Medical Univ., 7) Saitama Medical School, 8) Jichi Medical Univ., 9) Chiba Univ., 10) Yamaguchi Univ., 11) Tokyo Univ., 12) Tohoku Central Hospital, 13) Kochi Medical School., 14) Ehime Prefectural Central Hospital, 15) Nippon Medical School, 16) Osaka-Minami Medical Center). Efficacy of the Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ) for clinical evaluation of patients with sssification of posterior longitudinal ligament.Journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. 2009 11; 20(3): 682-688.
  2. HAKOZAKI Michiyuki, HOJO Hiroshi1), SATO Michiko1), TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, KIKUCHI Shin-ichi, ABE Masafumi1)(1) First Dept. Pathology). Establishment and characterization of a novel human malignant peripheral nerve sheath tumor cell line, FMS-1, that overexpresses epidermal growth factor receptor and cyclooxygenase-2. Virchows Archiv. 2009 12; 455(6): 517-526. PMID: 19921253
  3. KATO Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, SHUBAYEV I Veronica1), MYERS R Robert1)(1) Univ. California and the VA Medical Center). Distribution and tumor necrosis factor-alpha isoform binding specificity of locally administered etanercept into injured and uninjured rat sciatic nerve. Neuroscience. 2009 05; 160(2): 492-500. PMID: 19250961
  4. KAWAKAMI Mamoru1)2), CHIBA Kazuhiro1)3), FUKUI Mitsuru1)4), HIROTA Yoshio1)4), KANAMORI Masahiko1)5), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, MIYAMOTO Masabumi1)6), NAKAI Sadaaki1)7), SEICHI Atsushi1)8), SHIMAMURA Tadashi1)9),  SHIRADO Osamu1)10), TAGUCHI Toshihiko1)11), TAKAHASHI Kazuhisa1)12), TAKESHITA Katsushi1)4), TANAKA Yasuhisa1)13), TANI Toshikazu1)14), TOYAMA Yoshiaki1)4),  WADA Eiji1)15), YONENOBU Kazuo1)16)(1) The Subcommittee on Low Back Pain and Cervical Myelopathy Evaluation of the Japanese Orthopaedic Association(the Diagnosis and Clinical Evaluation Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research), 2) Wakayama Medical Univ. Kihoku Hospital, 3) Keio Univ., 4) Osaka City Univ., 5) Toyama Univ., 6) Nippon Medical School , 7) Fujita Health Univ., 8) Jichi Medical Univ., 9) Iwate Medical Univ., 10) Saitama Medical School, 11) Yamaguchi Univ., 12) Chiba Univ., 13) Tohoku Central Hospital, 14) Kochi Medical School, 15) Ehime Prefectural Central Hospital, 16) Osaka-Minami Medical Center) . Relationship between patients' self-assessment using the JOACMEQ and the JOA Score in patients with myelopathy caused by cervical spondylosis and disc heniation. Journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. 2009 11; 20(3): 677-681.
  5. KOBAYASHI Yoshitaka, KURATA Jiro1), SEKIGUCHI Miho, KOKUBUN Mika1), AKAISHIZAWA Takashi1), CHIBA Yoshihiro1), KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi(1) Tokyo Women's Medical Univ.). Augmented cerebral activation by lumbar mechanical stimulus in chronic low back pain patients an fMRI study. Spine. 2009 10; 34(22): 2431-2436. PMID: 19789470
  6. NIKAIDO Takuya, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, KONNO Shin-ichi. Surgical treatment assessment using the Japanese orthopedic association cervical myelopathy evaluation questionnaire in patients with cervical myelopathy: a new outcome measure for cervical myelopathy. Spine. 2009 11; 34(23): 2568-2572. PMID: 19927106
  7. NIKAIDO Takuya, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Shoji, OTANI Koji, ONDA Akira, KONNO Shin-ichi. Evaluating of surgical treatment for lumbar spine disorders using the Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire (JOABPEQ) -A comparison of decompression surgery results for spondylosis and degenerative spondylolisthesis. J Spine Res. 2009 11; 20(3): 718-723.
  8. OSAKI Shigeyoshi1), OHUCHI Kazuo, KIKUCHI Shin-ichi, TOHNO Yoshiyuki1), TOHNO Setsuko1), TAKAKURA Yoshinori1)(1) Nara Medical Univ.). Orientational distribution of collagen fibers in the horizontal plane of human adult calcaneus. Polymer Journal. 2009; 41(2): 146-152. http://www.nature.com/pj/journal/v41/n2/abs/pj200926a.html
  9. OTANI Koji, SATO Katsuhiko1), YABUKI Shoji, IWABUCHI Masumi, KIKUCHI Shin-ichi(1) Ohara General Hospital). A segmental partial laminectomy for cervical spondylotic myelopathy: anatomical basis and clinical outcome in comparison with expansive open-door laminoplasty. Spine. 2009; 34(3): 268-273. PMID: 19179921 
  10. SEKIGUCHI Miho, SEKIGUCHI Yasufumi, KONNO Shin-ichi, KOBAYASHI Hiroshi, HOMMA Yoshimi1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Biomolecular Science). Comparison of neuropathic pain and neuronal apoptosis following nerve root or spinal nerve compression. Eur Spine Journal. 2009; 18: 1978-1985. PMID: 19543754
  11. YANAGISAWA Satohiko1), KADOUCHI Ichiro1), YOKOMORI Kinji1), HIROSE Masao2), HAKOZAKI Michiyuki, HOJO Hiroshi3), MAEDA Kosaku1), KOBAYASHI Eiji1), MURAKAMI Takashi1)(1) Jichi Medical Univ., 2) Naruto Univ., 3) First Dept. Pathology). Identification and metastatic potential of tumor-initiating cells in malignant rhabdoid tumor of the kidney. Clin Cancer Res. 2009 05; 15(9): 3014-3022. PMID: 19383826

著書・訳書

  1. HUBAYEV I Veronica1), KATO Kinshi, MYERS R Robert1)(1) Univ. California). Cytokines in Pain. In: KRUGER, Lawrence; LIGHT, Alan R. ed. Translational Pain Research - From Mouse to Man. USA: CRC Press; 2009. p.187-213. 
  2. KIKUCHI, Shin-ichi. MEII NI MANABU YOTSU SHINRYOU NO KOTSU(韓国版). Korea: ShinHeung Med Science; 2009.

 

日本語論文

原 著

  1. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環1), 恩田 啓, 山内一矢, 二階堂琢也, 竹谷内克彰, 高橋一朗, 立原久義, 高山文治, 渡邉和之(1) 厚生中央病院). 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ第3報:Roland-Morris Disability Questionnaire 日本語版を用いた腰痛による日常生活への支障度の検討. 臨整外. 2009 01; 44(1): 49-54.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 立原久義, 高山文治, 渡邉和之. 運動器に関する疫学調査-南会津スタディ第4報–腰部脊柱管狭窄と腰痛関連QOLとの関係(縦断研究). 臨整外. 2009 09; 44(9): 911-917.
  3. 大歳憲一, 菊地臣一, 宍戸裕章, 立原久義, 長倉 栄, 紺野愼一. 腱板広範囲断裂に対する広背筋移行術の術後成績. 臨整外. 2009 07; 44(7): 687-692.
  4. 小野洋子1), 矢吹省司, 大内一夫, 紺野愼一, 菊地臣一(1) リハビリテーションセンター). リハビリ施設の有無によって患者のQOLや機能改善に差が出るか?整形外科疾患における検討. 運動療法と物理療法. 2009 12; 20(4): 347-350.
  5. 川上亮一, 紺野愼一, 江尻荘一, 高橋洋子, 菊地臣一. 四肢外傷後の深部感染に対する手術–ロッキングプレートと海綿骨移植による治療–. 臨整外. 2009 04; 44(4): 409-414.
  6. 菊地臣一, 山崎世紀1), 中村普幸1), 初澤潤太郎1), 細江洋純1)(1) ファイザー株式会社). 腰痛症患者におけるセレコキシブ(YM177)のロキソプロフェンナトリウムを対照とする第Ⅲ相二重盲検並行群間比較試験. Progress in Medicine. 2009; 29(suppl2): 2853-2872.
  7. 菊地臣一, 山崎世紀1), 中村普幸1), 初澤潤太郎1), 細江洋純1)(1) ファイザー株式会社). 腰痛症患者におけるセレコキシブ(YM177)のロキソプロフェンナトリウムとプラセボを対照とする第Ⅲ相二重盲検並行群間比較試験. Progress in Medicine. 2009; 29(suppl2): 2873-2892.
  8. 紺野愼一, 戸川大輔1), 鎌江伊佐夫2), 井上幸恵3), 菊地臣一(1) 函館中央病院, 2) 神戸大学, 3) クレコンリサーチ&コンサルティング). 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折に対する保存的治療の医療費推計. 整形外科. 2009 09; 60(10): 1033-1038.
  9. 坂井顕一郎1), 川端茂徳1), 四宮謙一1), 中村耕三2), 戸山芳昭3), 菊地臣一, 米延策雄4), 永田見生5), 持田讓治6), 中山建夫7), 河原和夫1)(1) 東京医科歯科大学, 2) 東京大学, 3) 慶応義塾大学, 4) 国立大阪南病院, 5) 久留米大学, 6) 東海大学, 7) 京都大学). プロジェクト研究報告 腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドラインの有効性調査研究成果報告. 日整会誌. 2009; 83(5): 401-412.
  10. 菅野伸樹, 後藤あや1), 安村誠司1), 菊地臣一(1) 公衆衛生学). 大腿骨近位部骨折後の日常生活動作(ADL)の改善と居住場所に対する検討. 臨整外. 2009; 44(3): 241-246.
  11. 高橋直人, 菊地忠志. 坂下厚生総合病院整形外科における自己血輸血の現状. 福島県農村医学会雑誌. 2009 03; 51(1): 29-31.
  12. 二階堂琢也, 紺野愼一. 心理社会的因子により治療に難渋した腰部脊柱管狭窄. 新薬と臨床. 2009 03; 59: 37-43.
  13. 宮本雅史1), 福井 充2), 紺野愼一, 白土 修3), 高橋和久4), 廣田良夫2), 菊地臣一(1) 日本医科大学, 2) 大阪市立大学, 3) 埼玉医科大学, 4) 千葉大学). 日本整形外科学会腰痛疾患問診票(JOABPEQ)の科学性と有用性について. 日本腰痛学会雑誌. 2009; 15(1): 23-31. 
  14. 宮本雅史1), 福井 充2), 紺野愼一, 白土 修3), 高橋和久4), 竹下克史5), 菊地臣一(1) 日本医科大学, 2) 大阪市立大学, 3) 埼玉医科大学, 4) 千葉大学, 5) 東京大学). 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOABPEQ)の特徴と使用法について日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(4): 823-833.
  15. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一. 頭蓋・頚椎移行部の解剖学的研究 頭蓋・頚椎移行部後方進入における椎骨動脈損傷の予防. 臨整外. 2009 02; 44(2): 173-176.
  16. 渡邉和之, 菊地臣一, 大谷晃司. 運動器に関する疫学調査–南会津スタディ第5報:住民検診参加者における腰痛患者のRoland-Morris Disability Questionnaire (RDQ)得点からみた通院群と非通院群との比較. 臨整外. 2009 10; 44(10): 1017-1022.

