1999(平成11)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. OTANI Koji, ARAI Itaru, MAO Guang Ping, KONNO Shin-ichi, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Nucleus pulposus-induced nerve root injury: relation ship between blood flow and motor nerve conduction velocity. Neurosurgery. 1999; 45: 614-620. PMID:10493381
  2. SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi, YONEZAWA Takumi1)(1) Osaka Medical Univ.). In vivo intradiscal pressure measurement in healthy individuals and in the patients with ongoing back problems. Spine. 1999; 24(23): 2468-2474. PMID:10626309
  3. SATOH Koichiro, KONNO Shin-ich, NISHIYAMA Keiji1), OLMARKER Kjell2), KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Anatomy, 2) Univ. Gothenburg). Presence and distribution of antigen-antibody complexes in the herniated nucleus pulposus. Spine, 1999; 24(19): 1980-1984. PMID:10528371
  4. SKOUEN J Sture1), BRISBY Helena2), OTANI Koji, OLMARKER Kjell2), ROSENGREN L1), RYDEVIK Björn2), (1) Univ. Bergen, 2) Univ. Gotehnburg). Protein markers in cerebrospinal fluid in experimental nerve root injury. Spine. 1999; 24(21): 2195-2200. PMID:10562983 
  5. YABUKI Shyoji, KIKUCHI Shin-ichi. MIDORIKAWA Hirofumi1), HOSHINO Shun-ichi1)(1) Dept. Cardiovascular Surgery). Vascular backache and consideration of its pathomechanism. Report of two cases. J Spinal Disord. 1999; 12(2): 162-167. PMID:10229533

総説等

  1. YABUKI Shoji. Basic and update knowlegde of intervertebral disc herniation. Review. Fukushima J Med Sci. 1999; 45(2): 63-75. PMID:11039604

症例報告

  1. YABUKI Shyoji, KIKUCHI Shin-ichi. Dorsal compartment syndrome of the forearm. A case report. Clin Orthop. 1999; 366: 107-109. PMID:10627724

 

日本語論文

原 著

  1. 菊地忠志, 菊地臣一, 吉田仁郎. ACL 再建術で移植腱の固定に用いられるポリエステル系の力学的特性. Mechanicalproperties of polyester sutures used for graft fixation in ACL reconstruction. 東京膝関節学会会誌. 1999; 20: 13-16.
  2. 菊地忠志, 菊地臣一. EndoButtonを用いたACL再建術で移植権の固定に使用される各種ポリエステルテープの力学的特性. 膝. 1999; 24: 17-20.
  3. 紺野愼一, 菊地臣一. 脊椎骨折に対する内視鏡手術–胸膜縦移行部脊椎破裂骨折に対する各種アプローチの適応. 臨整外. 1999; 34(12): 1449-1454.
  4. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 米澤卓実1)(1) 大阪医科大学). 【脊椎外科最近の進歩】姿勢による椎間板内圧の変化–ヘルニアを伴う椎間板と健常椎間板との比較–. 臨整外. 1999; 34(4): 543-548.
  5. 佐藤勝彦, 菊地臣ー, 増子博文1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 脊椎・脊髄疾患に対するリエゾン精神医学的アプローチ(第1報)–脊推退行性疾患の身体症状に影響する精神医学的問題の検討–. 臨整外. 1999; 34(12): 1499-1502.
  6. 西堀錆広, 佐藤伸一1)(1) 総合保原中央病院). 鎖骨遠位端骨折に対する鎖骨バンドと弾性包帯を使用した保存的治療法. 関節外科. 1999; 18: 1206-1210.
  7. 矢吹省司, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎破裂骨折に対する鏡視下手術–われわれの方法の実際と従来法との比較および問題点の検討–. 整形外科. 1999; 50(4): 423-428.
  8. 吉田仁郎, 菊地臣ー. 膝前十字靭帯損傷症例に対する筋動作学的検討. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 1999; 19(3): 64-69.
  9. 吉田仁郎, 菊地臣一. 肩関節鏡視下手術l時における三角筋筋区画内圧の検討. 整形外科. 1999; 50(12): 1502-1505.

総説等

  1. 大谷晃司, 菊地臣一. 四肢コンパートメント症候群. 綜合臨床. 1999; 48(6), 1619~ 1621.
  2. 菊地臣一. 頚椎損傷と腰痛治療に対する新しい流れ–Evidence-based medicineの概念から–. JAMA日本語版. 1999; 6: 53-56.
  3. 菊地臣ー. スポーツ医学とevidence-based medicine. 臨床スポーツ医学. 1999; 16(2), 204-205.
  4. 菊地臣一. 整形外科と運動療法 運動療法と学問的評価. 臨整外. 1999; 34(6), 729-732.
  5. 菊地臣一. 診断の指針・治療の指針 慢性腰痛をめぐる常識のうそ. 綜合臨床. 1999; 48(9): 2241-2242.
  6. 近内泰伸, 木村雅史1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). スポーツにおける損傷とその治療. マニプレーション. 1999; 14(3): 29-34.
  7. 紺野愼一, 菊地臣ー.【頚・背・腰痛の神経ブロック療法】頚部選択的神経根ブロック. 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 1999; 12: 14-17.
  8. 紺野愼一, 菊地臣一. 【高齢者に起こりやすい疾患の治療】腰痛. Medicament News. 1999; 1619: 13-14.
  9. 紺野愼一.【機能解剖Basic 脊柱・脊髄編】外傷に対する看護, いわゆるむちうち損傷に対する看護のポイント. SEIKEI-GEKA KANGO. 1999; 99年秋季増刊: 176-181
  10. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 【仙腸関節の病態 外傷からSNSAまで】腸骨硬化性骨炎と仙腸関節. 関節外科. 1999; 18(5): 49-52.
  11. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 【馬尾性間欠跛行の病態】馬尾性間欠跛行の分類. 骨・関節・靭帯. 1999; 12(4), 371-375.
  12. 佐藤勝彦. 神経根と痛み. 日整会誌. 1999; 73(5), 195-202.
  13. 佐藤勝彦. 【頚・背・腰痛の神経ブロック療法】腰部交感神経節ブロック. 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 1999; 12: 51-55.
  14. 佐藤勝彦. 【機能解剖Basic 脊柱・脊髄編】退行性脊惟疾患に対する看護のポイント. SEIKEI-GEKA KANGO. 1999; 99年秋季増刊: 121-151.
  15. 関口美穂, 菊地臣一, 田地野崇宏, 福田剛明1), 渡邊一男2), 鈴木利光1)(1) 第二病理学, 2) 病理部).  骨・軟部腫瘍:発生頻度, p53 の変異, 増殖因子および腫瘍細胞マーカーに関する研究. 福島医誌. 1999; 49(2): 85-99.
  16. 関口美穂, 菊地臣一, 田地野崇宏, 福田剛明1), 渡邊一男2), 鈴木利光1)(1) 第二病理学, 2) 病理部).  骨・軟部腫瘍における染色体・遺伝子異常. 福島医誌. 1999; 49(4): 209-224.
  17. 矢吹省司, 菊地臣一. 【腰痛と下肢痛のMRI】腰痛と下肢痛の臨床. 画像診断. 1999; 19(8): 842-852.

