1991(平成 3)年業績

論 文

日本語論文

原 著 

  1. 猪股洋一郎, 菊地臣一, 古澤 渉. 後側方固定術後における腰痛の検討 筋動作学的検討について. 整形外科. 1991; 42(8): 1268-1272.
  2. 苛原 実1), 菊地臣一, 紺野愼一(1) 小高町立病院). 変形性関節症の発症因子–片側有症状例の検討–. 整・災外. 1991; 34(3): 367-371.
  3. 菊地臣一. 腰仙部神経根障害の解剖学的背景. 脊椎脊髄ジャーナル1991; 4(2): 101-106. 
  4. 小林淳雄, 菊地臣一, 千葉勝実1)(1) リハビリテーション研究所). 当院におけるオーラノフィンの使用経験. 東北整災誌. 1991; 35(2): 228-230.
  5. 小林利男, 菊地臣ー. ミナルフェン®錠(アルミノプロフェン)の変形性関節症, 腰痛症, 肩関節周囲炎, 頚肩腕症候群に対する臨床的検討. 薬理と治療. 1991; 19(6): 179-186.
  6. 小林利男, 菊地臣一. 馬尾性間欠跛行の病態–各種画像所見による検討–. 整形外科. 1991; 42(11): 1695-1699,
  7. 紺野愼一, 菊地臣一, 渡辺栄一. 腰仙部疾患における責任高位決定–深部反射の信頼度における臨床的・解剖学的検討–. 整形外科. 1991; 42(7): 1055-1057. 
  8. 紺野愼一, 菊地臣ー, 金子史夫1), 伊藤信夫1), 千葉勝実2)(1) 皮膚科学, 2) リハビリテーション飯研究所). Behçet病における脊椎病変. 整形外科. 1991; 42(10): 1531-1533.
  9. 紺野愼一,菊地臣ー. 骨粗鬆症における腰痛の臨床的検討. 整形外科. 1991; 42(12): 1903-1907.
  10. 紺野愼一, 菊地臣一, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 不安定腰椎の治療 変性すべり症に対する非固定・選択的除圧術(1椎間)の成績. 整・災外. 1991; 34(4): 449-454.
  11. 紺野愼一, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 渡辺栄一. 腰仙部移行椎における神経根の走行とその機能. 整・災外. 1991; 34(13): 1655-1659. 
  12. 齋藤 昭, 菊地臣一, 菊池一郎. 寛骨臼回転骨切り術の合併症. 東北整災誌. 1991; 35(1): 121-124.
  13. 齋藤 昭, 松本 淳1),  阿部孝一2), 菊池一郎3), 村上和也, 大谷幸子,  三浦英男4), 作山洋三5), 吉田茂樹5)(1) 塙厚生病院, 2)福島県心身障害児総合療育センター, 3) 公立藤田総合病院, 4) リハビリテーション研究所, 5) 県立大野病院). 人工足関節置換術のX線学的検討.日本足の外科研究会雑誌. 1991; 12: 151-154.
  14. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 佐藤喜三郎1)(1) 保原中央病院).  胸腰椎破裂骨折後の脊柱管リモデリング. 整形外科. 1991; 42(4): 473-478.
  15. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰仙部神経障害に対するサーモグラフィーの臨床的意義(第2報)歩行負荷前後の変化. 整・災外. 1991; 34(1): 79-84.
  16. 佐藤日出夫1), 菊地臣一, 蓮江光男2)(1) 福島赤十字病院, 2) 日赤医療センター). Post fusion stenosisの臨床的検討. 整形外科. 1991; 42(8): 1203-1207.
  17. 佐藤日出夫1), 菊地臣一. 脊柱管狭窄をきたしたachondroplasiaの検討. 整形外科. 1991; 42(10): 1485-1488.
