1977(昭和52)年業績

論 文

英語論文

原 著

  1. KIKUCHI Shin-ichi, HASUE Mitsuo, FURUKAWA Kouzabrou, NAKAMURA Takeshi. A biometric study of lumbar spinal measurement of Japanese adult skelton. Japanese J Orthop Surg.. 1977; 51: 263-275.

症例報告

  1. FURUKAWA Kouzaburou, HOSHINO Ryhouichi, HASUE Mitsuo, KURAMOCHI Eisuke. Cervical intevertebral-disc calcification in a child. Case report with seven-year follow-up. J Bone Joint Surg. 1977; 59-A: 692-693.

 

日本語論文

 原 著

  1. 高橋 功, 高橋 公, 山川浩司, 黒羽根洋司, 渡辺 真, 小野自仙. 先天股脱治療後における骨頭側方位について. 整形外科. 1977; 28: 97-105.
  2. 田島 健, 尾股定雄, 古川浩三郎, 木田 浩. 腰椎分離辷り症の手術例の検討–5年以上経過例–. 東北整災紀要. 1977; 20: 107-110.
  3. 田島 健, ほか. 胸腰椎におけるdiscographyの意義について. 臨整外. 1977; 12(9): 877-882.
  4. 長谷川荘八, 渡辺 真, 菊地臣一, 早乙女紘一, 尾股定雄, 竹林貞吉, 谷 良久. 小児上腕骨外上顆骨折の予後調査. 災害外科. 1977; 20: 147-153.
  5. 樋口 出, 沼崎邦浩, 蓮江光男, 本田邦彦. 腕神経叢麻痺に対する手関節伸展機能再建術の小経験. 整形外科. 1977; 28: 1390-1391.
  6. 渡辺 真, 高橋 公, 小野自仙, 高橋 功, 山川浩司, 黒羽根洋司, 本田邦彦. 新生児先天股脱治療の適応について–Click陽性児の新生児無治療例の分析–. 整形外科. 1977; 28: 1187-1190.

総説等

  1. 井上和郎, 蓮江光男. 骨折・脱臼シリーズ11 胸椎・肋骨・肩甲骨. 災害外科. 1977; 20(11): 1007-1018.
  2. 松本 淳. 関節リウマチ治療上の問題点. 日本医師医学講座. 1977; 317-323.

症例報告

  1. 坂野 均, 鬼満 雅, 菊地臣一, 岡村令子. 進行性化骨性筋炎の2例. 東北整災紀要. 1977; 20: 10-13.
  2. 坂本隆彦, 尾股定雄, 蓮江光男. 上腕骨滑車及び肘頭骨端核無腐性壊死の1症例. 東北整災紀要. 197; 20: 19-21.
  3. 須田昭男, 舟山正和, 高橋 潔1)(1) 第一病理学). 間葉性軟骨肉腫の1剖検例. 整形外科. 1977; 28: 225-230.
  4. 田島 健, 谷 良久, 沢海明人, 山川浩司, 古川浩三郎. 硬膜骨化を伴うと思われる後縦靱帯骨化症の例. 東北整災紀要. 1977; 20: 111-113.
  5. 中村 武, 高橋 公, 新井 實, 黒羽根洋司, 岩瀬育男. 弾撥現象を伴なった両側殿筋拘縮症の1治験. 東北整災紀要. 1977; 20: 196-200.
  6. 樋口 出, 沼崎邦浩, 蓮江光男, 菊地臣一. 血友病性出血によるVolkmann拘縮の2例. 整形外科. 1977; 28: 1447-1449. 
  7. 藤原正敏, 蓮江光男, 小野寺 元, 黒羽根洋司, 菊地臣一. Achondroplasiaによる脊柱管狭窄の一手術例. 東北整災紀要. 1977; 20: 17-181.
  8. 星野亮一, 白澤栄嗣, 坂本隆彦, 古川浩三郎, 佐藤信也. 特発性脊髄出血の1例(選択的脊髄血管造影像を中心に). 東北整災紀要. 1977; 20: 167-169.

著書・訳書

  1. 蓮江光男, 木田 浩. 腰部脊柱管狭窄の概念と治療. p259-275. In: 現代外科学大系. 中山書店. 1977.
  2. 松本 淳. 関節リウマチ. In: 中山恒明, 榊原 仟監修. 新臨床外科全書16, 1. 金原出版. 1977.

