2004(平成16)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. ARAI Itaru, MAO Guang-Ping, OTANI Koji, KONNO Shin-Aichi, KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Indomethacin blocks the nucleus pulposus-induced effects on nerve root function. An experimental study in dogs with assessment of nerve conduction and blood flow following experimental disc herniation. Eur Spine J. 2004; 13(8):  691-694. PMID:15316882
  2. IGARASHI Akira, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Inflammatory cytokines released from the fact joint tissue in degenerative lumbar spinal disorders. Spine. 2004; 29(19): 2091-2095. PMID:15454697
  3. IWABUCHI Masumi, KIKUCHI Shin-ichi, SATO Katsuhiko1)(1) Fukushima Prefectural Aizu General Hospital). Anatomic and clinical investigation of a low signal peripheral line (black line) around the lumber herniated nucleus pulposus on magnetic resonance imaging.Fukushima J Med Sci. 2004; 50(1): 11-19. PMID:15536886
  4. IWABUCHI Masumi, KIKUCHI Shin-ichi, SATO Katsuhiko1)(1) Fukushima Prefectural Aizu General Hospital). Pathoanatomic investigation of cervical spondylotic myelopathy. Fukushima J Med Sci. 2004; 50(2): 47-54. PMID:15779570
  5. MORO Takatomo, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shinichi. Necessity of rib head resection for anterior discectomy in the thoracic spine. Spine. 2004; 29(15): 1703-1705. PMID:15284520
  6. MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Bjön2), TAKAHASHI Kazuhisa1), TAKAHASHI Ichiro,OLMARKER Kjell2)(1) Chiba Univ., 2) Univ. Gothenburg). Macrophage appearance in the epineurium and endoneurium of dorsal root ganglion exposed to nucleus pulposus.J Peripher Nerv Syst. 2004; 9(3): 158-164. PMID:15363063
  7. OHTOSHI Kenichi, KIMURA Masashi1), KOBAYASHI Yasukazu1), HIGUCHI Hiroshi2), KIKUCHI Shin-ichi(1) Zensyukai Gumma Sports Medicine Research Center, 2) Gumma Univ.). Arthroscopic thermal shrinkage for hypermobile lateral meniscus. Am J Sports Med. 2004; 32(5): 1297-1301.PMID:15262656
  8. OKADA Kyoji11), HASEGAWA Tadashi2), NISHIDA Jun3), OGOSE Akira4), TAJINO Takahiro, OSANAI Toshihisa5), YANAGISAWA Michiro6), HATORI Masahito1)(1) Akita Univ., 2) National Cancert Center, 3) Iwate Medical Univ., 4) Niigata Univ., 5) Yamagata Univ., 6) Hirosaki National Hospital, 7) Tohoku Univ.). Osteosarcomas after the age of 50. A clinicopathologic study of 64 cases-an experience in northern Japan. Ann Surg Oncol. 2004; 11(11): 998-1004. PMID:15525829
  9. ONDA Akira, MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Bjön2), LARSSON Karin2), KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell2)(1) Chiba Univ.,  2) Univ. Gothenburg). Infliximab attenuates immunoreactivity of brain-derived neurotrophic factor in a rat model of herniated nucleus pulposus. Spine. 2004; 29(17): 1857-1861. PMID:15534405
  10. ONDA Akira, YABUKI Shoji, IWABUCHI Masumi, ANZAI Hiroyuki, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Lumbar sympathectomy increases blood flow in a dog model of chronic cauda equina compression. J Spinal Disord Tech. 2004; 17(6): 522-525. PMID:15570125
  11. SEKIGUCHI Miho, YABUKI Shoji, SATOH Koichiro, KIKUCHI Shin-ichi. An anatomic study of the sacral hiatus. A basis for successful caudal epidural block. Clin J Pain. 2004; 20(1): 51-54. PMID:14668657
  12. SEKIGUCHI Miho, KONNO Shinichi, KIKUCHI Shin-ichi. Effects of 5-HT2A receptor antagonist on blood flow in chronically compressed nerve roots. J Peripher Nerv Syst. 2004; 9: 263-269. PMID:15574139
  13. SEKIGUCHI Miho, KIKUCHI Shin-ichi,MYERS R Robert1)(1) Univ. California). Experimental spinal stenosis Relationship between degree of cauda equina compression, neuropathology, and pain. Spine. 2004; 29(10): 1105-1111. PMID:15131438

 

日本語論文

原 著

  1. 猪狩次雄1), 大戸 斉1), 尾形 隆1), 池田和彦1), 佐藤 馨1), 高木忠之1), 竹山邦彦1), 青田恵郎, 菊地臣一(1) 輸血・移植免疫部). 自己血輸血における貯血前白血球除去の臨床的意義. 日本輸血学会雑誌. 2004; 50(5): 704-709.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司. 腰仙椎部椎間板ヘルニア手術後10年以上経過例の腰痛関連QOLの検討. 日本腰痛学会雑誌. 2004: 10(1): 127-131.
  3. 大歳憲一, 木村雅史1), 小林保一1), 朝雲浩人1), 高山 篤1), 菊地臣一(1) 群馬スポーツ医学研究所). 中高年期に発症した外側円板状メニスクスの治療経験. 関節鏡. 2004; 29(2): 179-183.
  4. 川上亮一, 土田芳彦1), 辻 英樹1), 相木比古乃1), 籏本恵介1), 浅井康文1)(1) 札幌医科大学). 四肢切断再接着術における阻血時間短縮のためのTemporary shunt tubeの応用. 日本マイクロサージャリー学会誌. 2004; 17(1): 61-70.
  5. 佐々木伸尚, 菊地臣一, 紺野愼一, 荒井 至1)(1) 総合南東北病院) . ラット椎間板ヘルニアモデルに対する各種NSAIDsの鎮痛効果 c-Fosによる検討. 臨整外. 2004; 39(2): 147-154.
  6. 齋藤 昭1), 菊地臣一(1) 公立相馬総合病院) 特集 Hip-spine syndromeの現況 変形性股関節症からみた仙腸関節–脚長差の重要性–.関節外科. 2004; 23(4): 87-93.
  7. 佐藤勝彦1), 菊地臣一, 増子博文1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 脊椎脊髄疾患に対するリエゾン精神医学的アプローチ(第3報)腰仙椎部退行性疾患に対する手術成績に関与する精神医学的問題の検討. 臨整外. 2004; 39(9): 1145-1150.
  8. 佐藤勝彦1), 菊地臣一, 増子博文2), 丹羽真一2)(1) 県立会津総合病院, 2) 神経精神医学). 心理的評価からみた慢性腰痛に対する抗うつ薬の有効性と問題点. 臨整外. 2004; 39(11): 1421-1425.
  9. 佐藤勝彦1), 菊地臣一(1) 県立会津総合病院). 慢性腰痛に対するBS-POPの有用性. 脊椎脊髄ジャーナル. 2004; 17(7); 719-724.
  10. 宍戸裕章, 菊地臣一. 鏡視下肩峰下除圧術後における腱板断裂の経時的な変化 MRIによる検討. 臨整外. 2004; 39(5): 705-710
  11. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一. 鏡視下肩峰下除圧術後における単純X線像の経時的変化–前向き研究–. 臨整外. 2004; 39(9): 1315-1319.
  12. 関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. 慢性馬尾圧迫下の神経根内血流障害に対する血流改善効果 選択的EP4受容体アンタゴニストとプロスタグランジンE1誘導体投与後の血流量の比較検討. 臨整外. 39(11): 1415-1420.
  13. 武田 明, 菊地臣一, 山田 仁, 田地野崇宏, 紺野愼一. 骨軟部悪性腫瘍の診断の遅れ 診断確定まで長期間を要した症例の検討. 臨整外. 2004; 39(3): 279-284.
  14. 立原久義, 鈴木幹夫1), 横村伸夫1)(1) 白河厚生総合病院). 片開き式頚部脊柱管拡大術に使用したハイドロキシアパタイトスペーサーの骨癒合に対する検討. 臨整外. 2004; 39(1): 109-114.
  15. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 沼崎広法. TransFix systemを用いた膝屈筋腱による膝前十字靭帯再建術 早期荷重による臨床的・社会的利害得失. 臨整外. 2004; 39(5): 667-672.
  16. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 大歳憲一, 大井剛太. TransFix systemを用いた膝屈筋腱による膝前十字靱帯再建術–脛骨側interference screw固定の問題点–. 関節鏡. 2004; 29(2): 143-147.
  17. 森本忠嗣1), 菊地臣一, 佐藤勝彦, 大谷晃司. 腰仙椎移行椎例の脊髄円錐下端部の高位分布 MRIによる検討(1) 佐賀医科大学). 臨整外. 2004; 39(11): 1409-1414.
  18. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一, 鳥越 均. 肘部での採血の危険性–肘関節屈側の皮静脈と神経の解剖–. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2004; 16(1): 38-41.
  19. 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎変性すべり症に対するGraf制動術の成績からみた腰痛. 日本腰痛学会雑誌. 2004; 10(1): 56-59.
  20. 矢吹省司, 恩田 啓, 菊地臣一. 脳波・筋電図の臨床 脊髄後角ニューロンの異常発火からみた椎間板ヘルニアによる神経根性疼痛の病態. 臨床脳波. 2004; 46(1): 33-39.
  21. 山口 研, 木村雅史1), 小林保一1), 朝雲浩人1), 高山 篤1), 畑山和久1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 急性前十字靭帯損傷に対する保存的修復法の治療成績-骨端線閉鎖前小児例と閉鎖後成人例の比較-. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2004; 16(1): 119-123.
  22. 山田 仁, 菊地臣一, 田地野崇宏, 武田 明, 佐藤勝彦. 初回手術後遺残軟部肉腫に対する追加手術の治療成績 手術計画におけるMRIの有用性. 臨整外. 2004; 39(10): 1299-1305.