  18. 田山信敬, 長総義弘1), 佐藤勝彦, 沼崎邦浩2)(1) 県立田島病院, 2) 県立会津総合病院). 骨粗鬆による腰椎破裂骨折後の神経根障害. 整形外科. 1991; 42: 707-710.
  19. 千葉勝実1), 小林淳雄, 菊地臣一(1) リハビリテーション研究所).  慢性関節リウマチにおける下肢アラインメントとX線変化について. 関節外科. 1991; 10: 855-867. 
  20. 千葉勝実1), 小林淳雄, 菊地臣一. 全膝関節置換術に対する出血対策. 福島県立病院医学研究誌. 1991; 7: 54-60.
  21. 長総義弘1), 菊地臣一, 佐藤勝彦, 紺野愼一(1) 県立田島病院). 腰椎変性疾患における後根神経節の局在. 整・災外. 1991; 34(6): 745-749.
  22. 根本 仁1), 紺野 豊1), 児玉南海雄1), 佐藤 譲, 乗上 啓, 菊地臣一(1) 脳神経外科学). 磁気刺激による運動誘発電位. 日本パラプレジア医学会雑誌. 1991; 4: 196-197.
  23. 古澤 渉, 菊地臣一. 頚部神経根の皮膚髄節固有域 選択的神経根ブロックによる検討. 整・災外. 1991; 34(5): 631-634.
  24. 古澤 渉, 菊地臣一. 自覚症状からみた頚部脊髄症の術後成績. 整・災外. 1991; 34(6): 725-730.
  25. 堀川哲男1), 粟野 昇1),  梅ヶ枝健一2), 菊地臣一, 苛原 実3)(1) 公立藤田総合病院, 2) 梅ヶ枝整形外科医院, 3) 小高町立病院). 膝前十字靭帯断裂放置例の自然経過. 臨床スポーツ医学. 1991; 8: 81-86.
  26. 松本真一, 坂野 均1), 鈴木幹夫1)(1) 白河厚生総合病院). アキレス腱断裂に対する保存的治療成績. 整・災外. 1991; 34: 1315-1318.
  27. 武藤弘幸, 菊地臣ー. 強直性脊椎炎における腰部脊柱管の形態–CT像からみた検討–. 整・災外.1991; 34(7): 841-844.
  28. 村上和也, 斎藤伸也1), 吉田仁郎, 岩田仁男2), 持田裕史, 宮林 宏3)(1) 国立郡山病院, 2) 福島赤十字病院, 3) 済生会福島総合病院). 関節鏡を併用した膝関節授動術の経験. 整・災外. 1991; 34(7): 873-875.
  29. 村上和也, 菊地臣一, 吉田仁郎, 持田裕史. タナ障害に対する手術成績–関与因子の検討–. 東北膝関節研究会誌. 1991; 1: 39-42.
  30. 吉田仁郎, 菊地臣一, 梅ヶ枝健一1)(1) 梅ヶ枝整形外科医院). スポーツ選手の足関節impingement exostosisの検討. 臨床スポーツ医学. 1991;  8(10): 1131-1137.
  31. 吉田仁郎, 小林利男, 松本真一. 反復性肩関節脱臼症例に対するOudard岩原–山本変法の臨床的検討 特にCT関節造影を中心に. 肩関節. 1991; 15(1): 132-136.
  32. 吉田仁郎, 菊地臣一, 持田裕史, 宮林 宏1), 斎藤伸也2)(1) 済生会福島総合病院, 2) 国立郡山病院). 関節鏡視下ACL再建術後の関節軟骨の変化–術後1年経過例の検討–. 東京膝関節学会誌. 1991; 12: 85-90.
  33. 吉田仁郎. 肩関節に分布する交感神経および感覚神経の起始 ラットおよびヒトの手術材料による解析. 福島医誌. 1991; 4(1): 211-218.
  34. 渡辺栄一, 菊地臣一, 紺野愼一, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 変性腰椎側弯の臨床的検討一治療成績. 整・災外. 1991; 34(5): 613-618.
  35. 渡辺栄一, 菊地臣一. 変性腰椎側弯の発生と臨床症状との対比. 東日本臨床整形外科学会誌. 1991; 3(3): 592-594.
  36. 渡部 徹, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 佐藤喜三郎1)(1) 保原中央病院). 骨粗鬆に合併した椎体骨折–CT像による検討–. 整形外科. 1991; 42(9): 1347-1350.

