2003(平成15)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. HAGINO Seita, ISEKI Ken1), MORI Tetsuji1), ZHANG Yuxiang1), HIKAKE Tsuyoshi1), YOKOYA Sachihiko1), TAKEUCHI Mayumi1), HASHIMOTO Hiromi1), KIKUCHI Shin-ichi, WANAKA Akio2)(1) Dept. Cell Science, 2) Nara Medical Univ.). Slit and glypican-1 mRNAs are coexpressed in the reactive astrocytes of the injured adult brain. GLIA. 2003; 42: 130-138. PMID:12655597
  2. HAGINO Seita, ISEKI Ken1), MORI Tetsuji1), ZHANG Yuxiang1), SAKAI Nobuko1), YOKOYA Sachihiko1), HIKAKE Tsuyoshi1), KIKUCHI Shin-ichi, WANAKA Akio2)(1) Dept. Cell Science, 2)  Nara Medical Univ.). Expression pattern of glypican-1 mRNA after brain injury in mice. Neurosci Lett. 2003; 349: 29-32. PMID:12946579 
  3. IGARASHI Tamaki, KIKUCHI Shin-ichi, SATO Katsuhiko, KAYAMA Satoru, OTANI Koji. Anatomic study of the axis for surgical planning of transarticular screw fixation. Clin Orthop. 2003; 408: 162-166. PMID:12616054
  4. MORO Takatomo, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, YAGINUMA Hiroyuki1)(1) Dept. Anatomy). An anatomic study of the lumber plexus with respect to retroperitoneal endoscopic surgery.Spine. 2003; 28(5): 423-428. PMID:12616150
  5. MYERS R Robert1), SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, SCOTT Brian2),MEDICHERLA Satya2), PROTTER Andrew2), CAMPANA W. Marie2)(1) Univ. California,2) Scios Corporation). Inhibition of p38 MAP kinase activity enhances axonal regeneration. Exp Neurol. 2003; 184(2), 606-614. PMID:14769353
  6. NAKAYAMA Hiroaki, ENDO Yuichi1), AOTA Shigeo, SATO Masato2), FUJITA Teizo1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Biochemistry, 2) Saitama Children Medical Center). Novel mutations of the cartilage oligomeric matrix protein (COMP) gene in two Japanese patients with pseudoachondroplasia.Oncol Rep. 2003; 10: 871-873. PMID:12792737
  7. OHUCHI Kazuo, OSAKI Shigeyoshi1), TOHNO Yoshiyuki1), TOHNO Setsuko1), TAKAKURA Yoshinori1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Nara Medical Univ.). Orientation and distribution of collagen fibers in the sagittal plane of the human adult calcaneus.Cell Mol Biol. 2003; 49(Online): OL425-433. PMID:14995072
  8. ONDA Akira, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Effects of neutralizing antibodies to tumor necrosis factor-alpha on nucleus pulposus-induced abnormal nociresponses in rat dorsal horn neurons.Spine. 2003; 28(10): 967-972. PMID:12768133
  9. ONDA Akira, MURATA Yasuaki1), RYDEVIK Bjön2), LARSSON Karin2), KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell2)(1) Chiba Univ., 2) Univ. Gothenburg). Immunoreactivity of brain-derived neurotrophic factor in rats dorsal root ganglion and spinal cord dorsal horn following exposure to herniated nucleus pulposus. Neurosci Lett. 2003; 352: 49-52. PMID:14615047
  10. OSAKI Shigeyoshi1), TOHNO Setsuko1), TOHNO Yoshiyuki1), OHUCHI Kazuo, TAKAKURA Yoshinori1)(1) Nara Medical Univ.). Determination of the orientation of collagen fibers in human bone. Anat Rec. 2003; 266(2): 103-107. PMID:15143809
  11. SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, MYERS R Robert R1), CAMPANA W Marie1)(1) Univ. California). ISSLS prize winner: erythropoietin inhibits spinal neuronal apoptosis and pain following nerve root crush.Spine. 2003; 28(23): 2577-2584. PMID:14652474
  12. SUZUKAMO Yoshimi1), FUKUHARA Shunichi1), KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi ,ROLAND Martin2),IWAMOTO Yukihide3), NAKAMURA Takashi1): Committee on Science Project. Japanese Orthopaedic Assosiation(1) Kyoto Univ., 2) Univ. Manchester, 3) Kyusyu Univ.). Validation of the japanese version of the Roland-Morris disability questionnaire. J Orthop Sci. 2003; 8: 543-548. PMID:12898308 
  13. TAJINO Takahiro, KIKUCHI Shin-ichi, SUZUKI Toshimitsu1)(1) Dept. Second Pathology). Expression of fatty acid synthase as a prognostic indicator in soft tissue sarcomas. Clin Cancer Res. 2003; 9: 2204-2212. PMID:12796387
  14. TAKAHASHI Naoto, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. A histologic and functional study on cauda equina adhesion induced by multiple level laminectomy. Spine. 2003; 28(1): 4-8. PMID:12544946
  15. TAKAHASHI Naoto, YABUKI Shoji, AOKI Yoshihito, KIKUCHI Shin-ichi. Pathomechanisms of nerve root injury caused by disc herniation. An experimental study of mechanical compression and chemical irritation. Spine. 2003; 28(5): 435-441. PMID:12616153
  16. TAKAHASHI Naoto, KIKUCHI Shin-ichi, DAI Yi1), KOBAYASHI Kimiko1), FUKUOKA Tetsuo1), NOGUCHI Koichi1)(1) Hyogo Medical Univ.). Expression of auxiliary β subunits of sodium channels in primary afferent neurons and the effect of nerve injury.Neuroscience. 2003; 121(2): 441-450. PMID:14522002
  17. TAKEDA Akira, TSUCHIYA Hiroyuki1), TAJINO Takahiro, SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi(1) Kanazawa Univ.). Inhibitory effects on pulmonary metastases of low-dose consecutive administration of cisplatin on sarcoma-bearing mice. Anticancer Res. 2003; 23: 309-314. PMID:12680229
  18. TAKEDA Akira, KIKUCHI Shin-ichi, TAJINO Takahiro, YAMADA Hitoshi, SATO Katsuhiko. Basic and clinical studies of percutaneous radiofrequency ablation of osteoid osteoma using a standard electrosurgical generator. J Orthop Sci. 2003; 8: 301-305. PMID:12768469
  19. TAKEYACHI Yoshiaki, KONNO Shin-ichi, OTANI Koji, YAMAUCHI Kazuya, TAKAHASHI Ichiro, SUZUKAMO Yoshimi1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Kyoto Univ.). Correlation of low back pain with functional status, General health perception, social participation, subjective happiness, and patient satisfaction. Spine. 2003; 28(13): 1461-1467. PMID:12838106

 

