1996(平成 8)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. AOTA Sigeo,  NAKAMURA Toshitaka1), Suzuki K1), TANAKA Y1), OKAZAKI Y1), SEGAWA Y2), MIURA M3), KIKUCHI Sin-ichi(1) Univ. Occupational Environmental Health, 2) Zeria Pharmaceutical Co, Ltd., 3) Mitsubishi Yuka Factory). Effects of indomethacin administration on bone turnover and bone mass in adjuvant-induced arthritis in rats. Calcif Tissue Int.1996; 59: 385-391. PMID:8849406
  2. KAWAGUCHI Yoshiharu1), YABUKI Shoji, STYF Jorma2), OLMARKER KjeIl2), Rydevik Björn2), MATSUI Hisao1), TSUJI Haruo1)(1) Toyama Medical Pharmaceutical Univ., 2) Univ. Gothenburg). Back muscle injury after posterior lumbar spine surgery. Topographic evaluation of intramuscular pressure and blood flow in the porcine back muscle during surgery. Spine. 1996; 21: 2683-2688. PMID:8961456
  3. KAYAMA Satoru, KONNO Shin-ichi, OLMARKER Kjell1), YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Incision of the anulus ficrosus induces nerve root morphologic, vascular and functional changes. Spine. 1996; 21(22): 2539-2543. PMID:8961440 
  4. KIKUCHI Shin-ichi, WATANABE Eiichi, HASUE Mitsuo1)(1) Japanese Red Cross Medical Center). Spinal intermittent claudication due to cervical and thoracic digenerative spine disease. Spine. 1996; 21(3): 313-318. PMID:8742206
  5. KIKUCHI Shini-chi, KONNO Shin-ichi, KAYAMA Satoru, SATO Katsuhiko, OLMARKER Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). Increased resistance to acute compression injury in chronically compressed spinal nerve roots. Spine. 1996; 21(22): 2544-2550. PMID:8961441
  6. KONNO Shin-ichi, KAYAMA Satoru, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Effects of op-1206 (Prostaglandin E1) on nerve-conduction velocity in the dog cauda equina subjected to acute experimental compression. J Spinal Disord. 1996; 9(2): 103-106. PMID:8793775
  7. Schipani E1), Langman CB1), Parfitt AM1), Jensen G1), KIKUCHI Shin-ichi, Kooh SW1), Cole WG1), Juppner H1)(1) Massachusetts General Hospital). Constitutively activated receptors for parathyroid hormone and parathyroid hormone-related peptide in Jansen's metaphyseal chondrodysplasia. New Eng J Med.1996; 355: 708-714. PMID: 8703170
  8. SEKIGUCHI Yasufumi, KONNAI Yasunobu, KIKUCHI Shin-ichi, SUGIURA Yasuo1)(1) Dept. Anatomy). An anatomic study of neuropeptide immunoreactivities in the lumbar dura mater after lumbar sympathectomy. Spine. 1996; 21(8): 925-930. PMID:8726194
  9. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Positions of dorsal root ganglia in the cervical spine. An anatomic and clinical study. Spine. 1996; 21(13): 1513-1517. PMID:8817777 

著書・訳書

  1. KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Pathomechanism of spinal canal stenosis. The therapeutic effects of nerve root infiltration,  Selective spinal angiography, and sympathetic nerve blook. In: ed. Osahiko, Abe et al. World Congress of the International College of Surgeons. Monduzzi Editore Bologna. 1996; p.1309-1313 (分担執筆).

 

