1989(平成元)年業績

論 文

日本語論文

原 著

  1. 相田長寿1), 菊地臣一, 梅ヶ枝健一2)(1) 竹林病院, 2) 梅ヶ枝整形外科医院). 巨人症・末端肥大症と腰部脊柱管狭窄. 整・災外. 1989; 32(13): 1747-1752.
  2. 相田長寿, 堀川哲男, 菊地臣一. 労働災害・交通事故による頚椎捻挫に対する手術. 東北整災紀要. 1989; 32(2): 301-303.
  3. 苛原 実1), 菊地臣一, 西山慶治2), 伊藤 司2)(1) 小高町立病院, 2) 第一解剖学). 第一頚神経後枝の解剖学的検討とその臨床的意義. 整・災外. 1989; 32: 983-989.
  4. 梅ヶ枝健一1), 菊地臣一. (1) 梅ヶ枝整形外科医院). バスケットボール選手にみられた下腿, 足部の疲労骨折. 臨床スポーツ医学. 1989; 6: 141-148.
  5. 菊地臣一, 蓮江光男1), 豊島 宏1)(1) 日赤医療センター)脊椎・脊髄疾患と消化器病変. 整形外科. 1989; 40(9): 1414-1418.
  6. 菊地臣一, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター)脊髄性間欠跛行の臨床的検討. 臨整外. 1989; 24(7): 837-841.
  7. 菊地臣一, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 責任高位診断における脊髄造影・硬膜外造影所見の臨床的意義ー変性々脊柱管狭窄についてー. 整・災外. 1989; 32(3): 321-324.
  8. 小林利男, 菊地臣一, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 頚椎疾患の検査・治療に伴った重篤な合併症の検討. 整・災外. 1989; 32(8): 947-951. 
  9. 紺野愼一1), 菊地臣一, 蓮江光男2). (1) 県立田島病院, 2) 日赤医療センター)Superficial posterior compartment症候群について. 整形外科. 1989; 40(8): 1181-1184.
  10. 紺野愼一1), 蓮江光男2), 菊地臣一(1) 県立田島病院, 2) 日赤医療センター). 造影所見に乏しい腰仙部根症状例の検討. 整・災外. 1989; 32(3): 423-425.
  11. 紺野愼一1), 菊地臣一(1) 県立田島病院). 腰仙部選択的神経根ブロックの治療効果ー高齢者に対する検討ー. 整・災外. 1989; 32(7): 861-865.
  12. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 小林利男. 腰仙部神経根ブロックによる皮膚温の変化. Biomedical Thermography. 1989; 9(1): 43-45.
  13. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 腰下肢痛を主訴とし退行性脊椎疾患と誤診した症例の検討. 整・災外. 1989; 32(5): 611-614.
  14. 佐藤勝彦. 腰仙部脊髄神経の解剖学的研究とその臨床的意義. 福島医誌. 1989; 39(4): 511-517.
  15. 佐藤日出夫1), 菊地臣一(1) 福島赤十字病院). バスケットボール選手によくみられる腰痛〜椎間板ヘルニア, 分離症. 臨床スポーツ医学. 1989; 6: 133-139.
  16. 丹藤幸作. 関節液中のN-acetyl-β-D-glucosamidase測定の意義. 福島医誌. 1989; 39(2): 245-254.
  17. 千葉勝実. 日本人の下肢アライメントに関する研究. 福島医誌. 1989; 39(3): 375-398.