症例報告

  1. 五十嵐 章, 関 修弘1)木田 浩1)山口 栄1), 相澤利武1), 佐藤心一1), 田中 稔1), 檜森 興1), 藤沢基之1), 峯田光能1), 田畑四郎1)(1)総合磐城共立病院). 腰椎椎間孔外部における神経根障害の1例東北整災紀要. 1999; 43(2): 195-197.
  2. 恩田 啓, 横村伸夫1), 舟山正和1)(1) 原町市立病院)). 両側円板状半月板の2症例. 東北整災紀要. 1999; 43(2): 70-73.
  3. 恩田 啓, 横村伸夫1), 舟山正和1)(1) 原町市立病院)). 治療に難渋した人咬創の1例. 東北整災紀要. 1999; 43(2): 260-263.
  4. 佐藤直人, 斎藤 昭1)(1) 公立相馬総合病院). 稀な上腕骨滑車単独骨折の1例. 臨整外. 1999; 34(9): 1143-1145.
  5. 高橋一朗, 齋藤 昭1), 恩田 啓, 笹島功一2)(1) 公立相馬総合病院, 2) 渡辺病院). 膝蓋腱皮下断裂の2例. 東北整災紀要. 1999; 43(2): 287.
  6. 茂呂貴知, 鈴木幹夫, 長久保淳子. 軽自動車の交通事故による両下肢骨折4例の検討. 福島県農村医学会雑誌, 1999; 41(1) : 39-42.
  7. 矢吹省司, 菊地臣一, 緑川博文1), 星野俊一1)(1) 心臓血管外科学). 血管性腰痛 3例報告とその病態の考察. 日本腰痛研究会雑誌. 1999; 5(1): 61-66. 

著書・訳書

  1. 越智隆弘1), 菊地臣一編著(1) 大阪大学). NEW MOOK 整形外科6 頚椎症. 東京: 金原出版. 第1版. 1999.
  2. 越智隆弘1), 菊地臣一編著(1) 大阪大学). NEW MOOK 整形外科7 膝の外科. 東京: 金原出版. 第1版. 1999.
  3. 越智隆弘1), 菊地臣一, 龍 順之助2)編集委員(1) 大阪大学, 2) 日本大学). 整形外科外来シリーズ10 肩の外来. 越智隆弘, 信原克哉編. 東京: メジカルビュ一社. 1999.
  4. 越智隆弘1), 菊地臣一, 龍 順之助2)編集委員(1) 大阪大学, 2) 日本大学). 整形外科外来シリーズ11 足の外来. 越智隆弘編. 東京: メジカルビュ一社. 1999.
  5. 岩渕真澄, 菊地臣ー. 筋骨格系・結合組織系障害患者の訪問看護. In: 福地総逸他編. 訪問看護実践マニュアル. 大阪: 医薬ジャーナル社. 1999; p.312-331.
  6. 菊地臣ー. 胸椎,腰椎機能解剖. p. 424-425,胸椎, 腰椎. 胸椎, 腰椎の疾患. 脊椎・脊髄の奇形と形成異常. p. 425-427, 胸椎, 腰椎. 胸椎, 腰維の疾患. 脊柱変形. p. 427-436), 胸椎, 腰椎. 胸椎, 腰維の疾患. 脊椎の炎症性疾患. p. 436-439, 胸椎, 腰稚. 胸椎, 腰椎の疾患. 脊椎・脊髄腫蕩. p. 459-465,  In: 石井清一他編. 標準整形外科学. 第7版. 東京: 医学書院. 1999. 
  7. 菊地臣一. むち打ち損傷の診断と治療. In: 越智隆弘, 菊地臣一編. NEW MOOK 整形外科6 頚推症. 東京: 金原出版. 第1版. 1999; p.327-329.
  8. 菊地臣一編著. SEIKElGEKA KANGO(整形外科看護)99年秋季増刊 機能解剖. Basic I 脊柱・脊髄編. 大阪: メディカ出版. 1999.
  9. 菊地臣ー, 蓮江光男1)(1) 帝都高速度交通営団保健医療センター). 硬膜外造影法,腰椎椎間関節造影法. 選択的神経板造影法. In: 辻 陽雄,高橋栄明編. 整形外科診断学. 改訂第3版. 東京: 金原出版. 1999; p.640-650.
  10. 菊地臣ー. 腰椎変形性脊椎症(脊柱管狭窄症を含む). In: 多須賀幸男, 尾形悦郎編. 今日の治療指針 私はこう治療している. 東京: 医学書院. 1999; p.648-649.
  11. 菊地臣ー. 腰椎変形性脊椎症(脊柱管狭窄症を含む). In: 多須賀幸男, 尾形悦郎編. 今日の治療指針 私はこう治療している(ポケット判), 東京: 医学書院. 1999; p.648-649.
  12. 紺野愼一, 菊地臣ー. 5. 診断B. 補助診断法のチェックポイント. In: 河合伸也編. 整形外科:痛みへのアプローチ 頚部の痛み. 東京: 南江堂. 1999; p.77-93..
  13. 紺野慎一, 菊地臣ー. ブロック療法. In: 越智隆弘, 菊地臣一編. NEW MOOK 整形外科6 頚椎症. 東京: 金原出版. 第1版. 1999; p109-116.
  14. 紺野愼一, 菊地臣ー. 腰・仙惟部の疾患・外傷 イントロダクション:腰痛, 下肢痛のとらえ方. In: 平澤泰介他編. 整形外科最新の治療. 東京: 南江堂. 1999; p.333-338.
  15. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰痛のメカニズム. In: 黒川高秀編. からだの科学. No.206. 腰痛. 東京: 日本評論社. 1999; p.25-28.
  16. 佐藤勝彦. 神経根造影. In: 福田国彦編. 伝えていきたい局所造影検査の手技. 東京: メジカlレビュ一社. 1999; p.50-55.
  17. 佐藤勝彦. 神経根造影・ブロック. In: NEW MOOK 越智隆弘, 菊地臣一編. 整形外科6 頚椎症. 東京: 金原出版. 第1版. 1999; p.60-67.
  18. 矢吹省司, 菊地臣一. 臨床解剖. In: 越智隆弘, 菊地臣一編. NEW MOOK 整形外科6 頚椎症. 東京: 金原出版. 第1版. 1999; p1-10.
  19. 渡辺栄一, 菊地臣一. Graf Systemの適応と限界. In: 第9回腰痛シンポジウム. 腰椎不安定性と固定術の意義. 東京: エーザイ株式会社. 1999; p.29-40.
  20. 渡辺栄ー1), 菊地臣ー(1) 総合南東北病院). 頚部脊髄症に対する負荷試験の診断価値. In: 越智隆弘, 菊地臣一編. NEW MOOK 整形外科6 頚維症. 東京: 金原出版. 第1版. 1999; p.320-326.