日本語論文

原 著

  1. 荒 文博, 菊地臣一, 矢吹省司, 五十嵐 環. 頭蓋頚椎移行部疾患–自覚症状と神経学的所見の特徴–. 臨整外. 2003; 38(2): 179-185.
  2. 大谷晃司,猪股洋一郎1)(1) 済生会福島総合病院). 高齢者大腿骨頚部骨折の周術期合併症と生命予後. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2003; 15(4): 569-574.
  3. 大歳憲一, 木村雅史1), 小林保一1), 朝雲浩人1), 高山 篤1), 畑山和久1), 岡田尚之1), 西野目昌弘1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 膝膝前十字靭帯損傷に合併した半月板損傷の治療成績. 関節鏡. 2003; 28(2): 203-209.
  4. 川上亮一, 青木良仁, 金子 昇1)(1) あさひ整形外科・皮ふ科). リン酸カルシウム骨ペーストを用いた脛骨顆部骨折手術症例の短期成績. 東北整災紀要. 2003; 47(1): 30-34.
  5. 小林義尊, 菊地忠志, 朝熊英也. 人工膝関節置換術後の発熱と炎症反応の推移. 福島県農村医学会雑誌. 2003; 45: 19-20.
  6. 紺野愼一, 菊地臣一.【腰椎変性すべり症の各種術式の成績】腰椎変性すべり症の治療–非固定とGraf制動術, 後側方固定術併用との比較–. 臨整外. 2003; 38(3): 249-255.
  7. 紺野愼一, 鈴鴨よしみ1), 福原俊一1), 菊地臣一(1) 京都大学). 【EBM時代の整形外科治療戦略】QOL評価 Roland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)日本語版の作成と文化的適合. 整形外科. 2003; 54(8): 958-963.
  8. 紺野愼一, 菊地臣一.【腰椎椎間板ヘルニアの保存療法とその適応】腰椎椎間板ヘルニアに対する神経根ブロックの治療効果.日本腰痛学会雑誌. 2003; 9(1): 89-94.
  9. 宍戸裕章, 菊地臣一. 肩関節拘縮に対する鏡視下授動術–前向き研究・短期治療成績–. 肩関節. 2003; 27(3): 597-600.
  10. 竹谷内克彰, 川前恵一1), 中山広明, 添田哲也, 高橋直人(1) 星総合病院). 肩鎖関節障害を有するインピンジメント症候群に対する鏡視下鎖骨遠位端合併切除術の経験. 整形外科. 2003; 54(6): 659-662.
  11. 立原久義, 鈴木幹夫1), 横村伸夫1), 田山信敬2), 樋口 出3)(1) 白河厚生総合病院, 2) 松村総合病院, 3) ひぐち整形外科クリニック). 特発性手根管症候群における母指球筋枝走行パターンの検討. 日本手の外科学会雑誌, 2003; 20(6): 712-715.
  12. 長総義弘, 菊地臣一, 沼崎広法, 近内泰伸. 軟骨下骨病変は変形性膝関節症の痛みを反映するか?–MRIにおける検討–. 日本膝関節学会会誌. 2003; 27: 200-204.
  13. 二階堂琢也, 安永 亨1), 佐々木伸一1)(1) いわき市立総合磐城共立病院). 外側円板状半月板切除後の内側関節裂隙の変化について. 膝. 2003; 28(1): 97.
  14. 矢吹省司. 肩こりと腰痛. 宇宙航空環境医学. 2003; 40(2): 87-90.
  15. 矢吹省司, 菊地臣一. 肩こりの病態(第2報)青壮年者と高齢者の比較. 臨整外. 2003; 38(1): 31-35.
  16. 山口 研, 大谷晃司. 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折におけるMRI像と椎体変形の予後との関連. 臨整外. 2003; 38(12): 1499-1503, 2003.

総説等

  1. 大谷晃司, 菊地臣一.【脊椎脊髄疾患と薬物療法】脊柱管狭窄(症)・脊柱靱帯骨化症 靱帯石灰化症を含む. 脊椎脊髄ジャーナル. 2003; 16(5): 553-558.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一.【変形性関節症の自然経過】変形性脊椎症の自然経過. 関節外科. 2003; 22(1): 93-100.
  3. 大谷晃司, 菊地臣一, 鳥羽 衛1)(1) 薬剤部).【必見 腰痛学】治療 保存的治療 腰痛の薬物療法. 骨・関節・靱帯. 2003; 16(8): 968-976.
  4. 大谷晃司, 菊地臣一. 腰仙椎部椎間板ヘルニアの保存療法–ブロック療法を中心に. マニピュレーション. 2003: 18(2): 60-65.
  5. 大谷晃司, 菊地臣一, 本多たかし1)(1) 第二解剖学). 運動器の細胞 知っておきたい 後根神経節と後根神経節細胞(脊髄神経節と脊髄神経節細胞). 臨整外. 2003; 38(9): 1198-1200.
  6. 大谷晃司. 猪股洋一郎1)(1) 済生会福島総合病院). 高齢者大腿骨頚部骨折の術後成績からみたリスクマネージメント. Orthopaedics. 2003; 16(12): 63-70.
  7. 大谷晃司.【もっと知りたい腰部脊柱管狭窄】間欠跛行の病態. SEIKEI-GEKA KANGO. 2003; 8(10): 886-890.
  8. 菊地臣一. 腰痛をめぐる常識のウソ–evidence-based medicineの視点からの再検討–. 整形外科. 2003; 54(3): 323-328.
  9. 菊地臣一. 腰痛の病態 神経解剖. 末梢神経. 2003; 14(2): 46.
  10. 菊地臣一. 腰痛の病態と治療 新しい概念と戦略. 日本AKA研究会誌. 2003; 5(1): 26-35.
  11. 菊地臣一. 腰痛からの開放 近未来に向けて EBMの観点から EBMの導入は腰痛の克服の救世主となりえるか. Clinician. 2003; 50(4-5): 468-471.
  12. 紺野愼一, 菊地臣一.【高齢者の運動機能維持に向けて】腰痛対策. 関節外科. 2003; 22(12): 28-31.
  13. 紺野愼一, 菊地臣一. 境界領域 知っておきたい 論文をどのように評価するかーEBMを理解するために. 臨整外. 2003; 38(8): 1076-1078.
  14. 紺野愼一.【臨床研修 コアスキル】経験すべき診察法・検査・手技 基本的な身体診察法 骨・関節・筋肉系の診察. Medicina. 2003; 40(12): 122-128.
  15. 佐藤勝彦. 腰痛からの開放ー近未来に向けて 心理・社会的因子の観点から. Clinician. 2003; 50(520): 82-86.
  16. 佐藤勝彦.【腰痛に対する保存療法】慢性腰痛に対するリエゾン精神医学的アプローチ. 脊椎脊髄ジャーナル. 2003; 16(8): 849-855.
  17. 佐藤勝彦.【実践腰部椎間板ヘルニア診療テクニックマニュアル】保存的治療 ブロック療法, Orthopaedics. 2003; 16(9): 66-70.
  18. 佐藤勝彦. 腰痛と精神疾患. Ortho Community. 2003; 7: 7-8.
  19. 佐藤勝彦. 腰部診断へのアプローチ–見逃されやすい腰痛, 知っておきたい腰痛–. ペインクリニック. 2003; 24(3): 397-405.
  20. 佐藤勝彦, 菊地臣一. うつと不安-進歩した薬物療法 各種疾患におけるうつと不安 整形外科疾患におけるうつと不安. 臨牀と研究. 2003; 80(9): 50-52.
  21. 矢吹省司. 頚肩腕症候群の治療の実際. JOINT. 2003; 10: 6-7.
  22. 矢吹省司, 岩渕真澄, 茂呂貴知.【頚髄症神経根症の保存療法のコツとpitfall】病態:脊柱管・椎間孔と神経組織の解剖. Orthopaedics. 2003; 16(8): 6-12.
  23. 矢吹省司, 菊地臣一.【腰部脊柱管狭窄症の保存療法とその適応】腰部脊柱管狭窄の保存療法ー適応と限界. 日本腰痛学会雑誌. 2003; 9(1): 47-51.
  24. 矢吹省司, 菊地臣一.【腰痛 外来診療のすべて】腰痛のメカニズム. 臨牀と研究. 2003: 80(3): 4-6.
  25. 矢吹省司, 菊地臣一, 大谷晃司. Orthopractice 私の治療法 退行性骨粗鬆症の圧迫骨折治療 DEBATE 保存的治療派. Arthritis–運動器疾患と炎症–. 2003; 1(3): 26-31.
  26. 矢吹省司.【もっと知りたい腰部脊柱管狭窄】保存療法 ブロック療法. SEIKEI-GEKA KANGO. 2003; 8(10): 896-900.
  27. 矢吹省司.【飛行機旅行でみられる病態と疾患】肩こりと腰痛. 宇宙航空環境医学. 2003; 40(2): 87-90.
  28. 矢吹省司, 菊地臣一. 画像診断ワークショップ–4 胸椎、腰椎.関節外科. 2003; 22 (8): 119-122.