  18. 乗上 啓, 島津 晃1)(1) 大阪市立大学). 末梢神経刺激による馬尾活動電位-その診断的限界について-. 臨床脳波. 1989; 31: .
  19. 乗上 啓, 宮林 宏1), 斎藤伸也, 村上 靖2), 吉田仁郎, 高橋 功3), 萩原賢一4)(1) 済生会福島総合病院, 2) 坂下厚生総合病院, 3) 郡山整形外科, 4) 第一外科学). Popliteal artery entrapment syndromeの発症に関する解剖学的1考察. 整形外科. 1989; 40(5): 788-792.
  20. 乗上 啓, 松田英雄1), 中田信昭1)(1) 大阪市立大学). 脊椎疾患における重複病変(Double lesion)の診断とその手術適応について. 中部日本整形災害外科学会雑誌. 1989; 32(5): 2066-2074.
  21. 船橋裕司1), 西間木友衛1), 五十嵐 哲1), 渡辺一雄1), 粕川禮司1)三浦英男2), 藤原正敏2), 千葉勝美2), 星野亮一3), 松本 淳(1)第二内科学, 2)リハビリテーション研究所, 3)国立郡山病院). 慢性関節リウマチ滑液中CD5陽性B細胞の増加. 醫學のあゆみ. 1989; 149(13): 947-948.
  22. 古澤 渉, 渡辺栄一, 菊地臣一. 自覚症状からみた頚部脊髄症の術後成績(第1報)1椎間前方固定例の検討. 東北整災紀要. 1989; 32(2): 356-359.
  23. 古澤 渉, 菊地臣一, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 片開き式脊柱管拡大術失敗例の検討ー椎弓落ち込みによる遅発性脊髄障害ー. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 92-97.
  24. 松本 淳. 老年者の骨・関節疾患の治療の実際と問題点 老年者の骨・関節疾患ー最近の動向ー. 治療. 71(6); 1989: 1291-1294. 
  25. 松本真一, 吉田仁郎, 小林利男, 相田長寿. 外転ドラムの一工夫–前腕支持帯付き外転ドラム–. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 162-164.
  26. 村上 靖1), 宮林 宏2), 斎藤伸也, 岩田仁男3), 多久泰夫4), 相田長寿5)(1) 坂下厚生総合病院, 2) 済生会福島総合病院, 3) 福島赤十字病院, 4) かしま病院,  5) 竹林病院). 膝蓋内側滑膜ひだの造影所見の検討. 整形外科. 1989; 40(5): 827-830.
  27. 渡辺栄一, 堀川哲男1), 中山博晶2), 菊地臣一(1) 公立藤田総合病院, 2) かしま病院). 特発性側弯症におけるintegrated shape imaging system(ISIS)の有用性. 整・災外. 1989; 32(12): 941-945.
  28. 渡辺栄一, 堀川哲男1), 後藤英隆2), 菊地臣一(1) 公立藤田総合病院, 2) 済生会福島総合病院). 頚椎疾患に対するhalo装置の固定性ー各種体幹装着法の検討ー. 整・災外. 1989; 32(8): 941-945.
  29. 渡辺栄一, 堀川哲男1), 中山博晶2), 小林利男, 後藤英隆, 菊地臣一(1) 公立藤田総合病院, 2) かしま病院). 頚椎椎管拡大術(平林変法)の検討. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 8-11.
  30. 渡辺栄一. 変性腰椎側彎の臨床的検討. 福島医誌. 1989; 39(4): 487-498.
  31. 渡辺 真, 柳澤正信, 佐藤勝彦. HD-MTX-CF療法の副作用. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 263-271.

