2008(平成20)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. FUKUI Mitsuru1), CHIBA Kazuhiro2), KAWAKAMI Mamoru3), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, MIYAMOTO Masabumi4), SEICHI Atsushi5), SHIMAMURA Tadashi6), SHIRADO Osamu7), TAGUCHI Toshihiko8), TAKAHASHI Kazuhisa9), TAKESHITA Katsushi5), TANI Toshikazu10), TOYAMA Yoshiaki2), YONENOBU Kazuo11),  WADA Eiji12), TANAKA Takashi13), HIROTA Yoshio1)(1) Osaka City Univ., 2) Keio Univ., 3) Wakayama Medical Univ., 4) Nippon Medical School, 5) Tokyo UNiv., 6) Iwate Medical UNiv., 7) Saitama Medical Univ., 8) Yamaguchi Univ., 9) Chiba Univ., 10) Kochi Univ., 11) Osaka Minami Medical Center, 12) Hoshigaoka Koseinenkin Hospital, 13) Houai Hospital). Japanese orthopaedic association cervical myelopathy evaluation questionnaire (JOACMEQ) : part 4. Establishment of equations for severity scores. J Orthop Sci. 2008; 13:25-31. PMID:18274852
  2. HATASHITA Satoshi, SEKIGUCHI Miho, KOBAYASHI Hiroshi, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Contralateral neuropathic pain and neuropathology in dorsal root ganglion and spinal cord following hemilateral nerve injury in rats. Spine. 2008 11; 33(12):1344-1351. PMID:18496347
  3. KABUYAMA Yukihito1),  KITAMURA Takuya, YAMAKI Junko1), HOMMA Miwako1), KIKUCHI Shin-ichi, HOMMA Yoshimi1)(1) Dept. Biomolecular Science). Involvement of thioredoxin reductase 1 in the regulation of redox balance and viability of rheumatioid synovial cells. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2008; 367:491-496. PMID:18187038
  4. KATO Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Participation of 5-hydroxytryptamine in pain-related behavior induced by nucleus pulposus applied on the nerve root in rats. Spine. 2008 11; 33(12):1330-1336. PMID:18496345
  5. KIKUCHI Shin-ichi. New concept for backache: biopsychosocial pain syndrome. European Spine Journal. 2008; 17(Suppl 4): 421-427. PMID: 19005700
  6. KITAMURA Takuya, KABUYAMA Yukihito1), KAMATAKI Akihisa1), HOMMA Miwako1), KOBAYASHI Hideo, AOTA Shigeo, KIKUCHI Shin-ichi, HOMMA Yoshimi1)(1) Dept. Biomolecular Science). Enhancement of lymphocyte migration and cytokine production by ephrinB1 system in rheumatoid arthritis. Am J Physiol Cell Physiol. 2008; 294: C189-C196. PMID:17942634
  7. KOBAYASHI Hideo, CHATTOPADHYAY Sharmila1),  KATO Kinshi, DOLKAS Jennifer1), KIKUCHI Shin-ichi, MYERS R Robert R1),  SHUBAYEV I Veronica1)(1) Univ. California). MMPs initiate Schwann cell-mediated MBP degradation and mechanical nociception after nerve damage. Molecular and Cellular Neuroscience. 2008; 39: 619-627.
  8. KOBAYASHI Yoshitaka, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Insertion of lateral mass screw of the atlas via the posterior arch: anatomical study of screw insertion using dry bone samples of the atlas from Japanese cadavers. J Orthop Sci. 2008; 13(5): 452-455. PMID:18843460
  9. SEKIGUCHI Miho, SHIRASAKA, Masayoshi1), KONNO Shin-ichi,  KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept Pharmacy). Analgesic effect of percutaneously absorbed non-steroidal anti-inflammatory drugs: an experimental study in a rat acute inflammation model. BMC Musculoskeletal Disorders. 2008 01; 9: 15. PMID:18234123
  10. SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. The effects of a 5-HT2A receptor antagonist on blood flow in lumbar disc herniation: application of nucleus pulposus in a canine model. Eur Spine Journal. 2008 10; 17(2): 307-313. PMID:17973126
  11. SEKIGUCHI Miho, KOBAYASHI Hideo, SEKIGUCHI Yasufumi, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Sympathectomy reduces mechanical allodynia, tumor necrosis factor-alpha expression, and dorsal root ganglion apoptosis following nerve root crush injury. Spine. 2008 11; 33(11): 1163-1169. PMID:18469688
  12. SEKIGUCHI Miho, AOKI Yoshihito, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. The effects of cilostazol on nerve conduction velocity and boold flow: acute and chronic cauda equina compression in a canine model. Spine. 2008 11; 33(24): 2605-2611. PMID:19011541
  13. SHIRASAKA Masayoshi1), TAKAYAMA Bunji, SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Pharmacy). Vasodilative effects of prostaglandin E, derivate on arteries of nerve roots in a canine model of a chronically compressed cauda equina. BMC Musculoskeletal Disorders. 2008; 9: 41.
  14. SUGENO Nobuki,  GOTO Aya1), YASUMURA Seiji1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Public Health). Quality of life in postoperative Japanese hip fracture patients: a hospital-based prospective study. Arch Osteoporos. 2008; 3(1-2): 7-15. http://www.springerlink.com/content/06u334424h407515/
  15. SUGIOKA Takashi1), HAYASHINO Yasuaki1),  KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, FUKUHARA Shun-ichi1)2)(1) Kyoto Univ., 2) Institute Health and Health Care Research). Predictive value of self-reported patient information for the identification of lumbar spinal stenosis. Family Practice. 2008; 25: 237-244.
  16. TACHIHARA Hisayoshi, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Do Corticosteroids produce additional benefit in nerve root infiltration for lumbar disc herniation?. Spine. 2008 11; 33(7): 743-747. PMID:18379400
  17. TAKAYAMA Bunji, SEKIGUCHI Miho, YABUKI Shoji, FUJITA Isami1), SHIMADA Hideaki1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Pfyzer Inc.). Gene expression changes in dorsal root ganglion of rat experimental lumber disc herniation models. Spine. 2008; 33(17): 1829-1835. PMID:18670335
  18. TAKAYAMA Bunji, KIKUCHI Shin-ichi KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. An immunohistochemical study of the antinociceptive effect of calcitonin in ovariectomized rats. BMC Musculoskeletal Disorders. 2008; 9: 164. PMID:19077321
  19. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Endoscopic surgery for cervical myelopathy due to calcification of the ligamentum flavum. Journal of Spinal Disorders and Techniques. 2008; 21(7): 518-523. PMID:18836365
  20. YABUKI Shoji, OTANI Koji, NIKAIDO Takuya, KIKUCHI Shin-ichi. Endoscopic surgery for degenerative cervical spine diseases. Journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. 2008; 19(3): 539-542.
  21. YONETAKE Tadashi1), SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, KANAYA Fuminori1)(1) UNiv. Ryukyus). Compensatory neovascularization after cauda equina compression in rats. Spine. 2008 11; 33(2): 140-145. PMID:18197097 

症例報告

  1. HAKOZAKI Michiyuki, HOJO Hiroshi1), KUZE Tetsuo1), TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, KIKUTA Atsushi2), QUALMAN Stephen J3), KIKUCHI Shinichi, ABE Masafumi1)(1) First Dept. Pathology, 2) Dept. Pediatrics, 3) Ohio State Univ.). Primary rhabdomyosarcoma of the sacrum: a case report and review of the literature. Skeletal Radiol. 2008 07; 37(7): 683-687. PMID:18421456
  2. OTOSHI Ken-ichi, ITOH Yoshiyasu1), TSUJINO Akihito1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Keiyu Orthopaedic Hospital). Case report: meralgia paresthetica in a baseball pitcher. Clin Orthop Related Res. 2008 05; 466(9): 2268-2270. PMID:18509710
  3. WATANABE Kazuo1), TANAKA Mizuko1), KUSAKABE Takashi1), YAMADA Hhitoshi, TAJINO Takahiro(1) Pathology Division). Fibronexus in low-grade myofibrosarcoma: a case report. Ultrast Pathol. 2008 05; 32(3): 97-100. PMID:18570154

 