日本語論文

原 著

  1. 大谷晃司, 宮林 宏1), 猪股洋一郎1)(1) 済生会福島総合病院). 大腿骨頚部骨折の治療成績ー退院時と退院後の歩行能力一. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1996; 8(4): 438-441.
  2. 鹿山 悟, 紺野愼一, 菊地臣ー. 圧迫下馬尾機能に対するOP-1206・α-CD(Prostaglandin E1誘導体)の効果. 基礎と臨床. 1996; 30(2): 229-236.
  3. 見城知巳, 菊地臣一. 「内側型変形性膝関節症の発生機序について」MRIと関節鏡所見の対比による検討. 東北膝関節研究会会誌. 1996; 6:53-56.
  4. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 胸腰椎移行部における脊髄髄節に関する解剖学的研究. 脊椎脊髄ジャーナル. 1996; 9(12): 947-951.
  5. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 神経根性腰痛(仮称)の検討. 日本腰痛研究会雑誌. 1996; 2(1): 33-39.
  6. 宍戸裕章, 菊地臣ー. 転移性脊椎腫蕩におけるMRIの有用性–骨シンチグラフィーとの対比–. 整形外科. 1996; 47(10): 1302-1305.
  7. 関 修弘. 腰仙椎部椎間孔靭帯(仮称)の解剖学的検討. 福島医誌. 1996; 46(4): 315-329.
  8. 武田浩一郎, 菊地臣ー. MRIによる関節軟骨の描出–摘出大腿骨頭でのMRIと組織像との比較–. 整形外科. 1996; 47(13): 1657-1664.
  9. 田山信敬1), 菊地臣ー(1) 松村総合病院). 手根管症候群の成因に関する検討. 整・災外. 1996; 39: 913-917.
  10. 田山信敬1), 菊地臣一, 横村伸夫2)(1) 松村総合病院, 2) 原町市立病院)手根管症候群(高度筋萎縮例)の手術成績–短母指外転筋針筋電図による検討–. 日本手の外科学会雑誌. 1996; 13 (4): 680-682.
  11. 長総義弘, 菊地臣一, 梅ヶ枝健一1)(1) 梅ヶ枝整形外科医院). 思春期前児童の膝筋力 運動の有無による差異. 日本小児整形外科学会雑誌. 1996; 5(2): 384-387.
  12. 長総義弘, 菊地臣ー. 変形性膝関節症の疫学-肥満度別にみた家族歴の関与-Epidemiology of Knee Osteoarthritis--correlation with family history–. 東京膝関節学会会誌. 1996; 17: 184-187.
  13. 長久保淳子, 猪股洋一郎1), 宮林 宏1)(1) 済生会福島総合病院). 大腿骨近位部骨折手術例の治療成績. 整形外科. 1996; 46(11): 1501-1504.
  14. 安永 亨, 小林 保ー1), 釜谷邦夫1), 飯塚久晴1), 見城知巳, 長谷川 惇2), 菊地臣一, 木村雅史1)(1) 群馬スポーツ医学研究所, 2) 群馬中央総合病院). 後十字靭帯新鮮例に対する保存的修復法の検討. 東京膝関節学会会誌1996: 17: 30-33.
  15. 安永 亨, 菊地臣ー, 木村雅史1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 膝前十字靭帯損傷に対する解剖学的危険因子–大腿骨顆間狭窄についてのcase control study–. 東北膝関節研究会会誌. 1996; 6: 45-48.
  16. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 脊椎疾患に対するヘリカルCTの診断能力. 整形外科. 1996; 47(2): 156-161.
  17. 渡辺栄一, 菊地臣ー. QOLからみた腰仙椎部変性疾患に対する薬物療法の効果. 日本腰痛研究会雑誌1996; 2(1): 54-61.
  18. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 脊椎疾患におけるヘリカルCTの有用性. 福島臨床画像研究会雑誌. 1996; 5: 28-34.

