2007(平成19)年業績

医学部整形外科学講座業績

論 文

英語論文

原 著

  1. FUKUI Mitsuru1), Chiba Kazuhiro2), Kawakami Mamoru3), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, MIYAMOTO Masabumi4), SEICHI Atsushi5), SHIMAMURA Tadashi6), SHIRADO Osamu7), TAGUCHI Toshihiko8), TAKAHASHI Kazuhisa9), TAKESHITA Katsushi5), TANI Toshikazu10), TOYAMA Yoshiaki2), WADA Eiji11), YONENOBU Kazuo12), TANAKA Takashi13), HIROTA Yoshio1)(1) Osaka City Univ., 2) Keio Univ., 3) Wakayama Medical Univ., 4) Nihon Medical School., 5) Tokyo Univ., 6) Iwate Medical Univ., 7) Saitama Medical Univ., 8) Yamaguchi Univ., 9) Chiba Univ., 10) Kochi Medical Univ. 11) Hoshigaoka Kouseinenkin Hosp., 12) Osaka Minami Medical Center, 13) Houai Hospital) . Japanese Orthopaedic Association Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ): Part 2. Endorsement of the alternative item. J Orthop Sci. 2007; 12(3): 241-248.
  2. GEISS Andrea1), CARSSON Karin1), RYDEVIK Björn1), TAKAHASHI Ichiro, OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Autoimmune properties of nucleus pulposus. An experimental study in pigs. Spine. 2007; 32: 168-173. PMID:17224810
  3. HAKOZAKI Michiyuki, HOJO Hiroshi1), KIKUCHI Shin-ichi, ABE Masafumi1)(1) First Dept. Pathology). Etodolac, a selective cyclooxygenase-2 inhibitor, induces apoptosis by activating caspases in human malignant rhabdoid tumor cells (FRTK-1). Oncol Reports. 2007 01; 17(1): 169-173. PMID:17143495
  4. IGARASHI Akira, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. A correlation between inflammatory cytokines released from the lumbar facet joint tissue and symptoms in degenerative lumbar spinal disorders. J Orthop Sci. 2007 03; 12(2): 154-160. PMID:17393271
  5. KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, TANAKA Yasuhisa1), YAMAZAKI Ken2), SHIMADA You-ichi3), TAKEI Hiroshi4),  YOKOYAMA Toru5),  OKADA Masahiro5), KOKUBUN Shou-ichi2)(1) Tohoku Univ., 2) Iwate Medical Univ., 3) Akita Univ., 4) Yamagata Univ., 5) Hirosaki Univ.).  A diagnostic support tool for lumbar spinal stenosis. A self-administered, self-reported history questionnaire. BMC Musculoskeletal Disorders. 2007; 8: 102. PMID:17967201
  6. KONNO Shin-ichi, HAYASHINO Yasuaki1), FUKUHARA Shun-ichi1), KIKUCHI Shin-ichi, KANEDA Kiyoshi2), SEICHI Atsushi3), CHIBA Kazuhiro4),  SATOMI Kazuhiko5), NAGATA Kensei6), KAWAI Shinya7)(1) Kyoto Univ., 2) Bibai Rosai Hospital, 3) Tokyo Univ., 4) Keio Univ., 5) Kyorin Univ., 6) Kurume Univ., 7) Yamaguchi Univ.). Development of a clinical diagnosis support tool to identify patients with lumbar spinal stenosis. Eur Spine J. 2007; 16(11): 1951-1957. PMID:17549525
  7. NISHIDA Jun1), MORITA Tetsuo2), OGOSE Akira3), OKADA Kyoji4), KAKIZAKI Hiroshi5),  TAJINO Takahiro, HATORI Masahito6). ORUI Hiroshi7),  EHARA Shigeru1), SATOH Takashi1), SHIMAMURA Tadashi1)(1) Iwate Medical Univ., 2) Niigata Cancer Center, 3) Niigata Univ., 4) Akita Univ., 5) Hirosaki Hosp., 6) Tohoku Univ., 7) Yamagata Univ.) . Imaging characteristics of deep-seated lipomatous tumors. Intramuscular lipoma, intermuscular lipoma, and lipoma-like liposarcoma. J Orthop Sci. 2007 11; 12(6): 533-541. PMID:17393271
  8. OKADA Kyoji1), HASEGAWA Tadashi2), TAJINO Takahiro, HOTTA Tetsuo3), YANAGISAWA Michiro4), OSANAI Toshihisa5),  NISHIDA Jun6), SEKI Kunihiko7), ITOI Eiji1)(1) Akita Univ., 2) Sapporo Medical Univ., 3) Niigata Univ., 4) Hirosaki Hospital, 5) Yamagata Univ., 6) Iwate Medical Univ., 7) National Cancer Center). Clinical relevance of pathological grades of malignant peripheral nerve sheath tumor. A multi-institution TMTS study of 56 cases in northern Japan. Ann Surg Oncol. 2007 02; 14(2): 597-604. PMID:17103076
  9. SASAKI Nobuhisa, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho,  WATANABE Kazuyuki. Anti-TNF-alpha antibody reduces pain-behavioral changes induced by epidural application of nucleus pulposus in a rat model depending on the timing of administration. Spine. 2007 02; 32(4): 413-416. PMID:17304130
  10. TACHIHARA Hisayoshi, KIKUCHI Shin-iehi, KONNO Shin-ichi. Does facet joint inflammation induce radiculopathy ? An investigation using a rat model of lumbar facet joint inflammation. Spine. 2007; 32(4): 406-412. PMID:17304129 
  11. TAKAHASHI Ichiro, KIKUCHI Shin-ichi, SATO Katsuhiko, IWABUCHI Masumi. Effects of the mechanical load on forward bending motion of the trunk. comparison between patients with motion-induced intermittent low back pain and healthy subjects. Spine. 2007; 32: E73-E78. PMID:17224802
  12. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, IKEGAWA Shiro1)(1) RIKEN). Spinal extra dural arachnoid cysts associated with distichiasis and lymph edema. Am J Med Genet. Part A. 2007; 143A: 884-887. PMID:17366583
  13. WATANABE Kazuyuki, YABUKI Shoji, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Complications of endoscopic spinal surgery. A retrospective study of thoracoscopy and retroperitoneoscopy. J Orthop Sci. 2007; 12(1): 42-48. PMID:17260116