総説等

  1. 青田恵郎, 菊地臣一, 紺野愼一, 大橋寛憲, 荒 文博. 股関節疾患に対する脚延長器使用による人工股関節全置換術-延長の実際. 別冊整形外科. 2009; 55: 211-215.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一. シリーズ 難治性腰痛における治療戦略(提供:ヤンセン ファーマ株式会社)総論 難治性腰痛の原因とその対策-特に非器質的腰痛について–. 整形外科. 2009; 60(2): np1-np7.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一. 運動器疾患や四肢切断術後の遺残性しびれの治療. 運動療法と物理療法. 2009; 20: 123.
  4. 大谷晃司. Failed back surgery syndrome の病態とエピドラスコピーの可能性. ペインクリニック. 2009; 30(別冊秋号): S591-600.
  5. 大橋寛憲, 菊地臣一, 青田恵郎, 紺野愼一.【関節の痛み 診断】下肢 高齢者の股関節痛. ペインクリニック. 2009 10; 30(10): 1347-1355.
  6. 恩田 啓, 紺野愼一, 菊地臣一. 脊椎・脊髄損傷の診断の進め方(神経学的所見を中心に). ペインクリニック. 2009 05; 30(5): 584-590.
  7. 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄–何が分かって何が分かっていないのか–. CLINICIAN. 2009; 56(579): 3-10.
  8. 菊地臣一. 2. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 東京都医師会雑誌. 2009; 62(10): 1977-1981.
  9. 菊地臣一. Ⅲ. 高齢者にみられる主要症候–その特徴から診断まで– 腰痛・背部痛. 日本医師会雑誌 第138巻・特別号(2)生涯教育シリーズ-77 高齢者診療マニュアル. 2009; S120-S121.
  10. 菊地臣一. 腰痛–その不思議なるもの–. 日本整形外科看護研究会誌. 2009; 4:2-13.
  11. 菊地臣一. 待ちから出る整形外科医療–大学病院勤務医の立場から–. 日本臨床整形外科学会雑誌. 2009; 34(1):68-78.
  12. 紺野愼一. すぐに役立つ日常整形外科診療に対する私の工夫Ⅰ.脊椎 腰痛の診断・治療. Orthopaedics. 2009 05; 22(5): 6-11.
  13. 紺野愼一. 外傷性頚部症候群. Orhopaedics. 2009 02; 22(2): 31-36.
  14. 紺野愼一. 特集Ⅰ[腰痛症, 肩関節周囲炎, 頚肩腕症候群, 腱・腱鞘炎に対する治療の現状と今後の展望] 腰痛症に対する治療の現状と今後の展望. Astellas Square. 2009 10; 5(5): 5-7.
  15. 紺野愼一. 外傷性頚部症候群の病態分類–最近の考え方–. 整形・災害外科. 2009; 52(2):153-156.
  16. 紺野愼一. PainとPleasureの相互作用. 整形・災害外科. 2009 06; 52(7): 815.
  17. 紺野愼一. 臨床疫学研究について. 整形外科. 2009 04; 60(4): 310.
  18. 紺野愼一. 特集 高齢者の脊椎・脊髄疾患 腰部脊柱管狭窄症. 総合リハビリテーション. 2009 06; 37(6): 509-515.
  19. 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール. 日本腰痛学会雑誌. 2009 10; 15(1): 32-38.
  20. 紺野愼一. 非特異的慢性腰痛治療. ペインクリニック. 2009 06; 30(7): 947-953.
  21. 紺野愼一. 視座 慢性腰痛とドーパミンシステム. 臨整外. 2009 09; 44(9): 875.
  22. 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の概念と分類. CLINICIAN. 2009 06; 56(579): 24-29.
  23. 紺野愼一, 中村耕三1)(1) 東京大学). ロコモティブシンドロームの要因としての腰部脊柱管狭窄症. JMS/JAPAN MEDICAL SOCIETY. 2009 11; (11): 70-73.
  24. 宍戸裕章. X線診断Q&A 右外傷性胸鎖関節後方脱臼. 整形外科. 2009; 60(1): 77-78.
  25. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. 痛みの評価法とスコア・システム. 整形・災害外科. 2009; 52(5): 483-490.
  26. 二階堂琢也, 紺野愼一. 特集:見落としやすい整形外科疾患-診かた治しかたのコツ-腰椎. Orhopaedics. 2009 11; 22(12): 11-18.
  27. 二階堂琢也, 紺野愼一.【Failed back surgeryの原因と再手術手技】 腰部脊柱管狭窄の再手術の原因とrevision手技. 脊椎脊髄ジャーナル. 2009 07; 22(7): 835-839.
  28. 花岡一雄1), 小川節郎2), 堀田 饒3), 佐藤 譲4), 菊地臣一, 棚橋紀夫5), 住谷昌彦1)(1) 東京大学, 2) 駿河台日本医科大学病院, 3) 中部ろうさい病院, 4) 関東労災病院, 5) 埼玉医科大学). わが国における神経障害性疼痛治療の現状と今後の展望–専門家によるコンセンサス会議からの提言–. ペインクリニック. 2009; 30(10): 1395-1408.
  29. 矢吹省司. 肩こりの解剖と病態. JIM. 2009; 19(4): 258-260.
  30. 矢吹省司. 高齢者の膝部痛. ペインクリニック. 2009; 30(10):1365-1371.
  31. 矢吹省司. 頚椎捻挫の病態と治療戦略 I: 病態–文献的考察–. 日本整形外科学会広報室ニュース. 2009; 76:6.
  32. 矢吹省司. 頚髄髄内腫瘍に対する段階的摘出術. THE SPINE Perspectives. 2009; 6(4): 11-14.

症例報告

  1. 上杉和秀. 化膿性脊椎炎に対し鏡視下病巣掻爬術を行った1例. 東日本整形災害外科学会誌. 2009 12; 21(4): 550-554.
  2. 笠原 諭1), 山本佳子11), 増子博文1), 大谷晃司, 紺野愼一, 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 身体表現性障害(疼痛性障害)による歩行困難に対して整形外科とのリエゾン治療が奏功した1症例–BPDに併存するADHDの鑑別をめぐって–. 臨床精神医学. 2009 09; 38(9): 1159-1165.
  3. 小林秀男, 菊地臣一, 紺野愼一, 沼崎広法, 大井剛太. 膝ステロイド性骨壊死に対する自家骨軟骨移植術と自家骨軟骨柱による骨軟骨片固定術–1例報告–. 東北膝関節研究会会誌. 2009 07; 19: 13-16.
  4. 高橋直人, 菊地忠志. 手指における化膿性腱鞘炎との鑑別を要した偽痛風性腱鞘炎と関節リウマチによる腱鞘炎の各1例. 福島県農村医学会雑誌. 2009 03; 51(1): 103-104.
  5. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 胸椎部硬膜内に腫瘤を形成した乳癌転移性腫瘍–1例報告–. 東北整形災害外科学会雑誌. 2009; 53: 232.
  6. 松本健一郎, 矢吹省司, 川上亮一, 菊地臣一. 1歳女児の軸椎歯突起骨折–中期経過例の1例–. 臨整外. 2009 07; 44(7): 719-723.
  7. 吉田勝浩, 菊地臣一, 矢吹省司, 青田恵郎, 大橋寛憲. 大腿骨頭後方回転骨切り術により関節を温存し得た外傷性大腿骨頭壊死症. 東北整形災害外科学会雑誌. 2009 06; 53(1): 177-178.

著書・訳書

  1. 大谷晃司,菊地臣一. 37カイロプラクティックとオステオパシー. In: 今西二郎編集. 医療従事者のための補完・代替医療 改訂2版. 京都: 金芳堂; 2009. p.364-370.
  2. 恩田 啓,菊地臣一. Ⅱ腰背部の痛みについて 2診察手順のポイント–重篤な疾患や外傷を見逃さないために. In: 菊地臣一編. 運動器の痛み プライマリケア 腰背部の痛み. 東京: 南江堂; 2009. p.47-56.
  3. 菊地臣一(企画・構成). 第3章 腰痛~二足歩行の宿命なのか? In: NHK「病の起源」取材班編著. NHKスペシャル 病の起源1. 東京: 日本放送出版協会(NHK出版); 2009. p.100-131.
  4. 菊地臣一. ギプス. In: 伊藤正男,井村裕夫,高久史麿総編集. 医学書院 医学大辞典 第2版. 東京: 医学書院; 2009. p.599.
  5. 菊地臣一. Ⅰ痛みについて 1運動器のプライマリケア-careを重視した全人的アプローチの新たな流れ. In: 菊地臣一編. 運動器の痛み プライマリケア 腰背部の痛み. 東京: 南江堂; 2009. p.2-6.
  6. 菊地臣一. 第Ⅰ章 腰痛治療の考え方 腰痛に対するPrimary Care–新たな病態概念–. In: 米延策雄,菊地臣一編. 臨床力up! Refresher Course 1 理論がわかる! 実践できる! 非特異的腰痛のプライマリ・ケア. 東京: 三輪書店; 2009. p.2-26.
  7. 菊地臣一(翻訳). SectionⅠ 基礎科学 Chapter1 脊椎の発生・成長. In: 小宮節郎総監訳,吉田宗人,持田讓治,久保俊一監訳. Rothman-Simeone The Spine 脊椎・脊髄外科(原著5版). 京都: 金芳堂; 2009. p.3-15.
  8. 菊地臣一(翻訳). SectionⅠ 基礎科学 Chapter2 脊椎の臨床解剖. In: 小宮節郎総監訳,吉田宗人,持田讓治,久保俊一監訳 . Rothman-Simeone The Spine 脊椎・脊髄外科(原著5版). 京都: 金芳堂; 2009. p.16-54.
  9. 菊地臣一(翻訳). SectionⅠ 基礎科学 Chapter3 背筋の構造と機能. In: 小宮節郎総監訳,吉田宗人,持田讓治,久保俊一監訳. Rothman-Simeone The Spine 脊椎・脊髄外科(原著5版). 京都: 金芳堂; 2009. p.55-70.
  10. 菊地臣一(翻訳). SectionⅠ 基礎科学 Chapter4 椎間板-形態、加齢、病理 . In: 小宮節郎総監訳,吉田宗人,持田讓治,久保俊一監訳. Rothman-Simeone The Spine 脊椎・脊髄外科(原著5版). 京都: 金芳堂; 2009. p.71-83.
  11. 菊地臣一(翻訳). SectionⅠ 基礎科学 Chapter5 腰部の筋肉組織:解剖学的構造と機能. In: 小宮節郎総監訳,吉田宗人,持田讓治,久保俊一監訳. Rothman-Simeone The Spine 脊椎・脊髄外科(原著5版). 京都: 金芳堂; 2009. p.84-93.
  12. 菊地臣一. 第1章 整形外科のトップナイフ Orthopaedic surgery. In: 仲田和正編. 外科手術に上達くなる法 トップナイフたちの鍛錬法. 東京: シービーアール; 2009. p.2-47.
  13. 紺野愼一, 菊地臣一. 第Ⅱ章 臨床編 1腰椎疾患 慢性非特異的腰痛に対する運動療法. In: 黒澤 尚編. 運動器慢性疾患に対する運動療法. 東京: 金原出版; 2009. p.82-84. 
  14. 紺野愼一, 菊地臣一. 4章 脊椎の基本的手術手技と使用機器 後方除圧法 腰椎部開窓術(部分的椎弓切除術). In: 越智隆弘総編集,戸山芳昭専門編集. 最新整形外科学大系 6手術進入法と基本手術手技-脊椎・脊髄-. 東京: 中山書店; 2009. p.153-156.
  15. 紺野愼一, 菊地臣一. 4章 脊椎の基本的手術手技と使用機器 後方除圧法 神経根管開放術(腰椎部椎間孔部開放術). In: 越智隆弘総編集,戸山芳昭専門編集. 最新整形外科学大系 6手術進入法と基本手術手技-脊椎・脊髄-. 東京: 中山書店; 2009. p.157-158.
  16. 紺野愼一. Ⅴ疾患特異的QOL腰痛症 3ODI RDQ. In: 赤居正美編著. リハビリテーションにおける評価法ハンドブック–障害や健康の測り方–. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2009 09. p.298-301.
  17. 紺野愼一, 菊地臣一. 第Ⅱ章 臨床編 1腰椎疾患 慢性非特異的腰痛に対する運動療法. In: 黒澤 尚編. 運動器慢性疾患に対する運動療法. 東京: 金原出版株式会社; 2009 09. p.82-84.
  18. 二階堂琢也,菊地臣一. Ⅲ主な疾患や病態の治療とポイント–私はこうしている 2慢性腰痛 a治療の実際①. In: 菊地臣一編. 運動器の痛み プライマリケア 腰背部の痛み. 東京: 南江堂; 2009. p.158-164.