総説等

  1. 菊地臣一. 脊柱管狭窄・変形性脊椎症の診断. Q&A. 1991; 4: 7-9.
  2. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰部脊柱管狭窄の保存療法. 整・災外. 1991; 34(3): 271-275.
  3. 吉田仁郎, 菊地臣一, 梅ヶ枝健一1)(1) 梅ヶ枝整形外科). 足関節捻挫・靭帯損傷(新鮮例) .臨床スポーツ医学, 1991; 8: 251-257.

症例報告

  1. 大谷晃司, 柳澤正信, 渡辺 真. 著明な石灰化をみた軟部腫瘤の1例. 東北整災誌. 1991; 35(1): 54-57.
  2. 大谷幸子, 古川浩三郎1), 星野亮一1), 矢吹省司(1) 国立郡山病院). セメントレス・セラミック人工膝関節2例の使用経験. 東北整災紀要. 1991; 34: 281-283. 
  3. 大谷幸子, 坂野 均1), 鈴木幹夫1)(1) 白河厚生総合病院). 反復性股関節前方脱臼の1例. 東北整災紀要1991; 34, 283-286.
  4. 大谷幸子, 古川浩三郎1), 星野亮一1), 菊地忠志(1) 国立郡山病院). 第1-2腰椎椎間板ヘルニアに外側開窓法を施行した1例. 東北整災紀要. 1991; 34; 901-904.
  5. 見城知巳, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 脊髄損傷の褥創より発生した非Clostridiumガス壊疽の1例. 東北整災紀要. 1991; 35(2): 231-233.
  6. 斎藤伸也, 岩田仁男, 吉田仁郎. Scaffold型人工靱帯による膝蓋靱帯再建術の2例. 東京膝関節学会会誌. 1991; 11: 296-299.
  7. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 渡辺栄一, 紺野愼一. 硬膜外圧迫要素による純粋な脊髄円錐障害. 日本パラプレジア医学会誌. 1991; 4(1): 172-173.
  8. 佐藤卓志, 坂野 均1), 鈴木幹夫1), 佐藤佳夫1)(1) 白河厚生総合病院). Hypokalemic myopathyの2例. 整形外科. 1991; 42: 553-555.
  9. 佐藤卓志, 古川浩三郎1), 星野亮一1), 日木村秀夫2)(1) 国立郡山病院, 2) 第一内科学). 両側人工膝関節置換術を施行した真性多血症の1例. 整形外科. 1991; 42: 1389-1392.
  10. 田山信敬, 菊地臣一, 乗上 啓. 脊髄モニタリングFalse Negative の1例–脊髄円錐症候群を呈した胸部大動脈瘤手術例–. 日本パラプレジア医学会雑誌. 1991; 4(1): 202-203.
  11. 田山信敬, 菊地臣一 ,渡辺栄一. 脊髄性間欠跛行を伴った3例. 整・災外. 1991; 34(9): 1197-1201.
  12. 千葉勝実1), 小林淳雄, 菊地臣一. 慢性関節リウマチ家系における3姉妹の臨床像とHLA. 福島県立病院医学研究誌. 1991; 7: 71-74.
  13. 乗上 啓, 菊地臣ー. 選択的除圧術を施行した腰部脊柱管狭窄を伴うachondroplasiaの1例. 整・災外. 1991; 34(2): 229-232.
  14. 村上和也, 斎藤伸也, 吉田仁郎. 関節鏡を併用した膝関節授動術の経験. 整・災外. 1991; 34(7): 873-875.
  15. 柳澤正信, 渡辺 真, 佐藤勝彦. 良性骨腫瘍および腫瘍類似疾患に対するハイドロキシアパタイトの使用経験. Orthopaedic Ceramic Implants. 1991; 9: 39-42.
  16. 横村伸夫, 乗上 啓, 関 修弘. 比較的まれな原因による腓骨神経麻痺 10例報告. 東北整災誌. 1991; 35(2): 237-240.

