2000(平成12)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. BYRÖD Gunnar1), OTANI Koji, BRISBY Helena11), RYDEVlK Björn1), OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Methyl prednisolone reduces the early vascular permeability increase in spinal nerve roots induced by epidural nucleus pu]posus application. J Orthop Res. 2000; 18: 983-987. PMID:11192260
  2. IGARASHI Tamalki, KIKUCHI Shin-ichi, SHUBAYEV Veronica1), MYERS R Robert1)(1) Univ. California). 2000 Volvo Award winner in basic studies: Exogenous tumor necrosis factor-alpha mimics nucleus pulposus-induced neuropathology. Molecular, histologic, and behavioral comparisons in rats. Spine. 2000; 25(23): 2975-2980. PMID:11145807
  3. KONNAI Yasunobu, HONDA Takashi1), SEKIGUCHI Yasufumi, KIKUCHI Shin-ichi, SUGIURA Yasuo1)(1)  Nagoya Univ.). Sensory innervation of the lumbar dura mater passing through the sympathetic trunk in rats. Spine. 2000; 25(7); 776-782. PMID:10751287
  4. KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Prospective study of surgical treatement of degenerative spondylolisthesis. Comparison between decompression alone and decompression with graf system stabilization. Spine. 2000; 25(12): 1533-1537. PMID:10851102
  5. NAGAOSA Yoshihiro, MATEUS Margarita1), HASSAN Batool1), LANYON Peter1), DOHERTY Michael1)(1) Univ. Nottingham). Development of a logically devised line drawing atlas for grading of knee osteoarthritis. Ann Rheum Dis. 2000; 59(8): 587-595. PMID: 10913052
  6. TAKEDA Akira, TSUCHIYA Hiroyuki1), MORI Yoshihiko1), NONOMURA Akitaka1), TOMITA Katsuro1)(1) Kanazawa Univ.). Extraskeletal myxoid chondrosarcoma with multiple skeletal metastases. J Orthop Sci. 2000; 5(2): 171-174. PMID: 10982652
  7. YABUKl Shoji, IGARASHI Tamaki, KIKUCHI Shin-ichi. Application of nucleus pu]posus to the nerve root simultaneously reduces blood flow in dorsal root ganglion and corresponding hindpaw in the rats. Spine. 2000; 25(12): 1471-1476. PMID:10851094
  8. WATANABE Kazuo1), TAJINO Takahiro, SEKIGUCHI Miho, SUZUKI Toshimitsu1)(1) Pathology Division). Inflammatory myofibroblastic tumor (inflammatory fibrosarcoma) of the bone. Arch Pathol Lab Med. 2000; 124(10): 1514-1517. PMID:11035586
  9. WATANABE Kazuo1), TAJINO Takahiro, SEKIGUCHI Miho, SUZUKI Toshimitsu1)(1) Pathology Division). h-Caldemson as a specific marker for smooth muscle tummors. Comparison with other smooth muscle markers in bone tumors. American J Clin Pathol. 2000; 113(5): 663-668. PMID:10800398

 

日本語論文

原 著

  1. 大谷晃司, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 腰部脊柱管狭窄を伴うAchondroplasia に対する選択的除圧術の治療成績-術後10年経過例. 第11回日本整形外科学会骨系統疾患研究会記録集. 2000; 22-25.
  2. 齋藤 昭1), 菊地臣一(1) 公立相馬総合病院). 変形性股関節症の疫学–1,601例の病院受診者に対する調査. 臨整外. 2000; 35(1): 47-51.
  3. 佐藤勝彦, 菊地臣ー, 増子博文1), 岡野高明1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 脊椎・脊髄疾患に対するリエゾン精神医学的アプローチ(第2報)–整形外科患者に対する精神医学的問題評価のための簡易質問票(BS-POP)の作成. 臨整外. 2000; 35(8): 843-852.
  4. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 大谷晃司. 【腰椎椎間板ヘルニア再手術例への多面的アプローチ】腰仙椎部椎間板ヘルニアの手術に対する患者の満足度に関与する因子の検討. 脊椎脊髄ジャーナル. 2000; 13(8): 795-799.
  5. 佐藤勝彦, 菊地臣ー, 米澤卓実1)(1) 大阪医科大学). 椎間板内圧から見た頚椎退行性疾患に対する頚椎牽引の治療効果の検討. 運動療法と物理療法. 2000; 11(4): 318-323.
  6. 杉本和也1), 成田哲也2), 梅ヶ枝健一3), 佐藤勝彦, 三馬正幸4), 高倉義典5)(1) 済生会奈良病院, 2) 日本医科大学, 3) 梅ヶ枝整形外科, 4) 三馬整形外科, 5) 奈良県立医科大学). 日本バスケットボールリーグ選手に於おける足関節捻挫の調査. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2000; 20(1): 29-33.
  7. 武田浩一郎1), 菊地臣一, 藤田禎三2)(1) 福島県心身障害児総合療育センター, 2) 第二生化学). 慢性関節リウマチ患者における好中球C5aレセプターの動向. 福島医誌. 2000; 50(1): 17-24.
  8. 矢吹省司, 菊地臣一, 五十嵐 環. 頭蓋頚椎移行部疾患に対する手術-術中・術後早期における合併症とその対策. 臨整外. 2000; 35(10): 1073-1079.
  9. 藤井裕之1), 土井一輝1), 大塚 健1), 服部泰典1), 江尻荘一(1) 小郡第一総合病院). 腕神経損傷のMRI分類(大塚分類)による病態診断の信頼性. 日本手の外科学会雑誌. 2000; 17(3): 307-310.
  10. 藤井裕之1), 土井一輝1), 藤 真太郎1), 村松慶一1), 服部泰典1), 江尻荘一. キーンベック病に対する血管柄付き骨移植. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2000; 13(4): 249-254.
  11. 山田 仁, 菊地臣ー, 八木沼洋行1), 杉浦康夫2), (1) 第一解剖学, 2) 名古屋大学). 頚部脊髄硬膜と後縦靭帯の神経支配-免疫組織化学二重染色による検討. 臨整外. 2000; 35(5): 581-586.
  12. 吉田仁郎1), 菊地臣ー(1) リハビリテーション研究所). 投球障害肘症例における尺骨神経障害合併例の検討. 季刊マニピュレーション. 2000; 15(4): 58-61.

