教科書・解説書の著作・編集

 わたしたち整形外科学講座では、整形外科学や運動器疾患について学ぶ方たちのために、菊地臣一理事長兼学長(前教授)の主導の下、1994年以降、数多くの教科書や解説書等を著作・編集してきました。その盛んな著作活動は、現在の紺野愼一教授に引き継がれています。当講座が著した書籍の総数は、2014年2月までに75冊に達しており、地方にある小さな医科大学の1講座としては異例の多さを誇っています。

 ここでは当講座が著作・編集に携わった教科書や解説書などを紹介します。

 

 オンラインで購入できる書籍については、Amazonまたは出版社の当該ページにリンクをはってあり、書籍の画像をクリックするとそちらに移動します。

75 

痛みのマネジメントupdate

基礎知識から緩和ケアまで

編集:花岡一郎

   小川節郎

   紺野愼一

   田中栄  

   ほか

出版:メディカルビュー社

価格:5,500円+税

 

 日本医師会生涯教育シリーズを単行本化. 痛みという感覚と情動を伴った徴候に対応すべく, 痛みの基礎から, 近年注目されている「緩和」までを1冊にコンパクトにまとめた.

74

腰 痛 第2版

編著:菊地臣一

出版:医学書院

発行:2014年2月3日

価格:8,600円+税

 

 初版刊行から10年, 腰痛の研究・診療は大きな変化を遂げた. 編者の腰痛研究の集大成であった本書も, それに対応し大幅な改訂となったが, 「腰痛を知るのでなく, 腰痛をどう考えるか」というconceptは不変. カラー写真を多数収載した病態の基礎解剖から治療選択の実際までの豊富な実例はさらに充実. 慢性腰痛に対する新たな視点-「解剖学的損傷」から「生物・心理・社会的疼痛症候群」へ, という新たな潮流を解説する.

73

腰痛は「自分」で治せる

著 :矢吹省司

出版:創英社/三省堂書店

発行:2013年11月25日

価格:952円+税

 

 テレビでおなじみの名医が教える腰痛を「自分」で, 意識して能動的に動かして治す腰痛改善の「新常識」について解説.

72 

日常診療における末梢血管障害の診療ガイドブック

監修:重松 宏    

   菊地臣一

編集:宮田哲郎

   松尾 汎

   紺野愼一

出版:呼吸研究

発行:2013年10月

価格:3,000円+税

 

 末梢動脈疾患(PAD)診療の国際的なガイドラインであるTASC IIに準拠し, 腰部脊柱菅狭窄とPADの合併症例なども踏まえて, 最新の知見を掲載.

 

71

明解!あなたの処方箋

最新版 本気で治したい人の腰痛

監修:菊地臣一

出版:学研

発行:2013年5月17日

価格:1,200円+税

 

 慢性的に毎日痛みに苦しむ方, 突発的に症状が出る方など, 腰痛の患者数は年々増加している. 本書では, 腰痛が起こる原因を, 痛む部位, 期間, タイミングの3つの視点から分析. 各症状にあった腰痛改善法を紹介. 生活改善法, 腰痛対策のストレッチ&筋トレ. 

70

腰の激痛しびれを自力で治す新常識

著 :紺野愼一

   大谷晃司

   ほか

出版:マキノ出版

発行:2013年2月4日

価格:800円+税

 

 腰の痛み・しびれには, さまざまな原因があります. その原因によって治療法が異なるため, まずは原因をはっきりさせることが重要です.
 本書では, 「腰痛の原因部位がわかるチャート」「自分で腰痛の原因を発見できる問診表」を掲載し, 腰痛の自己診断に役立ちます.

69

自分で治せる腰痛 痛みの最新治療とセルフケア

著 :紺野愼一

出版:大和書房

発行:2013年2月1日

価格:1,300円+税

 

 ストレスと腰痛の関係に注目した医師が, 腰痛による痛みの悪循環を絶ち, 脳を正常に働かせるための方法をわかりやすく解説する.

68

痛みの注射法アトラス Atlas of IInjection Therapy in Pain Management

著 :Juergen Fischer

監訳:矢吹省司

出版:南江堂

発行:2012年12月1日

価格:5,700円+税

 

 運動器の痛みに対する注射療法テクニックを簡潔な解説とカラー解剖図で示したビジュアル・テキスト. 副作用が少なく即効性のある局所麻酔薬注入の正確な手技と適応, そしてリスクに対する知識, さらに併用療法を解説. 刺入点を示すカラー解剖図により, 早く, 効果的に, そしてリスクの少ない注射療法が容易に理解, 習得できる.

67

腰痛診療ガイド

監修:菊地臣一

編集:紺野愼一

出版:日本医事新報社

発行:2012年11月24日

価格:3,800円+税

 

 腰痛診療に欠かせない知識をQ&A形式で簡潔に解説しています. 

 46項目に症例呈示も含み, 予防法から保存療法, 手術適応まで平易に紹介. 患者さんから頻繁に聞かれる質問も取り上げています. 整形外科医をはじめ, 理学療法士, 健康運動指導士の方々にもお勧めです. 

 従来の教科書では取り上げられていない腰痛とメタボリックシンドロームとの関係,ドパミンシステム,運動とPGC1αとの関係,認知行動療法の実際など最新の情報も盛り込みました.

66

運動器の痛み プライマリケア 下腿・足の痛み

編集:菊地臣一

出版:南江堂

発行:2012年11月5日

価格:5.500円+税

 

 局所の痛みにとどまらない難解な運動器の痛みを, トータルペイン・パーソナルアプローチの観点からやさしく解説. 外反母趾や皮膚疾患, 陥入爪など, 多様な局所疾患による痛み診療の実際を提示. また, 靴の影響やスポーツに伴って生ずる痛み, 関節リウマチや糖尿病など全身性疾患による痛みなど, 痛みの鑑別から治療, 日常生活指導から手術までプライマリケアの全容を網羅した.