日本語論文

原 著

  1. 青田恵郎, 菊地臣一, 矢吹省司, 大橋寛憲, 武田浩一郎. 【変形性関節症 最近の知識】 変形性関節症の臨床 下肢の新しい人工関節の開発 股関節疾患に対する脚延長器使用による人工股関節全置換術(THA)の検討 転子下骨切り併用THAとの比較. 別冊整形外科. 2008 04; 53: 153-158.
  2. 五十嵐 環1), 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司(1) 厚生中央病院). 腰仙部神経根障害における疼痛と腰痛関連機能障害の解離 BS-POPの有用性. 臨整外. 2008 12; 43(12): 1205-1209.
  3. 岩渕真澄, 村上和也1), 菅野伸樹(1) 福島赤十字病院). 腰腰部脊柱管狭窄に対する顕微鏡下片側進入両側除圧術. The Spine Perspectives. 2008 10; 5(4): 12-14.
  4. 江尻荘一, 菊地臣一, 紺野愼一, 川上亮一, 高橋洋子, 丸谷雅人1), 関口泰史(1) 有隣病院). 手根管症候群に関する鏡視下法(奥津法)と手掌内皮切法の短期治療成績の比較Prospective randomized controlled trial. 日本手の外科学会雑誌. 2008 11; 24(6): 984-991.
  5. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環1), 恩田 啓, 山内一矢2), 二階堂琢也, 竹谷内克彰3), 高橋一朗, 立原久義, 高山文治, 渡邉和之(1) 厚生中央病院, 2) 県立会津総合病院, 3) よしかわクリニック). 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ 第1報 腰部脊柱管狭窄の頻度と腰痛関連QOLとの関係(横断研究). 臨整外. 2008 08; 43(8): 789-796.
  6. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環1), 恩田 啓, 山内一矢2), 二階堂琢也, 竹谷内克彰3),  高橋一朗, 立原久義, 高山文治, 渡邉和之(1) 厚生中央病院, 2) 県立会津総合病院, 3) よしかわクリニック). 運動器に関する疫学調査 南会津スタディ 第2報 腰部脊柱管狭窄と健康関連QOLとの関係(横断研究). 臨整外. 2008 09; 43(9): 883-888.
  7. 大谷晃司, 菊地臣一. 頚椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術–術式の根拠と適応症例,手技,および従来の椎弓形成術との比較–. 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 2008; (48): 34-41.
  8. 大橋寛憲, 菊地臣一, 青田恵郎, 紺野愼一. セメントレス人工股関節置換術における臼蓋スクリュー設置の安全検討 臼蓋側からみた骨盤部血管の解剖学的研究. 臨整外. 2008 12; 43(12): 1161-1166.
  9. 大橋寛憲, 青田恵郎, 菊地臣一, 紺野愼一, 木暮道彦1)(1) 消化管外科学). 股関節以外の疾患による股関節部痛の診療–腹部内臓器疾患–. Orthopaedics. 2008 07; 21(8): 35-43.
  10. 川上 守1), 菊地臣一, 紺野愼一, 嶋村 正2), 白土 修3), 星地亜都司4), 高橋和久5), 田口俊彦6), 田中 隆7), 谷 俊一8), 千葉一裕9), 戸山芳昭9), 廣田良夫7), 福井 充7), 宮本雅史10), 米延策雄11), 竹下克志4),  和田英路12)(1) 和歌山県立医科大学, 2) 岩手医科大学, 3) 埼玉医医科大学, 4) 東京大学, 5) 千葉大学, 6) 山口大学, 7) 大阪市立大学, 8) 高知大学, 9) 慶應義塾大学, 10) 日本医科大学, 11) 大阪南医療センター, 12) 星ヶ丘厚生年金病院). 日本整形外科学会 腰痛評価質問票:日本整形外科学会 頚部脊髄症評価質問票作成報告書(平成19年4月16日). 日整会誌. 2008 01; 82(1): 62-86.
  11. 小林義尊, 倉田二郎1), 加藤欽志, 畑下 智, 鹿山 悟2), 荒井 至2), 國分美加2), 赤石沢 孝2), 千葉義弘2), 紺野愼一, 菊地臣一(1) 帝京大学, 2) 総合南東北病院). 実験的腰痛における機能的MRIを用いた疼痛関連脳活動の検討. Pain Research. 2008 08; 23(3): 123-130.
  12. 小林義尊, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 後弓を介した環椎外側塊スクリュー刺入–日本人晒骨を用いたスクリュー刺入に関する解剖学的研究–. 日整会誌. 2008 11; 82(11): 1027.
  13. 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診断サポートツールについて. 脊椎脊髄ジャーナル. 2008 03; 21(4): 324-327.
  14. 紺野愼一, 菊地臣一, 上田能孝1), 中森省吾2), 南 秀尚3)(1) アイ・エム・エス・ジャパン株式会社, 2) ムンディファーマ株式会社, 3) 久光製薬株式会社). 変形性関節症と腰痛に対する医療ニーズとオピオイド鎮痛薬の受容度に関する調査. 臨床医薬. 2008 10; 24(10): 865-873.
  15. 佐々木太郎1), 茂呂貴知, 志田 努, 鈴木幹夫1)(1) 白河厚生総合病院). 当院における関節リウマチに対する抗TNF-α製剤の効果の検討. 福島県農村医学会雑誌. 2008 03; 50(1): 20-21.
  16. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一, 大歳憲一. 腱板断裂に対する鏡視下肩峰下除圧術の術後成績–肩関節拘縮との関連, 前向きコホート研究–. 臨整外. 2008 09; 43(9): 855-859.
  17. 菅野伸樹, 菊地臣一, 青田恵郎, 矢吹省司. Bipolar型人工骨頭でのbearing insertの摩耗に伴うinner headの脱転 そのメカニズムに関する考察. 臨整外. 2008; 43(11): 1113-1118.
  18. 高岸憲二1), 星野雄一2), 井手淳二3), 杉原隆之4), 畑 幸彦5), 佐野博高6), 濱田純一郎7), 矢吹省司, 望月 由8), 鈴木克憲9), 柳川天志1), 玉井和哉10), 小川清久11), 熱田裕司12), 篠崎哲也1)(1) 群馬大学, 2) 自治医科大学, 3) 熊本大学, 4) 三島社会保険病院, 5) 信州大学, 6) 東北大学, 7) 桑野協立病院, 8) 広島大学, 9) 王子総合病院, 10) 獨協医科大学, 11) 慶應義塾大学, 12) 旭川医科大学). 肩こりに関するプロジェクト研究(平成16-18年). 日整会誌. 2008; 82(10): 901-911.
  19. 武田 明, 菊地臣一, 鹿山 悟1), 荒井 至1), 近内泰伸1), 福田宏成, 市地賢治1), 田地野崇宏(1) 総合南東北病院). 整形外科で初めて癌と診断された症例の臨床的検討–癌を見逃さないための注意点. 臨整外. 2008 10; 43(10): 1035-1038.
  20. 武田 明, 菊地臣一, 田地野崇宏. 骨軟部腫瘍におけるFDG-PETの応用–MRI拡散強調画像(DWI)との比較–. 関節外科. 2008; 27(3): 39-44.
  21. 武田 明, 菊地臣一, 田地野崇宏. 【整形外科領域におけるFDG-PETの基礎と臨床】 骨軟部腫瘍におけるFDG-PETの応用 MRI拡散強調画像(DWI)との比較. 関節外科. 2008 03; 27(3): 327-332.
  22. 村上和也1), 岩渕真澄, 荒 文博(1) 福島赤十字病院). Unicompartmental knee arthroplasty(osford knee phase 3)の治療成績. 東北整災誌. 2008 06 01; 52(1): 9-13.
  23. 矢吹省司, 恩田 啓, 大谷晃司, 紺野愼一, 菊地臣一. 腰椎変性疾患に対するグラフ制動術の手術手技と長期成績. 脊椎脊髄ジャーナル. 2008; 21(4): 471-475. 

総説等

  1. 赤澤啓史1), 川端秀彦2), 金 郁喆3), 西須 孝4), 佐粧孝久5), 篠原裕治5), 高村和幸6), 武田浩一郎, 二見 徹7), 古橋範雄8). 脳性麻痺における下肢痙性障害(1) 旭川療育園, 2)大阪府立母子保健総合医療センター, 3) 京都府立医科大学, 4) 千葉県こども病院, 5) 千葉大学, 6) 福岡こども病院, 7) 滋賀県立小児医療保健センター, 8) あいち小児保健医療総合センター). Orthopeadics. 2007; 21: 29-38.
  2. 五十嵐 環1), 菊地臣一(1) 厚生中央病院). 腰痛に対する予防的アプローチのEBM. Orthopaedics. 2008; 21(6): 1-6.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一. 頚椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術–術式の根拠と適応症例,手技,および従来の椎弓形成術との比較. 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 2008; 48: 34-41. 
  4. 大谷晃司, 菊地臣一. 頸椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術 術式の根拠, 術式の実際, 治療成績. 日本最小侵襲整形外科学会誌. 2008; 8: 2-6. 
  5. 大谷晃司, 菊地臣一. 2. 脊椎・脊髄 2-1. 椎間板・神経根造影(ブロック). 日獨医報. 2008; 53(1): 47-55.
  6. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司. 頚神経根造影・ブロック. 脊椎脊髄ジャーナル. 2008; 21(3): 181-187.
  7. 大谷晃司, 菊地臣一. 梨状筋症候群. 整・災外. 2008; 51(5): 569-574.
  8. 大谷晃司. 脊椎外科Q&A. The Spine Perspective. 2008; 5:7-10. 
  9. 大谷晃司. リエゾン精神医療が必要な整形外科患者とは?. 整形外科看護. 2008; 13:19-23. 
  10. 大橋寛憲, 青田恵郎, 菊地臣一, 紺野愼一, 木暮道彦1)(1) 消化管外科学). 股関節以外の疾患による股関節部痛の診療–腹部内臓器疾患–. Orthopaedics. 2008; 21(8): 35-43.
  11. 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄–概念と分類. 脊椎脊髄ジャーナル. 2008; 21(4): 259-264.
  12. 小林秀男. Vocabulary Eph受容体とephrin. 整形外科. 2008; 59(2): 156.
  13. 紺野愼一. 【腰部画像診断で捉えがたい腰・下肢痛】筋性腰痛. 整・災外. 2008 09; 51(10): 1227-1230.
  14. 紺野愼一. 腰痛–最近の動向 診断と評価. 総合リハビリテーション. 2008 03; 36(3): 233-238.
  15. 紺野愼一, 高橋和久1), 竹下克志2), 福井 充3), 宮本雅史4)(1) 千葉大学, 2) 東京大学, 3) 大阪市立大学, 4) 日本医科大学). JOABPEQ腰痛疾患治療評価質問表について. The Spine Perspectives. 2008; 5(2): 1-6.
  16. 紺野愼一, 菊地臣一. 脊柱・体幹に対する最新の整形外科学的治療. 理学療法. 2008 01; 25(1): 17-22.
  17. 紺野愼一. 【何をどう説明する?腰部脊柱管狭窄症の患者指導のコツ】診察と検査の説明のコツ. 整形外科看護. 2008 07; 13(7): 659-664.
  18. 紺野愼一. 背椎低侵襲手術の現況 背椎破裂骨折に対する後腹膜腔鏡手術. 日本臨床整形外科学会雑誌. 2008 10; 33(1):94-97.
  19. 紺野愼一. 慢性腰痛に対する薬物療法. 背椎背髄ジャーナル. 2008; 21: 661-663.
  20. 紺野愼一. 精神医学的アプローチを含めた慢性腰痛治療. Nikkei Medical. 2008: 32-33. 
  21. 紺野愼一. 私の研究 腰部脊柱管狭窄-自己診断のための問診表の開発. 福島の進路. 2008 08; 312: 26-29.
  22. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄と血流. 臨整外. 2008 12; 43(12):1211-1218.
  23. 関口美穂, 紺野愼一. 【続 他科医に聞きたいちょっとしたこと】骨,関節疾患由来の夜間疼痛. CLINICIAN. 2008 07; 55(7):707-709.
  24. 関口美穂, 菊地臣一. 2ページで解説! 診療ガイドダイジェスト 腰痛症. 治療. 2008; 90(臨時増刊): 150-151.
  25. 北條 洋1), 箱﨑道之, 橋本優子2)(1) 第一病理学, 2) 病理部). 小児固形腫瘍の病理 骨軟部腫瘍・悪性リンパ腫. 病理と臨床. 2008 09; 26(9): 945-959.
  26. 矢吹省司. 用語解説 診断基準編 Roland-Morris Disability Questionnaire. 脊椎脊髄ジャーナル. 2008; 21(2): 154-155.
  27. 矢吹省司. 【痛みのメカニズムとその制御】腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛. BIO Clinica. 2008; 23(5): 416-423.