総説等

  1. 菊地臣一. 馬尾・腰仙椎部神経根障害–腰部脊柱管狭窄の病態. 末梢神経. 1996; 7(1): 95-100.
  2. 菊地臣ー. 腰椎変性すべり症の手術 非固定・選択的除圧術をめぐって. 臨整外. 1996; 31(1): 6-12.
  3. 菊地臣一, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄. 日本医事新報ジュニア版. 1996; 350: 3-6.
  4. 菊地臣一. 神経根ブロックの手技. 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 1995: 6(2): 177-182.
  5. 菊地臣一. 外傷歴と退行変性 腰椎椎間板ヘルニア. 日本災害医学会会誌. 1996; 44 (4): 255.
  6. 菊地臣ー. 腰痛をめぐるスポーツ障害の2・3の問題点. 九州スポーツ医・科学会誌別冊. 1996; 8: 1-6.
  7. 菊地臣ー. 神経性間欠跛行の病態と治療. 第87回中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 1996; 39: 24.
  8. 紺野愼一, 菊地臣ー. 腰痛をめぐる諸問題. 産婦人科治療. 1996; 73(3): 261-265.
  9. 紺野愼一, 菊地臣ー. 腰部脊柱管狭窄症 各種療法と日常生活指導 保存療法 ブロック療法. 総合リハビリテーション. 1996; 24(9): 806-808.
  10. 紺野愼一. (下肢症状を伴わない)高齢者の腰痛の診断と治療 骨粗鬆症. Clinician. 1995; 43(3): 330-333.
  11. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰痛の診断と治療 選択的神経根造影. 骨・関節・靭帯1996; 9(12): 1341-1348.
  12. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰椎後方除圧固定術の基本マニュアル. Orthopaedics. 1996; 9 (1): 73-80.
  13. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 自信を持って勧められる我が科の再診医療技術 腰部脊柱管狭窄に対する選択的除圧術. 福島医誌. 1996; 46(3): 185-190.
  14. 長総義弘, 菊地臣ー. 筋拘縮症の治療 Compartment syndrome Volkmann拘縮の原因と病態. Orthopaedics. 1996; 9(13): 1-7.
  15. 沼崎邦浩1), 安斎裕之(1) 県立会津総合病院). いわゆる五十肩の治療「五十肩と鑑別が必要な疾患」. リウマチ科. 1996; 16: 424-429.
  16. 矢吹省司, 菊地臣ー. 腰痛の診断と治療 選択的除圧術. 骨・関節・靭帯. 1996; 9 (12): 1493-1502.
  17. 矢吹省司, 菊地臣ー. 脊椎椎間板症(ヘルニアを含めて). 老化と疾患. 1996; 10: 199-207.
  18. 矢吹省司, 菊地臣ー. 腰痛. Modern Physician. 1996; 16(5): 628-633.
  19. 矢吹省司, 菊地臣ー.各科からみた痛みとその治療–整形外科–. Clinical Neuroscience. 1996; 14(9): 1068-1070.
  20. 吉田仁郎, 菊地臣ー. 膝周辺の障害–診断およびその治療について–. マニピュレーション. 1996; 11(4): 8-14.
  21. 渡辺栄一. 整形トピックス ヘリカルCT. 整形外科. 1996; 47(1): 48.
  22. 渡辺栄一, 菊地臣一, 関 修弘. 腰椎椎間板ヘルニアの治療のあれこれ 保存療法としての神経根ブロック. 骨・関節・靭帯1996; 9(1): 55-61.
  23. 渡辺栄一. 腰痛の診断と治療 ブロック療法. 骨・関節・靭帯. 1996; 9(12): 1449-1456.
  24. 渡辺栄一. CTによる精密検査の落とし穴 脊椎, 四肢 検査の進め方. INNERTVISION. 1996; 12(1): 77-81.
  25. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 頚椎牽引の医学的考察. マニピュレーション. 1996; 11(3): 8-13.
  26. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 高齢者の腰痛の病態 その特徴. Clinician. 1996; 43(3): 9-13.

症例報告

  1. 岩渕真澄, 菊地臣一, 渡辺栄一, 大石明雄1), 管野隆三1), 鈴木弘行1)(1) 第一外科学). 胸腔鏡視下に摘出した胸椎傍椎体腫瘍の1例. 整形外科. 1996; 47(5): 610-611.
  2. 大谷晃司, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 千葉勝実1)(1) リハビリテーション研究所). 慢性関節リウマチによる病的腰椎前方すべり発生の1例–MRIでの観察. 臨整外. 1996;  31(10): 1187-1190.
  3. 菊地忠志, 緒方公介1)(1) 福岡大学). ゴルファーの大腿骨内側顆顆間窩寄り関節面にみられた軟骨単独損傷の1例. 九州スポーツ医・科学会誌. 1996; 8: 41-45.
  4. 高橋幸恵, 岡 亨1), 佐藤日出夫1), 岩田仁男1)(1) 福島赤十字病院). 脳神経症状を主症状とした脂肪塞栓症候群の2例. 東北整災紀要. 1996; 40(1): 32-34.
  5. 沼崎広法, 木村雅史1), 小林 保1), 釜谷邦夫1), 飯塚久晴2)(1) 群馬スポーツ医学研究所, 2) 善衆会病院). 両側膝蓋骨離断性骨軟骨炎の2例–経皮的ドリリングの効果について–. 関節外科. 1996; 10: 1314-1317.
  6. 吉田仁郎. 右有痛性分裂膝蓋骨に両側離断性骨軟骨炎を合併した1例–その病因について. 膝. 1996; 21: 3-5.