総説等

  1. 大谷晃司, 菊地臣一. 整形外科/知ってるつもり Superior facet syndrome. 臨整外. 2000; 35(4): 316-318.
  2. 菊地臣一. 日常診療の指針 腰痛の保存療法. 外科治療. 2000; 82(4): 491-492.
  3. 菊地臣ー. EBMの視点からみた運動療法. 臨床スポーツ医学. 2000; 17(2): 169-173.
  4. 紺野愼一. 【背骨に目を向けよう】中年期の背骨 変形性脊椎症. JIM. 2000; 10(5): 429-431.
  5. 紺野愼一, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 腰痛の保存的治療におけるEBM. 日本脊椎外科学会雑誌. 2000; 11(2): 404-408.
  6. 紺野愼一, 菊地臣ー. 【高齢者の自立を障害する骨・関節疾患 診断と対策】変形性脊椎疾患 腰部脊柱管狭窄(症). Geriatric Medicine. 2000; 38(11): 1636-1640.
  7. 紺野愼一, 菊地臣一. 【整形外科領域における疼痛管理の現状と未来】背部痛 円背. 整形外科. 2000; 51(8): 1009-1012.
  8. 紺野愼一, 菊地臣ー. LOW BACK PAIN Up to Date. 腰痛の臨床–病態と成因 姿勢と筋内圧. 脊椎脊髄ジャーナル. 2000; 13(6): 428-431.
  9. 佐藤勝彦. 特集 骨と関節疾患の治療–腰痛–. MEDICAMENT NEWS. 2000; 1671: 8-9.
  10. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 【外科系領域におけるEBMの動向】整形外科 EBMの観点からみた腰痛に対する治療. EBMジャーナル. 2000; 1(6): 35-39.
  11. 佐藤勝彦. 腰椎ブロック療法の手技と注意点.リウマチ科. 2000; 23(5): 494-500.
  12. 佐藤勝彦, 菊地臣一. 【21世紀が求める整形外科医療をどう築くか その質の向上と経済効率から】より効果的な腰部疾患の治療. 整・災外. 2000; 43(13): 1487-1492.
  13. 佐藤勝彦, 菊地臣一. LOW BACK PAIN Up to Date. 腰痛の臨床–原因と診断 腰痛診断へのアプローチ 見逃されやすい腰痛, 知っておきたい腰痛. 脊椎脊髄ジャーナル. 2000; 13(6): 472-480.
  14. 長総義弘, 菊地臣一. 認定医トレーニング講座・画像編・44. 臨整外. 2000; 35(13): 1536-1540.
  15. 矢吹省司. 頭蓋頚椎移行部疾患に対する手術. 臨整外. 2000; 35. 1073-1079.
  16. 矢吹省司. X線診断Q&A. 整形外科. 2000; 51(5): 591-592.
  17. 矢吹省司. X線診断Q&A. 整形外科. 2000; 51(9): 1217-1218.

症例報告

  1. 五十嵐 章, 渡辺栄一1), 鹿山 悟(1) 総合南東北病院). 腰部脊柱管内に発生したneurenteric cystの一例. 東北整災紀要. 2000; 44(1): 22-24.
  2. 大歳憲一, 渡辺栄一1), 渡部 徹1), 鹿山 悟(1) 総合南東北病院). 環椎横靭帯機能不全による環軸関節亜脱臼の1例. 東北整災紀要. 2000; 44(1): 18-21.
  3. 大歳憲一, 渡辺栄一1), 渡部 徹1), 鹿山 悟(1) 総合南東北病院). 胸椎変性すべり症の1例. 東北整災紀要. 2000; 44(1): 25-28.
  4. 小野勝彦, 古川浩三郎1), 見城知巳(1) 国立郡山病院). 第7頚椎すべりによる脊髄症の1例. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2000; 12(1): 29-31.
  5. 佐久間 潤1), 生沼雅博1), 渡辺慶吾1), 鈴木恭一1), 佐々木達也1), 児玉南海雄1), 佐藤勝彦, 紺野慎一, 菊地臣ー(1) 脳神経外科学). 脊髄硬膜外膿瘍・咽後膿瘍・縦隔膿瘍を来した化膿性脊椎炎の1例. 日本パラプレジア医学会雑誌. 2000; 13(1): 84-85.
  6. 高橋直人, 菊地臣一, 五十嵐 環, 渡辺栄一. Double Crush Syndromeの1例 第5腰神経根と浅腓骨神経絞扼性障害の合併. 臨整外. 2000; 35(10): 1151-1154.
  7. 藤澤基之1)木田 浩1)田畑四郎1), 関 修弘1), 長谷川和重1), 佐藤心一1), 田中 稔1), 田中正彦1), 檜森 興1), 五十嵐 章, 峯田光能1)(1) いわき市立総合磐城共立病院). 頚胸椎移行部後縦靭帯骨化症に対して前方固定術を行った一例整形外科と災害外科. 2000; 49(4): 1147-1150.
  8. 丸谷雅人, 紺野愼一, 菊地臣一. ガングリオンによる肩甲上神経障害. マニピュレーション. 2000; 15(4): 62-66.
  9. 山内一矢, 村上和也1), 佐藤日出夫2), 岩田仁男1), 朝熊英也(1) 福島赤十字病院, 2) さとう日出夫整形外科). 両側同時に施行した高位脛骨々切術の2例. 関節外科. 2000; 19(12): 1574-1577.