総説等

  1. 五十嵐 環, 紺野愼一. EBM Research 腰仙部硬膜外ブロックにステロイドは必要か?. 脊椎脊髄ジャーナル. 2004; 17(2): 144-145.
  2. 大谷晃司. 整形外科からみたfailed back syndromeの病態–エピドラスコピーへの期待と疑問点を含めて–. ペインクリニック. 2004; 25(3): 357-365.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一. 整形外科診療手技のうそ・まこと 急性腰痛に安静は必要か.整・災外. 2004; 47(11): 1373.
  4. 菊地臣一.【診療ガイドラインの方向性 臨床に役立つガイドラインとは】腰椎椎間板ヘルニアの診療ガイドライン 海外の診療ガイドライン動向. 臨整外. 2004; 39(8): 1053-1056.
  5. 菊地臣一.【腰椎椎間板ヘルニアの診療ガイドライン】海外の腰痛診療ガイドライン策定の考え方. 脊椎脊髄ジャーナル. 2004; 17(10): 945-950.
  6. 菊地臣一. 腰痛と加齢 腰痛に対する新しい概念. ジェロントロジーニューホライズン. 2004; 17(1): 76-81.
  7. 菊地臣一. 刻々と変わる腰痛治療(1). 医道の日本. 2004; 63(3): 159-165.
  8. 菊地臣一. 刻々と変わる腰痛治療(2). 医道の日本. 2004; 63(4): 191-197.
  9. 紺野愼一. 腰痛の治療成績評価. 整形外科. 2004; 55(7): 804.
  10. 紺野愼一, 菊地臣一.【脊椎脊髄疾患の治療成績評価を考える】治療成績の評価はどのような観点から行われるべきか. 脊椎脊髄ジャーナル. 2004; 17(1): 27-29.
  11. 紺野愼一, 菊地臣一.【最新腰部脊柱管狭窄症診療マニュアル】腰部脊柱管狭窄症の概念と分類. Orthopaedics. 2004; 17(5): 1-5.
  12. 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の保存療法. 日本腰痛学会雑誌. 2004; 10(1): 10-13.
  13. 紺野愼一.【内科コモンプロブレム】腰痛. Medicina. 2004; 41(4): 665-669.
  14. 紺野愼一, 菊地臣一.【内視鏡下脊椎手術の進歩】脊椎外傷に対する内視鏡下手術. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2004; 9(6): 639-644.
  15. 紺野愼一.【慢性腰痛】腰痛の社会的背景と精神医学的問題. 日本腰痛学会雑誌. 2004; 10(1):19-22.
  16. 関口美穂, 菊地臣一, 紺野慎一.【診療過程を解き明かす Evidence-based Diagnosis】腰痛診療のプロセス. JIM. 2004; 14(1): 39-45.
  17. 関口美穂, 紺野愼一. 安静でも軽快しない腰痛 いかなるposition/activityでも持続するとき. Medicina. 2004; 41(9): 1518-1521.
  18. 関口美穂, 紺野愼一.【腰痛, 下肢のしびれ】殿部周囲の知覚減少, 急性の膀胱直腸障害. Medicina. 2004; 41(9): 1527-1529.
  19. 関口美穂, 紺野愼一.【筋・骨格系の痛み研究の最近の話題】腰部脊柱管狭窄モデルにおける腰痛および間欠跛行の神経機構について. 運動療法と物理療法. 2004; 15(3): 183-192. 
  20. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一. 【脊椎脊髄の機能解剖とアプローチ】実践編 胸椎・腰椎 内視鏡下手術の視点からの腰部神経叢の解剖. 2004; 17(5): 522-526.
  21. 矢吹省司.【痛みシグナルの制御機構と最新治療エビデンス】治療の最前線 疾患別治療 椎間板ヘルニアによる腰痛・下肢痛に対する新しい保存療法―基礎的研究と臨床応用の可能性. 医学のあゆみ. 2004; 211(5): 513-521.
  22. 矢吹省司.【最新腰部脊柱管狭窄症診療マニュアル】腰部脊柱管狭窄に対するブロック療法. Orthopedics. 2004; 17(5): 62-66.
  23. 矢吹省司. 圧迫性頚髄症の治療選択. 日本医事新報. 2004; 4189: 89.
  24. 矢吹省司, 恩田 啓, 菊地臣一. 脊髄後角ニューロンの異常発火からみた椎間板ヘルニアによる神経根性疼痛の病態. 臨床脳波. 2004; 46(1): 33-39.
  25. 矢吹省司.【鏡視下脊椎手術の現況】後腹膜腔鏡視下脊椎手術. 脊椎脊髄ジャーナル. 2004; 17(6): 651-656.
  26. 矢吹省司. 脊椎外科picture test–頚髄症の症状を呈する症例の原因は?The Spine perspectives. 2004; 1(2): 6-7.

