1995(平成 7)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. BYRÖD Gunnar1), OLMARKER Kjell1), KONNO Shin-ichi, LARSON Karin1), TAKAHASHI Keisuke2), RYDEVIK Björn1)(1) Univ. Gothenburg , 2) Ishikawa Prefectural Central Hosp.). A rapid transport route between the epidural space and the intraneural capillaries of the nerve roots. Spine. 1995; 20: 138-143. PMID:7716617 
  2. KOBAYASHI Atsuo, YOSHIDA Niro, TONOSAKI Yoshikazu1), KIKUCHI Shin-ichi, SUGIURA Yasuo2) (1) Dept. Anatomy, 2) Nagoya Univ.). Origin of the calcitonin gene-related peptide immunoreactive nerve fibers in the rat shoulder joint. Anat Embryol. 1995; 191: 471-476. PMID:7625616
  3. KONNO Shin-ichi , OLMARKER Kjell1), BYRÖD Gunnar1), RYDEVIK Björn1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Intermittent cauda equina compression an experimental study of the porcine cauda equina with analyses of nerve impulse conduction properties. Spine. 1995; 20(11): 1223-1226. PMID:7660228
  4. KONNO Shin-ichi,  YABUKI Shoji, SATO Katsuhiko, OLMARKER Kjell1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). A model for acute, chronic, and delayed graded compression of the dog cauda equina presentation of the gross, microscopic, and vascular anatomy of the dog cauda equina and accuracy in pressure transmission of the compression model. Spine. 1995; 20(24): 2758-2764. PMID:8747256
  5. MOCHIDA Hiroshi, KIKUCHI Shin-ichi. Injury to infrapatellar nerve in arthroscopic surgery. Clin Orthop. 1995; 320: 88-94. PMID:7586847
  6. SATO Katsuhiko, KONNO Shin-ichi, YABUKI Shoji, MAO Guang-Ping, OLMARKER KjeIl1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). A model for acute, chronic and delayed graded compression of the dog cauda equina. Spine. 1995; 20(22): 2386-2391. PMID:8578388 
  7. SEGAWA Yoshida1), NAKAMURA Toshitake2), AOTA Shigeo, TANAKA Yuzo2), YOSHIDA Kenji2), TSUZUIKE Naoki2), MATSUDA Kazuo2)(1) Zeria Pharmaceutical Co. Ltd., 2) Univ. Occupational Environmental Health). Changes in urinary deoxypyridinokine level and vertebral bone mass in the development of adjuvant-induced arthritis in rats. Bone. 1995; 17: 57-62. PMID:7577159
  8. STRÖNGERG J1), BROMQVIST J1), KONNO Shin-ichi, OLMARKER Kjell1), RYDEVIK Björn1), KIKUCHI Shin-ichi(1) Univ. Gothenburg). Effects of locally applied iopamidol on blood flow and impulse conduction in spinal nerve root. Neuro-Orthopedics. 1995; 19: 33-38.
  9. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shin-ichi. Nerve root infiltration and sympathetic block. An experimental study of intraradicular blood flow. Spine. 1995; 20: 901-906. PMID:7644954
  10. YASUNAGA Toru, SAITO Akira1), TAKEDA Koichiro, KIKUCHI Shin-ichi(1) Soma General Hospital). Femoral artery thrombus complicating open reduction of congenital hip dislocation. Clin Orthop. 1995; 320: 85-87. PMID:7586846
  11. YOSHIDA Niro, NISHIYAMA Keiji1), TONOSAKI Yoshikazu1), KIKUCHI Shin-ichi, SUGIURA Yasuo1)(1) Dept. Anatomy). Sympathetic and sensory innervation of the rat shoulder joint. AWGA-HRPT tracing and CGRP immunohistochemical study. Anat Embryol. 1995; 191: 465-469. PMID:7625615

著書・訳書

  1. KONNO Shin-ichi, KIKUCHI Shin-ichi. Spinal disorders in growth and aging. In: ed. TAKAHASHI Eimei. Intermittent Claudication Due to Low Back Pain. Tokyo: Springer-Verlag. 1995; p.45-50(分担執筆).