 

研究報告

  • 菊地臣一. 椎間板ヘルニアの実験的研究ー各種薬剤の治療効果の検討一. In: 花田和紀他編. 上原記念生命科学財団研究報告集vol.13. 東京: 財団法人上原記念生命科学財団. 1999; p.286-287.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. AOKI Yoshihito, RYDEVIK Bjorn1), OLMARKER Kjell1), (1) Univ. Gothenburg)Local application of disk-related cytokines on spinal nerve roots. E. Spine J. 1999; 8: S1, S22.
  2. NIKAIDO Takuya , YOKOYA Sachihiko1), MORI Tetsuji1), KANAZAWA Ken-ya1), TAKEDA Junko1), HONMA Yutaka1), TANNO Yoshihiro1), TAKEUCHI Mayumi1), KIKUCHI Shin-ichi, WANAKA Akio1)(1) Dept. Cell Science), Expression of a novel member of CREB/ATF family , OASIS, inthespinal cord injury model. NEUROSCIENCE RESEARCH SUPPLEMENT. 1999; 23: S323.
  3. OTANI Koji, ARAI Itaru, MAO Guang-Ping, KONNO Shin-ichi, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Nucleus pulposus induced nerve root injury; relationship between blood flow and nerve conduction velocity. ORTHOPEDIC TRANSACTIONS, 1998-1999; 22(2): 548-549.
  4. OTANI Koji, MAO Guang-Ping, ARAI Itaru, KONNO Shin-ichi, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi (1) Univ. Gothenburg). Nucleus pulposus induced increase in vascular permeability in the nerve root. ORTHOPAEDIC TRANSACTIONS. 1998-1999; 22(2): 549.
  5. ARAI Itaru, OTANI Koji, KONNO Shin-ichi, MAO Guang-Ping, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Indomethacin blocks the nucleus pulposus induced changes in nerve conduction and nerve blood flow in experimental disc herniation. ORTHOPEDIC TRANSACTIONS. 1998-1999; 22(2): 575~576. 
  6. KONNO Shin-ichi, ARAI Itaru,  OTANI Koji, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Cyclosporin blocks the nucleu spulposus-induced nerve root Injury in experimental disc herniation. ORTHOPEDIC TRANSACTIONS. 1998-1999; 22(2): 577-578.
  7. OTANI Koji, ARAI Itaru, MAO Guang-Ping, KONNO Shin-ichi, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg ). An experimental model of lumbar disk herniation. ORTHOPAEDIC TRANSACTIONS. 1998-1999; 22(3): 694.
  8. OTANI Koji, ARAI ltaru, MAO Guang-Ping, KONNO Shin-ichi, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Nucleus pulposus-induced nerve root dysfunction-the time related change of ncv, blood flow and vascular permeability in the nerve root. ORTHOPAEDIC TRANSACTIONS. 1998-1999; 22(3): 863.
  9. SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi, YONEZAWA Takumi1)(1) Osaka Medical Univ.). In vivo intradiscal pressure measurement in normal lumbar discs of the human. ORTHOPAEDIC TRANSACTIONS. 1998-1999; 22(3): 972.
  10. OTANI Koji, SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi. Epidural inflammation caused by nucleus pulposus may affect the adjacent nerve root-enhanced mri findings of the patient with lumbar disc herniation. ORTHOPAEDIC TRANSACTIONS. 1998-1999; 22(4): 1212-1213.
  11. OTANI Koji, MIYABAYASHI Hirosh1), INOMATA Youichirou1)(1) Saiseikai Fukushima General Hospital). Risk factors of mortality after operatively treated proximal femoral fractures. The 21th Annual Meeting of SICOT. 1999; Sydney, Australia.
  12. OTANI Koji, SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi, OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Nucleus pulposus-induced epidural inflammation may affect an increased vascular permeability in the adjacent nerve root-Experimental and clinical study-. The 45th Annual Meeting, Orthopaedic Research Society. 1999; Anaheim.
  13. SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shin-ichi, YONEZAWA Takumi1)(1) Osaka Medical Univ.). In vivo intradiscal pressure measurement in volunteers and in patients with disc herniation. The 26th annual meeting of the International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999; Hawaii.
  14. KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. The therapeutic effects of nerve root infiltration for lumbar canal stenosis. The 26th annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999; Hawaii.
  15. YABUKI Shoji, IGARASHI Tamaki, KIKUCHI Shin-ichi. Application of nucleus pulposus to the nerve root simultaneously reduces blood flow in dorsal root ganglion and corresponding hind pawin the rat. The 26th annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999; Hawaii.
  16. IWABUCHI Masumi, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi, ARAI Itaru, AOKI Yoshihito, OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Cilostazol, an antithrombotic drug, blocks experimental nucleus pulposus-induced nerve root injury. The 26th annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999; Hawaii.
  17. IGARASHI Tamaki, YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Acute effects of nucleus pulposus or compression of the nerve root on blood flow in the rat hindpaw. The 26th annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999; Hawaii.
  18. OTANI Koji, SATO Katsuhiko, KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Epidural presence of nucleus pulposus and clinical symptoms in patients with lumbar disc herniation. The 26th annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999; Hawaii.
  19. ARAI Itaru, KONNO Shin-ichi, OLMARKER KjeII1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). A model for acute, graded compression of the dog single nerve root. 26th annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999; Hawaii.
  20. KAYAMA Satoru, KIKUCHI Shin-ichi, KONNO Shin-ichi. Effects of lumbar spinal instability to cauda equina function-Establishment of a model for lumbar instability in the dog. The 26th annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999; Hawaii.
  21. SATOH Koichiro, KONNO Sin-ichi, NISHIYAMA Keiji1), OLMARKER Kjell2), KIKUCHI Shin-ichi(1) Dept. Anatomy, 2) Univ. Gothenburg). The evidence of IgG binding to the lumbar disc herniatede tissues. The 26th annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 1999: 210A; Hawaii.
  22. KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. A prospective study of surgical treatment of degenerative spondylolisthesis-Acomparison between decompression alone and decompression with stabilization. The 26th annual meeting of International Society of the Study of the Lumbar Spine. 1999;  Hawaii.
  23. TAKEDA Akira, TSUCHIYA Hiroyuki1), MORI Yoshihiko1), TANAKA Shigenori1), TOMITA Katsuro1)(1) Kanazawa Univ.). Anatomical consideration for biopsy of proxymal fibular lesion. The 10th International Symposium on Limb Salvage. 1999; 88: Australia
  24. TSUCHIYA Hiroyuki1), TOMITA Katsuro1), MORI Yoshihiko1), ASADA Naohiro1), TAKAZAWA Koutaro1), MORINAGA Toshio1), KITANO Shinji1), YAMAMOTO Norio1), TAKEDA Akira.(1) Kanazawa Univ.).  Caffeine-potentiated chemotherapy following radiation for high-grade soft tissue sarcoma. The 10th International Symposium on Limb Salvage. 1999; 72: Australia.
  25. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi, IGARASHI Tamaki, MYERS R Robert1)(1) Univ. California). Changes in dorsal root ganglia blood flow and endoneurial fluid pressure following application of nucleus pulposus. Peripheral Nerve Society. 1999; La Jolla, California.

