2005(平成17)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. IGARASHI Tamaki, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, MYERS R Robert1)(1) Univ. California). Effect of acute nerve root compression on endoneurial fluid pressure and blood flow in rat dorsal root ganglia. J Orthop Res. 2005; 23(2): 420-424. PMID:15734257
  2. KITAMURA Takuya, SEKIMATA Masayuki1), KIKUCHI Shin-ichi, HOMMA Yoshimi1)(1) Dept. Biomolecular Science). Involvement of poly(ADP-ribose) polymerase 1 in ERBB2 expression in rheumatoid synovial cells.Am J Physiol Cell Physiol. 2005; 289(1): C82-88. PMID:15743888
  3. MURATA Yasuaki1), OLMARKER Kjell2), TAKAHASHI Ichiro, TAKAHASHI Kazuhisa1), RYDEVIK Björn2)(1) Chiba Univ., 2) Univ. Gothenburg). Effects of selective tumor necrosis factor-alpha inhibition to pain-behavioral changes caused by nucleus pulposus-induced damage to the spinal nerve in rats. Neurosci Lett. 2005; 382(1-2): 148-152. PMID:15911139
  4. NAGUMO Akira1), YASUDA Kazunori1), NUMAZAKI Hironori, AZIMA Hirotaka1), TANABE Yoshie1), KIKUCHI Shin-ichi, HARATA Seikou1), TOHYAMA Harukazu1)(1) Hokkaido Univ.). Effects of separate application of three growth factors (TGF-beta1, EGF, and PDGF-BB) on mechanical properties of the in situ frozen-thawed anterior cruciate ligament. Clin Biomech. 2005; 20(3): 283-290. PMID:15698701
  5. ONDA Akira, MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Björn2), LARSSON Karin2), KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell1)(1) Chiba Univ., 2) Univ. Gothenburg). Nerve growth factor content in dorsal root ganglion as related to changes in pain behavior in a rat model of experimental lumbar disc herniation. Spine. 2005; 30(2): 188-193. PMID:15644754
  6. PODHAJSKY Ronald1), SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, MYERS R Robert2)(1) Tyco Healthcare, 2) Univ. California). The histologic effects of pulsed and continuous radiofrequency lesions at 42℃ to rat dorsal root ganglion and sciatic nerve. Spine. 2005; 30(9): 1008-1013. PMID:15864151
  7. TAKEDA Akira, TSUCHIYA Hiroyuki1), TAJINO Takahiro, KIKUCHI Shin-ichi(1) Kanazawa Univ.). An experimental study on the therapeutic effect of consecutive low-dose cisplatin with caffeine in sarcoma-bearing mice.Anticancer Res. 2005; 25(4): 2777-2784. PMID:16080526
  8. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Endoscopic partial laminectomy for cervical myelopathy. J Neurosurg Spine. 2005; 2(2): 170-174. PMID:15739529

 

日本語論文

原 著

  1. 岩渕真澄, 菊地臣一, 矢吹省司. 頚椎症性脊髄症に対するkinematic MRI 有用性の検討. 臨整外. 2005; 40(1): 13-17.
  2. 大垣 守, 中村 武1), 伊左治洋之1), 矢吹省司, 菊地臣一(1) 舟山病院). 外傷性頚部症候群に対するセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)の治療効果の検討 前向き無作為研究. 臨整外. 2005; 40(5): 525-530.
  3. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 荒井 至. 馬尾弛緩の臨床的検討 第2報. 無症状例における馬尾弛緩の出現頻度. 臨整外. 2005; 40(2): 177-182.
  4. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 荒井 至. 馬尾弛緩の臨床的検討 第3報. 手術成績の検討. 臨整外.2005; 40(10): 1121-1124.
  5. 岡田恭司1), 小山内俊久2), 西田 淳3), 堀田哲夫4), 田地野崇宏, 柿崎 寛5), 守田哲郎6)(1) 秋田大学, 2) 山形大学, 3) 岩手医科大学, 4) 新潟大学, 5) 弘前病院, 6) 新潟がんセンター). 骨軟部腫瘍の診療におけるリスクマネジメント. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2005; 17(4): 595-599.
  6. 岡田恭司1), 小山内俊久2), 西田 淳3), 堀田哲夫4), 田地野崇宏, 柿崎 寛5), 守田哲郎6)(1) 秋田大学, 2) 山形大学, 3) 岩手医科大学, 4) 新潟大学, 5) 弘前病院, 6) 新潟がんセンター). 整形外科におけるリスクマネジメント 骨軟部腫瘍の診療におけるリスクマネジメント 東北骨軟部腫瘍研究会からの報告. 臨整外. 2005; 40(8): 875-881.
  7. 紺野愼一, 菊地臣一, 大谷晃司.【脊椎脊髄病学 最近の進歩】高齢者における腰部脊柱管狭窄の術後QOL. 臨整外. 2005; 40(4): 359-363.
  8. 宍戸裕章, 菊地臣一, 大歳憲一. 反復性肩関節前方脱臼に対する鏡視下Bankart修復術の治療成績–Prospective study–. 肩関節. 2005; 29(2): 305-308.
  9. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 大歳憲一, 大井剛太. 膝前十字靱帯再建術における膝屈筋腱長の術前評価–身長とMRI所見をもとに–. 関節鏡. 2005; 30(2): 115-119.
  10. 丸谷雅人1), 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司(1) 有隣病院). 脊髄誘発電位(SCEP: spinal cord-evoked potentials)を用いた術中脊髄機能モニタリング–適応と問題点–. 日本臨床麻酔学会誌. 2005; 25(1): 60-67.
  11. 矢吹省司, 菊地臣一. 肩こりの病態(第3報)鍼・灸治療院で治療を受ける肩こりと病院で治療を受ける肩こりの比較. 臨整外. 2005; 40(1): 9-12.
  12. 矢吹省司, 菊地臣一.【肩こりのメカニズムと治療】肩こりの臨床的検討–対照群との比較を中心に. 脊椎脊髄ジャーナル. 2005; 18(12): 1208-1213.
  13. 山内一矢, 佐藤勝彦1)(1) 県立会津総合病院). 脊椎手術における術後創部感染に対する抗生剤予防投与に関する比較試験. 脊椎脊髄ジャーナル. 2005; 18(3): 233-236.
  14. 渡邉和之, 菊地臣一, 紺野愼一, 丹羽真一1), 増子博文1)(1) 神経精神医学). 整形外科患者に対する精神医学的問題評価のための簡易質問表(BS-POP)妥当性の検討. 臨整外. 2005; 40(7): 745-751.