症例報告

  1. 大井剛太, 菊地臣一, 矢吹省司, 長総義弘, 大歳憲一. 変形性膝関節症を合併した両膝樹枝状脂肪腫の1例. 臨整外. 2004; 39(7): 987-990.
  2. 大歳憲一, 菊地臣一, 長総義弘, 江尻荘一. 広範な軟部組織欠損を合併した外傷性膝蓋骨欠損と膝蓋腱断裂に対する膝伸展機構の再建の1例. 東北膝関節研究会会誌. 2004; 14: 21-25.
  3. 長総義弘, 菊地臣一, 大歳憲一, 近内泰伸, 大井剛太. ヒンジ型人工膝関節を用いて再建した膝関節色素性絨毛結節性滑膜炎ー1例報告ー. 日本人工関節学会誌. 2004; 34: 129-130.
  4. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 沼崎広法. 恒久性膝蓋骨脱臼に対する大腿四頭筋腱延長を併用した近位アライメント再建術ー1例報告. 東北膝関節研究会会誌. 2004; 14: 5-10.
  5. 三澤辰也, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 皆川英成(1)大野病院). 吸収性スクリューにて膝関節のLockingを呈した1例. 東北整災誌. 2005; 49(1): 125-128.
  6. 森本忠嗣, 菊地臣一, 矢吹省司, 仲田幸世, 古月顕宗. 棘突起理解を伴った外傷性軸性すべり症の1例. 臨整外, 2004; 39(3): 361-365.

著書・訳書

  1. 越智隆弘1), 菊地臣一編集(1) 大阪大学). NEW MOOK整形外科14 リウマチ類縁疾患. 東京: 金原出版. 2004.
  2. 越智隆弘1), 菊地臣一編集(1)大阪大学). NEW MOOK整形外科15 小児整形外科. 東京: 金原出版. 2004.
  3. 越智隆弘1), 菊地臣一編集(1) 大阪大学). NEW MOOK整形外科16 高齢者の整形外科. 東京: 金原出版. 2004.
  4. 菊地臣一. 22. 腰・仙椎部の疾患 腰痛,下肢痛のとらえ方/診断手順. In; 二ノ宮節夫他編. 今日の整形外科治療指針 第5版. 東京. 医学書院. 2004; p.654-656(分担執筆).
  5. 菊地臣一. Point of View 椎間板内ステロイド注入. In: 鈴木信正 他編. 腰椎変性疾患 基本知識とチェックポイント. 東京: メジカルビュー社. 2004; p.176(分担執筆). 
  6. 菊地臣一. 第2章 脊椎と脊髄 I.変性性疾患, 3. 腰椎 いわゆる腰痛症. In: 岩本幸英編. 神中整形外科学 改訂22版. 東京: 南光堂. 2004; p.176-201(分担執筆).
  7. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛症(p.1052-1054), 腰椎椎間板ヘルニア(p.1055-1057). In: 水島 裕, 黒川清総編. 今日の治療と看護 改訂第2版. 東京: 南江堂. 2004.(分担執筆).
  8. 紺野愼一, 菊地臣一. 第4章 保存療法 ブロック療法(神経根,硬膜外). In: 鈴木信正 他編. 腰椎変性疾患 基本知識とチェックポイント. 東京; メジカルビュー社. 2004; p.161-163(分担執筆). 
  9. 佐藤勝彦1), 菊地臣一(1) 県立会津総合病院). [2]診断と治療のポイント 5腰痛(急性・慢性). In: 越智隆弘,菊地臣一編. NEW MOOK整形外科16 高齢者の整形外科. 東京: 金原出版. 2004; p.85-93(分担執筆). 
  10. 佐藤勝彦1), 菊地臣一(1) 県立会津総合病院). 第2章 病態と診断 腰痛の機序 神経根性疼痛. In: 鈴木信正 他編. 腰椎変性疾患 基本知識とチェックポイント. 東京: メジカルビュー社. 2004; p.43-46(分担執筆).
  11. 福原俊一1) 編著. RDQ日本語版作成委員会(中村正生2), 宮本 敬3), 清水克時3), 藤原 淳4), 小林直樹4), 斎木和彦4), 北川知明4), 玉井和哉4), 早乙女鉱一4), 紺野愼一, 菊地臣一, 福原俊一1), 鈴鴨よしみ1), 高橋奈津子5)(1) 京都大学, 2) 美濃市立美濃病院, 3) 岐阜大学, 4) 獨協医科大学, 5) NPO健康医療評価研究機構). In: 腰痛特異的QOL尺度 Roland-Morris Disability Questionnarie RDQ日本語版マニュアル. 東京: 医療文化社. 2004. 
  12. 矢吹省司, 菊地臣一. 第1章 腰椎の基本知識 腰椎の解剖 形態解剖. In: 鈴木信正 他編. 腰椎変性疾患 基本知識とチェックポイント. 東京: メジカルビュー社. 2004; p.2-8(分担執筆).

研究報告

  • 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎退行性疾患の発痛機序–機械的, 化学的因子の関与–. 平成15年度科学研究費補助金実績報告書(研究実績報告書)(基盤研究(B)(2)).  2004.
  • 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛機能関連障害に対する縦断的研究. 平成14年度~平成15年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書. 2004. 
  • 宍戸裕章, 菊地臣一. ステロイドの神経に対する影響–局所投与による神経内血流の変化–. 平成14年度~平成15年度科学研究費補助金実績報告書(研究実績報告書)(若手研究(B)). 2004.
  • 矢吹省司, 菊地臣一. 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の発現–TNF-alphaの役割–. 平成14年度~平成15年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書. 2004.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. CAMPANA Wendy1), SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, MYERS R Robert1)(1) California Univ.). Erythropoietin induces phosphorylation of JAK2 in spinal cord after nerve root injury. The 31st Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 494: Porto, Portugal.
  2. IGARASHI Tamaki, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shinichi, OTANI Koji, TAKEYACHI Yoshiaki. Accuracy of the physical examination for clinical diagnosis of lumbar disc herniation.The 31st Annual Meeting International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 613: Porto, Portugal.
  3. KONNAI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, NAGAOSA Yoshihiro. Clinical outcome and social impact of the immediate weight-bearing program after ACL reconstruction with hamstring tendon graft in comparison with the conventional protocol. European Society of Sports traumatology Knee surgery and Arthroscopy (ESSKA). 2004; Athens.
  4. KONNO Shinichi, WATANABE Kazuyuki, SATO Katsuhiko1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Fukushima Prefectural Aizu General Hospital). Validation of brief scale for psychiatric problems in Orthopaedic patients (BS-POP). The 31st Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 518: Porto, Portugal. 
  5. KONNO Shinichi, KIKUCHI Shin-ichi. The effect of nerve root infiltrations for patients with lumbar disc herniation. The 31st Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 618: Porto, Portugal.
  6. MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Bjön2), TAKAHASHI Kazuhisa1), TAKAHASHI Ichiro, LARSSON Karin2), OLMARKER Kjell2)(1) Chiba Univ., 2) Univ. Gothenburg). Macrophage expression in the intact tissue and inflammatory crescent of the dorsal root ganglion exposed to nucleus pulposus in rats. The 31st Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 268: Porto, Portugal.
  7. MYERS Robert1), TAKAHASHI Naoto, KIKUCHI Shin-ichi, HECKMAN Heidi1),  DOLKAS Jenny1), SHUBAYEV Veronica1), CAMPANA Wendy1)(1) Univ. California). P38 MAPK activity is altered but not eliminated in TNF knockout mice. Insights into TNF signaling and immune cell recruiment. The 31st Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 533: Porto, Portugal.
  8. NUMAZAKI Hironori, LAXDAL Gauti1), ISBERG Jonas1), KARLSSON Jon1)(1) Sahlgrenska Univ. Hospital). Treatment of recurrent antero-lateral ankle instability using peroneus brevis tenodesis. A new surgical method. The 60th Sweden Orthopaedic association. 2004;78.
  9. ONDA Akira< MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Bjön2), LARSSON Karin2), KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell2)(1) Chiba Univ, 2) Univ. Gothenburg). Effects of infliximab on the upregulation of brain-derived neurotrophic factor in rat dorsal root ganglion and spinal cord following exposure to herniated nucleus pulposus. 31st Annual Meeting,
  10. ONDA Akira, MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Bjön2), LARSSON Karin2), KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell2)(1) Chiba Univ, 2) Univ. Gothenburg). Nerve growth factor involvement in pain behavior in a rat model of experimental disc herniation. 31st Annual Meeting,International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 242: Porto, Portugal. International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 245: Porto, Portugal.
  11. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shinich, YABUKI Shoji. Disability after operation of lumbar disc herniation with or without fusion to compare with general population: Minimum 10 year follow up. 31st Annual Meeting, International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; 626: Porto, Portugal.
  12. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shinich, YABUKI Shoji, IWABUCHI Masumi. Natural course of cervical spondylotic myelopathy analysis of subjective symptom and disturbance of ADL.20th Annual Meeting, Cervical Spine Research Society- European Section (CSRS-E). 2004; 433: Porto, Portugal.
  13. SKAUEN Jan Sture1), HEDIN Lars1), OLMARKER Kjell2), OTANI Koji, LARSSON Karin2), FINSAAS Erna1), Krakstad Camilla1)(1) Univ. Bergen, 2) Univ. Gothenburg). Prostaglandins in experimental nerve root injury. 31st Annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2004; Porto, Portugal.
  14. TAKAYAMA Bunji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shinichi. Anatomical Study of Extraperitoneal Approach in Endoscopic Surgery for L1 burst fracture.The 4th Pacific Asian Society of Minimally Invasive Spine Surgery. Program and Abstruct Book. 2004; 109: Jeju, Korea.
  15. TAKAYAMA Bunji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shinich, OTANI Koji. Immunohistrogical study of antinociceptive effect of calcitonin in the rat model of osteoporosis, Asia Pacific Orthopaedic Association 14th Triennial Congress,Abstruct Book. 2004; 404,Kuala Lumpur, Malaysia.
  16. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Endoscopic laminotomy for cervical myelopathy a cadaveric study and clinical application. 20th Annual Meeting, Cervical Spine Research Society- European Section (CSRS-E). 2004; 480: Porto, Portugal.
  17. WATANABE Kazuyuki, KIKUCHI Shin-ichi, YABUKI Syoji. A study of the complications of endoscopic spinal surgery. Asia Pacific Orthopaedic Association 14th Triennial Congress・Abstract book. 2004; 222: Kuala Lumpur, Malaysia.