著書・訳書

  1. 大谷晃司, 菊地臣一. しっておきたいしびれの対処法これで全てがわかる. In: 二見俊郎編. 4. 脊椎疾患としびれ. 東京: 真輿交易株式会社. 2000. p.50-68(分担執筆).
  2. 越智隆弘, 菊地臣一編集. NEW MOOK 整形外科8 下肢の外傷. 東京: 金原出版. 2000.
  3. 越智隆弘, 菊地臣一, 龍 順之助編集. 整形外科外来シリーズ9 手・肘の外来. 龍順之助編. 東京: メジカルビュ一社. 2000.
  4. 菊地臣一編著. 変形性脊椎症・腰痛の運動・生活ガイド–運動療法と日常生活動作の手引き–第2 版. 東京: 日本医事新報社. 2000.
  5. 菊地臣一編著. 経験すべき外傷・疾患88. 東京: メジカルビュー社. 2000.
  6. 菊地臣ー. 変形性脊椎症 (p.220-222), 脊柱管狭窄(症) (p.223-227). In: 石井清一他編. 経験すべき外傷・疾患88. 東京: メジカルビュー社. 2000(分担執筆). 
  7. 菊地臣ー. 腰部脊柱管狭窄(症)(変形性脊椎症)(p.626-627), Schmorl結節(p.627-628), 推体辺縁分離(p.628). In: 二ノ宮節夫他編. 今日の整形外科治療指針 第4版. 東京: 医学書院. 2000(分担執筆).
  8. 菊地臣ー. 頚髄症(後縦靭帯骨化症を含む). In: 多須賀幸男, 尾形悦郎総編. 今日の治療指針 私はこう治療している. 東京: 医学書院. 2000; p.662-663(分担執筆).
  9. 紺野愼一, 菊地臣一. 最小侵襲による脊椎外科脊椎外科における鏡視下手術の位置づけ. In: 岩本幸英他編. 新OS NOW No. 7 最新の脊椎外科. 東京: メジカルビュー社. 2000; p.10-11(分担執筆).
  10. 紺野愼一,菊地臣一: 33. 日常生活にはほとんど支障のない軽症例 (p.72-73), 34. 腰痛と下肢痛を呈する軽症例 (p.74-75), 35. 保存療法で効果のない中等度進行例 (p.76-77), 36. 手術を必要とした重症例 (p.78-79). n: 菊地臣ー他編. 変形性脊椎症・腰痛の運動・生活ガイド-運動療法と日常生活動作の手引き-第2版. 東京: 日本医事新報社. 2000(分担執筆).
  11. 紺野愼一, 菊地臣ー. 2. 主な適応疾患と術式胸椎部脊髄砂時計腫. In: 松井宣夫総編, 出沢 明編. 整形外科関節鏡マニュアル 脊椎内視鏡. 東京: メジカルビュー社. 2000; p.56-59(分担執筆).
  12. 佐藤勝彦, 菊地臣一. 1. 変形性脊椎症とは (p. 2-3), 3. 変形性脊椎症の治療法は (p.6-7), 4. 手術が必要な場合は (p.8-9) , 32. 変形性脊椎症の重傷度の判定は (p.68-70). In: 菊地臣ー他編. 変形性脊椎症・腰痛の運動・生活ガイド–運動療法と日常生活動作の手引き–第2版. 東京: 日本医事新報社. 2000. (分担執筆).
  13. 佐藤勝彦. 老人性円背. In: 室田景久, 矢部 裕編. 整形外科有痛性疾患保存療法のコツ下巻. 東京: 日本病院出版会. 2000; p.45-50(分担執筆).
  14. 矢吹省司, 菊地臣ー, 紺野愼一. 2. 主な適応疾患と術式脊椎外傷. In: 松井宣夫総編, 出沢 明編. 整形外科関節鏡マニュアル 脊椎内視鏡. 東京: メジカルビュー社. 2000; p.80-86(分担執筆).
  15. 渡辺栄一1), 菊地臣ー. (1) 総合南東北病院). 12. コルセットの着用はどのような時に必要か (p.24-25), 14. 作業姿勢, 作業環境は重い荷物をもつ時は (p.28-32), 21. 牽引を行う際の注意は (p.44-45). In: 菊地臣ー他編. 変形性脊椎症・腰痛の運動・生活ガイド–運動療法と日常生活動作の手引き–第2版. 東京: 日本医事新報社. 2000(分担執筆).

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. ANZAI Hiroyuki, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Abnormal discharges of the rat spinal dorsal horn neuron safter application of nucleus pulposus. Eur Spine J. 2000; 9(4): 315.
  2. ANZAI Hiroyuki, HAMBA Michiko1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Tokyo Medical and Dental Univ.). Abnormal discharges of the rat spinal dorsal horn neuron safter application of nucleus pulposus. The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  3. AOKI Yoshihito, RYDEVIK Björn1),  LARSSON Karin1), OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Local application of disk-related cytokines on spinal nerve roots. The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; 92: Adelaide.
  4. IGARASHI Tamaki, KIKUCHI Shin-ichi, SHUBAYEV Veronica1), MYERS R Robert1)(1) Univ. California). Exogenous TNFα mimics nucleus pulposus-induced neuropathology. Molecular, histologic, and behavioral comparisons in rats. The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  5. IWABUCHI Masumi, KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell1), LARSSON KarinI1), RYDEVIK Björn1)(1) Univ. Gothenburg). Effects of in vitro and postmortem degenerated autologous nucleus pulposus on nerve root conduction velocity. The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  6. KAYAMA Satoru, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Bladder dysfunction in lumbar spinal canal stenosis-assessment with post voiding residual urine volume-. The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  7. KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. A prospective study of surgical treatment of degenerative spondylolisthesis-A comparison between decompression alone and decompression with graf-system stabilization-. 第4回脊椎と神経を語る会(SGNS). 2000; 小樽.
  8. NAGAOSA Yoshihiro, MATEUS Margarita1), HASSAN Batool1),  LANYON Peter1), DOHERTY Michael1)(1) Univ. Nottingham). Development of a logically devised linedrawing atlas for grading of knee osteoarthritis. Osteoarthritis Cartilage. 2000; 8(suppl. B): 47.
  9. NIKAIDO Takuya, ISEKI Ken1), MORI Tetsuji1), TAKEDA Junko1), ZHANG Yuxiang1), YOKOYA Sachihiko1), HAGINO Seita, KIKUCHI Shin-ichi, WANAKA Akio1)(1) Dept. Cell Science). Transcriptional activity of gliosis-specific transcriptionfactor, OASIS, that belong to the CREB/ATF family. SOCIETY FOR NEUROSCIENCE. 2000; 26(1): 857.
  10. NIKAIDO Takuya, ISEKI Ken1), MORI Tetsuji1), HAGINO Seita, TAKEDA Junko1), ZHANG Yuxiang1), TAKAKI Hiromi1), KAKEUCHI Mayumi1), YOKOYA Sachihiko1), KIKUCHI Shin-ichi, WANAKA Akio1)(1) Dept. Cell Science) . Transcriptional activity of gliosis-specific transcription factor, OASIS, that belong to the CREB/ATF famiry. 神経化学. 2000; 39(3): 328.
  11. ONDA Akira, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shinichi, MYERS R Robert1)(1) Univ. California)Effects of lidocaine blood flow and endoneurial pressure in a rat model of herniated nucleus pulposus. The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  12. OTANI Koji , KIKUCHI Shin-ichi , KONNO Shin-ichi, OLMARKE Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Prevention of the reduced blood flow inexperimental cauda equina compression by Beraprosts odium(aprostaglandin12 analogue). The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  13. OTANI Koji , KIKUCHI Shin-ichi, SATO Katsuhiko. Clinical outcome and bone regrowth after laminotomy for degenerative lumbar spine disease. The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  14. SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi, YONEZAWA Takumi1)(1) Osaka Medical Univ.). Correlation between intradiscal pressure and trunk muscle activity in normal individuals. 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  15. SATO Naoto, SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi. Quantifying the stress induced by distress in  patientwith lumbar disc herniation as related to measurements of natural killer cell activity. chromium release assay versus multiparameter flow cytometric assay. Eur Spine J. 2000; 9(4): 354.
  16. SEKIGUCHI Miho, YABUKI Shoji , KIKUCHI Shin-ichi. An anatomic study of the sacral hiatus for the reliable caudal epidural block. Eur Spine J. 2000; 9(4): 285.
  17. TAJINO Takahiro, KIKUCHI Shin-ichi, SUZUKI Toshimitsu1)(1) Second Dept. Pathology). Fatty acid synthase expression in soft tissue sarcomas. The 3rd Metting of The Asia Pacific Musculoskeltal Tumor Society. 2000; 132: Hong-Kong.
  18. TAKAHASHI Naoto, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. A histologic study on cauda equina adhesions induced by multiple laminectomies. Eur Spine J. 2000; 9(4): 355-356.
  19. TAKEDA Akira, KIKUCHI Shin-ichi, TORIGOE Hitoshi, YAMADA Hitoshi, TAJINO Takahiro. Four cases of osteosarcoma of proximal humerus reconstructed by vascularized fibular graft. The 3rd Metting of The Asia Pacific Mlusculoskeltal Tumor Society. 2000; 148: Hong-Kong.
  20. YABUKI Shoji, ONDA Akira, KIKUCHI Shin-ichi, MYERS R Robert1)(1) Univ. California). Prevention of compartment syndrom in dorsal root ganglia caused by exposure to nucleus pulposus. The 27th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.
  21. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Different pathogenesis of radiculopathy between discherniation ands pinal canal stenosis. A study using MRmyelography. The 27th Annual Meeting of International Societyf or the Study of the Lumbar Spine. 2000; Adelaide.