65

運動器の計測線・計測値ハンドブック

編集:紺野愼一

出版:南江堂

発行:2012年11月5日

価格:5,000円+税

 

 臨床の場で必要となる体表・X線・CTMRIによる運動器の計測線・計測値を, 明快なイラストと解説で示したデータブック. 主要な計測線・計測値を網羅し, 定義や基準値のほか, 今日的な解釈や診断との結びつけなどの臨床的意義を解説. 撮像のコツや最新のエビデンスを示す文献のサマリーも提示し, 多忙な現場で役立つ一歩進んだ知識を習得できる. 

64

あなたの腰痛が治りにくい本当の理由

著 :紺野愼一

出版:すばる舎

発行:2012年8月28日

価格:1,500円+税

 

 腰痛は, 正しく理解することが回復への第一歩. 正しい情報こそが, いちばんの特効薬! 腰痛に悩む人は国内で約2300万人. しかし, 腰痛の85%は重篤な病気ではなく, ヘルニアは90%が自然に治ります. 逆に, 身体に異常が見られなくても, ストレスや不安があると腰痛が出やすくなります. 原因のはっきりしない「非特異的腰痛」のほか, 「腰部脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などによる腰の痛みが正しく理解でき, 腰痛を自分で改善する方法を解説. 医療が必要な場合の目安もわかる!あなたの腰痛がなぜ治らないのか, どうすれば治るのかがはっきりわかる本.

63

運動器の痛み プライマリケア 膝・大腿部の痛み

編集:菊地臣一

出版:南江堂

発行:2012年5月20日

価格:5,500円+税

 

 局所の痛みにとどまらない難解な運動器の痛みを, トータルペイン・パーソナルアプローチの観点からやさしく解説. 変形性膝関節症やスポーツ障害など多様な要因によって生ずる膝と大腿部の痛みについて ,重篤な疾患や他部位由来の痛みを正しく鑑別するコツ, 日常生活指導から手術にいたるまでプライマリケアの全容を網羅している.

62

脊椎装具に強くなる!Basics & Tips

編集:米延策雄、菊地臣一

出版:三輪書店

発行:2012年5月20日

価格:4,200円+税

 

 脊椎装具の正しい知識は, 脊椎疾患の治療にあたる者にとって欠かせないものである. しかし、脊椎に限定した装具の書籍が出版されていなかったこともあり, 装具の適応や使用法には時に混乱がみられる.単に, 現在の装具についての適応や使用法を知るだけでは, 必ずしも活用ができない. その装具の開発の背景や歴史的展開, また派生, あるいは亜型についても知っておくことが有用である.
 本書はこれらを盛り込み, 好評を得た『脊椎脊髄ジャーナル』での連載企画の書籍化である. そして, II章以降の各論文の冒頭への要約の追加, 側弯症装具としてボストンブレイスの論文の追加, 見出し構成の統一に伴う不足項目の追加・全面改訂, 装具名についての日本語・英語の併記, 詳細な索引など, さらに充実した内容となっている. また、理論がわかる実践的な書籍となるよう, 各論文の筆頭執筆者を中心に全論文に目を通して意見を出し合い, それを編集者が調整するという形式で, 執筆者全員が協力して創り上げた書籍となっている. 

 

61

腰痛–なぜ治らない あなたの痛み

監修:菊地臣一

出版:NHK出版

発行:2012年5月18日

価格:1,048円+税

 

 腰痛に悩む人は多いが、その症状や原因は人それぞれ。本書では、さまざまな腰痛の原因、医療機関を受診するタイミング、治療法、日常生活での注意点などを整形外科専門医が詳しく解説する。痛みが起こる要因として注目されている「ストレス」との関係も紹介。腰痛との賢いつきあい方がわかる一冊!

60

運動器の痛みをとる・やわらげる

現場で使えるペインコントロール

編集:宗圓 聰、紺野愼一

出版:メジカルビュー社

発行:2012年3月26日

価格:7,000円+税

 

 近年, 整形外科の治療において, 「疾患を治す」とともに「痛みをなくす」ことがクローズアップされている. 他科や類似行為を行う施設との競合, オピオイドや抗けいれん薬の発売などがあり, 従来麻酔科で行うことが多かったペインコントロールが整形外科でも注目されている. また, 手術待機例などの周術期管理においてペインコントロールが導入され,手術を行う整形外科医の関心も高まっている.
 本書は薬物療法, 運動療法, 精神科や他科との連携など, 整形外科医が行うことができるペインコントロールの方法(やり方)をわかりやすくくわしく解説した書籍である.

59

腰痛のナゼとナゾ "治らない"を考える

著 :菊地臣一

出版:メディカルトリビューン

発行:2011年8月

価格:1,310円+税

 

 腰痛は身近な病気でありながらも, 実は謎がいっぱい. 椎間板ヘルニアがあっても腰痛にならない?腰痛は遺伝する?天気が悪いと悪化する?マスメディアが腰痛を操作する?完全主義者は腰痛になる?やる気で腰痛は治る?などなど, 40年間, 腰痛診療・研究の第一線を歩き続けてきた著者がこれらの疑問を解き明かします. 

 また, しつこい腰痛にどのように立ち向かうべきなのか, その具体的な方法についても解説しています.

58

運動器の痛み プライマリケア 股関節の痛み

編集:菊地臣一

出版:南江堂

発行:2011年7月

価格:5,000円+税

 

 運動器の痛みに対する診療・ケアを, トータルペイン・パーソナルアプローチの観点からやさしく解説. 股関節周囲の痛みからのアプローチとプライマリケアを, 重篤な疾患の鑑別診断から治療, さらには日常生活やリハビリテーション指導, 心理的・社会的ケアまで余すところなく解説した. エビデンスがない場合における診療の考え方と実際も記載した. 