症例報告 

  1. 大歳憲一, 堀川哲男1), 菊池一郎1), 粟野 昇1), 武田 明(1) 公立藤田総合病院). 脛骨遠位部に発生した外傷性骨軟骨腫の1例. 臨整外. 2008 07; 43(7): 725-729.
  2. 加藤欽志, 菅野裕雅1), 小澤喜洋1), 高橋一朗, 渡邉和之, 大谷晃司(1) 寿泉堂綜合病院). 卵巣嚢腫による坐骨神経痛が疑われた1例. 東北整災誌. 2008; 52(1): 124.
  3. 川上佳夫1), 西部明子1), 大塚幹夫1), 佐藤弘一郎, 山本俊幸1)(1) 皮膚科学). 関節リウマチを伴った乾癬性紅皮症の1例. 臨床皮膚科. 2008; 62(6): 362-365.
  4. 菅野裕雅1), 小澤喜洋1), 高橋一朗, 渡邉和之, 加藤欽志(1) 寿泉堂綜合病院). 頚椎椎弓形成術後に硬膜外血腫となり,四肢麻痺を呈した1例. 東北整災誌. 2008; 52(1): 113-114.
  5. 小林 洋, 菊地臣一, 田地野崇宏, 紺野愼一, 山田 仁, 杉野 隆1)(1) 第二病理学). 仙骨部の巨大表皮嚢腫に, 有棘細胞癌を合併した1例. 臨整外. 2008 02; 43(2): 179-182.
  6. 菅野伸樹, 菊地臣一, 青田恵郎, 矢吹省司. Bipolar型人工骨頭でのbearing insertの摩擦に伴うinner headの脱転–3例報告–. 臨整外. 2008; 43(11): 1113-1118.
  7. 森本忠嗣1), 矢吹省司, 釘本康孝1), 浅見昭彦1)(1) 佐賀社会保険病院). 脊髄空洞症により発作性掻痒を生じた1例. 整形外科と災害外科. 2008; 57(4): 647-651.

著書・訳書

  1. 青田恵郎. In: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会, 変形性股関節症ガイドライン策定委員会編. 変形性股関節症診療ガイドライン. 東京: 南江堂. 2008 06.
  2. 大谷晃司. 腰痛体操. In: 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢総編集. 今日の治療指針. 東京: 医学書院. 2008; p.773-774.
  3. 菊地臣一. 28.胸椎,腰椎,診療の手引き(p.458), 3.胸椎変性疾患(p.470-471), 4.腰椎変性疾患(p.471-492). In: 中村利孝, 松野丈夫, 内田淳正編集. 標準整形外科学. 第10版第1刷. 東京: 医学書院. 2008; p.458.
  4. 紺野愼一, 菊地臣一. 7章 各組織の力学特性と病態 椎体と椎間板. In: 中村利孝, 吉川秀樹専門編集. 運動器の生物学と生体力学1 最新整形外科学大系. 東京: 中山書店. 2008 09; p.233-234.
  5. 紺野愼一. 6 運動器疾患 10)体幹・腰部. In: 伊藤博元 [ほか] 編. 運動器リハビリテーション実践マニュアル. 東京: 全日本病院出版会. 2008 03; p.240-243.
  6. 紺野愼一, 菊地臣一. 9章 治療法 治療法総論. In: 戸山芳昭専門編集. 背椎・背髄10 最新整形外科学大系. 東京: 中山書店. 2008 05; p.260-264.
  7. 関口美穂, 菊地臣一. 基本的体位. In: 糸満盛憲専門編集; 外須美夫編集協力. 最新整形外科大系 周術期管理,リスク管理,疼痛管理. 東京: 中山書店. 2008 03; p.238-242.
  8. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一.  6 慢性痛に対する整形外科的アプローチ. In: 理学療法MOOK3 疼痛の理学療法-慢性痛の理解とエビデンス. 第2版. 東京: 三輪書店. 2008; p.58-66.
  9. 関口美穂, 菊地臣一. 腰痛の理学療法 1 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. In: 理学療法MOOK14. 東京: 三輪書店. 2008; p.2-8.
  10. 関口美穂, 菊地臣一. 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略. In: 伊藤俊一, 鶴見隆正責任編集. 腰痛の理学療法. 東京: 三輪書店. 2008 05; p.1-8.
  11. 出沢 明1), 江原宗平2), 長谷川 徹3), 山縣正庸4), 吉田宗人5), 紺野愼一(1) 帝京大学, 2) 茅ヶ崎徳洲会病院, 3) 川崎医科大学, 4) 千葉労災病院, 5) 和歌山県立医科大学). 腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡手術のガイドライン. In: 日本内視鏡外科学会. 内視鏡外科診療ガイドライン2008年版. 東京: 金原出版. 2008 09; p.230-236. 
  12. 矢吹省司. 腰部脊柱管狭窄(症). In: 平泉 裕編集. 整形外科イラストLibrary. 東京: メジカルビュー. 2008 04. p.60-73.

 