総説等

  1. 青田恵郎, 菊地臣一, 矢吹省司, 平岩幸一1)(1) 法医学). 整形外科におけるリスクマネジメント 骨関節疾患におけるリスクマネジメント. 臨整外. 2005; 40(8): 883-891.
  2. 五十嵐 環, 菊地臣一.【腰痛診療 サイエンスとアート】急性腰痛の診察ABC red flags鑑別のポイント. JIM. 2005; 15(10): 806-809.
  3. 五十嵐 環, 菊地臣一, 紺野愼一. 整形外科プライマリ・ケアとEBM 整形外科疾患の診療ガイドラインー総論ー. Primary Care Frontier. 2005; 1(1): 14-15.
  4. 五十嵐 環.【写真と図でわかる 整形外科手術と術後ケア 手術がわかれば看護が変わる!!】頚椎・脊椎の手術 頚椎・脊椎の手術について. SEIKEI-GEKA KANGO. 2005; 秋期増刊: 32-39.
  5. 大谷晃司, 菊地臣一.【新時代の運動器リハビリテーション】代表的疾患のリハビリテーション 脊椎・脊髄 腰部脊柱管狭窄・椎間板ヘルニア. 整形外科. 2005; 56(8): 963-968.
  6. 大谷晃司, 菊地臣一.【腰痛の管理】腰痛のブロック療法の実際. CLINICAL CALCIUM. 2005; 15(3): 437-441.
  7. 大谷晃司. Failed back syndromeの病態ーエピドラスコピーによる評価と限界ー. 日本ペインクリニック学会誌. 2005; 12(2): 59-68.
  8. 恩田 啓,菊地臣一,大谷晃司.【腰下肢痛の治療】腰下肢痛の手術 各術式の適応とその特徴. ペインクリニック. 2005; 26(2): 191-197.
  9. 菊地臣一. 腰痛と加齢 高齢者に対する診断上のポイント. ジェロントロジーニューホライズン. 2005; 17(2): 176-181.
  10. 菊地臣一. 腰痛と加齢 高齢者の画像診断. ジェロントロジーニューホライズン. 2005; 17(3): 267-274.
  11. 菊地臣一. 腰痛と加齢 臓器相関という視点からの評価. ジェロントロジーニューホライズン. 2005; 17(4): 369-375.
  12. 菊地臣一. 腰痛と加齢 高齢者における腰痛診断の落とし穴 誤診例からの教訓. ジェロントロジーニューホライズン. 2005; 18(1): 39-46.
  13. 菊地臣一. リハビリテーションに役立つ整形外科的診察法 慢性腰痛. 総合リハビリテーション. 2005; 33(10): 938-940.
  14. 紺野愼一, 菊地臣一.【カルシトニンをめぐる最近の話題 基礎から臨床へ】カルシトニンと骨 痛みの基礎と臨床 骨粗鬆症に対する腰背部痛の治療効果. CLINICAL CALCIUM. 2005; 15(3): 448-493.
  15. 紺野愼一, 菊地臣一. 教育研修講座 整形外科におけるブロック療法. 日整会誌. 2005; 79(2): 228-234.
  16. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛症に対する徒手的治療のEBM. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(2): 434-436.
  17. 紺野愼一, 菊地臣一.【急性腰痛に対する脊柱矯正法の現況 適応, 手技, 効果, 限界】EBMの見地から. 日本腰痛学会雑誌. 2005; 11(1): 35-37.
  18. 紺野愼一, 菊地臣一.【最小侵襲手術に必要な新しいアプローチ】腰椎アプローチ(前方). 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 2005; 35: 23-27.
  19. 紺野愼一, 菊地臣一. 用語解説 診断基準編 SF-36. 脊椎脊髄ジャーナル. 2005; 18(1): 78-79.
  20. 紺野愼一.【Dynamic diagnosisに必要な脊椎脊髄の神経症候学】脊椎・脊髄疾患における注目すべき症状 腰痛・下肢痛. 脊椎脊髄ジャーナル. 2005; 18(5): 584-588.
  21. 紺野愼一. リハにおけるアウトカム評価尺度 Oswestry Disability Index, Roland-Morris Disability Questionnaire. Journal of Clinical Rehabilitation. 2005; 14(8): 785-761.
  22. 菅野伸樹, 安村誠司1), 金成由美子1), 後藤あや1)(1) 公衆衛生学). [エビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防のガイドライン その地域保健における意義]エビデンスに基づく転倒防止による骨折の予防 認知症高齢者に対する大腿骨頚部骨折の予防を中心に. CLINICAL CALCIUM. 2005; 15(8): 1331-1337.
  23. 関口美穂, 菊地臣一.【腰痛の管理】腰部脊柱管狭窄の基礎的研究. CLINICAL CALCIUM. 2005; 15(3): 371-376.
  24. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一.【腰痛の管理】腰椎の臨床解剖. CLINICAL CALCIUM. 2005; 15(3): 359-364.
  25. 矢吹省司, 菊地臣一, 添田幸英1), 菊田京一1)(1)理学療法室).【腰痛に対する保存療法の理論と実践】腰痛症に対する理学療法ー理論と実際ー. 日本腰痛学会雑誌. 2005; 11(1): 97-101.
  26. 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 胸腰椎破裂骨折に対する前方鏡視下除圧再建術. 第16回腰痛シンポジウム講演記録集. 2005; 55-63.
  27. 矢吹省司.【症候別 病態生理ナーシングノート】四肢の症候 間欠跛行. 臨床看護. 2005; 31(6): 872-875.

症例報告

  1. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 宍戸裕章. ウシ型結核菌(BCG)が原因と考えられた幼児の上腕骨結核性骨髄炎の1例. 臨整外. 2005; 40(6): 717-721.
  2. 大歳憲一, 菊地臣一, 矢吹省司, 長総義弘. 膝蓋下脂肪体部に発生したpara-articular osteochondromaの1例. 整形外科. 2005; 56(10): 1347-1349.
  3. 鈴木浩子, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 荒井 至. 根糸の捻転を伴った馬尾腫瘍–1例報告–. 東北整形災害外科学会雑誌. 2005; 49(1): 104-107. 
  4. 箱崎道之, 北條 洋1), 阿部正文1), 久世哲郎1), 渡邉一男2), 田地野崇宏, 山田 仁, 菊地臣一, 菊田 敦3)(1) 第一病理学, 2) 病理部, 3) 小児科学). 胞巣型横紋筋肉腫soild variantの1例. 診断病理. 2005; 22(3): 196-200.
  5. 三澤辰也, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 皆川英成1)(1) 大野病院). 吸収性スクリューにて膝関節の Locking を呈した1例東北整会誌. 2005; 49(1): 125-128.