 

国内学会

研究発表

  1. 青田恵郎, 菊地臣一, 矢吹省司, 佐々木伸尚, 大橋寛憲. 股関節手術の手術侵襲とストレス–IL-6による検討–. 日整会誌. 2004; 78(3): S21.
  2. 青田恵郎, 菊地臣一, 渡邉和之, 大橋寛憲, 矢吹省司, 荒 文博. MIS-THAの手術侵襲とストレス-IL-6による検討-. 第31回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 2004; 125: 長崎.
  3. 青田恵郎, 菊地臣一, 矢吹省司. 骨関節疾患におけるリスクマネジメント. 東日本整形災害外科学会誌. 2004; 16(3): 438.
  4. 朝熊英也, 佐藤勝彦1), 山内一矢(1) 県立会津総合病院). 人工膝関節置換術に駆血帯は必要か?第102回東北整形災害外科学会. 2004; 56: 盛岡.
  5. 荒 文博, 菊地臣一, 紺野愼一, 青田恵郎, 大橋寛憲. 股関節疾患を有する症例の精神医学的問題–BS-POPによる検討–. 第31回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集. 2004; 151: 長崎.
  6. 五十嵐 章, 菊地臣一, 紺野愼一. 退行性腰椎疾患における椎間関節組織内サイトカインの発現–炎症性サイトカイン濃度と臨床症状との関係–. 日整会誌. 2004; 78(3): S181.
  7. 五十嵐 章, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の病態–椎間関節からの化学的因子の関与–. 日整会誌. 2004; 78(8): S892.
  8. 五十嵐 章, 菊地臣一, 紺野愼一. 退行性腰椎疾患における椎間関節組織内サイトカインの発現–サイトカイン濃度と臨床症状. MRI所見との関係–, 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 322.
  9. 五十嵐 環, 菊地臣一, 佐藤勝彦1), 紺野愼一(1) 県立会津総合病院). 頚椎牽引における生理学的検討. 運動療法と物理療法. 2004; 15(2): 137.
  10. 上杉和秀, 菊地臣一, 青田恵郎, 大橋寛憲. 鼠径部痛と大腿部痛で整形外科を受診した消化管穿孔–2例報告–. 東日本整形災害外科学会誌. 2004; 16(3): 502.
  11. 江尻荘一, 菊地臣一, 矢吹省司, 鳥越 均, 丸谷雅人1)(1) 有隣病院). 手根管症候群に対する鏡視下法と従来法のProspective randomized study–第4報 ADLと理学所見の改善度の検討–. 日本手の外科学会雑誌. 2004; 21(1): S123.
  12. 江尻荘一. 上腕骨顆部からのcross nailingとcross pinningによる尺骨神経麻痺–2例報告–. 第18回福島手の外科研究会. 2004; 郡山.
  13. 大井剛太, 菊地臣一, 紺野愼一, 長総義弘, 大歳憲一. 変形性膝関節症に合併した両膝関節の樹枝状脂肪腫–1例報告–. 第29回日本膝関節学会プログラム・抄録集. 2004; 55; 広島.
  14. 大内一夫, 菊地臣一, 矢吹省司. 内反変形を来した踵舟間癒合症–1例報告–. 日本足の外科学会雑誌. 2004; 25(1): S102.
  15. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司. 腰仙部椎間板ヘルニアの長期手術成績–腰痛関連機能障害の検討–. 日整会誌. 2004; 78(3): S223.
  16. 大谷晃司, 菊地臣一, 矢吹省司. ヒッププロテクター装着に影響を与える因子の検討–無償供与した一般住民での検討–. 日整会誌. 2004; 78(4): S324.
  17. 大谷晃司, 菊地臣一, 五十嵐 孝1)(1) 自治医科大学). 腰仙部椎間板ヘルニアに対するエピドラスコピーの治療成績–保存療法, 観血的治療法との比較–. 第5回エピドラスコピー研究会抄録集. 2004; 1-2; 大阪.
  18. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司. 腰仙椎部椎間板ヘルニア手術後10年以上経過例の腰痛関連機能障害の検討. 日本腰痛学会雑誌. 2004; 10(1): 173.
  19. 大歳憲一, 菊地臣一, 紺野愼一, 長総義弘, 木村雅史1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 膝屈筋腱を用いた膝前十字靱帯再建術後の骨孔拡大–固定間距離の異なる2つの術式間での比較–. 日整会誌. 2004; 78(3): S96.
  20. 大歳憲一, 菊地臣一, 長総義弘, 大井剛太, 木村雅史1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 見逃されていた膝蓋腱損傷–膝側副靱帯損傷を合併した膝前十字靱帯損傷に膝蓋腱損傷を伴った2例–. 第29回日本膝関節学会プログラム・抄録集. 2004; 128: 広島.
  21. 大歳憲一, 宍戸裕章. 小児に発症した上腕骨結核性骨髄炎–1例報告–. 第15回東北肩関節研究会; 2004; 仙台. 
  22. 大橋寛憲, 菊地臣一, 矢吹省司, 青田恵郎. 股関節ブロックを用いた股関節痛の分析. 日整会誌. 2004; 78(3): S104.
  23. 大橋寛憲, 菊地臣一, 矢吹省司, 青田恵郎. セメントレス人工股関節置換術の臼蓋スクリュー刺入–安全域の検討–. 日整会誌. 2004; 78(8): S901.
  24. 恩田 啓, 菊地臣一, 村田泰章1), RYDEVIK Bjön2), LARSSON Karin2), OLMARKER Kjell2)(1) 千葉大学, 2) Univ. Gothenburg). 椎間板ヘルニアモデルにおけるInfliximabのBrain-derived neurotrophic factor (BDNF)の発現抑制効果. 日整会誌. 2004; 78(8): S792.
  25. 菊地忠志, 菊地臣一, 紺野愼一, 立原久義, 鈴木周一. 人工膝関節置換術に駆血帯は必要か? 日整会誌. 78(4): S435.
  26. 北村拓也, 鎌滝章央1), 関亦正幸1), 菊地臣一, 本間 好1)(1) 生体物質). MCA法を用いた関節リウマチ患者における異常メチル化CpG island部位の特定. 日整会誌. 2004; 78(8):  S829.
  27. 北村拓也, 菊地臣一, 紺野愼一. 特発性側弯症患者のQOL調査–重回帰分析による検討–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 267.
  28. 小林秀男, 武田浩一郎1), 武田 明(1) 福島県心身障害児総合療育センター). 化膿性膝関節炎後の外反膝に対し成長軟骨板ステープル固定を施行した1例. 第102回東北整形災害外科学会. 2004; 63; 盛岡.