症例報告

  1. HAKOZAKI Michiyuki, HOJO Hirhoshi1), TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, KIKUTA Atsushi2),  ITO Masaki2), SANO Hideki2), MOCHIZUKI Kazuhiro2), AKAIHATA Mitsuko2),  KIKUCHI Shin-ichi, ABE Masafumi1)(1) First Department of pathology, 2) Department of Pediatrics, Fukushima Med. Univ.). Periosteal Ewing sarcoma family of tumors of the femur confirmed by molecular detection of EWS-FLI1 fusion gene transcripts. A case report and review of the literature. J Pediat Hemat/Oncol. 2007 08; 29(8): 561-565. PMID:17762498
  2. HAKOZAKI Michiyuki, IWABUCHI Masumi, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Acute calcific tendinitis of the thumb in a child. A case report. Clin Rheumat. 2007 05; 26(5): 841-844. PMID:16900299
  3. HAKOZAKI Michiyuki, IWABUCHI Masumi, OTANI Koji, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. A unusual fracture of the humerus in a volleyball player. A case report. International J Sports Med. 2007 11; 28(11): 977-979. PMID:17497590
  4. NIKAIDO Takuya, ISHIBASHI Kei1), OTANI Koji, YABUKI Shoji, KONNO Shin-ichi,  MORI Shuichi1), OHASHI Kazutaka1), ISHIDA Takashi2), NAKANO Michiko3), YAMAGUCHI Osamu3), SUZUTANI Tatsuo2),  KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Microbiology, 2) Dept. Pulmonary Medicine, 3) Dept. Urology). Mycobacterium bovis BCG vertebral osteomyelitis after Intravesical BCG therapy diagnosed by PCR-based genomic deletion analysis. J Clin Microbiol. 2007; 45: 4085-4087. PMID:17959764
  5. SATOH Koichiro, TAKANO Shizuko1), KOBAYASHI Toshio1)(1) Department of Pharmacology, Fukushima Med. Univ.). Keishikajyutsubuto (Guizhi Shu Fu Tang) treatmento for refractory accumulation of synovial fruid in a patinet with pusutrotic arthro-ostitis. Fukushima J Med Sci. 2007; 53(1): 33-38. PMID:17957964
  6. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Multiple extra dural arachnoid cysts. Report of two operated cousincases. Spine. 2007; 32(20): E585-588.PMID:17873800

 

日本語論文

原 著

  1. 大井剛太, 木村雅史1), 朝雲浩人1), 神林真一1), 佐藤直樹1), 滝 正徳1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 膝前十字靱帯損傷に伴う外側半月板損傷–radial displacementの経過–. 関節鏡. 2007; 32: 75-80.
  2. 大井剛太, 木村雅史1), 朝雲浩人1), 神林長一1), 小林 淳1), 滝 正徳1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 内側側副籾帯3度損傷を合併した前十字靭帯損傷に対する前十字級帯単独再建の治療成績. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2007; 26: 268-272.
  3. 大谷晃司, 菊地臣ー, 矢吹省司.【高齢者骨折に対する私の治療法】転倒予防プログラム・リハビリテーションおよび装具 ヒッププロテクター ヒッププロテクター装着に影響を与える因子の検討. 別冊整形外科. 2007; 52: 278-280.
  4. 大谷晃司.【高齢者骨折に対する私の治療法】骨粗鬆症に対する治療 骨粗鬆症に対する薬物治療–服薬コンプライアンスあるいはアドヒアレンスの検討. 別冊整形外科. 2007; 52: 292-296.
  5. 大谷晃司, 菊地臣ー, 紺野愼一, 矢吹省司. 頚椎椎弓骨切り術で対応できるアテトーゼ型脳性麻樺による頚髄症. X線学的特徴. 日本脳性麻海の外科研究会誌. 2007; 17: 37-39.
  6. 大谷晃司, 菊地臣ー. アテトーゼ型脳性麻痔に伴う頚髄症に対する固定術後の頚部痛–A 型ボツリヌス毒素の治療効果–. 日本脳性麻揮の外科研究会誌. 2007; 17: 41-43.
  7. 加藤欽志, 菊地臣ー, 紺野愼一, 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄に伴う自覚症状–術前後での変化. 前向き研究. 臨整外. 2007; 42(10): 1007-1011.
  8. 紺野愼一, 菊地臣ー, 河合信也1)(1)三陽小野田市病院局). 臨床研究のあたらしい潮流–わが国発の臨床研究推進に向けて(8) 診断方法の評価研究. 日本脊椎脊髄病学会研究事業–"腰部脊柱管狭窄"診断サポートツール開発に関する研究. 医学のあゆみ. 2007; 220(8): 664-669
  9. 宍戸裕章, 菊地臣ー, 紺野愼一. 鏡視下肩峰下除圧術後における腱板断裂の経時的な変化(第2報)MRIによる前向き検討. 臨整外. 2007; 42(2): 155-159.
  10. 菅野伸樹, 後藤あや1), 安村誠司1), 菊地臣ー(1) 公衆衛生学). 大腿骨頚部・転子部骨折後の歩行獲得と自宅退院の関連 術後2週目における評価. 臨整外. 2007 09; 42(9): 903-906.
  11. 田地野崇宏, 菊地臣一, 紺野愼一, 山田 仁, 武田 明. イホスファミド脳症に対するメチレンブルーの治療的・予防的効果–骨軟部肉腫に対する化学療法での検討–. 臨整外. 2007 02; 42(2): 107-114.
  12. 野村卓生1), 菅野伸樹, 長野 聖1), 高戸仁郎2), 植木章三2), 柳 尚夫3), 菊地臣一, 安村誠司4)(1) 大阪府立大学, 2) 東北文化学園大学, 3) 大阪府茨木保健所, 4) 公衆衛生学). "太極拳を取り入れた体操”の開発と介護予防効果に関する予備検証. J Rehabili Health Sci. 2007; 5: 1-6.
  13. 畑下 智, 菊地臣ー, 矢吹省司, 大谷晃司, 岩渕真澄. 頚髄症における術前の頚部愁訴–前向き研究. 臨整外. 2007; 42(10): 1013-1019.
  14. 矢吹省司.肩こりの病態と治療 肩こりの病態–対照群との比較を中心に. 臨整外. 2007: 42(5): 413-417.