症例報告

  1. 大歳憲一, 木村雅史1), 小林保一1), 朝雲浩人1), 樋口 博2), 菊地臣一(1) 群馬スポーツ医学研究所, 2) 社会保険群馬中央病院). 外側半月板hypermobile meniscusに対し鏡視下thermal shrinkageを行った4例.東日本整形災害外科学会雑誌. 2003; 15(2): 302-308.
  2. 川上亮一, 土田芳彦1), 辻 英樹1), 旗本恵介1), 浅井康文1)(1) 札幌医科大学). 亜急性期に施行したwrap around flapの2症例. 北海道整形外科外傷研究会誌. 2003; 20: 70-74.
  3. 小林秀男, 伊勢福修司1), 木田 浩1), 相澤利武1), 関 修弘1), 安永 亨1), 千葉武志1), 小圷知明1), 伊澤亮平1), 濱田賢治1)(1) いわき市立総合磐城共立病院). 距骨下脱臼の3例. 東北整災紀要. 2003; 47(1): 70-73.
  4. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一. ピオクタニンが原因と思われた肩関節症–1例報告–. 臨整外. 2003; 38(3): 357-360. 
  5. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 渡辺栄一1)(1) 渡辺栄一整形外科). 陳旧性前十字靱帯損傷に関節内ガングリオンと脛骨嚢腫性病変を合併した1例. 関節鏡. 2003; 28(2): 169-172.

著書・訳書

  1. 越智隆弘1), 菊地臣一編集(1) 大阪大学). NEW MOOK整形外科13 股関節外科. 東京: 金原出版. 2003. 
  2. 菊地臣一, 大谷晃司. 35 カイロプラクティックとオステオパシー. In: 今西二郎編. 医療従事者のための補完・代替医療. 京都: 金芳堂. 2003; p.340-345 (分担執筆).
  3. 菊地臣一. 腰痛体操. In: 山口 徹,北原光夫総編. 今日の治療指針 私はこう治療している 2003年版(デスク判, ポケット判). 東京: 医学書院. 2003; p.693-694(分担執筆). 
  4. 菊地臣一. 腰椎疾患 5.腰部脊柱管狭窄(症), 6.腰部脊椎症. In: 糸満盛憲他編. TEXT 整形外科学 第2版. 東京: 南山堂. 2003; p.119-123(分担執筆).
  5. 菊地臣一. 腰痛. 東京: 医学書院. 2003.
  6. 菊地臣一. 続・腰痛をめぐる常識のウソ 第5版. 東京; 金原出版. 2003.
  7. 紺野愼一, 菊地臣一. 17.腰痛、右下肢痛を訴える28歳男性. In: 伊藤達雄編. 整形外科専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 4.SPINAL DISORDERS 脊椎疾患 第2版. 東京: 日本医事新報社. 2003; p.167-178(分担執筆).
  8. 長総義弘, 菊地臣一. 変形性膝関節症〔解説〕.In: 泉 孝英編集主幹. 今日の診療のために ガイドライン外来診療2003. 東京: 日経メディカル開発. 2003; p.224-235(分担執筆). 
  9. 長総義弘. Case 21 歩行時等の左膝痛を主訴に来院した63歳男性. In: 堀内行雄編. 骨関節疾患3. 東京: 日本医事新報社. 2003; p.159-168(分担執筆). 
  10. 福原俊一1), 鈴鴨よしみ1), 高橋奈津子2), 紺野愼一, 菊地臣一(1) 京都大学, 2) パブリックヘルスリサーチセンター). 腰痛特異的QOL尺度 Roland-Morris Disability Questionnarie (RDQ) 日本語JOA版マニュアル. 東京: 日本リサーチセンター. 2003.
  11. 矢吹省司. 画像診断 4) 脊髄造影 (p.26-29), 画像診断 5) 神経根造影 (p.30-33). In: 吉澤英造編. インフォームドコンセントのための図説シリーズ:腰部脊柱管狭窄症. 大阪: 医薬ジャーナル社. 2003(分担執筆).
  12. 矢吹省司. 腰椎椎間板ヘルニアによる腰・下肢痛の病態–臨床の観点から–. In: 緒方宣邦,柿木隆介編. 痛みの基礎と臨床. 東京: 真興交易. 2003; p.244-258(分担執筆).