  29. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄に対するLipo PGE1製剤の治療効果–RCT(randomized controlled trial)による検討–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 337.
  30. 佐々木伸尚, 菊地臣一, 紺野愼一. 神経根慢性圧迫モデルにおける抗TNF-α抗体の効果. 日整会誌. 2004; 78(8): S1025.
  31. 佐々木伸尚, 武田浩一郎1), 菊地臣一(1) 福島県心身障害児総合療育センター). 観血的整復術前に創外固定器を用いて骨頭引き下げを行った年長児先天性股関節脱臼–2例報告–.日本小児整形外科学会雑誌. 2004; 13(3): 283.
  32. 佐藤弘一郎, BYR Gunnar1), RYDEVIK Bjön1), 菊地臣一(1) Univ. Gothenburg). 骨折治癒における低容量MTXの影響. 日整会誌. 78(8): S1116.
  33. 佐藤弘一郎, 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). 桂枝加朮附湯が奏功した掌蹠膿疱性骨関節症に合併した関節水腫の一例. 第48回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2004; 348: 岡山.
  34. 佐藤弘一郎, 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). 多価不飽和脂肪酸(肝油;cod fish oil)の変形性膝関節症に対する日常生活動作改善効果.福島県立病院医学研究誌. 2004; 20: 3-7.
  35. 佐藤直人, 菊地臣一. 慢性腰痛に対するコルセット長期装着の影響–電気生理学的検討–. 運動療法と物理療法. 2004; 15(2): 139.
  36. 佐藤直人, 菊地臣一, 佐藤勝彦1)(1) 県立会津総合病院). 慢性腰痛に対するコルセット長期装着の影響-電気生理学的検討-. 第16回日本理学診療医学会; 2004; 東京.
  37. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一. 反復性肩関節前方脱臼に対する鏡視下Bankart修復術の治療成績. 日整会誌. 2004; 78(4): S457.
  38. 菅野智美1), 岡野高明1), 増子博文1), 田子久夫1), 丹羽真一1), 佐藤勝彦, 菊地臣一(1) 神経精神医学). 発達障害を基礎に持ち頻回の整形外科手術を要求した身体表現性障害の1例 リエゾン精神医学的アプローチ. 精神神経学雑誌. 2004; 106(12): 312-313.
  39. 菅野智美1), 岡野高明1), 増子博文1), 佐藤勝彦, 田子久夫1), 菊地臣一, 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 頻回の整形外科手術を要求した発達障害を合併する身体表現性障害の症例に対するリエゾン精神医学的アプローチ. 福島医誌. 2004; 54(4): 1675-1676.
  40. 菅野伸樹, 青木良仁1), 安斎裕之, 恩田 啓(1) 大原綜合病院). 前側方アプローチの工夫. 第10回福島股関節研究会症例検討会. 2004; 福島.
  41. 関口美穂, 菊地臣一, 関口泰史, MYERS R Robert1)(1) Univ. California). 腰部脊柱管狭窄モデルにおける馬尾への圧迫の強さ、神経病理学的変化と痛みの関連について. 日整会誌. 2004; 78(3): S185.
  42. 関口美穂, 菊地臣一, 関口泰史, MYERS R Robert1)(1) Univ. California). 後根神経節と脊髄でのアポトーシス細胞の発現と痛みの関連について 神経根性疼痛モデルと混合型脊柱管狭窄モデルを用いての検討. 日整会誌. 2004; 78(8): S1025.
  43. 関口美穂, 菊地臣一, 関口泰史, CAMPANA Wendy1), MYERS R Robert1)(1) Univ. California). 中枢側または末梢側神経根損傷後の後根神経節と脊髄でのアポトーシス細胞の比較. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 367.
  44. 関口泰史, 菊地臣一, 関口美穂, CAMPANA Wendy1), MYERS R Robert1)(1) Univ. California). ラット神経根性疼痛モデルにおけるエリスロポエチン投与による神経保護効果の検討. 日整会誌. 2004; 78(3): S180.
  45. 高橋一朗, 菊地臣一, 佐藤勝彦1), 岩渕真澄(1) 県立会津総合病院). 腰痛性間欠跛行に伴う大幹前傾化に対する手荷物負荷の影響. 日整会誌. 2004; 78(8): S1057.
  46. 高橋洋子, 古月顕宗1), サッキャ・イソラマン1), 高須 誠1), 坂本和陽1), 鈴木 裕1)(1) 会津中央病院). 大腿骨頚部骨折術後及び人工股関節全置換術後の大腿骨骨幹部骨折に対するDall-Miles plate and cable systemの使用経験. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2004; 16(3): 469.
  47. 高山文治, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の診断に対する歩行負荷試験-有用性の検討-. 日整会誌. 2004; 78(3): S225.
  48. 高山文治, 菊地臣一, 紺野愼一. 第1腰椎破裂骨折に対する脊椎内視鏡手術の応用胸膜外腹膜外アプローチの解剖学的検討. 日整会誌. 78(8): S1131.
  49. 高山文治, 菊地臣一, 紺野愼一, 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の診断に対する歩行負荷試験-有効性の検討-. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 383.
  50. 高山文治, 菊地臣一, 紺野愼一, 関口美穂. 骨粗鬆症モデルラットに対するカルシトニンの鎮痛効果. Osteoporosis Japan. 2004; 12 (suppl.1): 187.
  51. 武田 明, 菊地臣一, 田地野崇宏, 山田 仁, 紺野愼一. 担ヒト線維肉腫マウスに対するシスプラチン少量連日投与の有効性. 日整会誌. 2004; 78(6): S683.
  52. 竹谷内克彰, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰痛のアウトカム指標–性と配偶者の有無からみた検討–. 日整会誌. 2004; 78(3): S183.
  53. 竹谷内克彰, 菊地臣一, 紺野愼一. 動脈硬化が脊椎や腰背筋群へ及ぼす影響–遺伝性高コレステロール血症ウサギを用いた実験的研究–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 145.
  54. 田地野崇宏, 菊地臣一, 武田 明, 山田 仁, 紺野愼一. 四肢近位部(腋窩部, 鼡径部)に生じた軟部肉腫の検討, 日整会誌. 2004; 78(6): S691.