研究報告

  • 菊地臣一, 紺野愼一(分担研究者). 高齢者の腰痛症に係る効果的な診断, 治療, リハビリテーション等の確立に関する研究. In: 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 高齢者の腰痛症に係る効果的な診断・治療・介護及びリハビリテーション等の確立に関する研究 平成19年度 総括研究報告書 主任研究者 戸山芳昭. 2008.
  • 菊地臣一(分担研究者). 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 地域支援事業における体力向上サービスのあり方に関する研究 平成17~19年度 総合研究報告書 主任研究者 安村誠司. 2008.
  • 菊地臣一(分担研究者). 「太極拳ゆったり体操」の開発と介護予防効果の検証–体力測定と重心動揺における効果の分析–. In: 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 地域支援事業における体力向上サービスのあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 主任研究者 安村誠司. 2008; p.74-77.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. HATASHITA Satoshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Contralateral neuropathic pain associated with hemilateral nerve injury in rats -An experimental study on spinal cord-. Spineweek; 2008 05 26-31; Geneva.
  2. IWABUCHI Masumi, MURAKAMI Kazuya1), ARA Fumihiro, OTANI Koji(1) Fukushima Red Cross Hospital). The prediction factors on plain MRI about the resorption of lumbar disc herniation. The 35th Annual Meeting of the International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2008 05 28; Geneva, Switzerland.
  3. KATO Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. 5-HT2A receptor antagonist attenuates pain-related behavior in a rat lumbar disc herniation model. Spineweek; 2008 05 26-31; Geneva.
  4. KATO Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Participation of 5-hydroxytryptamine in pain-related behavior induced by nucleus pulposus applied on the nerve root in rats. Spineweek; 2008 05 26-31; Geneva.
  5. KOBAYASHI Hiroshi, CHATTOPADHAYAY S1), DOLKAS J1), KIKUCHI Shin-ichi, MYERS Robert1), SHUBAYEV Veronica1)(1) Univ. California). Matrix metalloproteinase inhibitor protects from neuroinflammation and pain. The 35th Annual Meeting of the International Society for the Study of Lumbar Spine; 2008 05 31; Geneva, Switzerland.
  6. KOBAYASHI Hiroshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, KATO Kinshi, SEKIGUCHI Miho. Effects of 5-hydroxytryptamine and TNF-alpha applied on the nerve root in pain-related behavior. Spineweek; 2008 05 26-31; Geneva.
  7. KOBAYASHI Yoshitaka, KIKUCHI Shin-ichi. Augmented cerebral activation by lumbar mechanical stimulus in chronic low back pain patients- An fMRI study. 12th World Congress on Pain; 2008 08; Glasgow, Scotland, UK.
  8. KOBAYASHI Yoshitaka, Kikuchi Shin-ichi. Augmented cerebral activation by lumbar mechanical stimulus in chronic low back pain patients - A functional magnetic resonance imaging study. Spineweek; 2008 05 26-31; Geneva.
  9. KOBAYASHI Yoshitaka. Expression of prostaglandin E1 receptor EP4 and IP subtypes in the cauda equina following compression in the rat. Spineweek; 2008 05 26-31; Geneva.
  10. KONNO Shin-ichi, FUKUHARA Syun-ichi, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi. Back pain in Japanese adults -a population based study. The 35th Annual Meeting of the International Society for the Study of Lumbar Spine; 2008 05 29; Geneva, Switzerland.
  11. KONNO Shin-ichi, HAMBA Michiko, ARAI Itaru1), SEKIGUCHI Miho, OTOSHI Ken-ichi, KIKUCHI Shin-ichi(1) Southern Tohoku General Hospital). Persistent expression of FOS-like immunoreactivity in the lumbar spinal cord after epidural application of nucleus pulposus. Spineweek; 2008 05 26; Geneva, Switzerland.
  12. KONNO Shin-ichi, OTANI Koji, SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi. A diagnostic support tool for lumbar spinal stenosls a self-administered, self-reported history questionnaire. Spineweek; 2008 05 26; Geneva, Switzerland.
  13. KONNO Shin-ichi, HAYASHINO Y1), FUKUHARA Syun-ichi1), SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shinichi(1) Kyoto Univ.). Development of a clinical diagnosis support tool to identify patients with lumnar spinal stenosis. Spineweek; 2008 05 26; Geneva, Switzerland.
  14. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya. Lumbar spinal canal stenosis strongly affects health-related QOL rather than osteoarthritis of the knee in community. The 35th Annual Meeting of the International Society for the Study of Lumbar Spine; 2008 05 29; Geneva, Switzerland.
  15. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya. A prospective study for post-operative neck complaints of segmental partial laminectomy for cervical spomdylotic myelopathy. Spineweek; 2008 05 26; Geneva, Switzerland.
  16. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya. A prospective study for post-operative neck complaints of segmental partial laminectomy for cervical spomdylotic myelopathy. 24th Annual meeting of the European Section of the Cervical Spine Research Society; 2008 06; Zurich, Switzerland. 
  17. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya. Lumbar spinal canal stenosis strongly affects Health-related QOL rather than osteoarthritis of he knee in community. 35th Annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine; 2008 06; Zurich, Switzerland. 
  18. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, NIKAIDO Takuya, WATANABE Kazuyuki, TAGUCHI Hiroko. Sgmental laminotomy for cervical spondylotic myelopathy has no postoperative paresis (so-called C5 palsy): Minimum posterior decompression of spinal cord could reduce postoperative paresis. 35th Annual meeting of Cervical Spine Research Society; 2008 11; Austin, United States. 
  19. OTOSHI Ken-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Neuronal damage and activation of glial cells in the dorsal root ganglion after application of autologus neucleus pulposus in rats. Spineweek; 2008 05 26; Geneva, Switzerland.
  20. SASAKI Nobuhisa, KONNO Sin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Tumor necrosis factor-alpha antibody reduces pain related behavior induced by both epidural application of nucleus pulposus and nerve root compression in rats. EHRLICH II -2nd World Conference on Magic Bullets, Celebrating the 100th Anniversary of the Nobel Prize Award to Paul Ehrlich; 2008 11 03-05; Nürnberg, Germany.
  21. SATOH Koichiro, MIURA Takako1), KOBAYASHI Toshio1),  KIKUCHI Shin-ichi(1) Rehabilitation Center). Pyoderma Gangrenosum with RA Successfully treated with Corticosteroid, Cyclosporine and Skin Graft. The 52nd Annual General Assembly and Scientific Meeting of Japan College of Rheumatology. The 17th International Rheumatology Symposium; 2008; Sapporo. Modern Rheumatology. 18:S222.
  22. SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. A comparison study of drop foot between lumbar spinal disorders and common peroneal neuropathy to find distinguishi categories. Spineweek; 2008 05 26; Geneva, Switzerland.
  23. WATANABE Kazuyuki, LARSSON Karin1), RYDEVIK Bjorn1),  KIKUCHI Shin-ichi,  NORBORG Claes1), OLMARKER Kjell1), (1) Univ. Gothenburg). Increase of sodium channels (NAV1.8 and NAV1.9) in immunoreactive neurons in rat dorsal root ganglion exposed to autologous nucleus pulposus. The 35th Annual meeting, Intrenational Society of the Study of the Lumbar Spine; 2008 05 28; Geneva, Switzerland.
  24. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Medial knee pain in elderly patients - A pathophysiological analysis using intra-articular injection and nerve root block. APOA the Spine and Pediatric Sections 2008; 2008 06; Jeju, Korea.
  25. YABUKI Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Medial knee pain in elderly patients: A pathophysiological analysis using intra-articular injection and nerve root block. 12th World Congress on Pain; 2008 08; Glasgow, Scotland, UK.

 

特別講演

  • KIKUCHI, Shin-ichi. New Concept for Backache -Biopsychosocial pain syndrome-. World Forum for Spine Research : The Intervertebral Disc First Japanese Meeting; 2008 01; Kyoto.
  • KIKUCHI, Shin-ichi. International Collaboration Beyond the Culture Gap. 武漢大学訪問; 2008 11; Wuhan, Chaina.

 