研究報告

  • 岩渕真澄, 箱﨑道之, 大谷晃司. 大腿骨頚部骨折発生の予防–デイサービス利用者におけるヒッププロテクター装着の検討–. 平成14年度福島県立病院医学研究補助金実績報告書. 2003.
  • 岩渕真澄, 箱﨑道之, 大谷晃司. 脊椎破裂骨折治療における造影MRIの意義.平成14年度福島県立病院医学研究補助金実績報告書,2003.
  • 岩渕真澄, 箱﨑道之, 矢吹省司, 大谷晃司. 看護職, 介護職における作業関連骨格系障害としての腰痛の実態–各種健康関連QOL指標と画像所見との対比–. 平成15年度福島県立病院医学研究補助金実績報告書, 2003. 
  • 紺野愼一, 菊地臣一. 腰痛機能関連障害に対する縦断的研究.平成14年度科学研究費補助金実績報告書(研究実績報告書)(基盤研究(C)(2)), 2003.
  • 宍戸裕章, 菊地臣一. ステロイドの神経に対する影響–局所投与による神経内血流の変化–. 平成14年度科学研究費補助金実績報告書(研究実績報告書)(若手研究(B)), 2003.
  • 菊地臣一. 腰椎椎間板ヘルニアのガイドライン作成に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業)腰椎椎間板ヘルニアのガイドライン作成に関する研究,平成14年度 総括・分担研究報告書(主任研究者 四宮謙一), 2003: 8-9.
  • 菊地臣一. 腰痛関連アウトカム指標の経時的変化と相互関連–腰痛関連モデルを用いた縦断研究–. 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)高齢者の骨・関節疾患の予防・治療法の開発と疼痛緩和対策に関する研究. 平成14年度 総括・分担研究報告書(主任研究者 岩本幸英), 2003: 13-14.
  • 長総義弘, 菊地臣一, 紺野愼一. 神経内血管のセロトニン感受性–馬尾慢性圧迫下での検討–. 平成13年度ー平成14年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2003.
  • 矢吹省司, 菊地臣一. 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の発現–TNF-alphaの役割–. 平成14年度科学研究費補助金実績報告書(研究実績報告書)(基盤研究(C)(2)), 2003.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. ARAI Itaru, HAMBA Michiko1), KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi(1) 東京医科歯科大学). Pretreatment with loxoprofen sodium, 6-OHDA or anti TNF-ALPHA antibody reduce FOS-like immunoreactivity in rat experimental lumbar disc herniation. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 111: Vancouver, Canada.
  2. IGARASHI Akira, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Inflammatory cytokines release from facet joint tissue in degenerative lumbar disorders. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 262: Vancouver, Canada.
  3. IGARASHI Akira, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Inflammatory cytokines released from the facet joint tissue in degenerative lumber spinal disorders. Correnlationship between concentration of inflammatory cytokines and symptoms. 2003 Northern Region Congress APOA. 2003; Taipei, Taiwan.
  4. KAWAKAMI Ryoichi, TSUCHIDA Yoshihiko1), TSUJI Hideki1), AIKI Hikono1), HATAMOTO Keisuke1), ASAI Yasufumi1)(1) Sapporo Medical Univ.). Temporary shunting for management of limb vascular injuries to decrease warm ischemic time. The 20th Congress of Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter. 2003; 51: Guam.
  5. KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, OTANI Koji. A randomized trial of therapeutic effect of nerve root infiltrations with steroids in the treatment of spinal canal stenosis. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 266: Vancouver, Canada.
  6. MORIMOTO Tadatsugu1), OTANI Koji, SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi(1) Saga Univ.). Variation of the termination level of conus medullaris in patients with lumbosacral transitional vertebrae. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 309: Vancouver, Canada.
  7. MORO Takatomo, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Necessity of rib head resection for anterior discectomy in thoracic spine. 2003 Northern Region Congress APOA. 2003; Taipei, Taiwan.
  8. NAGAOSA Yoshihiro, KIKUCHI Shin-ichi, NUMAZAKI Horonori, KONNAI Yasunobu. Does pain severity correlate with bone marrow lesion pattern detected with MR imaging in knee osteoarthritis? The 4th Annual Meeting of International Society of Arthroscopy Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine(ISAKOS). 2003; Aukland, New Zealand.
  9. OTANI Koji, KIKUCHI Shin-ichi, SATO Katsuhiko, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji. Clinical outcome of lumbar disc herniation with or without fusion. Minimum 10 year follow up. 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine.  2003; 251: Vancouver, Canada.
  10. OTANI Koji, IWABUCHI Masumi, SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi. Post-operative neck symptom of posterior approach for cervical myelopathy -Open-door expansive laminoplasty vs Segmental laminotomy-.The 2nd Annual International Conference of SICOT/SIROT. 2003.
  11. SASAKI Nobuhisa, HONDA Takashi1), KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Anatomy). A comparison of pain behavior in rats following local application of nucleus pulposus and / or mechanical compression on lumbar ganglia. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 254: Vancouver, Canada.
  12. SASAKI Nobuhisa, HONDA Takashi1), KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Anatomy). A comparison of pain behavior in rats following local application of nucleus pulposus and/or mechanical compression on lumbar ganglia. Pfizer Science and Research Symposium Key topic 2003. Central mechanism of Neuropathic pain. 2003; Nagoya.
  13. SATOH Koichiro, BYR Gunnar1), MARK Hans1), RYDEVIK Björn1)(1) Univ. Gothenburg). The effects of low dose methotrexate on fracture healing. The 49th Annual Meeting of Orthopedic Research Society. 2003; 503: New Orleans.
  14. SATOH Takahashi Kaoru1), SATOH Koichiro, RYDEVIK Björn2), OLMAKER Kjell2)(1) Dept. Anestheology, 2) Univ. Gothenburg). Expression of the P2X3 receptor in rat DRG's exposed to experimental disk herniation. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 256: Vancouver, Canada.
  15. SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi, OTANI Koji, SEKI Masahiro1)(1) Iwaki Kyoritsu Hospital). Patients with cervical myelopathy or cauda equina symptoms demonstrate the panspinal canal stenosis. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 271: Vancouver, Canada.
  16. SATO Takahashi Kaoru1), SATOH Koichiro, RYDEVIK Bjön2), OLMAKER Kjell2)(1) Dept. Anesthesiology, 2) Univ. Gothenburg). Expression of the P2X3 receptor in rat Dorsal root ganglions exposed to experimental disk herniation. ATP・アデノシン研究会「第8回学術シンポジウム」合同発表会. 2003; 4: 東京.
  17. SATO Takahashi Kaoru1), SATOH Koichiro, RYDEVIK Bjön2), OLMAKER Kjell2)(1)  Dept. Anesthesiology, 2) Univ. Gothenburg). The effect of autologous nucleus pulposus to the P2X3 receotor expression in the rat's dorsal root ganglion. Pfizer Science and Research Symposium Key topic 2003. Central mechanism of Neuropathic pain. 2003; 名古屋.
  18. SEKIGUCHI Miho,KIKUCHI Shin-ichi,MYERS R Robert1)(1) Univ. California)Neuropathology of spinal stenosis, mild cauda equina compression produces primary Schwann cell demyelination and increased TNF expression without pain.The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 35: Vancouver, Canada.
  19. SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, MYERS R Robert1), CAMPANA W Marie1)(1) Univ. California). Erythropoietin inhibits spinal neuronal apoptosis and pain following nerve root crush. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 61: Vancouver, Canada. 
  20. TAKAHASHI Ichiro, KIKUCHI Shin-ichi, SATO Naoto, SATO Katsuhiko. Changes of the spinal load trunk muscle activities for lifting motion. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 175: Vancouver, Canada.
  21. TAKAHASHI Naoto, YABUKI Shoji, AOKI Yoshihito, KIKUCHI Shin-ichi. Nerve root injury due to disc herniation:an experimental study of mechanical compression and chemical irritation .Clin Neurophysiol. 2003; 14(9): 1770.
  22. TAKAHASHI Naoto, KIKUCHI Shin-ichi, FUKUOKA Tetsuo1), NOGUCHI Koichi1)(1) Hyogo Medical Univ.). Expression of auxiliary β subunits of sodium channels in primary afferent neurons and the effect of nerve injury.30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 113: Vancouver, Canada.
  23. TAKAYAMA Bunji, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, OTANI Koji. Diagnostic value of gait loading test in patients with lumber canal stenosis. 2003 Northern Region Congress APOA. 2003; Taipei, Taiwan.
  24. TAKEYACHI Yoshiaki, KONNO Shin-ichi, SATO Naoto, TAKAHASHI Ichiro, SUZUKAMO Yoshimi1),  KIKUCHI Shin-ichi(1) Kyoto Univ.). Longitudinal changes in outcome measures for low back pain. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 177: Vancouver, Canada.
  25. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Does sympathetic ganglion block decrease the operating rate for lumbar spinal canal stenosis? A cohort study. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 276: Vancouver, Canada.
  26. YABUKI Syoji, KIKUCHI Shin-ichi. Pathogenesis of the nerve root involvement in the intervertebral foramen -An anatomic and physiological study-, 椎間孔部における神経根障害の病態–解剖学的・生理学的検討–. 第7回脊椎と神経を語る会. 2003; 東京.
  27. YAMAUCHI Kazuya, KIKUCHI Shin-ichi, SATO Katsuhiko. Histologic changes induced by compression in the lumbosacral nerve roots. The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2003; 184: Vancouver, Canada.

 

特別講演

  • YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, KOZUKI Kenso1)(1) 会津中央病院). Endoscopic spine surgery for cervical myelopathy and dumbbell tumor in the thoracic and lumbar spine.中華民国骨科医学会 92年度(第45次)聯合学術検討会(特別講演). 2003; 台湾.

 