 

研究報告

  • 菊地臣一(分担研究者). In: 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 高齢者の腰痛症に係る効果的な診断・治療・リハビリテーション等の確立に関する研究 平成18~20年度 総合研究報告書 研究代表者 戸山芳昭. 2009.
  • 菊地臣一(分担研究者). 高齢者腰痛症の診断法の確立. In: 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 高齢者の腰痛症に係る効果的な診断・治療・リハビリテーション等の確立に関する研究 平成20年度 総括・分担研究報告書 研究代表者 戸山芳昭. 2009.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄におけるPAD(peripheral artery disease)合併例に関する研究. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009 03; 20(2): 565.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. EJIRI Soichi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, TORIGOE Hitoshi1), TAJINO Takahiro, OTANI Koji(1) Torigoe Orthopaedic Clinic). Long follow-up of microsurgical reconstruction for pelvic tumor. -Spinal deformity and QOL: A report of three cases-. The 5th Congress of the World Society of Reconstructive Microsurgery. 2009 06 25; Okinawa..
  2. ISHIKAWA Kazunobu1), KOBAYASHI Gen1), FUKUSHIMA Tetsuhito1), NOLLET Kenneth2), OHTANI Koji, OHTO Hitoshi2), SUZUTANI Tatsuo1), FUJITA Teizo1)(1) Center Medical Education Career Development, 2) Devision Blood Transfusion Transplantation Immunology). Roles of class teacher system for medical students: a national survey in Japan. AMEE Conference 2009. 2009 08 29; Malaga, Spain.
  3. ISHIKAWA Kazunobu1), KOBAYASHI Gen1), FUKUSHIMA Tetsuhito1), OTANI Koji, OHTO Hitoshi2), SUZUTANI Tatsuo1), FUJITA Teizo1)(1) Center Medical Education Career Development, 2) Devision Blood Transfusion Transplantation Immunology). Faculty advisor systems for medical students: a national survey in Japan. (international session). The 41th Japanese Medical Education Society Meeting. 2009 07 24; Osaka.
  4. KATO, Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, SHUBAYEV Veronica1), MYERS Robert1)(1) Univ. California). Uptake and distribution of locally administered Etanercept into injured and uninjured rat sciatic nerves. The 55th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society. 2009 02 22-25; Las Vegas, Nevada.
  5. KATO Kinshi, LIU H1), KIKUCHI Shin-ichi, MYERS Robert1), SHUBAYEV Veronica1)(1) Univ. California). Effects of Etanercept on axonal regeneration after peripheral nerve injury. The 55th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society. 2009 02 22-25; Las Vegas, Nevada.
  6. KATO Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. 5-HT2A receptor antagonist attenuates pain-related behavior in a rat lumbar disc herniation model. The 55th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society. 2009 02 22-25; Las Vegas, Nevada.
  7. KATO Kinshi, LIU H1), KIKUCHI Shin-ichi, MYERS Robert1), SHUBAYEV Veronica1)(1) Univ. California). Etanercept enhances axonal regeneration after peripheral nerve injury. The 36th Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2009 05; Miami, Florida, USA.
  8. KOBAYASHI Yoshitaka, KURATA J, SEKIGUCHI Miho, KOKUBUN M, AKAISHIZAWA T, CHIBA Y, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. The absence of pain intensity coding in the cerebral matrix for chronic low back pain. A functional MRI. The 36th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2009 05; Miami, Florida, USA.
  9. KONNO Shin-ichi; ONDA Akira, OTANI Koji, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Mid-and long-term follw-up after graf stabilization sysytem for lumbar degenerative disorders. 第13回脊椎と神経を語る会. 2009 03; 東京.
  10. OTANI Koji, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, TAKEYACHI Yasuaki, KIKUCHI Shin-ichi. Cross-sectional and epidemiologic study of fall, fracture and posture; Is Orthopaedics possible to improve QOL in the elderly? The 6th SICOT/SIROT Annual International Conference. 2009 10; Pattaya, Thailand.
  11. OTANI Koji, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, ONDA Akira, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, KIKUCHI Shin-ichi. One year follow-up study of lumbar spinal canal stenosis in local population. The 36th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2009 05; Miami, Florida, USA.
  12. OTOSHI Ken-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, KATO Kinshi, SEKIGUCHI Miho. Anti-HMGB1 neutralizing antibody improves pain-related behavior induced by application of autologous nucleus pulposus on nerve root in rats. The 36th Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2009 05; Miami, Florida, USA.
  13. MIYOSHI Shinji1), SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, NOHARA H1), KANAYA Fuminori1)(1) Univ. Ryukyus). Vascular endothelial growth factor (VEGF) protein expression increased in dorsal root ganglion (DRG) exposed to nucleus pulposus on nerve root in the rat. The 36th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2009 05; Miami, Florida, USA.
  14. SASAKI Nobuhisa, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. ASIALO-Erythropoietin (A-EPO) improves pain-related behavior induced by application of autologous nucleus pulposus (NP) on nerve root in rat. The 36th Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2009 05; Miami, Florida, USA.
  15. TAKEDA Akira, TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, HAKOZAKI Michiyuki. Role of FDG-PET and bone schintigraphy in bone metastasis of cancer. ISOLS/MSTS Combined Meeting. 2009 09 26; Boston, MA, USA.
  16. TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Revision of megaprosthesis for humerus because of an allergy to metal: a case report. ISOLS/MSTS Combined Meeting. 2009 09 26; Boston, MA, USA.
  17. UESUGI Kazuhide, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. The effect of repeated restraint stress in pain-related behavior induced by nucleus pulposus applied on the nerve root in rats. The 36th Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2009 05; Miami, Florida, USA.
  18. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, OTANI Koji. Endoscopic surgery for the cervical spine diseases. The 6th SICOT/SIROT Annual International Conference. 2009 10; Pattaya, Thailand.

 