著書・訳書

  1. 菊地臣ー. 腰部脊柱管狭窄症. In: 稲垣義明他編. 今日の治療指針. 東京: 医学書院. 1991; p.573-574 (分担執筆).
  2. 菊地臣ー. 腰仙部神経線障害–形態学的な面から–. In: 第1回腰痛シンポジウム講演記録集; 東京: 東京大学出版会. 1991; p.3-4(分担執筆).

 

その他

  • 福島県立医科大学整形外科学講座. In: 日本整形外科学会編. ケガをしたときのスポーツ医のかかり方. 東京: 日本整形外科学会. 1991(執筆協力). 

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. KIKUCHI Shin-ichi , HASUE Mitsuo1)(1) Japanese Red Cross Medical Center). Patho-mechanism of cauda equina claudication. Clinical analysis with selective spinal angiography. Orthopaedic Transaction. 1991; 15: 327.

 

国内学会

研究発表

  1. 猪股洋一郎, 菊地臣一, 南部昌生1)(1) 日本石油). 椎弓切除後における硬膜周囲変化–高含水ゴム膜の瘢痕組織侵入防止及び癒着防止効果について–. 日整会誌. 1991; 65: S1367.
  2. 大谷幸子, ペルテス病と血清ソマトメジンCの意義. 東北整災紀要. 1991; 35(1): 175-176.
  3. 小林淳雄, RA患者におけるDIP関節の変化について–X線学的検討–. リウマチ. 1991; 31(6): 734.
  4. 小林淳雄, RA患者におけるDIP関節の変化について–X線学的検討–. 東北整災紀要. 1991; 35(1): 172.
  5. 小林利男, 菊地臣ー. 前後屈機能CT画像から見た腰部脊柱管の形態変化. 日本脊椎外科学会雑誌. 1991; 2(1): 4.
  6. 紺野愼一, 菊地臣一, 長総義弘. 後根神経節の局在における臨床的意義–腰部脊柱管狭窄での検討–.日整会誌. 1991;  65(3): S592.
  7. 紺野愼一, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 後根神経節の局在に関する解剖学的検討. 日整会誌. 1991; 65(7): S1131.
  8. 紺野愼一, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 渡辺栄一. 脊柱起立筋の筋内圧と筋血流量に関する実験的研究. 日整会誌. 1991; 65(7): S1393.
  9. 紺野愼一, 菊地臣一, 長総義弘. 腰部脊柱管狭窄のX線学的検討一後根神経節局在と神経障害形式. 日本脊椎外科学会雑誌. 1991; 2(1): 13.
  10. 紺野愼一, 菊地臣一, 長総義弘. 慢性腰痛の発生機序–腰椎前弯角と脊柱起立内圧との関係–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1991; 2(1): 125.
  11. 紺野愼一, ベーチェット病における脊椎病変. 東日本臨床整形外科学会雑誌1991; 3(1): 155.
  12. 紺野愼一, 菊地臣一, 佐藤勝彦, 渡辺栄一. 腰仙部移行椎における神経根の走行とその機能. 東日本臨床整形外科学会雑誌1991; 3: 622.
  13. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 頚椎椎間孔病変の解剖学的検討. 日整会誌. 1991;  65(7): S1385.
  14. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰仙部移行椎の髄節支配の多様性. 日整会誌. 1991; 65(3): S590.
  15. 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰仙部椎間孔病変の解剖学的検討. 日本脊椎外科学会雑誌. 1991; 2(1): 5.
  16. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 渡辺栄一, 小林利男. 選択的脊髄動脈造影の治療効果発現機序一下肢血流の検討一. 日本脊椎外科学会雑誌1991; 2(1): 260.
