1956(昭和31)年業績

論 文

日本語論文

原 著

  1. 土屋弘吉, 高橋孝文, 鈴木豊二, 大内サチ1)(1) 第一病理学). 胃癌の骨転移について. 日本医事新報. 1956; 1667: 1.
  2. 土屋弘吉. 椎間板ヘルニアの徒手整復. 日本医事新報. 1956; 1678: 89.
  3. 土屋弘吉, 盛 清海. 脊椎Kantenabtrennungについて. 東北整災紀要. 1956; 1(1): 30.

研究発表等

国内学会

研究発表

  1. 浦山晴一, 三浦達哉. 蜘蛛指症の1例. 第6回東北整形災害外科学会. 1956. 
  2. 奥山繁夫. 大転子部石灰化粘液嚢腫の2例. 第6回東北整形災害外科学会. 1956.
  3. 盛 清海. 仮骨組織の移植実験(第1報). 第7回東北整形災害外科学会. 1956.
  4. 鈴木豊二, 渡辺昭一. 示指ボタンホール脱臼の1治験例. 第7回東北整形災害外科学会. 1956.
  5. 高橋孝文, 鈴木豊二. レール式ベットによる斜面牽引療法の検討. 第29回日本整形外科学会. 1956; 横浜. 
  6. 土屋弘吉, 宮崎和夫, 山下志摩子. 先天股脱の家族発生についての調査成績. 第29回日本整形外科学会. 1956; 横浜. 
  7. 土屋弘吉, 鈴木豊二. 脊髄終末糸の構造について. 第29回日本整形外科学会. 1956; 横浜. 
  8. 土屋弘吉, 奥山繁夫, 鈴木豊二, 盛 清海, 宮崎和夫. 福島県身体障害者及び肢体不自由児の概況. 第6回東日本臨床整形外科学会. 1956; 熱海.
  9. 土屋弘吉, 盛 清海. 脊椎Kantenabtrennungについて. 第6回東北整形災害外科学会. 1956.
  10. 宮崎和夫, 村上秀達. 弾撥肘の1例. 第6回東北整形災害外科学会. 1956.
  11. 村上秀達. 第1中足骨種子骨の分類について. 第6回東北整形災害外科学会. 1956.

update    2017年5月21日  21:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01