2013年 7月のお知らせ・ニュース

7月1日を機にヘッダーを磐梯山猪苗代湖に変更しました(2013/6/29)

当講座で研究している慢性腰痛のメカニズムとそれに基づく新しいアプローチが、NHK総合「クローズアップ現代」の「腰痛 2800万人時代 〜変わる"常識"〜」(7月2日(水)19:30〜放映)の中で取り上げられました(2013/7/3)

 

 NHK総合で7月2日(火)19:30〜放映された「クローズアップ現代」の「腰痛 2800万人時代 〜変わる"常識"〜」の中で、当講座で研究している慢性腰痛のメカニズムとそれに基づく新しいアプローチがで取り上げられました。

 NHKオンラインの番組のURLは、

 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3374.html

 です。

 また、番組を見逃した方は、NHKオンデマンドでご覧になれます。

 NHKオンデマンドでの「クローズアップ現代」のURLは、

 https://www.nhk-ondemand.jp/program/P200800010100000/

 です。

 (NHKオンラインのトップページ以外には、リンクを張れないので、URLを記述しています)

佐賀大学整形外科吉原先生が研修に来られました(2013/7/4)

 

 佐賀大学医学部整形外科学教室の吉原智仁先生が7月4日(木)・5日(金)の2日間、当講座で脊椎外科の研修をするために来福されました。

 初日は、東北新幹線の車中で眠ってしまい、宮城県から引き返してこられたとのことでしたが、無事、カンファランスに参加されて、自己紹介していただきました。

第20回運動器と痛み研究会(7月4日(木)開催)のお知らせ(2013/4/12)

 

と き 2013(平成25)年 7月4日(木) 19:00〜

ところ 福島ビューホテル

 

プログラム

19:00〜19:30 記念講演

演 題 「運動器慢性期疼痛に対する薬物治療」

演 者 宇都宮記念病院 整形外科

    岩本範顕 先生

19:30〜20:30 教育研修講演

演 題 「脊椎疾患に対する痛み・しびれの治療」

演 者 東京大学医学部附属病院 整形外科・脊椎外科

    准教授 竹下克志 先生

 

*本講演は、日整会教育研修会(必修単位N--07「脊椎・脊髄疾患」)またはSS日整会認定脊椎脊髄病医に認定されています。

第11回整形外科痛みを語る会(7月6日(土)-7日(日)開催)の記事を追加しました(2013/8/1)

 

 7月6日(土)、7日(日)の両日に福島県郡山市のホテルハマツで「第11回 整形外科痛みを語る会」を開催いたしました。

 本研究会は、2004(平成16)年に当講座の矢吹省司教授が発起人のひとりとなって設立された研究会です。第1回は2004(平成16)年に発起人のひとりでもある当時高知大学整形外科に所属されていた牛田享宏先生(現愛知医科大学学際的痛みセンター 慢性疼痛診療部門教授)が当番世話人となって東京で開催されました。以後、メンバーが持ち回りで当番世話人となって、年1回開催されています。本会は、メンバーによるclosedの会ですが、メンバーが痛みに興味を持っている若手医師を同伴するというスタイルをとっています。今回は、福島を元気にしようというメンバーの先生方からのご配慮により、福島県での開催が実現しました。当講座の関口美穂が当番世話人を務め、全国から58名の参加者がありました。

 

 1日目の一般演題は、発表時間が15分、質疑応答が5分という設定でしたが、12の演題はどれもすばらしい内容で、白熱した質疑応答が繰り広げられました。また、福島県立医科大学理事長兼学長である菊地臣一先生による特別講演「次世代を担う君たちへ -医師としての40年と原発事故への対応を通して-」は参加者の胸を打つお話でした。2日目には、「多面的アプローチの実際と今後の展望」をテーマとしたシンポジウムでは、当講座の主任教授の紺野慎一先生が座長を務めました。4名の先生から各施設での現状についての発表があり、今後の課題について討議が行われました。

 

 本会では、メンバーが審査員となり、優秀な発表に対して優秀賞を授与しています。今回の優秀賞は、「慢性疼痛保有者の3カ国比較-日本、タイ、ミャンマー」を発表された三重大学の榊原紀彦先生が、最優秀賞は、「心理社会的ストレスは本当に腰痛を悪化させるのか?-福島県立医科大学生における震災前後での縦断研究-」福島県立医科大学の加藤欽志先生がそれぞれ受賞されました。

 

 来年は、久留米大学の山田圭先生が当番世話人に決定し、久留米にて開催予定です。整形外科領域の痛みの研究に対するモチベーションの高いメンバーが集うことによって、今後の日本の疼痛分野をリードしていく研究会に発展し続けることが期待できます。

 

 末筆になりましたが、本研究会の開催にあたりご援助いただいた同門会の皆様に感謝いたします。

 

記事:関口美穂

夏の全国高校野球福島県大会のメディカルサポートドクターを募集します(2013/7/8)

 

 711日から28日までの日程で第95回全国高等学校野球選手権記念福島大会が開催されます。

 

 つきましては、メディカルサポートを担当していただけるドクターを募集します。

 メディカルサポートが入る日は、725日(あいづ球場、いわき平球場)、7月27日(いわきグリーンスタジアム)、7月28日(いわきグリーンスタジアム)の予定です。雨天の際は順延となるため、7月25日から30日までで帯同可能な日をお知らせいただければ幸いです(先着順となります)。ご多忙のところ恐れ入りますが御協力の程よろしくお願いいたします。

 

 応募日は以下の通りです.