著書・訳書

  1. 大谷晃司, 菊地臣一. Ⅰ. 基礎知識編 1. 腰部脊柱管狭窄の概念. In: 菊地臣一編. プライマリケアのための腰部脊柱管狭窄ー外来マネジメントー. 大阪: 医薬ジャーナル社. 2005; p.10-16(分担執筆).
  2. 大谷晃司, 菊地臣一. Ⅰ. 基礎知識編 1. 腰部脊柱管狭窄の概念. In: 菊地臣一編. プライマリケアのための腰部脊柱管狭窄ー外来マネジメントー. 大阪: 医薬ジャーナル社. 2005; p.10-16(分担執筆).紺野愼一, 菊地臣一, 矢吹省司. 〔2〕外傷性疾患に対する低侵襲手術 2. 胸腰椎破裂骨折に対する内視鏡手術. In: 越智隆弘,菊地臣一編. NEW MOOK整形外科19 低侵襲手術. 東京: 金原出版. 2005; p.96-101(分担執筆).
  3. 大谷晃司, 菊地臣一. Ⅰ. 基礎知識編 1. 腰部脊柱管狭窄の概念. In: 菊地臣一編. プライマリケアのための腰部脊柱管狭窄–外来マネジメント–. 大阪: 医薬ジャーナル社. 2005; p.10-16(分担執筆).
  4. 越智隆弘1), 菊地臣一編集(1) 大阪大学). NEW MOOK整形外科17 整形外科プライマリケア. 東京: 金原出版. 2005.
  5. 越智隆弘1), 菊地臣一編集(1) 相模原病院). NEW MOOK整形外科18 骨・軟部腫瘍. 東京: 金原出版. 2005.
  6. 越智隆弘1), 菊地臣一編集(1) 相模原病院). NEW MOOK整形外科19 低侵襲手術. 東京: 金原出版. 2005.
  7. 菊地臣一. 28. 胸椎,腰椎 診療の手引き(p.459), 4. 腰椎変性疾患(p.476-497), 5. 胸椎変性疾患(p.497-499).In: 鳥巣岳彦 他編. 標準整形外科学 第9版. 東京: 医学書院. 2005(分担執筆).
  8. 日本脊椎脊髄病学会編集(菊地臣一 他). 脊椎脊髄病用語事典. 東京: 南江堂. 2005.
  9. 腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン策定委員会編集(菊地臣一 他). 腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン. 東京: 南江堂. 2005.
  10. 菊地臣一. 腰痛をめぐる常識の嘘 第1版 第9刷. 東京: 金原出版. 2005.
  11. 佐藤直人, 菊地臣一, 佐藤勝彦1)(1) 県立会津総合病院). 〔3〕非外傷性疾患に対する低侵襲手術 1. 脊椎 1-E 脊椎手術の低侵襲ー科学的検証ー. In: 越智隆弘,菊地臣一編. NEW MOOK整形外科19 低侵襲手術. 東京: 金原出版. 2005; p.164-172(分担執筆).
  12. 長総義弘, 菊地臣一. 運動器疾患 変形性膝関節症. In: 泉 孝英編集主幹. 今日の診療のために ガイドライン 外来診療2005. 東京: 日経メディカル. 2005; p.217-224(分担執筆).
  13. 長総義弘, 菊地臣一. 〔11〕Common diseaseに対するプライマリケア 2. 変形性膝関節症–保存療法 EBMからみたプライマリケア. In: 越智隆弘,菊地臣一編. NEW MOOK整形外科17 整形外科プライマリケア. 東京: 金原出版. 2005; p.253-266(分担執筆).
  14. 矢吹省司. 腰仙椎部の後方固定術. In: 伊藤達雄 他編. 整形外科術前・術後のマネジメント. 東京: 医学書院. 2005; p.348-350(分担執筆).

研究報告

  • 菊地臣一,紺野愼一:腰椎退行性疾患の発痛機序–機械的, 化学的因子の関与–.平成15年度~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書. 2005.
  • 菊地臣一:腰部脊柱管狭窄診断基準ツールの開発に関する研究.厚生労働科学研究費補助金(痴呆・骨折臨床研究事業)高齢者の腰痛症に係るより効果的かつ効率的な診断、治療、介護及びリハビリテーション等の確立に関する研究 平成16年度 総括・分担研究報告書(主任研究者 戸山芳昭). 2005; 6-7.
  • 矢吹省司,菊地臣一:腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛発現のメカニズムの解明と新たな治療法の開発.平成16年度科学研究費補助金実績報告書(研究実績報告書)(基盤研究(C)(2)). 2005.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. GEISS Andrea1), LARSSON Karin1), RYDEVIK Björn1), TAKAHASHI Ichiro, OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Autoimmune properties of nucleus pulposus: an experimental study in pigs. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005: 15; New York, USA.
  2. HAKOZAKI Michiyuki, KIKUCHI Shin-ichi, TAKEDA Akira, TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, KONNO Shin-ichi. Delay in diagnosis of high grade bone and soft tissue sarcomas. The 13th International Symposium on Limb Salvage. 2005; Seoul, Korea.
  3. IGARASHI Akira, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Etiology of lumbar spinal canal stenosis: The involvement of chemical factors originating in the facet joint in causing lumbar radiculopathy. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 342; New York, USA.
  4. KONNO Shinichi, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Combined laminectomy and retroperitoneal scopic resection of dumbbell-typed tumor. The 5th annual meeting of Pacific Asian Society of Minimally Invasive Spine Surgery (PASMISS); 2005; Tokyo.
  5. KONNO Shinichi, KIKUCHI Shin-ichi. Development of a diagnostic tool for lumbar spinal canal stenosis. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 349: New York, USA.
  6. NAGAOSA Yoshihiro, KIKUCHI Shin-ichi, OHTOSHI Kenichi, OHI Gota. Quadriceps contracture in permanent or habitual dislocation of the patella. ISAKOS congress. 2005; Hollywood, Florida, USA.
  7. OHI Gota, KIKUCHI Shin-ichi, NAGAOSA Yoshihiro, OHTOSHI Kenichi. Bilateral lipoma arborescens of the knee associated with osteoarthritis. ISAKOS congress. 2005; Hollywood, Florida, USA.
  8. OHUCHI Kazuo, TOHNO Setsuko1), TOHNO Yoshiyuki1), TAKAKURA Yoshinori1), KIKUCHI Shin-ichi, OSAKI Shigeyoshi1)(1) Nara Medical Univ.). Orientation of Collagen Fibers in Horizontal Plane of Human Calcaneus Bone. The 4th World Congress of Cellular and Molecular Biology. 2005; FRANCE.
  9. ONDA Akira, MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Björn2), LARSSON Karin2), KIKUCHI Shin-ichi2), OLMARKER Kjell2)(1) Chiba Univ., 2) Univ. Gothenburg). NGothenburgerve growth factor content in dorsal root ganglion as related to changes in pain behavior in a rat model of experimental lumbar disc herniation. The 11th World congress on pain. 2005; Sydney, Australia.
  10. ONDA Akira, OTANI Koji, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Mid and long-term radiographic evaluation following graft stabilization system for lumbar degenerative disorders. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 410: New York, USA.
  11. OTANI Koji, KONNO Shinichi, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Pathogenesis of radiculopathy combined with lumbar spondylolysis. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 324: New York, USA.
  12. SASAKI Nobuhisa, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Tumor necrosis factor-alpha antibody reduces pain caused by mechanical compression of dorsal root ganglia. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 59: New York, USA.
  13. SATOH Koichiro, HONDA Takashi1), ABE Sumiko2), KOBAYASHI Toshio3), KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Anatomy and Histology, 2) Dept. Legal Medicine, 3) Iizaka Spa Hospital). Neutrophils secrete NGF in synovial fluid od rheumatoid arthritis. Japan College of Rheumatology MODERN RHEUMATOLOGY. 2005; 15 Supplement: S307.
  14. SEKIGUCHI Miho, SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi. Relationship between neuropathic pain and sympathetic nerve. Comparing of apoptosis in DRG after spinal nerve crush with or without sympathectomy. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 199: New York, USA.
  15. SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Clinical studies on ascending cauda equine action potential (A-CEAP) in lumbar canal stenosis. 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 198: New York, USA.
  16. TACHIHARA Hisayoshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Does inflammation of facet joint induce radiculopathy- -Appearance of TNF-alpha in the dorsal root ganglion-.SICOT/ SIROT 2005 XXⅢ World Congress ABSTRACT BOOK. 2005; 11: Istanbul, Turkey.
  17. TACHIHARA Hisayoshi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Does inflammation of a facet joint induce radicular pain- - Using a rat model of an inflammatory facet joint. The 32nd Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 38: New York, USA.
  18. TAKAHASHI Ichiro, MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Björn2), GEISS Andrea2), LARSSON Karin2), KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell2)(1) Chiba Univ., 2) Univ. Gothenburg). Interactions between inflammatory cytokines derived from the nucleus pulposus: An analysis based on pain behavior of rats. 32nd Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 14: New York, USA.
  19. TAKAHASHI Naoto, KIKUCHI Shin-ichi, SHUBAYEV Veronica1), CAMPANA Wendy1), MYERS Robert1)(1) Univ. California). Phosphorylation of ERK in DRG but not spinal cord after TNF application to nerve root. 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 13: New York, USA.
  20. TAKAYAMA Bunji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. An immunohistological study of the antinociceptive effects of calcitonin in a rat model of osteoporosis. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 4: New York, USA.
  21. TAKAYAMA Bunji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, SEKIGUCHI Miho. Effects of prostaglandin E1 on cauda equine nerve blood flow under experimental chronic compression. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 6: New York, USA.
  22. TAKAYAMA Bunji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, OTANI Koji. Diagnostic value of the gait-loading test in patients with lumbar canal stenosis-A prospective cohort study. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 51: New York, USA.
  23. TAJINO Takahiro, KIKUCHI Shin-ichi, KONNNO Shin-ichi, TAKEDA Akira, YAMADA Hitoshi. The effectiveness of methylene blue treatment for ifosfamide encephalopathy in chemotherapy for musculoskeletal sarcomas.The 13th International Symposium on Limb Salvage; 2005: Seoul, Korea.
  24. TAKEDA Akira, KIKUCHI Shin-ichi, TAJINO Takahiro, TSUCHIYA Hiroyuki1)(1) Kanazawa Univ.). An expeimental study on the therapeutic effects of consecutive low dose cisplatin with caffeine in sarcoma-bearing mice. 13th International Symposium On Limb Salvage. 2005; Seoul, Korea.
  25. YABUKI Shoji, OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi. Endoscopic partical laminectomy for cervical myelopathy. Preliminary result and comparison with open method. The 5th annual meeting of Pacific Asian Society of Minimally Invasive Spine Surgery (PASMISS). 2005; Tokyo.
  26. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KAYAMA Satoru. A clinical analysis of upper cervical spine injury. 第9回脊椎と神経を語る会(SGNS)ABSTRACTS. 2005; 24-25; Tokyo.
  27. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Complications of nerve root block in degenerative lumbar spine diseases- an analysis of 1000 procedures performed by one clinician. The 32nd Annual Meeting. International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 104: New York, USA.
  28. WATANABE Kazuyuki, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, HONDA Takashi1)(1) Dept. Anatomy and Hitology). Central Terminals of the Myelinated Afferents Increased in the Substantia Gelatinosa in the Allodynia Rats Induced by Compression of Dorsal Root Ganglion. The 11th World Congress on Pain; 2005:  Sydney, Australia. 
  29. WATANABE Kazuyuki, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Changes of microcirculation and neuronal adaptation under chronic cauda equine compression. The 32nd Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine Abstracts. 2005; 58: New York, USA.
  30. 渡邉和之, 矢吹省司. Relationship between Quality of Life and Stress in Patients with Spinal Disorders. 第三回整形外科痛みを語る会; 2005; 大阪.

