スキー部

 毎年秋になると、「今年のスキー合宿はどこに行く?」という話題がのぼります。 いつからか始まったのか正確には判りませんが、20年以上前から講座内ではスキー合宿が行われてきました。

 

 歴代の部長は、いずれも学生時代にスキー部で競技スキー(アルペン)をやっていたレーサー。昔は、初心者を頂上に連れていき、有無を言わさず下まで滑らせるという熱血指導があったり、練習用バーンを借りて、現役スキー部員と一緒にポールと格闘したりといった、体育会系の時期もありました。近年は、中高年のオールドスキーヤーとスノーボードの若者とに二極化し、スキー合宿の名称もウィンターツアーと変わって、スキーメインから温泉メインのエンジョイ志向に様変わりしています。

 

 年1回、看護部やリハビリテーションセンターのみなさんと一緒に、雪山や温泉で親睦を深めることができるこの合宿がこれからも続いていくことを願っています。

 

 スキー部のその他の活動としては、例年猪苗代で行われているフリースタイルスキーFISワールドカップにサポートドクターとして参加しています。2009年のFIS世界選手権にも救護班として協力しました。

活動実績

2014(平成26)年

 裏磐梯猫魔スキー場・箕輪スキー場

2013(平成25)年

 (活動休止)

2012(平成24)年

 山形蔵王温泉スキー場・蔵王温泉

2011(平成23)年

 田沢湖スキー場・乳頭温泉鶴の湯

2010(平成22)年

 安比高原スキー場・松川温泉松川荘

2009(平成21)年

 田沢湖スキー場・乳頭温泉鶴の湯

 2009年FISフリースタイルスキー世界選手権猪苗代大会救護班

2008(平成20)年

 安比高原スキー場・松川温泉松川荘

2007(平成19)年

 安比高原スキー場・松川温泉松川荘

2006(平成18)年

 安比高原スキー場・松川温泉松川荘

2005(平成17)年

 草津国際スキー場・草津温泉

2004(平成16)年

 安比高原スキー場・松川温泉松川荘

2003(平成15)年

 安比高原スキー場・新安比温泉

update    2017年5月21日  21:00

当院では慢性腰痛に対する治験を実施しております。

菊地理事長のライフワークである腰痛研究の集大成が10年ぶりに大幅改訂

「腰痛 第2版」の購入はこちら

医学書院

Amazon

紺野愼一教授が解く新しい腰痛の原因

「自分で治せる腰痛」

の購入はこちら

大和書房

Amazon

矢吹省司教授が勧める腰痛の運動療法

「腰痛は「自分」で治せる」

の購入はこちら

Amazon

福島県立医科大学医学部

整形外科学講座

 〒960-1295

  福島県福島市光が丘1番地

Tel(代)024-547-1111

Fax  024-548-5505

Mail fortho@fmu.ac.jp

詳しい連絡先はこちら

since 2011/04/01