研究発表等

国内学会

研究発表

  1. 川原慎一郎, 渡辺 真, 尾股定雄, 舟山正和. Dysplasia epiphysialis hemelicaの2例. 第26回東日本臨床整形外科学会. 1977.
  2. 坂野 均, 樋口 出, 柳澤正信. 両側環, 小指にみられた特発性屈曲拘縮の1例. 第49回東北整形災害外科学会. 1977.
  3. 坂本隆彦, 星野亮一, 古川浩三郎, 蓮江光男, 木田 浩, 田島 健, 倉持英輔, 中村 久, 粟野 昇. 腰椎椎管狭窄における下関節突起形態と症状発現について–老人健診及び手術例の単純X線検討より–.  第50回日本整形外科学会. 1977.
  4. 作山洋三, 古川浩三郎, 菊地臣一, 田島 健, 尾股定雄. 腰椎の不安定椎についての臨床的およびX線学的研究〜5年以上経過例について〜.  第50回日本整形外科学会. 1977.
  5. 沢海明人, 高橋 公, 鬼満 雅, 谷 良久, 小野寺 元, 岩瀬育男. 下腿捻転骨切り術の成績–主にreed osteotomy–. 第26回東日本臨床整形外科学会. 1977.
  6. 志田秀隆, 井上和郎, 福田 茂, 渡辺 真. Morton病の1例. 第49回東北整形災害外科学会. 1977.
  7. 白沢栄嗣, 沼崎邦浩, 蓮江光男. 実験的脊髄損傷における体性感覚誘発電位の変動(第2報). 第7回日本脳波・筋電図学会. 1977.
  8. 須田昭男, 今井 大1), 渡辺 真(1) 山形大学). 良性骨芽細胞および良性軟骨芽細胞腫の各1例. 第10回日本整形外科学会骨軟部腫瘍研究会. 1977. 
  9. 高橋 功, 田島 健, 山川浩司, 高橋 公, 渡辺 真, 小野自仙, 柳澤正信. 先天股脱における初診時reducibleな症例の検討. 第26回東日本臨床整形外科学会. 1977.
  10. 高橋 功, 山川浩司, 高橋 公, 黒羽根洋司, 渡辺 真, 小野自仙. 整復不能例の検討–股関節周囲要素の関与について–. 第13回先天股脱研究会. 1977.
  11. 高橋 功, 田島 健, 山川浩司, 高橋 公, 渡辺 真, 小野自仙. 整復障害を中心に. 第14回先天股脱研究会. 1977.
  12. 高橋 公, 沢海明人, 沼崎邦浩. 先天性内反足の保存的療法の限界と治療成績.  第50回日本整形外科学会. 1977.
  13. 高橋 公, 沢海明人, 鬼満 雅, 谷 良久, 小野寺 元, 岩瀬育男. Cobeyの後足部撮影–先天性内反足について–. 第26回東日本臨床整形外科学会. 1977.
  14. 高橋 公, 沢海明人, 山川浩司, 沼崎邦浩, 三浦英男1)(1) リハビリテーション研究所). ブーツ, サンダルによる足への影響 : アンケート調査. 第15回日本リハビリテーション医学会総会. 1977. 日本リハビリテーション医学会誌1978; 15(4): 274.
  15. 沼崎邦浩, 高橋 公, 樋口 出, 白澤栄嗣, 藤原正敏, 蓮江光男, 牧野正三. 筋性, 神経疾患患者における表面筋電図のパワースペクトルについて. 第7回日本脳波・筋電図学会. 1977.
  16. 沼崎邦浩, 藤原正敏, 高橋 公, 樋口 出, 三好謙次郎. 先天性脛骨弯曲症の2例. 第49回東北整形災害外科学会. 1977.
  17. 沼崎邦浩, 紺野宣郎, 星野亮一, 作山洋三, 蓮江光男. 術後胸腔内にリコール瘻を合併した胸椎部後縦靱帯骨化症の1例. 第50回東北整形災害外科学会. 1977.
  18. 蓮江光男, 作山洋三, 坂本隆彦, 中村 久1), 粟野 昇1), 三浦英男2), 川崎眞二3)(1) 公立藤田総合病院, 2) 飯坂温泉病院, 3) 済生会福島病院). ADL障害因子としての腰痛・坐骨神経痛 : 老年者の実態調査. 第15回日本リハビリテーション医学会総会. 1977. 日本リハビリテーション医学会誌. 1978; 15(4): 241.