シンポジウム

  1. SEKIGUCHI Miho, KONNO Shinichi, KIKUCHI Shin-ichi. Mechanisums inducing chronically neuropathic pain. The 16th world congress of the international society for laser surgery and medicine(シンポジウム). 2005: 25: Tokyo.
  2. SEKIGUCHI Miho, KONNO Shinichi, KIKUCHI Shin-ichi. Experimental study. Changes of nerve vascular reaction induced by serotonin in chronic cauda equina compression. The 14th Japan-Taiwan Orthopaedic Symposium(シンポジウム). 2005; karuizawa.

 

招待講演

  • KIKUCHI Shin-ichi. The treatment of lumbar canal stenosis clinical practice of the results from basic research.AO Courses Davos 2005(Guest Lecture). 2005; Davos, Switzerland.

 

国内学会

 研究発表

  1. 青田恵郎, 菊地臣一, 矢吹省司, 荒 文博, 渡邉和之, 大橋寛憲. 人工股関節置換術の手術侵襲とストレス–IL-6を用いてのインプラント別の検討–. 日整会誌. 2005; 79(4): S429.
  2. 青田恵郎, 菊地臣一, 荒 文博, 大橋寛憲. MIS-THAと従来法THAにおける術中・術後の合併症の比較検討. 第32回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 2005; 173: 新潟.
  3. 青田恵郎, 菊地臣一, 荒 文博. THAを施行した股関節の陳旧性後方脱臼の1例. 第103回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 2005; 42; 山形.
  4. 荒 文博, 菊地臣一, 矢吹省司, 青田恵郎, 大橋寛憲. Hardingeアプローチよりみた中殿筋および上殿神経の解剖学的検討. 日整会誌. 2005; 79(4): S353.
  5. 荒 文博, 菊地臣一, 青田恵郎, 矢吹省司, 大橋寛憲. 人工股関節置換術前後における骨盤側方傾斜の変化-側方への傾き-. 第32回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 2005; 201; 新潟.
  6. 五十嵐 環, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄に伴う神経根障害ー理学所見の診断精度ー. 日整会誌. 2005; 79(4): S394.
  7. 五十嵐 環, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司. 転換性障害により腰痛と右下肢痛麻痺を来した1例. 第15回東北脊椎外科研究会プログラム・抄録集. 2005; 23: 仙台.
  8. 岩渕真澄, 箱﨑道之, 大谷晃司. 脊椎破裂骨折における造影MRIの意義. 福島県立病院医学研究誌. 2005; 19: 30.
  9. 江尻荘一, 菊地臣一, 紺野愼一. Paget-Schroetter症候群に対する第1肋骨切除術–1例報告–. 第103回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 2005; 13: 山形.
  10. 大井剛太, 菊地臣一, 矢吹省司, 長総義弘, 大歳憲一. 膝前十字靱帯再建術後における採取腱の再生–術後超早期のMRIによる経時的, 前向き検討–. 日整会誌. 2005; 79(3): S89.
  11. 大井剛太, 木村雅史1), 朝雲浩人1), 神林眞一1), 佐藤直樹1), 滝 正徳1), 井上靖雄1), 宮脇素子1), 鴇田朝海1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 膝前十字靭帯損傷に伴う外側半月板損傷のradial displacementの経過. 関節鏡. 2005; 30(3): S165.
  12. 大井剛太, 木村雅史1), 朝雲浩人1), 神林眞一1), 小林 淳1), 滝 正徳1), 井上靖雄1), 宮脇素子1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 内側側副靭帯3度損傷を合併した前十字靭帯の治療成績. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2005; 25(1): 42.
  13. 大井剛太, 木村雅史1), 朝雲浩人1), 神林眞一1), 小林 淳1), 滝 正徳1), 井上靖雄1), 宮脇素子1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 初期変形性膝関節症における軟骨損傷の程度と内側半月板radial displacementの関係.東日本整形災害外科学会雑誌. 2005; 17(3): 411.
  14. 大内一夫, 菊地臣一, 矢吹省司. Chopart関節離断–1例報告–. 靴の医学. 2005; 19(1): S28.
  15. 大内一夫, 菊地臣一, 矢吹省司, 丸谷雅人1)(1) 有隣病院). 足根管症候群に対する手術–術後成績の検討–. 日本足の外科学会雑誌. 2005; 26(1): S48.
  16. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環, 恩田 啓, 二階堂琢也. 頚椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術の長期成績–片開き式脊柱管拡大術との比較–. 日整会誌. 2005; 79(3): S134.
  17. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司. 腰椎分離症に伴う神経根障害–病態の検討–. 日整会誌. 2005; 79(3): S260.
  18. 大谷晃司, 菊地臣一,紺野愼一, 五十嵐 環, 恩田 啓, 二階堂琢也, 菅野伸樹, 立原久義, 高山文治, 渡邉和之. 腰部脊柱管狭窄に関する臨床疫学調査. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(1): 179.
  19. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司, 岩渕真澄1)(1) 福島赤十字病院). 骨粗鬆症性椎体骨折に対する安静臥床の意義–造影MRIによる検討–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(1): 311.
  20. 大谷晃司. 骨粗鬆症に対する薬物治療–服薬コンプライアンスの検討–. Clinical Calcium. 2005; 15(5): 874.
  21. 大谷晃司. ボツリヌス毒素製剤の治療効果から見た脳性麻痺患者の頚部痛.第4回CD in CP症例検討会/第1回脳性麻痺ボツリヌス療法研究会. 2005; 東京.
  22. 大橋寛憲, 菊地臣一, 矢吹省司, 青田恵郎, 荒 文博. KOBELCO H-5(r)人工股関節の短期成績ーステム側のX線学的評価を中心とした検討ー. 日整会誌. 2005; 79(4): S417.
  23. 恩田 啓, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 腰椎変性疾患に対するグラフ制動術–中・長期的にみたX線像の変化–. 日整会誌. 2005; 79(3): S254.
  24. 恩田 啓, 矢吹省司, 菊地臣一. 小児の脊椎に発生した好酸球肉芽腫–2例報告. 第15回東北脊椎外科研究会プログラム・抄録集. 2005; 28: 仙台.
  25. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 長総義弘. 膝前十字靱帯再建術後おける移植腱の経時的変化–MRIを用いた前向き研究–. 日整会誌. 2005; 79(3): S88.
  26. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 長総義弘. 膝前十字靱帯再建術後の骨孔拡大–Dilation Systemによる骨孔拡大予防効果–. 第30回日本膝関節学会プログラム・抄録集. 2005; 104: 東京.
