整形外科専攻医に対する教育(後期研修)

 わたしたち整形外科学講座では、卒後臨床研修を終えた2年目以降の医師を対象に、整形外科の知識と技術を身につけて、日本整形外科学会整形外科専門医を取得するための教育を行っております。

 

 福島県立医科大学附属病院で行っている専攻医の研修(後期研修)については、こちらをご覧下さい。

 

整形外科専門医コース

1. コースディレクター、副コースディレクター

 コースディレクター :紺野愼一

 副コースディレクター:宍戸裕章

 

2. プログラムの目的と特徴

 卒後臨床研修(2年)を終了後、整形外科臨床医の養成を目的とする4年間の臨床研修プログラムである。

 福島県立医科大学医学部整形外科と整形外科専門医研修施設において4年間の臨床と研究に従事する。4年間の研修終了後(卒後臨床研修と併せて6年間)により、日本整形外科学会専門医の受験資格を得ることができる。

 

3. 取得できる専門医名

 日本整形外科学会専門医

 

 なお、日本整形外科学会専門医を取得後、さらに研修を積むことによって、

 日整会認定リウマチ医

 日整会認定スポーツ医

 日整会認定脊椎脊髄病医

 日整会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医

 日整会認定運動器リハビリテーション医

 日本手外科学会手外科専門医

 を取得できる。

 

4. 専門医取得の要件

 日本整形外科学会専門医

 専門医の申請時において、4年以上日本整形外科学会の正会員であることが必要である。さらに、専門医制度規則に定められた研修期間、研修内容、研修施設の研修条件を満たしている必要がある。

【研修期間】臨床研修期間2年間を含む、6年以上である。臨床研修期間終了後の4年以上の研修期間のうち3年間は、日整会の専門医研修施設(複数)において、研修指導医のもとで臨床研修する必要がある。

【研修内容】「整形外科卒後研修ガイドライン」( 研修手帳内に掲載)による。全研修期間中に主発表者として1編以上の論文を学術雑誌に掲載する(査読の有無は問わない)とともに、別に主発表者として1回以上の発表を抄録集のある学術集会で行うことを必要とする。研修期間中に日本整形外科学会が認定する教育研修会に出席し、各分野必要単位数以上、合計30単位以上を受講する。特に、骨・軟部腫瘍特別研修単位は3講演以上を受講する。全研修期間中、複数の研修施設で経験した149例以上の症例について、必要事項をもれなく記載して、直接指導を受けた整形外科専門医の評価を受けて、提出する。そのうち、主治医として診療した代表的な症例を、「整形外科専門医資格取得のための申請症例総評」の分類に従って8症例選び、「診療の概要」を申請症例のまとめに記入し、提出する。

【専門医研修施設】日本整形外科学会が定める認定条件を満たし、施設認定証を有する施設である。

 

5. プログラムの概要

 到達目標:日整会の整形外科卒後研修ガイドラインによる。

 

 運動器の基礎知識

 1. 骨・軟骨・関節の生理・解剖を理解し、臨床に応用できる。

 2. 神経・筋・腱・脈管の生理・解剖を理解し、臨床に応用できる。

 

 関連領域の基礎知識

 1. 病理・微生物・免疫・遺伝学などの知識がある程度ある。

 

 診断と検査

 1. 骨・関節の画像検査の申し込みと診断が的確にできる。

 2. 電気生理学的検査ができ、所見と意義を正しく評価できる。

 3. 関節鏡検査もある程度できる。

 4. 病理組織所見をある程度判断することができる。

 5. 基本的診察と病態考察ができる。

 6. 神経学的に高位・横位診断が考察できる。

 7. 救急外傷患者に的確で、迅速な病態把握ができる。

   8. 痛みの原因分析が十分できる。

   9. 検査の意義を十分理解し、検査の適応を正しく処方できる。

 10. 基本的検査を適切に計画し、意味を判断できる。

 11. 論理的、学理的に病態把握を正しく思考できる。

 12. 整形外科的緊急危険症状を即断できる。

 

 整形外科臨床知識と力量

 1. 病態把握と患者のプロフィールからその人に合った治療計画と見立てができる。

 2. 倫理上、適切な説明と同意ができる。

 3. 治療について本人・家族と十分話し合え、納得と信頼を得ることができる。

 4. 適切な薬剤の処方ができる。

 5. 徒手整復の正しい適応と実施ができる。

 6. 補装具の処方、指示、指導が正しくできる。

 7. 理学療法の処方、指示が正しくできる。

 8. 整形外科ME器機を適切に処方し、使用できる。

 9. 介達牽引管理が正しくできる。

 10. 直達牽引管理が正しくできる。

 11. 創外固定管理が正しくできる。

 12. 局麻、伝達麻酔ができる。

 13. 全身麻酔と全身管理ができる。

 14. 術前準備を正しくできる。

 15. 脊髄損傷の初期治療が適切にできる。

 16. 開放骨折の初期治療が適切にできる。

 17. 骨・関節感染症の初期治療が適切にできる。

 18. 手部新鮮外傷の初期治療が適切にできる。

 19. 採骨と骨移植が正しくできる。

 20. 主な関節手術(鏡視下、人工関節を含む)ができる。

 21. 脊椎椎弓切除術が正しくできる。

 22. 椎間板切除術が正しくできる。

 23. 神経剥離術、神経縫合術ができる。

 24. 血管吻合術ができる(マイクロも含む)。

 25. 形成外科的素養がある程度身についている。

 26. 四肢切断と術後管理ができる。

 27. その他のガイドラインにある整形外科的基本手技のいくつかを確実にできる。

 28. バイタルサインを正しく把握し、生命維持に必要な処置を的確にできる。

 29. 救急外傷患者の搬送について正しく判断し、処理できる。

 30. 緊急時に気管切開ができる。

 31. 筋内圧測定と減張切開ができる。

 32. 関節注射、神経ブロックができる。

 33. スポーツ外傷に対して、現場での処置が的確にできる。

 34. 義肢以外の各種装具を処方できる。

 35. 高齢者の整形外科的骨関節疾患への治療設計ができ、助手または術者となることができる。

 36. 関節リウマチの治療計画が確実にでき、関節外科の助手または術者となることができる。

 37. 小児の先天性疾患(先股脱、内反足、筋斜頚)の治療計画と保存治療ができる。

 38. 患者の心理・情緒を洞察し、カウンセリングがある程度できる。

 39. 機能障害、能力障害、社会的不利を評価でき、適切なリハビリを計画できる。

 40. リハビリテーションのうち職能訓練の処方が十分でき、評価できる。

 41. 脳性麻痺の訓練の処方が指示でき、評価できる。

 42. 廃用症候群の内容を分析でき、適切な治療計画が立てられる。

 43. 高齢者・障害者に対し、適切な生活アドバイスができる。

 

 研究能力

 1. 自主的に研究テーマを求め、実践することができる。

 2. 少なくとも症例報告論文を、口頭発表および執筆できる。

 

 指導能力

 1. 自分より若い医師に対して、適切なアドバイスと指導がある程度できる。

 

6. 年間症例数等

 原則として研修期間4年間のうち1〜2年間は福島県立医科大学附属病院で研修する。

 病棟では3つの診療グループ(脊椎、上肢・手外科・腫瘍、下肢)に分かれて、診療を行っている。このうちの1グループに所属して、入院患者の診療を行う。また、福島県立医科大学附属病院での研修中に福島県総合療育センターに出向して、小児整形外科の研修を行う。

 他の2〜3年間は研修協力病院で研修する。

整形外科学講座の紹介
10seikeigeka.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 271.1 KB

update    2017年5月21日  21:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01