総説等

  1. 五十嵐 環.【慢性腰痛の診療】慢性腰痛に対するリエゾン精神医学アプローチ. Orthopaedics. 2007; 20(2): 17-21.
  2. 五十嵐 環, 菊地臣一.【骨・関節疾患における疼痛管理】急性腰痛とその対策. クリニカ. 2007; 34(1): 32-35.
  3. 五十嵐 環.【腰・下肢痛の診断と治療】治療 ブロック療法. 痛みと臨床. 2007; 7(2): 131-139.
  4. 大谷晃司.【プライマリケアのための間欠跛行診療最前線】神経性間欠跛行–疫学. 医薬ジャーナル. 2007; 43: 2685-2687.
  5. 大谷晃司, 菊地臣一.【慢性腰痛の診療】慢性腰痛に対する神経ブロック治療–適応と限界. Orthopaedics. 2007; 20(2): 65-71.
  6. 大谷晃司.【高齢者の頚椎症・頚髄症 その診断と治療】 高齢者の頚椎症・頚髄症の画像診断とその特徴. Orthopaedics. 2007; 20(13): 7-14.
  7. 大谷晃司, 菊地臣一.【頚椎症性脊髄症治療の進歩】頚椎症性脊髄症に対する頚椎椎弓骨切り術. 整・災外. 2007; 50: 991-998
  8. 大谷晃司, 矢吹省司.【肩凝り・頚部痛の病態と治療】肩凝りの病態と疫学. ペインクリニック. 2007; 28(2): 165-173.
  9. 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の保存療法について教えて下さい(Q&A). ペインクリニック. 2007; 28(5): 721.
  10. 大谷晃司, 菊地臣一. 脊椎疾患と神経内科疾患との鑑別. 日本脊椎脊髄病学会誌. 2007; 17: 723-735.
  11. 菊地臣一. 腰痛体操の有効性(Q&A). 日本医事新報. 2007; 4318: 89-90.
  12. 菊地臣一. 腰痛を考える. 私の疑問. 日本臨床整形外科学会会報. 2007; 1(1): 16-19
  13. 紺野愼一.【高齢者の脊椎脊髄疾患】高齢者の脊椎脊髄疾患に対する治療ポイント 脊椎脊髄疾患の自然系科 腰椎分維症の自然経過. Orthopaedics. 2007; 20(9): 17-18.
  14. 紺野愼一.【Minimally invasive surgeryのすべて】腰椎椎間板ヘルニアに対するmicroendoscopic discectomy. 整・災外. 2007; 50(5): 465-468.
  15. 紺野愼一.【腰椎分離症診療マニュアル】腰椎分離症の自然経過. 脊椎脊髄ジャーナル. 2007; 20(5): 477-478.
  16. 紺野愼一.【腰椎変性側彎症(DLS)の最新知見】腰椎変性側彎症の保存的治療. 脊椎脊髄ジャーナル. 2007; 20(9): 991-995.
  17. 紺野愼一. レビューでわかる!いまどき診療エビデンス 急性腰痛、寝ているべきか、動くべきか? JIM. 2007; 17(12): 1066-1069.
  18. 紺野愼一. 腰痛の病態解明 神経根性腰痛. 日本腰痛学会雑誌. 2007; 13(1): 48-51.
  19. 紺野愼一.【腰痛】腰痛の見方 診療の最新トピックス. 医道の日本. 2007; 66(11): 28-33.
  20. 紺野愼一.【新しい腰痛診療へのアプローチ】腰痛に対する新たな概念. 日本医事新報. 2007; 4340: 64-67.
  21. 紺野愼一, 菊地臣一, 河合伸也1)(1) 三陽小野田市病院局). 臨床研究の新しい潮流 わが国発の臨床研究推進に向けて 診断方法の評価研究 日本脊椎脊髄病学会研究事業”腰部脊柱管狭窄”診断サポートツール開発に関する研究. 医学のあゆみ. 2007; 220(8): 664-669.
  22. 関口美穂, 菊地臣ー.【高齢者の脊椎脊髄疾患】加齢による影響と変化–基礎と臨床 神経学的所見の取り方のコツ 高齢者における脊椎脊髄疾患の診察のしかた. 脊椎脊髄ジャーナル. 2007; 20(5): 421-426.
  23. 関口美穂, 菊地臣一.【腰痛 病因・病態からの整理とその治療】根性疼痛モデルによる腰痛の病態解明. Pharma Medica. 2007; 25(7): 17-21.
  24. 関口美穂, 菊地臣一.【「腰痛症」の要因と理学療法】腰痛症に対する診断・医学的治療の変遷. 理学療法ジャーナル. 2007; 41(2): 107-112.
  25. 関口美穂, 紺野愼一.【高齢者の痛み 腰痛】高齢者の腰痛の治療 薬物療法の実際. Geriat Med. 2007; 45(8): 973-976.
  26. 関口美穂, 菊地臣一.【腰・下肢痛の診断と治療】欧米の診療ガイドライン その概要. 痛みと臨床. 2007; 7(2): 165-170.
  27. 関口美穂, 紺野愼一.【腰痛治療 新たなアプローチ】基礎研究 根性廃痛の機序に迫る. ペインクリニック. 2007; 28(1): 5-16.
  28. 関口美穂, 菊地臣一. 腰痛とは. 作業療法ジャーナル. 2007; 41(2): 96-102.
  29. 高山文治.【新時代の骨粗鬆症学 骨折予防を見据えて】骨粗鬆症治療薬の最新の知見 カルシトニン製剤 カルシトニンの鎮痛効果. 日本臨床. 2007; 65(増刊9): 391-395. 
  30. 田地野崇宏. X線診断Q&A 左脛骨Brodie 膿場(Q&A). 整形外科. 2007 11; 58(12): 1613-1614.
  31. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一.【腰痛 病因・病態からの整理とその治療】腰痛に対するリエゾンアプローチ. Pharma Mecdica. 2007; 25(7): 45-49.
  32. 矢吹省司, 菊地臣ー. 腰部脊柱管狭窄の病態からみた治療法の選択–ブロック療法を中心に–. 日整会誌. 2007; 81(7):515-518.
  33. 矢吹省司. 神経ブロック療法. 痛みと臨床. 2007: 7(3): 73-78.
  34. 矢吹省司. Roland-Morris Disability Questionnaire. 脊椎脊髄ジャーナル. 2007; 21(2): 154-155.
  35. 矢吹省司.ここまで知っておきたい痛みへのアプローチ 腰部脊柱管狭窄症をいかに治療するか 神経ブロック療法. 痛みと臨床. 2007; 7(3): 301-306.
  36. 矢吹省司.【運動器の痛みとその治療】疾患別痛みの治療の実践 肩凝り. ペインクリニック. 2007: 28別冊秋:  S567-S572.

症例報告

  1. 岩渕真澄. 腰仙部と頭蓋内の硬膜下血腫を同時にきたした稀な1例. 日本脊髄障害医学会雑誌. 2007; 20(1): 138-139.
  2. 大井剛太, 菊地臣一, 矢吹省司, 沼崎広法, 大歳憲一, 若松大樹1)(1) 心臓血管外科学). 無症候性動脈閉塞が関連したと思われる人工膝関節置換術後の難治性反復性関節血症. 1例報告. 臨整外. 2007; 42(1): 83-88.
  3. 佐藤陸志1), 佐藤弘一郎, 小島清司1), 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). 脛骨横止め式髄内釘施行後, 骨折部に異常可動性が生じた2 例. 福島県立病院医学研究誌. 2007; 22: 19-21.
  4. 長倉 栄, 菊地臣ー, 宍戸裕章. 結核性肩関節炎. 2例報告. 肩関節. 2007; 31(3): 657-660.