 

日本語論文

原 著

  1. 岩渕真澄, 菊地臣ー, 渡辺栄一, 作山洋三1)(1) 県立大野病院). 腰仙部インストゥルメンテーション手術後に発生した深部感染症-4例報告-. 整形外科. 1995; 46(6): 710-714.
  2. 大谷晃司. 整形外科5年生の一人医長-農村高齢者地域での勤務-. 別冊整形外科. 1995; 28: 243-245.
  3. 大谷晃司, 宮林 宏1), 猪股洋一郎1)(1) 済生会福島総合病院). 60歳以上の大腿骨頚部骨折の治療成績-機能的予後と生命予後-. 日本リウマチ・関節外科学会雑誌. 1995; 14: 365-372.
  4. 大谷晃司. 当科における変形性膝関節症の保存療法の検討. 東北膝関節研究会会誌. 1995; 5: 59-62.
  5. 川原 央1), 山口 栄1), 田畑四郎1)木田 浩1)高原光明1), 相澤利武1), 加藤喜弘1), 安斎裕之, 松浦一平1), 金子 昇. 再建膝前十字靱帯の術後MRI評価東北整災紀要. 1995; 39(1): 4-7. 
  6. 小林淳雄1), 吉田仁郎, 菊地臣一, 杉浦康夫2)(1) 小林医院, 2) 第一解剖学). ラット肩関節に分布する感覚神経の起始細胞の研究-カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の関与-. 福島医誌. 1995; 45(3): 35-42. 
  7. 齋藤 昭1), 菊地臣一, 大戸 斉2), 田崎哲典2)(1) 公立相馬総合病院, 2) 輸血部). 変形性関節症との比較における慢性関節リウマチに対する自己血貯血の問題点. 整形外科. 1995; 46(6): 777-780.
  8. 佐藤日出夫1), 菊地臣ー(1) 福島赤十字病院). 腰椎椎間板性疼痛に対する持続硬膜外ブロック療法. 別冊整形外科. 1995; 27: 159-162.
  9. 宍戸裕章, 菊地臣一, 吉田仁郎. 転移性骨腫瘍と疼痛-Bone Scintigraphyによる検討-. 整形外科. 1995; 46(7): 889-890.
  10. 関 修弘, 菊地臣ー, 影山和康1), 片倉俊彦1), 鈴木憲二1)(1) 放射線科学). 腰部脊柱管狭窄による神経根圧迫に対するMRIの診断能力-臨床的, 解剖学的検討-. 整形外科.1995; 46: 19-25.
  11. 関 修弘, 菊地臣ー. 腰仙部退行性疾患における後根神経節の局在とその臨床的意義一解剖とMRI所見の対比一. 整・災外. 1995; 38(7): 751-757.
  12. 田山信敬1), 菊地臣ー(1) 松村総合病院). 手根管症候群のMRI-除圧前後のGd-DTPA増強効果-. 日本手の外科学会雑誌. 1995; 12(3): 357-359.
  13. 田山信敬1), 菊地臣ー(1) 松村総合病院). 手根管症候群に対する生理学的検討-除圧前後の血流動態-. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1995; 7(4): 573-575.
  14. 長総義弘, 菊地臣一, 梅ヶ枝健一1)(1) 梅ヶ枝整形外科医院). 小学生パスケットボール選手におけるスポーツ外傷・障害ー全国大会出場選手について一. 日本小児整形外科学会雑誌. 1995; 4(2): 333-338.
  15. 長総義弘, 菊地臣一, 武田 明, 梅ヶ枝健一1)(1) 梅ヶ枝整形外科医院). 成長期膝蓋骨の形態学的特徴-膝蓋骨剥離骨折との比較検討-. 日本小児整形外科学会雑誌. 1995; 4(2): 339-343.
  16. 沼崎広法, 宮林 宏1), 猪股洋一郎1)(1) 済生会福島総合病院). 外来保存療法を行った変形性膝関節症の患者の動向について. 東北膝関節研究会会誌. 1995; 5: 77-81.
  17. 前田平生1), 菊地臣一, 大戸 斉2), 他(1) 埼玉医科大学, 2) 輸血部)整形外科領域における自己血輸血施行患者に対するエポエチンベータ(EPOCH)の臨床評価-皮下投与による第III相臨床試験-.診療と新薬. 1995; 32:137-157.
  18. 村上和也, 菊地臣一, 梅ヶ枝健一1), 藤沢義之2), 三馬正幸3)(1) 梅ヶ枝整形外科医院, 2) 奈良新大宮整形外科, 3) 済生会奈良病院). 日本リーグバスケットボール選手における膝関節軟骨損傷. 整形外科. 1995; 46(10): 1416-1418.
  19. 矢吹省司, 菊地臣ー. 腰仙部退行性疾患に対する交感神経節ブロック-実験的・臨床的研究-. 臨整外. 1995; 30(5): 581-587.
  20. 矢吹省司, 菊地臣一, 青田恵郎, 梅ヶ枝健一1)(1) 梅ヶ枝整形外科医院). 原因不明の環軸関節不安定性(片岡)のX線学的検討-13例の報告. 整・災外. 1995; 38(3): 261-266.
  21. 吉田仁郎. 一人で対処する整形外科. 別冊整形外科. 1995; 28: 249-250.
  22. 渡辺栄一, 菊地臣一. Flexible Intervertebral Stabilization System (Graf) の使用経験-短期成績-. 整形外科. 1995; 46(7): 813-819.
  23. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 整形外科における神経ブロックの現況-全国アンケートを中心に. 整・災外. 1995; 38(2): 107-113.
  24. 渡辺栄一,菊地臣ー. 不安定腰椎に対する新しい手術術式(Graf System)の短期成績. 福島県医師会報. 1995; 5: 373-378.