  17. 関 修弘, 菊地臣一. Pan-spinal canal stenosis–馬尾障害例での検討–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1991; 2(1): 125.
  18. 関 修弘, 佐藤勝彦, 菊地臣ー. 腰仙部神経障害に対するサーモグラフィの臨床的意義一第3報. 麻痺および重症度との対比一. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1991; 3(3): 613.
  19. 武田浩一郎, 股関節手術後に肺塞栓症を来した1例. 東北整災紀要. 1991; 35(2): 430.
  20. 田地野崇宏, 菊地臣一, 紺野愼一. Post-operative lumbar compartment症候群 運動時compartment症候群の3例. 東北整災紀要. 1991; 35(1): 181.
  21. 田山信敬, 乗上 啓, 菊地臣ー, 佐藤 譲. 絞扼性肩甲上神経障害に対する電気生理学的診断の有用性について. 東日本臨床整形外科学会雑誌1991; 3(2): 331.
  22. 千葉勝実1), 小林淳雄, 菊地臣一(1) リハビリテーション研究所). 慢性関節リウマチにおける下肢アライメントとX線変化について. リウマチ. 1991; 31: 734.
  23. 長総義弘, 菊地臣一, 紺野愼一. 腰部脊柱管狭窄の疫学的検討–地域住民へのアンケート調査報告–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1991; 2: 254.
  24. 長総義弘, 菊地臣一, 紺野愼一. 選択的神経根ブロックの治療効果と後根神経節との関連. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1991; 3: 621
  25. 根本 仁1), 紺野 豊1), 佐々木達也1), 児玉南海雄1), 菊地臣ー(1) 脳神経外科学). 磁気刺激による運動誘発電位. 脳波と筋電図. 1991; 19: 186.
  26. 乗上 啓, 菊地臣一, 田山信敬. 神経性間欠肢行の電気生理学的検討–腰部脊柱管狭窄について–. 脳波と筋電図. 1991; 19: 200.
  27. 丸谷雅人, 両側第1肋骨・左第2肋骨疲労骨折の1例. 東北整災紀要. 1991; 35(1): 173-174.
  28. 持田裕史, 菊地臣ー. 殿部・大腿部におけるcompartment症候群–臨床的検討–. 東日本臨床整形外科学会雑誌. 1991; 3(2): 271. 
  29. 持田裕史, 関節内病変を呈した膝蓋骨骨嚢腫と思われる1例. 東京膝関節学会会誌. 1991; 11: 220.
  30. 持田裕史, 渡辺 真1), 吉田仁郎, 菊地臣一, 斎藤伸也2)(1) 福島県心身障害児総合療育センター, 2) 国立郡山病院). 膝関節血管腫の2例. 東京膝関節学会会誌. 1991; 12: 268.
  31. 矢吹省司, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 頚部神経根の解剖学的検討–分岐角度と後根神経節の位置–. 日整会誌. 1991; 65(7): S1132.
  32. 矢吹省司, Flail chestの手術経験. 東北整災紀要. 1991; 35(2): 429.
  33. 横村伸夫, 手根管症候群高度障害例の検討. 東北整災紀要. 1991; 35(2): 436.
  34. 吉田仁郎, 菊地臣ー, 杉浦康夫1)(1) 第一解剖学). 肩関節に分布する交感神経および感覚神経の起始:ラットとヒトの手術材料による解析. 日整会誌. 1991; 65(7): S1218.
  35. 渡辺栄一, 菊地臣ー. レ線学的不安定性の時間的推移–腰椎における臨床的検討–. 日整会誌. 1991; 65(3): S580.
  36. 渡辺栄一, 菊地臣一. 2椎問2根障害の臨床的検討–腰仙部退行性疾患での検討–. 日本脊椎外科学会雑誌. 1991; 2(1): 213.
  37. 渡部 徹, 手根管症候群に対するnight splint装着の治療効果. 東北整災紀要. 1991; 35(2): 438.

update    2017年9月22日  12:15

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01