57

運動器の痛み プライマリケア 肘・手の痛み

編集:菊地臣一

出版:南江堂

発行:2011年7月

価格:5,000円+税

 

 局所の痛みにとどまらない難解な運動器の痛みを, トータルペイン・パーソナルアプローチの観点からやさしく解説. “野球肘”“腱鞘炎”など肘・手の痛み診療における必須の知識を, 重篤な疾患の鑑別診断から治療, さらには日常生活やリハビリテーション指導, 心理的・社会的側面からのアプローチ, エビデンスを超えた独自の治療上のコツまで余すところなく解説.

56

長引く・頑固な・つらい痛みの薬物療法 2011 運動器編

編集:米延策雄、菊地臣一、柴田政彦

出版:シービーアール

発行:2011年5月

価格:3,800円+税

 

 臨床医がしばしば治療に難渋しているといわれる「長引く・頑固な・つらい手・足・腰・筋・関節などの痛み」に対する薬物療法の今日の治療指針. 最新の知見に基づいて病理, 病態生理から治療のメカニズムまでを概観しているが,とりわけ薬物療法については科学的裏付けを示してながら, 薬物の選択から処方まで微に入り細に入り詳しく解説している. 薬物の範囲は非オピオイド系から向精神薬,筋弛緩薬, 抗リウマチ薬, さらには漢方薬までを網羅している. 本書を参考にすることで, 最新の, とくに症候に対するベストプラクティス, 薬物相互作用, Drug informationなどが紹介されていて, 非専門医であっても自在に自信を持って治療にマネジメントに臨むことができる.

55

整形外科SSI対策

編集:菊地臣一

出版:医学書院

発行:2010年10月

価格:8,000円+税

 

 SSI手術部位感染-この概念の導入により, 整形外科領域の手術における周術期感染管理は劇的に転換しつつある. 本書は, 整形外科医が把握しておくべきSSIのすべてが網羅. 雑誌 「臨床整形外科」で好評を博した連載-手術部位感染の基本-とともに, 教訓的な症例, 実地に役立つQ&Aも多数収載. 超高齢化社会にあって, 日々高齢者の手術にあたる多くの整形外科医必読の書.

54

ネッター運動器疾患と解剖アトラス

著 :John C. Thompson

総監修:菊地臣一

監訳:長谷川徹

出版:南江堂

発行:2010年4月

価格:5,700円+税

 

  運動器の障害の評価・治療に必要な解剖・疾患の知識を, 400点以上の美しいイラストと, 要点をまとめた表で構成したビジュアルノート. 部位別の基本的な解剖はもちろん, 外傷・疾患の所見・病期分類など, 臨床の場で必要な情報,確認したい事項をすばやく参照することができる. イラストによる視覚的な情報と, 表とのコンビネーションで理解する, ユニークなアトラス.

53

運動器の痛み プライマリケア 頚部・肩の痛み

編集:菊地臣一

出版:南江堂

発行:2010年4月

価格:5,300円+税

 

 局所の痛みにとどまらない難解な運動器の痛みを, トータルペイン・パーソナルアプローチの観点からやさしく解説. “肩こり”“むち打ち”など頚部・肩の痛み診療における必須の知識を, 重篤な疾患の鑑別診断から治療, さらには日常生活やリハビリテーション指導, 心理的・社会的側面からのアプローチ, エビデンスを超えた独自の治療上のコツまで余すところなく解説. 

52

運動器の痛み プライマリケア 腰背部の痛み

編集:菊地臣一

出版:南江堂

発行:2009年6月

価格:5,000円+税

 

 腰痛, 肩こり, 関節痛に代表される運動器の痛みの新しい概念と診療の最前線をやさしく解説しリーズの腰背部編. 部位別の分冊とし, 運動器の痛みを単に医学的な損傷としてではなく, 様々な要因によって生じる生物・心理・社会的疼痛症候群(トータルペイン)として捉え, 機能的・集学的治療としてのプライマリケアにおける評価・診断・治療の要点を詳細に解説. 運動器の痛み診療に携わる医療者すべてに必携の書.

51

理論がわかる!実践できる!非特異的腰痛のプライマリ・ケア

編集:米延策雄、菊地臣一

出版:三輪書店

発行:2009年5月

価格:6,200円+税

 

 腰痛の捉え方が大きく変化している.
 背景には, 増える高齢者, より高いQOLを希求する社会, 増大する社会負担がある. 日常診療では病因, 病態を明確にしえない腰痛に, さまざまな病名, ときに腰痛症とまで名付け, 治療してきたことへの批判がある.
 「非特異的腰痛」, これは単なる呼び変えではない. 科学性のある腰痛診療を模索する中で登場した. 当然, 治療の考え方も変わらざるをえない. 基本である“保存治療”の名の下に一括される各種療法は多様である. これらの治療原理や得失についての知識をアップデートし, 実際を熟知することが科学性のある診療の第一歩である. 
 本書はこれらが系統だって学べるよう, 理論や原理, 標準的な手技, 手法の知識について1冊にまとめた. 日々の腰痛診療の水準向上のために最適の書である. 

50

脊椎のリハビリテーション 臨床マニュアル 下巻

著 :グレイグ リーベンソン

監訳:菊地臣一

出版:エンタプライズ出版部(事業停止のため、絶版)

発行:2008年7月

価格:13,200円+税

 

 基礎科学や急性期のケアについて述べた上巻と合わせて多面的・集学的アプローチという腰背部ケアの最適解を示した本書は, 理学療法士・作業療法士にとっては現在のリハビリテーションの臨床の見直しに, カイロプラクター, 柔道整復師などのマニュアルメディスン系の臨床家にとってはそれぞれ独自にリハビリテーションを取り入れる足がかりとして好適である. 