国内学会

研究発表

  1. 朝熊英也, 菊地臣一, 紺野愼一, 菊地忠志. 人工膝関節置換術に対する腰椎麻酔–0.5%等比重Bupivacaineの麻酔効果と合併症–. 日整会誌. 2003; 77(4): S579.
  2. 五十嵐 章, 菊地臣一, 紺野愼一. 退行性腰椎疾患による発痛機序–椎間関節組織内サイトカインの発現–. 日整会誌. 2003; 77(4): S620.
  3. 岩渕真澄, 箱﨑道之, 大谷晃司. 脊椎破裂骨折における造影MRIの意義. 平成15年度福島県自治体病院医学会; 2003; 矢吹町.
  4. 岩渕真澄, 大谷晃司. ヒッププロテクター装着に影響を与える因子の検討–無償供与した一般住民での検討–. 福島県立病院医学研究誌. 2003; 19: 32.
  5. 岩渕真澄, 箱﨑道之, 大谷晃司. 脊椎破裂骨折における造影MRIの意義. 福島県立病院医学研究誌. 2003; 19: 37.
  6. 江尻荘一, 菊地臣一, 矢吹省司, 鳥越 均, 丸谷雅人. 手根管症候群に対する鏡視下法と従来法の比較–Prospective randomized study. 第3報–. 日本手の外科学会雑誌. 2003; 20(1): S31.
  7. 江尻荘一, 菊地臣一, 矢吹省司, 鳥越 均, 丸谷雅人. 手根管開放術における術中手根管内圧の検討–鏡視下法と従来法との比較–. 日本手の外科学会雑誌. 2003; 20(1): S202.
  8. 江尻荘一, 菊地臣一, 矢吹省司, 鳥越 均, 田地野崇宏. Leeds-Keio人工靭帯を用いた上腕三頭筋腱再建術–1例報告–. 第15回日本肘関節研究会. 2003; 東京.
  9. 江尻荘一, 鳥越 均. Paget-Schroetter症候群(原発性鎖骨下静脈血栓症)の1例. 第17回福島手の外科研究会. 2003; 郡山.
  10. 大垣 守, 中村 武1), 伊佐治洋之1), 矢吹省司(1) 舟山病院). 外傷性頚部症候群に対するSNRIの治療効果の検討–前向き無作為研究,第1報–. 第14回東北脊椎外科研究会. 2003; 仙台. 
  11. 大谷晃司, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 紺野愼一, 矢吹省司, 山内一矢, 竹谷内克彰. 腰仙部椎間板ヘルニアの長期手術成績–非固定群と固定併用群の比較–. 日整会誌. 2003; 77(4): S406.
  12. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 竹谷内克彰, 高橋一朗. 転倒・骨折に関与する疫学的検討–“姿勢異常の認識”の影響–. 日整会誌. 2003; 77(4): S475.
  13. 大谷晃司, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 岩渕真澄. 腰仙椎部椎間板ヘルニアの保存療法–患者の満足度関与因子の検討–. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2003; 14(1): 163.
  14. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 矢吹省司. 腰椎椎間板ヘルニア手術後10年以上経過例の腰痛関連機能障害の検討. 第11回日本腰痛学会. 2003; 東京.
  15. 大谷晃司, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 岩渕真澄. 頚椎後方手術術後の頚部愁訴について–片開き式 vs 選択的後方除圧–. 東北整災紀要. 2003; 47(1): 140.
  16. 大歳憲一, 木村雅史1), 小林保一1), 朝雲浩人1), 高山 篤1), 畑山和久1), 岡田尚之1), 西野目昌弘1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 中高年者の外側半月板損傷の治療成績–半月板切除による下肢アライメントの変化が関節症に及ぼす影響について–. 日整会誌. 2003; 77(3): S367.
  17. 大歳憲一, 紺野慎一, 長総義弘, 渡辺秀樹1)(1) 公立岩瀬病院). 下肢長管骨病変を伴ったSAPHO症候群の4例. 日本リウマチ・関節外科学会雑誌. 2003; 22(Suppl): 194.
  18. 大歳憲一, 菊地臣一, 長総義弘, 沼崎広法, 鳥越 均. 広範な軟部組織欠損を合併した外傷性膝蓋骨欠損と膝蓋腱断裂に対する膝伸展機構の再建–1例報告–. 第27回東北膝関節研究会; 2003; 仙台. 
  19. 大橋寛憲, 佛淵孝夫1), 重松正森1)(1) 佐賀大学). 強直股関節に対するTHA14例の検討. 日整会誌. 2003; 77(4): S449.
  20. 大橋寛憲, 佛淵孝夫1), 重松正森1)(1) 佐賀大学). 強直股に対するTHA15例の検討. 第33回日本人工関節学会. 2003; 大分.
  21. 大歳憲一, 木村雅史1), 小林保一1), 朝雲浩人1), 高山 篤1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 中高年者の外側円板状メニスクスの治療成績. 関節鏡. 2003; 28(3): 61.
  22. 岡田恭司1), 西田 淳2), 生越 章3), 田地野崇宏, 小山内俊久4), 綿貫宗則5), 井樋英二5)(1) 秋田大学, 2) 岩手医科大学, 3) 新潟大学, 4) 山形大学, 5) 東北大学). 高齢発症骨肉腫42例の臨床病理学的検討–東北骨軟部腫瘍研究会での経験–. 日整会誌. 2003; 77(6): S753.
  23. 小野木 俊, 佐藤弘一郎, 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). 脊髄損傷後に発症したセロトニン症候群の一例. 第101回東北整形災害外科学会. 2003; 弘前.
  24. 川上亮一, 土田芳彦1), 辻 英樹1), 相木比古乃1), 旗本恵介1), 浅井康文1)(1) 札幌医科大学). 四肢切断再接着術における阻血時間短縮のためのTemporary shunt tubeの応用. 第30回日本マイクロサージャリー学会学術集会. 2003; 岡山.
  25. 川上亮一, 土田芳彦1), 辻 英樹1), 旗本恵介1), 磯貝 哲1), 浅井康文1)(1) 札幌医科大学). 上腕切断再接着術におけるtemporary bypass tubeを使用した症例と未使用症例の温阻血時間の比較.第105回北海道整形災害外科学会. 2003; 91: 釧路.
  26. 川上亮一, 土田芳彦1), 喜屋武玲子1), 辻 英樹1), 浅井康文1)(1) 札幌医科大学). 切断指治療における一般市民を対象とした認識度調査. 第27回北海道医学会総会・学術集会; 2003; 札幌.
  27. 川上亮一, 土田芳彦1), 辻 英樹1), 旗本恵介1), 浅井康文1)(1) 札幌医科大学). 亜急性期に施行したwrap around flapの2症例. 第108回北海道整形外科外傷研究会. 2003; 札幌.
  28. 川上亮一, 青木良仁, 津田謙矢, 長倉 栄. 大腿骨転子部骨折の治療成績–CHSとγnailの比較検討. 第101回東北整形災害外科学会. 2003; 45: 弘前.
  29. 菊地忠志, 菊地臣一, 紺野愼一. 人工膝関節置換術後の発熱とCRP値. 日整会誌. 2003; 77(4): S585.
  30. 北村拓也, 鎌滝章央1), 関亦正幸1), 菊地臣一, 本間 好1)(1) 生体物質). MCA法を用いた関節リウマチ患者における異常メチル化CpG island部位の特定. 第26回日本分子生物学会年会. 2003; 572: 神戸.
  31. 紺野愼一,菊地臣一. 骨粗鬆症に対する腰背部痛の治療効果に関する検討.日整会誌. 2003; 77(3): S342.
  32. 紺野愼一, 菊地臣一, 佐藤伸一1), 大谷晃司, 齋藤 昭2)(1) 保原中央病院, 2) 公立相馬総合病院). 腰部脊柱管狭窄に対するProstaglandin I2製剤の治療効果. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2003; 14(1): 34.
  33. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰椎椎間板ヘルニアに対する神経根ブロックの治療効果. 日本腰痛学会雑誌. 2003; 9(1): 188.
  34. 紺野愼一, 菊地臣一. 続々 腰痛のEBM 急性腰痛の診療.日本腰痛学会雑誌. 2003; 9(1). 189-190.
  35. 近内泰伸, 菊地臣一, 紺野愼一, 長総義弘, 沼崎広法. 膝屈筋腱による膝前十字靱帯再建術後の大腿側骨孔拡大の検討–TransFix Systemによる再建例において–. 日整会誌. 2003; 77(3): S376.
  36. 近内泰伸, 菊地臣一, 長総義弘. 感染性骨髄炎の既往を有する膝に対する人工膝関節置換術–大腿骨遠位骨幹端部骨髄炎後に発生した変形性膝関節症の1例報告–. 第27回東北膝関節研究会. 2003; 仙台.
  37. 佐々木伸尚, 菊地臣一, 紺野愼一, 荒井 至. ラット椎間板ヘルニアモデルに対する各種NSAIDsの鎮痛効果. 日本腰痛学会雑誌. 2003; 9(1): 200.
  38. 佐々木伸尚, 矢吹省司, 菊地臣一. ラット腰神経根の圧迫または髄核接触による行動学的・組織学的変化–腰椎椎間板ヘルニアの病態–. 平成15年度生理学研究所研究会 痛みの基礎と臨床 その接点から新しい展望を探る. 2003; 岡崎.
  39. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 丹羽真一1), 増子博文1)(1) 神経精神医学). 退行性脊椎疾患の手術成績に関与する精神医学的因子. 日整会誌. 2003; 77(4): S427.
  40. 佐藤弘一郎, 小野木 俊, 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). MRSA感染を合併した仙骨部巨大褥創にbFGF製剤(フィブラストスプレー)を使用した1例. 福島県立病院医学研究誌. 2003; 19: 38.
  41. 佐藤弘一郎, 小野木俊, 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). MRSA感染を合併した仙骨部巨大褥創にbFGF製剤(フィブラストスプレー)を使用した1例. 平成15年度福島県自治体病院医学会. 2003; 矢吹町.
  42. 佐藤弘一郎, 小野木俊, 小林利男1)(1) リハビリテーション研究所). 難治性関節水症を伴う掌蹠膿疱症性骨関節炎–2例報告, Interleukin-8に着目して–.第13回福島県リウマチフォーラム. 2003; 1: 郡山.
  43. 佐藤直人, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 頸椎後方手術における手術侵襲とストレス–脊柱管拡大術と選択的後方除圧術の対比–. 日整会誌. 2003; 77(3): S18.
  44. 佐藤直人, 佐藤勝彦, 菊地臣一. 慢性腰痛に対するコルセット長期装着の影響–電気生理学的検討–. 臨床神経生理学. 2003; 31(2): 106-107.
