第4学年 運動器・リハビリテーション(系統講義)

科目名 運動器・リハビリテーション

 細目又はテーマ    系統講義(外傷学、脊椎脊髄病学、関節病学、骨軟部腫瘍学、他)

 開講年次等          4II

 必修・選択の別    必修

 担当責任者          紺野愼一・田崎和洋

 

概要/方針等

 整形外科は、運動器外科、機能外科とも呼ばれ、四肢と体幹の運動機能を追求する学問である。すなわち、疾病や外傷によって障害された運動機能を再建したり、疼痛を改善させたりすることで、患者の生活の質を回復あるいは向上させることがその目的である。整形外科学は、系統講義と臨床実習からなる。系統講義では、四肢と体幹の機能障害をもたらす病態を把握し、診断および診療に必要な基礎知識を修得する。

 

学習目標

一般目標

 運動器疾患の診断と治療の基本的知識を修得するために、運動器である四肢と体幹の構造と機能を理解し、運動器疾患の病因、病態生理、症候学について学ぶ。

行動目標

 ① 脊椎・脊髄と四肢関節の構造と機能を説明できる。

 ② 脊椎・脊髄疾患の病因、病態生理を説明できる。

 ③ 脊椎・脊髄疾患の症候に基づく、診断を列挙することができる。

 ④ 四肢関節疾患の病因、病態生理を説明できる。

 ⑤ 四肢関節疾患の症候に基づく、診断を列挙することができる。

 ⑥ 整形外科で扱う救急外傷の種類と特徴を説明できる。

 ⑦ 上下肢のスポーツ傷害とその受傷機転および予防法を説明できる。

 ⑧ 小児に特有の整形外科疾患の種類を列挙することができる。

 ⑨ 見逃してはいけない悪性骨・軟部腫瘍の症候と初期診療を説明できる。

 ⑩ 整形外科で行われるプライマリケアについて述べることができる。

 ⑪ 疼痛の分類とその分子生物学的機序について説明できる。

 ⑫ 慢性疼痛と精神神経疾患との関わりについて、述べることができる。

 ⑬ リハビリテーションの理論とその方法について、説明できる。

 

テキスト

 特に指定しない

 

参考書

書 名 著者・編者 出版社 出版年
標準整形外科学 第12版

松野丈夫・

中村利孝総編集

医学書院 2014
図解四肢と脊椎の診かた

Hoppenfeld S(著),

首藤 貴(訳)

医歯薬出版 1984

整形外科医のための神経学図説

-脊髄・神経根障害レベルのみかた, おぼえかた

Hoppenfeld S(著),

津山直一(訳)

南江堂 2005

整形外科医のための解剖学図説原書第4版

Hoppenfeld S(著),

寺山和雄ほか(訳)

南江堂
2011
整形外科プライマリハンドブック 改訂第2版

片田重彦・

石黒 隆著

南江堂 2004
NEW MOOK 整形外科シリーズ 1-17

越智隆弘・

菊地臣一編集

金原出版 1997-2005
整形外科外来シリーズ

越智隆弘・

菊地臣一・

龍 順之助編集

メジカルビュー社 1997-2000
運動器の痛みプライマリケアシリーズ

菊地臣一編集

南江堂 2009-2012

評価方法

 第4学年次後期末に筆記試験を実施し、総合的に判定する。

 

その他

 学習上の留意事項

1. 学生は、教えてもらうという態度ではなく、自ら学ぶ姿勢で臨床実習に臨んでもらいたい。何事にも疑問を持って、担当教員に質問をぶつけてもらいたい。

2. 解剖学は、整形外科学の理解のために必須であるので、講義前に解剖学の復習が必要である。

3. 医学用語は定義を暗記ではなく、理解することが重要である。

4. 出席の確認と、前回の講義内容を整理する目的で、講義開始前にミニテストを実施する。遅刻者には、ミニテストの用紙を配布しない。講義開始前に着席していること。ミニテストの用紙は講義終了後に回収する。