総説等

  1. 青田恵郎, 中村利孝1)(1) 産業医科大学). 文献紹介 骨成長と骨量は実験的関節炎を敏感に反映する指標であるーCyclosporin Aを使って. 日本骨代謝学会雑誌. 1995; 13(1): 625-628.
  2. 青田恵郎. 種々の代謝性骨疾患におけるコラーゲン代謝産物による骨吸収の評価. Osteoporosis Update. 1995; 6: 5.
  3. 菊地臣ー. 整形外科からみた外傷性頚部症候群. 賠償医学. 1995; 20: 21-24.
  4. 菊地臣ー. 腰椎背筋群におけるコンパートメント症候群の病態と治療. リハビリテーション医学. 1995; 32(8): 531-541.
  5. 菊地臣ー. 病態からみた診断の進め方. 第6回腰痛シンポジウム『腰部脊柱管狭窄症の診断と治療』講演記録集. 1995; 3-11.
  6. 紺野愼一, 菊地臣ー. 慢性腰痛-発生機序と管理-. 脊椎脊髄ジャーナル. 1995; 8(11): 841-846.
  7. 紺野愼一, 菊地臣ー. 腰痛のKinesiology-腰痛体操-. Journal of Clinical Rehabilitation. 1995; 4(9): 851-853.
  8. 紺野愼一, 菊地臣ー. 腰痛性疾患 その診断と治療 神経根ブロック. リウマチ科. 1995; 13(4): 303-308.
  9. 紺野愼一, 菊地臣一. 骨粗鬆症における慢性腰痛と運動時コンパートメント症候群. Clinician. 1995; 42(9): 910-914.
  10. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 頚・腰の痛みに対する神経プロック. 整・災外. 1995; 38: 115-120.
  11. 佐藤勝彦,菊地臣ー. 頚椎症性脊髄症に対する椎弓骨切り術. 脊椎脊髄ジャーナル. 1995; 8: 127-133: 1995.
  12. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰痛・馬尾性間欠肢行. 骨・関節・靭帯. 1995; 8(10): 1327-1332.
  13. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 骨盤輪不安定症の診断と治療. マニピュレーション. 1995; 10(4).10-14.
  14. 佐藤勝彦. 腰部硬膜血流と馬尾血流の関連性. 整形外科. 1995; 46(12): 1618.
  15. 長総義弘, 菊地臣ー. 各スポーツ傷害の病態と治療法 コンパートメント症候群. 整形外科. 1995; 46(8): 1150-1156.
  16. 松本真一1), 菊地臣一(1) 福島労災病院). Primary Careにおける種々疾患の診断と治療のポイント肩関節疾患-いわゆる五十肩を中心に-. 福島医誌. 1995; 45(2): 87-92.
  17. 矢吹省司, 菊地臣ー. 脊椎・脊髄の先天異常 その診断と治療 神経根の異常. Orthopaedics. 1995; 8(4): 81-91.
  18. 吉田仁郎. 膝45°屈曲立位前後撮影法の臨床的意義. 整形外科. 1995; 46: 304.
  19. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 主な救急疾患の症候 その鑑別と救急処置 外傷 脊髄外傷. 治療. 1995; 77: 449-458.