国内学会

研究発表

  1. 青田恵郎, 菊地臣一, 大橋寛憲, 川前恵一1)(1) 星総合病院). 可動域のよい難治性の人工股関節後方脱臼に対する関節制動術–合成メッシュ, 人工靱帯による再建術–. 第82回日本整形外科学会学術総会. 2009 05; 福岡. 日整会誌. 2009; 83(3): S427.
  2. 青田恵郎, 菊地臣一, 紺野愼一, 大橋憲寛. 人工股関節再置換術の術中中殿筋断裂に対する再建法–脆弱化した中殿筋の筋性部分断裂の2例–. 第36回日本股関節学会学術集会. 2009 10 30; 京都. 第36回日本股関節学会学術集会抄録. 244.
  3. 青田恵郎, 菊地臣一, 大橋寛憲. 完全脱臼位に設置された臼蓋カップのゆるみに対する転子下短縮骨切り併用人工股関節再置換–1例報告–. 第39回日本人工関節学会. 2009 02; 東京.
  4. 荒 文博, 青田恵郎, 紺野愼一. 化膿性股関節炎や人工股関節感染治療に用いた抗生剤含有セメント遺残の検討. 第36回日本股関節学会学術総会. 2009 10 30; 京都. 第36回日本股関節学会学術集会抄録. 394.
  5. 荒 文博, 菊地臣一, 青田恵郎, 大橋寛憲. 人工股関節置換術後の骨盤側方傾斜の変化に与える因子. 第39回日本人工関節学会. 2009 02; 東京.
  6. 荒 文博, 紺野愼一, 青田恵郎, 菅野隆浩1), 大戸 斉1)(1) 輸血・移植免疫部). 80歳以上の高齢者のおける人工関節置換術に対する自己血輸血. 第22回日本自己血輸血学会総会. 2009 03 06; 福島. 自己血輸血. 22: S23.
  7. 石川和信1), NOLLET Kenneth2), 小林 元1), 小島雄二1), 大谷晃司, 大戸 斉2), 福島哲仁1), 藤田禎三1)(1) 医療人育成・支援センター, 2) 輸血・移植免疫部). 医科大学における英語コミュニケーション能力向上セミナーの試み. 第12回日本医学英語教育学会総会. 2009 07 18; 福島.
  8. 石川和信1), 福島哲仁1), 小林 元1), 大谷晃司, 大戸 斉2), 横山 斉3), 葛西龍樹4), 田勢長一郎5), 錫谷達夫1), 藤田禎三1)(1) 医療人育成・支援センター, 2) 輸血・移植免疫部, 3) 心臓血管外科, 4) 家庭医療, 5) 救急診療). クリニカル・シミュレーション教育普及のためのワークショップ型Faculty Developmentの企画. 第41回日本医学教育学会総会. 2009 07 24; 大阪.
  9. 岩渕真澄, 村上和也1), 菅野伸樹, 大谷晃司(1) 福島赤十字病院). 腰椎椎間板ヘルニア摘出術後にみられる腰痛に対するMRIを用いた検討. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20: 541.
  10. 岩渕真澄,村上和也1), 菅野伸樹(1) 福島赤十字病院). 腰椎除圧術後深部感染を起こし沈静化したが,長期経過後に発生した化膿性脊椎炎の1例. 第7回運動器と痛み研究会. 2009 01 29; 福島.
  11. 江尻荘一, 紺野愼一, 川上亮一, 高橋洋子. 分娩麻痺に対する乳幼児期での肋間神経移行術–4例報告–. 第36回日本マイクロサージャリー学会. 2009 10 23; 徳島.
  12. 江尻荘一. 分娩麻痺に対する乳幼児期での肋間神経移行術–4例報告–. 第15回東北マイクロサージャリー懇話会. 2009 12 01; 仙台.
  13. 大井剛太,菊地臣一,紺野愼一,長総義弘, 沼崎広法. びまん型色素性絨毛結節性滑膜炎に対する根治的滑膜切除術. 第1回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会. 2009 06 26; 北海道. 第1回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会抄録集. 2009; 34(3): S296.
  14. 大内一夫, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 橋本慶太. 距骨外側突起に生じた骨軟骨腫により腓骨筋痙性扁平足を来した症例-1例報告-. 第34回日本足の外科学会学術集会; 2009 06 19; 東京. 第34回日本足の外科学会学術集会抄録号. 2009; 30(1): S100.
  15. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 福原俊一1), 小野 玲1), 竹上未沙1), 鈴鴨よしみ1)(1) 京都大学). 日本人における頚部愁訴の個人あるいは社会に与えるインパクトに関する調査. 第82回日本整形外科学会学術総会. 2009 05 14; 福岡. 日整会誌. 2009; 83(3): S101.
  16. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 関口美穂, 恩田 啓, 二階堂琢也, 渡邉和之. 腰部脊柱管狭窄に関する臨床疫学調査–縦断的検討–. 第82回日本整形外科学会学術集会. 2009 05 15; 福岡. 日整会誌. 2009; 83(3): S556.
  17. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一. 圧迫性脊椎脊髄疾患や四肢切断術後の遺残性しびれの治療. 第21回日本運動器リハビリテーション学会. 2009 07 11; 東京. 運動療法と物理療法. 2009; 20(2): 123.
  18. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 渡邉和之, 福原俊一1), 竹上未沙1), 小野 玲1), 鈴鴨よしみ1)(1) 京都大学). 頚椎愁訴の評価法–NPDS日本語版の開発と臨床での初期使用経験–. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 23; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 79.
  19. 大谷晃司. 腰椎椎間板ヘルニア摘出術後にみられる腰痛に対するMRIを用いた検討. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 ; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20: 541.
  20. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 紺野愼一. 神経根ブロックによる腰痛と殿部痛の分析–腰仙椎部退行性疾患による下肢痛を有する症例での検討–. 第17回日本腰痛学会. 2009 11 21; 東京. 第17回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 44.
  21. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 二階堂琢也. 骨粗鬆症性新鮮椎体圧迫骨折患者のQOLの経時的変化. 東北整災誌. 2009; 53(1): 239.
  22. 大谷晃司. 疫学調査から見た腰痛と骨粗鬆症. 第6回東北腰痛フォーラム; 2009 04 ; 郡山.
  23. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂, 伊藤恵康1), 辻野昭人1)(1) 慶友整形外科病院). 肘関節滑膜ヒダの解剖学的検討. 日本肘関節学会. 2009 01 ; 東京. 日本肘関節学会雑誌. 2009; 16(1): S45.
  24. 大歳憲一, 宍戸裕章, 紺野愼一. ウェイトトレーニング後に発症した鎖骨遠位端骨溶解症–1例報告. 第58回東日本整形災害外科学会. 2009 09 11; 北海道. 東日本整災誌. 2009; 21(3): 363.
  25. 大歳憲一,菊地臣一, 関口拓矢1), 富永亮二, 中村結香子, 沼崎広法, 紺野愼一(1) 硬式野球部). ポータブル超音波装置を用いた青少年期野球肘検診. 第35回日本整形外科スポーツ医学会. 2009 09 25; 前橋. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 29(4): 239.
  26. 大橋寛憲, 青田恵郎, 紺野愼一. K-MAX Q-HIPステムのX線学的短期成績. 第36回日本股関節学会学術集会; 2009 10 30; 京都. 第36回日本股関節学会学術集会抄録. 264.
  27. 恩田 啓, 紺野愼一, 佐藤勝彦. 神経根障害を来たした骨粗鬆症性腰椎椎体骨折後の偽関節に対し手術を行った1例. 第30回東北骨代謝研究会. 2009 02 07; 仙台. Clinical Calcium. 2009; 19(6): 856.
  28. 笠原 諭1), 山本佳子1), 増子博文1), 大谷晃司, 紺野愼一, 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). うつ状態に合併した難治性の頭頚部痛に対してaripiprazoleが著効した1例. 第69回日本心身医学会東北地方会. 2009 09 12; 福島. 第69回日本心身医学会東北地方会プログラム・抄録集. 16.
  29. 加藤欽志, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂, MYERS Robert1), SHUBAYEV Veronica1)(1)  Univ. California). ラット坐骨神経損傷モデルにおけるTNF拮抗薬etanercept局所投与の効果. 第31回日本疼痛学会. 2009 07 16; 名古屋. PAIN RESEARCH. 2009; 24(2): 62.
  30. 川上 守1), 金森昌彦2), 菊地臣一, 紺野愼一, 嶋村 正3), 白土 修4), 星地亜都司5), 高橋和久6), 田口敏彦7), 竹下克志8), 田中靖久9), 谷 俊一10), 谷口慎一郎11), 千葉一裕12), 戸山芳昭12), 中井定明13), 廣田良夫14), 福井 充8), 宮本雅史15), 米延策雄16), 和田英路17)(1) 和歌山県立医科大学, 2) 富山大学, 3) 岩手医科大学, 4) 埼玉医科大学, 5) 自治医科大学, 6) 千葉大学, 7) 札幌医科大学, 8) 東京大学, 9) 東北中央病院, 10) 高知大学, 11) 名古屋大学, 12) 慶応義塾大学, 13) 藤田保健衛生大学, 14) 大阪市立大学, 15) 日本医科大学, 16) 大阪南医療センター, 17) 愛媛県立中央病院) . 日本整形外科学会外科頚部脊髄症評価票(JOACMEQ)を用いた患者評価と頚部脊髄症治療成績判定基準(JOA score)の関係について–頚椎椎間板ヘルニア, 頚椎症症例を用いて–. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 23; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会. 20(1):7.
  31. 川上亮一, 江尻荘一, 高橋洋子, 紺野愼一. 治療に難渋した先天性下腿偽関節症の治療経験–1例報告–. 第36回日本マイクロサージャリー学会. 2009 10 22; 徳島.
  32. 川上亮一, 江尻荘一, 紺野愼一. 前腕開放骨折(Gustilo分類TypeⅢB)に対する遊離鼠径皮弁による治療–2例報告–. 第35回日本骨折治療学会. 2009 07 03; 横浜.
  33. 川上亮一, 矢吹省司, 江尻荘一, 菊地臣一. 1)症例提示 尺骨神経前方移行術後にCRPS様の症状を呈した1例. 日本運動器疼痛研究会誌. 2009; 1(1):18.
  34. 川上亮一, 江尻荘一, 高橋洋子, 紺野愼一. 開放性前腕骨骨折(Gustilo分類TypeⅢ)の治療経験 The treatment of open forearm fractures. 第15回救急整形外傷シンポジウム. 2009 03 13; 北海道.
  35. 川上亮一. 開放性前腕骨骨折の治療経験–7例報告–. 第15回救急整形外傷シンポジウム. 2009 03 13; 北海道.
  36. 菊地忠志, 菊地臣一, 紺野愼一, 大歳憲一, 高橋直人, 吉田勝浩. フォンダパリヌスクは人工膝関節置換術後の出血を増加させるか–前向き研究–. 第82回日本整形外科学会学術総会. 2009 05 ; 福岡. 日整会誌; 2009; 83(3):S254.
  37. 北野尚子, 菊地臣一, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. 臼蓋カップ周囲の骨溶解による愁訴を来たしたセメントレスTHA–2例報告–. 第39回日本人工関節学会. 2009 02 13; 東京.
  38. 北野尚子, 菊地臣一, 紺野愼一, 田地野崇宏, 山田 仁. 脛骨に発生したadamantinoma–1例報告–. 東北整災誌. 2009; 53(1): 208.
  39. 北原雅樹1), 三木健司1), 川上亮一, 矢吹省司, 江尻荘一, 菊地臣一, 矢島弘毅2), 井関雅子3), 上野雄文4), 平 孝臣5)(1) 東京慈恵会医医科大学, 2) 名古屋掖済会病院, 3) 順天堂大学, 4) 国際医療福祉大学, 5) 東京女子医科大学). CRPSに対する各科のアプローチ–症例を通して 尺骨神経前方移行術後にCRPS様の症状を呈した1例. 第1回日本運動器疼痛研究会. 日本運動器疼痛研究会誌; 2009: 1(1): 18-20. 
  40. 小林 元1), 石川和信1), 福島哲仁1), 大谷晃司, 大戸 斉2), 錫谷達夫1), 藤田禎三1)(1) 医療人育成・支援センター, 2) 輸血・移植免疫部). 医学部定員増に伴う学生生活の影響に関する調査. 第41回日本医学教育学会大会. 2009 07 25; 大阪.
  41. 小林秀男, 菊地臣一, 沼崎広法, 大井剛太, 紺野愼一. 膝前十字靭帯再建術後での筋力回復不良例の検討. 第1回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会. 2009 06 26; 北海道. 第1回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会抄録集. 2009; 34(3): 261.
  42. 小林 洋, 関口美穂, 加藤欽志, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎椎間板ヘルニアにおけるセロトニンとTNF-αの相互作用. 第24回日本整形外科学会基礎学術集会. 2009 11 05; 横浜. 日整会誌. 2009; 83(8): S1207.
  43. 小林 洋, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司, 関口美穂, 関口泰史. 頚部脊髄症に対する自記式問診票の開発ー第2報ー. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 23; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 156.
  44. 小林 洋, 関口美穂, 加藤欽志, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎椎間板ヘルニアにおける セロトニンとTNF-αの相互作用. 第31回日本疼痛学会. 2009 07 18; 名古屋. PAIN RESEARCH. 2009; 24(2): 71.
  45. 小林 洋, 関口美穂, 加藤欽志, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎椎間板ヘルニアにおけるセロトニンとTNF-αの相互作用. 平成20年度生理学研究所研究会「筋・骨格系と内臓の痛み研究会」. 2009 01 23; 岡崎.
  46. 紺野愼一, 菊地臣一. 心理社会的要因 QOLと腰痛. 第82回日本整形外科学会学術総会. 2009 05 ; 福岡. 日整会誌. 2009; 83(3):S117.
  47. 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄におけるPAD(peripheral artery disease)合併例に関する研究. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 23; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 565.
  48. 齋藤弘晴, 青田恵郎, 大橋寛憲, 紺野愼一. 長期間放置された感染性人工骨頭・人工股関節の治験経験–3例報告–. 第107回東北整形災害外科学会. 2009 06 19; 新潟. 第107回東北整形災害外科学会プログラム抄録集. 123.