 

特別講演

  • OTANI Koji. Significance of nucleus pulposus in pathogenesis of lumbar disc herniation. Morning Lecture. 2000; Emory Univ., Atlanta.

 

国内学会

研究発表

  1. 青木良仁, Orisby Helena1), Olmarker Kjell1), Rydevik Björn1)(1) Univ. Gothenburg). 髄核接触後の神経根炎におけるNOの役割. 日整会誌. 2000; 74(8): S1703.
  2. 朝熊英也, 村上和也1), 岩田仁男1), 山内一矢(1) 福島赤十字病院). アキレス腱再建術の検討. 東北整災紀要. 2000; 44(1): 79, 
  3. 朝熊英也, 大内一夫, 北村拓也. 膝関節内に発生したガングリオンの1症例. 福島県農村医学会雑誌. 2000; 43(1): 24.
  4. 五十嵐 環, 菊地臣一, 矢吹省司, MYERS R Robert1)(1) Univ. Colifornia)TNFαは髄核による神経障害と同様な変化を惹起する–分子生物学的, 組織学的, および行動学的研究–. 日整会誌. 2000; 74(8): S1455.
  5. 荒 文博, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 津田謙矢(1) 県立大野病院). 当院における人工股関節全置換術に対して再置換術を要した症例の検討. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 53: 秋田. 東北整災紀要. 2001; 45(1): 140.
  6. 飯塚陽一1), 高岸憲二1), 鈴木慶子2), 鈴木祐孝2), 近内泰伸, 若林敏行2), 小林保一2), 木村雅史2)(1) 群馬大学, 2) 善衆会病院群馬スポーツ医学研究所). Osgood-Schlatter病のMRI像. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2000; 20(2): 147.
  7. 岩渕真澄, 菊地臣ー, 紺野愼一, 青木良仁, Olmarker Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). 変性髄核接触による馬尾の機能障害–電気生理学的研究–. 日本脊推外科学会雑誌. 2000; 11(1): 99.
  8. 岩渕真澄, 菊地臣ー, 矢吹省司. 慢性関節リウマチに伴う環軸椎不安定症に対する環軸関節ブロックの経験. 第10回福島県リウマチフォーラム. 2000; 郡山.
  9. 岩渕真澄, 渡辺栄一1), 五十嵐 環, 高橋一朗(1) 総合南東北病院). 当科におけるバイオペックス®使用の小経験. 第1回福島骨ペースト研究会. 2000; 郡山.
  10. 江尻荘一, 土井一輝1), 川上不二夫1), 簸 真太郎1), 藤井裕之1), 服部泰典1)(1) 小郡第一総合病院). 小児腕神経叢麻痺に対する遊離筋肉移植術の検討. 第43回日本手の外科学会. 2000; 266: 京都.
  11. 江尻荘一, 土井一輝1), 川上不二夫1), 簸 真太郎1), 藤井裕之1), 服部泰典1), 福島智嗣1)(1) 小郡第一総合病院). 痛風・偽痛風性手関節炎の診断・治療における手関節鏡の意義. 山口県整形外科医会; 2000; 山口.
  12. 江尻荘一, 鳥越 均1), 丸谷雅人(1) かねこクリニック). PIP関節脱臼骨折に対する遊離骨軟骨移植術の2例. 第14回福島手の外科研究会; 2000; 郡山.
  13. 大垣 守, 佐藤伸一1)(1) 総合保原中央病院). 小児脛骨骨折に対する機能的装具による治療. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 秋田.
  14. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野慎一, 山内一矢, 高橋直人, 竹谷内克彰. 慢性圧迫下の馬尾血流に対するベラプラストナトリウムの効果–Digital HI-SCOP Evideo systemによる観察–. 日整会誌. 2000; 74(8): S1510.
  15. 大谷晃司, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 藤原正敏1), 猪股洋一郎2)(1) 原町市立病院, 2) 済生会福島総合病院). 脊髄腫瘍再手術例の検討. 日本脊椎外科学会雑誌. 2000; 11(1): 4.
  16. 大谷晃司, 菊地臣一, 紺野愼一, 岩渕真澄, 関口美穂. Epiduroscopy による治療効果発現機序–実験的検討. Journal of Anesthesia. 2000; 14 (suppl): 90.
  17. 大谷晃司, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 髄核による実験的神経恨障害の検討–経時的変化–. 第10回日本病態生理学会; 2000; 福島.
  18. 大歳憲一, 荒井 至, 菊地臣一. 馬尾弛緩の臨床的検討–第3報. 無症状例における馬尾弛緩の出現頻度–. 日本脊椎外科学会雑誌. 2000; 11(1): 124. 
  19. 大歳憲一, 村上和也1), 青木良仁, 岩田仁男1)(1) 福島赤十字病院). 高齢者の足関節周辺骨折の検討. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 70: 秋田.
  20. 大橋寛憲, 菊地忠志. 局所麻酔による鏡視下半月板切除術. 福島県農村医学会雑誌. 2000; 43(1): 19.
  21. 大橋寛憲, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 津田謙矢 (1) 県立大野病院). ヒステリーとして治療されていた黄色靭帯骨化症. 第16回双相地区整形外科医師の会. 2000; 原町.
  22. 小野勝彦, 古川浩三郎1), 見城知巳(1) 国立郡山病院). 内反肘変形による尺骨神経麻痺の1例. 第95回東北整形災害外科学会. 2000; 66: 盛岡.
  23. 小野勝彦, 古川浩三郎1), 小津喜洋(1) 国立郡山病院). 脂肪移植により術後症状が再発した腰椎椎間板ヘルニアの1例. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 31: 秋田.
  24. 小野木 俊, 藤原正敏1), 常盤 聡1)(1) 原町市立病院). 手指, 手関節に多発し再発を繰り返した石灰沈着症の一例. 第95回東北整形災害外科学会. 2000; 盛岡.
  25. 小野木 俊, 沼崎邦浩1), 横田雅宏1)(1)県立会津総合病院). TKR後の膝蓋腱損傷の治療経験. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 秋田.
  26. 恩田 啓, 菊地臣一, 矢吹省司. 後根神経節と下肢血流に対するリドカインの影響–実験的椎間板ヘルニアにおける検討–. 日整会誌. 2000; 74(8): S1490.
  27. 加家壁正知1), 高岸憲二1), 鈴木慶子2), 鈴木祐孝2), 近内泰伸, 若林敏行2), 小林保一2), 木村雅史2)(1) 群馬大学, 2) 善衆会病院群馬スポーツ医学研究所). Patellar tendinitisのMRI. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2000; 20(2): 146.
  28. 菊地秀明, 川前恵一1), 山内一矢, 五十嵐 章(1) 星総合病院). 急性胸椎硬膜外血腫の1例. 第96 回東北整形災害外科学会. 2000; 23: 秋田.