シンポジウム

  1. KIKUCHI Shin-ichi. Video-assisted thoracic spinal surgery-Application to dumbell typed thoracic cord tumor dumbbelled-. The 9th Taiwanese-Japanese Orthopaedic Symposium.1999; Taipei.

 

国内学会

研究発表

  1. 相澤利武1), 田畑四郎1)木田 浩1)山口 栄1), 関 修弘1), 田中 稔1), 佐藤心一1), 檜森 興1), 五十嵐 章, 藤沢基之1), 峯田光能1)(1) 総合磐城共立病院). 腱板滑液包面断裂のMRI診断. 日整会誌. 1999; 73(2): S458.
  2. 青木良仁, 菊地臣ー, RYDEVIK Björn1), OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). 神経障害関子としてのTNF-α–電気生理学的検討–. 日整会誌. 1999; 73(8): S1933.
  3. 朝熊英也, 山内一矢, 村上和也1), 岩田仁男1)(1) 福島赤十字病院). アキレス腿再建術の検討. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 38: 弘前.
  4. 荒井 至, 半場道子1), OLMARKER Kjell2), 菊地臣ー(1) 東京医科歯科大学, 2) Univ. Gothenburg). 髄核が神経根に接触することにより疼痛は発生するか?–脊髄後角におけるc-Fos陽性細胞の免疫組織化学的検討–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1999; 10(1): 108.
  5. 荒 文博, 菊地臣ー, 矢吹省司, 五十嵐 環. 頭蓋頚椎移行部疾患の症状と神経学的所見の特徴. 日本脊稚外科学会雑誌. 1999; 10(1): 57.
  6. 五十嵐 章, 渡辺栄一1), 鹿山 悟(1) 総合南東北病院). 腰部脊柱管内に発生しNeurenteric cyst の1例. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 弘前.
  7. 五十嵐 環, 菊地臣ー, 紺野愼一, 大谷晃司, 青木良仁. 馬尾慢性圧迫モデルに対するlipo-prostaglandin E1の効果. デジタルハイスコープビデオシステムを用いての検討. 日本脊椎外科学会雑誌. 1999; 10(1): 110.
  8. 岩渕真澄, 菊地臣一, 紺野愼一, 荒井 至, 青木良仁. 髄核投与による神経障害モデルに対する抗血小板製剤・cilostazolの効果. 日本脊位外科学会雑誌. 1999; 10(1): 240.
  9. 岩渕真澄, 菊地臣一. イヌ馬尾の血流に対する慢性圧迫の影響. 日本病態生理学会雑誌. 1999; 8(2): 46.
  10. 岩渕真澄, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 化膿性脊椎炎の診断上の問題点. 第32回福島感染症研究会. 1999; 郡山.
  11. 江尻荘一, 土井一輝1), 川上不二夫1), 藤 真太郎1), 藤井裕之1), 服部泰典1), 福島智嗣1)(1) 小郡第一総合病院). 分娩麻痺に対する乳幼児期遊隣筋肉移植術. 第26回日本マイクロサージャリー学会. 1999: 60: 東京. 
  12. 大内一夫, 大崎茂芳1), 東野義之1), 高倉義典1), 田中康仁1), 米自岳史1), 門野邦彦1), 玉井 進1)(1) 奈良県立医科大学). ヒト踵骨における組織の異方性の測定. 日整会誌. 1999; 73(8): S1626.
  13. 大内一夫, 高倉義典1), 田中康仁1), 米国岳史1), 門野邦彦1)(1) 奈良県立医科大学). 診断に難渋した単発性足関節炎. 日本足の外科学会雑誌. 1999; 20(1): S50.
  14. 大谷晃司, 菊地臣ー, 紺野愼一. 馬尾の血流に対する慢性圧迫の影響–digital HI-SCOPEvideo systemによる血流速度の定量化の試み–. 日整会誌. 1999; 73(8): S1765.
  15. 大谷晃司, 菊地臣ー, 佐藤勝彦, 紺野愼一. 脱出髄核の神経根に対する影響(第2報)ー臨床症状の検討一. 日本脊椎外科学会雑誌. 1999; 10(1): 106.
  16. 大谷晃司, 菊地臣ー, 佐藤勝彦. 髄核による実験的神経根障害の検討ー経時的変化一. 日本病態生理学会雑誌. 1999; 8(2): 43.
  17. 大谷晃司, 菊地臣一, 佐藤勝彦. Achondroplasiaによる腰部脊柱管狭窄に対する選択的除圧術–術後10年経過した11例の報告–. 第11回日本整形外科学会骨系統疾患研究会. 1999; 山形.
  18. 大歳憲一, 渡辺栄一1), 渡部 徹1), 鹿山 悟(1) 総合南東北病院). 胸椎変性すべり症の1例. 第93回東北整形災害外科学会; 1999: 18. 仙台.
  19. 小野勝彦, 古川浩三郎1), 見城知巳. 第7頚椎すべりによる脊髄症の1例. (1) 国立福島病院). 第48 回東日本整形災害外科学会. 1999; 391: 横浜.
  20. 小野勝彦, 古川浩三郎1), 見城知巳, 渡辺栄ー2), 鹿山 悟(1) 国立郡山病院, 2) 総合南東北病院). 特発性一過性大腿骨頭萎縮症の2症例. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 69: 弘前. 
  21. 小野勝彦, 古川浩三郎1), 見城知巳, 大藤高志1)(1) 国立郡山病院). 下肢多発性神経鞘腫の1症例. 第6回東北神経病理研究会. 1999; 1: 郡山. 
  22. 小野木 俊, 作山洋三1), 吉田茂樹1), 菊地秀明(1) 県立大野病院). 大腿骨顆上骨折の治療経験. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 弘前. 東北整災紀要. 2000; 44(1):124.
  23. 恩田 啓. 齋藤 昭, 高橋一朗(1) 公立相馬総合病院). 伸筋腱皮下断裂にSauve-Kapandji法を併用した2症例. 第93 回東北整形災害外科学会. 1999; 39: 仙台.
  24. 恩田 啓, 齋藤 昭1), 高橋一朗(1) 公立相馬総合病院). 脊髄損傷に対しインスツルメンテーション手術後にMRSA感染症を罹患した例. 第22回福島脊椎脊髄研究会. 1999; 郡山.
  25. 恩田 啓, 齋藤 昭1), 高橋一朗(1) 公立相馬総合病院). 伸筋腿皮下断裂にSallve-Kapandji法を併用した2症例. 第13回相双地区整形外科医師の会. 1999; 原町. 