  27. 大歳憲一, 菊地臣一, 宍戸裕章. 小児に発症した上腕骨結核骨髄炎–1例報告–. 第103回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 2005; 59: 山形.
  28. 大歳憲一, 菊地臣一, 矢吹省司, 長総義弘. 膝蓋下脂肪体部に発生したpara-articular osteochondroma–1例報告–. 東北膝関節研究会会誌. 2005; 15: 53.
  29. 恩田 啓, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 腰椎変性すべり症に対する非固定除圧術とグラフ制動術併用との比較–中・長期的にみたX線像の変化–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(1): 341.
  30. 川上亮一, 菊地臣一, 江尻荘一, 田地野崇宏, 矢吹省司, 鳥越 均1)(1) かねこクリニック). 骨腫瘍切除に伴う広範囲骨欠損–遊離血管柄付き腓骨移植術の治療成績–. 第32回日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集. 2005; 116: 仙台.
  31. 菅野聖子1), 長谷川 望1), 藤田信子1), 佐藤三佳1), 梁取良子1), 大谷晃司, 鈴木隆史2), 加藤清司3)(1) 只見町保健センター, 2) 地域看護, 3) 環境・保健/看護管理). 勤労世代の住民の健康に関する意識と態度の実態–健康関連QOL(日本語版SF-36)とその関連要因の検討–. 東北公衆衛生学会54回講演集. 2005; 39.
  32. 菊地忠志, 津田謙矢, 加藤欽志, 菊地臣一, 紺野愼一. 人工膝関節置換術後の可動域訓練–術後訓練の有用性についての前向き検討–. 日整会誌. 2005; 79(3): S62.
  33. 北村拓也, 小林秀男, 八巻淳子1), 菊地正美1), 菊地臣一, 本間 好1)(1) 生体物質). EphrinB1のエピジェネティックな発現調節機構と関節リウマチ病態への関与. 第28回日本分子生物学会年会・講演要旨集. 2005; 219: 福岡.
  34. 小林秀男, 菊地臣一, 紺野愼一, 武田浩一郎1)(1) 福島県心身障害児総合療育センター). 痙性脳性麻痺児における股関節脱臼と脊柱側弯に対する両股関節周囲筋解離術の予防効果–第1報–. 日整会誌. 2005; 79(3): S280.
  35. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛関連機能障害と精神医学的問題との関連–疫学的検討–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(1): 68.
  36. 佐藤弘一郎, 小林利男1), 菊地臣一.(1) リハビリテーション研究所). 膝関節水症患者の関節液中IL-8濃度と多核白血球の関係. 日整会誌. 2005; 79(3): S111.
  37. 佐藤弘一郎, 本多たかし1), 阿部すみ子2), 小林利男3), 菊地臣一(1) 解剖・組織学, 2) 法医学, 3) リハビリテーション研究所). 関節リウマチ関節液中NGF(Nerve Growth Factor; 成長因子)分泌細胞は好中球である. 第49回日本リウマチ学会総会・学術集会, 第14回国際リウマチシンポジウムプラグラム・抄録集. 2005; 258: 横浜.
  38. 佐藤弘一郎, 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). 平成15年度 当院における大腿骨頸部骨折患者に関する報告. 第11回福島股関節研究会; 2005; 相馬.
  39. 佐藤弘一郎, 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). 関節リウマチ治療におけるLow dose MTX長期投与の留意点は?–「先生、リウマトレックス®って何年も飲み続けて大丈夫ですか?」–.平成17年度福島県自治体病院医学会・抄録集. 2005; 9: 福島.
  40. 佐藤陸志1), 佐藤弘一郎, 小島 清1), 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). 脛骨横止め式髄内釘ゆるみの2例から考えるリスク管理の重要性. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2005; 17(3): 467.
  41. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一. 鏡視下肩峰下除圧術後における腱板断裂の経時的な変化–MRIによる検討. 第2報. 日整会誌. 2005; 79(3): S76.
  42. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一, 大歳憲一. 腱板断裂に対するmini-open cuff repair法–自動挙上不能例の検討–. 肩関節. 2005; 30(1): 139.
  43. 菅野伸樹, 菊地臣一, 矢吹省司, 青田恵郎. 低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病に伴う大腿骨頚部内側病的骨折の治療経験. 第32回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 2005; 152: 新潟.
  44. 関口美穂, 関口泰史, 菊地臣一, 紺野愼一. 神経因性疼痛と腰部交感神経の関与について–後根神経節でのアポトーシスの発現の比較検討–. 日整会誌. 79(8): S971.
  45. 関口泰史. 前骨間神経麻痺の4例. 第19回福島手の外科研究会; 2005; 福島.
  46. 高橋 顕1), 佐藤弘一郎, 小島 清1), 小林利男1)(1) 県立リハビリテーション飯坂温泉病院). 外傷性ショック・右股関節離断術を経て歩行獲得に至った高齢者の一例. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2005; 17(3): 467.
  47. 高山文治, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 神経性間欠性跛行の頻度と血管性間欠跛行の頻度–一般健診での検討–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(1): 322.
  48. 高山文治, 菊地臣一, 矢吹省司, 関口美穂, 渡邉和之, 立原久義, 藤田 勇1), 今里 暁1), 中谷紀章1), 嶋田英輝1), 新庄勝浩1)(1) ファイザー株式会社中央研究所). 神経根性疼痛モデルにおける遺伝子解析. 平成17年度生理学研究所研究会抄録集. 2005; 12: 愛知.
  49. 武田 明, 菊地臣一, 田地野崇宏, 山田 仁, 紺野愼一. 腫瘍再建用人工膝関節置換術後における金属アレルギー–1例報告–. 日整会誌. 2005; 79(6): S630.
  50. 田地野崇宏, 菊地臣一, 紺野愼一, 山田 仁. イホスファミド投与後における代謝性アシドーシスに対する重炭酸ナトリウム追加投与–有効性の検討–. 日整会誌. 2005; 79(6): S670.
  51. 立原久義, 菊地臣一, 紺野愼一. 椎間関節の炎症は神経根性疼痛を惹起するか?–ラット腰椎椎間関節炎モデルによる検討–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(1): 105.
  52. 立原久義, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 神経根障害に対する椎間関節内化学的因子の関与–後根神経節内TNF-αの発現–. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2005; 17(3): 367.
  53. 田中靖久1), 紺野愼一, 菊地臣一, 国分正一1), 島田洋一2), 嶋村 正3), 山崎 健3), 岡田晶博4), 武井 寛4)(1) 東北大学, 2) 秋田大学, 3) 岩手医科大学, 4) 弘前大学). 腰部脊柱管狭窄の診断–自記式問診表の開発. 日整会誌. 2005; 73(3): S252.
  54. 千葉仁志, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 三澤辰也(1) 県立大野病院). 骨性強直膝に対して人工膝関節全置換術を施行した1例. 第103回東北整形災害外科学会. 2005; 山形.