著書・訳書

  1. 菊地臣ー. 腰椎椎間板ヘルニア. In: 稲垣義明他編. 今日の治療指針–私はこう治療している<ポケット判>–. 東京: 医学書院. 1996; p.606-607(分担執筆).
  2. 菊地臣一, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 腰仙椎部神経症状–カラーでみる解剖学的背景–. 東京: 金原出版. 1996.
  3. 紺野愼一, 菊地臣ー. 腰・下肢痛,関節痛. In: 釘宮豊城他編. 図説最新麻酔科学シリーズ4. 痛みの臨床. 東京: メジカルビュー社. 1996; p.80-87(分担執筆).
  4. 紺野愼一, 菊地臣ー. 腰椎椎間板ヘルニアの手術適応 術式選択(後方法). In: 金田清志編. OS NOW 新時代の整形外科治療22. 胸腰椎・腰椎・仙椎疾患の手術療法. 東京: メジカルビュー社. 1996; p.124-127(分担執筆).
  5. 長総義弘, 菊地臣ー. 腰痛の運動療法と生活指導-予防と治療のために–. In: 和田攻, Medical Practice 編集委員会編. 日常診療における患者指導ガイド–より良いコミュニケーションとQOLの向上のために–増補版. 東京: 文光堂. 1996; p.234-239 (分担執筆). 
  6. 矢吹省司, 菊地臣ー. 脊髄と神経根の構造と機能(p.35-42),  脊椎分離すべり症(p.313-312). In: 伊東達雄他編. 臨床脊椎脊髄医学. 東京: 三輪書店. 1996.
  7. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 腰部脊柱管狭窄(with orwithoutspondylolisthesis). In: 金田清志編. OS NOW 新時代の整形外科治療22. 胸腰椎・腰椎・仙椎疾患の手術療法. 東京: メジカルビュー社. 1996; p.92~99(分担執筆).
  8. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 頚椎骨折・脱臼. In 室田景久, 矢部裕編. 整形外科非観血的治療法のコツ–私はこうしている–下巻. 東京: 全日本病院出版会. 1996; p.5-9(分担執筆) .
  9. 渡辺栄一, 菊地臣一. 椎間板変性と脊椎症–胸椎から胸腰椎–. 椎間板変性と脊椎症腰椎・腰仙椎.脊椎分離症, 分離すべり症.脊柱管狭窄症. In: 黒川高秀他編, 中山書店. 整形外科手術7A. 東京: 中川書店. 1996; p.114-138(分担執筆).
  10. 渡辺栄一,菊地臣ー. 腰痛症.腰椎椎間板ヘルニア.脊椎分離・すべり症. In: 風祭元他編. 疾患・症状別今日の治療と看護. 東京: 南江堂. 1996; p.750-759(分担執筆).

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. SEKIGUCHI Yasufumi, KONNAI Yasunobu, KIKUCHI Shin-ichi, SUGIURA Yasuo1)(1) Dept. Anatomy). An anatomical study of neuropeptide immunoreactivities in the lumbar dura mater after sympathectomy. Transactions of the 42nd Annual Meeting Orthopaedic Research Society. 1996; 162.
  2. SEKIGUCHI Yasufumi, KONNAI Yasunobu, KIKUCHI Shin-ichi, SUGIURA Yasuo1)(1) Dept. Anatomy). The peptidergic fiber sof the rat lumbar dura mater with special references to sympathetic and sensory nerves. Orthopaedic Transactions. 1996; 20: 361-362.
  3. WATANABE Eiichi, KIKUCHI Shin-ichi. The diagnostic value of Helical CT scan for diagnosis of foraminal encroachment of the lumbar nerve root. Orthopaedic Transactions. 1996; 20: 386.
  4. WATANABE Eiichi, KIKUCHI Shin-ichi. Outcome of Graf Stabilization System for degenerative lumbar spondylolisthesis. The 2nd International Meeting of Soft Stabilization Without Fusion (SSWF) Program. 1996; 23.
  5. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Pathomechanisms of sympathetic ganglion block on nerve root involvement in degenerative lumbar spine disease. Orthopaedic Transactions. 1996; 20: 370.
  6. YAMADA Hitoshi, HONDA Takashi1), OZAKI Noriyuki1), TONOSAKI Yoshikazu1), NISHIYAMA Keiji1), SUGIURA Yasuo1)(1) Dept. Anatomy). Sensory and sympathetic innervation in the spinal dura mater and the posterior longitudinal ligament of rats. Acta Anatomica Nipponica. 1996; 71(6): 695.