  26. 鹿山 悟, 渡辺栄一1), 菊地臣ー, 佐藤勝彦, 紺野愼一(1) 総合南東北病院). キアリ奇形に対する大後頭孔除圧と第1頚椎後弓切除術の手術成綴–Prospective study–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1999; 10(1): 187.
  27. 川上亮一, 渡部 徹1), 渡辺栄一1), 鹿山 悟(1) 総合南東北病院). 頚椎前方除圧固定術後に黄色靭帯石灰化症を呈した一例. 第93回東北笠形災害外科学会. 1999; 仙台.
  28. 川上亮一, 木田 浩1), 関 修弘1)(1) いわき市立総合磐城共立病院). 頚椎前方除圧固定術後に神経根障害を呈した4例. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 弘前.
  29. 菊地臣ー. 腰部疾患に対する運動療法. 日本整形外科学会スポーツ医学会雑誌. 1999; 19(2): 51.
  30. 菊地忠志, 菊地臣ー, 紺野愼一. 局所麻酔による膝鏡視下手術–局所麻酔での酒石酸ブトルファノール併用の有用性–. 日整会誌. 1999; 73(2-3): S941.
  31. 菊地忠志, 菊地臣一, 紺野愼一. ACL再建材料としての膝屈筋腱の力学的特性–繰り返し荷重による伸び–. 日整会誌. 1999; 73(8): S1844.
  32. 菊地忠志, 菊地臣ー, 吉田仁郎. ACL再建術で移植腱の固定に用いられるポリエステル糸の力学的特性. 第20回東京膝関節学会. 1999; 東京.
  33. 菊地忠志, 菊地臣ー. 前十字靱帯再建術で移植腱の固定に用いられる縫合糸とテープの力学的特性. 福島医誌; 1999; 49(4): 245.
  34. 菊地秀明, 作山洋三1)吉田茂樹1), 小野木 俊(1) 大野病院). 同一椎間板に発生した内外側ヘルニアの3例. 第93回東北整形災害外科学会. 1999; 54. . 東北整災紀要1999; 43(2): 325.
  35. 菊地秀明, 持田裕史1)(1) 大原綜合病院). 抜去困難であったFXケーブルの3例. 第94回東北整形災害外科学会. 1999. 弘前.
  36. 木田 浩1), 山口 栄1), 相澤利武1), 関 修弘1), 安永 亨1), 佐藤心一1), 田中 稔1), 檜森 興1), 藤沢基之1), 五十嵐 章, 峯田光能1), 田畑四郎1)(1) 総合磐城共立病院). 変性腰部脊柱管狭窄症(L5部位)の愁訴と狭窄形態. 日整会誌. 1999; 73(2): S366.
  37. 北村拓也, 岩渕真澄, 佐藤勝彦. 第5腰神経根腫瘍により反対側の神経根症状を呈した1例. 第93回東北盤形災害外科学会. 1999; 仙台.
  38. 北村拓也, 岩渕真澄, 佐藤勝彦. Micro Endoscopic Discectomy (MED) system を用いた小侵襲腰椎椎間板ヘルニア摘出術の経験. 福島県農村医学会雑誌. 1999; 42(1): 27.
  39. 近内泰伸, 木村雅史1), 小林保ー1), 若林敏行1), 井上憲司1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 若年者の内側半月板単独損傷の検討. 東日本整形災害外科学会雑誌. 1999; 11(3): 333.v
  40. 紺野愼一, 菊地臣ー, 矢吹省司. 脊椎破裂骨折に対する鏡視下手術の応用. 日整会誌. 1999; 73(2-3): S544.
  41. 紺野愼一, 菊地臣一, 大谷晃司, 荒井 至, 佐藤直人. 腰部脊柱管狭窄に対する選択的除圧術の長期成績–術後10年以上経過例のdisabilityの実体–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1999; 10(1): 263.
  42. 紺野愼一, 菊地臣一. 筋肉からみた検討. 日本病態生理学会雑誌. 1999; 8(2): 27.
  43. 齋藤 昭1), 高橋一朗(1) 公立相馬総合病院). 股関節疾患に対するCT Angiography. 第14 回相双地区整形外科医師の会 . 1999; 原町.
  44. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 増子博文1), 岡野高明1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 脊椎・脊髄疾患に対するリエゾン精神医学的アプローチ(第2報)–整形外科患者における精神医学的問題評価のための簡易質問票(BS-POP)の作成. 日整会誌. 1999; 73(2-3): S115.
  45. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 米澤卓実1)(1) 大阪医科大学). 生体における頚椎椎間板内圧の測定-椎間板内圧に及ぼす牽引の影響. 日整会誌. 1999; 73(8): S1745.
  46. 佐藤勝彦, 菊地臣ー, 紺野愼一, 大谷晃司, 増子博文1), 丹羽真一1)(1) 神経精神医学). 腰仙椎部退行性疾患の長期術後成績関与因子の検討. 日本脊椎外科学会雑誌. 1999; 10(1): 15.
  47. 佐藤勝彦, 菊地臣一. バスケットボール選手の腰下肢痛. 日本整形外科学会スポーツ医学会雑誌. 1999; 19(2): 170.
  48. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 米澤卓実1)(1) 大阪医科大学). 椎間板内圧からみた椎間板変性. 第11回日本経皮的椎間板橋出術研究会. 1999; 東京.
  49. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 米澤卓実1)(1) 大阪医科大学). 椎間板内圧からみた頚椎牽引. 運動療法と物理療法. 1999; 10(3): 263.
  50. 佐篠弘一郎, 菊地臣ー, 紺野愼一, 西山慶治1)(1) 第一解剖学). 腰椎椎間板組織へのIgG抗体沈着の証明. 日整会誌. 1999; 73(8): S1930.
  51. 佐藤直人, 荒井 至, 菊地臣ー. 慢性腰痛に対するコルセット長期装着の影響–第1報. 臨床的・電気生理学的検討–. 日整会誌. 1999; 73(2-3): S853.
  52. 宍戸裕章, 菊地臣ー, 吉田仁郎. 肩関節鏡手術における肩甲上神経損傷–臨床的・解剖学的検討–. 日整会誌. 1999; 73(2-3), S231.
  53. 宍戸裕章, 菊地臣一. 肩関節鏡手術における抗生剤の予防投与の検討–術前1回投与群と術前・術後3日間投与群との対比–. 肩関節鏡. 1999; 24(1): 139.
  54. 宍戸裕章, 菊地臣一. 腱板修復術後に生じた肩関節症の1例. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 弘前.