49

脊椎のリハビリテーション 臨床マニュアル 上巻

著 :グレイグ リーベンソン

監訳:菊地臣一

出版:エンタプライズ出版部(事業停止のため、絶版)

発行:2008年4月

価格:13,200円+税

 

 脊椎障害には, 新しい患者中心モデルが適用されるようになってきている. 単に病変や症状に注目するのではなく, 回復, 活動の再開, セルフマネジメントが重要視されている. 
 本書はこの新しい方向を支持する圧倒的なエビデンスを提示し, 脊椎痛のような多数の因子がかかわる問題につき, 従来の生物医学的な考え方中心のアプローチの限界を指摘する. 
 具体的には, 1構造的病変が見つからなければ背中の問題は大部分が心因性の身体症状だと結論づけてよいのか, 2最新鋭の画像診断技術の弊害ともいうべき偽陽性率の高さの問題, そして「ラベルづけ」による患者の恐怖回避行動, 病気対処行動の問題, 3患者の障害(活動レベル), 機能不全, 精神的苦痛をそれぞれどう評価するのか, 4正しい診断が行なわれているのは脊椎患者のごく一部にすぎない状況をどう打開するのかに対する答えを, (上・下巻あわせて)750枚を超える図や写真により具体的な臨床テクニックや考え方というかたちでわかりやすく提供する. 

48

ひざ・腰・肩がラクになる!かんたん体操

監修:林泰史、菊地臣一、後藤勝正

出版:NHK出版

発行:2007年12月

価格:950円+税

 

 つらいひざの痛み, 腰痛, 肩こりを解消するために, 特別な道具なしで自分でかんたんにできる体操を紹介します. 秘訣は毎日続けることです. まずは, できそうな運動を選んで始めましょう. ひざ, 腰, 肩に負担をかけない正しい日常動作も解説します.

47

ペインクリニック vol.28 別冊秋号 運動器の痛みとその治療

編集:菊地臣一

出版:真興交易 (株) 医書出版部

発行:2007年10月

価格:5,000円

 

1.部位別痛みの特徴と診断 
 1.頸部 
 2.上肢 
 3.腰部 
 4.下肢 
2.運動器の痛みの治療法 
 1.薬による治療 
 2.筋と関節に働きかける治療 
 3.痛みの伝達系に働きかける治療 
 4.痛みを精神医学からとらえる治療―リエゾンアプローチ 
3.疾患別痛みの治療の実践 
 1.寝違え 
 2.外傷性頸部症候群(むち打ち関連障害) 
 3.肩凝り 
 4.五十肩 
 5.ぎっくり腰 
 6.変形性膝関節症 
 7.骨粗鬆症 
 8.関節リウマチ

46

プライマリケアのための整形外科疼痛マニュアル

編集:菊地臣一

出版:金原出版

発行:2007年4月

価格:7,875円

 

 整形外科は, 他の外科系診療科よりも「QOLの外科」という要素が大きいという特徴がある. しかも, 整形外科の外来を訪れる患者さんの大部分は, 痛みを主訴とし, 高齢者であることが少なくない.
  近年, この痛みには, 解剖学的(生理学的)な要因のみでなく, 心理的あるいは社会的因子も深く関与していることが知られるようになってきた. また, 国民の医療に対する価値感も多様になり, 医療提供側はその多様性に応える責務がある.
  本書は, 現在, 診療現場を戦場としている多くの若手の先生方が執筆, 今という時代の整形外科領域の痛みに対する多様なアプローチを提示している. 日常診療における患者さんへの質の高い診療の提供にお役立ていただきたい.

45

腰痛の運動・生活ガイド 第4版 運動療法と日常生活動作の手引き

編集:菊地臣一、武藤芳照、伊藤晴夫

出版:日本医事新報社

発行:2007年3月

価格:2,000円+税

 

 椎間板ヘルニア, 脊柱管狭窄, 変形性脊椎症など, 特に中高年の腰痛を訴える患者さんの日常生活上, リハビリ上起こりうる疑問の1つ1つに答えました.
35項目に症例呈示も含み, 腰痛体操・薬物療法からペインクリニック・手術適応までわかりやすく紹介. 巻末資料の腰痛体操・ストレッチなどもさらに充実させました. 

44

New Mook 整形外科 20 リハビリテーション

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2007年1月

価格:8,500円+税

 

 整形外科診療のなかでのリハビリテーション治療は, 運動器機能回復治療として必須のものである. 手術的治療にしても, 保存的治療にしても, リハビリテーション治療をどのように併せ行うかを治療の始めから計画に入れておくべきである. 
 平成18年4月の診療報酬改訂で“運動器リハビリテーション”という項目が加わって, 臨床現場で治療に当たる整形外科医には, 従来の知識だけでは不十分と考えられ, 研修などが企画・実行されているが, 今改めてリハビリテーション治療の進歩を習得しなければならない. 
 本書は最先端のリハビリテーション医療を紹介, 解説したもので運動器治療の大きな時代的転換期にあたり, 整形外科的治療では最も古典的と思われていたリハビリテーション治療の飛躍的進歩を本書から学びとっていただきたい.

43

名医に学ぶ 腰痛診療のコツ

著 :菊地臣一

出版:永井書店

発行:2006年10月

価格:5,500円+税

 

 腰痛診療の診察で最も大切なのは, 重篤な疾患や病態, 外傷, あるいは神経障害を見逃さないことと, 患者さんに安心感を与えること. 腰痛を主訴とする患者の大部分を占める腰痛症の診断・治療を中心とした, 腰痛を知るための本.