7
25日(木) 準々決勝 いわき平球場 1
             あいづ球場  1
7
26日(金)(予備日) いわき平球場 1
             あいづ球場  1
7
27日(土)(準決勝) いわきグリーンスタジアム
7
28日(日)(決 勝) いわきグリーンスタジアム
7
29日(月)(予備日) いわきグリーンスタジアム
7
30日(火)(予備日) いわきグリーンスタジアム

 

希望者は、大歳憲一まで連絡下さい。

福島県整形外科感染症講演会(7月24日(水)開催)のお知らせ(2013/5/8)2013/5/27 up date!(開催場所が変更されていますので、ご確認下さい)

第4回福島慢性疼痛研究会(7月25日(木)開催)のお知らせ(2013/6/4)

 

と き 2013(平成25)年 7月25日(木) 19:00〜

ところ 福島ビューホテル

 

プログラム

19:00〜19:30 一般演題

19:30〜20:30 教育研修講演

演 題 「非がん慢性痛におけるオピオイド治療」

演 者 佐賀大学医学部麻酔・蘇生学教室

    准教授 平川奈緒美 先生

 

*本講演は、日整会教育研修会(必修単位N-01「整形外科基礎科学」またはN-07「脊椎・脊髄疾患」)またはSS日整会認定脊椎脊髄病医に認定されています。

 

*本年の教育研修会の一覧は、こちらをご覧下さい。

 會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾™」(7月26日(金)-28日(日)開催)のお知らせ(2013/3/26)

 

 これまで当講座と共同して様々な臨床研究を行ってきた、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療疫学分野教授、福島県立医科大学副学長兼同大学臨床研究イノベーションセンター長である福原俊一先生が主催される、會津藩校日新館「臨床研究デザイン塾™」が開催されます。

 

と き 7月26日(金)〜28日(日) 3日間

ところ 土湯温泉 向瀧

    福島市土湯温泉町字杉の下63

    TEL 024-595-2121

主 催 福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター

対 象 臨床経験2年以上の医師(初期研修修了者)
    Primary care医を中心に、救急、小児科、産婦人科、外科、整形外科など専門問わず

定 員 50名程度

参加費 無料

宿泊費 30,000円

 

くわしくは、こちらをご覧下さい。

第62回福島県立医科大学整形外科同門会(7月27日(土)開催)のお知らせ(2013/1/29)2013/4/5 up date!

 

と き 2013(平成25)年 7月27日(土) 17:00〜

ところ 福島ビューホテル

会 費

 懇親会出席・宿泊あり 15,000円

 懇親会出席・宿泊なし 10.000円

 上記以外の参会      1,000円 

 (教育研修講演の単位申請には、別途1,000円かかります)

 

プログラム

16:30-17:00 役員会 大鳥(本館2F)

17:00〜17:30 総 会 吾妻(本館3F)

       開会の辞

       会長挨拶

       図書目録贈呈

       議事

        議長・副議長選出

        議題 ①人事異動報告

           ②平成24年度事業報告並びに決算報告

           ③会計監査報告

           ④平成25年度事業計画案並びに予算案

           ⑤次期当番幹事(会津・白河・いわき地区)挨拶

           ⑥その他

18:00〜19:00 教育研修講演

演 題「運動器の痛みとリハビリテーション

    -3.11東日本大震災後仮設住宅に住む人々に対する運動教室の効果を中心に-」

演 者 福島県立医科大学整形外科学講座

    教授 矢吹省司 先生

 

*本講演は、日整会教育研修会(必修単位N-13「リハビリテーション」, N-14「医療倫理・医療安全・医療制度等」)またはRe日整会認定運動器リハビリテーション医に認定されています。

 

*日整会の教育研修単位を申請する方は、別途1,000円かかります。

 

19:15〜21:00 懇親会 安達太良(西館2F)

        新入会員の自己紹介

        次回当番幹事挨拶

21:00〜    2次会 ROM(本館15F)

 

翌7月28日(日)には、 ボナリ高原ゴルフ場で懇親ゴルフコンペがあります。

 9:00スタート

 参加費3,000円を予定

 

同門会会員の方は、こちらをご覧下さい。

平成25年度版・福島県立医科大学総合パンフレットに田地野崇宏准教授のコメントが掲載されました(2013/7/29)

 

 本学が毎年作成している大学総合パンフレットの附属病院臨床医からのメッセージに、当講座の田地野崇宏准教授のコメントが掲載されました。

 

 なお、パンフレットは、こちらからご覧いただけます。

 

第13回福島市臨床医研修会(7月31日(木)開催)のお知らせ

と き 2013(平成25)年 7月31日(木) 18:45〜

ところ ホテル辰巳屋

 

プログラム

19:00〜19:20

演 題 「腰部脊柱管狭窄による神経根性間欠跛行に対するリマプロスト・アルファデクス(PGE1製剤)の有用性の検討-多施設共同前向き無作為化比較試験-」

演 者 善衆会病院 整形外科

    恩田 啓 先生

 

19:20〜20:20 教育研究講演

演 題 「ロコモティブシンドロームと腰部脊柱管狭窄症の疫学調査」

演 者 自治医科大学整形外科学

    准教授 星地亜都司 先生

 

*本講演は、日整会教育研修会(必修単位N-07「脊椎・脊髄疾患」またはN-13「リハビリテーション」)またはSS日整会認定脊椎脊髄病医に認定されています。

*本講演は、日本医師会生涯教育研修講座1.5単位【カリキュラムコード60腰痛、61関節痛、62歩行障害】を取得できます。

 

*本年の教育研修会の一覧は、こちらをご覧下さい。

update    2017年11月13日  10:43

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01