  29. 木田 浩1)関 修弘1), 相澤利武1), 安永 亨1), 田中 稔1), 千葉武志1), 城石達光1), 川上亮一, 峯田光能1), 田代茂義1), 田畑四郎1)(1)いわき市立総合磐城共立病院). 変性腰痛脊柱管狭窄症におけるL4部位狭窄の臨床的意義日整会誌. 2000; 74(3): S898.
  30. 木村雅史1), 小林保一1), 堀越万理子2), 徳永建路2), 若林敏行1), 近内泰伸, 樋口 博3), 高岸憲二3)(1) 善衆会病院群馬スポーツ医学研究所, 2) 東京女子医科大学, 3) 群馬大学). 新鮮膝複合靭帯損傷に対する保存的修復法の限界. 日整会誌. 2000; 74(2): S10.
  31. 小林直人1), 岡野高明1), 増子博文1), 丹羽真一1), 佐藤勝彦, 菊地臣一(1) 神経精神医学). 脊椎・脊髄疾患に対するリエゾン精神医学的アプローチ(第1報)–脊椎退行性疾患の身体症状に影響する精神医学的問題の検討–. 日本心身医学会東北地方会. 2000; 仙台.
  32. 小林秀男,猪股洋一郎1), 西堀靖広(1) 済生会福島総合病院). 血液透析患者における同時多発腱断裂の一例. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 58: 秋田.
  33. 小林秀男, 猪股洋一郎1), 西堀靖広(1) 済生会福島総合病院). 血液透析患者における大腿四頭筋腱断裂の一例. 第24回東北膝研究会. 2000; 仙台.
  34. 近内泰伸, 木村雅史1), 小林保一1), 若林敏行1), 鈴木祐孝1), 井上憲司1)(1) 善衆会病院群馬スポーツ医学研究所). 65歳以上の変形性膝関節症における単純X線像とMRI像との比較検討. 日整会誌. 2000; 74(2): S213.
  35. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰椎伸筋群筋内圧上昇と筋放電. 日整会誌. 2000; 74(3): S960.
  36. 紺野愼一, 菊地臣一, 高橋直人. 姿勢と筋内圧. 日整会誌. 2000; 74(8): S1565.
  37. 紺野愼一, 菊地臣一, 大谷晃司, 五十嵐 環. 馬尾急性・慢性圧迫に対するプロスタグランジンの治療効果–実験的検討–. 日本脊椎外科学会雑誌. 2000; 11(1): 97.
  38. 齋藤 昭1), 菊地臣一, 菊池一郎2)(1) 公立相馬総合病院, 2) 公立藤田総合病院)足関節鏡視下手術の合併症一神経損傷に対する検討一. 日本足の外科学会雑誌. 2000; 21(1): S82.
  39. 齋藤 昭1),  菊地臣一(1) 公立相馬総合病院). 足関節鏡の刺入部位と浅腓骨神経や伏在神経との関係–解剖学的検討–. 福島医学雑誌. 2000; 50(1): 41.
  40. 佐藤勝彦, 菊地臣ー, 荒井 至. 腰痛の病態と機能的対応, 疲労と病態. 運動療法と物理療法. 2000; 11(3): 171.
  41. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 大谷晃司, 増子博文1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 脊椎・脊髄疾患に対するリエゾン精神医学的アプローチ(第3報)–腰椎手術成績に関与する精神医学的問題の検討. 日整会誌. 2000; 74(3): S714.
  42. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 米澤卓実1)(1) 大阪医科大学). 生体における体幹筋の筋活動と腰椎椎間板内圧との関係. 日整会誌. 2000; 74(8): S1519.
  43. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 大谷晃司. 腰仙椎部椎間板ヘルニアの手術成績関与因子:術後10年以上経過例での検討. 日本脊椎外科学会雑誌. 2000; 11(1): 284.
  44. 佐藤弘一郎, 関亦正幸1),  菊地臣一, 本間 好1)(1) 生体物質). 慢性関節リウマチにおけるErbB-2とメチル化CpGの関与. 第23回日本分子生物学会年会. 2000; 630: 神戸.
  45. 佐藤直人, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 紺野愼一. 腰椎椎間板ヘルニアに対する鏡視下手術と従来法の手術侵襲とストレスの対比–ナチュラル・キラー細胞活性とサイトカインの測定–. 第2回日本脊椎内視鏡研究会学術集会. 2000; 東京.
  46. 宍戸裕章, 菊地臣一. 鏡視下肩峰下除圧術後の造影MRI所見. 肩関節. 2000; 25(1): 55.
  47. 宍戸裕章, 菊地臣一. ピオクタニンが原因と思われた肩関節症の1例. 東北整災紀要. 2000; 44 (1): 117.
  48. 菅野伸樹, 佐藤伸一1)(1) 総合保原中央病院). アキレス腱皮下断裂の当科における保存療法. 第95回東北整形災害外科学会. 2000; 盛岡.
  49. 菅野伸樹, 大谷晃司, 佐藤伸一1)(1) 総合保原中央病院). アキレス腱皮下断裂保存療法のMRIによる観察. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 秋田.
  50. 関 修弘1)木田 浩1)田畑四郎1),  相澤利武1), 安永 亨1), 千葉武志1), 田中 稔1), 城石達光1), 峯田光能1), 川上亮一, 田代茂義1)(1)いわき市立総合磐城共立病院). 腰部脊柱管狭窄に対する開窓術の長期成績(第2報) –残存障害の分析と成績・満足度関与因子の検討–日整会誌. 2000; 74(3): S890.
  51. 高橋一朗, 齋藤 昭1)(1) 公立相馬総合病院). 長期臥床に伴う骨塩量の変化. 第95回東北整形災害外科学会. 2000; 74: 盛岡.
  52. 高橋一朗, 渡辺栄一1), 鹿山 悟, 岩渕真澄, 鳥越 均(1) 総合南東北病院). 右肘頭疲労骨折後偽関節の1例. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 40: 秋田.
  53. 高橋直人, 菊地臣一, 紺野愼一. 多椎間椎弓切除後における馬尾の経時的変化–組織学的検討–. 日整会誌. 2000; 74(8): S1674.
  54. 高橋直人, 菊地臣一, 紺野愼一. 多椎間椎弓切除後における馬尾の経時的変化–組織学的検討–. 第2 回日本脊椎内視鏡研究会学術集会; 2000; 東京.
  55. 高橋洋子, 齋藤 昭1)(1) 公立相馬総合病院). 腰椎後弯変形による人工股関節置換術後脱臼の2 例. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 50: 秋田.
  56. 高橋洋子, 齋藤 昭1)(1) 公立相馬総合病院). 腰椎後湾変形による人工股関節置換術後脱臼の2例. 第16回相双地区整形外科医師の会. 2000; 原町.
  57. 高橋洋子, 齋藤 昭1)(1) 公立相馬総合病院). 硬膜外血腫の3例. 第17回相双地区整形外科医師の会. 2000; 原町.
  58. 武田 明, 菊地臣一, 山田 仁, 田地野崇宏. 当科における骨肉腫に対するカフェイン併用化学療法の検討. 日整会誌. 2000; 74(6): S1050.
  59. 田地野崇宏, 菊地臣一, 鈴木利光1)(1) 第二病理学). 軟部肉腫における脂肪酸合成酵素の発現. 日整会誌. 2000; 74(6): S1137.
  60. 田地野崇宏, 菊地臣ー. 術前放射線併用動注化学療法が著効した胸壁脂肪肉腫の1例. 東北整災紀要. 2000; 44(1): 116.