  49. 佐久間 潤1), 松本由香1), 安藤 等1), 粕谷泰道1), 佐藤 拓1), 佐々木達也1), 齋藤 清1), 矢吹省司, 紺野愼一(1) 脳神経外科学). 上位頚髄神経鞘腫の4例. 第33回福島脊椎脊髄疾患研究会. 2009 04 04; 福島.
  50. 佐々木信幸, 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. ラット髄核留置モデルにおけるアシアロエリスロポエチンの疼痛関連行動とp38MAPキナーゼに及ぼす効果. 第31回日本疼痛学会. 2009 07 16; 名古屋. PAIN RESEARCH. 2009; 24(2): 70.
  51. 佐々木信幸, 関口美穂, 紺野愼一. ラット髄核留置モデルにおけるエリスロポエチン誘導体の効果. 第7回 整形外科痛みを語る会; 2009 07 ; 福岡.
  52. 佐藤弘一郎, 小林利男1), 菊地臣一(1) 南東北福島病院). 骨・関節痛と歩行困難を主訴とした小腸・大腸切除後骨軟化症–1例報告–. 第53回日本リウマチ学会総会学術集会. 2009 04 25; 東京. 日本リウマチ学会総会学術集会,プログラム・抄録集. 469.
  53. 佐藤勝彦, 関口泰史, 朝熊英也, 小山光久, 山内一矢1)(1) やまうち整形外科クリニック). 片開き式頸椎脊柱管拡大術に於ける新規椎弓スペーサーの考案と臨床応用 高齢者の脆弱骨に対する適応. 第58回東日本整形災害外科学会; 2009 09 11; 北海道. 東日本整災誌. 2009; 21(3): 414.
  54. 佐藤弘一郎, 小林利男1), 菊地臣一(1) 南東北福島病院). 骨・関節痛と歩行困難を主訴とした小腸・大腸切除後骨軟化症–1例報告–. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会 第18回国際リウマチシンポジウム. 2009 04; 東京
  55. 澤村佳宏1), 菅野隆浩1), 大戸 斉1), NOLLET Kenneth1), 青田恵郎(1) 輸血・移植免疫部). 股関節手術自己血症例における保存前白血球除去の有用性の検討 血管エコー検査による深部静脈血栓症スクリーニングの試みから. 第58回日本輸血・細胞治療学会; 2009 11; 名古屋. 日本輸血細胞治療学会誌. 2009; 55(5): 651.
  56. 宍戸裕章, 紺野愼一. 腱板広範囲断裂に対する鏡視下大結節形成術-2例報告-. 第58回東日本整形災害外科学会. 2009 09 11; 北海道. 第58回東日本整形災害外科学会雑誌. 2009; 21(3): 359.
  57. 関根拓未, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也. 孤独性骨髄腫に伴う胸椎アミロイドーマ:1例報告. 東北整災誌. 2009; 53(1): 189.
  58. 高橋洋子, 紺野愼一, 江尻荘一, 川上亮一. 遊離組織移植におけるFlow-through型血行再建の治療成績. 第36回日本マイクロサージャリー学会学術集会. 2009 10 22; 徳島. 第36回日本マイクロサージャリー学会学術集会 抄録集. 109.
  59. 高橋洋子, 菊地臣一, 紺野愼一, 江尻荘一, 川上亮一. PIPコンパスヒンジ使用経験. 第52回日本手の外科学会. 2009 04 17; 東京. 日本手の外科学会雑誌. 2009; 26(1): S283.
  60. 高橋洋子, 江尻荘一, 川上亮一. 4指切断再接着の1例. 第23回福島手の外科学会; 2009 10 03; 郡山.
  61. 田口浩子, 岩渕真澄, 村上和也1)(1)福島赤十字病院). 最近経験した化膿性脊椎炎. 第8回運動器と痛み研究会. 2009 05 28; 福島.
  62. 武田 明, 紺野愼一, 田地野崇宏, 鹿山 悟1), 荒井 至1),  山口 研, 市地賢治1)(1) 総合南東北病院). 腫瘍様石灰化症のFDG-PET所見–1例報告–. 第42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会. 2009 07 16; 横浜. 日整会誌. 2009; 83(6): S962.
  63. 田地野崇宏, 紺野愼一, 菊地臣一, 山田 仁, 箱﨑道之, 武田 明. 骨・軟部腫瘍が疑われて当科を受診した悪性リンパ腫の画像所見. 第42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会. 2009 07 16; 横浜. 日整会誌. 2009; 83(6): S891.
  64. 立原久義, 菊地臣一, 紺野愼一, 宍戸裕章. 鏡視下肩峰下除圧術後に挙上障害を生じた腱板広範囲断裂–1例報告–. 東北整災誌. 2009; 53(1): 215-216.
  65. 千葉一裕1), 福井 充2), 川上 守3), 菊地臣一, 紺野愼一, 嶋村 正4), 白土 修5), 星地亜都司2), 高橋和久6), 田口敏彦7), 竹下克志2), 谷 俊一8), 戸山芳昭1), 宮本雅史9), 米延策雄10), 廣田良夫11)(1)慶應義塾大学, 2) 東京大学, 3) 和歌山県立医科大学, 4) 岩手医科大学, 5) 埼玉医科大学, 6) 千葉大学, 7) 山口大学, 8) 高知大学, 9) 日本医科大学, 10) 大阪南医療センター, 11) 大阪市立大学). 頚椎後縦靭帯骨化症に対する日本整形外科学会頚部脊髄症評価質問票(JOACMEQ)の有用性. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 23; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 8.
  66. 出沢 明1), 江原宗平2), 長谷川 徹3), 山縣正庸4), 吉田宗人5), 紺野愼一(1) 帝京大学, 2) 茅ヶ崎特州会病院, 3) 川崎医科大学, 4) 千葉労災病院, 5) 和歌山県立医科大学). 内視鏡外科学会における内視鏡腰部椎間板ヘルニア摘出術のガイドライン作成. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 23; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 339.
  67. 富永亮司, 沼崎広法, 大井剛太, 小林秀男, 紺野愼一. 急性膝関節炎を呈した家族性地中海熱症-1例報告-. 第107回東北整形災害外科学会. 2009 06 19; 新潟. 第107回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 132.
  68. 長倉 栄, 菊地臣一, 宍戸裕章, 大歳憲一, 紺野愼一. 非定型抗酸菌症による右肩関節炎–1例報告–. 第36回日本肩関節学会. 2009 10 09; 山形. 肩関節. 2009; 34(1): 109.
  69. 中村結香子, 紺野愼一. 内視鏡下に切除した頚椎椎間関節部類骨骨腫–1例報告–. 第19回東北脊椎外科研究会. 2009 01 ; 宮城. 第19回東北脊椎外科研究会 抄録集. 9.
  70. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 渡邉和之. 腰部脊柱管狭窄におけるMRIの特徴–硬膜管横断面積の疫学的検討–. 第82回日本整形外科学会学術総会. 2009 05 14; 福岡. 日整会誌. 2009; 83(3): S560.
  71. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 渡邉和之. 日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOACMEQ)による腰椎手術の評価-脊椎症と変性すべり症に対する除圧術の比較-. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 ; 神戸.日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 19.
  72. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 紺野愼一, 笠原 諭1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 慢性腰痛に対するリエゾンアプローチ. 第17回日本腰痛学会. 2009 11; 東京.
  73. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 胸椎部硬膜内に腫瘤を形成した乳癌転移性腫瘍–1例報告–. 東北整災誌. 2009; 53(1): 232.
  74. 沼崎広法, 菊地臣一, 紺野愼一, 大井剛太, 大歳憲一. 人工膝関節術後感染に対する二期的再置換術-術後成績-. 第1回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会. 2009 06 26; 北海道. 第1回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会抄録集. 2009; 34(3): 190.
  75. 沼崎広法, 大井剛太, 紺野愼一. 治癒まで計8回の手術を要した遅発性血行性人工膝関節感染ー1例報告ー. 第107回東北整形災害外科学会. 2009 06 19; 新潟. 第107回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 134.
  76. 萩野精太, 武田浩一郎. 尾部退行症候群の両股関節脱臼に対して観血的整復術を行った1例. 東北小児整形外科研究会(発足記念研究会). 2009 10 24; 仙台.
  77. 箱﨑道之, 田地野崇宏, 山田 仁, 菊地臣一, 紺野愼一, 橋本優子1)(1) 病理部). 三角筋内に生じた孤発型Castleman病–1例報告–. 第42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会. 2009 07 16; 横浜. 日整会誌. 2009; 83(6): S962.
  78. 橋本慶太. 特発性凹足の治療経験–1例報告–. 日本足の外科学会. 2009 06 19; 東京. 日本足の外科学会雑誌. 2009; 30(1): S84.
  79. 福田宏成, 紺野愼一, 江尻荘一. 小皮切を用いた手根管開放術における再手術例の検討–6例報告–. 第107回東北整形災害外科学会. 2009 06 19; 新潟. 第107回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 87.
  80. 松尾洋平, 菊地臣一, 田地野崇宏, 山田 仁. 化膿性仙腸関節炎–1例報告–. 東北整災誌. 2009; 2009; 53(1): 187.
  81. 松本健一郎, 川上亮一, 江尻荘一, 高橋洋子, 紺野愼一. 前腕骨開放骨折後の遷延癒合に対して血管柄付き腓骨頭移植術を行った1例. 第35回日本骨折治療学会; 2009 07 04; 横浜. 骨折. 31:S251.
  82. 宮川 智, 宍戸裕章, 長倉 栄, 紺野愼一. 腕神経叢損傷を合併した外傷性肩関節直立脱臼ー1例報告ー. 第107回東北整形災害外科学会. 2009 06 19; 新潟. 第107回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 82.
  83. 三好晋爾1), 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一, 金谷文則1)(1)琉球大学). ラット髄核留置モデルにおける疼痛関連行動と血管新生因子の発現の関与. 第24回日本整形外科学会基礎学術集会. 2009 11 05; 横浜. 日整会誌. 2009; 83(8): S1206.
  84. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一. 環椎後弓切除に関する椎骨動脈溝の定量的研究. 第58回東日本整形災害外科学会; 2009 09 11; 北海道. 東日本整災誌. 2009; 21(3): 335.
  85. 矢吹省司, 大内一夫, 菊地臣一. リハビリテーションは患者のQOLを短期間で改善できるか–大学病院における検討–. 第82回日本整形外科学会学術総会. 2009 05; 福岡. 日整会誌. 2009; 83(2): S247.
  86. 矢吹省司, 菊地臣一. 肩こりに対する全身運動と温浴の効果. 第82回日本整形外科学会学術総会.2009 05; 福岡. 日整会誌. 2009; 83(3): S466.
  87. 矢吹省司, 菊地臣一, 横山敦子1), 永田まゆみ1)(1) INAX総合技術研究所). 肩こりに対する有効な治療法の開発. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 121.
  88. 矢吹省司, 大内一夫, 紺野愼一, 菊地臣一. 運動器リハビリテーションは, 患者のQOLを短期間で改善できるか?–大学病院における検討–. 第46回日本リハビリテーション医学会学術集会. 2009 06 04; 静岡. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2009; 46(Suppl.): S207.
  89. 矢吹省司, 大内一夫, 紺野愼一, 菊地臣一. リハビリ施設の有無によって患者のQOLや機能改善に差はでるのか?ー整形外科疾患に対する検討ー. 第21回日本運動器リハビリテーション学会. 2009 07 11; 東京. 運動療法と物理療法. 2009; 20(2): 170.
  90. 矢吹省司, 菊地臣一. 神経根ブロックはQOLを改善できるか?–RDQとSF36を用いた検討–. 日本腰痛学会雑誌. 2009; 15(1): 205-206.
  91. 矢吹省司, 紺野愼一. 頚椎内視鏡手術-経験からわかってきた適応と限界-. 第22回日本内視鏡外科学会総会. 2009 12 04; 東京. 日本内視鏡外科学会プログラム・抄録集. 207. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2009; 14(7): 207.
  92. 山田 仁, 菊地臣一, 紺野愼一, 田地野崇宏. 悪性骨腫瘍の発生が認められた家族性diaphyseal medullary stenosisの1家系. 第42回日本整形外科学会 骨・軟部学術集会. 2009 07 16; 横浜. 日整会誌. 2009; 83(6): S987.
  93. 山田 仁, 田地野崇宏, 箱﨑道之, 田崎和洋1), 渡邊一男2)(1) 病理部, 2)福島病理研究所). 左膝窩部軟部腫瘍. 第16回東北地区骨軟部腫瘍研究会. 2009 10 03; 山形.
  94. 山家勝利, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也. 術後15年で再発が認められた胸椎部硬膜から発生した悪性黒色腫–1例報告–. 東北整災誌. 2009; 53(1): 186-187.
  95. 吉田勝浩. 大腿骨骨折に伴う坐骨神経麻痺に対する腓腹神経ケーブル移植の1例. 第15回救急整形外傷シンポジウム. 2009 03 13; 北海道.
  96. 吉田勝浩, 菊地臣一, 矢吹省司, 青田恵郎, 大橋寛憲. 大腿骨頭後方回転骨切り術により関節を温存し得た外傷性大腿骨頭壊死症–1例報告–. 東北整災誌. 2009; 53(1):177-178.
  97. 吉田勝浩. BS-POPの計量心理学的検証 A validation study of Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients (BS-POP) for patients with chronic low back pain Part 1. 第420回福島医学会学術集会. 2009 10 22; 福島.
  98. 渡邉和之, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 二階堂琢也. 腰仙椎部退行性疾患の術後成績への心理的要因の関与–術前SF-36スコアと術後の症状改善の関係–. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 23; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 27.
  99. 渡邉和之, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 紺野愼一. 胸椎硬膜内髄外に発生した悪性黒色腫の一例. 第33回福島脊椎脊髄疾患研究会. 2009 04 04; 福島.