総説等

  1. 菊地臣一, 松本 淳. 骨関節疾患–診断と治療–頚椎症. 現代医療. 1989; 21(6): 1513-1517.
  2. 佐藤日出夫, 菊地臣一. バスケットボール選手によくみられる腰痛 腰椎椎間板ヘルニア, 分離症. 臨床スポーツ医学. 1989; 6(2): 133-139.
  3. 松本 淳. 入門講座X線写真のよみかた(第4章)膝と足. リウマチ科. 1989; 1(4): 499-508.
  4. 松本 淳. 会長講演 特異関節炎. 結合組織. 1989; 21(1): 7-11.
  5. 松本 淳. (老年者の骨・関節疾患 治療の実際と問題点)老年者の骨・関節疾患 最近の傾向. 治療. 1989; 71(6): 1291-1294. 

症例報告

  1. 相田長寿, 菊地臣一. 腰部脊柱管狭窄を呈した末端肥大症の1例. 整・災外. 1989; 32(3): 423-425.
  2. 猪股洋一郎, 菊地臣一. 脊髄造影からは診断困難であった脊椎・脊髄疾患の5例. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 108-112.
  3. 紺野愼一1),  菊地臣一(1) 県立田島病院). 大腿のcompartment syndromeを呈した軟部腫瘍の1例. 整・災外. 1989; 32(2): 229-231.
  4. 小林利男, 菊地臣一. 上位胸椎胸骨全縦割到達法の小経験–問題点の検討–. 整・災外. 1989; 32(6): 755-758.
  5. 斎藤伸也, 宮林 宏1), 松本 淳(1) 済生会福島総合病院). 鏡視下滑膜切除術により軽快した3歳児膝伸展制限の1例. 関節外科. 1989; 8(10): 149-151.
  6. 斎藤伸也, 吉田仁郎, 村上 靖. 軟骨損傷に左右差を呈したChondropathia Patellaeの1例. 関節鏡. 1989; 14(2): 221-224.
  7. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 千葉勝実1)(1) リハビリテーション研究所). 慢性関節リウマチによる腰椎前方辷り. 整・災外. 1989; 32(7): 867-871.
  8. 佐藤 譲, 武田浩一郎, 佐藤勝彦. 肩甲骨外骨腫の7例. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 243-246.
  9. 関口哲夫, 菊地臣一. すべり発生を確認し得た変性性腰椎すべり症の1例。東北整災紀要. 1989; 32(2): 238-240.
  10. 武田浩一郎, 佐藤 譲, 佐藤勝彦. 腸骨骨嚢腫の2例. 東北整災紀要. 1989; 32(2): 388-390.
  11. 乗上 啓, 渡辺 真, 古川浩三郎1), 星野亮一1), 齋藤 昭, 小林淳雄(1) 国立郡山病院). 組織学的検索をした肘蓋骨(patella cubiti)の1例. 整形外科. 1989; 40(10): 1553-1536.
  12. 武藤弘幸1), 菊地臣一(1) 今泉西病院). 脊髄性間欠跛行を呈した頚椎症性脊髄症の1例. 整・災外. 1989; 32(5): 667-669.
  13. 武藤弘幸1), 菊地臣一(1) 今泉西病院). 左右で責任高位および責任神経根の異なる腰神経根障害の3例–2椎間2根障害–. 整・災外. 1989; 32(12): 1605-1618.
  14. 持田裕史. 関節内限局性滑膜炎の1例. 東京膝関節学会会誌. 1989; 9: 59-66.
  15. 柳澤正信, 渡辺 真, 佐藤勝彦. 動脈瘤様骨嚢腫の3症例. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 260-263.
  16. 柳澤正信, 渡辺 真, 佐藤勝彦. 滑膜肉腫の4症例. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 402-404.
  17. 渡辺栄一, 菊地臣一, 佐藤勝彦. 自覚症状からみた胸椎椎間板ヘルニア. 整・災外. 1989; 32(3): 345-349.
  18. 渡辺 真, 柳澤正信, 佐藤勝彦, 松本 淳, 藤原正敏1), 三浦英男1)(1) リハビリテーション研究所). Gaucher病の末期像を呈する症例. Connective Tissue. 1989; 21(2): 41-46.
  19. 渡辺 真, 柳澤正信, 佐藤勝彦, 渡辺栄一, 小林利男, 粟野 昇1), 樋口 出1), 青木秀弘2)(1) 公立藤田総合病院, 2) 青木整形外科医院). Post-pregnancy osteoporosis–3自験例と本邦報告例の分析–. 整形外科. 1989; 40(5): 683-689.
  20. 渡辺 真, 柳澤正信, 佐藤勝彦. 巨大骨偽腫瘍の2例. 東日本臨床整形外科学会誌. 1989; 1(1): 297-300.
  21. 渡辺 真, 柳澤正信, 佐藤勝彦. 母趾爪下外骨腫の4例. 東北整災紀要. 2989; 32(2): 391-394.
  22. 渡辺 真, 藤原正敏1), 三浦英男1), 柳澤正信, 佐藤勝彦, 松本 淳(1) リハビリテーション研究所). Gaucher病の終末像 1例報告. 福島医誌. 1989; 39(1): 111-118.