  55. 立原久義, 菊地忠志, 菊地臣一, 紺野愼一, 鈴木周一. 駆血帯を使用しない人工膝関節置換術–術中出血量に影響を与える因子について–. 日整会誌. 2004; 78(4): S436.
  56. 鳥羽 衛1), 江戸清人1), 佐々木伸尚, 紺野愼一, 菊地臣一(1) 薬剤部). 整形外科領域術後感染の発症に関わる危険因子の検討. 日整会誌. 2004; 78(3): S114.
  57. 鳥越 均, 菊地臣一, 紺野愼一, 荻野利彦1)(1) 山形大学). 創外固定器による術前牽引を行った橈側内反手の治療経験. 日本手の外科学会雑誌. 2004; 21(1): S171.
  58. 鳥越 均, 菊地臣一, 紺野愼一. Metacarpal handに対する再建術–1例報告–. 東北整災害誌. 2004; 48(1): 105-106.
  59. 長総義弘, 菊地臣一, 大歳憲一, 紺野愼一. 膝前十字靱帯再建術後における膝屈筋腱の再生–MRIによる経時的検討–. 日整会誌, 2004; 78(4): S501.
  60. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 沼崎広法, 大歳憲一, 大井剛太. 膝屈筋腱の採取腱長の術前評価–身長とMRI所見をもとに–. 関節鏡. 2004; 29(3): 83.
  61. 長総義弘, 菊地臣一, 大歳憲一, 大井剛太. 恒久性または習慣性膝蓋骨脱臼における膝伸展機構の短縮.第29回日本膝関節学会プログラム・抄録集. 2004; 104: 広島.
  62. 箱﨑道之, 菊地臣一, 田地野崇宏, 武田 明, 紺野愼一. 成人骨幹端に生じた骨巨細胞種–1例報告–. 日整会誌. 78(6): S648.
  63. 箱﨑道之, 岩渕真澄. バレーボール選手に生じた上腕骨骨幹部疲労骨折–1例報告–. 日本臨床スポーツ医学会誌. 2004; 12(4): S98.
  64. 箱﨑道之, 北條 洋1), 阿部正文1)(1) 第一病理学). 左腎腫瘍の1例. 2004年小児腫瘍分類委員会夏季症例検討会; 2004; 横浜.
  65. 箱﨑道之, 岩渕真澄. 小児の左拇指伸筋腱に生じた石灰沈着性腱炎–1例報告–. 第102回東北整形災害外科学会. 2004; 盛岡.
  66. 箱﨑道之, 田地野崇宏, 山田 仁, 渡邉一男1)(1) 病理部). 左腓骨腫瘍. 第11回東北地区骨軟部腫瘍研究会. 2004; 弘前.
  67. 北條 洋1), 箱﨑道之, 阿部正文1)(1) 第一病理学). 脳腫瘍の1例. 2004年小児腫瘍分類委員会夏季症例検討会. 2004; 横浜.
  68. 北條 洋1), 箱﨑道之, 阿部正文1)(1) 第一病理学). 右大腿骨Ewing sarcoma family of tumorsの1例. 第99回小児病理研究会(関東・東海地区). 2004; 東京.
  69. 三澤辰也, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 皆川英成1) (1) 県立大野病院). 吸収性スクリューにて膝関節のLockingを呈した一例. 第102回東北整形災害外科学会; 2004; 盛岡. 東北整災誌. 2005; 49(1): 168.
  70. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一, 鳥越 均. 肘部での採血の危険性. 日整会誌. 2004; 78(3): ,S145.
  71. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一. 胸椎椎間板摘出術(前方法)における肋骨頭切除の必要性. 日整会誌. 2004; 78(8): S1131.
  72. 米倉 豊1), 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司(1) 佐賀大学). 頚椎症性脊髄症に対する鏡視下椎弓骨切り術の短期治療成績-従来の椎弓骨切り術との比較-. 日整会誌. 2004; 78(4): S412.
  73. 山内一矢, 佐藤勝彦1), 朝熊英也(1) 県立会津総合病院). 脊椎手術における抗生剤の術後感染予防投与に関するランダム化比較試験. 第53回東日本整形外科学会. 2004; 山形.
  74. 山内一矢, 佐藤勝彦1), 朝熊英也(1) 県立会津総合病院). 劇症型溶連菌感染症の一例. 会津地区整形外科医会. 2004; 福島.
  75. 山内一矢, 佐藤勝彦1), 山口 研(1) 県立会津総合病院). 偽痛風による椎間関節炎に伴う腰部神経根障害の一例. 会津地区整形外科医会. 2004; 福島.
  76. 山口 研, 大谷晃司. 当科における骨粗鬆症治療の検討. 東北整災誌. 2004; 48(1): 70-73.
  77. 山田 仁, 菊地臣一, 田地野崇宏, 武田 明, 紺野愼一. 骨外性粘液型軟骨肉腫の検討. 日整会誌. 2004; 78(6): S620.
  78. 山田 仁, 川前恵一1), 添田哲也1), 三澤辰也(1) 星総合病院). Non-bridging type創外固定器を用いた橈骨遠位端骨折の治療成績. 東北整形災害外科学会雑誌. 2004; 48(1): 108.
  79. 山田 仁, 川前恵一1), 添田哲也1), 三澤辰也, 武藤ひろみ1)(1) 星総合病院). 壊死性筋膜炎の一例. 東北整災誌. 2004; 48(1): 114.
  80. 矢吹省司, 菊地臣一. 腰椎変性疾患による神経根障害の病態(Pathomechanisms of nerve root involvement due to degenerative lumbar spine disease). 第8回脊椎と神経を語る会. 2004; 18; 北海道. 
  81. 矢吹省司, 菊地臣一. 肩こりの病態–第4報. 鍼灸治療院でのアンケートの解析から–. 東日本整形災害外科学会誌. 2004; 16(3): 368.
  82. 渡邉和之, 菊地臣一, 紺野愼一, 丹羽真一1), 増子博文1)(1) 神経精神医学). 整形外科患者に対する精神医学的評価のための簡易質問票(BS-POP)の妥当性についての検討–MMPIとの比較–. 日整会誌. 2004; 78(3): S184.
  83. 渡邉和之, 菊地臣一, 紺野愼一. 馬尾慢性圧迫モデルにおける微小循環の変化. 日整会誌. 2004; 78(8): S893.
  84. 渡邉和之, 菊地臣一, 紺野愼一. 後頭骨領域での手術操作の安全域について–硬膜静脈洞の解剖学的検討–. 日整会誌. 2004; 78(8): S1132.
  85. 渡邉和之, 菊地臣一, 矢吹省司. 脊椎内視鏡手術における合併症の検討. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 82.
  86. 渡邉和之, 菊地臣一, 紺野愼一, 丹羽真一1), 増子博文1)(1) 神経精神医学). 整形外科患者に対する精神医学的評価のための簡易質問表(BS-POP)–妥当性の検討–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 158.