  45. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一. 鏡視下肩峰下除圧術後における腱板断裂の経時的な変化–MRIによる検討–. 日整会誌. 2003; 77(4): S599.
  46. 宍戸裕章, 菊地臣一, 紺野愼一. 鏡視下肩峰下除圧術後における単純X線像の経時的な変化. 肩関節. 2003; 28(1): 140.
  47. 鈴木周一, 菊地忠志, 立原久義. 駆血帯をしない人工膝関節. 第27回東北膝関節研究会; 2003; 仙台.
  48. 鈴木浩子, 齋藤 昭1)(1) 公立相馬総合病院). リン酸カルシウム骨ペーストを使用した踵骨骨折治療の小経験. 第42回全国自治体病院学会. 2003; 岩手.
  49. 関口泰史, 菊地臣一, MYERS R Robert1)(1) Univ. California). 腰部脊柱管狭窄モデルにおける馬尾への圧迫の強さ、神経病理学的変化と痛みの関連について. 福島医学会第393回学術研究集会. 2003; 福島.
  50. 高橋一朗, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 岩渕真澄. 腰痛性間欠跛行における体幹前傾化に関する研究ー3次元動作解析と体幹筋活動電位測定による検討ー. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2003; 14(1): 373.
  51. 高橋 周1), 岡田恭司1), 生越 章2), 田地野崇宏, 小山内俊久3), 井樋英二1)(1) 秋田大学, 2) 新潟大学, 3 ) 山形大学). 腓骨筋頤部に発生した骨肉腫に対する手術–東北骨軟部腫瘍研究会での経験–. 日整会誌. 2003; 77(6): S836.
  52. 高橋直人, 菊地臣一, 矢吹省司, 青木良仁. 椎間板ヘルニアの発症機序–機械的・化学的因子の関与に関する実験的評価–. 臨床神経生理学. 2003; 31(2): 208.
  53. 高橋洋子, 菊地淑人1), 長田夏哉1), 林 俊吉1), 佐藤章子1), 市川綾乃1), 木原未知也1), 堀内行雄1)(1) 川崎市立川崎病院). 後外側回旋不安定性を呈した上腕骨外上顆偽関節の一例. 第9回神奈川手・肘関節研究会. 2003; 横浜.
  54. 武田 明, 菊地臣一, 田地野崇宏, 山田 仁, 佐藤勝彦. 骨軟部悪性腫瘍診断の遅れ–確定診断まで長期間を要した症例の検討–. 日整会誌. 77(3): S120: 2003.
  55. 武田 明, 菊地臣一, 山田 仁, 田地野崇宏, 佐藤勝彦. 軟部肉腫肺転移スクリーニングにおける胸部単純CTの役割–胸部単純CT像と単純X線の比較検討–.  日整会誌. 2003; 77(6): S804.
  56. 竹谷内克彰, 菊地臣一, 紺野愼一, 佐藤直人, 高橋一朗, 鈴鴨よしみ1)(1) パブリックヘルスリサーチセンター). 腰痛関連アウトカム指標の経時的変化と相互関連ー縦断研究ー. 日整会誌. 2003; 77(4): S622.
  57. 田地野崇宏, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 武田 明. 悪性骨軟部腫瘍に対する化学療法による薬物有害反応の検討. 日整会誌. 2003; 77(3): S127.
  58. 田地野崇宏, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 武田 明. イホスファミド脳症に対するメチレンブルー療法の有用性について. 日整会誌. 2003; 77(6): S762.
  59. 立原久義, 鈴木幹夫1), 横村伸夫1)(1) 白河厚生総合病院). 特発性手根管症候群における母指球筋枝走行パターンの検討. 日本手の外科学会雑誌. 2003; 20(1): S28.
  60. 鳥越 均, 菊地臣一, 紺野愼一. 慢性化膿性骨髄炎に対する血管柄付き腓骨移植術.日整会誌. 2003; 77(3): S35.
  61. 鳥越 均, 菊地臣一, 紺野愼一. 慢性化膿性骨髄炎に対する血管柄付き腓骨移植術–Segmental defectのない脛骨罹患例での検討–. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2003; 16(2): 133.
  62. 鳥越 均, 江尻荘一. 内反手に対するIlizarov法の応用–1例報告–. 日本手の外科学会雑誌. 2003; 20(3): 291.
  63. 鳥越 均, 菊地臣一, 紺野愼一. Metacarpal handに対する再建術–1例報告–. 第101回東北整形災害外科学会. 2003; 51; 青森.
  64. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 沼崎広法, 鹿山 悟. 膝屈筋腱を用いた前十字靱帯再建術–術後早期全荷重による利害得失–. 日整会誌. 2003; 77(3): S373.
  65. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 大歳憲一. 膝関節に著しい骨破壊を呈した色素性絨毛結節性滑膜炎–1例報告–. 日本リウマチ・関節外科学会雑誌. 2003; 22(Suppl): 192.
  66. 長総義弘, 菊地臣一, 大歳憲一, 近内泰伸, 沼崎広法. Trans Fix Systemを用いた膝屈筋腱による膝前十字靱帯再建術–脛骨側interference screw固定の問題点–. 関節鏡. 2003; 28(3): 9.
  67. 長総義弘, 菊地臣一, 近内泰伸, 沼崎広法. 恒久性膝蓋骨脱臼に対する大腿四頭筋腱延長を併用した近位関節形成術–1例報告–. 第27回東北膝関節研究会. 2003; 仙台. 
  68. 二階堂琢也, 安永 亨1), 佐々木伸一1)(1) いわき市立総合磐城共立病院). 外側円板状半月切除後の内側関節裂隙の変化について. 第28回日本膝関節学会. 2003; 千葉.
  69. 萩野精太, 村上和也1), 高山文治, 岩田仁男(1) 福島赤十字病院). 人工膝関節全置換術後に生じた両側膝伸展機構損傷の一例. 第27回東北膝関節研究会. 2003; 仙台. 
  70. 箱﨑道之, 岩渕真澄. 福島県南会津地区におけるスキー・スノーボード外傷. 日本臨床スポーツ医学会誌. 2003; 11(4): S117.
  71. 箱﨑道之, 岩渕真澄. 肺膿瘍を合併した左化膿性胸鎖関節炎. 東北整災紀要. 2003; 47(1): 128.
  72. 丸谷雅人1), 菊地臣一, 佐藤勝彦, 矢吹省司(1) 有隣病院). 馬尾障害の診断と腰部交感神経節ブロックの効果ー上行性馬尾活動電位による検討ー. 臨床神経生理学. 2003; 31(2). 208.
  73. 三澤辰也, 川前恵一, 添田哲也, 山田 仁. 先天性無フィブリノーゲン血症による下腿浅後方コンパートメント症候群の一例, 第101回東北整形災害外科学会. 2003; 弘前.
  74. 皆川英成, 武田浩一郎1)(1) 福島県心身障害児総合療育センター). 片側先天性股関節脱臼症例における非脱臼側の検討. 第14回小児整形外科学会. 2003; 東京.
  75. 皆川英成, 武田浩一郎1)(1) 福島県心身障害児総合療育センター). 麻痺性股関節脱臼に対する骨切り術の経験.第101回東北整形災害外科学会. 2003; 弘前.
  76. 森本忠嗣1), 菊地臣一, 佐藤勝彦, 大谷晃司(1) 佐賀大学). MRIにおける馬尾の造影効果の臨床的意義–馬尾型間欠跛行を有する腰部脊柱管狭窄例での検討–. 日整会誌. 2003; 77(3): S173.
  77. 森本忠嗣1), 菊地臣一, 佐藤勝彦, 大谷晃司(1) 佐賀大学). 腰仙部移行椎例の脊髄円錐下端の高位分布ーMRIによる検討ー. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2003;14(1): 392.
  78. 森本忠嗣1), 矢吹省司, 菊地臣一, 古月顕宗2), 仲田幸世2)(1) 佐賀大学, 2) 会津中央病院). 上位頚椎に発生したFull Nelson Injury–1例報告–. 東北整災紀要. 2003; 47(1): 136.
  79. 茂呂貴知, 菊地臣一, 紺野愼一, 鳥越 均. 肘関節屈側の皮静脈と神経の解剖–医原性神経損傷の予防の観点から–. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2003; 15(3): 419.
  80. 矢吹省司, 菊地臣一. 頚髄症に対するendoscopic laminotomy–解剖学的・臨床的検討–. 日整会誌. 2003; 77(3): S31.
  81. 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 脊髄砂時計腫に対する鏡視下手術. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2003; 14(1): 168.
  82. 矢吹省司, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の保存療法–適応と限界–. 日本腰痛学会雑誌. 2003; 9(1): 190.
  83. 矢吹省司, 菊地臣一. 脊髄後角ニューロン異常発火からみた椎間板ヘルニアによる神経痛の病態.臨床神経生理学. 2003; 31(2): 105.
  84. 矢吹省司, 菊地臣一. 頚髄症に対するendoscopic laminotomy–解剖学的・臨床的検討–. 第38回日本脊髄障害医学会. 2003; 愛知.
  85. 矢吹省司, 菊地臣一, 骨ペーストの脊柱管内迷入による麻痺の1例. 第3回福島骨ペースト研究会. 2003; 福島.
  86. 矢吹省司, 菊地臣一. 頚椎黄色靱帯石灰化症に対するendoscopic laminotomy–1例報告–. 第27回福島脊椎脊髄疾患研究会. 2003; 福島.
  87. 山内一矢, 佐藤勝彦, 朝熊英也. 診断・治療が困難であった骨盤・股関節部骨髄炎の一例. 会津地区整形外科医会. 2003; 福島.
  88. 山口 研, 木村雅史1), 小林保一1), 朝雲浩人1), 大歳憲一(1) 群馬スポーツ医学研究所). 前十字靭帯損傷患者における前方動揺性の客観的評価についての検討–Telos SEとKT1000 knee arthrometer間の比較–. 第29回日本膝関節学会. 2003; 112: 広島.
  89. 山口 研, 大谷晃司. 胸腰椎圧迫骨折に対する造影MRIの有効性. 福島県立病院医学研究誌. 2003; 19: 33.
  90. 山田 仁, 川前恵一1), 添田哲也1), 三澤辰也(1) 星総合病院). Non-bridging type創外固定器を用いた橈骨遠位端骨折の治療成績. 第101回東北整形災害外科学会. 2003; 55: 弘前.
  91. 山田 仁, 川前恵一1), 添田哲也1), 三澤辰也,武藤ひろみ1)(1)星総合病院). 壊死性筋膜炎の一例.第101回東北整形災害外科学会. 2003; 55: 弘前.
  92. 山田 仁, 田地野崇宏, 武田 明, 中村直哉1)(1) 第一病理学). 左後縦隔腫瘍, 多発性骨腫瘍.第10回東北骨軟部腫瘍研究会. 2003; 16-17: 秋田.