  55. 津田謙矢, 菊地忠志. 鏡視下腱板修復術の術後短期成績 単層固定法と重層固定法の比較. 関節鏡. 2005; 30(3): 137.
  56. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 沼崎広法, 大歳憲一, 大井剛太. 膝前十字靱帯再建術術後の後療法–入院期間の短縮とその経済効果–. 日整会誌. 2005; 79(3): S85.
  57. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 竹谷内康修. 変形性膝関節症のX線分類の信頼性–検者内と検者間の検討–. 第30回日本膝関節学会プログラム・抄録集. 2005; 42: 東京.
  58. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 沼崎広法, 大歳憲一. 膝前十字靱帯再建術の後療法–CPM使用の有無による前向き比較研究. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2005; 25(1): 195.
  59. 長倉 栄, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司. 腰椎椎間関節嚢腫に関する臨床的検討–第1報. 画像からの検討–. 第40回日本脊髄障害医学会プログラム/抄録集. 2005; 123; 東京.
  60. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 下肢深部反射の疫学的検討–左右差の意義–. 日整会誌. 2005; 79(3): S262.
  61. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司. 胸椎黄色靱帯骨化症に対する椎弓骨切り術–第1報. 手術成績–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(1): 271.
  62. 二階堂琢也, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 大谷晃司. 背側脱出ヘルニアによる脊髄円錐症候群–1例報告–. 第103回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 2005; 32; 山形.
  63. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 紺野愼一. 腰椎に発生した骨芽細胞腫–1例報告–. 第15回東北脊椎外科研究会プログラム・抄録集. 2005; 27: 仙台.
  64. 二階堂琢也, 菊地臣一, 矢吹省司, 紺野愼一. 腰椎に発生した骨芽細胞腫–1例報告–. 第29回福島脊椎脊髄疾患研究会. 2005; 福島.
  65. 沼崎広法, 菊地臣一, 長総義弘, 紺野愼一. 小児大腿骨遠位骨端部骨髄炎–1例報告–. 第103回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 2005; 22: 山形.
  66. 沼崎広法, 長総義弘, 大歳憲一, 大井剛太, 近内泰伸. Trans Fix systemによる膝前十字靭帯再建術–術後荷重時期と入院期間–.第29回東北膝関節研究会; 2005; 仙台.
  67. 箱﨑道之, 菊地臣一, 田地野崇宏, 山田 仁, 武田 明, 紺野愼一, 阿部正文1), 北條 洋1), 野沢佳弘1), 渡邉一男2)(1) 第一病理学, 2) 病理部). 小児に発生した小円形細胞腫瘍–2例報告–. 日整会誌. 2005; 79(6): S620.
  68. 箱﨑道之, 北條 洋1), 阿部正文1)(1) 第一病理学). 悪性腎横紋筋肉腫様腫瘍(MRTK)細胞株におけるEGF receptorの発現. 日本病理学会会誌. 2005; 94(1): 371.
  69. 箱﨑道之, 北條 洋1), 阿部正文1), 田地野崇宏(1) 第一病理学). 年長児の手掌に生じたhemangiopericytomaの1例. こども医療センター医学誌. 2005; 34(4): 223-224.
  70. 箱﨑道之, 北條 洋1), 阿部正文1)(1) 第一病理学). 左腎明細胞肉腫の1例. 小児がん. 2005; 42(1): 142.
  71. 箱﨑道之, 岩渕真澄. 小児の左拇指伸筋腱に生じた石灰沈着性腱炎–1例報告–. 東北整形災害外科学会雑誌. 2005; 49(1): 165.
  72. 箱﨑道之, 北條 洋1), 阿部正文1), 田地野崇宏, 山田 仁, 菊田 敦2), 菊地臣一(1) 第一病理学, 2) 小児科学). 胞巣型横紋筋肉腫, solid variantの1例. 第3回福島小児腫瘍研究会. 2005; 福島.
  73. 箱﨑道之, 北條 洋1), 阿部正文1)(1) 第一病理学). 左殿部軟部腫瘍の1例. 2005年小児腫瘍分類委員会夏季症例検討会. 2005; 東京.
  74. 箱﨑道之, 北條 洋1), 阿部正文1), 渡邉一男2)(1) 第一病理学, 2) 病理部). 小児に発生した小円形細胞腫瘍の1例. 第60回日本病理学会東北支部学術集会. 2005; 仙台.
  75. 箱﨑道之, 田地野崇宏, 山田 仁, 武田 明, 佐久間秀夫1)(1) 総合南東北病院).  左上腕骨骨腫瘍の1例. 第12回東北地区骨軟部腫瘍研究会. 2005; 盛岡.
  76. 北條 洋1), 野沢佳弘1), 箱﨑道之, 阿部正文1)(1) 第一病理学). 右大腿骨Ewing sarcoma family of tumorsの1例. こども医療センター医学誌. 2005; 34(1): 55.
  77. 北條 洋1), 中村直哉1), 箱﨑道之, 阿部正文1)(1) 第一病理学). Multifocal, multisystem Langerhans cell histiocytosis(Letterer-Siwe病)の1例. こども医療センター医学誌. 2005; 34(3): 152-153.
  78. 北條 洋1), 箱﨑道之, 阿部正文1)(1) 第一病理学). 右下腿軟部腫瘍の1例. 2005年小児腫瘍分類委員会夏季症例検討会. 2005; 東京.
  79. 北條 洋1), 鈴木 理1), 箱﨑道之, 阿部正文1)(1) 第一病理学). 右前頭葉に発生したEpendymoblastoma(PNET with ependymoblastic features)の1例. 小児がん. 2005; 42(1): 154.
  80. 三澤辰也, 宍戸裕章. 高度な肩関節破壊をきたしたCPPD crystal deposition diseaseの1例. 第16回東北肩関節研究会. 2005; 仙台.
  81. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一. 頚椎棘突起先端形状の解剖. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2005; 17(3): 368.
  82. 矢吹省司, 菊地臣一. 神経根ブロックの合併症–同一術者697例, 1000ブロックの解析–. 日整会誌. 2005; 79(4): S338.
  83. 矢吹省司, 菊地臣一. 小児骨性斜頚に対する環軸椎後方固定術–2例報告–. 第15回東北脊椎外科研究会プログラム・抄録集. 2005; 20: 仙台.
  84. 山内一矢, 佐藤勝彦1), 山口 研(1) 県立会津総合病院). 頚部神経根症に対する持続PCA硬膜外ブロックの有用性. 第54回東日本整形外科学会. 2005; 東京.
  85. 山田 仁, 菊地臣一, 田地野崇宏, 紺野愼一. 骨・軟部肉腫に対する化学療法中の予測困難な合併症–2例報告–. 日整会誌. 2005; 79(6): S669.
  86. 山田 仁, 菊地臣一, 田地野崇宏, 江尻荘一, 矢吹省司. 手背に発生した隆起性皮膚線維肉腫に対する追加切除–1例報告–. 第103回東北整形災害外科学会プログラム・抄録集. 2005; 54: 山形.
  87. 渡邉和之, 菊地臣一, 紺野愼一, 立原久義, 高山文治. 脊椎・脊髄疾患患者におけるQOLとストレス.日整会誌. 2005; 79(4): S382.
  88. 渡邉和之, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 一般健診参加者における腰痛患者のRDQ得点–通院群と非通院群の比較–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2005; 16(1): 70.