シンポジウム

  1. 五十嵐 環, 菊地臣一, 矢吹省司, 大谷晃司, 竹谷内克彰. 頚椎椎弓骨切り術後の頚部愁訴-前方固定術との比較-. (第33回日本脊椎脊髄病学会シンポジウム). 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 37.
  2. 大内一夫, 菊地臣一, 矢吹省司, 丸谷雅人1)(1) 有隣病院). 足部の絞扼性神経障害による疼痛–足根管症候群の解剖学的・臨床的検討–.(第19回日本整形外科学会基礎学術集会シンポジウム),日整会誌. 2004; 78(8): S967.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司, 岩渕真澄. 自覚症状からみた頚椎症性脊髄症の自然経過-外来受診者の追跡調査-.(第33回日本脊椎脊髄病学会パネルディスカッション). 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 63.
  4. 菊地臣一. 1.整形外科における作業関連運動器障害の考え方. (第77回日本産業衛生学会シンポジウム). 産業衛生学雑誌. 2004; 46臨時増刊号: 160-161.
  5. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛関連モデルの開発とアウトカムの検討.(第19回日本整形外科学会基礎学術集会国際シンポジウム). 日整会誌. 2004; 78(8): S941.
  6. 紺野愼一, 菊地臣一, 大谷晃司. 高齢者の腰部脊柱管狭窄の術後QOL.(第33回日本脊椎脊髄病学会シンポジウム). 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(1): 14.
  7. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一. 反復性肩関節前方脱臼に対する鏡視下Bankart修復術の治療成績.(第31回日本肩関節学会パネルディスカッション). 肩関節. 2004; 29(1): 127.
  8. 矢吹省司, 菊地臣一. 腰椎変性疾患による神経根性疼痛の病態.(第19回日本整形外科学会基礎学術集会パネルディスカッション). 日整会誌. 2004; 78(8): S1021.
  9. 矢吹省司, 菊地臣一. 腰痛症に対する理学療法–理論と実際–. 第12回日本腰痛学会(シンポジウム)プログラム・抄録集. 2004; 30: 東京.

 

研究報告

  • 菊地臣一. 高齢者腰痛症の病態解明と診断法の確立. 厚生労働科学研究費補助金 痴呆・骨折臨床研究事業 「高齢者の腰痛症に係るより効果的かつ効率的な診断、治療、介護及びリハビリテーション等の確立に関する研究班 第1回研究報告会. 2004; 東京.

 

特別講演

  • 大谷晃司. 整形外科からみた骨粗鬆症, 痛みに関するトータル・ケア講演会 in 福島市, 2004; 福島.
  • 大谷晃司. 整形外科からみた骨粗鬆症. 原町市医師会講演会. 2004; 原町.
  • 大谷晃司. ピンピンころりとゆくために. 平成16年度都路村健康づくり講演会. 2004; 福島県都路村.
  • 大谷晃司. 整形外科医からみた骨粗鬆症の治療–県立南会津病院の経験も含めて–. 郡山薬剤師会. 2004; 郡山.
  • 大谷晃司. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療–診断ツールの開発を含めて–. 須賀川整形外科医会. 2004; 須賀川.
  • 大谷晃司. 転倒予防と運動療法. 只見町転倒・骨折予防教室講演. 2004; 福島県只見町.
  • 大谷晃司. 腰痛と骨粗鬆症.只見町転倒・骨折予防教室. 2004; 福島県只見町.
  • 大谷晃司. 高齢者の腰痛・膝痛. 平成16年度田島町健康づくり講演会. 2004; 福島県田島町.
  • 菊地臣一. 整形外科におけるブロック療法. (第77回日本整形外科学会学術総会教育研修講演). 日整会誌. 2004; 78(3): S290.
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–EBMと誤診例からの検討–. 第3回中信整形外科医会学術講演会(特別講演). 2004; 松本.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第213回福岡臨床整形外科医会 教育研修会(特別講演). 2004; 福岡.
  • 菊地臣一. 頚椎損傷と腰痛治療に対する新しい流れ–Evidence-based medicineの概念から–. 第3回鹿児島疼痛懇話会(特別講演). 2004; 鹿児島.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第5回神戸脊椎外科カンファレンス学術講演会(特別講演). 2004; 神戸.
  • 菊地臣一. 腰痛の診断と治療のアルゴリズム. 第4回名大脳神経外科領域痛みの研究会(特別講演). 2004; 名古屋. 
  • 菊地臣一. 腰痛-メスを持つ前に–整形外科医の立場から. 第58回名市大整形外科セミナー(特別講演). 2004; 名古屋.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第51回日本矯正医学会総会(特別講演). 2004; 東京.
  • 菊地臣一. 運動療法–EBMを考慮した運動療法・整形外科系–. 第15回日本リハビリテーション医学会東北地方会 専門医・認定臨床医生涯教育研修会(研修講演). 2004; 福島.
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–EBMと誤診例からの検討–. 第53期(社)日本鍼灸師会学術講習会(通算634回)(教育研修講演). 2004; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛症治療のガイドラインの作成と運用. 第52回日本職業・災害医学会学術集会(ランチョンセミナー). 2004; 岡山.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第26回日本疼痛学会 コメディカルとともに痛みを学ぶワークショップ(コメディカル講演会)(特別講演). 2004; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛–メスを持つ前に–整形外科医の立場から. 第11回二豊整形外科フォーラム(特別講演). 2004; 大分.
  • 菊地臣一; スポーツや運動と腰痛–EBMからの考察–. NPO法人東洋カイロプラクティック普及協会記念セミナー(関東支部)(特別講演). 2004; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛とEBM(医学的根拠に基づいた医療)–これからの対策に向けて. その理論的背景–. 産業保健人間工学会 第9回大会(基調講演). 2004; 大阪.
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–EBMと誤診例からの検討–. 第149回三金会 長崎手の外科合同講演会(特別講演). 2004; 長崎.
  • 菊地臣一. 腰痛診察の基本. 三木会学術講演会(特別講演). 2004; 旭川. 
  • 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄症–病態・診断・治療の実際–(病態).整形外科フォーラム-腰部脊柱管狭窄症の病態と治療をめぐって-(シンポジウム). 2004; 東京. 
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–.和歌山県立医科大学整形外科学教室同門会総会 整形外科学術講演会(特別講演). 2004; 和歌山.
  • KONNO Shinichi, KIKUCHI Shin-ichi. Low back pain related model. 筋・骨格系の痛みの神経機構に関する国際ワークショップ. 2004; 名古屋.
  • KONNO Shinichi. Diagnostic tool for lumbar spinal canal stenosis.The 6th WHO Collaborating Center International Symposium(国際シンポジウム). 2004; 仙台.
  • 矢吹省司. 腰椎椎間板ヘルニアによる腰・下肢痛の病態―実験的・臨床的研究からの仮説. 第7回痛みのUpdate(痛み学講座特別セミナー). 愛知医科大学医学部痛み学講座. 2004; 愛知.
  • 矢吹省司. われわれの神経根性動物モデル–今までに得られている知見と臨床医が感じている疑問について. 共同研究講演会. ファイザー中央研究所. 2004; 愛知.
  • 矢吹省司. 腰部脊柱管狭窄(症)–病態、診断、治療について–. 相馬郡双葉郡医師会学術講演会. 2004; 原町.
  • 矢吹省司. 腰痛と坐骨神経痛について. 米沢市医師会学術. 2004; 米沢.
  • 矢吹省司. 腰椎疾患による坐骨神経痛の病態と治療. 県病薬福島支部研修会. 2004; 福島.
  • 矢吹省司. 腰痛と坐骨神経痛. 平成16年度第14回会津若松市市民健康教室. 2004; 会津若松.
  • 矢吹省司. 腰部脊柱管狭窄の病態とその治療. いわき医師会学術講演会. 2004; いわき.
  • 矢吹省司. 骨粗鬆症に伴う腰痛の病態と治療. 学術講演会. 2004; 福島.