国内学会

研究発表

  1. 青田恵郎, 菊地臣一, 大橋寛憲. 軟部組織介在の前方インピンジによる人工股関節脱臼への対処法 解剖学的検討と臨床における検証. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05 22; 札幌. 日整会誌. 2008; 82(2): S193.
  2. 青田恵郎, 菊地臣一, 大橋寛憲. 股関節手術における手術侵襲とストレス-MIS-THAと従来法THA,RAOとCPOのIL-6による比較検討. 第35回日本股関節学会; 2008 12 06; 大阪.
  3. 青田恵郎, 菊地臣一, 大橋寛憲, 川前恵一1)(1) 星総合病院). 人工股関節後方脱臼に対する制動術-合成メッシュ,Leeds-Keio靭帯による再建法–4例報告–. 日本人工関節学会; 2008 02 01; 沖縄.
  4. 青田恵郎, 関口泰史. 北福島地区における大腿骨頸部連携パス–現状と課題への取り組み–. 日本医療マネジメント学会 東北連合会; 2008 11 29; 郡山.
  5. 青田恵郎. 転子下骨切り併用再置換術の経過と,人工股関節再置換における中殿筋の問題点. 東北股関節症例検討会; 2008 05 10; 仙台.
  6. 荒 文博, 菊地臣一, 青田恵郎, 大橋寛憲. 股関節に由来する疼痛領域の検討–人工股関節置換術後に消失した疼痛領域の検討–. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05 22; 札幌. 日整会誌 2008; 82(3): S527.
  7. 岩渕真澄, 村上和也1), 荒 文博, 大谷晃司(1) 福島赤十字病院). 腰椎椎間板ヘルニア保存療法例の単純MRIによる検討–吸収例と非吸収例の初診時MRI所見の比較–. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04 25; 東京. 日本脊椎脊髄病学会誌. 2008; 19(2): 314.
  8. 岩渕真澄, 村上和也1), 荒 文博(1) 福島赤十字病院). 超高齢者腰椎椎間板ヘルニア手術例の検討–3例報告–. 第4回運動器と痛み研究会; 2008 01; 福島.
  9. 岩渕真澄, 村上和也1), 菅野伸樹(1) 福島赤十字病院). 腰部脊柱管狭窄に対する除圧術後に血腫による両下肢麻痺をきたした1例. 第5回運動器と痛み研究会; 2008 05 15; 福島.
  10. 岩渕真澄, 村上和也1), 菅野伸樹, 猪狩綾希1)(1) 福島赤十字病院). 多発転移性脊椎腫瘍が見逃されていた第4腰椎分離すべり症の1例. 第6回運動器と痛み研究会; 2008 09 18; 福島.
  11. 上杉和秀, 矢吹省司, イソラマン サッキャ1)(1) 会津中央病院). 化膿性脊椎炎に対する鏡視下病巣掻爬術–1例報告. 第57回東日本整形災害外科学会; 2008 09; 東京. 東日本整災誌. 2008; 20(3): 484.
  12. 大井剛太, 菊地臣一, 紺野愼一, 沼崎広法, 大歳憲一. 感染性人工膝関節の治療成績. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 82(2): S110.
  13. 大井剛太, 菊地臣一, 矢吹省司, 沼崎広法, 大歳憲一. 創外固定によりゆるみが消失した人工膝関節置換術後の脛骨近位粉砕骨折–1例報告. 第33回日本膝関節学会学術集会; 2008 06 13; 東京.
  14. 大内一夫, 菊地臣一, 矢吹省司, 橋本慶太. 保存的治療を行った長母趾屈筋腱皮下断裂の経験–2例報告–. 第33回日本足の外科学会; 2008 06 21; 東京. 日本足の外科学会雑誌. 2008 05; 29(1): S101.
  15. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 二階堂琢也. JOA-BPEQによる病院看護師の腰痛調査(第2報). 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 2008; 82(3): S582.
  16. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 二階堂琢也. 肩こりに関する疫学調査-肩こりがQOLに与える影響-. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 2008; 82(3): S637.
  17. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 二階堂琢也, 岩渕真澄. 頚椎症性脊髄症における頚椎後屈位MRIの有用性. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04; 東京. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2008; 19(1): 22.
  18. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 二階堂琢也. 頚椎症性脊髄症に対する責任高位のみの除圧術:頚椎椎弓骨切り術の成績. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04; 東京. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2008; 19(2): 237.
  19. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 二階堂琢也. 骨粗鬆症性新鮮椎体圧迫骨折患者のQOLの経時的変化. 第18回東北脊椎外科研究会; 2008 01 26; 仙台. 東北整災誌. 2009; 53(1): 231.
  20. 大谷晃司. 円背の骨粗鬆症性椎体圧迫骨折に対する保存的治療–症例提示–. 第4回運動器と痛み研究会; 2008 01; 福島. 
  21. 大谷晃司. 骨粗鬆症性新鮮椎体圧迫骨折患者のQOLの経時的変化. 第29回東北骨代謝研究会; 2008 02; 仙台. Clinial Calcium. 2008; 18(7): 1036.
  22. 大谷晃司. 転移性脊椎腫瘍に対する手術治療–福島医大整形外科での経験–. 第1回福島県がんと骨病変研究会; 2008 02; 郡山. 
  23. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂, 沼崎広法, 大井剛太. 腱再生のメカニズムの解明–ラットアキレス腱切除モデルを用いた検討–. 第23回日本整形外科学会基礎学術集会; 2008 10; 京都. 日整会誌. 2008; 82(8): S1041.
  24. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 肘関節滑膜ひだの解剖学的検討. 第23回日本整形外科学会基礎学術集会; 2008 10; 京都. 日整会誌. 2008; 82(8): S1240.
  25. 大橋寛憲, 菊地臣一, 青田恵郎, 川前恵一1)(1) 星総合病院). 感染性関節疾患に対する硬膜外カテーテル留置による抗生物質局所持続注入法 有効性の検討. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05 22; 札幌. 日整会誌. 2008; 82(2): 37.
  26. 小野 玲1)2),  鈴鴨よしみ3), 大谷晃司, 紺野愼一, 菊地臣一, 福原俊一2), (1) 神戸大学, 2) 京都大学, 3) 東北大学). Neck Pain and Disability Scale 日本語版の作成(会議録). 第43回日本理学療法学術大会; 2008 05; 福岡. 理学療法学. 2008 04 20; 35(supple 2): 500.
  27. 恩田 啓, 佐藤勝彦1)(1) 大原綜合病院). 腰部脊柱管狭窄における椎間関節水症と神経根障害. 第37回脊椎脊髄病学会; 2008 04 25; 東京.
  28. 嘉川貴之1), 岡田恭司1), 保坂正実2), 西田 淳3), 田地野崇宏, 柳澤道朗4), 生越 章5), 小山内俊久6)(1) 秋田大学, 2) 東北大学, 3) 岩手医科大学, 4) 国立弘前病院, 5) 新潟大学, 6) 山形大学). 軟骨粘液線維腫14例の治療経験. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 2008; 82(3): S661.
  29. 川上亮一. 四肢外傷後の感染性偽関節に対する治療 ロッキングプレートの治療経験. 第34回日本骨折治療学会; 2008 06; 福岡. 骨折. 2008; 30(Suppl): S80.
  30. 川上亮一, 紺野愼一, 江尻荘一, 高橋洋子, 菊地臣一. 当科における遊離組織移植術後の抗凝固療法の検討. 第回日本マイクロサージャリー学会; 2008 11 14; 新潟. 日本マイクロサージャリー学会誌. 2009; 22(2): 113-114.
  31. 川上亮一, 矢吹省司, 江尻荘一, 菊地臣一. 尺骨神経前方移行術後にCRPS様の症状を呈した1例. 第1回運動器疼痛研究会; 2008 12; 東京.
  32. 菊田 敦1), 北條 洋2), 伊勢一哉3), 橋本直人4), 田地野崇宏, 佐藤久志4)(1) 小児科学, 2) 第一病理学, 3) 小児外科学, 4) 放射線科学). 当院における小児がん治療体制. 福島県小児腫瘍研究会; 2008; 福島. 福島医誌. 2008; 58(3): 226.
  33. 北野尚子, 菊地臣一, 紺野愼一, 田地野崇宏, 山田 仁. 脛骨に発生したadamantinoma–1例報告–. 第106回東北整形災害外科学会; 2008 05; 仙台. 東北整災誌. 2009; 53(1): 208.
  34. 國分陽子1), 会田のぞみ1), 佐藤美希子1),  廣沢祐子1), 相馬久美子1), 渡辺知子1), 近澤 大1), 三好英一1), 加藤史浩1), 柳沼 歩1), 佐藤弘一郎, 仲野雅幸1)(1) 南東北福島病院). NST稼働1年目の分析(褥瘡症例への介入を含めて). 第8回福島NSTフォーラム; 2008 03 15; いわき.
  35. 小林秀男, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂, SHUVAYEV Veronica1), MYERS Robert R1)(1) Univ. California). ラット神経因性疼痛モデルにおけるMMP阻害薬投与の効果. 第23回日本整形外科学会 基礎学術集会; 2008 10; 京都. 日整会誌. 2008; 82(8): S1155.
  36. 小林秀男, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂, SHUVAYEV Veronica1), MYERS R Robert1)(1) Univ. California). ラット神経因性疼痛モデルにおけるMMP阻害薬投与の効果. 第30回日本疼痛学会; 2008 07; 福岡. PAIN RESEARCH. 2008; 23(2): 65.
  37. 小林秀男, 菊地臣一, 紺野愼一, 沼崎広法, 大井剛太. 膝ステロイド性骨壊死に伴う骨軟骨骨折に対する自家骨軟骨移植術と自家骨軟骨柱による骨軟骨片固定術–1例報告–. 第32回東北膝関節研究会; 2008 07; 仙台.
  38. 小林 洋, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 頚部背髄症に対する自記式問診表の開発. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 82(2): S158.
  39. 小林 洋, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂, 加藤欽志. 腰椎椎間板ヘルニアにおける化学的因子の関与–セロトニンとTNFαの役割–. 第23回日本整形外科学会 基礎学術集会; 2008 10; 京都. 日整会誌. 2008; 82(8): S1212.
  40. 小林 洋, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂, 加藤欽志. 腰椎椎間板ヘルニアにおける化学的因子の関与–セロトニンとTNF-αの役割–. 第30回日本疼痛学会; 2008 07 20; 福岡. PAIN RESEARCH. 2008; 23(2): 99.
  41. 小林義尊, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 馬尾におけるPGE1受容体サブタイプの発現. 第23回日本整形外科学会 基礎学術集会; 2008 10; 京都. 日整会誌. 2008; 82(8): S1209.
  42. 小林義尊, 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一, 倉田一郎1), 國分美加1), 赤石沢 孝1), 千葉義弘1)(1) 総合南東北病院). 腰部圧迫刺激による疼痛関連脳活動について–fMRIを用いた研究–. 第6回整形外科痛みを語る会; 2008 06; 新潟.
  43. 紺野愼一, 菊地臣一, 大谷晃司, 林野泰明1), 福原俊一1)(1) 京都大学). 馬尾障害診断サポートツール. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 2008; 82(2): S265.
  44. 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール. 第16回日本腰痛学会; 2008 11 01; 東京.
  45. 紺野愼一. 変性すべり症に対する選択的除圧術の治療効果. 第28回日本脳神経外科コングレス総会. 脳神経外科ジャーナル. 2008 04; 17(supple): 70.
  46. 佐々木信幸, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 腰椎疾患患者における精神医学的評価とQOLとの関係. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 2008; 82(3): S582.