シンポジウム

  1. 江尻荘一, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 丸谷雅人1)(1) 有隣病院). 手根管症候群に対する鏡視下法と従来法のProspective randomized controlled trial–研究の質の検討–.(第48回日本手の外科学会学術集会シンポジウム). 日本手の外科学会雑誌. 2005; 22(1): S6.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 五十嵐 環, 二階堂琢也. シンポジウム3 腰痛に対する各種保存療法–私はこうしている ブロック療法–腰痛に対する腰部交感神経節ブロック. 第13回日本腰痛学会プログラム・抄録集(シンポジウム). 2005; 29: 東京.
  3. 紺野愼一, 菊地臣一. 高齢者腰部脊柱管狭窄の治療.(第54回東日本整形災害外科学会シンポジウム). 東日本整形災害外科学会雑誌. 2005; 17(3): 444.
  4. 紺野愼一. 腰痛に対するブロック療法. 日本臨床整形外科学会研修会(シンポジウム); 2005; 千葉.
  5. 矢吹省司, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の病態からみた治療法の選択–ブロック療法を中心に–.(第78回日本整形外科学会学術総会シンポジウム). 日整会誌. 2005; 79(3): S13.

 

特別講演

  • 江尻荘一. 手根管症候群に対する鏡視下手根管開放術–透析例を中心に–. 福島腎不全研究会. 2005; 福島.
  • 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の診断ツール–その意義と実際の使用例について–.須賀川医師会特別講演. 2005; 白河.
  • 大谷晃司. (1) 肩こり・頚部痛について–予防と治療–. (2) 腰痛・坐骨神経痛について–昨年度の運動器検診の結果より–.只見町転倒・骨折予防教室講演. 2005; 只見町.
  • 大谷晃司. 転ばないための筋力(体力)をつけるために–運動の重要性–.只見町転倒・骨折予防教室講演. 2005; 只見町.
  • 大谷晃司. 整形外科からみた骨粗鬆症. 白河医師会特別講演. 2005; 白河.
  • 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の診断ツール–その意義と実際の使用例について–. 相双地区学術講演会. 2005; 原町.
  • 大谷晃司. 元気ハツラツ生活–自分の足で歩き続けるために–. 浅川町講演会. 2005; 浅川町.
  • 大谷晃司. 私の骨と筋肉–老化とうまくつきあう–. 伊南村運動教室. 2005; 伊南村.
  • 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の診断ツール–その意義と実際の使用例について–. 郡山脊椎疾患研究会特別講演. 2005; 郡山.
  • 菊地臣一. 腰痛の新しい概念–予防と治療–. (第39回日本成人病(生活習慣病)学会特別講演),成人病と生活習慣病. 2005; 35(5): 540.
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–EBMと誤診例からの検討–. 社団法人日本柔道整復師会 第49回東北ブロック福島県大会(特別講演). 2005: 18; 郡山.
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–EBMと誤診例からの検討–.第48回東北理学療法研修学会 第49回東北理学療法大会プログラム・抄録(特別講演). 2005; 10: 福島.
  • 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療. 第54回東日本整形災害外科学会(ランチョンセミナー). 2005; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛症の最新治療. 痛みの治療フォーラム(特別講演). 2005; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–EBMと誤診例からの検討–. 第4回神奈川痛みの研究会(教育講演). 2005; 神奈川.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 平成16年度神奈川県臨床整形外科医会総会及び学術講演会(特別講演). 2005; 神奈川.
  • 菊地臣一. 今, 病院は改革を求められている. 県立病院長協議会(特別講演). 2005; 福島.
  • 菊地臣一. 腰下肢痛の診断と治療.第4回宮崎難治性疼痛研究会(特別講演). 2005; 宮崎. 
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–EBMと誤診例からの検討–. 第22回埼玉県整形外科医会教育研修講演会(教育研修講演). 2005; 埼玉.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–.第54期(社)日本鍼灸師会学術講演会(特別講演). 2005; 東京.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の診断-最近のトピックス.spinal symposium in Tokyo(教育研修講演). 2005; 東京.
  • 矢吹省司. 腰・下肢痛の基礎と臨床. 2005MAYセミナー(日本整形外科学会総会イブニングレクチャー). 2005; 横浜.
  • 矢吹省司. 首の内視鏡手術について. 会津中央病院第3回学術講演会(特別講演). 2005; 会津若松.
  • 矢吹省司. 1むち打ち損傷に対する前向き研究, 2頸椎内視鏡手術の実際. 会津整形外科医会(特別講演). 2005; 会津若松.
  • 矢吹省司. 骨粗鬆症に伴う痛みとその治療. 痛みに関するトータル・ケア講演会(特別講演). 2005; 郡山.
  • 矢吹省司. 肩こりの臨床的検討–対照群との比較を中心に–.第1回肩こり研究会(特別講演). 2005; 大阪.
  • 矢吹省司. 腰痛と坐骨神経痛–病態・治療・予防–. 江東ブロック病勤薬剤師会学術講演会(特別講演). 2005; 東京

 

招待講演

  • 菊地臣一. 腰痛診療の基本.日本カイロプラクティック徒手医学会第7回学術大会(基調講演). 2005; 京都. 
  • 菊地臣一. 腰痛症治療のガイドラインの作成と運用.日本腰痛理学療法研究会第1回研修会(記念講演). 2005; 名古屋.