著書・訳書

  1. 大内一夫. 結核性関節炎. In: 越智隆弘, 越智光夫, 高倉義典編集. 最新整形外科学大系18巻. 日本: 中山書店. 2007 08; p.304-308.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一. B. 難治性のしびれ–病態と治療の実際. In: 菊地臣ー編集.プライマリケアのための整形外科寒痛マニュアル. 東京: 金原出版. 2007: p.368-371.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一. Q31 変形性脊椎症・脊柱管狭窄(症)の重症度は? In: 菊地臣ー, 武藤芳照, 伊藤晴夫編集. 腰痛の運動・生活ガイド第4版. 東京: 日本医事新報社. 2007; p.100-102.
  4. 大谷晃司, 菊地臣ー. Q32 軽症例は? In: 菊地臣ー, 武藤芳照, 伊藤晴夫編集. 腰痛の運動・生活ガイド第4版. 東京: 日本医事新報社. 2007; p.103-104. 
  5. 大谷晃司, 菊地臣ー. Q33 軽症例に対する薬物療法・ペインクリニックは? In: 菊地臣ー, 武藤芳照, 伊藤晴夫編集. 腰痛の運動・生活ガイド第4版. 東京: 日本医事新報社. 2007; p.105-108.
  6. 大谷晃司, 菊地臣一. Q34 保存療法で効果のない中等度進行例は? In: 菊地臣ー, 武藤芳照, 伊藤晴夫編集. 腰痛の運動・生活ガイド第4版. 東京: 日本医事新報社. 2007; p.109-110.
  7. 大谷晃司, 菊地臣一. Q35 手術の適応例は? In: 菊地臣ー, 武藤芳照, 伊藤晴夫編集. 腰痛の運動・生活ガイド第4版. 東京: 日本医事新報社. 2007; p.111-114.
  8. 紺野慎一. 変形性脊椎症診断と治療. In: 糸満盛憲, 越智光夫, 高岸憲二, 戸山芳昭, 中村利孝, 三浪明男, 吉川秀樹. 最新整形外科学大系第25巻 高齢者の運動器疾患. 東京: 中山書店. 2007; p.162-167
  9. 紺野慎一. 脊椎・脊髄腰部脊柱管狭窄のMRI診断. In: 伊藤博元編集. 図解よくわかる整形外科MRI 診断実践マニュアル. 東京: 全日本病院出版会. 2007; p.68-72.
  10. 紺野愼一. 胸腔鏡下手術内視鏡下の解剖. In: 四宮謙一, 出沢明編. 脊椎内視鏡下手術–基本手技から技術認定まで. 東京: 南江堂. 2007; p.167-178.
  11. 関口美穂, 菊地臣一. 各論・慢性腰痛. In: 心身症の診断と治療・機能的疾患. 東京: 診断と治療社. 2007; p.185-190.
  12. 関口美穂, 菊地臣一. EBMからみたインフォームドコンセント. In: 浜田良機, 富士武史編. トラブルにならない整形外科インフォームドコンセント. 東京: 金原出版. 2007; p.18-19.
  13. 関口美穂, 菊地臣一. Q1 腰痛はなぜ、起こるの?. Q2 腰痛はどんな原因が多いのか?. Q4 脊柱管狭窄とは?.  Q5 変形性脊椎症とは?. Q6 すべり症とは?. In: 菊地臣ー, 武藤芳照, 伊藤晴夫編集. 腰痛の運動・生活ガイド第4版. 東京: 日本医事新報社. 2007; p.2-4,  5-10, 13-17, 18-20, 21-24.
  14. 関口美穂, 菊地臣ー. 運動器疾患の保存療法の意義と課題. In: 糸満盛憲, 戸山芳昭編集主幹. 私のすめる運動器疾患保存療法実践マニュアル. 東京: 全日本病院出版会. 2007; p.1-6.
  15. 関口美穂, 紺野慎一. 腰部脊柱管距策症に対するブロック療法. In: 糸満盛憲, 戸山芳昭編集主幹. 私のすすめる運動器疾患保存療法実践マニュアル. 東京:  全日本病院出版会. 2007; p.121-126.
  16. 矢吹省司, 菊地臣ー. 痛み治療の進歩. In: 山下敏彦編集. 運動器の痛み診療ハンドブック. 東京: 南江堂. 2007; p.30-38.
  17. 矢吹省司. 抗TNFと神経痛. In: 下敏彦編集. 運動器の痛み診療ハンドブック. 東京: 南江堂. 2007; p.39-40.
  18. 矢吹省司. いわゆる「肩こり」の病態と治療. In: 菊地臣ー編集. プライマリケアのための整形外科疼痛マニュアル. 東京: 金原出版.  2007; p.227-230.

 

研究報告

  • 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. 髄核留置モデルに対する選択的セロトニン受容体拮抗薬の血流増加効果についての検討. In: 平成18年度セロトニン研究会報告. 東京: メデイカルビュー社. 2007; p.5.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. EJIRI Soichi, MARUYA Masato1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Yurin Hospital). Prospectiverandomized controlled trial between endoscopic and open carpal tunnel release. The 6th Biennia lSAKOS Congress. 2007 05 27.
  2. HAKOZAKI Michiyuki, HOJO Hiroshi1), KIKUCHI Shin-ichi, ABE Masafumi1)(1) First Dept. Pathology).Etodolac, a selective cyclooxygenase 2 inhibitor, induces apoptosis by activating caspases in newly established human sarcoma cells.The 14th International Symposium on Limb Salvage. 2007 09 11; Hamburg, Germany.
  3. IWABUCHI Masumi, OTANI Koji, HAKOZAKI Michiyuki. No relationsip between lodicchanges on MRI and low back pain in investigation of 97 subjects including healthy persons. The 34th Annual meeting, Intrenational Society of the Study of the Lumbar Spine. 2007 06 10; Hong Kong.
  4. KATOH Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Participation of 5-hydroxytrytamine related to nerve root inflammation in lumbar disc herniation. Euro Spine. 2007 10 02; Brussels, BeIgium. Eur Spine J. 2007; 16 (Suppl1): S75.
  5. KATO Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Participation of 5-hydroxy trytamine related to nerve root inflammationin lumbar disc herniation. Asia Pacific Orthopaedic Association. 2007; Seoul , Korea. AsiaPacific Orthopaedic Association. 2007; 764.
  6. KATO Kinshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi,  SEKIGUCHI Miho. Participation of 5-hydroxy trytamine related to nerve root inflammation in lumbar disc herniation. The 34th Annual Meeting; 2007; Hong Kong. 34th Annual meeting, Intrenational Society of the Study of the Lumbar Spine. 2007 06 10; Hong Kong. ISSLS abstract. 2007; 115.
  7. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, YABUKI Syoji, IGARASHI Tamaki, NIKAIDO Takuya. An epidemiological study of ADL disturbance caused by low back pain. Euro Spine 2007. 2007 10 02; Brussels, BeIgium.
  8. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, YABUKI Syoji, NIKAIDO Takuya. Kinematic MRimaging of cervical spine. Usefulness of diagnosis for C3-4 or C4-5 spondylotic myelopathy. The 34th Annual meeting of Cervical Spine Research Society. 2007 11.
  9. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, IGARASHI Tamaki, NIKAIDO Takuya. An epidemiologic study of lumbar spinal canal stenosis; incidence, degree of disability and influence on QOL. 2007 06.
  10. SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. The analgesic effect of percutaneous absorption type non-steroidal anti-inflalnmatory drugs (NSAIDs). The 15th Triennial Congress of Asia Pacific Orthopaedic Association. 2007 09 09; Korea. APOA abstract. 2007; 439-440.
  11. SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. The effect of 5-HT2A recptor antagonist on blood flow improvement in lumbar disc herniation. Euro Spine 2007; 2007 10 02; Brussels, Belguim. Eur Spine J. 2007; 16 (Suppl1): S19.
  12. SEKIGUCHI Miho, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. The effect of 5-HT2A receptor antagonist on blood flow improvement in lumber disc herniation-an experimenta study of application of nucleus pulposus in a canine model-. The 34th Annual meeting, Intrenational Society of the Study of the Lumbar Spine. 2007 06 10; Hong Kong. ISSLS abstract. 2007; 171.
  13. TACHIHARA Hisayoshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Do corticosteroids produce additionaI benefit in nerve root infiltration for lumbar disc herniation ? The 34th Annual meeting, Intrenational Society of the Study of the Lumbar Spine. 2007 06 10; Hong Kong. ISSLS abstract. 2007; 121.
  14. TAJINO Takahiro, TAKEDA Akira, YAMADA Hitoshi, HAKOZAKI Michiyuki, KIKUCHI Shin-ichi. The effect of additional administration of sodium bicarbonate for metabolic acidosis complications of ifosfamide therapy in musculoskeletal sarcomas. The 14th International Symposium on Limb Salvage. 2007 09 11; Hamburg, Germany. ISOLS 2007 Proceedings. 2007; 224-225.
  15. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Spinal extradural arachnoid cysts associated with distichiasis and Iymphedelna. APOA2007. 2007 09 12; Korea.
  16. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Endoscopic surgery for cervical myelopathy. APOA 2007.  2007 09 13; Korea.