  61. 田中 稔1), 安永 亨1)木田 浩1)相澤利武1), 関 修弘1), 千葉武志1), 城石達光1), 峯田光能1), 川上亮一, 田代茂義1), 田畑四郎1), 山口 栄1)(1)いわき市立総合磐城共立病院). 変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術の検討–内側骨皮質温存・離開によるX線学的変化–日整会誌. 2000; 74(2): S206.
  62. 津田謙矢, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 荒 文博(1) 県立大野病院). 人工膝関節再置換術を要した症例の検討. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 64: 秋田. 東北整災紀要. 2001; 45(1): 130.
  63. 津田謙矢, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 大橋寛憲(1) 県立大野病院). 小児のガラス片による膝関節炎の一例. 第16回相双地区整形外科医師の会. 2000; 原町.
  64. 鳥越 均, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 田地野崇宏. 骨盤部悪性骨腫瘍切除後の再建–遊離血管柄付き二つ折り腓骨移植術例の検討–. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2000; 13(2): 171.
  65. 鳥越 均, 菊地臣一. 先天性脛骨偽関節症に対する遊離血管柄付腓骨移植術–1例報告–. 東北整災紀要. 2000; 44(2): 296.
  66. 鳥越 均, 江尻荘一. 骨軟部腫瘍の再建手術におけるマイクロサージャリーの応用. 第6回東北マイクロサージャリー懇話会. 2000; 仙台.
  67. 長総義弘, LANYON Peter1), DOHERTY Michael1)(1) Univ. Nottingham). 区画別にみた変形性膝関節症の進行–3年後のX線変化–. 日整会誌. 2000; 74(2): S201.
  68. 長総義弘, Lanyon Peter1), Doherty Michael1)(1) Univ. Nottingham). 変形性膝関節症の進行に関するX線所見. 東日本整形災害外科学会誌. 2000; 12(4): 280.
  69. 二階堂琢也, 菊地臣一, 森 徹自1), 横屋幸彦1), 和中明生1)(1) 細胞科学). 新規転写調節因子OASIS の転写活性. 日整会誌. 2000; 74(8): S1557.
  70. 沼崎広法, 安田和則1), 遠山晴ー1), 井 俊彦1), 菊地臣ー(1) 北海道大学). In situ凍結解凍処理後前十字靭帯に対する外因性成長因子の効果. 第27回日本臨床バイオメカニクス学会. 2000: 97;  つくば.
  71. 沼崎広法, 安田和則1), 遠山晴一1), 中野秀昭1), 山中雅智1), 菊地臣ー(1) 北海道大学). 初期張力がinterference screw固定を用いた屈筋腱による前十字靭帯再建膝における繰り返し負荷中の力学的挙動に与える効果. 日整会誌. 2000; 74(8): S1632.
  72. 沼崎広法, 安田和則1), 遠山暗ー1), 青木喜満1), 三浪明男1), 菊地臣ー(1) 北海道大学). 高位脛骨骨切り術術後における人工膝関節置換術の問題点. 東日本整形災害外科学会雑誌 . 2000; 12(3): 274.
  73. 沼崎広法, 安田和則1), 遠山暗ー1), 酒井俊彦1)(1) 北海道大学). In situ凍結解凍処理後前十字靭帯の力学的特性に対する外因性成長因子の効果. 第14回北海道整形外科基礎研究会. 2000; 札幌.
  74. 福島智嗣1),  土井一輝1), 川上不二夫1), 藤 真太郎1), 藤井裕之1), 江尻荘一(1) 小郡第一総合病院). 遊離複合組織移植術後の血行合併症に影響を及ぼす因子. 日整会誌. 2000; 74(2): 516.
  75. 藤井裕之1), 土井一輝1), 川上不二夫1), 藤 真太郎1), 服部泰典1), 江尻荘一, 福島智嗣1)(1) 小郡第一総合病院). 歩行機能改善のために下腿切断と足底皮弁を行った両側先天性脛骨欠損症の一例. 第33回山口形成外科研究会. 山口医学. 2000; 49(4): 463.
  76. 丸谷雅人, 菊地臣ー, 紺野愼一, 大谷晃司. 馬尾と神経根の機能障害における電気生理学的検討–第1報. 急性圧迫実験. 日整会誌. 2000; 74(8): S1453.
  77. 三澤辰也, 作山洋三1)吉田茂樹1), 菊地秀明(1)県立大野病院). 腰部硬膜嚢腫の1例. 第 回東北整形災害外科学会. 2000. . 東北整災紀要. 2001; 45(1): 154-155.
  78. 茂呂貴知, 菊地臣ー, 紺野愼一. 腰神経叢の解剖学的検討–後腹膜腔鏡視下手術の観点から–. 東日本整災誌. 2000; 12(3): 31.
  79. 矢吹省司, 菊地臣ー, 恩田 啓. 後根神経節のコンパートメント症候群 第3報–Pentoxyfillineによる内圧上昇の予防–. 日整会誌. 2000; 74(8): S1505.
  80. 矢吹省司, 菊地臣一, 丹治 ー1), MYERS R Robert2)(1) みなみクリニック, 2) Univ. California). 後根神経節のコンパートメン卜症候群 第2報–脊柱管狭窄における実験的・臨床的検討. 日整会誌. 2000; 74(3): S713.
  81. 矢吹省司, 菊地臣一. 脊髄後根神経節のコンパートメント症候群–自己椎間板髄核設置による実験的研究. 第10回日本病態生理学会. 2000; 福島.
  82. 矢吹省司, 菊地臣ー. 脊椎空洞症を有するキアリ奇形に対する手術–再手術で硬膜形成術を行い空洞の縮小が認められた1例–. 第33回脊椎外科同好会. 2000; 長野.
  83. 矢吹省司, 菊地臣ー. 後頭骨–頚椎固定術における術中・術後早期の合併症. 第35回日本パラプレジア医学会. 2000; 名古屋
  84. 矢吹省司, 菊地臣ー, 五十嵐 環. 神経根への急性圧迫と椎間板髄核設置の影響–下肢血流の変化–.日本脊椎外科学会雑誌. 2000; 11(1): 137. 
  85. 宮本保久1), 増子博文1), 丹羽真一1), 佐藤勝彦, 菊地臣一(1) 神経精神医学). 脊椎退行性疾患にの身体症状に影響する精神医学的問題の検討. 第48回日本心身医学会東北地方会. 心身医学. 2000; 40(2): 490.
  86. 山内一矢, 川前恵一1), 菊地秀明, 五十嵐 章(1) 星総合病院). バイオペックス®を使用した母趾基節骨々折の1例. 第1回福島骨ペースト研究会. 2000; 福島.
  87. 山口 研, 吉田仁郎1), 菊地臣一, 佐藤勝彦(1) リハビリテーション研究所). 脊髄腫瘍に伴う脊柱再建術に感染を合併した1例–Instrument抜去後の腰仙椎柱リモデリング–. 東北整災紀要. 2000; 44 (2): 264-265.
  88. 山口 研, 関 修弘1)(1) いわき市立総合磐域共立病院). 正中神経反回枝が主病変と考えられた1例. 第96回東北整形災害外科学会. 2000; 秋田.
  89. 山田 仁, 菊地臣ー, 田地野崇宏, 武田 明. 神経鞘腫症に同時性重複癌(脂肪肉腫, 胃癌)を合併した1例. 日整会誌. 2000; 74(6): S1267.
  90. 山田 仁, 田地野崇宏, 武田 明, 小田島 肇1), 渡邉一男2)(1) 第一病理学, 2) 病理部). 右尺骨腫瘍の一例. 第7回東北地区骨軟部腫蕩研究会; 2000; 福島.