シンポジウム

  1. 菊地臣一, 小森博道1)(1) 東京医科歯科大学). 日整会診療ガイドライン作成の現状 腰椎椎間板ヘルニアガイドライン作成の現状.第76回日本整形外科学会学術集会(シンポジウム). 2003; 金沢.
  2. 紺野愼一, 菊地臣一. 診断・評価基準ー求められる条件. 第11回日本腰痛学会(パネルディスカッション). 2003; 東京.
  3. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 丹羽真一1), 増子博文1)(1) 神経精神医学). 慢性腰痛を有する患者に対する心理的評価からみた抗うつ薬の有効性と問題点.(第32回日本脊椎脊髄病学会シンポジウム),日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2003; 14(1): 236.
  4. 佐藤勝彦. 痛みへの学際的な取り組み 整形外科の立場から. 第32回日本慢性疼痛学会(シンポジウム). 2003; 京都.
  5. 鳥羽 衛1), 江戸清人1), 佐々木伸尚, 紺野愼一, 菊地臣一 (1) 薬剤部). 整形外科領域における術後感染ー危険因子の検討ー.(第52回東日本整形災害外科学会パネルディスカッション). 東日整会誌. 2003; 15(3): 439.
  6. 丸谷雅人, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 紺野愼一, 矢吹省司. Spinal cord evoked potentials (SCEP)を用いた術中脊髄機能モニタリング–モニタリングの必要性と問題点–. 第14回日本臨床モニター学会総会(シンポジウム). 2003; 福島. 臨床モニター. 2003; 14(Suppul): 23.
  7. 矢吹省司, 菊地臣一. 骨ペースト脊柱管内迷入による麻痺の1例(第52回東日本整形災害外科学会パネルディスカッション). 東日本整形災害外科学会雑誌. 2003; 15(3): 463.
  8. 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎すべり症に対する固定術の適応–除圧術単独とグラフ制動術, 後側方固定術併用の比較から–. 第11回日本腰痛学会(シンポジウム). 2003; 東京.

 

特別講演

  • 大谷晃司. 整形外科からみたFailed Back Syndromeの病態–エピドラスコピーへの期待と疑問点を含めて–.第30回日本ペインクリニック学会(ランチョンセミナー). 2003; 仙台.
  • 大谷晃司. 転びにくい体づくりのために–運動の重要性–. 只見町転倒・骨折予防教室. 2003; 只見町.
  • 大谷晃司. 転倒・骨折の予防. 只見町転倒・骨折予防教室(基調講演). 2003; 只見町.
  • 大谷晃司. 転倒・骨折予防の重要性–検診アンケートと転倒予防教室の結果より–. 只見町転倒・骨折予防教室; 2003; 只見町. 
  • 大谷晃司:転びにくい体づくりのために–運動の重要性–. 舘岩村体操教室. 2003; 舘岩村.
  • 大谷晃司. ピンピンコロリといくために–運動療法のすすめ–. 伊南村健康教室. 2003; 伊南村.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態–神経解剖–.(第14回日本末梢神経学会学術集会教育講演), 末梢神経. 2003; 14(2): 46.
  • 福原俊一1), 菊地臣一, 高橋奈津子1), 紺野愼一, 鈴鴨よしみ1)(1) 京都大学). 日本人を対象とした腰痛アウトカム研究. (第76回日本整形外科学会学術集会教育研修講演). 日整会誌. 2003; 77(4): S517.
  • 菊地臣一. 腰痛の診断と治療のアルゴリズム. (第76回日本整形外科学会学術集会教育研修講演). 日整会誌. 2003; 77(4): S620.
  • 菊地臣一. 腰痛をめぐる常識のウソ–Evidence based medicineの視点からの再検討–. 第1回びわこ脊椎フォーラム(特別講演). 2003; 滋賀. 
  • 菊地臣一. 腰痛-診断と治療の基本. 千葉腰痛フォーラム2003(特別講演). 2003; 千葉.
  • 菊地臣一. 腰痛の診断と保存的治療.第6回筑後麻酔・ペインクリニック懇話会(特別講演). 2003; 久留米.
  • 菊地臣一. 今、病院は改革を求められている.福島医大医学部同窓会郡山支部会(特別講演). 2003; 郡山.
  • 菊地臣一. 腰痛–その不思議なるもの–.福島県整骨師会平成15年度後期学術研修会(特別講演). 2003; 福島.
  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–誤診例の検討–. 広島県腰部脊柱管狭窄症学術講演会(特別講演). 2003; 広島.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 一宮外科系医会学術講演会(特別講演). 2003; 名古屋.
  • 菊地臣一. 『腰痛』への道 ISSLSへの道. 菊地臣一病院長「腰痛」出版記念 ISSLS会長就任 講演会・祝賀会(記念講演). 2003; 福島. 
  • 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療. 第8回北区医師会学術集談会(特別講演). 2003; 東京.
  • 菊地臣一. 腰椎疾患の診察法. 第9回「目で見る整形外科」東京コロキュアム(教育研修講演). 2003; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第9回奈良痛みの研究会(特別講演). 2003; 奈良.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第44回日本医科大学整形外科学教室集談会(教育研修講演). 2003: 東京. 
  • 菊地臣一. 運動療法–EBMを考慮した運動療法・整形外科系–. 第8回日本医師会認定健康スポーツ医制度再研修会(教育研修講演). 2003; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第25回日本関節運動学的アプローチ研究会(AKA)ー博田法学術集会(教育講演). 東京; 2003. 
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第74回和歌山臨床整形外科医会研修会(特別講演). 2003; 和歌山. 
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. 第4回山口県腰痛研究会(特別講演). 2003; 山口.
  • 菊地臣一:total painとしての慢性腰痛.第32回日本慢性疼痛学会(教育研修講演),京都,2003.
  • 菊地臣一. 腰痛と椎間板–事実と疑問–. 第106回西日本整形・災害外科学会(基調講演). 2003; 大分.
  • 菊地臣一. 腰痛を考える–私の疑問–. 第60回西日本脊椎研究会(特別講演). 2003; 福岡.
  • 菊地臣一. 腰痛の病態と治療–新しい概念と戦略–. NPO東洋カイロプラクティック普及協会設立記念セミナー(特別講演). 2003; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛に対するブロック療法–その価値と限界–. 第180回岡山県臨床整形外科医会研修会(特別講演). 2003; 岡山.
  • 菊地臣一. 腰痛ーメスを持つ前に–整形外科医の立場から. 第187回岡山県臨床整形外科医会研修会(特別講演). 2003; 岡山.
  • 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療. 第17回埼玉脊椎・脊髄病研究会(特別講演). 2003; 埼玉.
  • 菊地臣一. 運動療法–EBMを考慮した運動療法・整形外科系–. 山嶺会 理学療法特別研修会(特別講演). 2003; 福島.
  • 菊地臣一. 慢性腰痛患者へのアプローチの問題点. 第2回神経ブロック手技研究会(特別講演).2003; 東京.
  • 菊地臣一. スポーツや腰痛と運動–EBMからの考察–. 第622回 (社) 日本鍼灸師会 学術講習会(教育研修講演). 2003; 東京.
  • 紺野愼一. 骨粗鬆症における腰痛とQOL.第5回日本骨粗鬆症学会(教育研修講演). 2003; 福岡.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療.第18回日本脊椎脊髄外科学会(教育研修講演). 2003; 東京.
  • 紺野慎一. 腰部脊柱管狭窄の病態と治療.第10回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会(サテライト講演). 2003; 東京.
  • 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄症の診断と治療. 第11回日本腰痛学会(教育研修講演). 2003; 東京.
  • 佐藤勝彦. 腰部脊柱管狭窄–基礎から臨床への展開–. 腰部脊柱管狭窄症学術講演会(特別講演). 2003; 札幌.
  • 矢吹省司. 腰部脊柱管狭窄(症)–病態, 診断, そして保存的治療–. 備後整形外科医会 学術講演会(教育研修講演). 2003; 福山.
  • 矢吹省司. 脊椎内視鏡手術の実際–頚椎疾患から腰椎疾患までの応用–. 第8回佐賀脊椎研究会(教育研修講演). 2003; 佐賀.
  • 矢吹省司. 腰部脊柱管狭窄(症)の病態と治療.第8回福島県病院薬剤師会学術講演会(特別講演). 2003; 郡山.
その他
  • 紺野愼一, 菊地臣一, 竹谷内克彰. 腰痛関連アウトカム指標の経時的変化と相互関連ー腰痛関連モデルを用いた縦断研究ー. 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)1. 高齢者の骨・関節疾患の予防・治療法の開発と疼痛緩和対策に関する研究 平成14年度班会議; 2003; 東京.