シンポジウム

  1. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一. シンポジウム2 四肢のシビレ感 運動器疾患や四肢切断術後の遺残性しびれの病態と治療. 第21回日本運動器リハビリテーション学会. 2009 07; 東京. 運動療法と物理療法. 2009; 20(2): 123.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 福原俊一1), 小野 玲1), 竹上未紗1), 鈴鴨よしみ1)(1)京都大学). 日本人における頸部愁訴の個人あるいは社会に与えるインパクトに関する調査. 第82回日本整形外科学術集会; 2009 05 ; 福岡. 日整会誌. 2009; 83(2): S101.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 恩田 啓, 二階堂琢也, 紺野愼一. 神経根ブロックによる腰痛と殿部痛の分析–腰仙椎部退行性疾患による下肢痛を有する症例での検討–. 第17回日本腰痛学会. 2009 11; 東京.
  4. 大谷晃司. 骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節の病態と治療. 第107回東北整形災害外科学会学術集会. 2009 06 ; 新潟.
  5. 神野哲也1), 青田恵郎, 阿部 功2), 杉山 肇3), 福田寛二4), 久保俊一5)(1)東京医科歯科大学, 2)千葉医療センター, 3)神奈川リハビリテーション病院, 4)近畿大学, 5)京都府立大学). 変形性股関節症ガイドライン–病態–. 第82回日本整形外科学会学術総会; 2009 05 15; 福岡. 日本整形外科学会誌. 82(3):S341.
  6. 紺野愼一. 体幹筋からみた腰痛. 第19回腰痛シンポジウム. 2009 03 01; 東京. 第19回腰痛シンポジウム腰痛症を見直す. 講演記録集: 31-36.
  7. 紺野愼一. シンポジウム:「各科から見た骨粗鬆症の診断と治療-最近の進歩-」. 第30回東北骨代謝研究会. 2009 02 07; 仙台.
  8. 紺野愼一. 脊椎疾患における痛みに対する治療のターゲット. The 2nd Swiss-Japanese Spine Research Symposium–脊椎疾患における痛みに対する治療のターゲット–. 2009 04 12; 福島.
  9. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎疾患(椎間板ヘルニア)患者をいかに早期にスポーツ復帰させるか? 腰椎椎間板ヘルニア患者をいかに早期にスポーツ復帰させるか? ブロック療法の効果. 第35回日本整形外科スポーツ医学会学術集会. 2009 09 25; 前橋. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2009; 29(4): 227.
  10. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 渡邉和之.日本整形外科学会腰痛評価質問票(JOACMEQ)による腰椎手術の評価–脊椎症と変性すべり症に対する除圧術の比較–. 第38回日本脊椎脊髄病学会. 2009 04 23; 神戸. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2009; 20(1): 19.
  11. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 紺野愼一, 笠原 諭1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). パネルディスカッション3 慢性腰痛の病態に合致した保存療法(薬物治療、リエゾン医学を含む)・運動療法 慢性腰痛に対するリエゾンアプローチ. 第17回日本腰痛学会. 2009 11 21; 東京. 第17回日本腰痛学会プログラム・抄録集. 87.

 

特別講演

  • 青田恵郎. 変形性股関節症の診断と治療. 東北リウマチの会; 2009 01 25; 山形.
  • 青田恵郎. 人工股関節・再置換術の進歩~一人でも多くQOLの改善を~. 会津医学会; 2009 03 26; 会津若松.
  • 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄–QOLに与える影響–. 滋賀県腰痛疾患セミナー2009 日本整形外科学会教育研修講演. 2009 02; 草津.
  • 大谷晃司. 最近の臨床経験から–骨粗鬆症関連, 脊椎疾患を中心に–. 骨粗鬆症講演会. 2009 06; 郡山.
  • 大谷晃司. 診断の落とし穴, リエゾン診療. 第2回腰部脊柱管狭窄研究会. 2009 06; 東京.
  • 大谷晃司. 整形外科医がリエゾン診療をお願いするとき–福島医大整形外科での経験–. 第1回いわき心とからだの医療セミナー. 2009 07; いわき.
  • 大谷晃司. BS-POP Validation Study中間報告. 脊椎と神経を語る 痛みと心フォーラム. 2009 08; 東京.
  • 大谷晃司. 高齢化社会と運動器疾患-診察室から出てわかったことを中心に. 第52回秋田県臨床整形外科医会特別講演. 2009 10; 秋田. 
  • 大谷晃司. 骨粗鬆症の薬物治療の実際. 福島臨床医学術講演会 臨床講演. 2009 11; 福島.
  • 菊地臣一. 会長講演(基調講演)運動器の痛みをどう捉えるか–腰痛の診療現場からの考察–. 日本運動器疼痛研究会誌. 2009; 1(1): 7. 
  • 菊地臣一. 整形外科疾患について. 社会保険診療報酬支払基金 特別審査委員会 職員研修. 2009 01; 東京.
  • 菊地臣一. オピオイドによる鎮痛療法–海外における慢性疼痛に対する使用状況–. 第2回JNS020QD-JPN-N01治験研究会. 2009 02; 東京.
  • 菊地臣一. 今、病院は改革を求められている–地域医療を守るため我々はどう対応するのか–. 地域医療を考える講演会. 2009 02; 須賀川.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 日本医師会生涯教育講座. 2009 03; 東京.
  • 菊地臣一. 地域医療を守るため、我々はどう対応するのか. 第26回寿泉堂病院公開医学講座. 2009 05; 郡山.
  • 菊地臣一. ランチョンセミナー5 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第44回日本理学療法学術大会. 2009 05; 東京. 理学療法学. 2009; 36(Suppl.1): 201.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 平成21年度東京麻酔専門医会リフレッシャーコース. 2009 07; 東京.
  • 菊地臣一. 会長講演 海外における慢性疼痛に対するオピオイドの使用状況. 第1回「腰と膝とオピオイドの会」. 2009 08; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛–その不思議なるもの–. 高岡整志会病院夏季特別講演会. 2009 08; 富山.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略-. ケア・ワークモデル研究会第3回学術総会. 2009 09; 福岡.
  • 菊地臣一. 神経性間欠跛行–鑑別と治療–. 腰部脊柱管狭窄症と血管疾患学術講演会. 2009 09; 岐阜.
  • 菊地臣一. 腰痛–その不思議なるもの–. 松戸整形外科医会教育研修講演会. 2009 09; 松戸.
  • 菊地臣一. 腰痛–その不思議なるもの–. 第9回和歌山県地域医療フォーラム2009 和歌山県立医科大学整形外科学教室開講60周年記念 運動器の10年・骨と関節の日記念行事 市民公開講座. 2009 09; 和歌山.
  • 菊地臣一. 医の倫理. 平成21年度寿泉堂綜合病院 医の倫理研修会. 2009 09; 郡山.
  • 菊地臣一. 神経性間欠跛行-鑑別と治療-. 第5回血管運動療法研究会・学術集会. 2009 10; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第28回整形外科カレントコンセプト. 2009 10; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第5回社団法人日本鍼灸師会全国大会. 2009 10; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛–その不思議なるもの–. 市民公開講座 2009年運動器の10年・骨と関節の日. 2009 10; 徳島. 
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–EBMと誤診例からの検討–. 平成21年度北信整形外科医会秋期教育研修会. 2009 10; 長野.
  • 菊地臣一. これからの医療を担う君達へ. 安積高等学校医学部医学科志望者対象講演会. 2009 10; 郡山.
  • 菊地臣一. 腰痛–その不思議なるもの–. 厚生労働科学研究費研究成果等普及啓発事業 医療機器の歴史と進歩に関する講演会. 2009 11; 郡山.
  • 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療. 第33回関東・甲信越MMC研究会. 2009 10; 東京.
  • 菊地臣一. 基調講演 海外における慢性疼痛に対するオピオイドの使用状況. 運動器慢性疼痛治療に対するオピオイドの適応を考える会. 2009 11; 横浜.
  • 菊地臣一. 神経性間欠跛行–鑑別と治療–. 第3回岡山「間欠跛行」フォーラム. 2009 11; 岡山.
  • 菊地臣一. 今、病院は改革を求められている-地域医療を守るため我々はどう対応するのか-. 福島県臨床整形外科医会及び日整会教育研修会. 2009 11; 郡山.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療. 愛知県整形外科医会教育研修会. 2009 01 24; 愛知. 
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療. 第3回福島県南地区整形外科研究会. 2009 02 13; 福島.
  • 紺野愼一. 小児の整形外科疾患について~単純性股関節炎, ペルテス病, 外骨腫, 腰椎分離すべり症~. 平成20年度2月臨床研修講演会. 2009 02 15; 福島.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診断と治療. 腰部脊柱管狭搾セミナー. 2009 03 06; 北海道.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診断と治療. Spine forum in Mie. 2009 03 12; 三重.
  • 紺野愼一. Pain and dopamine system. Fukushima International Seminar 2009; 2009 03 16; 福島.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する最近の話題. 第11回信州脊椎脊髄疾患研究会. 2009 03 28; 長野.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療. 福島県臨床整形外科医会学術講演会. 2009 04 04; 福島.
  • 紺野愼一. 腰痛-最近の動向~診断と評価~. 平成21年度前期学術研修会. 2009 04 19; 福島.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛のトピックス. 福島市外科・整形外科医会総会. 2009 05 19; 福島. 
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療. 第3回南日本腰痛研究会. 2009 05 22; 鹿児島.
  • 紺野愼一. 全国調査(中間報告). 第2回腰部脊柱管狭窄講演会 末梢血管障害合併例をどうすべきか. 2009 06 06; 東京.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診療戦略. 第75回集談会. 2009 06 11; 福島.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の最近の話題-分子生物学的考察-. 第83回東京医科歯科大学整形外科集談会. 2009 07 05; 東京.
  • 紺野愼一. 腰痛に対する治療戦略. 福相整形外科懇話会. 2009 07 10; 福島.
  • 紺野愼一. 腰痛:最近のトピックスと診断・治療の実際. 平成21年度 福島県国保地域医療学会. 2009 07 18; 福島.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の発生機序と最新治療. 第6回しまね整形外科変性疾患研究会. 2009 07 23; 島根. 
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態. 第7回びわこ脊椎セミナー. 2009 07 25; 滋賀.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛のトピックス. 第123回総合南東北病院Medical Conference 講演会. 2009 08 04; 宮城.
  • 紺野愼一. ランチョンセミナー. 第9回太平洋アジア低侵襲脊椎外科学術集会; 2009 08 07; 大阪.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態-ドーパミン・オピオイドシステム-. 第1回腰と膝とオピオイドの会. 2009 08 08; 東京.
  • 紺野愼一. 腰椎疾患の診断と治療Ⅱ(ヘルニア・LCSを除く). 第7回日本整形外科学会脊椎脊髄病医研修プログラム. 2009 08 23; 東京.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する最新の話題–基礎から臨床へ–. 第6回和歌山骨関節靭帯フォーラム. 2009 08 27; 和歌山. 
  • 紺野愼一. 腰椎変性疾患に対する判断と治療. 第4回山形脊椎懇話会. 2009 08 29; 山形.
  • 紺野愼一. 骨粗鬆症に伴う腰痛の病態と治療. 第10回骨粗鬆症特別講演会. 2009 09 09; 長崎.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態-dopamine system-. 第69回日本心身医学会東北地方会. 2009 09 12; 福島. 第69回日本心身医学会東北地方会プログラム・抄録集.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄症におけるPAD合併例の検討–日本脊椎脊髄病学会主導研究 中間報告を踏まえて–. PAD・SCSセミナー. 2009 10 03; 東京.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する分子生物学的考察ー理学療法における新たな治療戦略ー. 第5回日本腰痛理学療法研究会. 2009 10 04; 名古屋.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の最近の話題. 第69回山口県臨床整形外科医会教育研修会. 2009 10 17; 山口.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に関するトピックス–分子生物学的考察–. 第67回山形整形外科研究会講演会. 2009 10 24; 山形.
  • 紺野愼一. 慢性頭痛の発生秩序–最近のTOPICS–. 運動器慢性頭痛治療アドバイザリーミーティング. 2009 11 05; 横浜.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療. LBP(腰痛症)seminar in Nara 2009. 2009 11 14; 奈良.
  • 紺野愼一. 外傷性頚部症候群のトピックス. 第71回福島方部整形外科医会. 2009 11 26; 福島.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛とdopamine system. 第64回神奈川脊椎脊髄研究会. 2009 12 04; 神奈川.

