2013年10月のお知らせ・ニュース

メールマガジンを始めました(2013/10/8)

 

 ホームページの更新情報は、これまでFacebookに上げてきましたが、Facebookに登録していない方のために、ホームページの更新情報をメールマガジンとして週1回程度の頻度でお届けすることにしました。

 

 メールマガジンの配信を希望される方は、右のバナーの「さくらの会」の下にあるメールマガジンのスロット(右図参照(クリックすると拡大します))にメールアドレスを入力して、登録してください。

 

 なお、講座在籍医師のみなさまにつきましては、デフォルトでメールアドレスを登録させてもらっています。

第27回福島手外科研究会(10月12日(土)開催)のお知らせ 2013/9/25 up date!

 

と き 2013(平成25)年10月12日(土) 16:00〜

ところ 郡山ビューホテル

 

プログラム

16:10〜17:50 一般演題

1「最近経験したちょっと意外な手指軟部腫瘍の2例」

 よこむら整形外科クリニック 横村伸夫先生

 

2「手根管症候群の有病率とADLに及ばす影響-疫学的検討-」

 白河厚生総合病院整形外科 佐々木信幸先生

 

3「先天性近位橈尺骨癒合症に対して癒合部分離、橈骨骨切り、有茎脂肪筋膜弁移植を行った1例」

 総合南東北病院整形外科 小林義尊先生

 

4「デグロービング損傷に対して皮下静脈吻合で救済した1例」

 福島県立医科大学整形外科 畑下 智先生

 

5「A1 pulley切開で治癒しなかったばね指の1例」

 会津中央病院整形外科 富田祥輝先生

 

6「掌側ロッキングプレート後にEPL断裂を生じた橈骨遠位端骨折の1例」

 松村総合病院整形外科 田山信敬先生

 

7「舟状月状骨解離に対する靱帯再建術の1治験例」

 桑野協立病院整形外科 坂本和陽先生

 

8「手軟部腫瘍の検討」

 会津中央病院整形外科 サッキャ・イソラマン先生

 

18:00〜19:00 教育研修講演

演 題 「整形外科外傷専門施設の構築と重度上肢外傷治療の取り組み」 

演 者 札幌徳洲会病院整形外科外傷センター 

    部長 辻 英樹 先生

  

*本講演は、日整会教育研修会(必修単位N-02「外傷性疾患」またはN-10「手関節・手疾患」)に認定されています。

 

*本年の教育研修会の一覧は、こちらをご覧下さい。

福島整形外科懇話会(10月23日(水)開催)のお知らせ

 

と き 2013(平成25)年 10月23日(水) 18:45〜

ところ ホテルサンルートプラザ福島

 

プログラム

19:00〜19:30

演 題 「未定」

演 者 福島県立医科大学整形外科学講座

    助教 渡邉和之 先生

 

19:30〜20:30 教育研究講演

演 題 「膝スポーツ外傷治療の最近の話題」

演 者 弘前大学大学院医学研究科整形外科学講座

    教授 石橋恭之 先生

 

*本講演は、日整会教育研修会(必修単位N-02「外傷性疾患(スポーツ傷害を含む)」またはN-12「膝・足関節・足疾患」)またはS日整会認定スポーツ医に認定されています。

 

*本年の教育研修会の一覧は、こちらをご覧下さい。

update    2017年9月22日  12:15

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01