シンポジウム

  1. 菊地臣一. Failed Back Syndromeに対する手術適応と手術法の選択–病態の画像診断と手術適応–. 第73回日本整形外科学会学術集会 シンポジウム; 神戸. 日整会誌. 2000; 74(3): S566.
  2. 菊地臣一. 整形外科医の立場から. 第29回日本慢性疼痛学会 シンポジウム; 2000; 東京.
  3. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の病態と診断–1. 第73回日本整形外科学会学術集会 シンポジウム; 神戸. 日整会誌. 2000; 74(3): S814.
  4. 紺野愼一, 菊地臣ー. 筋肉からみた検討. 第10回日本病態生理学会 シンポジウム; 2000; 福島.
  5. 佐藤勝彦. これからの医療–21世紀が求める整形外科医療をどう築くか–. より効果的な腰部疾患の治療. パネルディスカッション. 日整会誌. 2000; 74(3): S629.
  6. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 大谷晃司. 3. 腰椎椎間板ヘルニア,腰仙椎部椎間板ヘルニアの手術成績関与因子–術後10年以上経過例での検討–. 第29回日本脊椎外科学会 シンポジウム; 名古屋. 日本脊椎外科学会雑誌. 2000; 11(1): 284.
  7. 佐藤直人, 菊地臣ー, 佐藤勝彦. ナチュラルキラー細胞活性の測定によるストレス定量化の試み–chromium Release Assay とFlowcytometric Assay との対比–. 第8回日本腰痛学会 シンポジウム. 2000; 35: 東京.
  8. 高橋直人, 菊地臣一, 紺野愼一. 多椎間椎弓切除後における馬尾の経時的変化-組織学的検討一. 第15 回日本整形外科学会基礎学術集会 ワークショップ; 京都. 日整会誌. 2000; 74(8): S1674.
  9. 田地野崇宏. 福島県の移植の現状9. 整形外科領域骨移植. 第1回福島移植フォーラム シンポジウム. 福島医誌. 2000; 50(3): 233-234.
  10. 中山広明1), 菊地臣一, 青田恵郎(1) 総合南東北病院). 人工股関節全置換術を施行したPseudoachondroplasiaの1例. 第12回日本整形外科学会骨系統疾患研究会 パネルディスカッション; 千葉. 日整会誌. 2000; 74(10): 514.
  11. 矢吹省司, 菊地臣一. 肩こりを有する症例における腰痛の合併–看護婦へのアンケート結果から–. 第8回日本腰痛学会 パネルディスカッション; 2000; 東京.

 

特別講演

  • 大谷晃司. エピドロスコピーの可能性について. 第30回埼玉麻酔研究会 特別講演. 2000; 大宮.
  • 菊地臣ー. 腰痛の診断と治療. 日本ペインクリニック学会第34回大会 特別講演. 2000; 東京. 日本ペインクリニック学会誌第34回大会号. 2000; 7(3): 188.
  • 菊地臣一. 腰痛-その不可思議なるもの. 第1回秋田疼痛研究会 特別講演. 2000; 秋田.
  • 菊地臣一. 頚椎損傷と腰痛治療に対する新しい流れ–Evidence-based medicineの概念から–. 第23回獨整会公開学術講演会 教育研修講演. 2000; 宇都宮.
  • 菊地臣ー. 明日の整形外科医療を考える. 福島整形外科国際シンポジウム 教育研修講演. 2000; 福島.
  • 菊地臣一. 根拠に基づく医療の概念と理学療法について. 福島県理学療法士会研修会 特別講演. 2000; 郡山.
  • 菊地臣ー. 腰痛一診察と画像からの病態診断と保存療法の実際. 久光製薬モーラス発売5周年記念講演会 特別講演; 2000; 札幌.
  • 菊地臣一. これまでの整形外科これからの整形外科–国民が我々に求めるもの–. 国立郡山病院講演 特別講演. 2000; 郡山.
  • 菊地臣一. 頚椎損傷と腰痛治療に対する新しい流れ–Evidence-based medicineの概念から–. 第2回日本整形外科勤務医会 群馬支部研修会 教育研修講演. 2000; 前橋.
  • 菊地臣ー. 頚椎損傷と腰痛治療に対する新しい流れ–E. B. M. (Evideoce-based-medicine) の概念から. 理学療法特別研修会 特別講演. 2000; 福島. 
  • 菊地臣一. 腰痛をめぐる常識のウソ–作業関連腰痛を中心に–. 第1回産業保健研修会 特別講演. 2000; 富山.
  • 菊地臣ー. 腰下肢痛の診断と治療のEBM. 第28回四国整形外科医会研修会 特別講演; 2000; 松山.
  • 菊地臣ー. 頚椎損傷と腰痛治療に対する新しい流れ–E. B. M. の概念から–. 島根県医師会生涯教育講座認定 島根脊椎研究会学術講演会 教育研修講演. 2000; 松江.
  • 菊地臣ー. 脊椎疾患における病態と治療. 大正製薬MR勉強会 特別講演. 2000; 東京.
  • 菊地臣一. 頚椎損傷と腰痛治療に対する新しい流れ–Evidence-baced medicineの概念から. 第12 回徳島脊椎外科カンファレンス 教育研修講演. 2000; 徳島.
  • 菊地臣ー. 腰痛をめぐる常識のウソ. 第1回城東整形外科医会教育研修講演. 2000; 東京.
  • 佐藤勝彦. 腰部疾患のサイエンスとアート. 第11回安比夏季セミナー 教育研修講演. 2000; 安比.
  • 佐藤勝彦. 慢性腰痛の診断と治療の実際. 福島県臨床整形外科医会 教育研修講演. 2000; 郡山.
  • 佐藤勝彦. 疼痛疾患のマネージメント–慢性痔痛にならないために–. 福島県整骨師会. 2000; 福島.
  • 佐藤勝彦. 腰痛のメカニズムと最新治療. 第16回双葉厚生病院「公開講座」. 2000; 双葉町.

