1968(昭和43)年業績(不完全)

論 文

日本語論文

原 著

  1. 粟野 昇. 慢性関節リウマチ患者頸椎に関するレ線学的研究福島医誌. 1968; 18(5・6): 167-184. 
  2. 尾股定雄. 人の足の関節包および周囲軟部組織における知覚神経終末の形態と分布に関する研究日整会誌. 1968; 42(4): 233-242. 
  3. 佐藤喜三郎. Riemenbügelによる乳児先天股脱の治療成績および同装具の下肢への影響に関する研究日整会誌. 1968; 42(9): 833-847. 

総説等

症例報告 


研究発表等

研究発表

  1. 三浦英男, 鶴見信之, 小野英徳, 藤原正敏, 沼崎邦浩, 鈴木良平. はきものと筋活動 : ヒールの高さによる躯幹ならびに下肢筋活動の変化について. リハビリテーション医学. 1968; 5(4): 271-272.