 

招待講演

  • 江尻荘一. マイクロサージャリーを用いた整形外科疾患の治療. モーラスパップ30mg発売20周年記念講演会. 2009 01 28;福島.
  • 菊地臣一. 腰痛・パラダイムシフト–新たな概念はアウトカムを改善できるか–. 第24回日本整形外科学会基礎学術集会. 2009 11; 横浜. 日整会誌. 2009; 83(8): S1165.
  • 菊地臣一. 追悼講演 次代を担う整形外科医へ-脊椎外科医からのメッセージ-. 服部メモリアルレクチャー. 2009 12; 山口.
  • 紺野愼一. 外傷性頚部症候群. 第58回東日本整形災害外科学会. 2009 09 11; 北海道. 第58回東日本整形災害外科学会雑誌. 2009; 21(3): 261.
  • 紺野愼一. 1)診断サポートツール2)腰椎椎間板ヘルニアの鑑別診断3)腰椎椎間板ヘルニアの治療方法4)腰部脊柱管狭窄の診断と治療5)非特異的腰痛の病態6)非特異的腰痛に対する最新治療. 実地医家のための最新・腰痛と膝痛その診断と治療. 2009 09 20; 東京. 
  • 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 恩田 啓, 紺野愼一, 笠原 諭1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). パネルディスカッション3 慢性腰痛の病態に合致した保存療法(薬物治療、リエゾン医学を含む)・運動療法 慢性腰痛に対するリエゾンアプローチ. 第17回日本腰痛学会. 2009 11; 東京.
  • 箱﨑道之. 整形外科とNSAIDs–基礎と臨床–. 南会津郡薬剤師会講演会. 2009 06 19; 南会津町. 

 

その他

  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態. ヤンセンファーマ株式会社社内勉強会. 2009 08 28; 福島.
  • 田地野崇宏. 骨軟部腫瘍の化学療法. 協和発酵キリン社内勉強会. 2009 06 24; 福島.

 

学会賞等の受賞

  • 国際腰椎学会日本支部. 国際腰椎学会日本支部奨励賞. The absence of pain intensity coding in the cerebral matrix for low back pain ; a functional MRI ?小林義尊.
  • 日本疼痛学会. 日本疼痛学会優秀論文賞. The absence of pain intensity coding in the cerebral matrix for low back pain ; a functional MRI ?小林義尊.

 

諸研究費補助金研究課題

  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金/厚生科学基盤研究分野 医療技術実用化総合研究事業:高悪性度骨軟部腫瘍に対するカフェイン併用化学療法の臨床使用確認試験(第II相試験):土屋弘行:田地野崇宏他
  •  厚生労働省:厚生労働省科学研究費補助金/疾病・障害対策研究分野 こころの健康科学研究事業:脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究:嘉山孝正:有賀 徹, 宇川義一, 喜多村孝幸, 篠永正道, 高安正和, 西尾 実, 橋本信夫, 畑澤 順, 馬場久敏, 深尾 彰, 細矢貴亮, 吉峰俊樹, 吉本智信, 井田正博, 加藤真介, 紺野愼一
  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金/ 厚生科学基盤研究分野 医療技術実用化総合研究(臨床研究基盤整備推進研究):実現・持続可能性ある臨床研究フェローシップ構築研究:福原俊一:紺野愼一
  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金/疾病・障害対策研究分野 長寿科学総合研究:腰痛の診断、治療に関する研究「腰部脊柱管狭窄症の診断・治療法の開発」:高橋和久:紺野愼一
  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金/疾病・障害対策研究分野 長寿科学総合研究:腰痛の診断、治療法に関する研究:痛み・しびれの可視化技術の確立並びに、MRIを用いた脊髄投射路及び末梢神経イメージング法の確立:戸山芳昭:紺野愼一
  • 社団法人日本整形外科学会:日本整形外科学会プロジェクト研究事業:腰痛における疼痛関連脳活動(functional MRI)と簡易質問票(BS-POP)の計量心理学的検証–前向き研究–:紺野愼一:倉田二郎, 鹿山 悟, 荒井 至, 関口美穂, 丹羽真一, 菊地臣一
  • 国内共同研究:福岡大学病理学教室:悪性末梢神経鞘腫におけるPDGFR-βの発現とimatinib mesylateによる治療の可能性について:箱﨑道之