  55. 宍戸裕章, 菊地臣ー. 肩関節手術における肩甲上神経損傷–解剖学的・臨床的検討–. 福島医誌. 1999; 49(4): 245.
  56. 関口泰史, 横村伸夫1), 藤原正敏1)(1) 原町市立病院). 大腿骨近位部病的骨折を来した悪性リンパ腫の1例. 第93回東北整形災害外科学会. 1999; 仙台.
  57. 関 修弘1)木田 浩1)田畑四郎1), 相澤利武1), 安永 亨1), 千葉武志1), 田中 稔1), 城石達光1), 峯田光能1), 川上亮一 , 田代茂義1)(1) 総合磐城共立病院). 腰部脊柱管狭窄に対する開窓術の長期成績(第2報)–残存障害の分析と成績・満足度関与因子の検討–日整会誌. 1999; 74(3): S890.
  58. 添田哲也, 木村雅史1), 小林保一1), 堀越万理子1), 若林敏行1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 膝前十字靱帯再建術後に生じる骨孔拡大についての検討. 日整会誌. 1999; 72(2): 1044.
  59. 高橋一朗, 齋藤 昭1), 恩田 啓, 笹島 功2)(1) 公立相馬総合病院, 2) 渡辺病院). 膝蓋腱皮下断裂2例. 第93回東北整形災害外科学会. 1999; 33: 仙台.
  60. 高橋一朗, 齋藤 昭1)(1) 公立相馬総合病院). 腰椎黄色靭帯石灰化症の1例. 第94回東北整形災害外科学会.1999; 23: 弘前.
  61. 高橋一朗, 齋藤 昭1), 恩田 啓(1) 公立相馬総合病院). 膝蓋腿皮下断裂の1例. 第13回相双地区整形外科医師の会. 1999; 原町.
  62. 高橋一朗, 齋藤 昭, 恩田 啓1)(1) 公立相馬総合病院). 腰推黄色靭帯石灰化症の1例. 第14回相双地区整形外科医師の会. 1999; 原町.
  63. 高橋直人, 古川浩三郎1), 見城知巳, 大垣 守(1) 国立郡山病院). 大腿骨頚部骨折におけるハンソンピンの治療経験. 第93回東北整形災害外科学会. 1999; 45: 仙台.
  64. 高橋直人, 川前恵一1), 添田哲也1), 竹谷内克彰1)(1) 星総合病院). 腱板不全断裂に対する鏡視下肩峰下除圧術の治療成績. 第94 回東北整形災害外科学会. 1999; 50; 弘前.
  65. 高橋直人, 菊地臣一, 五十嵐 環, 渡辺栄一1)(1) 総合南東北病院). Double crush syndromeの1例-第5腰神経根障害と浅腓骨神経絞扼性障害の合併. 東北整災紀要. 1999; 43(1): 161.
  66. 高橋直人, 古川浩三郎1), 見城知己, 大垣 守1)(1) 国立郡山病院). 頚椎黄色靭帯石灰化症の1例.第9回東北脊椎外科研究会. 1999; 仙台.
  67. 高橋洋子, 上田和毅1)(1) 形成外科学). 褥創治療における遊離植皮術の有用性. 日本褥創学会誌. 1999; 1(1): 62.
  68. 武田 明, 土屋弘行1), 毛利良彦1), 田中重徳1), 田地野崇宏, 菊地臣ー, 富田勝郎1)(1) 金沢大学).  腓骨近位部骨腫瘍の生検術の解剖学的検討. 日整会誌. 1999; 73(6): S1220.
  69. 竹谷内克彰, 川前恵一1), 中山広明, 添田哲也, 高橋直人(1) 星総合病院). 変形性肩鎖関節症に対する鏡視下鎖骨遠位端切除の経験. 第93回東北整形災害外科学会. 1999; 25: 仙台.
  70. 竹谷内克彰, 川前恵一1), 添田哲也, 高橋直人(1) 星総合病院). 肩鎖関節脱臼に対するWolter clavicular plateの使用経験. 第94回東北整形災害外科学会.1999; 48: 弘前.
  71. 田地野崇宏, 菊地臣ー. 術前放射線併用動注化学療法が著効した胸壁脂肪肉腫の1例. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 弘前.
  72. 田島史子, 猪股洋一郎1), 土屋 原(1) 済生会福島総合病院). 踵骨に発生した動脈瘤様骨嚢腫の1 例. 第94回東北整形災害外科学会; 1999; 弘前.
  73. 田中 稔1), 安永 亨1)木田 浩1), 相澤利武1), 関 修弘1), 千葉武志1), 城石達光1), 峯田光能1), 川上亮一, 田代茂義1), 田畑四郎1), 山口 栄1)(1)総合磐城共立病院). 変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術の検討–内側骨皮質温存・離開によるX線学的変化–日整会誌. 1999; 74(2):  S206.
  74. 土屋 原, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 矢吹省司. 頚椎後方骨棘の解剖学的・画像学的検討–単純X線像と解剖による計測の対比–. 東日本整形災害外科学会雑誌. 1999; 11(3): 444.
  75. 土屋 原, 猪股洋一郎1), 皆川英成(1) 済生会福島総合病院). アキレス腱断裂術後再断裂5例の検討. 第93回東北整形災害外科学会. 1999: 75; 仙台.
  76. 寺崎 禎1), 土屋弘行1), 毛利良彦1), 森永敏生1), 武田 明1), 山本憲男1), 野々村昭孝1), 湊 宏1), 冨田勝郎1)(1) 金沢大学). 右大腿部inframmatory myofibroblastictumorの一例. 日整会誌. 1999; 73(6): S1264.
  77. 常磐 総, 鳥越 均, 丸谷雅人. 外腸骨動脈損傷後の下腿潰瘍に対し遊雌広背筋皮弁を要した1症例. 第5回東北マイクロサージャリー懇話会. 1999; 仙台.
  78. 鳥越 均, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 田地野崇宏. 骨盤部悪性骨腫瘍切除後の再建–遊離血管納付き二つ折り腓骨移植術例の検討–. 第26回日本マイクロサージャーリー学会. 1999: 124; 東京.
  79. 二階堂琢也, 菊地臣ー, 森 徹自1), 横屋幸彦1), 和中明生1)(1) 細胞科学). 新規転写調節因子(OA515)の骨発生過程と脊髄損傷モデルにおける発現. 日整会誌. 1999; 73(8): S1919.
  80. 二階堂琢也, 横屋幸彦1), 森 徹自1), 金沢賢也1), 武田順子1),  本間 豊1), 丹野善博1), 竹内真由美1), 菊地臣一,  和中明生1)(1) 細胞科学). 新規CREB/ATFファミリ一転写調節因子OASISの脊髄損傷モデルにおける発現. 第22回日本神経科学大会. 1999; 172: 大阪.
  81. 西田 淳1), 生越 章2), 岡田恭司3), 柿崎 寛4), 田地野崇宏, 羽鳥正仁5), 守田哲郎2), 白石秀夫1), 江原 茂1)(1) 岩手医科大学, 2) 新潟県立がんセンター, 3)秋田大学, 4) 国立弘前病院, 5) 東北大学)筋肉内脂肪腫と筋間脂肪腫の臨床的対比. 日整会誌. 1999; 73(6): S1271.