学会賞等の受賞

  • The 2nd SICOT / SIROT Annual International Conference SICOT Poster Prize:
    Post-operative neck symptom of posterior approach for cervical-Open-door expansive laminoplasty vs Segmental laminotomy- myelopathy
    大谷晃司 
  • 第11回日本腰痛学会 優秀論文賞:
    腰椎椎間板ヘルニアに対する神経根ブロックの治療効果 
    紺野愼一
  • The 30th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine 
    The ISSLS Prize for Lumber Spine Research:
    Erythropoietin inhibits spinal neuronal apoptosis and pain following nerve root crush
    関口泰史 

諸研究費補助金研究課題

  • 日本学術振興会 基盤研究(C)(2) :腰痛機能関連障害に対する縦断的研究:紺野愼一, 菊地臣一
  • 日本学術振興会 基盤研究(C)(2):椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の発現–TNF-alphaの役割–:矢吹省司, 菊地臣一
  • 日本学術振興会 若手研究(B) :ステロイドの神経に対する影響–局所投与による神経内血流の変化–:宍戸裕章, 菊地臣一
  • 日本学術振興会 基盤研究(B)(2) :腰椎退行性疾患の発痛機序–機械的, 化学的因子の関与– :菊地臣一, 紺野愼一
  • 厚生労働省 医療技術評価総合研究事業:腰椎椎間板ヘルニアのガイドライン作成に関する研究:四宮謙一, 菊地臣一
  • 財団法人福島県医学振興会 財団法人福島県医学振興会医学研究助成 :腰神経根損傷後の後根神経節および脊髄のアポトーシス出現の比較検討–ラット腰神経根中枢側および末梢側損傷モデルを用いて–:関口美穂, 菊地臣一, 紺野愼一

その他

  • 岩渕真澄. 南会津地区中高生スポーツ障害についての検討–若い選手達の芽を摘まないために–.広報たじま. 2003; 平成15年12月号.
  • 菊地臣一. よくある不調と病気を解決 腰痛.AGIO(日経ヘルス). 2003; 40. 
  • 菊地臣一. 腰痛からの開放-近未来に向けて EBMの観点から. CLINICIAN. 2003; 50(520): 78-81.
  • 菊地臣一. キュアからケアへ これからの腰痛治療 プライマリケアにおける腰痛治療 骨粗鬆症の腰痛をめぐって(監修). 企画. 旭化成, 制作. ファーマインターナショナル. 2003. 
  • 菊地臣一. 整形外科のクリティカルパス 書評. 週刊 医学界新聞 . 2003; 第2544号: 6, 臨整外. 2003; 38(9): 118.
  • 菊地臣一. Editorial「時代」が求める医療概念の変革. 骨・関節・靱帯. 2003; 16(1): 5-7.
  • 菊地臣一. ライフ・クリニック 整形外科. 腰痛で運動指導を受けていますが、太ももの疼痛・萎縮がなかなかよくなりません。(回答).毎日ライフ. 2003; 7月号: 77.
  • (司会)菊地臣一, (コメンテータ)宮澤幸久1), 鳥畠康充2)(1) 帝京大学,2) 富山県厚生連高岡病院). 座談会 間欠跛行を診る~適切な治療に不可欠な病態の把握とプライマリ医の役割~.Medical Tribune. 2003; 3月6日号: 1-8. 
  • 菊地臣一. なんでも健康相談 整形外科 尾骨の辺りに痛みが続いています.NHKきょうの健康. 2003; 11月号: 138.
  • 菊地臣一:質疑応答「腰痛治療のガイドラインとその取り扱い」. 日本医事新報. 2003; No. 4124: 94-95.
  • 菊地臣一:質疑応答「いわゆるぎっくり腰急性期の治療」. 日本医事新報. 2003; No. 4135: 120-121.
  • 菊地臣一:ズームアップ 腰痛.日経メディカル. 2003; 8(429): 165.
  • 菊地臣一,渡辺栄一1)(1) 渡辺栄一整形外科). PATIENT EDUCATION GUIDE 6. 馬尾・腰神経叢・仙骨神経叢障害(CD-ROM版)(監修). 企画・制作: 日本臓器製薬株式会社. 2003.
  • 菊地臣一. シリーズ 整形外科疾患の保存的治療(2)腰痛・座骨神経痛.マルホ整形外科セミナー. ラジオたんぱ(2003. 7. 9放送). 2003. 
  • 菊地臣一. 高齢者の坐骨神経痛-腰部脊柱管狭窄の診断・治療.ラジオたんぱ(2003. 9. 16放送). 2003.
  • 菊地臣一. シンポジウム 腰椎変性すべり症の治療 緒言.臨整外. 2003; 38(3): 246-247.
  • 菊地臣一. ゴールドスタンダード整形外科 外傷・救急 書評.整形外科. 2003; 54(11): 1442.
  • 菊地臣一. 腰痛治療の最前線.大正メディカルシンポジウム「炎症性疾患治療の最前線」記録集,3,日経メディカル開発. 2003.
  • 菊地臣一. からだの質問箱 ぎっくり腰繰り返す(回答).読売新聞(7月2日). 2003.
  • 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄(SCS)の治療に関する調査 報告書(監修,メディカルアドバイザー). 東京: 日本リサーチセンター 発行: 大正製薬. 2003. 
  • 箱﨑道之. 「ケガ」の応急処置–合言葉は「RICE」–. 広報たじま. 2003; 平成15年11月号: 9.

update    2017年9月22日  12:15

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01