 

国内学会

研究発表 

  1. 荒 文博, 菊地臣一, 青田恵郎, 矢吹省司. 化膿性股関節炎と人工股関節術後感染例に対するTHA 10例報告. 東北整災誌. 2007; 51(1): 119-120.
  2. 青田恵郎, 菊地臣一, 武田浩一郎1), 大橋寛憲(1) 福島県総合療育センター). 脚延長器による延長併用の人工股関節置換術の検討 適応と合併症、転子骨切り併用THAとの比較. 日整会誌. 2007; 81(3): S72.
  3. 五十嵐 環, 菊地臣ー, 紺野愼一, 大谷晃司, 二階堂琢也. 腰仙椎部神経根障害における疼痛と心理的要因の関係–VAS, RDQ, およびBS-POPの経時的変化–. 第80回日本整形外科学術集会; 2007 05. 日整会誌. 2007; 81(3): S105.
  4. 五十嵐 環, 菊地臣ー, 紺野愼一, 大谷晃司, 二階堂琢也. 頚髄症術前後における心理的要素の関与–BS-POPと満足度の関係 前向き研究–. 第36回日本脊椎脊髄病学会; 2007 04; 金沢. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(2): 347.
  5. 石橋 啓1), 中野路子2), 森 修一1), 大橋一孝1), 錫谷達夫1), 二階堂琢也, 大谷晃司, 紺野愼一, 矢吹省司, 菊地臣ー, 加宅田和彦2), 横山純一3), 山口 修2)(1) 微生物学, 2) 泌尿器科学, 3) 大原綜合病院). BCG膀胱注入療法後の結核性脊椎炎–MTC特異的欠損領域による同定法. 2007 04.
  6. 岩渕真澄, 村上和也1), 荒 文博(1) 福島赤十字病院). 腰椎椎間板ヘルニア摘出術を行った妊婦の1例. 第2回運動器と痛み研究会. 2007 04; 福島.
  7. 上杉和秀. 化膿性脊椎炎に対する鏡視下病巣掻爬術. 1例報告. 会津整形外科医会. 2007 09 25; 会津若松.
  8. 江尻荘一, 菊地臣ー, 矢吹省司, 田地野崇宏, 大谷晃司, 鳥越 均1)(1) とりごえ整形外科クリニック). 骨盤部腫瘍に対するマイクロサージャリーを用いた再建術後の長期成績一脊柱の変形とQOL–3例報告–. 第34回日本マイクロサージャリー学会. 2007 10 19; 福島. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2008; 21(2): 161-162.
  9. 江尻荘一. Ehlers-DanIos症候群に発症した小指屈筋腱皮下断裂の1例. 第21回福島手の外科研究会. 2007 11 10; 郡山.
  10. 大井剛太, 菊地臣ー, 矢吹省司, 長総義弘, 沼崎広法. 反復性膝蓋骨脱臼に対する脛骨粗面移動術の治療成績. 第32回日本膝関節学会. 札幌. 日本膝関節学会学術集会抄録集. 2007; S161.
  11. 大井剛太, 菊地臣ー, 矢吹省司, 沼崎広法, 大歳憲一. 人工膝関節置換術後の難治性反復性関節血症. 東北膝関節研究会会誌. 2007; 17: 57.
  12. 大内一夫, 菊地臣ー, 矢吹省司, 橋本慶太. 母趾種子骨障害に対する種子骨摘出術. 第32回日本足の外科学会. 2007 06; 長崎. 日本足の外科学会雑誌. 2007; 28(1): S127.
  13. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環, 二階堂琢也. 腰部脊柱管狭窄がQOLに与える影響. 第80回日本整形外科学術集会; 2007 05. 日整会誌. 2007; 81(3): S253.
  14. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環, 二階堂琢也. 病院看護職の腰痛–新JOAスコアによる検討–. 第80回日本整形外科学術集会. 2007 05. 日整会誌. 2007; 81(3): S103.
  15. 大谷晃司, 菊池臣ー, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環, 二階堂琢也. 腰痛の日常生活への影響–Roland-Morris Disability Questionnaire日本語版を用いて–. 第36回日本脊椎脊髄病学会. 2007 04; 金沢. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(2): 292.
  16. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環, 二階堂琢也. 腰仙部退行性疾患に伴う下肢痛に合併する腰痛と臀部痛の検討 神経根ブロックによる分析. 東北整災誌. 2007; 51(1): 147-148.
  17. 大谷晃司, 菊地臣ー. 頚椎伸展負荷試験が診断確定に有用であった上肢症状を欠く頚椎症性脊髄症–1 例報告–. 第17回東北脊椎外科研究会. 2007 01; 仙台. 東北整災誌. 2008; 52(1): 160.
  18. 大谷晃司. 乳癌脊椎転移の臨床的検討. 第5回骨転移研究会; 2007 02; 郡山.
  19. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. ラット髄核留置モデルにおけるP2x4陽性グリア細胞の発現と疼痛への関与. 日整会誌. 2007; 81(8): S1110.
  20. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. ラット髄核留置モデルにおけるP2x4陽性グリア細胞の発現と疼痛への関与. PAIN RESERCH. 2007; 22(2): 89.
  21. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 宍戸裕章, 立原久義. 腱板広範囲断裂に対する広背筋移行術の成績. 第34回日本肩関節学会; 肩関節. 2007; 32(1): 87.
  22. 大橋寛憲, 菊地臣一, 矢吹省司, 青田恵郎, 大谷晃司. 脊椎圧迫骨折の脊椎–骨盤アライメントへの影響. 第80回日本整形外科学会総会; 2007 05. 日整会誌. 2007; 81(4): S413.
  23. 岡田恭司1), 長谷川 匡2), 田地野崇宏, 堀田哲夫3), 柳澤道朗4), 小山内俊久5), 西田 淳6), 関 邦彦7)(1) 秋田大学, 2) 札幌医科大学, 3) 新潟大学, 4) 国立弘前病院, 5) 山形大学, 6) 岩手医科大学, 7) JR東京総合病院). 悪性末梢神経鞘腫蕩56例の治療成績と予後因子の検討. 第80回日本整形外科学会総会; 2007 05; 神戸. 日整会誌. 2007; 81(4): S584.
  24. 岡田恭司1), 生越 章2), 小山内俊久3), 田地野崇宏, 西田 淳4), 羽鳥正仁5), 柳澤道朗6)(1) 秋田大学, 2) 新潟大学, 3) 山形大学, 4) 岩手医科大学, 5) 東北大学, 6) 国立弘前病院). 骨・軟部腫瘍を対象とした共同研究の実際–東北地区骨軟部腫瘍研究会12年の経験から–. 第40回日本整形外科学会 骨・軟部腫蕩学術集会; 2007 07 12; 甲府. 日整会誌. 2007; 81(6): S658.
  25. 加藤欽志, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 腰椎椎間板ヘルニアの脊髄神経根障害におけるセロトニンの関与. 第22回日本整形外科学会 基礎学術集会; 2007; 浜松. 日整会誌. 2007; 81(8): S1037.
  26. 加藤欽志, 菊地臣ー, 紺野愼一, 関口美穂. 腰椎椎間板ヘルニアの脊髄神経根障害におけるセロトニンの関与. 日本疼痛学会; 東京. PAIN RESEARCH. 2007; 22(2): 87. 
  27. 加藤欽志, 菊地臣ー, 紺野愼一, 関口美穂. ラット腰部脊髄神経に対するセロトニンによる疼痛関連行動と後根神経節への影響. 日本脊椎脊髄病学会; 金沢. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(2): 86.
  28. 加藤欽志, 菅野裕雅1), 小澤喜洋1), 高橋一朗, 渡邉和之, 大谷晃司(1) 寿泉堂綜合病院). 卵巣嚢腫による坐骨神経痛が疑われた1例. 第105回東北整形災害外科学会; 福島. 東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 2007; 24.