症例報告

  1. 青木良仁, 沼崎邦浩1), 丸谷雅人(1) 県立会津総合病院). 肩関節人工骨頭置換術の2例. 福島県立病院医学研究誌. 1995; 10: 80-84.
  2. 石井 一1), 山口 学1), 松井遵一郎1), 渡辺善二郎1), 江尻荘一(1) 鹿島厚生病院). 脊髄空洞症を伴った下垂体機能低下症の1例. 福島県農村医学会雑誌. 1995; 38(1): 49-52.
  3. 楠 美穂, 菊地臣ー, 渡辺栄一. 胸椎部硬膜から発生した悪性黒色腫の1例. 臨整外. 1995; 30(6): 747-750.
  4. 武田 明, 粟野 昇1)堀川哲男1), 菊池一郎1)(1)公立藤田総合病院). Klippel-Feil Syndrome の5症例 : 癒合椎間のMRI所見東北整災紀要. 1995; 39(1): 11-13. 
  5. 沼崎広法, 猪股洋一郎1), 宮林 宏1), 勝浦 豊1), 七島 勉2), 丸山幸夫2)(1) 済生会福島総合病院, 2) 第一内科学). 馬尾侵潤をきたした多発性骨髄腫の1例. 整・災外. 1995; 38(11): 1317-1320.
  6. 矢吹省司, 菊地臣一, 緑川博文1), 星野俊一1)(1) 心臓血管外科学). 血管性腰痛-2例報告とその発生機序に関する考察-. 整形外科. 1995; 46(10): 1380-1383.

著書・訳書

  1. 菊地臣ー. 腰部脊柱管狭窄症. In: 稲垣義明他編. 今日の治療指針私はこう治療している. 東京: 医学書院. 1995; p.585-586(分担執筆).
  2. 菊地臣ー. 腰部脊柱管狭窄症. In: 稲垣義明他編. 今日の治療指針私はこう治療している(ポケット判). 東京: 医学書院. 1995; p.585-586(分担執筆).
  3. 菊地臣ー. 脊髄造影法(p.11-12),  椎間板造影法(p.12-13). In: 山内裕雄他編. 今日の整形外科治療指針 第3版. 東京: 医学書院. 1995. (分担執筆).
  4. 菊地臣ー(共著). In: 日本脊椎外科学会編. 脊椎外科用語事典. 東京: 南江堂. 1995.
  5. 菊地臣一, 長総義弘. 損傷に対する処置. In: 東博彦他編. 新版整形外科学・外傷学. 東京: 文光堂. 1995; p.131-139(分担執筆).
  6. 吉田仁郎, 菊地臣ー. 足関節の障害Impingement Exostosisの発生機序と対応について. In: 高倉義典,乗松敏晴編. 部位別スポーツ外傷・障害1 足・下腿. 東京: 南江堂. 1995; p.72-79(分担執筆).
  7. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 硬膜外造影法(p.90-94),  選択的神経根造影法(p.95-99),  脊髄血管造影法(p.100-105). In: 山本吉蔵他編. 新図説臨床整形外科講座1. 整形外科の検査, 診断法. 東京: メジカルビュ一社. 1995(分担執筆). 
  8. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 腰椎椎間板ヘルニア. In: 金田清志編. 新図説臨床整形外科講座4. 胸腰椎, 腰椎・仙椎, 骨盤. 東京: メディカルビュ一社. 1995; p.191-208(分担執筆).