  82. 沼崎広法, 菊地臣一, 長総義弘. 関節水症を伴う変形性膝関節症の臨床的・基礎的検討-自覚症状と関節内庄の関係-. 第20回東京膝関節学会. 1999: 57; 東京.
  83. 萩野精太, 猪股洋一郎1), 土屋 原1), 田島史子(1) 済生会福島総合病院). Down症候群に合併した股関節脱臼の1例. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 67: 弘前.
  84. 丸谷雅人, 鳥越 均, 常盤 聡1)(1) 原町市立病院). 仙骨部軟部組織欠損に対し遊離広背筋皮弁術による再建を行った1例. 第5回東北マイクロサージャリー研究会. 1999; 仙台.
  85. 皆川英成, 猪股洋一郎1), 大谷晃司, 土屋 原, 宮林 宏1)(1) 済生会福島総合病院). 胸腰椎圧迫骨折の治療成績の検討. 東北整災紀要. 1999; 43: 151.
  86. 宮本保久1), 増子博文1), 丹羽真一1), 佐藤勝彦, 菊地臣ー(1) 神経精神医学). 脊椎退行性疾患の身体症状に影響する精神医学的問題の検討. 日本心身医学会東北地方会. 1999; 弘前.
  87. 毛利良彦1), 土屋弘行1), 高沢宏多郎1), 森永利男1), 山本憲男1), 寺崎 禎1), 武田 明, 富田勝郎1), (1) 金沢大学). 高悪性度軟部肉腫に対するカフェイン併用放射線化学療法の治療成績. 日整会誌. 1999; 73(6): S1358.
  88. 森永敏生1), 土屋弘行1), 毛利良彦1), 上原健治1), 武田 明, 山本憲男1), 寺崎 禎1), 富田勝郎1)(1) 金沢大学). 骨軟部腫瘍に対し四肢切断術を行った症例の検討. 日整会誌. 1999; 73(6): S1352.
  89. 森永敏生1), 土屋弘行1), 毛利良彦1), 上原健治1), 武田 明, 山本憲男1), 寺崎 禎1), 富田勝郎1)(1) 金沢大学). Cisplatin-induced myelopathyの一例. 日整会誌. 1999; 73(6): S1433.
  90. 茂呂貴知, 鈴木幹夫1)(1) 白河厚生総合病院). Riemenbügel法にて治療した先天性股関節脱臼児の予後調査. 第93回東北整形災害外科学会. 1999: 54; 仙台.
  91. 安永 亨, 菊地臣ー. 半月板縫合術後における半月板や軟骨組織の変性組織像とMRI所見による実験的検討. 福島医誌. 1999; 49(2): 106.
  92. 矢吹省司, 菊地臣ー, 紺野愼一. 脊髄砂時計腫に対する鏡視下手術の応用. 日整会誌. 1999; 73(2-3): S269.
  93. 矢吹省司, 菊地臣一, 佐藤喜三郎1),  MYERS R Robert2)(1) みなみクリニック, 2) Univ. California). 後根神経節のコンパートメント症候群. 第1報. 椎間板ヘルニアにおける実験的・臨床的検討. 日整会誌. 1999; 73(2-3): S960.
  94. 矢吹省司, 菊地臣ー, 五十嵐 環. 後根神経節と下肢血流への髄核設置の影響. 日整会誌. 1999; 73(8): S1703.
  95. 矢吹省司, 菊地臣ー, 五十嵐 環. 後根神経節内圧への髄核設置・急性圧迫の影響. 日整会誌. 1999; 73(8): S1825.
  96. 矢吹省司, 菊地臣一. 脊髄後根神経節のコンパートメント症候鮮–自己椎間板髄核設置による実験的研究–. 日本病態生理学会雑誌. 1999; 8(2): 42.
  97. 矢吹省司. 腰部神経根障害に対する画像診断–画像診断の有用性とその限界–(ワークショップ整形外科 特に脊椎に関連した領域). 第18回日本画像医学会. 1999; 東京.
  98. 矢吹省司, 菊地臣一. 腹部交感神経節ブロックの治療効果–腰仙椎部部退行性疾患による馬尾障筈に対する適応–. 第7回日本腰痛研究会. 1999; 名古屋.
  99. 矢吹省司, 菊地臣一, 五十嵐 環. 頭蓋頚椎移行部疾患に対する手術–術中・術後早期合併症とその対策–. 東日本整形災害外科学会雑誌. 1999; 11(3): 385.
  100. 矢吹省司, 佐藤勝彦, 菊地臣一. 頭蓋頚推移行部疾患の手術–術中・術後早期合併症について–. 第23回福島脊椎脊髄疾患研究会. 1999; 福島.
  101. 矢吹省司, 菊地臣一. 腰部神経根障害に対する画像診断–画像診断の有用性とその限界–. 第6回福島MRI研究会. 1999; 福島. 
  102. 矢吹省司, 佐藤勝彦, 紺野慎一, 菊地臣ー. Down症候群に伴うos odontoideum に対する1手術例–多数回手術に至った反省例–. 第32回脊椎外科同好会. 1999; 奈良.
  103. 山田 仁, 菊地臣ー, 八木沼洋行1), 杉浦康夫2)(1) 第一解剖学, 2) 名古屋大学). 脊髄硬膜と後縦靭帯の神経分布–頚椎と腰椎との対比–. 日整会誌. 1999; 73(8): S1673.
  104. 山田 仁, 菊地臣一, 八木沼洋行1), 杉浦康夫2)(1) 第一解剖学, 2) 名古屋大学). 頚部脊髄硬膜と後縦靭帯の神経支配–免疫組織化学二重染色による検討–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1999;10(1):139.
  105. 山田 仁, 中村 武1), 伊左治洋之1), 山内一矢, 佐藤勝彦(1) 舟山病院). 経椎弓根的に切除した腰椎骨腫瘍の一例. 第94回東北整形災害外科学会. 1999; 28: 弘前.
  106. 山田 仁, 田地野崇宏, 武田 明, 北條 洋1)(1) 第一病理学). 仙骨部腫瘍の一例. 第6回東北骨軟部腫蕩研究会. 1999; 17-18: 仙台.
  107. 山田 仁, 菊地臣ー, 八木沼洋行1), 本多たかし1), 杉浦康夫2)(1) 第一解剖学, 2) 名古屋大学). 頚部脊髄硬膜と後縦靭帯の神経支配. 福島医誌. 1999; 49(1): 25.
  108. 吉田仁郎, 菊地臣ー. 膝前十字靭帯損傷症例に対する筋動作学的検討(第2報). 日整会誌. 1999; 73(2-3): S913.
  109. 吉田仁郎, 菊地臣ー. 膝前十字靱帯損傷症例に対する筋動作学的検討(第3報)股関節屈曲角度の違いによる大腿筋の筋力出力の検討. 日本整形外科学会スポーツ医学会雑誌. 1999; 19(2): 103.
  110. 渡辺栄一1), 菊地臣ー(1) 総合南東北病院). 胸部脊髄症に対する歩行負荷試験の意義. 東北整災紀要. 1999; 43(1): 187.
  111. 和中明生1), 二階堂琢也, 森 徹自1), 高木裕美1),  横屋幸彦1), 竹内真由美1), 菊地臣ー(1) 細胞化学研究部門). グリオーシス特異的遺伝子OASISの同定と発現. 日本解剖学会. 第45回東北・北海道連合地方会. 1999; 福島.