 

国内学会

研究発表

  1. 青木良仁, 作山洋三1)吉田茂樹1), 横村麻祐美(1)県立大野病院). 胸椎黄色靱帯骨化症の術後長期経過4例. 第 回東北整形災害外科学会. 1996. . 東北整災紀要. 1996; 40(2): 194-194.
  2. 荒井 至, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 馬尾弛緩と腰部脊柱管狭窄–臨床的・X線学的検討–. 日整会誌. 1996; 70(2): S136.
  3. 岩渕真澄, 菊地臣一, 渡辺栄一, 木田 浩1)(1) いわき市立総合磐城共立病院). 多発性脊椎損傷の検討. 日本パラプレジア医学会雑誌. 1996; 9(1): 126-127.
  4. 大谷晃司, 菊地臣一. 佐藤勝彦. 頚椎症性脊髄症における動的因子–MRIと脊髄造影との比較検討–. 日整会誌. 1996; 70(2): S352.
  5. 大谷晃司, 菊地臣ー, 関 修弘. 腰仙椎部硬膜内脱出椎間板ヘルニアの検討. 日本パラプレジア医学会雑誌. 1996; 9(1): 238-239.
  6. 菊地臣一, 紺野愼一. 腰部椎間板ヘルニアにおけるブロック療法の適応, 効果. 日整会誌. 1996; 70(3): S484.
  7. 菊地忠志. 幼児の脛骨近位部に発生した結核性骨髄炎の1例. 第19回日本骨・関節感染症研究会抄録集. 1996; 57.
  8. 楠 美穂, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰椎椎間板ヘルニア発症の危険因子–腰部脊柱管狭窄との対比–. 日整会誌. 1996; 70(2): S314.
  9. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 頚椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術. 日整会誌. 1996; 70(3): S608.
  10. 関口泰史. An anatomical study of neuropeptide immunoreactivities in the lumbar dura mater after sympathectomy. 福島県医師会報. 1996; 58(12): 940.
  11. 関 修弘, 菊地臣ー. 神経根障害部位と臨床像との対比–腰仙椎部退行性疾患での検討–. 日整会誌. 1996; 70(2): S137.
  12. 添田哲也, 猪股洋一郎1), 宮林 宏1)(1) 済生会福島総合病院). 潰瘍性大腸炎に伴う環軸関節亜脱臼の1例. 東日本臨床整形外科学会. 1996; 8(3): 355.
  13. 高橋幸恵, 長総義弘, 菊地臣ー. Intra-compartmental pressure monitor systemの有用性. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1996; 8(3): 415.
  14. 武田浩一郎, 菊地臣ー. Hip-Spine症候群(第2報)–脚長差からみた検討–. 日整会誌. 1996; 70(2), S276.
  15. 長総義弘, 菊地臣一, 大塚 勝1)(1) 県立南会津病院). 変形性膝関節症の疫学–症状とX線所見の対比–. 日整会誌. 1996; 70(2): S104.
  16. 長総義弘, 菊地臣ー. 膝靭帯損傷に続発した外傷性膝関節症の1例. 第24回日本リウマチ・関節外科学会雑誌. 1996; 106.
  17. 村上和也1), 菊地臣ー(1) 福島赤十字病院). 変形性膝関節症の疫学的検討–未治療例の検討–(第2報). 日整会誌. 1996; 70(2): S105.
  18. 安永 亨, 菊地臣ー, 木村雅史1)(1) 群馬スポーツ医学研究所). 膝前十字靭帯損傷に対する解剖学的危険因子(大腿骨頼関狭窄についてのcase controlstudy). 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1996; 8(3): 373.
  19. 矢吹省司, 菊地臣ー. 全腰椎における運動に伴う髄核の移動–MRIによる検討–. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1996; 8(3): 351.
  20. 矢吹省司, 菊地臣ー. 高齢者の膝内側部痛. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1996; 8(3): 380.
  21. 吉田仁郎, 菊地臣ー. Oudard・岩沼・山本変法へのハイドロキシアパタイトの利用–術後3年での追跡調査. 肩関節. 1996; 21(1): 60.
  22. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 腰仙維部変性疾患とQOL. 日整会誌. 1996; 70(2): S372.
  23. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 多椎間椎間板ヘルニア–腰仙椎部486例での検討–. 日整会誌. 1996; 70(3): S578.
  24. 渡部 徹, 菊地臣ー. 手根管症候群の保存療法–Night splint とステロイド注入療法の比較. 日整会誌. 1996; 70(2): S121.

その他

  • 菊地臣一. 腰部椎間板ヘルニアをめぐる最近の話題. 第24回日本リウマチ・関節外科学会雑誌. 1996; 116.
  • 渡辺栄一. 教室だより. 福島医誌. 1996; 46(1): 88-89.

 

update    2017年9月22日  12:15

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01