その他

  • 菊地臣一(座長). 討論II. 保存療法の意義. 手術適応とその実際. 成績と落とし穴3. 腰椎変性すべり症. 第10回腰痛シンポジウム 腰椎すべり症治療の最近の進歩 講演記録集. 2000; 105-114.
  • 菊地臣一(座長). 討論 痛みの基礎. 第11回腰痛シンポジウム 腰痛のメカニズム-より良い治療対策を目指して- 講演記録集. 2000; 37-43.
  • 菊地臣一. 整形外科]最新の展望腰痛症に対する最近の治療動向.第一製薬株式会社; 2000 08.
  • 紺野慎一, 菊地臣一. 脊椎変性疾患の疫学調査及び治療方法に関する研究. 厚生省長寿科学総合研究事業 高齢者の骨・関節疾患の予防・治療法の開発と終痛緩和対策に関する研究. 平成12年度第1回班会議; 2000; 福岡.

学会賞等の受賞

  • 第11回国際腰椎学会 日本支部奨励賞:
    Prevention of compartment syndrome in dorsarl root ganglia caused by exposure to nucleus pulposus
    矢吹省司
  • 7th Annual Meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine Volvo賞:
    Exposure THN α mimics nucleus pulposus induced neuropathology: molecular, histologic, and behavioral comparisons in rats.
    五十嵐 環
  • 54回日本神経化学会 優秀ポスター賞:
    Transcriptional activity of gliosisi-specificic transcription facor, OASIS, taht belong to the CREB/ATF family.
    二階堂琢也 
  • 日本整形外科学会 AAOS International Educational Exchange Program Travelling Fellow賞:
    大谷晃司

諸研究費補助金研究課題

  • 日本学術振興会 基盤研究(C):馬尾慢性圧迫における代償性新生血管–画像的分子生物学的検討–:紺野愼一, 菊地臣一
  • 日本学術振興会 基盤研究(C):神経根性疼痛発現におけるTumor Necrosis Factorの役割:矢吹省司, 菊地臣一
  • 日本学術振興会 症例研究:アジュバント関節炎の関節破壊過程における破骨細胞分化誘導因子の検討:青田恵郎
  • 厚生労働省 長寿科学総合研究事業:高齢者の骨・関節疾患の予防・治療法の開発と疼痛緩和対策に関する研究:脊椎変性疾患の疫学調査及び治療方法に関する研究:菊地臣一, 紺野愼一

その他

  • 大谷晃司. 高齢者の骨折予防について. 広報たじま. 2000; 556, 11.
  • 大谷晃司. 新米脊椎外科医の独り言. 日本脊椎外科学会だより(日本脊椎外科学会広報委員会編)2000; 18: 8-9.
  • 菊地臣ー. 老化で起こる頚椎の病気(頚部脊椎症・頚椎後縦靭帯骨化症・頚椎椎間板ヘルニア). NHKきょうの健康. 2000; 6月号: 102-111.
  • 菊地臣一. 老化で起こる腰椎の病気. NHKきょうの健康. 2000; 10月号: 108-117.
  • 菊地臣一. 書評 ペインクリニック–神経ブロック法・第2版. 週刊医学界新聞. 2000; 2402(平成12年9月4日): 7.
  • 菊地臣一. <委員会報告>日本整形外科学会産業医委員会からのアンケート結果について. 日整会誌. 2000; 74(7): 264-268.
  • 菊地臣一. 望ましい診断・評価基準とは?–診断・評価等基準委員会からの提言–. 日整会広報室ニュース. 2000; 43(平成12年9月25日): 5.
  • 菊地臣一, 伊藤達雄1), 熊野 潔2), 白井康正3), 都築暢之4), 花井謙次5), 見松健太郎6), 山浦伊裟吉7), 米延策雄8), 大谷 清9)(1)東京女子医科大学, 2)高知医科大学, 3)日本医科大学, 4)埼玉医科大学, 5)名古屋市立守山病院, 6)吉田整形外科病院, 7)九段坂病院, 8)大阪大学, 9)国立療養所村山病院). 社会保険等委員会:手術に関する保険診療報酬の調査報告書. 日本脊椎外科学会誌. 2000; 11(2): 511-515.
  • 菊地臣ー, 米延策雄1).(司会)戸山芳昭2).(1) 大阪大学, 2) 慶應義塾大学). 脊椎脊髄外科の現況と将来(21世紀に向けて)(ビデオ). ラジオたんぱ医学特別番組「明日の治療指針」2000 8月.
  • 菊地臣一. 書評 ペインクリニック-神経ブロック法・第2版. 臨整外. 2000; 35(8): 887.
  • 紺野慎一, 菊地臣ー. なぜ腰痛が起こるか [発症機序と原因]. 毎日ライフ. 2000; 2月号: 45-47.
  • 佐藤勝彦. 来世紀の脊椎外科について思うこと. 日本脊椎外科学会だより(日本脊椎外科学会広報委員会編). 2000; 18: 5.
  • 三井石根1), 菊地臣一. (1) 三井メデイカルクリニック). 二人論客 宇宙医学からのspin off(スピンオフ)–技術波及がもたらす未来. 新薬と治療. 2000; 8-9月号. 50(4); 32-36.

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01