シンポジウム

  1. 菊地臣一. 神経性間歇性跛行–整形外科の立場から-. 第15回関東・甲信越MMC 研究会 パネルディスカッション; 1999; 東京.

 

特別講演

  • 菊地臣一. 腰痛診断の落とし穴–誤診例の検討–. 秩田県整形外科医会学術講演会 教育研修講演. 1999; 秋田.
  • 菊地臣ー. 腰痛診断の落とし穴–誤診例の検討–. 神奈川西湖地区整形外科症例検討会 教育研修講演. 1999; 神奈川.
  • 菊地臣ー. 形態学からみた腰仙椎部神経根障害の病態. 第51回慶大整形外科公開セミナー 教育研修講演. 1999; 東京.
  • 菊地臣一. 腰痛症の臨床と画像. 第10回骨軟部放射線研究会 特別講演. 1999; 東京.
  • 菊地臣ー. 腰痛をめぐる常識のウソ. 高知県整形外科医会研修会 教育研修講演. 1999; 高知.
  • 菊地臣ー. 私のリサーチ論–Dr. Macnabから学んだこと–第1回Macnab Memorial Lecture特別講演. 1999; 福島.
  • 菊地臣ー. 腰痛診断の落とし穴–誤診例の検討–. 名古屋市立大学整形外科同門会 教育研修講演. 1999; 名古屋. 
  • 菊地臣ー. 頚椎損傷と腰痛治療に対する新しい流れ–Evidence-based medicineの慨念から–. 第72回日本整形外科学会学術集会 教育研修講演. 1999; 横浜.
  • 菊地臣一. 続・腰痛をめぐる常識の嘘. 理学療法特別研修会 特別講演. 1999; 福島.
  • 菊地臣ー. 腰痛診断と画像. 佐世保整形外科医会 教育研修講演. 1999; 佐世保.
  • 菊地臣一. 腰痛の常識のうそ. 第84回信州整形外科懇談会 教育研修講演. 1999; 長野.
  • 菊地臣一.「腰痛診断の落とし穴」–誤診例の検討–. 第42回東北理学療法研修学会, 第43回東北理学療法大会 特別講演. 1999; 福島.
  • 佐藤勝彦. 腰痛ー最近の話題. 福島県立医科大学医学部同窓会安達支部総会 特別講演. 1999; 二本松.
  • 田地野崇宏. 移植の現状 整形外科領域–骨移植–. 第1回福島移値フォーラム. 1999; 福島.
  • 矢吹省司. 腰推椎間板ヘルニアによる根性坐骨神経痛の病態–脊髄後根神経節のコンパートメン卜症候群–. 第365回福島医学会学術研究集会 特別講演. 1999; 福島.

その他

  • 安斎裕之. 椎間板ヘルニア「痛み」を視覚化 県立医大整形外科が全国初 神経の電位変化, グラフに発生の仕組み探る 電気生理学的アプローチ. 福島民友新聞. 1999;  10月28日.
  • 石名目洋一1), 菊地臣ー, 伊藤達雄2), 清水克時3)(1) 国立埼玉病院, 2) 東京女子医科大学, 3) 岐阜大学). 誌上パネル座談会「脊椎外科の課題一保険診療に関する課題・脳神経外科領妓との諜題一」司会吉沢英造. 日本脊椎外科学会雑誌. 1999; 10(2): 395-418.
  • 菊地臣一. 書評 図解 腰痛学級 第3版 日常生活における自己管理のすすめ(川上俊文著). medecina. 1999; 36(5): 771.
  • 菊地臣ー. N-Gazer (エヌ・ゲイザー)『腰仙部』 出題・解説. N-Gazer (エヌ・ゲイザー), ノバルティスファーマ株式会社. 1999; Vol.1. No.4. 
  • 菊地臣一, 高橋和久1)(取材協力)(1) 千葉大学). 腰部脊柱管狭窄症. NHK きょうの健康. 1999; 7月号: p.135-144.
  • 菊地臣一. EBMと整形外科 日整会広報室ニュース. 1999; 第39号(平成11年9月25日): 6.
  • 菊地臣一. 腰痛に対する対処法. ラジオたんぱ「医学講座J 出演依頼,原稿(日本医師会). 1999;  7月. 
  • 菊地臣ー, 大宮杜喜子. 腰痛に対する対処法(ビデオ)ーラジオたんぱ「特別医学講座」. 1999; 7 月.
  • 菊地臣一. 書評 神経疾患による排尿傷害ハンドブック. 盤形外科. 1999; 50(4): 436.
  • 菊地臣ー. 書評 『EBM実践ワークブックーよりよい治療をめざして』 (名郷直樹著). 整形外科. 1999; 50(6): 640.
  • 菊地臣ー. 特集 コンピュータ支媛で臨床はどう変わるか. 脊椎脊椎ジャーナル. 1999; 12(2): 91.
  • 菊地臣ー. 診断の指針・治療の指針 「慢性腰痛をめぐる常識のうそ」. 綜合臨床. 1999; 48(9): 2241-2242.
  • 菊地臣ー他. 21世紀への医療ルネッサンス「腰痛と付き合う」①-⑧読売新聞記事. 1999;  2/11-2/19.
  • 佐藤勝彦. 教室だより 整形外科学講座. 福島医誌. 1999; 49(6): 136-138.
  • 佐藤勝彦, 紺野慎一他. パネルディスカッション 脊椎マニピュレーションの有効性と危険性. マニピュレーション. 1999; 14(5): 72-79. 

update    2017年5月21日  21:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01