  29. 川上亮一, 江尻荘一, 高橋洋子, 矢吹省司, 菊地臣一. 足部でグロービング損傷に対する緊急広背筋弁移植と剥奪皮膚の利用による治療経験 1例報告. 第34回日本マイクロサージャリー学会. 2007  10; 福島. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2008; 21(2): 216.
  30. 川上亮一, 江尻荘一, 高橋洋子, 矢吹省司, 菊地臣一. 開放性前腕骨(Gastilo分類Type 3)の治療経験 7例報告. 日本手の外科学会雑誌. 2007; 24(1): 104.
  31. 菅野隆浩1), 池田和彦2), 猪狩次雄3), 大戸 斉1), 矢吹省司, 紺野愼一, 菊地臣一, 田崎哲典2)(1) 輸血部, 2) 第一内科学, 3) 手術部). 若年者脊柱側彎症に対する脊椎固定術のための自己血貯血. 日本輸血細胞治療学会誌. 2007; 53(2): 287.
  32. 菅野裕雅1), 小遣喜洋1), 高橋一朗, 渡邉和之, 加藤欽志(1) 寿泉堂綜合病院). 頚椎椎弓形成術後に硬膜外血腫となり, 四肢麻療を呈した1例. 第105回東北整形災害外科学会; 福島. 第105回東北整形災害外科学会. 2007; 31.
  33. 菊地忠志, 菊地臣一, 紺野愼一, 津田謙矢. 人工膝関節手術に最小侵襲手術は有用か?第80回日本整形外科学会総会; 2007 05; 神戸. 整会誌. 81(4): S375.
  34. 北野尚子, 菊地臣ー, 矢吹省司, 大谷晃司, 五十嵐 環1), 二階堂琢也, 千葉仁志(1) 岩井整形外科内科). 圧迫性頚髄症との鑑別を要したGuillan-Barre 症候群ー2例報告一. 第105回東北整形災害外科学会. 2007 06; 福島. 東北整災誌. 2008; 52(1): 121.
  35. 小林 洋, 田地野崇宏, 山田 仁, 紺野愼一, 菊地臣ー. 仙骨部の表皮嚢腫に有棘細胞癌を合併した症例ー1例報告一. 第105回東北整形災害外科学会. 2007 06 30; 福島. 東北整災誌. 2008; 52(1): 154.
  36. 小林義尊, 菊地臣一, 倉田二郎1), 大歳憲一, 加藤欽志, 畑下 智, 鹿山 悟2), 荒井 至2), 國分美加2), 赤石沢 孝2), 紺野愼一(1) 京都大学 , 2) 総合南東北病院). 腰痛における疼痛関連脳活動. PAIN RESEARCH. 2007; 22(2): 100.
  37. 紺野愼一, 菊地臣一, 国分正一1), 田中靖久1), 島田洋一2), 嶋村 正3), 山崎 建3), 横山 徹4), 武井 寛5)(1) 東北大学, 2) 秋田大学, 3) 岩手医科大学, 4) 弘前大学, 5) 山形大学). 腰部脊柱管狭窄の診断 自記式問診票の開発. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(2): 521.
  38. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の診断 自記式問診票の開発. 日整会誌. 2007; 81(3): S254.
  39. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛の画像診断. 日本画像医学雑誌. 2007; 25(3): 155.
  40. 佐々木信幸, 菊地臣ー, 矢吹省司, 山田 仁, 田地野崇宏. 神経線維腫症I型(NF-1)に合併した血管拡張型骨肉腫–1例報告–. 第105回東北整形災害外科学会. 2007 06 30; 福島. 東北整災誌. 2008; 52(1): 152.
  41. 佐藤弘一郎, 小林利男1), 菊地臣一(1) リハビリテーション研究所). 非骨傷性脊髄損傷は骨傷性脊髄損傷より予後が本当に良いのか ?. 第80回日本整形外科学会学術総会. 2007; 神戸. 日整会誌. 2007; 81(3): S117.
  42. 佐藤弘一郎, 青田恵郎, 大橋寛憲, 荒 文博, 高齢発症関節リウマチにおける急速な破壊型の股関節障害. 第17回福島県リウマチフォーラム. 2007.
  43. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一, 長倉 栄. 腱板断裂に対する鏡視下肩峰下除庄術の術後成績. 肩関節拘縮との関連. 前向き研究. 第80回日本整形外科学会学術総会. 2007; 神戸. 日整会誌. 2007; 81(3): S275.
  44. 志田 努, 菊地臣ー, 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也. 神経根造影像が契機となって発見された仙骨部形質細胞腫–1例報告–. 第105回東北整形災害外科学会. 2007 06; 福島. 東北整災誌. 2008; 52(1): 123-124.
  45. 鈴鴨よしみ1), 高橋奈津子1), 紺野愼一, 菊地臣一, 福原俊一1)(1) 京都大学). 第14回日本腰痛学会. 日本腰痛学会雑誌. 2007; 13(1): 238. 
  46. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣ー. 経皮的吸収局所作用型非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の鎮痛効果.第22回日本整形外科学会基礎学術集会. 2007 10 25; 浜松. 日整会誌. 2007; 81(8): S924.
  47. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣ー. 髄核留置モデルに対する選択的セロトニン受容体拮抗薬の血流増加効果についての検討. 第36回日本脊椎脊髄病学会; 2007 04 26; 金沢. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(2): 490.
  48. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. 経皮的吸収局所作用型非ステロイド性抗炎症剤の鎮痛効果. 第29回日本疼痛学会; 2007 07 07; 横浜. PAIN RESEARCH. 2007; 22(2): 82.
  49. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣ー. 髄核留置モデルに対する選択的セロトニン受容体措抗薬の血流増加効果についての検討. 第12回東北セロトニン研究会. 2007 01 20; 仙台. 第12回東北セロトニン研究会抄録集. 2007; IV.
  50. 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一. 髄核留置モデルに対する選択的セロトニン受容体倍抗薬の血流増加効果についての検討. 第5回整形外科痛みを語る会. 2007 07 01; 東京.
  51. 高橋一朗, 小澤喜洋1), 渡邉和之, 加藤欽志, 菅野裕雅1)(1) 寿泉堂綜合病院). 抗凝固・血栓溶解療法を行ったにも関わらず深部静脈血栓症が続発した大腿骨頚部骨折の1例. 第105回東北整形災害外科学会. 2007; 福島.
  52. 高橋一朗, 小澤喜洋1)(1) 寿泉堂綜合病院). 大腿骨近位部骨折の周術期に発生した下肢静脈血栓症一下大静脈フィルター設置を行った5症例について一. 第1回股関節研究会; 2007; 郡山.
  53. 高山文治, 関口美穂, 矢吹省司, 藤田 勇1), 嶋田英樹, 菊地臣一(1) 北里大学). 腰椎椎間板ヘルニア・モデル・ラットの後根神経節におけるinsulin-like grawth factor 1(IGF-1)の局在と機能. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(1): 84.
  54. 高山文治, 関口美穂, 矢吹省司, 藤田 勇1), 嶋田英樹, 菊地臣一(1) 北里大学). 腰椎椎間板ヘルニア・モデル・ラットの後根神経節における遺伝子発現変化の解析. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(1): 85.
  55. 高山文治, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 骨粗鬆症モデルラットに対するカルシトニンの鎮痛効果. Clinical Calcium. 2007; 17(5): 797.