 

その他

  • 菊地臣一. 腰痛に関する医学的常識の誤解. 日本カイロプラクティック学会誌. 1995; 9(1): 13-21.
  • 菊地臣ー(監訳). In: 整形外科ベットサイドQ&A Musculoskeletal Trauma. 東京: 三共株式会社. 1995.
  • 菊地臣ー(監訳). In: 整形外科写真でみる症例シリーズ Adult Spine ①. 東京: 三共株式会社. 1995. 
  • 菊地臣ー(監訳). In: 整形外科写真でみる症例シリーズ Adult Spine ②. 東京: 三共株式会社. 1995.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. AOTA Shigeo,  NAKAMURA Toshitaka1), TANAKA Yuzo1), YOSHIDA Kenji2), TUZUKIe Naoki2), MATSUDA Kazuo2), SEGAWA Yoshihide2), KIKUCHI Shinichi, SUZUKI Katsumi2)(1) Univ. Occupational Environmental Health Japan, 2) ゼリア新薬). Changesin urinary deoxypyridinoline level and vertebral bone mass in the development of adjuvant-induced arthritisin rats. J Bone Miner Res. 1995; 10: S244.
  2. KONNAI Yasunobu, SEKIGUCHI Yasufumi, Sheng LiuLiar1), OZAKI Noriyuki1), HONDA Takashi1), TONOSAKI Yoshikazu1), NISHIYAMA Keiji1), SUGIURA Yasuo1)(1) 第一解剖学). Innervation of lumbar dura mater via the sympathetic trank of rats. 解剖学雑誌. 1995; 70(5): 497.
  3. KONNO Shinichi, OKMARKER Kjell1), BYRÖ Gunnar1), RYDEVIK Björn1), KIKUCHI Shinichi(1) Univ. Gothenburg). Intermittent cauda equina compression an experimental study on the porcine cauda equina with analyses of nerve impulse conduction properties. The International Society for the Study of the Lumbar Spine. Orthopaedic Transactions. 1995; 19: 69.
  4. SATO Katsuhiko, KIKUCHI Shinichi. Anatomic and clinical studies of L5 nerve root compression. The International Society for the Study of the Lumbar Spine. Orthopaedic Transactions. 1995; 19: 84.
  5. YABUKI Shoji, KIKUCHI Shinichi. Mechanism of therapeutic effect of nerve root block-Experimental study of intraradicular blood flow-.The Internationa lSociety for the Study of the Lumbar Spine. Orthopaedic Transactions. 1995; 19: 68.

 