著書・訳書

  1. 菊地臣一. 脊柱管狭窄症. In: 桜井 実編. 図説整形外科診断・治療講座1巻. 腰痛の診断と治療. 東京: メジカルビュー社. 1989; p146-155.
  2. 菊地臣一. 変性性脊柱管狭窄. In: 脊椎外科同好会編. 頚・腰椎の外科. 東京: 南江堂. 1989.
  3. 菊地臣一. In: 山内裕雄編. 今日の整形外科治療指針. 第2版. 東京: 医学書院. 1989.
  4. 佐藤勝彦, 菊地臣一. 神経根造影. In: 白井康正編. 図説整形外科診断・治療講座2巻. 整形外科の画像診断. 東京: メジカルビュー社. 1989; p156-167.
  5. 松本 淳. 間歇性関節水症, 回帰性関節リウマチ. In: 塩川優一, 七川歓次, 御巫清允, 本間光夫監修. 廣畑和志, 髙久史麿, 水島 裕, 西岡久寿樹編集. リウマチ学. 同文書院. 1989.
  6. 渡辺 真. 単純性股関節炎. In: 塙 嘉之, 三河春樹, 重田政信編. 今日の小児治療指針 8版. 東京: 医学書院. 1989; p551.
  7. 渡辺 真. 新生児検診. In: 舟山完一編. 図説整形外科診断・治療講座 巻. 先天性股関節脱臼. 臼蓋形成不全の診断と治療. 東京: メジカルビュー社. 1989.

 

その他

  • 松本 淳. 整形外科用語解説(1) Acetabulum(寛骨臼). 骨・関節・靱帯. 1989; 2(7): 846-847.
  • 松本 淳. 整形外科用語解説(2) Articulus(関節). 骨・関節・靱帯. 1989; 2(7): 848-849.
  • 松本 淳. 整形外科用語解説(3) Chondr(o)(軟骨(質)). 骨・関節・靱帯. 1989; 2(8): 998-1000.
  • 松本 淳. 整形外科用語解説(4) Anaesthesia(1)知(感)覚脱(消)失, (2)麻酔(法). 骨・関節・靱帯. 1989; 2(9): 1141-1143.
  • 松本 淳. 整形外科用語解説(5) Ankyrosis強直とContruvture拘縮. 骨・関節・靱帯. 1989; 2(9): 1142-1143.
  • 松本 淳. 整形外科用語解説(6) Suture(1)縫合(線維性骨結合の一形式), (2)縫合(外科手術の技法の一手技), (3)縫合材料, (4)縫合(外科手術行為の一種). 骨・関節・靱帯. 1989; 2(10): 1249-1259.
  • 松本 淳. 整形外科用語解説(7) Vertebra, Wirbel(脊髄). 骨・関節・靱帯. 1989; 2(11): 1379-1381.
  • 松本 淳. 整形外科用語解説(8) Musculus. 骨・関節・靱帯. 1989; 2(12): .