5. 講義終了時点で、出席日数が規程の日数に達しなかった場悪性には、評価試験の受験資格を与えない

講義スケジュール

(2014(平成26)年度)

回数 月 日 曜日 時限 項 目 key word 教員名
1  6/30
3 腰痛のEBM 非特異的腰痛・神経障害性疼痛

関口美穂

2 4 腰椎 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄 紺野愼一
3  7/  7
3 痛みのサイエンス 生理学・分子生物学 半場道子
4 4

膝関節/

骨・関節感染症

変形性膝関節症/

化膿性脊椎炎・骨髄炎・関節炎

沼崎広法
5  7/14
3

上肢スポーツ傷害/

下肢スポーツ傷害

野球肘・離断性骨軟骨炎/

膝靭帯損傷・半月板損傷

大歳憲一
6 4

頚椎・胸椎/

骨粗鬆症

靱帯骨化症・脊髄症/

骨脆弱性骨折

沼崎広法
7  9/  8
3

足の外科・外傷

外反母趾・アキレス腱断裂・足関節捻挫

青田恵郎
  4 補講    
8  9/22
3

股関節/

非感染性関節炎

変形性股関節症・大腿骨頭壊死症/

関節リウマチ・痛風・偽痛風

大内一夫
  4 補講    
9  9/25 5 整形外科Primary care I Primary care 片田重彦
10 9/29
3

手外科/末梢神経外科/

再建外科

Dupuytren拘縮/

手根管症候群・肘部管症候群/

顕微鏡手術・再接着

江尻荘一
11 4 肩関節 肩腱板断裂・反復性肩関節脱臼 宍戸裕章
12 10/  2 5 整形外科Primary care II Primary care 石黒 隆
13 10/  6
3 リエゾン精神医学 身体表現性障害・ストレス 佐藤勝彦
14 4

小児整形外科/

骨系統疾患

先天性股関節脱臼・内反足/

軟骨無形成症・骨形成不全症

武田幸恵
15 10/20
3

脊椎外傷/

リハビリテーション

圧迫骨折・破裂骨折・脊髄損傷/

運動療法・作業療法

矢吹省司
16 4 整形外科救急・外傷

四肢開放骨折・外傷性切断・

区画症候群・挫滅症候群・外傷の後遺症

川上亮一
17 10/27 3 骨・軟部腫瘍 骨肉腫・軟部肉腫 山田 仁
18 4 病理実習 骨腫瘍の病理診断 橋本優子

 

 

担当教員

教員名 職 名 所 属
紺野 愼一 主任(教授) 福島県立医科大学医学部整形外科学講座
田崎和洋 部長 福島県立医科大学附属病院病理部
矢吹 省司 部長(教授) 福島県立医科大学附属病院リハビリテーションセンター
青田 恵郎 部長(准教授) 福島県立医科大学附属病院地域連携部
大谷 晃司 副部門長(准教授) 福島県立医科大学医療人育成・支援センター
宍戸 裕章 准教授 福島県立医科大学医学部整形外科学講座
江尻 荘一
講 師 福島県立医科大学医学部整形外科学講座
関口 美穂 所長(准教授) 福島県立医科大学附属実験動物研究施設
大内 一夫 副部長(講師) 福島県立医科大学附属病院リハビリテーションセンター
沼崎 広法 副部長 福島県立医科大学附属病院医療安全管理部
山田 仁 学内講師
福島県立医科大学医学部整形外科学講座
大歳 憲一 助 教 福島県立医科大学医学部整形外科学講座
川上 亮一 助 教 福島県立医科大学医学部整形外科学講座
武田浩一郎 併任講師 福島県総合療育センター
半場 道子 客員講師 福島県立医科大学医学部整形外科学講座
石黒 隆 客員講師 いしぐろ整形外科
片田 重彦 客員講師 かただ整形外科
佐藤 勝彦 非常勤講師 一般財団法人大原綜合病院

update    2017年5月21日  21:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01