  19. 長谷川荘八, 渡辺 真, 柳澤正信, 橘 文紀, 須田昭男, 村上秀達. 乳児の右下肢に発生した軟部悪性腫瘍の1例. 第49回東北整形災害外科学会. 1977.
  20. 樋口 出, 沼崎邦浩, 蓮江光男, 菊地臣一. 血友病性出血によるVolkmann拘縮の2例. 第20回日本手の外科学会総会. 1977.
  21. 樋口 出, 坂野 均, 柳澤正信, 川原慎一郎. 急激に正中神経麻痺および, 尺骨神経麻痺を来たしたhamartomatous aneurysmaの1症例. 第50回東北整形災害外科学会. 1977.
  22. 藤原正敏, 蓮江光男, 国分和四郎, 菊地臣一, 渡辺秀樹, 鬼満 雅. 成人に対する足部関節固定術(主として三関節固定術)の遠隔成績. 第50回日本整形外科学会. 1977.
  23. 藤原正敏. 成人痙性麻痺足に対する三関節固定術及び併用手術(主としてBarr氏手術)の遠隔成績. 第4回脳性麻痺研究会. 1977.
  24. 古川浩三郎, 作山洋三, 星野亮一, 伊藤 司1), 田島 健(1) 第一解剖学). 脊椎周辺靱帯骨化の病理組織学的比較検討.  第50回日本整形外科学会. 1977.
  25. 古川浩三郎, 田島 健, 倉持英輔. 選択的頚部神経根造影について.  第50回日本整形外科学会. 1977.
  26. 古川浩三郎, 倉持英輔, 白澤栄嗣, 小野寺 元, 新井 實, 田島 健, 高橋 功, 堀川哲男, 阿部孝一, 星野亮一. 頚部脊椎症性筋萎縮症(祖父江)症例の検討. 第26回東日本臨床整形外科学会. 1977. 
  27. 星野亮一, 坂本隆彦, 沢海明人, 古川浩三郎. 上位腰椎椎間板ヘルニアを合併した胸椎黄色靱帯骨化の1例. 第26回東日本臨床整形外科学会. 1977.
  28. 星野亮一, 坂本隆彦, 渡辺秀樹, 蓮江光男, 木田利之1)(1) 放射線科学). 脊椎炎に対する骨シンチグラフィーの応用. 第6回脊椎外科研究会. 1977.
  29. 本田邦彦, 蓮江光男. 腕神経叢のintraneural topographyに関する研究(第2報).  第50回日本整形外科学会. 1977.
  30. 本田邦彦, 渡辺 真, 蓮江光男. 新生児および乳児股関節周囲筋活動の記録分析(第2報). 先天性股関節脱臼とリーメンビューゲルについて. 第7回日本脳波・筋電図学会. 1977.
  31. 三浦英男1), 藤原正敏, 松本 淳, 塚原 進2)(1) リハビリテーション研究所, 2) 第二生理学). 歩行機能の解析と応用(第7報) : Polarized Light Goniometerによる歩行解析. 第15回日本リハビリテーション医学会総会. 1977. 日本リハビリテーション医学会誌. 1978; 15(4): 268.
  32. 宮林 宏, 尾股定雄, 八子 理, 岩瀬育男, 松本 淳, 紺野宣郎. Corticosteroid投与によると思われる大腿骨外果無腐性骨壊死の2例. 第49回東北整形災害外科学会. 1977.
  33. 八子 理, 渡辺秀樹, 松本 淳, 木村 篤, 鶴見膠一1)(1) 生化学). 軟骨リゾチームの研究(第1報). 鶏胚・骨端軟骨部におけるリゾチームの動態.  第50回日本整形外科学会. 1977.
  34. 山川浩司, 星野亮一, 紺野宣郎, 福田 茂, 田島 健, 高橋 功, 堀川哲男, 阿部孝一, 倉持英輔, 古川浩三郎., 白澤栄嗣, 新井 實. 脊髄くも膜憩室の8例. 第26回東日本臨床整形外科学会. 1977.

update    2017年5月21日  21:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01