 

42

補完・代替医療 カイロプラクティック

監修:菊地臣一

編集:大谷晃司五十嵐 環

出版:金芳堂

発行:2006年9月

価格:1,800円+税

 

 カイロプラクティックの第一線に立つ講師陣が, カイロプラクティックの歴史や哲学, 手技, 作用など, 全体像を提示したのち, 手術もできる痛みのプロである整形外科医が見解を述べた一冊.

41

腰部脊柱菅狭窄 診断サポートツールマニュアル

共著:紺野愼一菊地臣一、林野泰明、福原俊一

出版;医薬ジャーナル社

発行:2006年8月

価格:1,900円+税

 

 専門医が一般医のために作成した, 腰部脊柱管狭窄診断のためのサポートツールを収録. そのほか, 腰部脊柱管狭窄とは, 診断の手順, 診断サポートツールと診断基準の違いは何か, 使用上の注意などについても解説する。

40

整形外科専門医をめざすための経験すべき外傷・疾患97 改訂版

編集:菊地臣一、中村利孝、越智光夫

出版:メジカルビュー社

発行:2006年3月

価格:11,000円+税

 

 整形外科専門医の資格継続要件の改定に沿い, 整形外科医として最低限取得しておかなければならない知識や専門医試験でのポイントを簡潔に分かりやすく解説. 専門医に求められる実際的な内容を網羅した一冊. 

39

New Mook 整形外科 19 低侵襲手術

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2005年10月

価格:8,600円+税

 

 悪性腫瘍に対しては集学的医療, 良性腫瘍, 退行性疾患, あるいは外傷に対しては低侵襲手術を代表とする「他人に優しい医療」が主流になりつつあり, 今後ますます発展・普及していくのは時代の必然といえる. 
 発展期特有の低侵襲手術を巡る混沌とした状況のなかで, 本書は整形外科における低侵襲手術を展望したもので, 各領域で低侵襲手術を行っている第一線の方々に手術の実際を紹介, 解説していただいた. 現在, 低侵襲手術に携わっている方々はもちろん, 次の世代を担う若い方々, 御一読をのぞむ.

38

プライマリケアのための腰部脊柱菅狭窄ー外来マネジメントー

編集:菊地臣一

出版:医薬ジャーナル社

発行:2005年8月

価格:3,100円+税

 

 高齢社会の今, 腰部脊柱管狭窄は, 医療従事者の適切な診療が求められている病態として重要な位置を占めている. 診断上の問題点は何か, どんな治療を選択するか, どのようにケアしていけばよいのかについて第一線の医師が解説.

37

New Mook 整形外科 18 骨・軟部腫瘍

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2005年5月

価格:8,000円+税

 

 本書は専門家レベルの知識の集積であり, 専門家に読んでいただくことを前提にまとめられたものであるが, 整形外科研修医や, 骨・軟部腫瘍を専門領域としない整形外科の先生方にも読んでいただきたい書である. 日ごろの診療の中で進められている病理組織分類法, 理学的所見と画像診断に始まり遺伝子診断に至る診断法の進め方, 良性・悪性骨・軟部腫瘍, そして転移性腫瘍に至るまで, 各種腫瘍の化学療法, 放射線治療, 手術治療, 再建手術など広く網羅されて, 丁寧に解説されている. さらに, 先端医療としての免疫療法, そして遺伝子治療についても, 現在行われている実状と問題点まで, 分かりやすく解説されている.

36

New Mook 整形外科 17 整形外科プライマリケア

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2005年2月

価格:9,000円+税

 

 わが国の整形外科医は, 整形外科のスペシャリストであると同時に, プライマリケア医でもある. したがって, 運動器に対する健康維持, 障害や外傷の予防, そして保存療法に至るまでの対応ができる能力が要求される. 整形外科それ自体に対する知識や技術はもちろんのこと, プライマリケアのknow-howも習得していることが必要である. 
 本特集では, 整形外科プライマリケアに必要な考え方, 診断, そして治療指針を, 実際に第一線でプライマリケアに従事している先生方に執筆いただいた. さらに, 整形外科外来でよく遭遇するcommon diseaseやcommon injuryに対して, どのような治療をしているかを, それぞれの手技に精通している先生方に提示いただいた. 

35

New Mook 整形外科 16 高齢者の整形外科

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2004年10月

価格:7,500円+税

 

 時代の変遷に伴う医療従事者の求められる役割の変化と軌を一にして, 患者自身の医療に対する要求も高く, 厳しくなってきている. そして, 患者は従来よりも高いQOLや満足度を医療に求めている. さらに, 高齢者では, 各個人の人生や仕事に対する価値観が大きく異なっており, しかもすでに十分に確立されている. このような患者の価値観の尊重が, 今, 整形外科医に求められている。
 一方, 「高齢」の医学的な面にも, 若年者や壮年者のそれとは大きく異なる問題点が存在している. 現在, 全身的な合併症をもっていない整形外科疾患を有する高齢者の患者を治療している整形外科医はほとんどいないといってよい. 当然, 診療はリスクを伴い, それに対する説明や配慮, そして対策が必要である. また, 高齢者の心身の孤独に対する心理, 社会的アプローチを伴わない医療は成立しなくなっている.
 このように, 今回の特集である「高齢者の整形外科」には, 医療従事者のみならず、高齢者という患者にも, 多くの配慮すべき問題が存在している. この特集は, このような新たな次元に入った「高齢者の整形外科」の特集である.

