1979(昭和54)年業績

論 文

日本語論文

原 著

  1. 黒羽根洋司, 中村 武, 松本 淳, Ofusu Amaah. 正常ガーナ人における骨濃度の測定. 日本熱帯医学会雑誌. 1979; 7(1): 43-49. 
  2. 黒羽根洋司, 鬼満 雅, 山川浩司, 高橋 功, 高橋 公. 当園における年長児先天股脱の治療とその検討. 東北整災紀要. 1979; 22: 1-4.
  3. 高橋 公, 沢海明人, 黒羽根洋司, 山川浩司, 坂野 均, 田勢長一郎1), 鈴木美保子, 竹村 和2), 山口二郎2), 高橋 功, 田島 健, 阿倍孝一, 堀川哲男(1) 麻酔科学, 2) 理学療法室). 呼吸障害に対する肺理学療法の経験. 整・災外. 1979; 22: 421-425.
  4. 沼崎邦浩, 柳澤正信, 藤原正敏, 坂野 均, 樋口 出, 松本 淳. いわゆるスポーツ中に受傷した中手骨・中足骨の骨折について. 東日本スポーツ医学研究会誌. 1979; 1: 67.
  5. 蓮江光男, 作山洋三, 坂本隆彦, 菊地臣一, 中村 久1), 粟野 昇1), 三浦英男2), 川崎眞二3)(1) 公立藤田総合病院, 2) リハビリテーション研究所, 3) 済生会福島病院). ADL障害因子としての腰痛, 坐骨神経痛–老年者の実態調査–. リハビリテーション医学. 1979; 16(1): 51-56.
  6. 古川浩三郎, 倉持英輔, 星野亮一, 田島 健, 作山洋三, 伊藤 司1)(1) 第一解剖学). 選択的頚部神経根造影について. 臨整外. 1979; 14: 661-668. 
  7. 渡辺秀樹. ヒト関節軟骨プロテオグリカンの加令及び変形性関節症における変化について. 結合組織. 1979; 11: 63. 

症例報告

  1. 坂野 均, 樋口 出, 柳澤正信, 藤原正敏, 蓮江光男. 尺骨神経背側枝単独麻痺の2例. 整形外科. 1979; 30: 1547-1549.
  2. 須田昭男, 今井 大1), 渡辺 真, 柳澤正信, 長谷川荘八(1) 山形大学). 骨肉腫に変化した骨巨細胞腫の一剖検例. 日本癌治療学会誌. 1979; 14: 1062-1063.

 

研究報告

  • 蓮江光男, 作山洋三, 菊地臣一, 坂本隆彦. 老年者の脊椎疾患ことに脊椎靱帯骨化に関する疫学的研究. 大和ヘルス財団研究業績集. 1979; 3: 148-150.

研究発表等

国際学会

研究発表

  1. FUJIWARA Masatoshi, MIURA Hideo, NUMASAKI Kunihiro, HASUE Mitsuo. Kinematic anc electromyographic analysis of the strength of the abdominal and back muscle. 4th. Congress of I. S. E. K. 1979.
  2. HASUE Mitsuo, SAKUYAMA Yozo, KIKUCHI Shin-ichi, ITO Tsukasa1)(1) First Anatomy). Various abnormalities of lumbar spine as related to root symptoms. 第6回西太平洋整形外科学会(WPOA); 1979.
  3. HASUE Mitsuo, FUJIWARA Masatoshi, KIKUCHI Shinichi. A new method of quantative measurements of abdominal and back muscle strength. 第6回国際腰椎研究会(ISSLS). 1979.
  4. KIKUCHI Shin-ichi, SAKAMOTO Takayoshi, SHIBA Hidetaka, HASUE Mitsuo. Long-term prognosis of initially untreated injury of cervical spine. 第6回西太平洋整形外科学会(WPOA). 1979.
  5. KUROBANE Yoichi, NAKAMURA Takeshi, MATSUMOTO Jun, Ofushi-Amaah. The bone density of normal Ghanian. 第6回西太平洋整形外科学会(WPOA). 1979.
  6. ONO Jisen, TERASHIMA Kazuo, YANAGISAWA Masanobu, MATSUMOTO Jun. A case of solitary non-secretoty myeloma treated by the complete removal of affected vertebra. 第6回西太平洋整形外科学会(WPOA). 1979.