  47. 佐々木信幸, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 腰椎疾患患者における精神医学的評価とQOLとの関係. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04; 東京. 日本背椎脊髄病学会雑誌. 2008; 19(1): 189.
  48. 佐藤弘一郎, 三浦貴子1), 小林利男1), 菊地臣一(1) 南東北福島病院). RAに合併した壊疽性膿皮症に対する植皮術成功の1例. 日本リウマチ学会総会学術集会; 2008 04 23; 札幌.
  49. 佐藤弘一郎. 大腿骨頚部骨折後にSIADHを合併した関節リウマチ. 第18回福島県リウマチフォーラム; 2008 06 21; 郡山.
  50. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一, 長倉 栄. 腱板断裂に対するmini-open cuff repair法. 第35回日本肩関節学会; 2008 11 28; 大阪. 肩関節. 2008; 33(1): 151.
  51. 菅野伸樹, 菊地臣一. 日本における大腿骨近位部骨折の手術後の生活の質. 第35回日本股関節学会; 2008 12 05; 大阪.
  52. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. EP1受容体拮抗薬の鎮痛効果–ラット髄核留置モデルによる検討–. 第23回日本整形外科学会 基礎学術集会; 2008 10; 京都. 日整会誌. 2008; 82(8): S1209.
  53. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. EP1受容体拮抗薬の鎮痛効果–ラット髄核留置モデルによる検討–. 第30回日本疼痛学会; 2008 07 19; 福岡. PAIN RESEARCH. 2008; 23(2): 99
  54. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛疾患モデルでの基礎的検討–手術手技の工夫–. 第6回整形外科痛みを語る会; 2008 06; 新潟.
  55. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. 髄核留置モデルに対する選択的セロトニン受容体拮抗薬の血流増強効果についての検討. 第12回東北セロトニン研究会; 2008 01; 仙台.
  56. 関根拓未, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也. 孤独性骨髄腫に伴う胸椎アミロイドーマ–1例報告. 第106回東北整形災害外科学会; 2008 05; 仙台. 東北整災誌. 2009; 53(1): 189.
  57. 高橋直人. 手指における化膿性腱鞘炎との鑑別を要した偽痛風性腱鞘炎と関節リウマチによる腱鞘炎の各1例. 第56回福島県農村医学会; 2008 06 21. 福島県農村医学会雑誌. 2009; 51:103-104.
  58. 高橋直人. 坂下厚生総合病院整形外科における自己血輸血の現状. 第56回福島県農村医学会; 2008 06 21.
  59. 高橋洋子, 江尻荘一, 川上亮一. Flow-through型皮弁の経験. 第14回東北マイクロサージャリー懇話会; 2008 12 08; 仙台.
  60. 高橋洋子, 江尻荘一, 川上亮一. 受傷後44年経過した陳旧性屈筋腱断裂の治療経験. 第22回福島手の外科学会; 2008 10 18; 郡山.
  61. 田地野崇宏, 菊地臣一, 山田 仁, 武田 明, 紺野愼一. カフェイン併用化学療法における有害事象の検討. 第41回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会; 2008 07 17; 浜松. 日整会誌. 2008; 82(6): S831.
  62. 立原久義, 菊地臣一, 紺野愼一, 宍戸裕章 . 鏡視下肩峰下除圧術後に挙上障害を生じた腱板広範囲断裂-1例報告-. 第106回東北整形災害外科学会; 2008 05; 仙台. 東北整災誌. 2009; 53(1): 215.
  63. 立原久義, 宍戸裕章. 広範囲な上腕骨骨髄炎に進行した化膿性肩関節炎の1例. 第19回東北肩関節研究会; 2008 06 07; 仙台.
  64. 田中靖久1),  国分正一2), 紺野愼一, 島田洋一3), 山崎 健4), 横山 徹5), 武井 寛6),  川原 央7)(1) 東北中央病院 , 2) 西多賀病院, 3) 秋田大学, 4) 岩手医科大学, 5) 大館市立総合病院, 6) 山形大学, 7) 東北労災病院). 腰部椎間板ヘルニアに対する診断サポートツール. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 82(2): S265.
  65. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 日本整形外科学会頚部脊髄症評価質問票(JOACMEQ)による評価–手術前後の評価–. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04 25; 東京. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2008; 19(2): 230.
  66. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 胸椎部硬膜内に腫瘤を形成した乳癌転移性腫瘍–1例報告–. 第18回東北脊椎外科研究会; 2008 01 26; 仙台. 東北整災誌. 2009; 53(1): 232.
  67. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の診断–深部反射と腰部硬膜管横断面積の加齢性変化–. 第5回東北腰痛フォーラム; 2008 04 05; 仙台.
  68. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. RA頚椎病変に対する手術療法–手術に対する患者満足度とQOL評価–. 第18回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会; 2008 11 22; 福島.
  69. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 胸椎部硬膜内に腫瘤を形成した乳癌転移性腫瘍–1例報告–. 第18回東北脊椎外科研究会; 2008 01; 仙台.
  70. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の診断–深部反射と腰部硬膜管横断面積の加齢性変化–. 第5回東北腰痛フォーラム; 2008 04; 仙台.
  71. 沼崎広法, 菊地臣一, 紺野愼一, 大井剛太, 大歳憲一. 膝前十字靭帯再建術の術後成績に与える性差の影響–患者立脚型アウトカムによる検討–. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 82(2): S117.
  72. 沼崎広法, 菊地臣一, 矢吹省司, 大井剛太, 大歳憲一. 人工関節置換術後早期のCRP値の比較–感染例と非感染例の比較–. 第33回日本膝関節学会学術集会; 2008 06; 東京.
  73. 箱﨑道之, 田地野崇宏, 山田 仁, 菊地臣一, 北條 洋1), 阿部正文1)(1) 第一病理学). 悪性末梢神経鞘腫由来細胞株FMS-1の樹立とその性状の解析. 第41回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会; 2008 07 17; 浜松. 日整会誌. 2008; 82(6): S793.
  74. 橋本慶太, 大内一夫, 矢吹省司, 菊地臣一. 長母趾伸筋腱皮下断裂の治療経験–1例報告–. 第33回日本足の外科学会; 2008 06 21; 東京. 日本足の外科学会雑誌. 2008; 29(1): S101.
  75. 畑下 智, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 片側のラット腰部脊髄神経損傷によって引き起こされる反対側の神経因性疼痛–脊髄における検討–. 日整会誌. 2008; 82(8): S1211.
  76. 畑下 智, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 片側のラット腰部脊髄神経損傷によって引き起こされる反対側の神経因性疼痛–脊髄における検討–. 第30回日本疼痛学会; 2008 07 20; 福岡. PAIN RESEARCH. 2008; 23(2): 89.
  77. 松尾洋平, 菊地臣一, 田地野崇宏, 山田 仁. 化膿性仙腸関節–1例報告–. 第106回東北整形外科学会災害; 2008 05 09; 仙台. 東北整災誌. 2009; 53(1):187.
  78. 松本健一郎. 1歳女児の軸椎歯突起骨折の中期経過例–1例報告–. 第34回日本骨折治療学会; 2008 06 28; 福岡. 骨折. 2008; 30(Suppl): S226.
  79. 茂呂貴知. タクロリムスにより急激な体重減少を来した関節リウマチの一例. 第18回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会; 2008 11 23; 福島.
  80. 柳澤道朗1), 柿崎 寛1), 岡田恭司2), 田地野崇宏, 松村忠紀3), 長谷川 匡3), 楠美智巳4), 川井 章5), 鳥越知明6)(1) 国立弘前病院, 2) 秋田大学, 3) 札幌医科大学, 4) 弘前大学, 5) 国立がんセンター, 6) 順天堂大学). 小骨発生の骨巨細胞腫の臨床病理学的調査. 第57回東日本整形災害外科学会; 2008 09 12; 東京. 東日本整災誌. 2008; 20(3): 392.
  81. 矢吹省司, 菊地臣一, 大谷晃司, 二階堂琢也. 頚椎疾患に対する内視鏡下手術. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05 24; 札幌. 日整会誌. 2008; 82: S563.
  82. 矢吹省司, 菊地臣一, 大谷晃司, 二階堂琢也. 頚椎疾患に対する内視鏡下手術. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04 24; 東京. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2008; 19: 10.
  83. 矢吹省司, 菊地臣一. 頭蓋頚椎移行部疾患の神経学的な特徴–中下位頚髄症との比較–. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04 25; 東京. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2008; 19(1): 15.
  84. 矢吹省司, 菊地臣一. 脊椎疾患患者における精神心理的因子の評価–BS-POPの有用性と限界–. 第30回日本疼痛学会; 2008 07 19; 福岡. PAIN RESEARCH. 2008; 23(2): 71.
  85. 矢吹省司, 菊地臣一. 神経根ブロックはQOLを改善できるか?–RDQとSF-36を用いた検討–. 第16回日本腰痛学会; 2008 11 01; 東京.
  86. 矢吹省司, 大内一夫, 菊田京一1), 佐藤雅彦1), 佐藤孝年1), 小野洋子1), 渡邊澄子1), 添田幸英1)(1) リハビリテーションセンター). リハビリテーションは,患者のQOLを短期間で改善できるか?–大学病院における検討–. 第24回日本リハビリテーション医学会 東北地方会; 2008 09 27; 秋田. リハビリテーション医学. 2008; 45(12): 824.
  87. 矢吹省司, 添田幸英1),  渡邊澄子1), 横山敦子2), 永田まゆみ2)(1) リハビリテーションセンター, 2) INAX総合技術研究所). 肩こりに対する全身運動と温浴の効果. 第24回日本リハビリテーション医学会 東北地方会; 2008 09 27; 秋田. リハビリテーション医学. 2008; 45(12): 826.
  88. 山田 仁, 菊地臣一, 田地野崇宏, 紺野愼一. 高齢者(70歳以上)における原発性悪性骨・軟部腫瘍の治療成績. 第41回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会; 2008 07 18; 浜松. 日整会誌. 2008; 82(6): S769.
  89. 山田 仁, 田地野崇宏, 田崎和洋1), 渡邉一男2)(1) 病理部, 2) 福島病理研究所). 左肋骨腫瘍. 第15回東北地区骨軟部腫瘍研究会; 2008 10 04; 新潟.
  90. 山家勝利, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也. 術後15年で再発が認められた胸椎部硬膜から発生した悪性黒色腫–1例報告–. 第106回東北整形災害外科学会; 2008 05; 仙台. 東北整災誌. 2009; 53(1):186-187.
  91. 吉田勝浩. 汚染,阻血,および麻痺を伴った下腿開放骨折の治療経験–1例報告–. 第14回救急整形外傷シンポジウム; 2008 02 28; 名護.
  92. 吉田勝浩. 大腿骨頭後方回転骨切り術により関節を温存し得た外傷性大腿骨頭壊死症–1例報告–. 第106回東北整形災害外科学会; 2008 05 09; 仙台. 東北整災誌. 2009; 53(1): 177-178.
  93. 渡邉和之, OLMARKER Kjell1), , RYDEVIK Björn1), , 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一(1) Univ. Gothenburg). ラット髄核による腰部後根神経節における電位依存性ナトリウムチャネルの変化–免疫組織学的検討–. 第23回日本整形外科学会 基礎学術集会; 2008 10; 京都. 日整会誌. 2008; 82(8): S1210.