34

New Mook 整形外科 15 小児整形外科

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2004年9月

価格:8,800円+税

 

 最も優秀な整形外科医達が世界中で取り組んだ先天性股関節脱臼という課題は, 1970年代にはすでに解決されかけていた. 新たな発生は著減して, 成長した後の変形性股関節症の課題へと移りかけていた. そして, ペルテス病, 内反足, 斜頚なども同様に, 治療法の進歩と発症の減少という軌跡を進んでいった.
 ポリオのように, もう過去のものとなった疾患もある. 遺伝的疾患などは正確に診断されるようになった. また, 発症すれば治癒は期待できないと考えられていた分娩麻痺は, 超早期治療により素晴らしい治療効果を獲得できるようになった. 
 小児整形外科的疾患は減ったとはいえ発症は持続し, 治療がうまくゆかずに成長すると数々の後遺症状に悩まねばならない疾患群を対象にした, 最も繊細かつ重要な領域である. 本書の論文内容を十分に会得して診療に当たって頂きたい. 

33

New Mook 整形外科 14 リウマチ類縁疾患

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2004年4月

価格:8,000円+税

 

 「慢性関節リウマチ」が本NEW MOOKシリーズの第1巻として発刊されたが, 診療, 研究, 教育領域ともに, 多彩な病像と病態を示す関節リウマチを論じるには多くの類縁疾患あるいは類似疾患との比較検討が必要であり,「慢性関節リウマチ」の巻だけでは不十分であることの御指摘を諸先生方からいただいた. そこで, 再び多くの先生方の御協力を得て, 本巻「リウマチ類縁疾患」の発刊に至った.
 関節リウマチの診療にあたるのは, 一時代前までは比較的少数の専門家であったが, 近年になって, 関節リウマチは政策的な指針と学会の協力もあり, 専門医, かかりつけ医を中心に, 多くの医師が診療にあたる一般的な疾患になってきた. 診療連携の共通語として, エビデンスに基づく治療ガイドラインが厚生労働省主導で作られているが, このような書と並べて, 第1巻「慢性関節リウマチ」と本誌「リウマチ類縁疾患」とを御活用いただきたい. 専門医の先生方にとっても, またかかりつけ医の先生方にとっても, 知識の整理や確認に大いに役立つであろう.

32

腰 痛

著 :菊地臣一

出版:医学書院

発行:2003年6月

価格:8,500円+税

 

 患者の求める腰痛治療について, 病態の基礎解剖から診断の落とし穴, 治療選択の実際まで豊富な実例(誤診例, 治療難航例含む)を盛り込み腰痛の不思議に迫る. 新しい治療概念, 今日的腰痛診療の考え方と実際を提言. 著者の30年余にわたる腰痛研究の集大成. 腰痛治療に携わる多くの読者に贈る『腰痛治療のサイエンスとアートの決定版』.

31

New Mook 整形外科 13 股関節外科

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2003年4月

価格:8,800円+税

 

 先天性股関節脱臼発生の激減, 人工関節手術の素晴らしい発展の二つの例を見ても, 股関節外科医の情熱が強く伝わってくる. そして21世紀を迎えた今, 先人のおかげで完成期を迎えたともいえる股関節外科の現状を, 本書は明確に示している. 
 股関節外科を専攻する先生方の知識の整理に, また他の関節外科を専攻する先生方には, 先行した股関節外科の歴史からヒントを得て御自分の領域に生かせていただけるように, もちろん若い先生方には現在の股関節外科を勉強されるために, この上ない教科書になった. 最大限に御活用頂きたい.

30

New Mook 整形外科 12 整形外科MRI診断

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2002年10月

価格:8,800円+税

 

 最近における医療技師の革新の一つとしてMRIの導入がある. 診療現場にこれほどの革命的な変化をもたらした機器は今までにない. MRI導入後の現在では, 機器に対する工学的・生物学的な専門的知識を持った読影の専門家が, 豊富な知識を駆使して画像診断をするという時代になった.
 画像診断の今という時代を考えると, 長い間、整形外科の各領域で診療にあたってきた整形外科専門医と, MRIの導入以来その読影にあたってきた放射線科専門医両者の読影や解釈を比較勉強することは, 両者にとって有益な情報交換を可能にする. また, MRIの評価を勉強する若い医師にとっては, 従来のMRIの教科書にはない情報や読み方を教えてくれる. このような本書の企画が, 読者のMRI診断能力の向上に大きく役立つと確信している.

29

整形外科医のための周術期管理のポイント

編集:菊地臣一、三浪明男、仏淵孝夫

出版:メジカルビュー社

発行:2002年10月

価格:8,500円+税

 

 整形外科医を対象に, 患者・家族への説明責任とその重要性, 整形外科手術に対するリスクマネージメント, クリティカル・パスの実際と課題, 上下肢, 脊柱, 特殊な病態における周術期管理などについて詳解.

28

New Mook 整形外科 11 肘の外科

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2002年5月

価格:7,000円+税

 

 全身の各関節中で肘関節のことは意外に重視されないことがあるが, 肘関節は上肢機能の要である. 実際, 整形外科診察室で診ていると, 肘関節の重要性を痛感することが多い. 小児に高頻度にみられる肘の骨折と変形, 肘のスポーツ傷害による投球障害, リウマチや変形性関節症による肘関節破壊に伴う上肢のアプローチ機能や把持機能障害, その他多くの原因による上肢機能障害が含まれる。何と広範な臨床領域であろうと痛感する. 
 本書では肘関節外科分野を細分して, それぞれ日本を代表する先生方の稿をいただいた. 肘関節の概要から始まり, 解剖, 画像診断, 手術進入路, 諸傷害の各項にわたる臨床, そしてトピックスまで詳細に解説されている.

27

New Mook 整形外科 10 肩の外科

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2001年12月

価格:8,500円+税

 

 肩関節は一時代前までに足掛かりの少ない山として敬遠されがちではなかったかと思われる. どの領域でもそうであるように, 少数の先人達が苦労されながら足掛かりを築いて行った. そして今なお, 肩関節は病態不明の謎の部分をもち, 最も活動的な整形外科医が踏破(解明)を目指して集まっている魅力ある孤峰といえる.
 本書ではその峰を現在最も活動的に攻めている先生方にご執筆をお願いした. 今ホットな話題に関する情報を, 今ホットな筆者が発信した, ホットな時期のテキストである. 本書を御一読願いたい. 