国内学会

研究発表

  1. Olmarker Kjell1), YABUKI Shoji, RYDIVIK Björn1)(1) Univ. Gothenburg). The Cell so fthe nucleus pulposusare essential for the nerve root Injury in herniation of the Nucleus Pulposus. 日整会誌. 1995; 69: S1442.
  2. 青田恵郎, 中村利孝1), 田中裕三1), 西国 智1), 岡崎雄一1), 瀬川美秀2), 菊地臣一, 鈴木勝巳1)(1) 産業医科大学, 2) ゼリア新薬). アジュパント関節炎ラットにおける骨動態とインドメタシンの効果. 第13回日本骨代謝学会プログラム抄録集. 1995; 177.
  3. 相澤利武1), 田畑四郎1)木田 浩1)高原光明1), 山口 栄1), 加藤喜弘1), 伊左治洋之, 松浦一平1), 川原 央1), 金子 昇. 高齢者の腱板断裂に対する手術成績日整会誌. 1995; 69(3), S616, 
  4. 荒井 至, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 長総義弘. 高齢者の腰痛の疫学的検討. 日整会誌. 1995; 69: S102.
  5. 荒井 至, 菊地臣ー, 佐藤勝彦, 長総義弘. 腰痛性間欠跛行の電気生理学的検討. 日整会誌. 1995; 69: S684.
  6. 荒井 至, 菊地臣一, 長総義弘. 腰椎分離・分離すべり症の臨床的検討–第1報. 年代別検討. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 325.
  7. 伊左治洋之, 木田 浩1)田畑四郎1), 高原光明1), 山口 栄1), 相澤利武1), 加藤喜弘1), 松浦一平1), 川原 央1), 金子 昇. 腰部脊柱管狭窄症における, 10年以上経過例術後成績について日整会誌. 1995; 69(3): S699,
  8. 岩渕真澄, 菊地臣一, 関 修弘. 頚髄の解剖学的検討–肉眼的観察と病理組織との対比–第2報. 日整会誌. 1995; 69(8): S1601.
  9. 岩渕真澄, 菊地臣一, 渡辺栄一, 木田 浩1)(1) いわき市立総合磐城共立病院共). 多発性脊椎損傷の検討. 日本パラプレジア医学会雑誌. 1995; 8: 59.
  10. 江尻荘一, 菊地臣一, 齋藤 昭1)(1) 公立相馬総合病院). 腸骨硬化性骨炎の疫学–内科受診1000例のX線学的検討. 日整会誌. 1995; 69: S423.
  11. 大内一夫, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 腰部脊柱管狭窄の糖尿病の影響. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1995; 7(3): 371.
  12. 大谷晃司, 菊地臣ー. 第5腰神経根の椎間孔部病変–神経根造影像とMRI傍矢状面像の比較–. 日整会誌. 1995; 69: S555.
  13. 大谷晃司, 宮林 宏1), 猪股洋一郎1)(1) 済生会福島総合病院) . 大腿骨頚部骨折の治療成績-入院時と退院後の治療成績. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1995; 7(3): 300.
  14. 大谷晃司, 菊地臣ー, 関 修弘. 腰椎硬膜内脱出椎間板ヘルニアの検討. 日本パラプレジア医学会雑誌. 1995;  8: 85.
  15. 大谷晃司, 菊地臣ー. 脊椎病変のMRI–転移性脊椎腫瘍例に対する検討. 日本パラプレジア医学会雑誌. 1995; 8: 176.
  16. 大谷晃司, 菊地臣ー. 椎間高狭小化と上椎切痕距離の臨床的意義–第5腰神経恨造影像の検討–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 321.
  17. 小澤喜洋, 菊地臣一, 渡辺栄一. 慢性関節リウマチの頚椎病変に対する手術成績–平均7年の追跡調査–. 日本パラプレジア医学会雑誌. 1995; 8: 216.
  18. 小澤喜洋, 菊地臣一, 渡辺栄一. RA頚椎固定術後の非固定椎間の変化. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 88.
  19. 金子 昇, 木田 浩1), 高原光明1)(1)総合磐城共立病院). 緊急手術にて対処した骨傷を伴う頚髄損傷の予後. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6(1): 60.