シンポジウム

  1. 江尻荘一, 菊地臣一, 紺野愼一, 丸谷雅人, 関口泰史, 川上亮一, 高橋洋子. パネルディスカッション2 どう治療する 特発性手根管症候群 特発性手根管症候群に対する鏡視下法と手掌内皮切法の比較-Prospective randomized controlled trialからみた手術適応-. 第51回日本手の外科学会学術集会; 2008 04; つくば. 日本手の外科学会雑誌. 2008; 25(1): S107.
  2. 大井剛太, 菊地臣一, 紺野愼一, 沼崎広法, 大歳憲一. 人工膝関節感染の治療成績―短期集中的治療経験―. TKAフォーラム; 2008 12 05.
  3. 菊地臣一. パネルディスカッション13 待ちから出る整形外科医療 待ちから出る整形外科医療-大学病院勤務医の立場から-. 第81回日本整形外科学会学術総会; 2008 05; 札幌. 日整会誌. 2008; 82(3): S428.
  4. 紺野愼一. 腰痛のメカニズムと対策を見直す 体幹筋からみた腰痛. 第19回腰痛シンポジウム; 2008 03 01; 東京.
  5. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. シンポジウム1 絞扼性神経障害の病態生理 馬尾障害の病態生理. 第51回日本手の外科学会学術集会; 2008 04 17; つくば. 日本手の外科学会雑誌. 2008; 25(1): S18.
  6. 佐藤弘一郎. 治療抵抗性関節リウマチへの対応―実例紹介. 第18回日本リウマチ学会 北海道・東北支部学術集会; 2008 11 22; 福島.
  7. 矢吹省司, 菊地臣一, 大谷晃司, 二階堂琢也. パネルディスカッション2 CSM手術 頸椎疾患に対する内視鏡手術. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04; 東京. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2008; 19(1): 10.
  8. 和田英路1), 福井 充2), 廣田良夫2), 谷 俊一3), 高橋和久4), 星地亜都司5), 田口敏彦6), 千葉一裕7), 戸山芳昭7), 米延策雄8), 川上 守9), 菊地臣一, 紺野愼一, 嶋村 正10), 白土 修11), 宮本雅史12)(1) 星ヶ丘厚生年金病院, 2) 大阪市立大学, 3) 高知医科大学, 4) 千葉大学, 5) 自治医科大学, 6) 札幌医科大学, 7) 慶応義塾大学, 8) 星ヶ丘厚生年金病院, 9) 和歌山県立医科大学, 10) 岩手医科大学, 11) 埼玉医科大学, 12) 日本医科大学) . パネルディスカッション1 CSM神経評価 頚部脊髄症における頚部痛,および"しびれ"について. 第37回日本脊椎脊髄病学会; 2008 04; 東京. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2008; 19(1): 1.

 

特別講演

  • 青田恵郎. 人工股関節置換術,再置換術の技術の進歩. 郡山整形外科医会; 2008 02 23; 郡山.
  • 青田恵郎. 人工股関節置換術,再置換術の技術の進歩. 福島県股関節研究会; 2008 03 08; 郡山.
  • 青田恵郎. 後輩より求められたTHAの教育. 東北静脈血栓塞栓症フォーラム; 2008 10 11; 仙台.
  • 大谷晃司. 骨粗鬆症治療の意義と実践―個人的な経験を中心に―. 会津医学会講演(教育研修講演); 2008 06; 会津若松. 
  • 大谷晃司. 神経根ブロックを駆使した責任高位診断. 長崎労災病院脊椎研究会; 2008 09; 佐世保.
  • 菊地臣一. 今,病院は改革を求められている-我々はどう対応するのか-. F.S.T.R Medical Conference; 2008 06; 郡山.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略-. 第10回JAC総会シンポジウム; 2008 06; 東京.
  • 菊地臣一. オピオイドによる鎮痛療法-海外における慢性疼痛に対する使用状況-. JNS020QD-JPN-N01治験研究会; 2008 11; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略-. 痛みの治療フォーラム in 岐阜; 2008 09; 岐阜.
  • 菊地臣一. 運動療法-EBMを考慮した運動療法・整形外科系-. いわき市医師会整形外科部会; 2008 09; いわき.
  • 菊地臣一. 基調講演 運動器の痛みをどう捉えるか-腰痛の診療現場からの考察-. 第1回運動器疼痛研究会; 2008 12; 東京.
  • 菊地臣一. 変性すべり症-病態からみた治療の選択肢-. 第48回関東整形災害外科学会; 2008 02; 東京. 関東整形災害外科学会雑誌. 2008; 39(4): 188.
  • 菊地臣一. 腰痛:メスを持つ前に-整形外科医の立場から-. 九州・沖縄 腰部脊柱管狭窄症研究会; 2008 03; 福岡.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略-. 京都運動器疾患フォーラム; 2008 12; 京都.
  • 菊地臣一. 運動療法-EBMを考慮した運動療法・整形外科系-. 群馬リハビリテーション医学フォーラム(第五回); 2008 08; 前橋.
  • 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療. 第13回三会合同研究会; 2008 03; 東京.
  • 菊地臣一. 次代を担う君達へ-先輩からのメッセージ-. 寿泉堂綜合病院 研修医レクチャー; 2008 09; 郡山. 
  • 菊地臣一. 腰椎変性すべり症-病態からみた治療の選択肢-. 第8回順天堂大学整形外科フォーラム; 2008 06; 東京.
  • 菊地臣一. 神経性間欠跛行-鑑別と治療-. 第1回名古屋脊椎グループ総会及び学術講演会; 2008 02; 名古屋. 
  • 菊地臣一. 腰痛-その不思議なるもの-. 第57期日本鍼灸師会学術講習会; 2008 10; 東京.
  • 菊地臣一. 基調講演 腰痛-その不思議なるもの-. 第8回日本整形外科看護研究会学術集会; 2008 06; 横浜.
  • 菊地臣一. EBMを考慮した運動療法-整形外科系-. 第43回日本理学療法士協会全国学術研修大会 in 北海道; 2008 10; 札幌.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略-. 第51回広島大学整形外科学教室開講記念会教育研修会; 2008 05; 広島.
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴-EBMと誤診例からの検討-. 第2回福島県南地区整形外科研究会; 2008 07; 白河.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略- 第7回北海道整形外科教育フォーラム; 2008 07; 札幌. 
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療-新しい概念と戦略-. 宮崎腰部脊柱管狭窄症フォーラム2008; 2008 04; 宮崎.
  • 紺野愼一. 腰椎疾患の診断と治療Ⅱ(ヘルニア・LCSを除く). 第6回脊椎脊髄病研修コース; 2008 04 27; 東京.
  • 紺野愼一. 腰痛の保存療法-EBMを考慮した運動療法を中心に-. 会津医学会学術講演会; 2008 11 07; 会津若松.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛に対する治療戦略. 第13回岐阜脊椎セミナー; 2008 11 08; 岐阜.
  • 紺野愼一. 腰痛を取り巻く最近の話題. 京都整形外科医会; 2008 09; 京都.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療. 第1回滋賀県整形外科痛みの研究会; 2008 11 22; 滋賀県.
  • 紺野愼一. 間欠跛行の鑑別診断. 第6回信州脈管セミナー; 2008 10 18; 長野.
  • 紺野愼一. 慢性腰痛の病態と治療. 富山県整形外科医会教育講演会; 2008 11 29; 富山.
  • 紺野愼一. 脊柱管狭窄症について. 社団法人 福島県鍼灸師会 冬季学術講習会; 2008 12 14.
  • 紺野愼一. 腰痛について. 福島県立医科大学 県民公開講座; 2008 11 20; 福島.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄症の病態と治療. 第3回両毛地区症例検討会; 2008 11 15; 栃木県.
  • 箱﨑道之. 腰痛・膝痛に悩まないで!. 平成20年度南会津町健康教室講演会; 2008; 南会津町.
  • 茂呂貴知. 生物学的製剤投与に関わる看護師さまに知っておいてほしいこと. 第1回レミケードナースセミナーin FUKUSHIMA; 2008 11 26; 郡山.
  • 茂呂貴知. 生物学的製剤投与に関わる看護師さまに知っておいてほしいこと. 第2回レミケードナースセミナーin TOHOKU; 2008 05 24; 仙台.
  • 茂呂貴知. 整形外科医にもできるいまどきのRA薬物療法. 会津坂下・喜多方地区リウマチ勉強会; 2008 02 01; 会津若松.
  • 茂呂貴知. タクロリムス追加投与が有効であった生物学的製剤効果不十分例関節リウマチの4例. プログラフ「関節リウマチ」適応拡大3周年 学術講演会; 2008 10 11; 仙台.
  • 矢吹省司, 菊地臣一, 大谷晃司, 二階堂琢也. 頚椎疾患に対する内視鏡下手術. ATST; 2008 07 12; 東京.