 

その他

  • 分担研究者 菊地臣一. 高齢者の腰痛症の病態解明と診断法の確立.厚生労働科学研究補助金 痴呆・骨折臨床研究事業「高齢者の腰痛症に係るより効果的かつ効率的な診断, 治療, 介護及びリハビリテーション等の確立に関する研究班」報告会. 2005; 東京.

諸研究費補助金研究課題

  • 基盤研究(C)(2) 日本学術振興会:腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛発現のメカニズムの解明と新たな治療法の開発:菊地臣一, 矢吹省司   
  • 長寿科学総合研究事業 厚生労働省:高齢者の腰痛症に係るより効果的かつ効率的な診断、治療、介護及びリハビリテーション等の確立に関する研究:菊地臣一, 戸山芳昭
  • 長寿科学総合研究事業 厚生労働省:地域支援事業における体力向上サービスのあり方に関する研究:菊地臣一, 安村誠司

その他

  • 大谷晃司. 文献抄訳 Botulinum toxin type a in experimental neuropathic pain. ペインクリニック. 2005; 26: 1562.
  • 菊地臣一. 83rd AO Courses Davos 2005(Spine)講師レポート. AOAA JAPAN. 2005.
  • 菊地臣一.「THE BACK LETTER No.39,No.40,No.41,No.42」監修. THE BACK LETTER. 2005.
  • 菊地臣一(翻訳・監修). 米国整形外科学会ビデオ日本語版(AAOS Orthopaedic Surgery CD-ROM Library) 整形外科手術における選択的展開. 脊椎腰椎部への前方後腹膜膣侵入法. 企画. 山之内製薬株式会社. 制作. 株式会社ジャパンメディアートパブリッシング. 2005. 
  • 菊地臣一. 特集1 腰痛の管理 ゲスト編集. 特集2 カルシトニンをめぐる最近の話題ー基礎から臨床へー ゲスト監修,巻頭言.CLINICAL CALCIUM. 2005; 15(3): 331.
  • 菊地臣一.「地域医療」について. 福島県立医科大学医学部同窓会報. 2005; 34: 56-57.
  • 菊地臣一. 巻頭言. 福島股関節研究会10回記念誌. 2005; 1.
  • 菊地臣一, 坂井友実1)(聞き手)(1) 筑波技術短期大学). 腰痛治療の最新事情と鍼灸師に求められるもの. 医道の日本. 2005; 64(4): 11-21.
  • 菊地臣一(編集). 序. プライマリケアのための腰部脊柱管狭窄ー外来マネジメントー. 大阪: 医薬ジャーナル社. 2005. 
  • 菊地臣一. 連載7. 菊地教授の医療者としての心構え 小講座・・・その前に“人”として。.マニピュレーション. 2005; 20(1): 100-101.
  • 菊地臣一. 連載8. 菊地教授の医療者としての心構え 小講座・・・その前に“人”として。.マニピュレーション. 2005; 20(2): 88-89.
  • 菊地臣一. 連載9. 菊地教授の医療者としての心構え 小講座・・・その前に“人”として。.マニピュレーション. 2005; 20(3): 82-83.
  • 菊地臣一. 連載10. 菊地教授の医療者としての心構え 小講座・・・その前に“人”として。.マニピュレーション. 2005; 20(4): 78-79.
  • 菊地臣一(監修). 慢性腰痛と上手につきあいましょう(患者さん向け指導箋).企画. 日本臓器製薬. 出版. インターサイエンス社. 2005.
  • 菊地臣一. 第19回日本整形外科学会基礎学術集会開催にあたって(平成16年9月29日放送). マルホ整形外科セミナー放送内容集. 2005; 第169集: 18.
  • 菊地臣一. 高齢者の腰痛・下肢痛に備える(監修)(p.21-29 ), 腰痛に対する新たな概念と戦略(p.22-23), メディカル朝日. 2005; 34(10).
  • 菊地臣一(編集). 書評 プライマリケアのための腰部脊柱管狭窄–外来マネジメント–(医薬ジャーナル社, 大阪, 第1版, 全99頁, 2005). メディカル朝日. 2005; 34(10): 91.
  • 菊地臣一(監訳・解説). 慢性腰痛への腰椎固定術とリハビリを比較. MMJ. 2005; 1(5): 454-457.
  • 菊地臣一. 編集にあたって.NEW MOOK整形外科17 整形外科プライマリケア. 2005. 
  • 菊地臣一. 編集にあたって.NEW MOOK整形外科19 低侵襲手術. 2005. 
  • 菊地臣一. 名医からのメッセージ「ご存じですか! 腰痛の常識・最新情報」. NHK健康フェアー食育と健康のつどいー 食育・健康フェア in 岩沼(総合テレビ NHK総合ほっとモーニング 2005.10.27放送). 2005. 
  • 菊地臣一(監修). Orthopedic visual anatomy 腰椎. 日本ベーリンガーインゲルハイム. 第一製薬. 2005.
  • 菊地臣一. 第19回日本整形外科学会基礎学術集会–会長報告–.日整会誌. 2005; 78(12): 955-956.
  • 菊地臣一. あとがき.臨整外. 2005; 40(1): 110.
  • 菊地臣一. 整形外科におけるリスクマネジメント 緒言.臨整外. 2005; 40(8): 854-855.
  • 菊地臣一. あとがき.臨整外. 2005; 40(10): 1184.
  • 菊地臣一. 特集 脊椎・脊髄手術合併症–注意点と対策 特集にあたって. 脊椎脊髄ジャーナル. 2005; 18(3): 187.
  • 菊地臣一. 書評 ID触診術 Individual Muscle Palpation. 脊椎脊髄ジャーナル. 2005; 18(8): 925.
  • 菊地臣一. 健康相談室 Q左脚にひどいしびれがあり、腰椎のすべり症と診断された(回答).すこやかファミリー. 2005; 1月号: 30.
  • 菊地臣一. 健康相談室 骨粗しょう症 腰椎すべり症と診断されたが, 生活上の注意点は?(回答).すこやかファミリー. 2005; 11月号: 30-31.
  • 菊地臣一. 「腰痛」まずはストレス封じから. 週刊文春2005; 47(27): 48-49.
  • 菊地臣一, 紺野愼一. 腰痛のケア「原因不明85%」の現実. 読売新聞 医療ルネサンス. 2005; (11月29日).
  • 菊地臣一. 医療ルネサンス 郡山フォーラム きょう開催 会話と手当て信頼の土台. 読売新聞. 2005; (12月2日).
  • 菊地臣一. 討論(座長). 第15回腰痛シンポジウム 講演記録集 骨粗鬆症と腰痛–予防から手術まで–. 2005; 30-33.
  • 紺野愼一. 第19回日本整形外科学会基礎学術集会. 整形外科. 2005; 56(3): 364-365.

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01