その他

  • 大谷晃司. 第17回日本腰痛学会特集記事. Medical Tribune. 2009; 42(52-53): 61.
  • 大谷晃司. 座談会 慢性腰痛の病態と治療. The Spine perspective. 2009; 6: 1-6.
  • 大谷晃司. 福島県立医科大学大学医師会会報巻頭言 医療人育成・支援センター 臨床医学教育研修部門の活動のご紹介. 福島県立医科大学大学医師会会報. 2009 09; 84.
  • 大谷晃司. 地方(地域)の医師確保問題について思うこと. 整形外科. 2009; 60: 642.
  • 大谷晃司, 菊地臣一. シリーズ 難治性腰痛における治療戦略 総論 難治性腰痛の原因とその対策ー特に非器質的腰痛についてー. 整形外科(ヤンセンファーマ株式会社提供ページ). 2009; 60: np1-np7.
  • 大谷晃司,菊地臣一,紺野愼一(監修). 腰部脊柱管狭窄と診断された住民の約43%が翌年も症状を継続していた-南会津スタディ-(リーフ)(企画・制作:小野薬品工業株式会社). 2009.
  • 大谷晃司,菊地臣一,紺野愼一(監修). 腰部脊柱管狭窄の頻度は加齢と共に増大し、60歳以上の住民の約20%以上にみられた-南会津スタディ-(リーフ)(企画・制作:小野薬品工業株式会社). 2009.
  • 菊地臣一(翻訳・監修). 監修のことば. 2009. AAOS Orthopaedic Surgery DVD Library No.41 TLIF:経椎間孔腰椎椎体間固定術(企画:アステラス製薬株式会社 制作:株式会社ジャパンメディアートパブリッシング).
  • 菊地臣一(和訳監修). 「腰痛の診断と治療」ならびに「オピオイド治療」ガイドライン紹介(久光製薬株式会社). 2009.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 2005 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.6(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2009.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 2005 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.7(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2009.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 2005 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.8(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2009.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 2005 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.9(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2009.
  • 菊地臣一(監修). THE BACK LETTER No.55. 2009.
  • 菊地臣一(監修). THE BACK LETTER No.56. 2009.
  • 菊地臣一(監修). THE BACK LETTER No.57. 2009.
  • 菊地臣一(監修). THE BACK LETTER No.58. 2009.
  • 菊地臣一(監修). シリーズ 難治性腰痛における治療戦略(提供:ヤンセン ファーマ株式会社) 第2回 難治性腰痛の病態 山下敏彦,村上孝徳. 整形外科. 2009; 60(5): np1-np6.
  • 菊地臣一(監修). シリーズ 難治性腰痛における治療戦略(提供:ヤンセン ファーマ株式会社) 第3回 難治性腰痛に対する集学的アプローチ-精神科の立場から- 笠原 諭,丹羽真一. 整形外科. 2009; 60(8): np1-np8.
  • 菊地臣一(監修). シリーズ 難治性腰痛における治療戦略(提供:ヤンセン ファーマ株式会社) 第4回 難治性腰痛に対する集学的アプローチ ペインクリニックの立場から-ブロック療法の適応と限界- 井関雅子. 整形外科. 2009; 60(11): np1-np6. 
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ⑥他部位から引き起こされる痛み(膝)(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2009 . 
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ⑦他部位から引き起こされる痛み(腫瘍)(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2009.
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ⑧臨床検査値の評価不足-原発性骨粗鬆症との鑑別-(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2009 .
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ⑨産婦人科疾患から引き起こされる腰痛(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2009.
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ⑩「腰」、「腰痛」の認識違いへの留意(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2009.
  • 菊地臣一(監修). 日本臨床内科医会 企画・監修DVD プライマリ ケアにおける最新の腰痛診療-非特異的腰痛を中心に-(久光製薬株式会社). 2009.
  • 菊地臣一(出演). 頑固な腰痛 これで解決!2009 12 09. NHKゆうどきネットワーク(放送).
  • 菊地臣一(司会). 座談会 東北地方における骨粗鬆症治療の実態と新規ビスホスホネート製剤が果たす臨床的役割. Medical Tribune. 2009; 第3部 2009年9月10日 特別企画(提供:アステラス製薬株式会社): 1-4.
  • 菊地臣一(紹介者). 葉っぱのフレディ-いのちの旅-. 元気ッズ!ふくしま. 2009; 第7号.
  • 菊地臣一(回答者). 整形外科 Q椎間板ヘルニアと診断。手術をすすめられているが…. すこやかファミリー. 2009; 4月号: 31. 
  • 菊地臣一. 巻頭言 セレコックス®への期待. Astellas Square. 2009; 5(5): 4.
  • 菊地臣一. 私の座右銘 第376回 表紙の人. CLINICIAN. 2009; 56(579).
  • 菊地臣一. <コラム>これからの腰痛治療.  NHKスペシャル 病の起源. 2009; 1: 132-133.
  • 菊地臣一. Evidence 「整形外科プライマリ・ケアとEBM」 慢性非特異的腰痛管理-ヨーロピアンガイドライン-. Primary Care Frontier. 2009; 5(1): 14-15.
  • 菊地臣一. 序文. 運動器の痛みプライマリケア 腰背部の痛み. 2009.
  • 菊地臣一,小川節郎1)(1) 日本大学). 坐骨神経痛-なぜ起こる・どう治す-. きょうの健康. 2009; 6月号: 99-108.
  • 菊地臣一. 腰痛-痛みをやわらげる話-. 月刊基金. 2009; 4月号: 12.
  • 菊地臣一. 地域医療を考える講演会の概要紹介「いま、病院は改革を求められている」-我々はどう対応するのか-. 広報すかがわ. 2009; 4月号: 12-13.
  • 菊地臣一. 会長講演 海外における慢性疼痛に対するオピオイドの使用状況. 第1回腰と膝とオピオイドの会. 2009; 3-4.
  • 菊地臣一. 福島県立医科大学「心」「知」「技」「和」を育む医療人養成. 公立大学. 2009; 10.
  • 菊地臣一. 特別インタビュー 最先端の医療を提供・開発しケアの出来る医療人を育成. 財界ふくしま. 2009; 4月号: 88-91.
  • 菊地臣一. 「志らぎく」第29号の発刊に寄せて. 志らぎく. 2009; 第29号: 3.
  • 菊地臣一. 名医のセカンドオピニオン 腰痛の原因解明と治療は発展途上. 週刊朝日. 2009; 5月22日号: 96.
  • 菊地臣一. 特別インタビュー 経営の効率性と健全性を高め、大学としての自治を確立する. 政経東北. 2009; 4月号: 134-135.
  • 菊地臣一. 竹之下誠一教授就任10周年に寄せて. 之下誠一教授就任十周年記念業績集. 2009; 5-6.
  • 菊地臣一. 日本医師会生涯教育講座 腰痛の新しい考えかたと治療法 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略. 都医ニュース. 2009; 第516号: 6.
  • 菊地臣一. ヒーローの肖像. 日経メディカル. 2009; 1月号: 181-183.
  • 菊地臣一. 書評 腰痛 知る 診る 治す. 日本医事新報. 2009; No.4432: 100.
  • 菊地臣一. 巻頭言 日本運動器疼痛研究会の設立に寄せて-一臨床家の歩みからみた痛み-. 日本運動器疼痛研究会誌. 2009; 1(1): 1-3.
  • 菊地臣一. 理事長兼学長就任のご挨拶. 光が丘第38号 福島県立医科大学医学部同窓会報. 2009; 21-22.
  • 菊地臣一. 「夢」. 飛行船 平成20年度 福島県総合衛生学院. 2009.
  • 菊地臣一. ごあいさつ. 福島県立医科大学アニバーサリー2008記念誌. 2009; 1.
  • 菊地臣一. 第1部記念式典 理事長式辞. 福島県立医科大学アニバーサリー2008記念誌. 2009; 11-12.
  • 菊地臣一. 第1部記念式典 特別企画2 座談会「知事と語る福島県立医科大学の未来」. 2009; 福島県立医科大学アニバーサリー2008記念誌. 2009; 19-32.
  • 菊地臣一. 第2部成果発表会&記念コンサート 式辞. 福島県立医科大学アニバーサリー2008記念誌. 2009; 57-58.
  • 菊地臣一. 第2部成果発表会&記念コンサート 特別企画 1学生プレゼンテーション 講評. 福島県立医科大学アニバーサリー2008記念誌. 2009; 72-73.
  • 菊地臣一. 紺野愼一先生の教授就任を祝って. 福島県立医科大学医学部整形外科同門会誌. 2009; 第21号: 9-10.
  • 菊地臣一. 平成21年4月6日 福島県立医科大学入学式 学長式辞. 福島県立医科大学々報. 2009; 第86号: 2.
  • 菊地臣一. 入寮の勧め. 福島県立医科大学学生寮 2009年度 寮案内. 2009; 12-13.
  • 菊地臣一. 同窓会会員名簿発行にあたって. 福島県立総合衛生学院 同窓会名簿(平成21年度発行). 2009; 3.
  • 菊地臣一. 特集「脊椎・脊髄損傷 Ⅰ」によせて. ペインクリニック. 2009; 30(5): 571-572.
  • 菊地臣一. 特集「脊椎・脊髄損傷 Ⅱ」によせて. ペインクリニック. 2009; 30(6): 725-726.
  • 菊地臣一. 特集「関節の痛み Ⅰ.診断」によせて. ペインクリニック. 2009; 30(10): 1305-1306.
  • 菊地臣一. 特集「関節の痛み Ⅱ.診断」によせて. ペインクリニック. 2009; 30(11): 1471-1472.
  • 菊地臣一. 原因が明確な腰痛はわずか15%!あなたの痛みの真の原因がわかる簡単診断法. ゆほびか. 2009; 4月号: 72-73.
  • 菊地臣一. しつこい腰痛の原因はストレスだった!慢性の痛みもウォーキングで解消できる. ゆほびか. 2009; 4月号: 74-75.
  • 菊地臣一. 職場の悩み・いじめ・家庭問題を解決したとたんに腰痛が消えた症例報告が続々!ゆほびか. 2009; 4月号: 76-77.
  • 菊地臣一. あとがき. 臨整外. 2009; 44(6): 632.
  • 菊地臣一. 編集にあたって. 臨床力up! Refresher Course 1 理論がわかる! 実践できる! 非特異的腰痛のプライマリ・ケア. 2009; ⅲ-ⅳ.
  • 菊地臣一. 腰椎の空洞が狭まり神経が圧迫されて足腰に激痛の走る難治の腰痛[脊柱管狭窄症]が急増. わかさ. 2009; 7月号別冊付録: 3.
  • 菊地臣一. 脊柱管狭窄症は五十歳以上の中高年に増え、椎間板の変形やすべり症のある人に多発. わかさ. 2009; 7月号別冊付録: 4-5.
  • 菊地臣一. 足腰がしびれ百メートル歩けない、残尿感・尿もれがあるなど脊柱管狭窄症が疑われるのはこんな人. わかさ. 2009; 7月号別冊付録: 6-7.
  • 菊地臣一. 前かがみ・ひざ立て睡眠・自転車移動など脊柱管狭窄症の痛み・しびれが和らぐ生活のコツ一覧. わかさ. 2009; 7月号別冊付録: 10.
  • 菊地臣一. 腰椎の空洞が狭まり神経が圧迫され、足腰にしびれや激痛の起こる[脊柱管狭窄症]が急増. わかさ. 2009; 12月号: 50-51.
  • 菊地臣一. 脊柱管狭窄症は数タイプがあり難治型では牽引やコルセットなど通常治療がほとんど効かない. わかさ. 2009; 12月号: 52.
  • 菊地臣一. 脊柱管狭窄症になると続けて長く歩けない[間欠性跛行]が多発し防ぐには前かがみ姿勢を取れ. わかさ. 2009; 12月号: 53.
  • 紺野愼一. 腰痛スペシャル~腰痛をめぐる常識の嘘2009腰痛治療最前線. テレビ朝日番組「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」 ; 2009 02 17; 東京.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の最近の知見. ㈱日経ラジオ(ラジオNIKKEI); 2009 01 16; 東京. マルホ整形外科セミナー放送内容集(第197集). 2009; 4-7.
  • 紺野愼一. 大会長挨拶. 第34回東北地区医科歯科学生スキー大会. 2009 01.
  • 紺野愼一. 特集 腰痛を診る~腰部脊柱管狭窄症を中心に~. Nikkei Medical特別編集版. 2009 12; (12): 10-16.
  • 紺野愼一, 大谷晃司, 増子博文1), 吉本 尚2)(1) 神経精神医学, 2)奈義ファミリークリニック). 座談会 慢性腰痛の病態と治療. THE SPINE perspectives. 2009 02; 6(2): 1-6.
  • 紺野愼一, 鳥畠康充1), 松山幸弘2), 松尾 汎3)(1) 厚生連高岡病院, 2), 3)). 座談会 腰部脊柱管狭窄症と末梢血管障害. THE SPINE perspectives. 2009 02; 7(2): 1-7.
  • 紺野愼一. 第82回日本整形外科学会 腰痛と生活習慣関連因子との相関が明らかに. Medical Tribune. 2009 07; 42(28): 29.
  • 紺野愼一. 教授就任の抱負. 自治医科大学医学部同窓会会報. 2009 01; (47):7-8.
  • 紺野愼一. 第181回 医心伝身 注目させる要介護の主原因「ロコモティブシンドローム」. 週刊ポスト. 2009 10.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄症 メタボ予防が足のしびれや痛みの予防にも. 旬刊健康管理情報 健康のひろば. 2009 10; (1694): 4.
  • 紺野愼一. 腰痛・肩の痛み 最新治療法. 日経ヘルスプルミエ. 2009 11; 2(11): 61-63.
  • 紺野愼一. 巻頭言 ロコモティブシンドロームと腰部脊柱管狭窄. 日本義肢協会誌. 2009 10; 80: 1.
  • 紺野愼一. 教授就任にあたって. 福島医誌. 2009; 59(3): 230-231.
  • 紺野愼一. 公立大学法人福島県立医科大学医学部整形外科学講座紹介. 福島県病院協会会報. 2009 03; (90): 8-10.
  • 紺野愼一. 学内・教授会情報~教授就任の抱負~. 福島県立医科大学大学医師会会報. 2009 01; (80): 1-2. 
  • 紺野愼一. 教室紹介. 福島県臨床整形外科医会だより. 2009 05; (18): 5-7.
  • 紺野愼一. 介護予防にロコチェック、ロコトレを推奨. へるすあっぷ21. 2009 12; (302): 28-29.
  • 紺野愼一. 歩くと脚にしびれや痛み 腰部脊柱管狭窄症が原因. 共同通信. 2009 09 12(配信).以下の新聞に掲載. 大阪日日新聞, 河北新報, 岐阜新聞, 京都新聞, 熊本日日新聞, 高知新聞, 埼玉新聞, 佐賀新聞, 山陰中央新報, サンケイスポーツ, 山陽新聞, 山梨日日新聞, 信濃毎日新聞, 静岡新聞, 千葉日報, 中部経済新聞, 日本海新聞, 福島民報新聞, 福島民友新聞, 南日本新聞, 宮崎日日新聞, 山形新聞, 琉球新聞.
  • 紺野愼一. ロコトレで車イス・寝たきり防ぐ. 日刊ゲンダイ大阪. 2009 10 19.
  • 紺野愼一. ロコトレで車イス・寝たきり防ぐ. 日刊ゲンダイ東京. 2009 10 19.
  • 紺野愼一. ロコトレで車イス・寝たきり防ぐ. 日刊ゲンダイ名古屋. 2009 10 19.
  • 紺野愼一. ロコトレで車イス・寝たきり防ぐ. 日刊ゲンダイ北海道. 2009 10 19.
  • 紺野愼一. 高齢者の健康問題 福島医大・県民公開講座から㊤. 福島民報新聞. 2009 01:9.
  • 紺野愼一. 腰痛について. 福島民報新聞. 2009 01:9.
  • 紺野愼一. 寝たきり・要介護招く ロコモティブ症候群. 房日新聞. 2009 09.
  • 紺野愼一. くらし学び 健康プラス「楽ちんドライブ(1)正しい運転姿勢, 負担軽く」. 読売新聞 東京朝刊. 2009 06 30: 23.
  • 紺野愼一. くらし学び 健康プラス「楽ちんドライブ(2)腰や肩, 休憩時にほぐす」. 読売新聞 東京朝刊. 2009 07 01: 22.
  • 紺野愼一. 健康プラス 腰痛対策(4) ストレス・靴幅 意外な原因. 読売新聞 東京朝刊. 2009 01 31: 18.
  • 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一(監修). 馬尾・神経根の慢性圧迫による脆弱性 腰部脊柱管狭窄にみられる現象(リーフ)(企画・制作:小野薬品工業株式会社). 2009.
  • 関口美穂,大谷晃司,菊地臣一,紺野愼一(監修). DVD 腰部脊柱管狭窄の病態 馬尾・神経根に何が起こっているのか(企画:小野薬品工業株式会社 制作:株式会社CNインターボイス). 2009.
  • 中村耕三1), 紺野愼一(1)東京大学). 日本整形外科学会 「ロコモ」普及の意義を啓発へ. Japan Medicine. 2009 09: 113.
  • 矢吹省司. 肩こり~全身運動や温浴が有効. Medical Tribune. 2009; 42(27): 28. 

update    2017年9月22日  12:15

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01