研究発表等

国内学会

研究発表

  1. 相田長寿1), 菊地臣一, 梅ヶ枝健一2)(1) 竹林病院, 2) 梅ヶ枝整形外科医院). 末端肥大症・巨人症と腰部脊柱管狭窄. 日整会誌. 1989; 63 (2): S47.
  2. 相田長寿1), 菊地臣一(1) 竹林病院). 末端肥大症・巨人症と腰部脊柱管狭窄. 福島医誌. 1989; 39(2): 297.
  3. 青田恵郎. 悪性転化したvon reckilinghausen病の1例. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 437-438.
  4. 猪股洋一郎, 菊地臣ー. 造影所見に乏しい脊椎脊髄疾患の5例. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 194.
  5. 岩田仁男. 指MP関節locking fingerの5例. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 418-419.
  6. 川前恵一. 慢性関節リウマチの滑膜炎により両側弾発膝を呈した1症例. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 422.
  7. 菊池一郎1), 園部成喜2), 柳澤正信, 渡辺 真, 松本 淳, 鬼満 雅3), 阿部孝一3), 高橋 功4)(1) 公立藤田総合病院, 2) 公立岩瀬病院, 3) 福島県心身障害児総合療育センター, 4) 郡山整形外科). 当科におけるChiari 骨盤骨切術の検討. 第73回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 217.
  8. 菊地臣一, 杉浦康夫1), 西山慶治1), 苛原 実2), 伊藤 司3)(1) 第一解剖学, 2) 小高町立病院, 3) 学長). 腰部脊柱における椎間孔靭帯–解剖学的検討–. 日整会誌. 1989; 63(7): S988.
  9. 菊地忠志. 固有手部に発生した悪性腫瘍の4例. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989: 33(2): 438.
  10. 小林利男, 佐藤勝彦, 古澤 渉, 菊地臣ー, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 腰仙部神経根の皮膚固有域–選択的神経根ブロックによる検討–. 日整会誌. 1989;  63(2): S48.
  11. 小林利男, 菊地臣ー, 蓮江光男1)(1) 日赤医療センター). 頚椎疾患の検査・治療に伴った重篤な合併症の検討. 日整会誌. 1989; 63(2): S266.
  12. 小林利男. 頚椎疾患の検査・治療に伴った重篤な合併症の検討. 福島医誌. 1989; 39(2): 295.
  13. 紺野慎一1), 菊地臣ー,蓮江光男2)(1) 県立田島病院, 2) 日赤医療センター). 高齢者における下肢深部反射ー疫学的調査一. 日整会誌. 1989; 63(3): S496.
  14. 紺野慎一1), 菊地臣ー(1) 県立田島病院). Post traumatic lumbar spinal stenosisの1例.東北整災紀要. 1989; 33(1): 191.
  15. 齋藤 昭. 寛骨臼掘削を加えたbipolar型人工骨頭置換術後のレ線学的検討. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 430.
  16. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 西山慶治1), 伊藤 司2)(1) 第一解剖学, 2) 学長). 腰仙部神経根症状に対するサーモグラフィーの臨床的意義,第1報. 神経根ブロック前後における変化. 日整会誌. 1989; 63 (2): S37.
  17. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 松本 淳, 千葉勝実1),  藤原正敏1), 三浦英男1)(1) リハビリテーション研究所). 慢性関節リウマチによる環軸椎自然癒合例の検討. 日整会誌. 1989; 63(3): S475.
  18. 佐藤勝彦, 菊地臣一, 西山慶治1), 杉浦康夫1), 伊藤 司2)(1) 第一解剖学, 2) 学長). 腰仙骨神経根と腰仙骨神経叢の解剖学的検討とその臨床的意義. 日整会誌; 1989; 63(7): S1135.
  19. 佐藤勝彦,菊地臣ー. 頚椎症性神経根症と誤診されていたPancoast腫蕩の4例. 東北整災紀要,1989; 33(1): 197.
  20. 佐藤勝彦, 慢性関節リウマチによる環軸椎自然癒合例の検討. 福島医誌. 1989; 39(1): 135.
  21. 佐藤勝彦, 腰仙部神経根症状に対するサーモグラフィーの臨床的意義(第1報)神経根ブロックの前後における変化. 福島医誌. 1989; 39(2): 295.