26

変形性脊椎症・腰痛の運動・生活ガイド 第3版 運動療法と日常生活動作の手引き

編集:菊地臣一、伊藤晴夫、武藤芳照

出版:日本医事新報社

発行:2001年12月

価格:2,000円+税

 

 変形性脊椎症患者の正しく有効な運動療法と日常生活動作の実践に役立つ知識をQ&A形式で解説. 腰痛の仕組みと治療, 予防, 生活上の工夫などを説明する. 食事や健康機具等について新たに加筆した, 2000年刊に次ぐ第3版. 改訂にあたり, 記載内容をしっかり吟味し, 加筆・修正作業を行った. その基本理念は, 腰痛の患者さんにとって, 身近に得られる種々の情報やよくみられる疑問・誤解などを念頭におき, 「腰痛の人が注意すべき食事は」, 「腰痛による障害度の自己評価」, 「健康器具の使用法」, 「フィットネス, アスレティックジムでの注意」などについて新たに書き下ろすとともに, 最新の情報に差し換えたり加筆した. 

25

New Mook 整形外科 9 腰部脊柱菅狭窄(症)

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2001年1月

価格:8,500円+税

 

 腰部脊柱管狭窄(症)は, 高齢者のQOLを阻害する最大の病態の一つであるが, 命を落すわけではない. それだけに, 診断や治療に当たっては, どこまでが約束できて, どこから医療提供者側にも判然としていないかを患者に明確に呈示することが求められる. この状態から医療提供者側に求められているのは,informed consentではなく, さらに進んでinformed decisionである. 治療をするかどうか, どんな治療をするかは, 患者にもその決定に参加して頂くことが重要である. 
 この特集を読むことにより, 何がどこまで分かって , 分かっていないことは何かが明らかになるので, 本書は腰部脊柱管狭窄(症)に対する今後の診療や研究に大きく寄与するであろう.

24

New Mook 整形外科 8 下肢の外傷

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:2000年5月

価格:7,800円+税

 

 外傷外科において重要な課題は, 目前の外傷患者に対して各部位特性を考えつつ保存的治療の限界を見極めて, 適切な手術的治療の適応と手技を明確化することである. 本書は外傷学で最も重要な手術的治療を中心に経験豊富な先生方が解説. 
 髄内釘の改良, 創外固定装置改良, 局所の組織再生のために活性物質を用いる試みなど, 最前線のトピックスを掲載. 
 新鮮外傷のプライマリー・ケア, 一次救急と言われる最初の処置が患者の経過の成否を決めるが, 本書はそのノウハウを重視.

23

変形性脊椎症・腰痛の運動・生活ガイド 第2版 運動療法と日常生活動作の手引き

編集:菊地臣一、伊藤晴夫、武藤芳照

出版:日本医事新報社

発行:2000年2月

価格:1,800円+税

 

 第2版では, 「中高年で最も多い腰痛」の仕組みと治療, 予防, 生活上の工夫について, 重要なことをわかりやすく書きました. 特に運動法については, これまでの変形性脊椎症・腰痛の運動に伴う痛み, 障害の事例の苦い体験を基礎に, してよいこと, してはいけないこと, 人, 症状, 場所等によりしてよい場合と, してはいけない場合があることを明確にしました. 

22

整形外科外来シリーズ9 手・肘の外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:2000年2月

価格:12,000円+税

 

 龍順之助先生(日本大学教授)の編集により, 日本大学およびその系列病院で行われている外来診療の内容がコンパクトにまとめられている. 手・手関節および肘の“解剖,機能”“診断のポイント”“画像診断における読影のポイント”“外来で行われる診断, 治療のポイント”について, 平易な文章と豊富なイラスト・写真で解説されている. “手”と“肘”という2つの分野が1冊にまとめられ, それぞれの外来で行われる診療に則した内容がイラスト・写真とともに構成されているので, 検査法,診断法,治療法について容易に理解し, 実践することができる. 

21

機能解剖Basic-運動器のしくみを臨床的な視点から学ぶ(1)脊柱・脊髄編

編集:菊池臣一

出版:メディカ出版

発行:1999年11月

価格:4,000円+税

20

New Mook 整形外科 7 膝の外科

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:1999年10月

価格:7,000円+税

 

 膝の機能解剖と生体力学, 外傷性疾患, 過労性障害, 炎症性疾患, 腫瘍性疾患, 下肢アライメント異常によるもの, 骨壊死関連疾患, 最近のトピックスなど, 膝関節の外科について解説する.

19

整形外科外来シリーズ10 肩の外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1999年10月

価格:10,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は, 大阪大学と信原病院で行われている外来診療について, 肩の解剖・機能から診察のポイント, 画像診断における読影のポイント, 外来での保存療法のポイント, 主な肩関節疾患の診断と外来治療の進め方まで, 写真やイラストを多用して平易に解説した実践書.

18

整形外科外来シリーズ11 足の外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1999年6月

価格:10,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は, 大阪大学を中心に, 足の外来診療において実際に行われている診断のポイント, 画像診断における読影のポイント, 外来で行われる治療のポイント等について, 写真を豊富に用いてわかりやすく解説した実践書.

17

New Mook 整形外科 6 頚椎症

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:1999年1月

価格:8,500円+税

 

 インフォームドコンセントやEBMの概念の普及などを視野にいれながら, 頸椎症の臨床解剖, 画像診断, 保存療法, 手術療法, 最近のトピックスなどについてまとめる.

16

整形外科外来シリーズ7 リハビリテーション外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1998年12月

価格:11,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻はリハビリテーション科標榜許可や介護保険法制定などの社会的背景もふまえた上で, 整形外科医がリハビリテーション医療の現場で実際に何を行うのかをわかりやすく解説した実践書. 