学会賞等の受賞

  • 第12回日本腰痛学会 優秀論文賞:
    腰仙椎部椎間板ヘルニア手術後10年以上経過例の腰痛関連QOLの検討
    大谷晃司
  • 平成16年度福島県医師会 医学奨励賞:
    Correlation of low back pain with functional status, General health perception, social participation, subjective happiness, and patient satisfaction
    竹谷内克彰
  • 東日本整形災害外科学会 学術奨励賞:
    肘部での採血の危険性–肘関節屈側の皮静脈と神経の解剖– 
    茂呂貴知
  • 福島県立医科大学医学部同窓会 医学奨励賞:
    An anatomic study of the lumbar plexus with respect to retroperitoneal endoscopic surgery
    茂呂貴知

諸研究費補助金研究課題

  • 日本学術振興会 基盤研究(B)(2):腰椎退行性疾患の発痛機序–機械的, 化学的因子の関与–:菊地臣一, 紺野愼一
  • 日本学術振興会 基盤研究(C)(2):腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛発現のメカニズムの解明と新たな治療法の開発:矢吹省司, 菊地臣一
  • 厚生労働省 痴呆・骨折臨床研究事業:高齢者の腰痛症に係るより効果的かつ効率的な診断、治療、介護及びリハビリテーション等の確立に関する研究:戸山芳昭, 菊地臣一

その他

  • 大谷晃司, 菊地臣一. 整形外科診療手技のうそ・まこと 7. 急性腰痛に安静は必要か. 2004; 47(11): 1373.
  • KIKUCHI Shin-ichi. Editorial. Basic research for Japanese orthopedic surgery. J Orthop Sci. 2004; 9: 423.
  • KIKUCHI Shin-ichi. Editorial. Basic research for Japanese orthopedic surgery. J Orthop 菊地臣一(翻訳・監修). 米国整形外科学会ビデオ日本語版(AAOS Orthopaedic Surgery CD-ROM Library) TSRHペディクルスクリュースパイナルシステムを用いた3, 4度脊椎すべり症の手術手技(CD). 2004.
  • 菊地臣一. 菊地教授の医療者としての心構え その前に”人”として. マニピュレーション. 2004; 19(4): 80-81
  • 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄症(98-105), 心因性腰痛(106-107), 腰椎の外傷(108). 別冊NHKきょうの健康 腰痛, 肩こり, 手足のしびれ 「背骨」がかかわる症状の診断・治療ガイドブック. 2004.
  • 菊地臣一. 腰痛革命 腰痛治療における心のケアとEBMとNBMをつなぐ試み. 貼れるや通信. vol.4 腰痛治療の新しい概念~サイエンスとアートの融合~. 2004.
  • 菊地臣一(監修). 患者用指導箋 腰痛に負けるな&腰痛を予防するためには.発行. 大正富山医薬品株式会社. 2004. 
  • 菊地臣一(監修). 健康のひろば 健康のひろば. 2004; (5月1日).
  • 菊地臣一. 学会長を訪ねて 第19回日本整形外科学会基礎学術集会会長. 薬の知識. 2004; 55(8): 18-19.
  • 菊地臣一. 整形外科疾患の保存的治療 腰痛・坐骨神経痛. マルホ整形外科セミナー放送内容集. 第162集, 2004.
  • 菊地臣一. マルホ整形外科セミナー 第19回日本整形外科学会基礎学術集会開催にあたって. ラジオNIKKEI(9. 29放送). 提供 マルホ株式会社. 2004.
  • 菊地臣一.「第19回日本整形外科学会基礎学術集会」の話題 基礎から臨床へ, 臨床から基礎へ. Medical Academy News. 2004; 第913号: 5.
  • 菊地臣一. 特集にあたって.NEW MOOK整形外科 16高齢者の整形外科. 2004. 
  • 菊地臣一(指導). 健康ぷらざ ちょっとした工夫を–腰痛と上手につきあうために–. 日医ニュース. No.165(第1018号). 2004.
  • 菊地臣一. 腰痛体操による腰痛患者への指導のポイント. 日本医事新報. 2004; No.4163: 33-36.
  • 菊地臣一:第19回日本整形外科学会基礎学術集会の開催にあたって. 日本整形外科学会雑誌. 2004; 78(8): 3.
  • 菊地臣一(司会), 四宮謙一1), 清水克時2), 中村耕三3), 中山健夫4), 米延策雄5).(1) 東京医科歯科大学,2) 岐阜大学,3) 東京大学,4) 京都大学,5) 大阪南医療センター). 誌上パネル 座談会「EBMからみた臨床研究のあり方」.日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2004; 15(2): 499-516.
  • 菊地臣一. スペシャルインタビュー 腰痛はストレスが招く. 家庭不和, 仕事の不満を解消することが痛みを減らす. 日経ヘルス. 2004; 2月号: 50-53.
  • 菊地臣一. 第19回日整会基礎学術集会に向けて–基礎的研究から得られた新知見を臨床に活かす–. 日整会広報室ニュース. 2004; 第58号: 1-2.
  • 菊地臣一(監修). Orthopedic visual anatomy(CD) 腰椎.日本ベーリンガーインゲルハイム, 第一製薬. 2004.
  • 菊地臣一. 巻頭言「時代」が求める疼痛の捉え. ペインクリニック. 2004; 25(7): 865-866.
  • 菊地臣一. 腰痛の診断と治療. ラジオNIKKEI「医学講座」. 2004;(12/22放送).
  • 菊地臣一. 巻頭言 第19回日本整形外科学会基礎学術集会を主催するにあたって. 臨整外. 2004, 39(8): 1030-1031.
  • 菊地臣一. 特集にあたって(特集 脊椎疾患における心理的因子). 脊椎脊髄ジャーナル. 2004; 17(7); 703.
  • 菊地臣一. 健康相談室 Q腰部脊柱管狭窄症。積極的な治療法がないといわれた(回答). すこやかファミリー. 2004; 10月号: 30.
  • 菊地臣一. 東北整災100回記念誌に寄せて. 東北整災紀要. 2004; 47(2): 62-64.
  • 菊地臣一. 医療ルネサンス 腰痛治療はいま 5.読売新聞. 2004; (3月23日).
  • 菊地臣一. 序(・~・), 総括 (82-84). 第14回腰痛シンポジウム講演記録集 腰痛に対する集学的・多面的アプローチ-現状と提言-. 2004.
  • 紺野愼一. 整形外科学講座. 福島医誌. 2004; 54(1): 94.
  • 戸山芳昭1), 平林 洌1), 矢吹省司(1) 慶応義塾大学, 2) 慶友整形外科病院). 座談会 肩こり・頚部痛を考える.Ortho Community. 2004; No.10: 2-6.
  • 中村孝志1)(司会), 国分正一2), 川口智義3), 菊地臣一.(1) 京都大学, 2) 東北大学, 3) 癌研究会附属病院). 座談会「日整会学術集会の現状と展望」.Ortho. 2004; 6(2): 5-10.

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01