 

国内学会

研究発表

  1. 新井 實, 作山洋三, 小野寺 元, 堀川哲男, 谷 良久, 沢海明人, 坂本隆彦. 側弯症における背面隆起(Hump)の意義について. 第54回東北整形災害外科学会. 1979.
  2. 岩瀬育男, 高橋 公, 小野自仙, 高橋 功, 山川浩司, 黒羽根洋司, 柳澤正信, 坂野 均. 臼蓋形成不全の臨床検討. 第52回日本整形外科学会総会. 1979. 
  3. 小野寺 元, 小野自仙. 右半身不全麻痺を来たして脊髄クモ膜憩室の1例. 第3回東北地区脊椎外科懇話会. 1979.
  4. 菊地臣一, Macnab Ian1), 蓮江光男, 樋口 出(1) Univ. Toronto). 頚部神経根造影における局所解剖学的研究. 第52回日本整形外科学会総会. 1979. 
  5. 菊地臣一, 坂本隆彦, 志田秀雄, 蓮江光男. 初期診断に問題のあった環椎脱臼骨折の検討. 第28回東日本臨床整形外科学会. 1979.
  6. 菊地臣一, 野崎洋文1), 田島 健(1) 麻酔科学). 気管無名動脈瘻の1例. 第53回東北整形災害外科学会. 1979.
  7. 坂本隆彦, 作山洋三, 小野寺 元, 谷 良久, 菊地臣一, 蓮江光男. R-B治療後の骨頭側方位について. 第17回先天股脱研究会. 1979.
  8. 鈴木 信, 黒羽根洋司. 椎体腫瘍とまぎらわしいレ線像を呈した小児椎体骨髄炎の1症例. 第54回東北整形災害外科学会. 1979.
  9. 沼崎邦浩, 藤原正敏, 柳澤正信, 坂野 均, 菊地臣一, 樋口 出, 蓮江光男. 種々の疾患における表面筋電図の分析. 第9回日本脳波・筋電図学会. 1979.
  10. 蓮江光男, 藤原正敏, 作山洋三, 菊地臣一, 坂本隆彦, 三浦英男1), 川崎眞二(1) リハビリテーション研究所). 脊椎全体像よりみた靱帯骨化のX線学的検討. 第52回日本整形外科学会総会. 1979. 
  11. 藤原正敏, 蓮江光男. 腰椎疾患の体幹筋の筋力と筋疲労に関する筋電図学的検討. 第9回日本脳波・筋電図学会. 1979.
  12. 堀川哲男, 作山洋三, 渡辺秀樹, 紺野宣郎, 蓮江光男. Atlanto-axial rotatoly fixationの1例. 第53回東北整形災害外科学会. 1979.
  13. 三浦英男1), 藤原正敏, 松本 淳, 塚原 進2)(1) リハビリテーション研究所, 2) 第二生理学). 歩行機能の解析と応用(第8報). 炭素繊維圧センサーによる動的足底圧計測. 第16回日本リハビリテーション医学会; 1979. 日本リハビリテーション医学会誌. 1980; 17(1): 38-39.
  14. 八子 理, 紺野宣郎, 渡辺秀樹, 松本 淳. 膝半月板切除施行例の臨床的検討. 第28回東日本臨床整形外科学会. 1979.
  15. 柳澤正信, 岩瀬育男, 志田秀隆, 小野自仙, 沢海明人, 松本 淳, 長谷川荘八. 骨腫瘍の広範囲骨欠損に対する骨セメント使用の経験. 第53回東北整形災害外科学会. 1979. 
  16. 柳澤正信, 小野自仙, 坂野 均, 沼崎邦浩, 長谷川荘八, 本田 徹. 恥骨, 肩甲骨, 鎖骨に発生した単発性骨嚢腫. 第54回東北整形災害外科学会. 1979.
  17. 渡辺秀樹, 松本 淳, 鶴見膠一1)(1) 生化学). ヒト関節軟骨プロテオグリカンの加齢および変形性関節症における変化について. 第53回東北整形災害外科学会. 1979.

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01