 

学会賞等の受賞

  • 福島県医師会. 第19回福島県医師会医学奨励賞. Etodolac, a selective cyclooxygenase-2 inhibitor, induces apoptosis by activating caspases in human malignant rhabdoid tumor cells (FRTK-1). 箱﨑道之

 

諸研究費補助金研究課題

  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金/厚生科学基盤研究分野 医療技術実用化総合研究事業:高悪性度骨軟部腫瘍に対するカフェイン併用化学療法の臨床使用確認試験(第II相試験):土屋弘行:田地野崇宏他
  • 厚生労働省:厚生労働省科学研究費補助金/疾病・障害対策研究分野こころの健康科学研究事業:脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究:嘉山孝正:有賀 徹, 宇川義一, 喜多村孝幸, 篠永正道, 高安正和, 西尾 実, 橋本信夫, 畑澤 順, 馬場久敏, 深尾 彰, 細矢貴亮, 吉峰俊樹, 吉本智信, 井田正博, 加藤真介, 紺野愼一
  • 日本学術振興会:科学研究費補助金/基盤研究(C):腰部神経根性疼痛に対するアシアロエリスロポエチンの効果に関する研究:菊地臣一:紺野愼一, 関口美穂
  • 社団法人日本整形外科学会:日本整形外科学会プロジェクト研究事業:骨粗鬆性椎体骨折に対する保存療法の指針策定(脊椎脊髄病委員会)-脊柱変形と遅発性麻痺予防のための運動器リハビリテーション医療多施設前向き研究-:永田見生:四宮謙一, 赤木繁夫, 紺野愼一, 田口敏彦, 田中靖久, 千葉一裕, 馬場久敏, 角間辰之, 中山健夫, 河原和夫, 白土 修
  • 社団法人日本整形外科学会:日本整形外科学会プロジェクト研究事業:日本人における頚部愁訴、および運動器症状の個人あるいは社会に与えるインパクトに関する調査:菊地臣一:紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 福原俊一, 鈴鴨よしみ, 小野 令
  • 社団法人日本整形外科学会:日本整形外科学会プロジェクト研究事業:腰痛における疼痛関連脳活動(functional MRI)と簡易質問票(BS-POP)の計量心理学的検証-前向き研究-:紺野愼一:倉田二郎, 鹿山 悟, 荒井 至, 関口美穂, 丹羽真一, 菊地臣一
  • 社団法人日本損害保険協会:交通事故医療に関する一般研究助成:頸部愁訴の評価法に関する信頼性の検討:大谷晃司:菊地臣一, 紺野愼一, 福原俊一, 鈴鴨よしみ
  • 福島県立南会津病院:平成20年度福島県立病院医学研究補助金:悪性末梢神経鞘腫におけるcyclooxygenase-2発現の検討:箱﨑道之:北條 洋, 菊地臣一, 田地野崇宏
  • 国内共同研究:限局性ユーイング肉腫ファミリー腫瘍に対する集学的治療法の第II相臨床研究:陳 基明, 牧本 敦, 横山良平, 角美奈子, 秦 順一
  • 受託研究:中外製薬株式会社:共同研究:ラット髄核留置モデルに対するエリスロポエチンの効果に関する研究:紺野愼一:関口美穂, 佐々木信幸

その他

  • 菊地臣一(翻訳・監修). AAOS Orthopaedic Surgery DVD Library No.36 整形外科手術における選択的展開:脊椎 胸椎後側方進入法と肋骨横突起切除術(企画:アステラス製薬株式会社 制作:株式会社ジャパンメディアートパブリッシング). 2008.
  • 菊地臣一(監修). THE BACK LETTER No.51. 2008.
  • 菊地臣一(監修). THE BACK LETTER No.52. 2008.
  • 菊地臣一(監修). THE BACK LETTER No.53. 2008.
  • 菊地臣一(監修). THE BACK LETTER No.54. 2008.
  • 菊地臣一(和訳監修). European Spine Journal 慢性非特異的腰痛管理-ヨーロピアンガイドライン-(提供:エーザイ株式会社 制作協力:エフネットワーク株式会社). 2008.
  • 菊地臣一(回答). 健康相談室Q&A 急な腰痛。受診の目安は?. Health & Life. 2008; 9月号: 20.
  • 菊地臣一(企画, 出演). NHKスペシャル「病の起源」 第3集 腰痛 ~それは二足歩行の宿命か?~. 2008 10 05.
  • 菊地臣一. 腰痛の考えかたが大きく変わっています. いきいき.2008;  3月号: 137-143.
  • 菊地臣一(福島県立総合衛生学院 学院長). 第35回「おさらぎ祭」によせて. 2008; 第35回おさらぎ祭~可能性~輝く希望を胸に…. 4.
  • 菊地臣一, 加賀美幸子1)(1) NHK). 最新の研究が教える,しつこい痛みとの付き合い方 腰痛治療とケア,常識のウソ. 家庭画報. 2008; 51(3): 341-348.
  • 菊地臣一. 院長の声. 看護. 2008; 60(3): 57.
  • 菊地臣一. 腰痛の診断・鑑別・治療法. 現代鍼灸学. 2008; 8(1): 81-88.
  • 菊地臣一. 「志らぎく」第28号発刊に寄せて. 2008; 志らぎく. 28号:3. 
  • 菊地臣一. 監訳者の言葉. In: Craig Liebenson編; 菊地臣一監訳. 脊椎のリハビリテーション 臨床マニュアル 上巻. 東京: エンタプライズ; 2008.
  • 菊地臣一. 監訳者の言葉. In: Craig Liebenson編; 菊地臣一監訳. 脊椎のリハビリテーション 臨床マニュアル 下巻. 東京: エンタプライズ; 2008.
  • 菊地臣一. 理の医療が明らかにした情の医療の必要性-理想の医療へと近づきつつあるEBMとNBMの統合の試み. 代替療法. 2008; (14): 3-5.
  • 菊地臣一. プラタナス 医師のprofessionalism. 日本医事新報. 2008;  (4404): 1.
  • 菊地臣一. 日本運動器疼痛研究会 会長 ご挨拶. 2008; 日本運動器疼痛研究会HP.
  • 菊地臣一. 祝辞. 財団法人竹田綜合病院 創立80周年記念誌. 2008; 12-13.
  • 菊地臣一(監修), 関口美穂(試験主導). 貼付剤の「薬効」を探る ロキソニンパップの実力(DVD)(企画:第一三共株式会社). 2008.
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ②時間経過に伴う画像や病態の変化(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2008.
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ③慢性疾患との合併例(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2008.
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ④腰痛診断に対する基本的な知識不足-重篤な疾患の見逃し-(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2008.
  • 菊地臣一(監修). 腰痛の病態概念を見直す 臨床例で見る腰痛診断のピットフォール ⑤腰痛診断における機能的因子に対する評価-心理・社会的因子の重要性-(企画:大日本住友製薬 制作:株式会社アイカム). 2008.
  • 菊地臣一. 巻頭言 学長就任にあたって. 福島県立医科大学大学医師会会報. 2008;  (76): 1.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.1(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2008.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.2(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2008. 
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.3(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2008.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.4(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2008.
  • 菊地臣一(日本語版監修). 米国整形外科学会生涯教育支援問題集 Orthopaedic Self-Assessment Examination No.5(提供:アステラス製薬株式会社 発行:株式会社メディアート). 2008.
  • 菊地臣一(監修). ポスター "痛み","しびれ"が足にきたら…?(企画:科研製薬株式会社 制作:イデアス株式会社). 2008.
  • 菊地臣一. あとがき. 臨床整形外科. 2008; 43(9): 946.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の最近の話題. マルホ整形外科セミナー; 2008 01 16; 東京.
  • 紺野愼一. 整形外科に関する家庭医学アドバイス. ラジオ福島番組「お母さん教室~ラジオドクター~」; 2008 11 21; 福島.
  • 紺野愼一, 大谷晃司, 増子博文1), 吉本 尚2)(1)神経精神医学, 2)奈義ファミリークリニック). 慢性腰痛の病態と治療. 定期学術冊子『THE SPINE perspectives』6巻2号(2009年4月号)座談会; 2008 11 22; 東京. THE SPINE perspectives. 6(2).
  • 紺野愼一. 帝人ファーマ社内勉強会. 帝人ファーマ社内勉強会; 2008 11 25.
  • 紺野愼一. eディテーリング. eディテーリングの収録; 2008 12 20.
  • 佐藤弘一郎. 関節リウマチと変形性関節症. In: 南東北ふくしま. Vol.17. 福島: 南東北福島病院. 2008; p.1.
  • 宍戸裕章. 腱板損傷の診断と治療-最新の知見-. 福島県整骨師会臨床研修講演会; 2008 11 23.
  • 関口美穂. 国際学会印象記 SPINE WEEK 2008に参加して. 臨床整形外科. 2008; 43(9): 904-905.
  • 関口美穂. The impact of psychosocial factors on low back pain: longitudinal results from the Belstress stud. ペインクリニック. 824.
  • 関口美穂, 菊地臣一. 非ステロイド性抗炎症薬の経皮投与(貼付)における消炎鎮痛効果-行動学的,組織学的検討(企画:第一三共株式会社). 2008.
  • 二階堂琢也. 心因性要素の修飾によって手術のタイミングが遅れた腰部脊柱管狭窄の1例. 第26回心身医学・リエゾン精神医学セミナー; 2008 11 26; 福島.
  • 福井 充1), 千葉一裕2), 川上 守3), 菊地臣一, 紺野愼一, 宮本雅史4), 星地亜都司5), 嶋村 正6), 白土 修7), 田口敏彦8), 高橋和久9), 竹下克志5), 谷 俊一10), 戸山芳昭2), 和田英路11), 米延策雄12), 田中 隆13), 廣田良夫1)(1) 大阪市立大学, 2) 慶応義塾大学, 3) 和歌山県立医科大学, 4) 日本医科大学, 5) 東京大学, 6) 岩手医科大学, 7) 埼玉医科大学, 8) 山口大学, 9) 千葉大学, 10) 高知大学, 11) 星ヶ丘厚生年金病院, 12) 大阪南医療センター, 13) 朋愛病院). JOS掲載原著論文要旨 日本整形外科学会頚部脊髄症評価質問票(Japanes Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire: JOACMEQ)-パート4:重症度スコアの策定-. 日整会誌. 2008; 82(4): 83-84.
  • 矢吹省司. 附属病院リハビリテーションセンター教授就任にあたって. 福島医誌. 2008 06; 58(2): 191.
  • 茂呂貴知. 関節リウマチについて. 農家のみなさんへ-JA厚生連だより; 2008 06 27; 福島.

update    2017年10月23日  10:06

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01