整形外科医を目ざそう

整形外科医とは

 

 整形外科とは、運動器を構成するすべての組織、つまり骨、軟骨、関節、筋、腱、靭帯、神経などの疾病・外傷を対象としており、その病態の解明と治療法の開発および診療を行う専門領域です。

 

 診療する領域は、脊椎(頚椎・胸椎・腰椎・仙椎)・脊髄、上肢(肩関節、肘関節、手関節、手、手指)、肩甲帯・体幹・骨盤・下肢帯、下肢(股関節、膝関節、足関節、足、足趾)など広範囲に及びます。新生児、幼児、学童などの小児から青壮年者、高齢者などの成人まで、全ての年齢層が診療の対象となります。診療科別に見た患者数では、内科の次に多く、治療が必要な患者さんの数がきわめて多いのが特徴です。

 

 整形外科医が扱う疾患やそれに対する診療内容は、外科(手術)療法ばかりでなく、薬物療法や運動療法など多種多様であり、この様々な治療法に精通し、適切な治療を適切な時期にそれぞれの患者さんに応じて選択し、提供するのが整形外科医の役割です。

整形外科の社会的ニーズ

 

 脊椎から上下肢に及ぶ広く全身の運動器疾患を扱う整形外科は、診断から保存治療や手術治療、そして社会復帰のためのリハビリテーション・生活指導までを一貫して担います。この一連の診療活動を患者さんに寄り添って行うことによって、より多くの達成感を味わえることが、他の診療科にはない大きな魅力です。

 

 多くの病院において、整形外科は、外来患者数、入院患者数、手術件数などにおいて、全診療科の中で上位を占めており、病院経営の重要な核となっている診療科のひとつです(当科の診療実績を参照下さい)。今後、更に高齢社会が加速し、加齢に伴う変性疾患や運動器不安定症が増えることが予想されます。整形外科の需要と重要性は、これからますます高まると考えられます。

 

 厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況(下図棒グラフ)」によれば、人口千人あたりで国民が自覚している症状は、男女ともに腰痛、肩こり、手足の関節痛等の運動器由来の症状が上位を占めており、整形外科の潜在的な需要が圧倒的に多いことが判ります。整形外科領域の疾病の予防と治療の重要性は、これからも変わることはありません。国民が生涯を通じて豊かで健康な生活を送れるように健康寿命を延ばす上で、整形外科はきわめて重要な診療科といえます。

 

 

 

日本整形外科学会では、整形外科医を目ざす医学生・臨床研修医向けに、右記のパンフレットを作成・配布しています。

 

ぜひ、ご覧下さい。

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01