  56. 武田 明, 菊地臣ー, 鹿山 悟1), 荒井 至1), 近内泰伸1), 上杉和秀, 福田宏成, 田地野崇宏(1) 総合南東北病院). 整形外科受診で癌と診断された症例ー癌を見逃さないための注意点一. 第40回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会. 2007 07 12; 甲府. 日整会誌. 2007; 81(6): S685
  57. 田地野崇宏, 菊地臣ー, 山田 仁, 紺野愼一. 肺転移に先行して肺外転移を生じた軟部肉腫ー臨床病理学的検討一. 第40回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会. 2007 07 13; 甲府. 日整会誌.  2007; 81 (6): S753.
  58. 立原久義, 菊地臣ー, 紺野愼一. Mayfield型頭蓋三点固定器の設置における安全域解剖学的検討. 第80回日本整形外科学会学術総会. 2007; 神戸. 日整会誌. 2007; 81(4): S417.
  59. 立原久義, 宍戸裕章. 人工肩関節置換術後遅発性感染–1 例報告–. 第18回東北肩関節研究会. 第18回東北肩関節研究会プログラム. 2007. 4.
  60. 江尻荘一, 菊地臣一, 矢吹省司, 田地野崇宏, 川上亮一, 鳥越 均. 腓骨頭を含む遊離血管柄付き腓骨移植術を用いた上腕骨近位部の再建. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2007; 20(2): 237.
  61. 二階堂琢也, 菊地臣ー, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 頚椎手術が患者の満足度に影響を与える因子SF-36を用いた検討. 第80回日本整形外科学会学術総会. 2007 05 26; 神戸. 日整会誌. 2007; 81(4): S364.
  62. 二階堂琢也, 菊地臣ー, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司, 五十嵐 環. 頚椎後方instrumentatlonにおけるsubaxial trans articular screwー有用性と安全性の検討. 第36回日本脊椎脊髄病学会. 2007 04 26; 金沢. 日本脊推脊髄病学会雑誌. 2007; 18(1): 138.
  63. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. BCGによる結核性脊椎炎 1例報告. 東北整災誌. 2007; 51(1): 144.
  64. 箱﨑道之, 北條 洋1), 菊地臣ー, 阿部正文1)(1) 第一病理学). 選択的Cyclooxygenase-2阻害剤Etodolacのヒト肉腫細胞株に対する増殖抑制効果の検討. 第40回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会. 2007 07 12; 甲府. 日整会誌. 2007; 81(6): S698.
  65. 箱﨑道之, 北條 洋1), 阿部正文1)(1) 第一病理学). 悪性末梢神経鞘腫由来細胞株FMS-1の樹立とその性状の解析. 第96回日本病理学会総会. 2007 03 15; 大阪. 日本病理学会会誌. 2007; 96(1): 317.
  66. 箱﨑道之, 田地野崇宏, 山田 仁, 菊地臣ー, 北條 洋1), 阿部正文1)(1) 第一病理学). 大腿骨に生じた骨原発性Ewing肉腫1例報告. 第105回東北整形災害外科学会. 2007 05; 福島. 東北整災誌. 2007; 51(1): 122.
  67. 箱﨑道之, 北條 洋1), 菊地臣ー, 阿部正文1)(1) 第一病理学). 選択的Cyclooxygenase-2阻害剤Etodolacのヒト肉腫細胞株に対する増殖抑制効果の検討. 第8回首都圏COX-2研究会. 2007 06 02; 東京.
  68. 橋本慶太, 朝熊英也, 菅野伸樹, 関口泰史, 大内一夫. 足切断を回避できた糖尿病性足潰瘍の1例. 第32回日本足の外科学会. 2007 06; 長崎. 日本足の外科学会雑誌. 2007; 28(1): S93.
  69. 畑下 智, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂, 小林秀男. ラット神経因性疼痛モデルを用いてのmirror-image painのメカニズムの検討. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 128(2): 487.
  70. 福原俊一1), 鈴鴨よしみ1), 高橋奈津子1), 紺野愼一, 菊地臣一, 中村孝志1)(1) 京都大学). 第14回日本腰痛学会. 日本腰痛学会雑誌. 2007; 13(1): 238. 
  71. 皆川英成1), 作山洋三1), 田口浩子(1)大野病院). 腸腰筋膿瘍に対するCTガイド下経皮的ドレナージの治療経験. 第105回東北整形災害外科学会. 2007. . 東北整災誌. 2008; 52(1): 133.
  72. 矢吹省司, 菊地臣ー, 大谷晃司, 五十嵐 環, 二階堂琢也. 頚髄症に対する内視鏡下手術一適応と限界一. 第80回日本整形外科学会学術集会; 2007 05 24; 神戸. 日整会誌. 2007; 81(3): S125.
  73. 矢吹省司, 菊地臣ー, 池川志郎1)(1) 理化学研究所). 家族性硬膜外くも膜嚢腫–家系調査–. 第80回日本整形外科学会学術集会. 2007 05 24; 神戸.
  74. 矢吹省司, 菊地臣ー, 大谷晃司, 五十嵐 環, 二階堂琢也. 先端医療 頚髄症に対する内視鏡手術. 第36回日本脊椎脊髄病学会. 2007 04; 金沢. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(1): 26.
  75. 矢吹省司, 菊地臣ー. 頚髄髄内腫傷に対する段階的摘出術 2例報告. 第36回日本脊椎脊髄病学会. 2007 04 26; 金沢. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2007; 18(1): 57.
  76. 矢吹省司, 菊地臣ー. 高齢者の膝内側部痛. 第29回日本疼痛学会. 2007 07 07; 横浜. PAIN RESERCH. 2007; 22(2): 69.
  77. 矢吹省司, 菊地臣一. 濃度の違いによって神経根ブロックの治療効果に差がでるか? N-of-1 trialによる検討. 第15回日本腰痛学会. 2007 11 10; 大阪. 日本腰痛学会雑誌. 2008; 14(1): 173.
  78. 矢吹省司, 菊地臣ー, 大谷晃司, 二階堂琢也. 頚髄症に対するendoscopic partial laminectomy. 第13回日本最小侵襲整形外科学会. 2007 12 08; 高松.
  79. 矢吹省司, 菊地臣ー. 多発性硬膜外くも膜嚢腫–2従姉妹手術例の報告–. 第56回東日本整形災害外科学会. 2007 09 21; 軽井沢.
  80. 山田 仁, 菊地臣ー, 田地野崇宏, 紺野愼一. 前腕皮下埋め込み型中心静脈カテーテルを用いた骨軟部肉腫に対する化学療法. 第40回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会. 2007 07 12; 甲府. 日整会誌. 2007; 81(6): S687
  81. 山田 仁, 菊地臣ー, 田地野崇宏, 紺野愼一. 未分化神経外胚葉性腫瘍に合併した多中心性細網組織球症–1例報告–. 第105回東北整形災害外科学会. 2007 05; 福島. 東北整災誌. 2007; 51(1): 122.
  82. 米嵩 理1), 関口美穂, 紺野愼一, 菊地臣一, 金谷文則1)(1) 琉球大学). 馬尾圧迫後の虚血に対するVEGF発現増加に伴う代償性血管新生 ラット馬尾圧迫モデルを用いて. 第22回日本整形外科学会 基礎学術集会. 日整会誌. 2007; 81(8): S1036.
  83. 嘉川貴之1), 岡田恭司1), 保坂正美2), 西田 淳3), 田地野崇宏, 柳澤道朗4), 生越 章5), 小山内俊久6)(1) 秋田大学, 2) 東北大学, 3) 岩手医科大学, 4) 国立弘前病院, 5) 新潟大学, 6) 山形大学). 骨粘液線維腫の14例. 第105回東北整形災害外科学会. 2007 06 30; 福島. 東北整災誌. 2007; 52(1): 148-149.