  22. 佐藤喜三郎1), 江波清隆1), 菊地臣ー(1) 保原中央病院). 大腿部におけるanterior compartment 症候群の1例. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 213.
  23. 佐藤日出夫1), 菊地臣ー, 尾股定雄2), 佐藤信也3). (1) 福島赤十字病院, 2) 尾股整形外科医院, 3) 佐藤整形外科医院). すべり発生を確認し得た分離すべり症–その発生機序と長期予後–. 日整会誌. 1989; 63(2): S56.
  24. 関 修弘. 腰椎変性すべり症が多発した1家系. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 448.
  25. 千葉勝実1)三浦英男1), 藤原正敏1), 松本 淳(1)リハビリテーション研究所). 日本人の生体計測(第2報) : 下肢のX線計測. 第26回日本リハビリテーション医学会総会. 1989. リハビリテーション医学. 1989; 26(6): 487.
  26. 鳥越 均. 新生児検診で発見される整形外科的疾患. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 458.
  27. 乗上 啓. 馬尾刺激による下行性末梢神経活動電気に関する実験的および臨床的研究. 脳波と筋電図. 1989; 17(2): 188.
  28. 乗上 啓. 選択的除圧術を施行したachondroplasia 混合型間欠跛行の1例. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 448.
  29. 古澤 渉, 腰椎後側方固定術に対する臨床的検討 隣接椎間の変化. 福島医誌. 1989; 39(3): 460.
  30. 松本 淳. 特異関節炎, 岡山医学会雑誌. 1989; 101(9-10): 975-976.
  31. 武藤弘幸1), 菊地臣ー(1) 今泉西病院). 左右で責任高位および責任神経根の異なる腰部変性性疾患の3例. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 192.
  32. 武藤弘幸, 腰椎変性すべり症の自然経過 10年以上経過例の検討. 福島医誌. 1989; 39(3): 461.
  33. 村上和也. 関節鏡を用いた膝関節授動術の検討. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 421.
  34. 持田裕史, 非定型的症状を呈した特発性大腿骨内顆骨壊死の1例. 第73回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 220.
  35. 柳澤正信, 渡辺 真, 佐藤勝彦. Ewing肉腫の5症例. 日整会誌; 1989; 63(6): S664.
  36. 柳澤正信, 渡辺 真, 佐藤勝彦. 動脈癌様骨嚢腫の3症例. 第73回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 209.
  37. 柳澤正信, 広背筋皮弁の小経験. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 456-457.
  38. 柳澤正信, 大腿骨頭骨梁骨の組織形態計測. 福島医誌. 1989; 39(4): 609.
  39. 柳澤正信, 血管柄付き遊離腓骨症例の検討. 福島医誌. 1989; 39(4): 614.
  40. 吉田仁郎. 外側支帯切離術の限界について. 第73回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 220.
  41. 渡辺栄一, 菊地臣一, 蓮江光男1), 紺野慎一2), 苛原 実3)(1) 日赤医療センター, 2) 県立田島病院, 3) 小高町立病院). 変性々腰椎側弯の臨床的検討–疫学調査–. 日整会誌. 1989; 63(3): S603.
  42. 渡辺栄一, 稀な脊髄髄内腫瘍の3症例. 第74回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(2): 454-455.
  43. 渡辺 真, 柳澤正信. 新生時先天股脱の治療体系. 日整会誌. 1989; 63(3): S508..
  44. 渡辺 真, 柳澤正信, 佐藤勝彦. HD-MTX-CF 療法の副作用. 第73回東北整形災害外科学会. 東北整災紀要. 1989; 33(1): 210.

シンポジウム

  1. 菊地臣ー. 老年者の腰痛・坐骨神経痛–手術療法–(シンポジウム・老年者の腰痛坐骨神経痛). 日整会誌. 1989; 63(2): S196.

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01