  20. 鹿山 悟, 菊地臣一, 紺野愼一, 関 修弘. 腰部脊柱管狭窄における膀胱障害–残尿量から見た検討. 日整会誌. 1995; 67: S559.
  21. 鹿山 悟, 菊地臣ー, 矢吹省司. 腰仙部退行性疾患に対する交感神経節ブロックの治療効果. 日整会誌. 1995; 69: S694.
  22. 鹿山 悟,菊地臣一,紺野慎一, 毛 広平. 馬尾障害に対するPGE1誘導体の治療効果–犬馬尾急性圧迫モデルを用いた実験的研究–. 日整会誌. 1995; 69(8): S1478.
  23. 鹿山 悟, 菊地臣ー, 紺野愼一, 毛 広平, Olmarker Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). 実験的椎間板ヘルニア一機械的圧迫モデルとの対比一. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 358.
  24. 鹿山 悟, 菊地臣一, 紺野愼一, 毛 広平, Olmarker Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). 犬馬尾の慢性圧迫下におけるdelayed compressionの実験的研究. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 359.
  25. 川前恵一, 菊地臣ー. 変性腱板断裂に関する解剖学的研究–肩峰形態や骨棘形成との関連. 日整会誌. 1995; 69(8): S1645.
  26. 菊地臣一. 外傷歴と退行変性–腰椎椎間板ヘルニア. 日本災害医学会会誌. 1995; 43: 39.
  27. 木田 浩1)田畑四郎1), 高原光明1), 山口 栄1), 相澤利武1), 伊左治洋之, 金子 昇, 加藤喜弘1), 川原 央1), 松浦一平1)(1) 総合磐城共立病院). 頚椎後縦靱帯骨化症に対する骨化巣非摘出前方椎間固定術と長期術後成績日整会誌. 1995; 69(2): S3. 
  28. 近内泰伸,関口泰史, 杉浦康夫1), 菊地臣ー(1) 第一解剖学). 脊髄硬膜に分布する神経の形態的観察. 日整会誌. 1995; 69(8): S1595.
  29. 紺野愼一, 菊地臣ー. 腰椎椎間板ヘルニアに対する選択的神経根プロックの治療効果–脊椎症との比較. 日整会誌. 1995; 69: S552.
  30. 紺野愼一, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄の保存療法–病態別にみた治療効果の検討–.日整会誌. 1995; 69: S633.
  31. 紺野愼一, 菊地臣一, 鹿山悟, 佐藤勝彦, Olmarker Kjell1) (1) Univ. Gothenburg). 犬馬尾の急性, 慢性圧迫およびdelayed compressionモデルの実験的研究. 日整会誌. 1995; 69(8): S1477.
  32. 紺野愼一, 鹿山 悟, 菊地臣一, Olmarker Kjell1)(1) Univ. Gothenburg). 犬馬尾の慢性圧迫モデルの実験的研究. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 298.
  33. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 渡部 徹. 腰部脊柱管狭窄による神経根圧迫の病態–解剖と臨床の対比–. 日整会誌. 1995; 69: S689.
  34. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰仙部神経根障害に対する選択的神経根ブロックの診断的価値. 日整会誌. 1995; 69: S690.
  35. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 胸腰椎移行部における脊椎と脊髄の高位差に関する解剖学的研究. 日整会誌. 1995; 69(8): S1598.
  36. 佐藤勝彦, 紺野愼一, Olmarker Kjell1), 菊地臣ー(1) Univ. Gothenburg). 急性圧迫による馬尾障害の実験的研究一神経整理学的, 組織学的検討一. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 297.
  37. 関口泰史, 近内泰伸, 菊地臣一, 西山慶治1), 杉浦康夫1) (1) 第一解剖学). 脊髄硬膜, 後根神経節のペプチド. 陽性線維(第3報)–化学的交感神経遮断後の分布の変化–. 日整会誌. 1995; 69(8): S1594.
  38. 関 修弘, 菊地臣ー. 第4腰椎変性すべりの神経障害. 日整会誌. 1995; 69: S562.
  39. 関 修弘, 菊地臣一. 脊髄鉛筆状軟化の臨床的意義について. 日整会誌. 1995; 69: S537.