シンポジウム

  1. 大谷晃司. アテトーゼ型脳性麻療に伴う頚髄症術後の頚部痛–A型ボツリヌス毒素の治療効果–. 第3回脳性麻痩ボツリヌス療法研究会; 2007 07.
  2. 大谷晃司. 頚部脊髄症に対する低侵襲手術 頚椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術. 第13回日本最小侵襲整形外科学会. 2007 12 08; 高松. 日本最小侵襲整形外科学会誌. 2008; 8(1): 30.
  3. 高橋直人. 坂下厚生総合病院整形外科における自己血輸血の現状. 第8回日本自己血輸血学会教育セミナー. 2007 12 08; 福島.
  4. 矢吹省司, 大谷晃司, 二階堂琢也, 菊地臣一. 頚髄症に対するendoscopic partial laminectomy.2007 12.

特別講演 

  • 江尻荘一. 骨折・四肢外傷のプライマリケア. 第6回福島県卒後研修セミナー. 2007 08 25; 郡山.
  • 江尻荘一. 手根管開放術のEBMとpitfalls–鏡視下法 vs 小切開法–. 福島市臨床医研究会. 2007 09 05; 郡山.
  • 佐藤弘一郎. リウマチ性疾患の中の関節リウマチ. 関節疾患学術講演会. 2007 09 27; 郡山.
  • 田地野崇宏. 骨軟部腫瘍のプライマリ・ケア–日常診療で見られる骨軟部腫瘍類似疾患との鑑別–. 白河地区整形外科医会. 2007 01 26; 白河.
  • 田地野崇宏. 骨軟部腫瘍のプライマリ・ケア–日常診療で見られる骨軟部腫瘍類似疾患との鑑別–. 第98回須賀川臨床症例合同勉強会. 2007 07 27; 須賀川.
  • 田地野崇宏. 骨軟部腫瘍診療の現況. 久光製薬モーラステープL発売5周年記念講演会. 2007 11 01; 福島.
  • 矢吹省司. 慢性腰痛の治療. ストレス研究会. 2007; 2007 04 07; 大阪.
その他
  • 菊地臣一. 腰痛を考える 私の疑問. 日本臨床整形外科学会報. 2007; 1(1): 16-19.
  • 紺野愼一. 特集「腰痛治療–新たなアプローチ–」 によせて. ペインクリニック. 2007; 28(1).

update    2017年10月23日  10:06

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01