15

New Mook 整形外科 5 上肢の外傷

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:1998年11月

価格:7,800円+税

 

 骨折・捻挫・関節炎・腫瘍など、整形外科臨床領域の全てが起こり, 高いレベルの治療が求められる手の外科手術技法について, 豊富な実例と写真で解説する.

14

整形外科外来シリーズ8 救急外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1998年10月

価格:10,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は救急患者に対して, 他科専門医へ移送する前に行うべき初期治療や治療の優先順位, 考慮すべき整形外科的外傷など, 整形外科医に求められる知識・技術・行動について解説した実践書. 

13

続・腰痛をめぐる常識のウソ

著 :菊地臣一

出版:金原出版

発行:1998年8月

価格:3,000円+税

 

 前著『腰痛をめぐる常識の嘘』出版から4年の間に, 腰痛研究には革命的な変化が起き, それが現在もなお進行中である. 
 その背景には, 医療に対する世の中の考え方の変化, 医療資源の限界, さらにはコンピュータの発達がある.
 本書はこの激動期のなかで著者が感じた疑問を次世代の人達に提示すべく, 整理して一冊にまとめたものである.
 腰痛医療に従事している方々, 前著『腰痛をめぐる常識の嘘』共々, ご一読願いたい.

12

New Mook 整形外科 4 脊椎・脊髄損傷

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:1998年7月

価格:8,000円+税

 

 EBMの概念の普及という, 医療従事者に押し寄せつつある新しい時代の波を考慮し, 脊椎・脊髄損傷に対する診断や治療について解説. 診断の進め方, 初期治療, 合併症, リハビリテーションなどについて述べる.

11

整形外科外来シリーズ6 股関節の外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1998年6月

価格:10,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は日本大学で実際に行われている股関節疾患の診察・画像診断の進め方, 保存療法, 主な股関節疾患の診断と外来診療の進め方について, 豊富な写真, イラストとともに簡潔にわかりやすく解説した実践書.

10

変形性脊椎症・腰痛の運動・生活ガイド 運動療法と日常生活動作の手引き

編集:菊地臣一、伊藤晴夫、武藤芳照

出版:日本医事新報社

発行:1998年4月

価格:1,300円+税

 

 本書は, 変形性脊椎症の患者さんのための正しく有効な運動療法と日常生活動作が実践されるように, 整形外科医を中心として, 理学療法士, 管理栄養士, 身体教育学の研究者らが協力して作成されました.

9

整形外科外来シリーズ5 頚椎の外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1998年4月

価格:11,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は福島県立医科大学の専門外来で行われている頚椎疾患の診察・画像診断・臨床検査や補助診断の進め方から主な頚椎疾患の診断と外来治療の進め方までを, 豊富な写真, イラスト, フローチャートとともに簡潔にわかりやすく解説した実践書.

8

New Mook 整形外科 3 スポーツ傷害

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:1998年2月

価格:7,500円+税

 

 日本のスポーツ人口の急速な増加の中で, スポーツ医学は変遷してきた. 年齢別, 性別, 体の部位別, 競技別などスポーツ傷害の様々なケースを紹介. また, 傷害予防の取り組みについても解説する.

7

整形外科外来シリーズ4 リウマチ外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1997年12月

価格:10,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は最近の動向が気になる, 早期診断の考え方や病型別の長期経過と予後予測も含めて, リウマチ外来の診療の実際をイラスト等を多用して解説. リウマチ科を標榜する開業医必携の書.

6

New Mook 整形外科 2 腰椎椎間板ヘルニア

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:1997年10月

価格:7,500円+税

 

 MRIに代表される診断の進歩や病態推移の把握, less invasive surgeryの開発, 緻密な病態分析など, 現時点での腰椎椎間板ヘルニアのすべてを網羅.

5

整形外科外来シリーズ3 膝の外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1997年10月

価格:10,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は,腰痛に次いで患者数が多く, 年齢層も幅広い膝関節疾患の, 多彩な徒手検査や視診(歩容ほか), 問診(受傷機転聴取)等について, 日本大学の外来診療を中心として, 日常診療の要点を簡潔にまとめた実践書.

4

New Mook 整形外科 1 慢性関節リウマチ

編集:越智隆弘、菊地臣一

出版:金原出版

発行:1997年6月

価格:8,400円

 

3

整形外科外来シリーズ2 スポーツ外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1997年6月

価格:11,000円+税

 

 大学病院を中心に実際に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は大阪大学のスポーツ整形外科外来の診療実績をもとに, 特徴的な項目(メディカルチェック, 傷害予防対策, 傷害からの復帰プログラム等)に重点を置き, その実際を豊富な写真, イラスト, フローチャートとともに, 詳しく解説した実践書.

2

整形外科外来シリーズ1 腰椎の外来

編集:越智隆弘、龍順之助、菊地臣一

出版:メジカルビュー社

発行:1997年6月

価格:12,000円+税

 

 実際に大学病院を中心に行われている専門外来別に構成し, その外来診療のすべてが具体的に理解できるシリーズ. 本巻は,福島県立医科大学を中心に実際に行われている外来診療の内容(腰椎疾患の診察・画像診断・臨床検査や補助診断の進め方から主な腰椎疾患の診断と外来治療の進め方)が, 豊富な写真, イラスト, フローチャートとともに, 具体的かつ簡潔に解説された実践書.

1

腰痛をめぐる常識の嘘

著 :菊地臣一

出版:金原出版

発行:1994年9月

価格:2,718円+税

 

 腰痛はいったん発生したら治らない, 神経根は左右対称である, など腰痛に関する一般的・専門的常識を, より深く追求することでその本当と嘘を見きわめる本.

update    2017年4月23日  8:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01