  40. 関 修弘, 菊地臣ー. 腰仙部神経根奇形の解剖学的検討. 日整会誌. 1995; 69(8): S1599.
  41. 関 修弘, 菊地臣ー. 頚胸椎後縦靭帯骨化症に対する頚胸椎広範囲椎弓拡大形成術(都築式)の短期成績. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 45.
  42. 武田浩一郎, 菊田臣一, 佐藤信也1), 宮崎和夫2), 梅ヶ枝健一3)(1) 佐藤整形外科, 2) 宮崎整形外科医院,  3) 梅ヶ枝整形外科医院). 変形性股関節症の自然経過–10年以上の追跡調査–. 日整会誌. 1995; 69: S427.
  43. 武田浩一郎, 菊地臣ー. Hip-Spine症候群–局麻剤の関節内注入と神経根ブロックによる検討–. 日整会誌. 1995; 69: S829.
  44. 田山信敬1), 菊地臣ー(1) 松村総合病院). 手根管症候群のMRI–除圧前後のGd-DTPA増強効果について. 日本手の外科学会雑誌. 1995; 12: 119.
  45. 長総義弘, 荒井 至, 菊地臣ー. 膝関節と退行性腰椎疾患合併症(仮称: Knee-Spine syndrome) の実態調査(第1報). 日整会誌. 1995; 69: S589.
  46. 長総義弘, 菊地臣一, 梅ヶ枝健一1)(1) 梅ヶ枝整形外科医院). 小児膝蓋骨形態の多様性一成長期における変化とその予後一. 日整会誌. 1995; 69: S251.
  47. 長総義弘, 菊地臣ー, 大腿骨後穎部軟骨病変の解剖学的検討–荷重面軟骨病変との比較. 日整会誌. 1995; 69(8): S1498.
  48. 長総義弘, 菊地臣一, 梅ヶ枝健一1)(1) 梅ヶ枝整形外科医院). バスケットボールによる膝筋力の発達-前思春期における検討-. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 1995; 15: 192.
  49. 長総義弘, 菊地臣ー. 変形性膝関節症における内側半月板の機能不全–立位膝関節造影による検討. 第23回日本リウマチ関節外科学会雑誌. 1995; 14: 65.
  50. 丸谷雅人, 菊地臣一, 村上和也. 変形性膝関節症の予後–10年以上の追跡調査. 日整会誌. 1995; 69: S584.
  51. 村上和也, 菊地臣ー. 変形性膝関節症の疫学的検討–農村部での集団検診–. 日整会誌. 1995; 69: S731.
  52. 村上和也, 菊地臣ー. 足関節軟骨変性の解剖学的検討. 日整会. 1995; 69(8): S1502.
  53. 山口 栄1), 田畑四郎1)木田 浩1)高原光明1), 相澤利武1), 伊左治洋之, 加藤喜弘1), 松浦一平1), 川原 央1), 金子 昇(1)総合磐城共立病院). LEEDS-KEIO 人工靱帯による膝前十字靱帯再建術の術後成績 : 断裂した前十字靱帯実質の残存状態と術後成績との関係について日整会誌. 1995; 69(2): S360.
  54. 横村伸夫1), 菊地臣一(1) 原町市立病院).  筋内圧からみた外傷後の上肢の安静位. 日整会誌. 1995; 69: S202.
  55. 渡辺栄一, 菊地臣一. 頚部脊髄症に対する負荷試験. 日整会誌. 1995; 69: S534.
  56. 渡辺栄一, 菊地臣一. 腰椎椎間孔部神経根障害の画像診断–ヘリカルCTによる検討–. 日整会誌. 1995; 69: S99.
  57. 渡辺栄一, 菊地臣ー. 胸部脊髄症に対する歩行負荷試験の意義. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 39
  58. 渡辺栄一, 菊地臣ー. ヘリカルCTの脊椎外傷における有用性. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 137.
  59. 渡部 徹, 菊地臣一, 古川浩三郎1)(1) 国立郡山病院). 腰部椎間板ヘルニア保存療法の長期予後–10年以上経過例の追跡調査–. 日整会誌. 1995; 69: S285.
  60. 渡部 徹, 菊地臣ー. 腰椎椎間板ヘルニア非手術例の検討–手術拒否例の長期予後–. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1995; 7(3): 367.
  61. 渡部 徹, 菊地臣一, 紺野愼一, 吉川浩三郎1), 長総義弘(1)  国立郡山病院). 選択的神経根造影像から見た腰椎椎間板ヘルニアの病態. 日本脊椎外科学会雑誌. 1995; 6: 113.

update    2017年9月22日  12:15

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01